単語記事: 帰ろう、帰ればまた来られるから

編集

帰ろう、帰ればまた来られるから」とは、日本海軍の軍人木村昌福きむまさとみ)少将の発言である。

キスカ島撤退作戦

ケ号作戦発令 

太平洋戦争の中盤、連合軍の反攻作戦が始まる1943年の

前年にミッドウェー海戦の陽動として日本が占領していたアリューシャンだったが、アメリカ軍襲により日本軍と補給部隊は損を受け、アリューシャンは孤立化していた。そして19435月アメリカ軍が奪還をして攻撃をかけてきた。 ここで日本軍は一つの判断ミスを犯す。アメリカは本土に近い順に攻撃をかけてくると思い、より本土に近いキスに兵6000人余りを集めたが、アメリカ日本アリューシャンの連絡口となるアッツに先に猛攻撃をかけ、2500人余りしかいなかった兵5月30日に玉砕、アッツアメリカ軍に占領され、キス全に孤立援となってしまった。

一方、大本営は5月20日アリューシャンの放棄を決定。軍にキス守備隊の撤退(というか救出)が依頼された(ちなみに、守備隊はほとんどが陸軍である)。

作戦名は「ケ号作戦」と名付けられた。(ケとは乾坤一擲を意味している。)

7月7日の出撃と撤退

最初は潜水艦による救出作戦が行われるが失敗、おまけ重な潜水艦を3隻も失う羽になった。

これにより軍は作戦変更。高速の戦隊で隙を突いて一気に接近、守備隊を収容して脱出するという作戦に切り替えられる。
その指揮官となったのが、第一水雷戦隊一水戦)の令官に着任したばかりの木村少将だった。

まず木村は、敵がすでにキスを包囲しており、さらに近くに敵の飛行場があるため、すぐに敵の攻撃機が飛んでくる間合いにあることを知り、この地域特有の濃霧に紛れて素く決行するしかないと決める。更に、作戦遂には、最新鋭の電探(要はレーダー)を持つ船が必要だと上申し、最新鋭の高速駆逐艦島風」を配備してもらった。また、の中でアメリカの艦と誤認させることを狙って、一水戦旗艦の軽巡「阿武隈」の煙突1本を塗りつぶしたり、駆逐艦」には偽装の煙突を付けたりと工作もして、作戦に取り掛かった。

しかし、作戦決行日の7月12日になって、運悪く晴れてしまう。その後、上で作戦決行日を3日過ぎるまでったが、とうとうは出ず、最終的に木村は、一旦帰投を決断する。
このときに彼が、の前にあるキスへ突入をする部下に向かって告げたのが、この言葉だった。

「帰ろう。帰れば、また来られるからな」

こうして作戦の本拠地だった(パラムシル千島列島の一つで、当時軍基地があった)に戻った木村は、直属の上官や参謀のみならず、連合艦隊令部や大本営からもしい批難を浴びた。だが彼は一見飄々とそれを受け流しつつ、じっと機をうかがっていた。
(なお、この批難もわれのないものばかりではなく、1か以内には確実に作戦の前提条件になる濃霧晴れてしまいアメリカ軍が総攻撃をかけてくるであろうこと、さらに基地の重油も残り少なくあと一度しかやり直せない、という状況だったことも考慮すべきである)

7月22日の再出撃と奇跡の撤退戦

そして、1週間後、再び濃霧発生の予報を受けて、木村は再度出撃する。ただ、このとき上にあたる第5艦隊令部も軽巡「多摩」で督戦のため(要するに「てめえ逃げるなよ、見ってるからな」)付いてきた。余談だが、本当は令部は重巡「那智」で来るつもりだったが、燃料不足のために「那智」が動かせず、「多摩」になったというオチがある。

7月29日。先行して情報収集をしていた潜水艦からの連絡を受け、木村は「多摩」の令部に電文を送る。
「本日ノニアリト信ズ適宜反転サレタシ」(今日の運勢はラッキーのようだ。後は任せて適当にお帰りください)

濃霧の中、部隊はキスに一気に接近。途中で旗艦の軽巡「阿武隈」と駆逐艦島風」が敵艦を発見して魚雷を打ったが、実はそれはだった、というくらいには深かった。
しかし、そのが、部隊がにたどり着いた一だけなぜかきれいに晴れる。
この機を逃さず、に残っていた守備隊5200名をわずか55分のピストン輸送で収容し、部隊はそのままから全で離脱。再び立ち込めた深いに助けられ、全艦欠けることなく脱出に成功した。

ちなみに、日本軍は知る由もなく、戦後に明らかになったことだったが、アメリカ軍はこの前日、濃霧の中でレーダーで艦影を発見して猛撃を加えた(600発以上を発射した)。そして、「これでジャップは全滅だぜHAHAHA」と部隊を一度撤退させて補給を行い、2日後再び域の封鎖を再開した。つまり、その日だけぽっかりと、アメリカ軍がいない状況だったのだ。当然ながら、前日「猛攻撃」を受けた日本の艦は実在しない(この誤認はレーダーの不具合によるものと考えられている)

こうして、守備隊全員傷で収容し、調のために先行していた潜水艦も含め参加した全艦船が事に帰投と、「キス撤退作戦」は、戦史上まれにみる大成功をおさめ 「奇跡の作戦」と謳われるとともに、木村令も、その慎重な判断が成功を招いたとして一転して高く評価されることとなる。

この撤退の二週間後、米軍は艦船100隻、兵員34000名を投入して、置き去りにされた3匹と「ペスト患者施設」のニセ看が置かれた人のキスを占領することとなる。(戦史モリソンく『最も実戦的な上陸演習』と皮られた。)

関連動画

東宝円谷特撮が手がけた1965年開の三船敏郎演の邦画。完成度の高い中の艦隊行動の特撮映像は、記録映像を流用してるのではないかと言われたほどの評価をうけた。一見の価値有り。

「艦これ」において

ブラウザゲーム艦隊これくしょん ~艦これ~」(2013)が流行すると、プレイヤーモチーフとなった幾つかの太平洋戦争史にめて興味を持った。その内の一つが「帰ろう、帰ればまた来られるから」であった。

戦闘で残存体ゼロとなると永久に失われるユニット艦娘)を守るためには、作戦を強行してはならない。という戦術シミュレーションのセオリーをも言い表した懐の深いこの言葉と、キス奇跡の作戦は、艦娘達を失いたくない「提督」達のめと共に、また広範に知られる事となったのだった。

また、ゲーム中には「キス島撤退作戦」というステージが存在し、キス撤退作戦がモチーフとなっているとされている。駆逐艦のみで編成された艦隊でないと攻略不可能である等、難所として認知されている。2015年7月メンテ以降は、駆逐艦隊に軽巡洋艦が1隻のみ編入できるようになったがそれでも難しい。

関連商品

関連コミュニティ

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E5%B8%B0%E3%82%8D%E3%81%86%E3%80%81%E5%B8%B0%E3%82%8C%E3%81%B0%E3%81%BE%E3%81%9F%E6%9D%A5%E3%82%89%E3%82%8C%E3%82%8B%E3%81%8B%E3%82%89
ページ番号: 5125539 リビジョン番号: 2276935
読み:カエロウカエレバマタコラレルカラ
初版作成日: 13/08/06 22:00 ◆ 最終更新日: 15/10/18 21:52
編集内容についての説明/コメント: 艦これのキス島撤退作戦に関して修正。(軽巡入りでもクリア可能に)
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

帰ろう、帰ればまた来られるからについて語るスレ

229 : 名無し :2015/12/07(月) 13:15:29 ID: GTbwlswpyQ
>>228
そうだよ(迫真)
230 : ななしのよっしん :2015/12/14(月) 20:27:05 ID: qmqRwB3xKO
ドン引きする音)
231 : ななしのよっしん :2015/12/17(木) 09:45:09 ID: GKlheqgNBS
画面に向かって話しかけるようなコメントを書き、返事してくれるかなとわくわくしている姿に涙を禁じ得ない
232 : ななしのよっしん :2016/02/11(木) 09:43:15 ID: s6+6HI1oH4
上陸作戦は基本的に攻撃側が不利だということを忘れちゃいけない。
どんなに損を軽くしようとしても限界がある。
そして経験を積んだ兵士重な資であることも。
米軍だっていらない損は出来る限り出したくないんだよ。
勝てるか、勝てないかの単純な問題じゃない。戦争はそういうもんだ。
233 : ななしのよっしん :2016/02/11(木) 10:49:43 ID: RUtBXcQ/+h
危なくなったならスタコラ逃げろ
234 : ななしのよっしん :2016/02/14(日) 11:04:36 ID: 8sIAv4a2Ty
日本語で書かれていた「ペスト患者施設」の看翻訳して伝えたのは当時従軍していたドナルドキーン氏。文学であり日本通、戦後日本に移住し、川端康成ノーベル文学賞受賞に大きく関わった人物。ちなみにこの人、2012年日本国籍を取得。震災で世界日本に不安を抱いた中、日本は素らしく、美しいだと宣伝してアメリカ籍を捨ててまで帰化して下さった恩人。
235 : ななしのよっしん :2016/03/11(金) 06:25:15 ID: qfVbSouEqQ
(2016年3月)の歴史街道キス撤退作戦の特集
236 : ななしのよっしん :2016/05/19(木) 21:53:04 ID: E35HW7mKNT
>>225
>>「日本人は、自英雄の顔すら知らないのか?」と嘆かせたことがあるとか。

テニスの話だが、「君たちには枝がいるじゃないか」と言ってくれたフェデラーを思い出すよ
237 : ななしのよっしん :2016/05/29(日) 22:36:37 ID: puTEP/Wtls
>>232
「部下の命にべたら、弾薬の費用なんて安いもの」
朝鮮戦争弾薬を惜しげもなく使いまくった将軍が議会で突っ込まれた時の言葉だけど、民制のアメリカならなおさら兵の命を大事にしようとする
238 : ななしのよっしん :2016/06/22(水) 20:50:49 ID: EeBu90XpmU
映画「パーフェクト・ストーム」観てたら、終盤この言葉思い出して涙腺崩壊した…
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015