単語記事: 帝国

編集

帝国とは、

  1. 号の一部。漢字文化圏では君が「皇帝」を称していることを意味する。自称による帝国
  2. 国家政治的・歴史的な分類。広大な領域と多民族を支配する国家であることを意味する。他称による帝国

ラテン語インペリウム(Inperium)、英語エンパイEmpire)、ドイツ語ライヒreich)やカイザーライヒkeizerreich)に相当するのは (2) の用法である。 大抵悪い。 とはいえ、これらを日本語訳する場合には前者の用例が意識されることも多く、英語圏における Emperor の全てが皇帝と訳されないのと同様、英語圏における Empire の全てが単純に帝国と訳されるとは限らない。例えば、トンガの君トンガ大首長と訳す人は名をトンガ大首長と訳す傾向が強く、トンガの君トン皇帝と訳す人は名もトン帝国と訳す傾向が強い、といった具合である。ただし実際には○○帝国王」や○○皇帝」といった組み合わせも多い。

概要

(1) の自称による帝国には「大日本帝国」「大韓帝国」「大越帝国」「大満州帝国」などがある。一時期の大日本帝国を除けば何れも帝国的とは言い難い帝国ではあるが、君は「皇帝」を自称し、号としては「帝国」を自称した。

ちなみに、皇帝本家であり英語圏では Empire と呼ばれている中国の歴代王だが、この用法においては帝国と呼ばれていない。これは「帝国」という言葉が江戸時代keizerdom の訳として当てはめられた日本で、中国の歴代王が「帝国」を自称していなかったからである。中国の歴代王英語圏で Empire と呼ばれているのは、後述する政治的・歴史的な分類としてであって、始皇帝登場以前の「王」が治めた殷(商)や周までもが帝国Empire)とされているのもそのためである。

(2) の政治歴史としての帝国とは「広大な領域と多民族を支配する国家」のことである。例えばローマ帝国アレクサンドロス帝国、大英帝国や歴代の中華などがそれである。この場合、そのの君皇帝と訳されるとは限らないし、そもそも初期のローマ帝国や19世紀のスペイン帝国のように君ですらないこともある。軍事による植民地支配を旨とする「帝国義」の「帝国」は、この用法であると言える。また拡大して、強大でしばしば独裁的かつ悪辣とされる国家や財閥などに対して使われることがある(アメリカ帝国ロックフェラ帝国など)。

歴史的に見れば、必ずしも帝国大であったとは限らない。例えば第四回十字軍で滅亡したビザンツ帝国東ローマ帝国)の後継・亡命「帝国」はギリシャ・小アジア地方政権といった規模でしかなかったし、中世から近代ヨーロッパ神聖ローマ帝国も時代にもよるが国家とも言いがたい地方連合体に過ぎなかった。

帝国というのはまた、「過去の遺物」というイメージがあるが、実は20世紀後半にもなって誕生した帝国もある。1976年12月に、大統領ジャン=ベデル・ボカサが称を宣言した中央アフリカ帝国である。ボカサは翌年ナポレオンかぶれの戴冠式を行ってボカサ一世と名乗ったが、独裁政治と財政赤字で一気に凋落し、1979年9月クーデターによって帝国は滅亡した。わずか三年間で帝国イメージを具現したようなであるが、近隣のスーダンチャド、ザイールよりも面積に劣るのが残念である。

フィクションにおける帝国

上述のイメージのために、創作作品で「帝国」というと大抵悪者であり、主人公ヒロインの故郷を頻繁に滅ぼす。しかも貴族皇族が社会の上層部を乗っ取っていたり、旧体制の守と庶民の弾圧に努を惜しまなかったり、政治は腐敗し利権者同士が駄な争いを繰り広げ、軍は野心的で残虐な将軍が素行の悪い兵士を率いていたりする。都の風俗は下劣なほどにやかだが、狭いスラムに貧民が溢れ、今日の食う物も困っている。このような始末なため、一個の反乱がきっかけで一気に滅亡まで追いやられてしまうのである。

一方で毅然とした、堂々とした、規の整った名実とものである場合もあるようだ。この場合は啓的で威厳のある皇帝の、階前万里のリーダーシップがきちんと発揮されており、下万民が帝国皇帝を慕っている。
しかしながら陰謀渦巻く俗世界にあって、元老院議員や軍上層部、皇帝兄弟血縁者によるクーデターや、もしくは人の世の支配を論む悪魔的存在によってを乗っ取られる危機を常にんでいたりする。これは全く不可避の危機である。だって何か起きないと話にならないから。

様々な帝国

※記事がある帝国太字

実在の帝国
架空の帝国
比喩的な帝国
作品名などに使われる帝国

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E5%B8%9D%E5%9B%BD
ページ番号: 4528297 リビジョン番号: 2441643
読み:テイコク
初版作成日: 10/12/22 04:52 ◆ 最終更新日: 16/12/25 12:20
編集内容についての説明/コメント: 「様々な帝国」>「実在の帝国」の「ティムール帝国」の記事が作成されたため、太字化しました。
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

帝国について語るスレ

166 : ななしのよっしん :2016/12/06(火) 02:55:25 ID: AiSB+/2MDH
記事にもあるが名称としての帝国と実態を表す意味での帝国は別
167 : ななしのよっしん :2016/12/06(火) 03:27:21 ID: iplmqsHmbm
喩的な帝国なら記事にもあるアメリカロシア中国だし
168 : ななしのよっしん :2016/12/07(水) 09:19:55 ID: cwQz8E+TfJ
今の日本は客観的に見ればNATOというアメリカ帝国の辺
古代ローマで言うところのパルティアササン朝ペルシアに対する防御線たる属州シリア
あるいは蛮族相手にちょうどいい軍事訓練ができる属州ブリタンニア

江戸時代日本を七帝国の一つに数えたヨーロッパ人がいる
様々な文化を持った60に分かれ、それをさらに分割した領地()を王(・大名)が治め、
その王たちを皇帝(将軍)が武により支配する
ただし、皇帝の上に最高官たる教皇(天皇)が君臨することは
海外はおろか内でもほとんど知られていなかった
169 : ななしのよっしん :2016/12/13(火) 20:11:55 ID: Am/8Bq594Y
軍事同盟して、客観的に見れば帝国だってのは成り立つのか?実質外交権なんかねーよみたいな話になると陰謀論めいてくるなw

帝国の要件に多民族国家が含まれるのか。漠然と拡を志向するものみたいなイメージがあったけど、考えてみりゃ拡期と安定期の両方がある帝国なんてしくないよな。
170 : ななしのよっしん :2017/01/25(水) 13:35:49 ID: zmPnOxuWrp
中南アフリカ歴史とか見てるとフィクションにおける
(君政としての)帝国が悪で共和が善って発想には疑問を抱かずにはいられなくなる

たとえば「終身大統領」なんか血統の裏付けないってだけで専制君と何ら変わらないし
政(君政)打倒くだりも、次の章を読むと何のための革命だったんだ?って思われる場面が多すぎる

大衆文化における帝国sageと共和ageはあくまで冷戦時代の時代精神の写しに過ぎないと思う
特に前の両大戦における、日本のような、「敗戦」立場にあったの場合
敗戦と戦後経験したアイデンティティ崩壊が一種のトラウマになってて
民すら「帝国」って言葉にいい印を持てなかったり、フィクションとはいえ
帝国賛歌は周辺国家との轢の原因になるとかの理由で禁忌視されてきたのもな理由に見える

(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
171 : ななしのよっしん :2017/02/26(日) 16:45:25 ID: /oqTa3vCcU
大日本帝国「人類が原爆完成するにはあと何十年何年もかかる!」
大日本帝国原爆投下されたし降伏します!」←は?
大日本帝国天皇現人神不可侵!」
日本国天皇は人間で徴!」 学者「現人神=邪が古代での本義」←は?
ヒトラー日本は不敗の第三帝国枢軸国も負けるわけない!」
ヒトラー「劣等民族だから負けるんだよ、自殺します」←は?
大日本帝国アジア解放!」 フィリピン「ねーよ」 ビルマ&インドネシア「解放万歳!」
フィリピン「ねーよ」 ビルマ&インドネシア大日本帝国死ね!」
日本国植民地支配してすみませんでした!」←は?

民すら「帝国」って言葉にいい印を持てなかったりする理由って何だろうね
悪い印を持つ理由なら山ほどありそうだが
172 : ななしのよっしん :2017/02/26(日) 23:32:00 ID: TL7z2ZmtKJ
帝国」って言葉にいい印を持ってない「帝国」の自民って、いつの時代の ドコの人達のことだ?
173 : ななしのよっしん :2017/03/26(日) 23:58:07 ID: 9FHfrWfga7
>>170-172
例えばだけど、自信のなさそうな選手が負けてもあまりかれないだろ?
「試合で負けません」とか言ってる選手が負けたら一気に印ダウンだよな

戦争で負けません」とか言ってる帝国が降伏したらどうだよ
帝国臣民帝国臣民であることを先にやめようとしてもおかしくない


ちなみに>>156は、帝国義って言葉について「日本人帝国ネガティブイメージを植えつけて使わせないようにしようとしてる」とか言ってるが
もともと「帝国義」は、政を「最も汚れている」政治形態として批判し、「最も耐えがたい秩序の支配」に繋がる政治形態として批判する用だから

帝国」というを使わせまいとしているわけではないよ
帝国」にあるネガティブイメージ批判する用だから
174 : ななしのよっしん :2017/03/27(月) 03:38:45 ID: nVJf94h11/
帝国とは号に帝国が入っているものである、というのは狭い意味では合っているけど、記事に挙がっているものやその他の帝国どを説明できなくなるわけだがそれでいいのか?

歴史学にならうと、帝国とは異民族を統治する国家のこと。そうすれば世界史で必ず触れる世界帝国のほとんどは扱うことが出来る。

あと帝国という概念が近代以降再構築されたのは、植民地支配を啓義や文明化として正当化する列強とそれへの抵抗や批判を込めて帝国義といい始めた19世紀あたりからだろう。
ローマ帝国中華帝国といった古代の帝国にも支配的側面はあったが、経済的にはかなり弱い支配しか出来なかった。しかし近代以降官僚組織や近代的な軍事組織が備わるに連れて、徴税や徴発が較的容易にできるようになってきたこと、生産地と消費地と差別化されていったことから、資本主義の最終的な段階とされるようになった。

当時の列強側にいた人々にとっては文明化して市場義経済にしてあげるのだから条件に善であったが、それに付随する文化破壊や今で言う格差社会に不満が出るから帝国
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
175 : ななしのよっしん :2017/04/21(金) 15:20:36 ID: ldhpNRxa4J
>>170
共和=悪の図式を描くフィクションだと、だいたい「人民共和」って号になると思う。
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015