単語記事: 島津の退き口

編集

島津の退き口とは、古今東西類を見ないダイナミック帰宅である。

概要

慶長5(1600)年9月15日(新10月21日)に起きた関ヶ原の戦いにおいて、石田三成率いる西軍が徳川家康率いる東軍に敗れ、西軍は次々に各部隊が敗走。
その中で、最後までから動かなかった島津義弘率いる島津軍(約300)が敵中(約80,000)に孤立してしまう。

普通ならこの時点…というか、孤立する前に降伏するか寝返るか逃げるかするものだが、義の下した決断は尋常ではなかった。以下その時にあったというやりとり。

島津義弘「敵は何処方が猛勢か」(敵の勢いが最も強いのは何処だ?)

臣「東寄の敵、以ての外猛勢」(東側の敵勢の勢いが尋常でなく強いです)

島津義弘その猛勢の中にあいかけよ(突っ込め)」

※ただしこのやり取りには異論もあり、討死(自害?)を口走った義を、豊久が必死に止めたという話もある。

かくして、戦闘がほとんど終結していたにも拘らず、島津軍(約300)が東軍(約80,000)に向かって一斉に突撃を開始したのである。

普通なら鎧袖一触とばかりにズタボロにされるはずであるが、猛将・島津義弘率いる戦闘民族薩摩隼人達がおかしいのか、東軍にやる気かったのか、徳軍本隊の前まで一気に突破。更にそのままをすり抜けて伊勢路方向へ一直線に駆け抜けたのである。

※最近では話が盛られて軍を中央突破して撤退した」という誤解が生じている
いくら薩摩隼人でもそんなことしたら囲まれて全滅するので注意。やりかねない話ではあるが。

当然東軍は追撃したが、この時『捨て奸(すてがまり)』『座と呼称される決死の足止め役(※1)が、追撃を食い止めるために文字通り捨身で東軍に襲いかかった。
その勢いは尋常ではなく、

と、かなりの被を受けてしまう。

もちろん島津軍も事であるはずもなく、妖怪首おいてけ島津豊久家老長寿院盛などが次々に討死したものの、大将である島津義弘は脱出に成功。
大阪を経由(更に人質を奪還)し、の港から船で薩摩まで辿りついた。

この時、の周りにいたのは(※2)僅かに80名ばかりだったと伝えられる。
…とは言え、300人vs80000人で80人生き残るというのが多いか少ないかは人によって感じ方が違うだろうが。

※1 火縄銃で武装した兵士たちが、ある程度の集団として本隊から離脱。を組み座り込んで火縄銃を構え、敵将を狙撃。撃った直後にに持ちかえ敵集団に突っ込み死ぬまで戦うという時間稼ぎ戦法。確実に追手は足止めを食らうが、捨て奸の兵士ほぼ確実に死ぬという、トカゲ尻尾切りもな壮絶極まりない戦法である。

更に言うとにこの役、命ぜられた人数よりも自分からその役を買って出た人数の方が多かったとも言う。
現代でいうところの、「ここは私が!」であり、ニコニコに意訳すると「ここはに任せて先に行け!」もしくはヒャッハー連れだー!」である(いはその両方)。
更に更に言うと、この時点で東軍の勝ちは決定していた。つまり東軍は「折勝ったのに死にたくない!」に対し島津勢は殿お1人でもに戻ればらの勝利。兵子ども死ぬるは今ぞ!」なのである。この辺の士気の差は大きいのではなかろうか。

※2 この人数は『義と一緒に薩摩に戻った』のが80名であり、逃げ延びて後からバラバラに帰した者もいたため、実際に生き残った人数はもうちょっと多かった模様。どういうことなの……

この前代未聞の「前進する」撤退戦が、後に『島津の退き口』と呼ばれ、薩摩隼人頭おかしい武勇を世に知らしめる事となった。

補足

まず「なぜ島津の兵たちはこのような戦法を取ったか」という部分であるが、この時大勢は決していた。下分けの大戦で勝方とあれば、それすなわち「上様」であり、その徳引くは「逆賊」である。
つまり島津の総大将である義「生きて戦場を離脱」「徳方を納得させる言い訳または謝罪」をせねば、島津のお危機(=お取り潰し)であった。文字通り義の首に島津の全てがかかっていたのである。
もちろん薩摩隼人バーバリアン(あるいはバーサーカー)っぷりもこの戦法に拍がけたのは言うまでもない。

ちなみに、西軍に加担(せざるを得なかった=伏見に援軍で入ろうとしたら、鳥居元忠に拒否られた+まで撃ってきた)した時点での島津軍は1500人ほどであったとされる。
薩摩では徳政治的な圧黒田官兵衛等に備える必要があり、大阪の義に大っぴらに援兵を出せなかったため、義を慕う荒武者どもがそれぞれ徒歩で大阪まで馳せ参じた

い話が1000人以上が殿様大事と聞いて駆けつけたのであり、中でも義臣の中で最強のぼっけもん(強者)として知られる中馬重方などは、知らせを聞きつけるや否や仕事を放り出し、知らせてくれた(駆けつける途中だった)輩が持っていた甲冑をぶん取り、そのまま大阪まで駆け通したという。
の人望、推して知るべし。
ちなみにこの時甲冑を取られた輩は、重方のまで行き甲冑を担いで後から駆けつけたらしい。カワイソス

なお、この後島津易になるどころか、西軍の関ヶ原参戦組では一、かつ異例の本領安堵となる(寝返り組は除く)。
そりゃ300人でこれなのに、本(数千~万)が居るとか冗談じゃないレベルではある。

一応に理由を出してみると

  • 薩摩めっちゃ遠い チノ=リを得たぞ!
  • 大戦の後なので軍を出すのはきつい(出来ないとは言ってない)
  • それよりも関ヶ原の戦後処理が優先

といった背景もある。

とは言え徳が何もしなかった訳ではなく、実際には家康島津討伐の命を下しており、これを受けて九州の大名による連合軍が肥後俣まで薄した。
島津義久はこれを迎え撃つべく全軍を率いて出するが、直後に家康宛に義からの謝罪の使者が向けられた事で戦が回避され、その後で交渉開始となっている。
またその交渉も2年という長さに及んでおり、最終的には島津側のり強さに家康が根負けした形となっている。

ちなみにこの交渉、調べてみると結構面い。
方の交渉役は島津によって致命的な致命傷を負わされた井伊直政であったり、島津伯(義久)も島津維新(義)も、書状でこれっぽっちも非を認めていないなど、笑いどころ満載である。

注意事項

これらの行為は、特殊な訓練を受けた精強な変態兵によるものです。

現実にこのような行為をする事は大変危険ですので、良い子も悪い子も絶対に真似しないでください。

関連動画

 

関連商品

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E5%B3%B6%E6%B4%A5%E3%81%AE%E9%80%80%E3%81%8D%E5%8F%A3
ページ番号: 4796823 リビジョン番号: 2456694
読み:シマヅノノキグチ
初版作成日: 12/01/06 16:41 ◆ 最終更新日: 17/02/07 10:55
編集内容についての説明/コメント: 突破に関する補足を加筆 補足等に戦後処理を加筆
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


がまる

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

島津の退き口について語るスレ

192 : ななしのよっしん :2017/04/05(水) 16:04:04 ID: lpHuqvQo13
>>190
じゃ弊があるかな
×敵
○敵勢

まぁ、どちらにしろ、そんなこと実行しようとする島津は十分凄いと思うな
普通だったら怖じ気づいちゃうかも
193 : ななしのよっしん :2017/04/15(土) 13:33:44 ID: W9RnG6eaoN
作り話かがっかりだなぁ
194 : ななしのよっしん :2017/04/15(土) 22:16:20 ID: TTQrn5SWkH
捨て奸は創作だけど、そのモデルっぽい実際に囮になって君を逃がしたもいるし、敵勢を突破するまでに多数戦いがあったのも事実ではあるけどな。単に実際賞賛されるべき大した逸話ではあるが、世間に流布している逸話がそれに輪をかけて非現実的な誇がされているだけである。
195 : ななしのよっしん :2017/04/21(金) 14:09:26 ID: axEILoGdWV
何を根拠に捨てがまりをフィクションと言うかは知らんけど
木崎原ですでに義の軍は8割を死傷で失って「勝利している」
これは種を明かせば簡単。その軍には足軽雑兵がおらず武士だけだったので逃げなかったというだけのことで
他の戦武将でも親衛隊など武士だけで構成された部隊は最後の一兵まで戦って死ぬのが普通だし、
君を逃がすために相手が来るの途中途中に少人数ごとに伏せて死ぬまで戦うを繰り返すことで時間稼ぎするのも普通
例えば桶狭間の今川親衛隊とかな
196 : ななしのよっしん :2017/04/21(金) 15:06:44 ID: PTKgTSi36C
家康黒田長政も部下が死ぬまで戦って生き残ってるし
信長浅井に裏切られたときに秀吉が決死の殿やって生き残ったり戦国時代には良くあることだよね
島津最強伝説信長三千丁とか武田軍団みたいなもんだと思うよ
197 : ななしのよっしん :2017/04/27(木) 00:33:26 ID: lrsszxT/Xa
島津の場合は朝鮮の役も含まれるから同列にはできないんじゃないかな
兵7千で明・朝鮮連合20万撃破と李舜臣上で戦死させた部分
戦い難い狭いより広大大陸で戦ってるときのほうがイキイキしてるような気がしないでもない

198 : ななしのよっしん :2017/04/27(木) 00:47:51 ID: RLeVMQc7sS
>>197
に籠して大量の装備で攻側に大打撃を与えたり
食糧庫を焼き払うことて数の優位を一転不利にさせ不本意な短期決戦を強いらせ
ボコボコのぎったぎたにしたから野戦で勝利したわけでない
199 : ななしのよっしん :2017/04/27(木) 01:33:15 ID: iVakgxH/P3
一万で数十万の一向一を蹴散らした朝倉宗滴という爺さんがいるぞ
あの時代のは九州に限らず全各地でいろんな戦いがあったからな
乱世何て呼ばれるぐらいにね
最強と呼ばれれば呼ばれるほどじゃあなんで下取れなかったの?ってなっちゃう
結局下取りかけた信長と実際に取った秀吉が大名としては最強
数千どころか万以上いて秀吉に勝てずに講和したのが島津
長い間肝付伊東相良と抗争したのも島津く間に九州を席巻したのも島津
弱くないけど言われるほどほど強くない
200 : ななしのよっしん :2017/05/24(水) 19:52:54 ID: g4nWNkJ/KG
ここのコメントを見て???ってなってる静岡の辺の民なんだけど、街道筋までの突破戦や捨てがまりが実際かった戦いなのなら、なんでうちの殿様(直政)は傷負って死ぬことになったんですかね。。。

島津が戦わずバレないように逃げて、捨て身戦法での足止めもしてないなら、武田の流れをむ戦闘経験を積んだ備えの軍団と、彼らに守られた直政ほどの重鎮が、背中を見せてこそこそ逃げるだけの敗残兵なんかに易々とやられるわけはないと思うんだけど。。
201 : ななしのよっしん :2017/05/24(水) 23:39:55 ID: iVakgxH/P3
この掲示板は退き口で島津最強という人と
退き口は様に逃げてたという人と
退き口は有ったけどそれでもって島津最強は言い過ぎって人と
退き口みたいなこと(部下が死ぬまで戦って君逃がす)は時代的によくあったという人に分かれてると思うんだが
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015