単語記事: 川上哲治

編集

川上哲治(かわかみ てつはる(現役時代は「てつじ」))とは、打撃の神様であり、球界のドンである。 

概要

故人
川上哲治
基本情報
出身地 熊本県球磨大村
生年 1920年3月23日
没年 2013年10月28日
(満93歳没)
身長
体重
174 cm
75 kg
選手情報
投球・打撃 左投左打
守備位置 一塁手投手
プロ入り 1938年
引退 1958年
経歴
選手歴 監督コーチ
プロ野球選手テンプレート

1920年生まれ、熊本県出身。

熊本工業で投手として吉原正喜バッテリーを組み、の全中等学校野球選手権大会(現在夏の甲子園)で二度の準優勝を果たし注を集め、1938年に東京巨人軍に入団。ちなみに当時は吉原の方が評価が高く、川上は「自分は刺身のツマだった」と述懐している。また、現在では甲子園の定番となっている「甲子園の土を持ち帰る」のを最初に行ったのは川上であるとされている。

入団当初は投手だったが球威がく、すぐに一塁手に転向(ただし選手不足のため戦前はしばらく投手も兼任していた)。当時はボールの質が粗悪でかなりの投高打低だったが、1939年には打率.338を記録して首位打者にくと、3年連続3割をマークし、軸打者として活躍する。

戦争を挟んで1946年に巨人に復帰すると、以後もほぼ毎年打率3割以上を記録し続けた。低い弾道で弾丸のように鋭く飛んでいく打球は「弾丸ライナー」と命名された。1951年には打率.377をマーク1956年にはプロ野球史上初の2000本安打を達成(1646試合での到達はNPB速記録)。1958年ルーキー長嶋茂雄に4番打者の座を奪われ、現役引退。生涯で首位打者5回、本塁打王2回、打点王3回、MVP3回。通算打率.313。背番号16は巨人永久欠番

打者としては現役当時から「打撃の神様」と呼ばれるほどで、非常に三振の少ないシュアなバッターだった。打率.377を記録した1951年には、シーズン424打席で僅か6三振という驚異的な数字を残している。「ボールが止まって見えた」という発言も有名だが、これは実際は小鶴誠の発言だったらしい。

一方守備は大の苦手で、二塁手千葉茂が一塁すぐ横の打球までカバーしていたという。足もかなりの鈍足だったが、相手の隙を突いての盗塁は得意で、通算220盗塁を記録しトリプルスリー寸前までいったこともある。

現役引退後、1961年から巨人監督に就任。当時戦不足に苦しんでいた巨人を就任初年度から優勝に導くと、1965年から1973年までいわゆるV9を達成。巨人人気、プロ野球人気の絶頂時代を築いた。しかしV9の後半は巨人日本一そのものがマンネリ化し始め、1974年V10を逃したのを機に同年引退した長嶋茂雄監督の座を譲り勇退。なお監督を務めた14年間でリーグ優勝11度、その全てで日本一になっている。

監督退任後はNHKの解説者に就任。立場上球界への影は非常に強く、長嶋茂雄巨人監督を解任された際には黒幕と囁かれたこともある。また2000本安打の達成者であるが名球会員でないのは入会資格昭和生まれに限られているためだが、これは名球会の発起人である金田正一川上や別所毅大正まれの重鎮を遠ざけるために定めたものである。

2013年10月28日、老衰のため死去。93歳没。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E5%B7%9D%E4%B8%8A%E5%93%B2%E6%B2%BB
ページ番号: 4634965 リビジョン番号: 1917052
読み:カワカミテツハル
初版作成日: 11/05/19 03:15 ◆ 最終更新日: 13/10/30 16:16
編集内容についての説明/コメント: 死去に関して追記、テンプレート追加
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

川上哲治について語るスレ

32 : ななしのよっしん :2016/09/23(金) 22:04:05 ID: 2W+cKzqXnH
>>24みたいな擁護はありす
戦時中だろうとなんだろうと許されないものは許されない
なんならもっと惨めな死に方しててもおかしくなかった人間だぞ
33 : ななしのよっしん :2016/09/23(金) 22:06:03 ID: pEKtZgpFvo
過去の出来事を現在の価値観で断罪する方がよっぽど理のあることんだよなぁ
34 : ななしのよっしん :2016/09/24(土) 03:57:32 ID: 2W+cKzqXnH
過去には大勢の部下から恨まれてるし実際戦後に部下の報復を恐れて土下座回りしてるんだよなぁ
35 : ななしのよっしん :2016/10/21(金) 02:50:58 ID: ni6yq5becv
なんかが擁護出来るような話でもいが過ぎ去った事をなぁ
それも故人に対して そりゃ今でも昔でも畜生かもしれんが断罪なんてお前ら
だぜさんいちゃ悪人でも死ね、この人は性格こそ悪かもしれんが一般的には悪人どころか偉人だぞ
それに許される許されないも関係の々じゃなくて元部下が決める事よ
36 : ななしのよっしん :2016/10/26(水) 13:02:24 ID: aXIxJBpGiJ
でも牟田口みたいに部下の報復ですらどうでもよくてヘラヘラしてるもおるし
謝り巡礼するだけの良心があるだけマシなんじゃないか?
謝りに来られるくらいなら、開き直っては悪くないなんて言われる方が良いのか、どっちが正しいのかは知らんけど
37 : ななしのよっしん :2016/12/31(土) 01:15:30 ID: sXb5OjhmWz
>>35
それ感情論以下の宗教観ですよね
なんか意味あるんですか?
38 : ななしのよっしん :2016/12/31(土) 01:40:26 ID: p/CGLf3zNv
こんな場末でマウント取り合うほうが意味だぞ
39 : ななしのよっしん :2017/01/19(木) 23:29:14 ID: zToWzra+Py
>>36
川上が謝罪行脚したのは、報復を恐れただけだろう
にはこびへつらい、その一方で部下にはしばしば理不尽なシゴキを行ったと、丹波哲郎と虫明亜呂は終生忌み嫌っていた
40 : ななしのよっしん :2017/01/19(木) 23:41:00 ID: zToWzra+Py
>>39だが修正
少なくともは、麦の畦を走っていたのを川上に見つかっていた時、中で額を突かれて「いかんじゃないか」と言われるだけで終わったこともあった。また、川上間の巡回番のために喫煙所を設けたりと、気前のよいところもあった。その時の気分や相手次第では、懐の広い一面もあったらしい。
41 : ななしのよっしん :2017/04/25(火) 11:43:56 ID: J4WdOHDnab
牧野さん引っってきたのは川上さんでいいんだよな
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015