編集  

巡洋艦単語

ジュンヨウカン

巡洋艦じゅんようかん、cruiser)とは、遠洋を航するための高速艦艇のことであり、軍艦の一種。

細分化のカテゴリとして、重巡洋艦軽巡洋艦がある。

概要

現在では、具体的な定義は決まっておらず、遠洋航行可な艦艇、もしくは国家社会集団が「巡洋艦である」としていればそれが巡洋艦となる。英語ではクルーザー(cruiser)という。

19世紀末軍艦が木造帆船からの船体と蒸気機関を持つ動艦に移行し始めた頃の話。当時の機関や燃費、船体のサイズといった制約により、重武装の戦艦モニター艦は充分な遠洋航行を有していなかった。このため、武装や装甲をある程度押さえ、代わりに航行を重視した艦も造られていた。これが元々の巡洋艦である。

その後、技術の進歩、船体の大化、戦の在り方の変遷、などの事情により、戦艦駆逐艦それなりの航行を持つようになっていく中、遠洋航行戦艦駆逐艦の中間的なサイズ軍艦、というのが巡洋艦の立ち位置となっていった。

現在はその大の船体に多数のミサイルを搭載するという形で巡洋艦という分類がわずかに残るだけである。
代表的な艦艇としてはアメリカイージスシステム搭載のイージス艦タイコンデロガ級ミサイル巡洋艦ロシアスラヴァ級ミサイル巡洋艦が有名だろう。

日本国内においては、に旧帝国海軍軍艦の艦種をすものとして用いられる場合が多い。

ニコニコ動画でこのタグで航すると、鋼鉄の咆哮といったゲームに出てくる巡洋艦を見ることができる。

重巡洋艦? 軽巡洋艦?

巡洋艦という分類の中でもかなり細分化されているが、基本的には第一次世界大戦以後、ロンドン軍縮会議により定められた「軽巡洋艦軽巡)」「重巡洋艦重巡)」の二分を覚えておけばよいだろう。[1]

種類 条件・内容
重巡洋艦
軽巡洋艦

もっとも、この分類が有効だったのはロンドン軍縮条約が適用されていた間だけで、条約失効後からは軽巡クラスの武装でありながら基準排水量重巡洋艦えたりするなど、かなり曖昧なものとなっている。

また第二次世界大戦後、武装体系がミサイル中心となり、任務も多用途化していったため、巡洋艦及び駆逐艦フリゲート艦などの区分がかなり曖昧なものとなってしまった。

巡洋艦の記事の一覧

保有 艦艇の種類
アメリカ
ロシア
日本
アニメ
ゲームなど

関連動画

鋼鉄の咆哮関連

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

脚注

  1. *それ以前のワシントン条約において戦艦および航空母艦に建造制限がかけられたことで、各戦艦カテゴリー外であった基準排水量1万トン以下の艦艇を整備し始めたため、ロンドンでの定義はそれら各の建造レースを制限する意味合いもあった。

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
http://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%B7%A1%E6%B4%8B%E8%89%A6
ページ番号: 1211201 リビジョン番号: 2279973
読み:ジュンヨウカン
初版作成日: 09/02/01 06:48 ◆ 最終更新日: 15/10/25 22:48
編集内容についての説明/コメント: ヴィントシュトースを追加
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

巡洋艦について語るスレ

70 : ななしのよっしん :2018/06/27(水) 13:34:39 ID: jJ7b0t3ipN
>>68
>条約がなければ重巡はどのような艦がされていたのか?
条約が何条約を示すかが分からないし、ちょっと条件が整理できていないように思う
ロンドン条約未締結なら1万t級重巡を作りまくる以上の選択肢いハズだし、
ワシントン条約自体締結されないなら、戦艦の建造を続けるために重巡は史実ほど作って至れなくなるハズだし
条約状態が続いて1940年代にもなると、どの程度各戦艦を持ってるかを煮詰める必要がある
いずれにせよ、条約なかりせば、と考えるならまず戦艦がどうなるかを第一に考えなきゃならないと思う
重巡をどれだけ強に作っても戦艦に捕捉されれば逃げるか沈むかに過ぎず、戦艦が山ほどあるなら価値は低い
アラスカ級大巡は、八八艦隊計画艦のような高速戦艦ゴロゴロいる環境下だと単なるカモだしね

そちらの考えだと、戦艦が史実通りかつ8inまでなら排水量制限がい、という状況なのかな?
ifり合うのは好きだけど、バーチャルでも良いけど前提条件をよく詰め
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
71 : 独巡洋艦まとめ的なもの :2018/06/28(木) 19:04:28 ID: jJ7b0t3ipN
軽巡:各較しても異形尽くめ。エムデン以外は全てディーゼル搭載艦となっている
トップスピードより巡航速度を優先した、蒸気タービン機関の信頼性が低かった等の理由があり
経験の低さと科学の高さ(電気溶接多用と言う点もあり)が混在した独自性が垣間見える
軽巡は数的劣勢が前提の為、撤退戦を意識し前述の巡航速度優先以外にも後部の方が多いのも特徴

重巡:ヒッパー級重巡均等配置、攻防速もい蒸気タービンと強大かつ普通だがこの構成はヒッパーのみ
軽巡を通しこの普通の構成に行きつくまでがドイツ巡洋艦史の苦難を思わせる系譜となっている。
戦艦ビスマルク)との混同させる為に似せて作られた為、ヒッパー級は他の独巡と外観が大きく異なる

ドイツ巡洋艦歴史は敗戦国から列強にする艦艇を作れるまでの復活の歴史
巡洋艦に限らず、高圧蒸気タービンとディーゼルはどちらも難物だったようで、故障が多かったようだ
※ヒッパー級や装甲艦からドイツ巡洋艦は大な印だが、軽巡はいずれも6
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
72 : 英巡洋艦まとめ的なもの :2018/06/28(木) 19:56:03 ID: jJ7b0t3ipN
軽巡WW1の時代に世界に先駆けて軽巡を登場させる。以降も世界に初の防巡洋艦を建造するなど、先進的
ロンドン軍縮会議でも8,500t程度が妥当としていたように、1万tをえる軽巡ど作らなかった

重巡:定義上世界初の重巡保有日本ではなく本来はイギリスWW1に建造された19艦ホーキンス級)
条約時代ではほぼ同仕様重巡カウティ級)を大量に建造、其の後はを減らし小化したヨーク級を
建造するなど、重巡においても質(戦闘力)より量の方針を通していた。

シーレーン維持の為に数量に強い拘りを見せており戦間期においては70隻の保有標を掲げ数は非常に充実
 一方で斜陽気味な大と言う事もあり刷新ペースは遅めで、WW1建造の軽巡WW2で運用されていた。
※汎用性やバランスと言う言葉を巡洋艦に当て嵌めるなら、まずこのが上がる位に汎用性が高い艦が多い
※英巡は各べて最高速度が遅め。だが子(日本)は初っ端から相当のスピード狂に…
シーレーン防衛を第一
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
73 : ななしのよっしん :2018/07/11(水) 16:15:32 ID: jJ7b0t3ipN
ようやく各別が終わったので、ここまでを総括して軽巡重巡のまとめを出します
長々と投稿して申し訳ない。一応軽巡重巡おまけとりあえず終了です。

別にまとめた意図は、巡洋艦、特に軽巡洋艦スタイルごとでまったく違うと言う事。
汎用性やバランスと言う言葉を使うならイギリス巡洋艦、と言ったけど
に持ってくると汎用は庸に変わってしまうので、どこでも活躍できるかはまた別
どこに出してもバランスの良い艦はいと常々言ったけど、めるバランスそれぞれという話。
何はともあれ13行制限に収めるのが大変だ(その癖13行でも投稿したら文字オーバーとかあるから困る)
74 : ななしのよっしん :2018/07/11(水) 16:17:01 ID: jJ7b0t3ipN
軽巡洋艦
機関技術の発展により、防護巡洋艦の後継として登場した巡洋艦。発祥は英巡アリシューザ(1914)とされる
石炭を燃料とし石炭庫を装甲の代わりにしていたのが防護巡洋艦だが、重油を燃料とする事で速度を向上し
石炭庫をし軽度な装甲を装備した軽装甲巡洋艦Light Armoured Cruiser)を略して軽巡洋艦と呼ぶ。
軽巡洋艦の軽は"装甲"巡洋艦と区分しての"軽(装甲)"巡洋艦であり、本来は重巡の"重"との対義ではない。
後にロンドン軍縮条約により6.1in以上のを搭載する軽巡洋艦重巡洋艦として別に区分された

や規模の範囲が非常に広く、駆逐艦並みから戦艦並みの物まで存在する。軍縮条約以前は口径上限もなく
後に空母となった2万tのカレイジャス級も、一応は軽巡洋艦である(large light cruisers=大軽巡洋艦
一方で夕張など、大駆逐艦並みの規模しかない軽巡洋艦も存在する。
の運用方針
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
75 : ななしのよっしん :2018/07/12(木) 09:12:29 ID: jJ7b0t3ipN
重巡洋艦
ロンドン軍縮条約によって規定された艦。6.1in以上8in以下のを積んだ軽巡洋艦重巡洋艦と呼ぶ。
それ以外の要件はいため、特に当初の重巡洋艦は8inを積みながら防御は対6in止まりの艦が多かった。
あくまで6.1in以上である為ソ連の18巡洋艦キーロフ重巡洋艦に規定されるし、
最も古い重巡洋艦は、古鷹ではなくWW1中に起工されたホーキンス級巡洋艦(19cm搭載)となる。
条約明けに1万t制限がい中で建造された重巡洋艦を区別して条約重巡と呼ぶことがあるが、
あくまで紳士規定である為、称1万tでも実際は1万tをえていた条約重巡は結構多い。
日本重巡の大半が1万t過していた事は有名だが、最も大きいのはイタリアのザラ級(11,870t)

当初のコンセプトは「相手軽巡殺できる高火力軽巡」であったが、各共に重巡を建造するようになると
「相手重巡に勝てる重巡」である事がめられるようになり、対8in防御をした重装甲艦も建造された
(条約重
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
76 : ななしのよっしん :2018/07/12(木) 20:19:58 ID: jJ7b0t3ipN
おまけ、装甲艦、大巡洋艦
重巡との関係が深いカテゴリとして、30年代辺りから登場したり計画された重巡以上戦艦未満の艦について。
30年代軍縮条約により1万tの巡洋艦の上の水上戦闘艦は、どの場合低速で数の限られる戦艦だけとなった
この為、「戦艦からは逃げられ巡洋艦れる艦」と言う需要が注された。そのトップバッターとされるのが
グラフシュペーで有名な装甲艦である(但し装甲艦のコンセプト海防戦艦巡洋艦に勝てる事)
一方日では誤情報からアラスカが建造され、その対抗から甲巡が計画されるという特異な競争が起こった

一見使いやすそうなこのカテゴリだが、装甲艦以外は3万t近くと戦艦並みに大になる上に戦艦には勝てず
装甲艦自体もその内実はコンパクトなだけに装甲は軽巡並みで速度も26~28kt止まりであり、
当のドイツ軍からも「戦艦には勝てず巡洋艦からは逃げられない」と評価されたりもしている。
また、装甲艦を建造した独でも装甲艦対抗のダンケルクに対抗した結果、後継艦は結局戦艦と化すなど
シャルンホルスト、当初計画は装甲艦)結局は全点高速戦艦に収斂してしまっている。
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
77 : ななしのよっしん :2018/07/16(月) 00:15:11 ID: GCro4jaE01
>>76
お疲れさんどす。
軽巡重巡と言う固有名詞の説明として良くまとまってると思う
「6.1in以上8in以下のを積んだ軽巡洋艦重巡洋艦と呼ぶ」は重巡を端的に表してるな
この辺は特に重巡に打ち込んでいた日本の場合を見ると正しさが分かる

軽巡に8inを積んだ→はい重巡古鷹青葉
・ほぼ重巡と同様の設計で6inガン積み→6inね、軽巡最上装前)
・上記の艦に8inを積んだだけ、内書類でも軽巡のまま→重巡だあぁぁ!(最上装後)

艦の規模や基本性がどういうバランスだろうが、内書類上の扱いがどうあろうが、
8in積んだ時点で重巡になるんだよね。
78 : ななしのよっしん :2018/07/27(金) 10:16:37 ID: xRETXqNSTM
>>76
長期に渡るまとめ作成おつかれさまでした
ここの巡洋艦記事のマイルストーンになるような、素晴らしいまとめだと思います

こちらの誤解、誤謬等多い議論にも根気よく付き合っていただきありがとうございました
79 : ななしのよっしん :2018/08/04(土) 01:02:53 ID: GCro4jaE01
勝手に蛇足して、各軽・重巡洋艦の未成艦(つまり実在艦のその先の構想)

日本重巡鈴谷伊吹最上の準同艦。重巡スタイルは既に完成したと考えていたようだ
日本軽巡阿賀野 ちょっと火力を増し更に速度強化。嚮導艦以外考えてないっぽい
アメリカデモインやウースターでやり尽したのか新規未成艦の話がい。自動装填マンセー
英国軽巡ネプチューン 汎用艦スタイルに飽きたのか6in自動両用12門15,000tと言う怪物を構想
独逸軽巡:M級 ディーゼル・タービン複合動。あの構成にハマったんだろうか。整備性悪そう
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829