単語記事: 帝国

編集  

帝国とは、

  1. 号の一部。漢字文化圏では君が「皇帝」を称していることを意味する。自称による帝国
  2. 国家政治的・歴史的な分類。広大な領域と多民族を支配する国家であることを意味する。他称による帝国

ラテン語インペリウム(Inperium)、英語エンパイEmpire)、ドイツ語ライヒreich)やカイザーライヒkeizerreich)に相当するのは (2) の用法である。 大抵悪い。 とはいえ、これらを日本語訳する場合には前者の用例が意識されることも多く、英語圏における Emperor の全てが皇帝と訳されないのと同様、英語圏における Empire の全てが単純に帝国と訳されるとは限らない。例えば、トンガの君トンガ大首長と訳す人は名をトンガ大首長と訳す傾向が強く、トンガの君トン皇帝と訳す人は名もトン帝国と訳す傾向が強い、といった具合である。ただし実際には○○帝国王」や○○皇帝」といった組み合わせも多い。

概要

(1) の自称による帝国には「大日本帝国」「大韓帝国」「大越帝国」「大満州帝国」などがある。一時期の大日本帝国を除けば何れも帝国的とは言い難い帝国ではあるが、君は「皇帝」を自称し、号としては「帝国」を自称した。

ちなみに、皇帝本家であり英語圏では Empire と呼ばれている中国の歴代王だが、この用法においては帝国と呼ばれていない。これは「帝国」という言葉が江戸時代keizerdom の訳として当てはめられた日本で、中国の歴代王が「帝国」を自称していなかったからである。中国の歴代王英語圏で Empire と呼ばれているのは、後述する政治的・歴史的な分類としてであって、始皇帝登場以前の「王」が治めた殷(商)や周までもが帝国Empire)とされているのもそのためである。

(2) の政治歴史としての帝国とは「広大な領域と多民族を支配する国家」のことである。例えばローマ帝国アレクサンドロス帝国、大英帝国や歴代の中華などがそれである。この場合、そのの君皇帝と訳されるとは限らないし、そもそも初期のローマ帝国や19世紀のスペイン帝国のように君ですらないこともある。軍事による植民地支配を旨とする「帝国義」の「帝国」は、この用法であると言える。また拡大して、強大でしばしば独裁的かつ悪辣とされる国家や財閥などに対して使われることがある(アメリカ帝国ロックフェラ帝国など)。

歴史的に見れば、必ずしも帝国大であったとは限らない。例えば第四回十字軍で滅亡したビザンツ帝国東ローマ帝国)の後継・亡命「帝国」はギリシャ・小アジア地方政権といった規模でしかなかったし、中世から近代ヨーロッパ神聖ローマ帝国も時代にもよるが国家とも言いがたい地方連合体に過ぎなかった。

帝国というのはまた、「過去の遺物」というイメージがあるが、実は20世紀後半にもなって誕生した帝国もある。1976年12月に、大統領ジャン=ベデル・ボカサが称を宣言した中央アフリカ帝国である。ボカサは翌年ナポレオンかぶれの戴冠式を行ってボカサ一世と名乗ったが、独裁政治と財政赤字で一気に凋落し、1979年9月クーデターによって帝国は滅亡した。わずか三年間で帝国イメージを具現したようなであるが、近隣のスーダンチャド、ザイールよりも面積に劣るのが残念である。

フィクションにおける帝国

上述のイメージのために、創作作品で「帝国」というと大抵悪者であり、主人公ヒロインの故郷を頻繁に滅ぼす。しかも貴族皇族が社会の上層部を乗っ取っていたり、旧体制の守と庶民の弾圧に努を惜しまなかったり、政治は腐敗し利権者同士が駄な争いを繰り広げ、軍は野心的で残虐な将軍が素行の悪い兵士を率いていたりする。都の風俗は下劣なほどにやかだが、狭いスラムに貧民が溢れ、今日の食う物も困っている。このような始末なため、一個の反乱がきっかけで一気に滅亡まで追いやられてしまうのである。

一方で毅然とした、堂々とした、規の整った名実とものである場合もあるようだ。この場合は啓的で威厳のある皇帝の、階前万里のリーダーシップがきちんと発揮されており、下万民が帝国皇帝を慕っている。
しかしながら陰謀渦巻く俗世界にあって、元老院議員や軍上層部、皇帝兄弟血縁者によるクーデターや、もしくは人の世の支配を論む悪魔的存在によってを乗っ取られる危機を常にんでいたりする。これは全く不可避の危機である。だって何か起ないと話にならないから。

様々な帝国

※記事がある帝国太字

実在の帝国
架空の帝国
比喩的な帝国
作品名などに使われる帝国

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E5%B8%9D%E5%9B%BD
ページ番号: 4528297 リビジョン番号: 2533557
読み:テイコク
初版作成日: 10/12/22 04:52 ◆ 最終更新日: 17/10/19 04:56
編集内容についての説明/コメント: 政体追加
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

帝国について語るスレ

176 : ななしのよっしん :2017/07/16(日) 15:41:26 ID: cxHzAcmNCj
帝国と言えば複数の民族を統率する国家ってイメージが強いけど
調べて見ると単一の民族国家である帝国も結構あるんだよね
(むしろ半々近くになる)
海外領土含めればそうでもないけど

一例としてドイツ帝国フランス帝国後漢、ビザンチンイラン
ブルガリア帝国、旧韓国ベトナム南部はともかく北部は均質性が高い)

日本帝国憲法発布時では台湾朝鮮も併合していなかった
177 : ななしのよっしん :2017/07/16(日) 19:58:45 ID: iplmqsHmbm
今の時代の帝国AmazonAppleGoogleみたいな多IT企業だろうなぁ
178 : ななしのよっしん :2017/08/16(水) 02:44:13 ID: PqEJmTi8XX
ローマ帝国をみると中世の諸王よりよほどまともな統治してるな
179 : ななしのよっしん :2017/10/18(水) 19:27:24 ID: NJZNbsxLGY
帝国、略して「人」(TEIJIN)
180 : ななしのよっしん :2017/10/21(土) 13:08:28 ID: uYNeDfzNze
>>176
アイヌ「」
琉球「」
181 : ななしのよっしん :2017/11/18(土) 17:15:43 ID: hAbx2pL9OA
フィクションだと共和民主政治帝国=恐怖政治イメージで描かれることがほとんどだけど
現実だとフランス共和国みたいに共和と名のつくのほうが恐怖政治だったり独裁的だったりするんだよな
182 : ななしのよっしん :2017/11/18(土) 17:42:04 ID: AiSB+/2MDH
北朝鮮中国への悪口はやめるんだ!!
183 : ななしのよっしん :2017/12/06(水) 21:03:43 ID: g9Z9Bdx+mQ
>>180
アイヌみたいに国家と言う概念すら民族を入れるのはNG
184 : ななしのよっしん :2017/12/06(水) 22:29:20 ID: AiSB+/2MDH
>>176
フランスが単一民族というのは当のフランス政府側による発想で、元々はいくらかの文化圏と言に分かれていたよ 特に南北の差が大きかったらしい
南もイタリア寄りとスペイン寄りでまた微妙に異なるとか
ビザンツ帝国臣民ローマ人という名だが個々人は例えばアルメニア系、テュルク系、ノルマン系、といったに種々様々な民族が自他共に認識され合ってた(皇帝が全世界を束ねるというイデオロギー的に、むしろ多民族なのは好まれた)
185 : ななしのよっしん :2018/01/10(水) 07:35:35 ID: e29zddrLZV
>>178
ローマ帝国って何だったのかていうと結局「第二トロイ」だったんじゃない?
エネイスローマ人はトロイ人の末裔という話になってるし
で、エトルリア人なんかも先祖はリディア人が植民してきたという言い伝えがあるし、とにかくローマにはアナトリアとの深い繋がりがあってローマ人達もそれを強く意識していた節がある
トロイ人の末裔を名乗る事で本家ギリシャ文化に対抗していた、というにも考えられるけどね、ローマ神話ギリシア神話の丸コピみたいな所あるし
ローマ人のアナトリア政策も妙に巧くいってた感じだし、アナトリア側もローマ人の扱いを心得てたような、そんな気配さえある
アッタロスの遺言みたいな世界史上稀にみる出来事も起きているしね
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス
電ファミwiki
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829