単語記事: 師匠シリーズ

編集

師匠シリーズとは、2ch洒落怖スレにおける人気シリーズである。創作物。

概要

主人公り部の「ウニ」と、彼が大学で出会ったオカルトの「師匠」を中心に、様々な怪事件を描くシリーズ
個性的かつ魅あふれる登場人物達や、単に怖い話だけに留まらない物語自体のクオリティの高さなどが読者にウケて人気を博している。
2003年頃から投稿され始め話数はえており、読み応え抜群。

各話は断片的にられており、時系列に沿って投稿されることは少ない。そのため、 意外なところで話がつながっている作品も多く、「あの時のこの話が、後のこの話の布石になっている」という場面も多い。だが、重要な部分は未だ不鮮明でありは尽きない。

シリーズ開始当初は洒落怖スレ投稿されていたが、近年ではpixiv限定の投稿も多い。
また作者自身による同人誌も発刊されており、ウェブ投稿の話も掲載されている。

心霊スポットの名前などから、岡山県が舞台と思われる。

2013年には少年画報社発行のヤングキングアワーズ12月号からコミカライズスタート
作画片山愁。タイトルは「師匠シリーズ~師事~」となっている。
そして2014年1月双葉社より満を持してソフトカバーで書籍化された。
2016年からメディアミックスとして、映像化(アニメドラマ映画)が決定された。

作者

ウニ」氏。全ては彼から始まった。
実は師匠シリーズ以外の怪談洒落怖スレ怪談投稿していたようだ。
ウニというハンドルネームについては特に理由はなく、自分でもなぜ付けたか不明らしい。
初めは体験談りだったが、物語が重厚になっていくにつれて文体なども変化している。

登場人物

ウニ

物語り部。
作品によって学年は違うが、大学生眼鏡をかけた青年
ある程度の霊感があり、類のオカルト好き。ネットオカルトフォーラムにも参加している。
大学サークル師匠と出会い、ネット上のオカルトサイト京介さんと出会う。

師匠」やオカルトフォーラムの「京介さん」に分のようにくっついて行動していることが多く、そのせいで様々なことに首を突っ込んでは酷いにあっている。

サボり魔。大学サボって麻雀パチンコといったギャンブルに明け暮れている描写が多々あり、それが災いしてか3回生時に2回留年してしまう。 

大学入学当初は素直で子供っぽい感じだったが、師匠の影でどんどん性格がスレていく。
四国某所の出身。

師匠

「こんな暗闇のどこが怖いんだ。をつぶってみろ。それがこの世で最も深い闇だ」

ウニの「オカルト師匠
ウニ入学時は大学院生で、仏教美術を専攻していた。後に大学院図書室書に修まる。
シリーズの代名詞的な人物で、とにかく破天荒な男。
どこまでもスレた性格で、常識を疑うような行動を気でとる。
賃9千円のボロアパートに鍵もかけずに住んでいる。 

将棋が強く麻雀は弱い。ジーンズので、剣道有段者。催眠術もちょっと心得ている。
怪現は、神道仏教で解釈することもあるものの、異様に幅広い知識をベースに独自の捉え方をしていることも多い。尋常でない行動と探究心をもっており、怪現のためなら何でもする。
霊感はウニよりはるかに強く、心霊スポットを訪れればまず間違いなく出るとされている。

心に闇を抱えた人物らしく、ウニ大学3回生時に失踪してしまうことが、シリーズ初期から明言されている。
親戚からは煙たがられ、手相見では死相があると言われ、人を殺したという噂があったり、太夫に魔物と評されたり
とにかくがつきない怪人物。

京介

「そんな上等なものじゃない。ノーフェイトだ」

ウニが所属するオカルトフォーラムメンバー
フリーターだったがウニが2回生に上がる頃に上している。

師匠ウニ兄貴分なら京介ウニ姉貴分というべき人物であり、師匠のかわりに彼女が中心となる話も多い。

本名は『山中ちひろ
ショートカットで、背の高い美人。さばさばした性格の強かな女性
師匠同様、ジーン剣道の有段者。に強い。
BOφWYとB’zが好きで、ハンドルネームも「氷室京介」からとっている。

怪現につっこんでいく師匠と違い、どちらかというとこの世ならざる者から身を守るためにオカルトを身に着けている。に心霊現黒魔術などの西洋の類で解釈する。

師匠とはの仲でと油。
だが、ウニは度々師匠京介さんを騙してわざと同席させ、楽しんでいる。
 

宿命の相手として、「間崎京子」という女性がいる。
京介とは高校同級生であり、彼女との間にはとある因縁が存在する。

茅野 歩く

「思い出せない理由がわかった」

師匠の彼女であり、ウニ大学先輩
大学文学部卒業後、県外に就職。
ウニが所属するオカルトフォーラムメンバー
かなりの無口で、いわゆる不思議ちゃんだが、頭がおかしいわけではなく本当に怪物じみたの持ちであり、自在には使えないものの予知夢・透視・未来視・予言などの超能力の類を持っている。
そのの強さは、「より凄い」と師匠が評するほど。

本名は『倉野木
フォーラムでは、「koko」「coco」「colo」「geko」等ハンドルネームをよく変えている。
また、上述の「茅野歩く」はペンネームであり、以前のペンネームは「カヰロアナーク」
ペンネームは、ローマ字で見ると本名のアナグラムになっている。

間崎 京子

「血で占うのよ」

京介の女子高時代の同級生であり、宿命の相手。
かなりの美女であると同時に、黒魔術を操る魔女のような人物。
口調は丁寧なお嬢様喋りだが、独特で回りくどい言い回しをし、威圧的で冷たい態度で人を寄せ付けない。
高校時代、占いブームの火つけ役として京介と共に怪しげな黒魔術の儀式を行った事もある。

京介京子には変身願望があり、そのための行為として吸血鬼のような真似事をしたという。
京介に対して異常な執着を持っており、彼女との関係も一言では表せないような複雑なものだったらしい。
自分のことを嗅ぎまわっていたウニに対して感染呪術のようなイタズラを行う。
 

京介高校時代の話ではよく登場し、事件の中心になることもしばしばある。
昔はショートカットだったが、今は綺麗なロングヘアである。

浦井 加奈子

「じゃあ、行こうか」

師匠師匠」にあたる女性
師匠入学時に大学院生だったという、ウニ師匠の関係にそっくりな為、師匠り部ポジションで加奈子が事件を解決するお話が多い。

師匠は価値観や性格、果ては住居に至るまで、様々なものを彼女から受け継いでいる。
事件を解決する上では、師匠を上回るバイリティ第六感・思考を誇り、心霊に関してはかなりのチート

師匠いわく「死んだ」人物らしく、ウニとは面識がないものの、物語キーパーソンであると思われる。

小川調事務所」という信所で探偵まがいのアルバイトをしており、師匠を助手として引き連れては、持ち込まれる心霊関係の事件を解決しまくっている。
彼女にとって、稲川淳二は「お笑い」。野球プロレス好きで、趣味コロコロ変わる。
かなりの俊足で、その才に逃げ足に活用されているらしい。
の下に切傷のがあり、奮すると痒くなる(チクチクと痛みを発する)らしく、この傷を掻くのも癖の一つ。
体内にある特殊な細胞を持っており、定期的に検をしている模様。
 
・女ジャイアン
・殺しても死なない。
痴漢したオッサンに一ノーザンライトスープレックスをきめていた。
お巡りさんに追いかけられているのを見た……などなど、周囲の人物評からもその怪人っぷりがよくわかる。

 小川

キミも、見えるわけか」 

信所「小川調事務所」の所長であり、たった一人の所員。
黒谷雄の親類。 
細であるため回ってくる仕事が妙なものばかりであることを嘆いている。
その中でも不可解な仕事(オバケが関わる荒事)を、加奈子に依頼していた。

いつもヨレヨレのネクタイをしている壮年の男性
探偵をしているだけあって中々肝が座っており、どんな相手でも紳士的な態度を崩さない。 
元々はタカヤ総合リサーチという大手信所のエースとして働いていた。

 服部 

名探偵に向いている仕事なんて、何一つない」 

眼鏡をかけた男性で、小川調事務所での加奈子らの同僚。
年齢は20代ばぐらい。
小川の本来の助手で、右腕的な存在。 尾行が得意らしい。
つねに物静かで存在感が薄く、表情に乏しく感情が読めないため、師匠に密かに恐れられている。
加奈子さんからは陰で「ニンジャ」と呼ばれている。 

のちに小川所長から事務所を譲り受け、「服部調事務所」と名前を変え活動している。

 黒谷 夏雄

「あいつの、子か」

サボサ頭につきが鋭い、長身筋肉質の男性
首筋にタトゥーをしている。
かつて加奈子とペアを組んで小川調事務所幽霊退治をしていた人物で、小川所長とは親戚関係にあたる。
加奈子や師匠と同じ大学らしいが、海外放浪などでど出席していない模様。
M.C.D」というパンクバンドを組んでいる。

宗の寺息子で、加奈子に近いレベルで霊感が強い。
かなり腕っ節が強く、幽霊ごと殴り飛ばして撃退するなど、破天荒な面が見られる。
供養すべき品を横流ししており、彼を伝って師匠心霊写真などを入手している。
かなりぶっきらぼうな性格だが、アキちゃんに対しては甘い。

登場頻度は少ないものの、加奈子・師匠ウニと面識がある上、霊的も高い重要人物の一人。

黒谷 アキ

「ひい、ふう、みい、よう、いつ、むう、なな、やあ、ここの、とお……」 

黒谷雄の年の離れたで。
加奈子や雄をかにぐ霊感を持つ、本物の霊者。
真っ白な肌のほっそりとした女の子で、体が弱いらしく学校を休みがちである様子。 

霊感が強すぎるせいで人間と幽霊の区別ができず、常日頃から人間のように鮮明に幽霊を見るらしい。
師匠の意見では、幽霊は時間経過とともに存在感を失っていくのだが、アキちゃんは奈良時代の霊までなら安定して見える模様。
その中でも「ひーちゃん」という仲の良い友だちがいるらしい。

ある条件下で写真に対して霊を発揮することが出来る。
そのとは
「今現在、死んでいる人間は写真の中でを閉じる。そして写っているのが霊的なものであれば、『ある変化』が起きる」
というもの。

ただし、『ある変化』というのは今のところ不明である。
歩くとは違い、を自分の意思で行使できるものの、体の消耗がしいらしい。

天野 

心霊写真かい。専門は…… ひ…… そっちじゃないか」 

写真屋』と呼ばれる男。
正規店では取り扱いのないヤバい写真を、割高な料現像してくれる。 
小川調事務所も浮気調に関する写真などの現像で贔屓にしている。

かなりの不摂生で肥満体形。
暗室に改造している部屋には異臭が漂い、本人も不衛生で生理的嫌悪を抱くレベル

メロンソーダが好物らしく、差し入れされると喜ぶ。加奈子に対して好意を抱いている様子。

音響

「ちょっと困ったことがあって……助けて欲しいんだけど」 

オカルトサイト黒魔フォーラムの住人。
とある心霊オフ会ウニと出会い、それ以降ウニを心霊現に強い人物だと認識する。
で固めたゴスロリファッションに身を包んだ美少女
大人びた容貌らしく、初登場時中三だったにも関わらず、ウニからは高校生だと思われていた。
らしい見たに反して、性格はさばさばしていてボーイッシュな印を受ける。 

オカルトへの好奇心が強く、怪しげなものに首を突っ込んでは、度々ウニにその拭いを任せている。
璃という少女にまつわる事件をウニに相談したが、今現在解決編は描かれていない。

その一連の騒動のあと、ウニ大学入学し「服部調事務所」のバイトとしてオバケ絡みの事案を担当するようになる。ウニに対する態度も変化しており、新たな師関係のようなものを結んでいる。

瑠璃

The king stays here,The king leaves here.」 

の「可くてメチャ困っている友だち」
以上にを着ており、更に銀髪緑色カラーコンタクトを嵌めた人形のような貌。

口数が少なく、音を通じて他者とコミュニケーションを図るが、それにはちゃんと理由がある。
彼女の困っていることは、どうやら過去にまで遡らなくてはいけないようだ。

みかっち

「えー、わたしそんなことしないって」

ウニの属するオカルトフォーラムの常連の一人で、よく物語にも登場する女性
オフ会ハイテンションではしゃいでいる様子がよく描かれている。
ウニと同じ大学に通っているが、キャンパスでは滅多に出会わないらしい。
美術専攻で絵を描くようで、絵画絡みの怪談もしばしば。

オカルト好きな一般人といった扱いで、本格的に核心部分へ介入することは少ない。

山下

「あいつらの殺し方がわかった」

三十年配の男性で、ウニの所属するオカルトフォーラムの常連。
年長組だが、ぼそぼそ喋りで話し気の弱い印を受ける。
少し経質な性格で、メガネをかけている。

オフ会では怪談話の宝庫らしく、霊感が強いため体験談がやたらと多く、他のメンバーからは「半分以上ツバ」などとからかわれるものの、時に異様なリアリティで迫ることもあり、一置かれた存在。

「疲れてくると人間の顔が4パターンしか見えなくなくなる」という不思議な現にまつわる怖い話をしていた。

沢田

「内緒」

ウニの所属するオカルトフォーラムの常連の女性で、オフ会にもよく参加する。
看護婦をしているらしく、病院にまつわる怖い話をかなり集していて、頼りなげなり口は恐怖心を煽る。 
山下さんとは仲にあるらしい。ハンドルネームは「ワサダ」 

角南

昨日歩いてたのだれ?やるじゃん」 

ウニ大学同級生
お茶で元気のよさそうな女の子美人設定。
3回生時ウニと同じバイト先だったらしく、大学受講届けを出したか注意してくれた。

登場回数は少ないが、「」という名の令嬢。
この「」は物語にもかなり深く関わっているようなので、今後の関係性に期待。


その他にも、様々なキャラクターが登場するが、ここには記載しきれないので割合。

関連動画

他、朗読動画ゆっくり朗読などが投稿されている。

外部リンク

師匠シリーズまとめ

http://2chhorror.ohuda.com/series/sisyou/index.html

http://shishou666.blog55.fc2.com/

師匠シリーズデータベース

http://sixhands.web.fc2.com/ss/index.html


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E5%B8%AB%E5%8C%A0%E3%82%B7%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%BA
ページ番号: 5009182 リビジョン番号: 2229491
読み:シショウシリーズ
初版作成日: 12/12/09 17:49 ◆ 最終更新日: 15/07/08 19:27
編集内容についての説明/コメント: 概要を追加
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

師匠シリーズについて語るスレ

44 : 43 :2015/06/27(土) 02:35:57 ID: uq0YuBookA
書籍の内容に関してはネットにも投下だったのか。失礼。
45 : ほや :2015/07/03(金) 05:09:02 ID: Fa1dvEVR9V
握手の後編はどこかで書いたのかな?
じゃなきゃ最近映像化で忙しくて文章書く暇ないってか
46 : ななしのよっしん :2015/08/04(火) 10:18:08 ID: x7yyz6GIeR
初期の淡々としたり口も好きだけど、中盤以降の小説調も結構いい味出してる作品あるしなあ
一長一短だなー
中盤以降は正直うわくっさってなる作品が多いのも事実だけど、『先生』みたいな名作は初期の路線じゃ絶対に生まれなかっただろうし

師匠シリーズでやるなよとか言われたらそれもそうやなとしか言えないけど
47 : ななしのよっしん :2015/09/21(月) 09:33:50 ID: IbZxL8hHOx
初期は初期今は今で面いんだがリメイクがいかん
元々のあっさり気味で不気味な雰囲気が台しな上
中期以降のまわりくどく丁寧な演出がないから
ただただ陳腐でクサイ劣化作品になってる
48 : ななしのよっしん :2015/10/07(水) 08:58:09 ID: wo4umQR6Yz
4.単純に話が面くない
49 : ななしのよっしん :2016/05/15(日) 09:27:07 ID: K3FtWxbEOB
このシリーズコトリバコに影されて洒落怖の名物になろうと
野心に駆られた長い駄作が量産されるのは聞く側としては非常にキツい

50 : ななしのよっしん :2016/08/22(月) 05:44:06 ID: N7E+ZMau4h
朴璐美さんが きんぞくばっとを振り回し、
関智一さんが い手をアレするなんかの話をラジオでやっていた。
お約束で、稲川淳二も出ていた。(稲川淳二怪談関係以外に、教師役で)
51 : ななしのよっしん :2016/08/28(日) 20:22:22 ID: RnM9loMuXA
大手なのか知らないけど棒読み萌え声生主とか使うのやめてほしかったなぁ
好きなだけに・・・
52 : ななしのよっしん :2016/09/21(水) 17:09:25 ID: oUkzTeoHrc
この丸太につかまるんじゃ!とか言いそう
53 : ななしのよっしん :2016/10/10(月) 09:29:12 ID: VdfRO3aTNc
岡山県が舞台だし、県北のの下の土手で雄臭え唸りが聞こえるとか、異臭がするとか、そういう実話コラボしたりしないの?
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015