単語記事: 巴マミ

編集

最新のトピック

劇場版で変身シーンとテーマ曲がリニューアル!

マミさんが主人公!The different story刊行中!

制服マミさんfigma発売中!

巴マミ(ともえ -)とは、テレビアニメ『魔法少女まどか☆マギカ』の登場人物である。
担当声優は水橋かおり

概要

まどかの通う中学校の3年生。
面倒見の良いお姉さん的存在。
 キュゥべえと契約した現役の魔法少女。

――「魔法少女まどか☆マギカ」公式サイトより

見滝原中学校に通う三年生。縦ロール(一般に「ドリル」もしくは「ドリルヘア」とも呼ばれる髪型)のツインテール髪少女。年齢不相応なナイスバディの持ち主。
一学年下の二年生のまどか達にとっては上級生であり、物腰の柔らかい落ち着いた優しく頼りになるお姉さん的存在。クラシカルな意匠のマスケット銃で優雅に戦う先輩魔法少女。
交通事故で絶命寸前のところ、キュゥべえと契約を交わしたことにより九死に一生を得、その後は魔法少女としての重圧や孤独に耐えながら一人で戦い続けていた。

第3話にて一瞬の隙を突かれたところをお菓子の魔女Charlotteに頭部を食いちぎられ絶命するという無惨な最期を遂げる。それを目の当たりにしたまどか・さやか両名のみならず、視聴者にも大きなトラウマを与えた。
マミの死によって、その後任として佐倉杏子が呼び寄せられたこと、彼女がいなくなったことでさやかが安易にキュゥべえと契約を行ってしまったこと、その最期によってまどかとさやかが心に大きな傷を負ったこと、Charlotte戦前にほむらを拘束したことでさやかのほむらに対する誤解が深まったことなど、作中の多くの出来事に彼女の死が関わっている。以上のような経緯から多大な反響を巻き起こし、退場するのが早かったにもかかわらず現在に至るまでトップクラスの人気を誇る。ちなみに2話までのあまりに落ち着いた言動から、キュゥべえと並び「実は黒幕では!?」と言われることもあった。

第3話での退場以来、久々の登場となった最終話では、壮大すぎる願いを行おうとしているまどかに最後の確認を取ると同時に、その祈りを杏子と共に後押ししても居る。
祈りによる改変後の世界においては、キュゥべえと契約したまどかの願いによって魔法少女が魔女になることが無くなったため、魔女との戦いで命を失う悲劇そのものも無かった事とされ、マミは生還を果たした。

キャラクターのモデルは「ひだまりスケッチ」のヒロさん。但し、虚淵によると体重を気にしているという設定は無いとのこと。魔女退治がカロリーを消費するちょうどいい運動にもなっているのか、それとも栄養が全て胸に吸収されているのかは不明。

また、本編での登場回数が少ない分、ドラマCDやスピンオフ、関連書籍などにおいてその人物性や内面、設定が説明、補完されることが多いことも巴マミの大きな特徴である。
さらに、巴マミは杏子、まどか、ほむら、さやかにあまりにも大きな影響を与えた為、彼女達について深く理解しようとすれば、必然的にその過程においてマミへの理解も同時に深められざるを得ない。
その為、巴マミをどのように理解しているかで、そのファンがどれほどアニメ本編以外の外伝や関連書籍等の知識を有しているか(また、アニメ外の知識までも得ようとする程にどれほどまどか☆マギカに対して情熱を注ぎ込んでいるか)、どれほど他の人物に対する理解を深めようとしているか、が明らかになる一面がある。
いわば、巴マミは「そのファンがどのくらい深い知識と情熱を持ってまどか☆マギカにのめり込んでいるかを計るバロメーターに当たる人物」といっても過言ではないだろう。

過去の周回

ほむらの退院より前に魔法少女になっており、まどか☆マギカ本編第十話のほむらの過去の周回の回想においては、その中で現れる他の全ての契約した魔法少女達と同様に、全ての時間軸において死亡している(おりこ☆マギカでは、杏子と共に物語終了時点まで生き延びている)。特にほむらとまどかが約束を交わした時間軸でマミが行った”ある行動”は、視聴者に大きな衝撃を与えた。本編時間軸でほむらがマミとあまり良好な関係になかったのはこの出来事や、内心仲間を求めていたマミとまどかの契約阻止を第一に考えるほむらとの目的の不一致が原因ではないかと見られる。
放送当初、彼女のこの行動によって「巴マミの人気が急落するのではないか?」という危惧もファンの間ではあった。しかし、マミのこの行動については同情的な意見も放送当時から多く、また「何故巴マミはあの周回であのような行動を起こしたのか?」という疑問を持ったファン達の手によってマミのこの行動についての様々な考察が行われることになり、人気下落への懸念は杞憂に終わった。また、マミのこの行動に関しては公式側からも多くのフォローがなされている。

アニメ十話において巴マミが行った”ある行動”の詳細と、それに関するファン達の考察や公式側の見解については、「病ミさん」の記事に記載されている。十話放送当時から関連作品、書籍等が追加される度に内容が加筆されていったためにかなりの文量だが、興味がある人は一読してみるのも良いかもしれない。

ハノカゲによるスピンオフ作品『The different story』においては、マミさんが理想と現実の違いに苦悩する姿が描かれている。マミさんファンならば一読して欲しい。 

 

魔法

魔女との戦いにおいては、身体からマスケット銃を数多く出現させて戦う。これはマスケット銃は素早く銃弾を装填しての連発が非常に難しい構造になっているために、戦闘中は無数のマスケット銃を一気に出現させ一発撃つ毎に使い捨てて戦うというスタイルを取っている事に由来する。

マミ本来の魔法は「命を繋ぎ止める」願いに由来したリボンに代表される結びつける力。マスケット銃はリボンを変形させて作り出している(ゲーム版で判明)。複雑な構造は再現できないために単発式の銃しか作ることが出来なかったが、修行により大型の大砲も作れるようになった。これこそが後のティロ・フィナーレである。 

またマミが登場する魔法少女の中で一番経験豊富で、本来の魔力以外に自ら身に付けた後付けの魔力をいろいろ持ってるとのこと。マスケット銃や巨大な銃の錬成、キュゥべえを癒したり、さやかのバットを強化したり、まどかとさやかに展開させていたドーム上のシールド等々がソレに該当すると思われる。

マミさんの主な必殺技。多くの技は、ゲーム版製作に合わせて命名された。

技名 説明
ティロ・フィナーレ マミさんの代名詞的必殺技。大型の大砲を作り出して攻撃する。
ティロ・ボレー ドラマCDで使用。複数のマスケット銃で一斉射撃を行う。
レガーレ・ヴァスタアリア 2,3話及び10話で使用。相手をリボンで縛り付けて拘束する。
ゲーム版では下位魔法の「レガーレ」を含めて、大半の魔女に効いてしまう強力な技である。
パロットラ・マギカ・エドゥ・
インフィニータ(無限の魔弾)
1話で使用。大量のマスケット銃を作り出し、広範囲に攻撃する。
ダンサ・デル・マジックブレッド
(魔弾の舞踏)
3話で使用。複数のマスケット銃を用いて全方位攻撃を行う。
ボンバルダメント ゲーム版に登場する最強技。ティロ・フィナーレを超える巨大な大砲による攻撃。
両手で保持できないサイズであるため、大砲の上で例のポーズをとりながら攻撃する。
絶対領域 2話でまどか達を守る際に使用。完全無敵のバリアを作り出す。
ゲーム版においては、ワルプルギスの夜に対してすら一方的に攻撃できるチート技である。
テ・ポメリアーノ 2話で使用。紅茶を召喚して午後のティータイムを行う。→砲火後ティータイム
HP回復効果がある。
ティロ・リチェルカーレ スピンオフ漫画The different storyの第5話で使用。あらかじめ異なる位置と向きに配置した複数の中型の大砲による一斉射撃。

おりこ☆マギカでの活躍

簡単に言えば、相性の悪い至近戦特化魔法少女である呉キリカに襲われたり、杏子の連れの幼女の千歳ゆまに泣かされたりしている。しかし、魔法少女→魔女という秘密を知っても、ゆまの叱咤で立ち直り、おねえさんキャラを完遂!
詳しくは個別百科にて→『魔法少女おりこ☆マギカ』

かずみ☆マギカでの活躍

第11話(単行本第3巻)で登場。
ある日、危篤となった祖母を助けようと走っている少女が魔女に襲われようとしていた。その少女を遠足途中だった魔法少女が救った。その姿、その武器、そして決め技のティロ・フィナーレ・・・どう見ても彼女である。救われた少女は様々な経緯から魔法少女となり、魔女の口づけによって自殺しようとしていた少女達を救い、彼女たちを魔法少女へと引き入れた。そして彼女たちの必殺技に名前を付けようとする。曰く「私を助けてくれたお姉さんにならってイタリア語で考えたんだよ!マミさん、なんつー影響を与えてくれたんや…そらあの作品で必殺技連呼の理由もわかるわ…
詳しくは個別百科にて→『魔法少女かずみ☆マギカ』

と、(フォワードでの連載を追いかけている、あるいは第3巻まで既読の人には分かっているだろうが)あえてぼかして書いたのには訳がある。

この作品での主人公であり、上述のようにマミに救われた少女、かずみは記憶をなくしており、その記憶を御崎海香によって見せられている。そしてその映像の最後では海香がジュゥべえの記憶を書き換えている。

つまりこの最後の点のみが正しいとするならば、記憶改竄能力のある海香によって、かずみに一部ないし全部が偽である記憶を植え付けられていると言うことになる。実際にその次の回で、嘘が入っていたと宇佐木里美がかずみに明かしている。

つまり、「マミがかずみを救った」「マミに影響されてかずみがイタリア語の必殺技名をつけるようになった」「かずみが暴走して仲間にイタリア語名の必殺技使用を強要した」という事に関しても真偽が不明となるわけである。事実、かずみ達と敵対する魔法少女も必殺技名をつけている理由が説明できない。この点に関して留意した上で連載を追うなり、単行本を買って読むなりして欲しい。

もっとも、The different storyの下巻を読む限りでは、彼女が和紗ミチルを救った事は嘘ではないようだ。

The different story での扱い

この物語の主役である。
全十二話というTVアニメ本編と全く同じ話数で構成されたこのスピンオフコミックは、まどか、ほむら中心に収束したTVアニメ本編とは異なり、徹頭徹尾最後まで巴マミ中心の物語が展開され、正に巴マミの視点で描かれた、「アニメとは異なるまどか☆マギカの物語」として相応しい内容となっている。
主役というだけあって非常に出番が多く、また、アニメ本編ではあまり描写されなかった杏子やさやかとの関係と深い絆も十二分に描かれ、かつマミの過去や内面の心理描写、はては他4人の魔法少女による正直なマミへの評価と親愛の気持ちに至るまで詳細に補完されており、「強くて頼りになる」、親しみや愛おしさを込めて「アイツが調子に乗ってる時は大抵ツメが甘いんだ」(ただし、調子に乗ってツメが甘くなったのか、杏子という仲間が出来た安心感からツメが甘くなったのかは、実際の所は不明)、「(正義の味方としてみんなの幸せを守る為に命を賭ける事が許される)本当に限られた相応しいヤツ」とまどかに語る杏子や、「もう誰も頼らない」と心に決めたはずが、マミが助かった安堵のあまり、以後はマミに心を預け頼るほむらの姿など、他では見られない姿も見られる。
特に、アニメ十話で今ひとつ明らかにならなかった「何故ソウルジェムが魔女を産むことが巴マミにとっては一大事であるか」が、人間関係のすれ違いやマミの内心の不安、彼女の論理的な思考(この物語でマミは精神的に壊れてもいなければ、錯乱もしていない)の果てに、マミ自身がその結論を選ばざるを得なくなる手詰まりに追い込まれるという過程をもって、丁寧かつ容赦無い筆致で描写されている
その為、ある意味本作品はTVアニメ本編以上に過酷な物語であるが、巴マミが自分をどのような人間であると考えていたか、また巴マミを周りの人間はどのような人間であるかと考えていたか、そしてメイン五人の少女達にとってどれほどマミが大きな存在であったかということが、これ以上ないほど豊かに描かれている。
故に、本作品はマミマミストのみならず、魔法少女まどか☆マギカを愛する全ての人に是非ともオススメしたい傑作である。

叛逆の物語での扱い

まどかやさやかたちの先輩にあたる見滝原市の魔法少女。お菓子の魔女との戦いにおいて命を落としたが、まどかの願いによりその悲劇は消え去り、魔法少女を続けている。

――「叛逆の物語」公式サイトより

(ネタバレ注意)

5人の魔法少女による戦隊を結成しており、その中でもマミはリーダー的存在で、センターを飾っている。また、まどかとの新合体必殺技、「ティロ・デュエット」を披露した。なお、「ピュエラ・マギ・ホーリー・クインテット」の決めポーズやお茶会の演出等は新房監督によるとマミの発案”かもしれない”と語られているが、そのチーム名が誰の命名なのかに関しては、作中はおろか監督や制作スタッフ、声優からも一切説明されていない(ホーリーというのは「英語」であり、先述したティロ・デュエットの例のようにマミは必殺技を「イタリア語」で命名することに拘るので、この点からチーム名の命名者がマミではない可能性もある)。また、魔法少女の仲間に加えて、べべというパートナーも連れており、本人も「今が一番幸せ」と語っているなど、マミにとって理想的な状態だった。だが彼女は、その状態が魔女の結界によるものとは気づいていなかった。それもそのはずで、マミは魔女という存在を、そもそも知らないのである。

中盤で暁美ほむらが、べべを結界を創りだした魔女と疑って襲った際、パートナーを守るために立ちはだかる。戦闘は時間停止魔法も絡んだ激しい銃撃戦となったが、最終的にはほむらの一歩先を読み、リボンの分身を作って勝利する。 その強さたるや、TV第3話で「お菓子の魔女」シャルロッテに食い殺されてしまったのが不思議なほどで、美樹さやかをして「絶好調のマミさん相手に真正面からケンカを売るなんて、自信過剰なのか馬鹿なのか」と言わしめるほどである。また、パンフレットでは新房監督からは「油断さえしなければ、最強の魔法少女なんじゃないのかと思ってしまう」と語られ、叛逆の物語公開前に刊行された娘タイプ2013年10月号では虚淵からは「(※叛逆の物語でマミの実力は明らかになるのかという問いに対して)絶好調のマミさんならどんな相手にも勝てるだろうという信念に基づいています。」と語られている(逆に言えば、それほどシャルロッテは強力な魔女だったのである。因みにTVアニメ放送後発行された『魔法少女まどか☆マギカ~The Beginning Story』によると、少なくとも虚淵玄にとってはマミがシャルロッテに負けたのは「何かヘタを打ったのではなく、相性の問題」とのことである。また虚淵は娘タイプ2013年10月号のインタビューでは「自分は「強さのパラメータ設定」や「スペック差」とか、あまり好きじゃないんですよ」、「勝負を決めるのは時の運だし、スペックだけで勝ち負けが決まるもんじゃない」とも同時に語っている)。

物語後半では、正体を明かしたべべから事情を聞き、ほむらを救うべく戦う。その際、新たに列車砲型のティロ・フィナーレを披露した。→『マジカル列車砲

[新編]叛逆の物語では、美樹さやかと同じく、大きく救済されたキャラクターと言えるだろう。高い実力の持ち主とされながら、TVアニメ本編では序盤であっさり戦死してしまったため、実はそれほど強くないのではないか、などという不名誉な見解すら存在した。しかし本作での暁美ほむらとの戦いでは、ほむらの先輩・師匠としての貫録を存分に示し、その名誉を挽回している。ほむらが使用する毎分数百発(毎秒に換算すれば十数発)もの発射速度がある銃に、単発式の銃を次々に生成して対抗している事実だけでも、その魔力の強さ、能力の高さがわかる。

ファンからの扱い

3話放映以降、急激に人気が上昇。かつて、ニコニコ動画やpixivで主要5キャラ中ダントツ1位のタグ数であったほど二次創作で人気が高く、if展開も多数作られるなど(主に「マミさんを救い隊」タグで検索するのがお薦め)多くのファンから愛されている。現在のタグ数は、ニコニコ動画で2位、pixivで僅差で4位と順位を落としているが、これは決してマミさんの人気が落ちたのではなく、他の4人の人気も上がってきたため、差が小さくなったと思われる。また、薄い本やコスプレAVではトップクラスの人気を誇っている。

アニメ最萌トーナメント2011では優勝してしまった。巨乳キャラとしては史上初の快挙である。

公式においては、フィギュアの発売順が3番目だったり、抱き枕カバーが発売されたり、劇場版で日本語歌詞付きテーマ曲『未来(kalafina)』が追加されたり大幅に作画が修正されたり、マミさんが主人公のスピンオフ作品『The different story』が刊行されたりするなど、メインキャラ5人の中で最も出番が少ないとは思えないほどの優遇を受けている。

一見すると、百合カップリングでは一転して不遇な扱いを受けること多いように見えることもあるが、1~3話で仲の良かったまどかとのカップリング(まどマミ)やフェアウェル・ストーリー公開後、そしてThe different story刊行後に多数イラストが描かれるようになった杏子とのカップリング(杏マミ)なども実はかなりの数が存在しており(最も、ほむまどと杏さやが圧倒的な勢力を有していることには変わりはないが)、実際の所はカップリングにおいてそれほど扱いが不遇という訳でもない。

加えて、本編において唯一キュゥべえと仲が良かったことから、pixivにおいては「キュゥマミ」というカップリングタグが存在する。時には相思相愛だったり、キュゥべえが一方的にマミを好きだったりと、平和的な間柄で描かれることが多い。4コマアンソロジーにおいては、マミさんがキュゥべえに惚れる展開がある。

また、アニメ本編で唯一必殺技名を叫んでいることから中二病キャラにされたこともあるが、脚本担当の虚淵玄が『普通の魔法少女アニメと思わせるためのミスリード』のために叫ばせただけであり、中二病というわけではない
他の4人が技名を叫ばないのは、3話以降の暗い雰囲気を優先させたからである。

ちなみに、『魔法少女かずみ☆マギカ』の魔法少女達の必殺技は後にマミに影響を受けた可能性があることが提示(詳しくは「かずみ☆マギカでの扱い」を参照)されたが、『魔法少女おりこ☆マギカ』の外伝、『魔法少女おりこ☆マギカ~noisy citrine~』において、呉キリカが必殺技に名前をつけていたことが明らかになり(しかもイタリア語ではなく英語の必殺技であり、完全にキリカのオリジナルであると考えられる)、これによって他のQBと契約した他の魔法少女の指示や影響ではなく、自発的に必殺技に名前をつけた魔法少女は完全にマミ一人ではなくなった。
最終回でのセリフも中二病扱いされることがあるが、脚本担当の淵玄はオトナアニメVol,21におけるインタビューで、円環の理」は巴マミの造ではなく、魔法少女の間で口伝されている伝承であるという設定を明らかにしている。
そもそも、マミを含めて全員女子中学生なのだから、中二病的台詞であったり、そうした物にあこがれを抱くのは、それで当たり前ともいえるし、また、マミに関してはドラマCD『フェアウェル・ストーリー』においては「昔TVで観ていた魔法少女の様に必殺技の名前を叫ぶことで、戦いから逃げ出したくなる自分を奮い立たせる」という必殺技に名前をつける理由が明かされ、つまり、マミは意味も無く、カッコイイからという理由で必殺技に名前をつけている訳では決してない

以上、本作における魔法少女のビジュアルや世界観の説明など、特に序盤のツカミにおいて重要な役割を果たしたキャラクターなのだが、その「世界観の説明」としての「マミる」シーンや、華麗な仮面に隠れた「ひとりぼっちで戦うのは寂しい」という等身大の悲痛な素顔と、魔法少女になると決めたまどかの告白を聞いてからの浮かれっぷり、ベテラン扱いの先輩キャラだが実態としてはキュゥべえに騙されたまま、まどかやさやかを魔法少女に勧誘してしまった事、10話でのほむらの回想中では姿が確認された周回では例外無く何らかの形で死亡している(但し、この回想においてはマミだけでなく、回想中に姿が確認出来る「魔法少女」は、「ほむら以外は全員」例外無く死亡している)事、オサレな言い回し等が混ざり拡大解釈された結果、

  • 「死亡・十話におけるシーンを利用したオチ要員」
  • 「学校で友達がいないぼっちキャラ」
  • 「良いお姉さんを演じているが、本当はとても子供っぽく恋愛などにも疎い」
  • 「発言がいちいち厨二病」
  • 「三十過ぎても独身一人暮らし」

といった過激なデフォルメの格好のターゲットにされ、暁美ほむらに並ぶ本作屈指のお笑い(&巨乳)担当というのがネタ的な二次創作における流行になってしまった。

ちなみに、BD第一巻を改めて視聴した脚本の虚淵玄が、ファンになったそうである。

また、虚淵玄はオトナアニメVol,21におけるインタビューにて、マミの苦悩は「スパイダーマン程度の、自分がヒーローだと他人に言えない程度の苦悩」だったと発言。二次創作におけるぼっち扱いを否定した。
ハノカゲによるスピンオフ作品『The different story』においては、クラスメイトとの友人関係が描かれている。
本編における「ひとりぼっち」発言は、あくまでも「魔法少女の友達が欲しい」という意味であり、友達が一人も居ないというわけではないということに注意されたい。

(※以下、PSP版ネタバレ注意!また、以下の設定はあくまで一関連作品内のものに過ぎない事、シナリオを書いたのは虚淵玄ではない事に注意されたし)
なお、後にPSP版では魔法少女の使命に没頭するあまり親しかった友人達と疎遠になってしまった様子が描かれたが、そもそもPSP版においては魔法少女になった以上は誰でも孤独になることが再三描写されており、マミだけでなくほむらも杏子も、そしてさやかやまどかさえも友人がいない(或いはいなくなっていく)様子が描かれたため、少なくともPSP版において孤独(ネタ的に言えばぼっち)はマミの特徴としては妥当ではない。それはPSP版の設定における魔法少女そのものの特徴である。
(以上、反転終了。)

このようなマミさんに対するファンの二次設定的なキャラ付けが過激なものとなった背景には、3話というあまりにも早い段階で彼女が退場してしまったこと、そして(当初は)脚本家の虚淵玄自身が彼女に対してさしたる興味を持っていなかったので設定が薄くおざなりだったことがあげられる。それがファンの想像力を掻き立て、様々なマミさん像が描かれることとなった。その結果ファンの予想以上の人気に気が付いた公式側が、マミさんに対して次々と後付設定(杏子との関係、必殺技を叫ぶようになった理由、過去の戦いなど)を追加していったため、もはや現在のマミさんと放送当時のマミさんはほとんど別人といっても過言ではないかもしれない。
しかし、二次創作によってキャラが豊かになった反面、二次的なキャラ付けと後付設定に矛盾が生じることが少なからず起こるようになってしまった。また、コピペブログや二次創作物のみでしか彼女を知らない人間が公式設定と二次設定を混同し、それが原因でファン同士に対立が生じているという悲しい現実も存在する。アンチが厨二ネタ、ぼっちネタ、デブネタ(これらの由来は、全て二次創作である)を用いてネタと称して時に公然と荒らしを行うような目を背けたくなるような状況も存在してしまっている。(ちなみに、デブネタの元になったシーンは劇場版で作画が修正されている)

このように、マミさんはネットによる二次創作の恩恵と被害、その両方を最も受けたキャラといえるだろう。
かつて、マミさんはどんなネタでも受け入れられる、自由度の高いキャラだった。しかし、それは放送当時の、まだマミさんのキャラ設定が定まっていなかったころの話である。
公式側から次々と後付設定が追加され、キャラの掘り下げや形付けがはっきりしてきた今、もはや「マミさんには何をしても問題ない」「マミさんなら仕方ない」では通らないことに注意が必要である。 

お絵カキコ

笑顔遠景引っ張りたい三人一緒巴マミ笑顔の魔法少女マウス描き?巴マミとCharlotte黄昏らくがきスレにてCharlotte&巴マミ乳酸菌とってるぅー!マミさんかっこいいよマミさん・・・。水彩?突っ込みは禁止ねマミさん黄色いな。巴マミマミさん巴マミぐぬぬ巴マミ:かなあ(゚д゚)#249

ネタバレ注意?

ネタバレ(?)注意(スクロールして下さい)↓

巴マミ#97巴マミ#469巴マミ#470スペースほむら>>149 巴マミ#750巴マミ#867謎の白い液体>>148 巴マミ>>2075おまたせ、紅茶しかなかったけどいいかな?

関連動画

関連動画「巴マミ」でタグ検索
※まどか☆マギカMADリンクの項目も参照。

関連静画

関連静画「巴マミ」でタグ検索

関連商品

巴マミ総合

生活雑貨

タオル・クッション・寝具類

携帯・小物・アクセサリー類

Tシャツ・バック類

魔法少女まどか☆マギカの関連商品一覧の項目も参照。

関連チャンネル・関連コミュニティ


関連項目

  • 魔法少女まどか☆マギカ
  • 水橋かおり(鹿目タツヤ・ワルプルギスの夜の二役も兼任)
  • Gertrud / Charlotte / Gisela
  • Candeloro(魔法少女まどか☆マギカ)
  • フェアウェル・ストーリー
  • the different story
  • 魔法少女 / 魔砲少女 / 魔法使い / 魔砲使い
  • マスケット銃 / マジカルマスケット銃 / 銃使い / ガンカタ
  • ティロ・フィナーレ
  • もう何も恐くない
  • まみこれかわいい
  • 魔弾の舞踏
  • 円環の理
  • マジカル列車砲
  • 砲火後ティータイム
  • マミさんのテーマ(Credens justitiam) / 未来(kalafina)
  • マミマミスト / マミさんを救い隊 / マミさんが好きすぎる人
  • おっぱいマミマミ
  • まどマミ / 杏マミ/マミさや/ほむマミ/マミなぎ
  • マミる / 恵方マミ
  • ベベ(まどか☆マギカ) / Charlotte(魔法少女まどか☆マギカ)
  • 病ミさん
  • アラサーマミさんシリーズ
  • アーマロイド・マミィ / スペースほむら
  • 醤油(ゲーム版では、醤油を買えば買うほどマミさんがパワーアップする)
  • 恋のティロ・フィナーレ
     

魔法少女まどか☆マギカの関連項目一覧の項目も参照。

魔法少女まどか☆マギカ
アニメ 第一期 テレビアニメ | 劇場版(総集編)
第二期 劇場版(新編)
スピンオフ漫画 魔法少女おりこ☆マギカ | 魔法少女かずみ☆マギカ | The different story
魔法少女すずね☆マギカ | 魔法少女たると☆マギカ
ゲーム ポータブル | オンライン
登場人物 インキャラクター 鹿目まどか - 暁美ほむら - 巴マミ
美樹さやか - 佐倉杏子 - キュゥべえ - 百江なぎさ
サブキャラクター 志筑仁美 - 上条恭介 - 早乙女和子
鹿目詢子 - 鹿目知久 - 鹿目タツヤ
モブキャラクター 中沢 - ショウさん - エイミー
おりこ☆マギカ 美国織莉子 - 呉キリカ - 千歳ゆま - 優木沙々- 浅古小巻
かずみ☆マギカ かずみ - 御崎海香 - 牧カオル
浅海サキ - 若葉みらい - 神那ニコ - 宇佐木里美 - ジュゥべえ
ユウリ様 - 飛鳥ユウリ - 双樹あやせ - 和紗ミチル - 聖カンナ
すずね☆マギカ 天乃鈴音 - 奏遥香 - 日向茉莉 - 詩音千里 - 成見亜里紗
たると☆マギカ タルト - リズ・ホークウッド
メリッサ・ド・ヴィニョル - エリザ・ツェリスカ 
その他 魔女 - 使い魔 - 魔獣
楽曲 TV版 コネクト | Magia
また あした | and I'm home | (サウンドトラック
劇場版(総集編) ルミナス | ひかりふる | 未来
劇場版(新編) カラフル | 君の銀の庭 | misterioso
関連人物 スタッフ 新房昭之 | 虚淵玄 | 蒼樹うめ
宮本幸裕 | 岩上敦宏 | 岸田隆宏 | 劇団イヌカレー | 鶴岡陽太
アーティスト 梶浦由記 | ClariS | Kalafina | 貝田由里子
関連団体 シャフト | ニトロプラス | アニプレックス | MBS
一覧 関連項目一覧 | 関連商品一覧 | 関連書籍一覧


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E5%B7%B4%E3%83%9E%E3%83%9F
ページ番号: 4549904 リビジョン番号: 2161903
読み:トモエマミ
初版作成日: 11/01/22 04:54 ◆ 最終更新日: 15/02/15 16:27
編集内容についての説明/コメント: タグ数の現状を反映
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


肩重い

さーるてぃーろいやーりいいい

マミさん

プライバシーマーク

マミマミ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

マミさんのテーマ

巴マミについて語るスレ

4318 : ななしのよっしん :2016/12/17(土) 13:50:23 ID: jWhOQRvV0k
後者はそもそも知らんがアラサーは好きだな
4319 : ななしのよっしん :2016/12/17(土) 13:55:56 ID: e88t+CDD2S
勝ち負けは関係ないよ(笑)。それに苦手であって嫌いじゃないから1対1対1でドローだよ。
4320 : ななしのよっしん :2016/12/17(土) 14:03:42 ID: Pmzt0CX+gD
取り敢えず5年経っても未だにこんなに荒れるようなネタを拾ってきた公式は判断をミスったとは思う
アラサーもせめてきらマギに拾われなきゃ住み分けが出来てて、
この界隈も今より大分マシな状況にはなってたと思うんだよな…
4321 : ななしのよっしん :2016/12/17(土) 14:07:51 ID: /1BLJbOHKu
きらマギはアラサーがまあ見れるレベルって感じで。他作品も酷いからなあ
同人崩れ集めて作りましたとしか
4322 : ななしのよっしん :2016/12/22(木) 01:50:53 ID: Dv7QrCvqf6
マミさんのメンタルが弱くないってのは確かだな。
一見弱く見えるのはマミさんが強すぎるが故に人としての責任から目を背けることが出来なかったからだろう。
もう少しずるければ楽になれただろうに。

4323 : ななしのよっしん :2016/12/22(木) 03:08:49 ID: pExZE8KmJZ
オリジナルのマミさんよりはだらしなく毎日を送っているアラサーマミさんの方が楽しそうだ。
4324 : ななしのよっしん :2016/12/22(木) 04:52:06 ID: Nz9PS73x3c
>>4322
一見弱そうに見えるっていうか、杏子より長く魔法少女やってるんだから精神的に疲れ切ってて当然
10話3周目の時点ではほむらも2ヶ月くらいしか魔法少女やってないからあの時5人の中で一番疲れ切ってるのがマミさんっていう
言っちゃえば最終話付近のほむらくらい精神的にボロボロなんだよね
しかもマミさんの場合はタイムループ出来ないから先の見通しが全く分からない状態っていう
(同じことを繰り返し続けるほむらも別のタイプの辛さがあるだろうけど)
4325 : ななしのよっしん :2016/12/22(木) 19:28:18 ID: Dv7QrCvqf6
>>4324
エミヤのような正義の味方を吉良吉影のように日常を送りながら女子中学生が数年間やってるって言えば高スペックぶりがわかる。基本的に報われないから、貴方の言うように精神が疲れない訳がない。
ほむらが苦手な理由が見えてくる。
4326 : ななしのよっしん :2016/12/23(金) 00:35:55 ID: pn6i0PVCQT
そうやって日常を犠牲にして精神をすり減らしつづけて知った事実が魔女は魔法少女のなれの果てだもんね
「死ぬしかないじゃない」となるのも当然かと
4327 : ななしのよっしん :2016/12/29(木) 13:32:23 ID: ai/1hmdXMe
しかも他のメンツと違って、自分が生き延びたければ他に選択の余地がなかったっていう
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015