単語記事: 平清盛

編集

平清盛(たいらの きよもり / 1118~1181)とは、安時代末期政治家・武将である。

同名の大河ドラマについては平清盛(大河ドラマ)を参照。

概要

忠盛の長男として生まれる。1153年、・忠盛の病没によって督を継ぎ、の棟梁となる。1156年の保元の乱後白河天皇方に付き勝利、1159年の治の乱でライバルを破り、一族の武門の地位を高める。1167年に武士として初めて太政大臣に就任するが、翌年重病となり、快癒した後に出した。

当初は後白河法皇と親密な協体制を築き、・徳子を後白河法皇の皇子・高倉天皇がせて外戚関係となり、間に生まれた安徳天皇の外祖となっては更に権勢をふるった。しかし、徐々にの勢増大を警するようになった法皇と対立を深め、以仁王の反乱を機に再起を挙げた源氏との戦いが始まる中、マラリアと思われる熱病に倒れ、1181年に数え64歳で病没。そのわずか4年後、一族は壇ノの戦いで滅亡した。

詳細はウィキペディアを参照。

後世の評価

社会の成立において重要な功績を残した人物にもかかわらず、一般的な清盛の印は芳しくない。その最大の原因は、「物語」でおごるは久しからずの代名詞とも言えるような悪人とされてしまい、そのイメージが定着してしまったことにある。また、源平合戦においては最終的に「源氏=勝者、平氏=敗者」となったことで、敗れた側の平氏に関する史料は散乱し、勝者である源氏方により不当な評価をされて貶められたのも大きい。

元々物語法師が口伝でり継いだものを数十年経て軍記物語としてまとめたものなので、フィクションや誇も多く、文学的価値は高くとも歴史史料としては信憑性に欠けるところがある。例えば、孫の資盛が藤原基房に恥辱を受けたことに対して報復した話が物語にあるが、実際に報復したのは(物語では諫める役回りの)子の重盛である。歴史的評価の高い英雄ながら、長らく物語などで悪役に位置づけられていた点では、三国志曹操に通じるものがあるだろう。

出生の謎

表向きには忠盛の長男とされる清盛だが、生前からその誕生には様々な噂が立っていた。最も有名なのは白河法皇の落胤説であり、法皇の寵だった園女御もしくはその近親者をもらい受けた忠盛が、清盛母親となる人物が既に法皇の子を妊娠していたのを承知の上で、後を継がせたというものである。

なぜこのような説が生まれたのかというと、清盛朝廷における出世のスピード・忠盛や祖・正盛とべものにならない程かったからと言われている。但し、落胤説への異論も多く、大河ドラマ平清盛」の時代考を務める本郷和人はこの説を否定している。

幻の都・福原

伊勢平氏は忠盛の代から、大輪田泊(現在神戸港)を拠点に(南)との交易を行っていた。日貿易である。教科書ではあまりれることはないが、あくまで国家間の交流だった遣唐使以上に、民間で交易が行われた日貿易が日本に与えた影は計り知れない。平氏が急速に勢を拡大した背景には、日貿易で獲得した大な利益によるところも大きいのである。

1180年、清盛は大輪田泊に福原を作り、遷都を行った。その理由としては、院や寺社勢の影が強い平安京を離れ、自分たちの本拠地に移すことでそのを削ごうとしたからである。しかし公家たちの反発が強く、以仁王の反乱など社会情勢が不安になったこともあって、1年も経たずに平安京に戻ることとなる。翌年、清盛は病に倒れてこの世を去るが、東大寺焼き討ちの仏罰源頼朝をはじめとする源氏の裏切りに苦しめられながら絶命した「物語」の描かれ方と異なり、新しき都への夢を打ち砕かれた挫折による失意こそが彼の死期をめたのかもしれない。

関連商品

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E5%B9%B3%E6%B8%85%E7%9B%9B
ページ番号: 5189555 リビジョン番号: 1956037
読み:タイラノキヨモリ
初版作成日: 14/01/11 20:00 ◆ 最終更新日: 14/01/11 20:00
編集内容についての説明/コメント: 大河ドラマの記事と独立・分離
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

平清盛について語るスレ

31 : ななしのよっしん :2016/08/28(日) 18:13:29 ID: y71No6BXEk
日本の他の為政者にも言えることだが、清盛が政権を動かした時期は自然災害が多発した&疫病が流行した時期と重なっていて、それが人々の清盛政権に対する憤りの一因になったのかもしれん
32 : ななしのよっしん :2016/11/20(日) 21:44:59 ID: m//cPEs4o0
甲斐源氏が挙兵した時は、畿内で大飢饉が起きるという政治的にも軍事的にも最悪のタイミングだったしね。もし当初の計画通り東征軍が氏や足利氏らと連携して速に坂東・甲信に攻め寄せていれば甲斐源氏木曾源氏・そして頼はひとたまりもなかっただろう。
33 : ななしのよっしん :2016/12/06(火) 20:46:28 ID: nkTnHZL/hF
その場合、勝つのは義経奥州藤原氏だろうけどな
秀衡が死ぬまでがもてば史実でそうだったように州側から崩れることも期待できるけど、清盛死んでから6年もたせにゃならんし
34 : ななしのよっしん :2016/12/08(木) 11:25:58 ID: o00gPG/K58
重盛が生きていればな
鹿の政変で重盛・武平氏が敗死し宗盛・堂上平氏が政権を握ったけど
それは同時に四代続いた政権の実質的な解体でもあったと思う
長く隠居暮らしの入様が復帰して頑っても及ばなかった
35 : ななしのよっしん :2017/01/22(日) 01:34:48 ID: FyA4qLxtSP
源平合戦応仁の乱や関が原にしてどちらも単純に敵と味方っていう争いじゃないのよね
36 : ななしのよっしん :2017/01/28(土) 22:40:03 ID: V7sq9sFu/P
下人下を長く保つために必要なのは、ある程度の非情さなのかもね
もし、清盛が頼を処刑したらだいぶ歴史は変わっていただろう
37 : ななしのよっしん :2017/02/04(土) 01:18:44 ID: rgTCLBPssC
勝者がどうしても頼じゃなきゃいけない理由はないので、全体ではあまり影が出ないと思われ。(政子の婚姻が成立せず北条氏が伸びなかったというのはあるかもしれないがw)

問題の本質清盛の死後に全規模の騒乱が発生したということであり、また頼がいたから騒乱が発生したわけでもないので、頼が生きてようと死んでようとそこは大差ないんだよ。
38 : ななしのよっしん :2017/03/06(月) 07:04:04 ID: nkTnHZL/hF
結局は「地方の押さえが弱い」の9文字に戻ることになる
清盛ぶっちゃけの棟梁ではなく中央の政乱の覇者でしかない
39 : ななしのよっしん :2017/04/23(日) 16:18:22 ID: 8Ik3lL4TYF
そもそもの話、下人京都覇者貴族政権から全制覇の武政権への過渡期の時代だからな
あくまで貴族政権の頂点を武士が取ったのが清盛であって後世みたいに全を武断統一するような時代じゃない
40 : ななしのよっしん :2017/04/24(月) 00:47:23 ID: o00gPG/K58
清盛の時代までは、武の棟梁とは中央の政争に勝利した人の事だった
中央で勝てなければ地方で兵を集めて上せよってのは、
挙兵以降の発想
ニコニコニューストピックス
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829