単語記事: 平野耕太

編集

平野耕太とは、「HELLSING」「ドリフターズ」で有名な漫画家である。愛称はヒラコー

→漫画家の一覧

概要

1973年7月14日生まれ。足立区出身。アヤシイ足立区の方言をいくつも知っている。
なにかとナチスな漫画家。CV:野沢那智(ナチだから)という迷言を持つ。

「HELLSING」の「諸君、私は戦争が好きだ」で始まる演説や、その他書ききれないほどの独特の言い回し、通称「平野節」に定評がある。また、インクどれだけ使ってるんだと心配になるほど、スミベタを多用する。

「HELLSING」で有名になったが、元はエロ漫画を描いており、アンデルセン神父や少佐をはじめ、エロ漫画時代に描いていたキャラクターを多数「HELLSING」に移植している。
元々「HELLSING」自体エロ漫画だった(読切で連載第1話の内容に近い)。

上記の「HELLSING」は2009年に全10巻で完結、ほどなくして新たに「ドリフターズ」の連載を開始した。

単行本の刊行ペースはおよそ年に一冊と、お世辞にも筆の速い方であるとは言い難いものの、その言い得ぬ魅力を持つぶっ飛んだ作風は、多くの読者を唸らせる。

Twitterを活用する漫画家の走りとも言える人物であり、日々ぶっ飛んだ発言を繰り出しては注目を集めている。「平野耕太」「ヒラコー」でググると、その発言のまとめや周囲の反応が垣間見えるので、興味があったら調べてみるといい。

特に軍事や歴史、ゲームを好む。自身を主人公とした「以下略」では様々なネタを織り交ぜている。艦隊これくしょんを極初期からプレイしており、軍艦×擬人化という当時としてはマイナージャンルであったにもかかわらず爆発的なヒットとなったのは、彼のツイートが一つの要因となっている。

その他にニコニコ大百科では、ショタコンの記事で「ショタ萌えに理解のある方々」にリストアップされ、一部から敬意を表されている。

主な作品

赤字は大百科に記事がある作品。

COYOTE(成人向け)
「HELLSING」の少佐の原型となるキャラクターのモンティナ・マックスが登場するのはこの作品。
ANGEL DUST(成人向け)
「COYOTE」の続編。アンデルセンという神父のキャラクターが主人公。
大同人物語
同人活動を主題にした作品だが「HELLSING」の連載開始と時期が重なりこちらは未完のまま中断。
進め!以下略
「月刊少年エース増刊エース桃組」および「月刊コンプエース」で連載。平野耕太そのままのキャラクターが登場する。
以下略
ゲーム雑誌の月刊誌「ゲーマガ」で連載。前作同様、平野耕太と友人そのままのキャラクターらが登場。ゲーマガ連載分より半数が収録され単行本化されている(「進め!以下略」分は未収録)。
CROSS FIRE
由美江、ハインケル、マクスウェルの原型キャラが登場する。「HELLSING」1巻巻末に収録されている。
HELLSING
当該記事を参照。
THE DAWN(HELLSING外伝)
「HELLSING」本編中の会話で触れられていた1944年のワルシャワを舞台に若きウォルターとアーカードが少佐達の吸血鬼研究計画を潰しに行くエピソード。他にアーサー・ヘルシング卿、ドク、大尉、リップヴァーン・ウィンクル中尉、ミナ・ハーカー等が登場するが掲載誌休刊に伴い6話目で連載中断。冒頭がアニメ化されてOVAⅧに収録されている。「ヤングキングアワーズ」2012年2月号の付録として、中断分までをまとめた小冊子が発行された。
ドリフターズ
当該記事を参照。

ニコニコ静画イラストコンテスト

少年画報社ヤングキング3誌のニコニコ静画(電子書籍)無料配信を記念して、ヤングキング掲載記念「ドリフターズ」「HELLSING」イラストコンテストが応募期間2011年12月26日~2012年2月26日で開催されている。

詳細については特設サイトを参照。→ 『ドリフターズ & HELLSING イラストコンテス』トイベント詳細ページ

コンテスト参加作品を検索して閲覧する。→ 「ドリフターズ&HELLSINGコンテスト」タグで検索

関連動画

関連商品

HELLSING(漫画)

ドリフターズ(漫画)

他の著作

HELLSING(アニメ)

TV版とOVA版が存在する。

関連項目

  • 漫画家の一覧
  • 漫画作品一覧
  • HELLSING
  • リフターズ(漫画)
  • ナチス
  • 山田秋太郎(漫画家)
  • 平野コータ
  • ヒラコーショック

関連リンク


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E5%B9%B3%E9%87%8E%E8%80%95%E5%A4%AA
ページ番号: 799429 リビジョン番号: 2411361
読み:ヒラノコウタ
初版作成日: 08/12/27 01:35 ◆ 最終更新日: 16/09/30 01:48
編集内容についての説明/コメント: 艦隊これくしょんのくだりを追加。試し書きなのでブラッシュアップお願いします。
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


黒王さま

黒王さま

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

平野耕太について語るスレ

507 : ななしのよっしん :2016/10/08(土) 09:22:00 ID: hSVb2yHzpx
炎上や批判の主軸はヒマな女だから女ウケする作品が好調な限りは起こらないよ
508 : ななしのよっしん :2016/10/14(金) 14:14:17 ID: 3rkVVMT8vF
何の根拠もない意見は置いといて
>>506
昔はヒラコーも気にいらない人物や作品に対してはネタから逸脱して本気で怒ることもあったけど、最近は丸くなったのか角が立つようなことは言わなくなったな(アフィに転載された経験も危惧してるかもしれないが)
それが成長したとも見られるし、寂しくもある
509 : ななしのよっしん :2016/10/20(木) 10:15:43 ID: 7bV7cMSu4N
>>500
利根川の詭弁は借とか理不尽なゲームのルールを有耶無耶にした部分であって、結果を出したから人格まで評価されるっていうのは正論だよ
どちらかというとあんたの主張の方が俺には詭弁に見えるね
510 : ななしのよっしん :2016/11/15(火) 01:11:02 ID: m+tD2LoCKL
レオナルド・邪・ビンチ
511 : ななしのよっしん :2016/12/03(土) 00:04:12 ID: dd+bDeCQvp
この人って本や資料などの紙類が執務室やや作戦会議室などで無造作に散らばっている場面とかを結構な頻度で書くよね
何か独特の美というか趣でも見出しているのだろうか
512 : ななしのよっしん :2016/12/08(木) 04:32:12 ID: 3UJIS7dEY1
散らかってない資料室なんて図書館みたいじゃないか
図書館は図書館で美はあるけども
なんだろう ロマンかな
513 : ななしのよっしん :2016/12/18(日) 13:53:55 ID: R1yCB7bKv9
ヒラコーだけじゃないけど、休載の多い漫画家って売れっ子の漫画家なら印税とかで休載期間中も食っていけるんだろうけど、アシスタントはどうしてるんだろう? 執筆再開する都度新しく雇ってその時の原稿終わったら契約終了って感じなんだろうか?
514 : ななしのよっしん :2016/12/20(火) 23:37:45 ID: Cb0rdqARHA
アシスタントはジャンプのような週間連載だと専属になってるだろうけど、月刊だと毎日は雇わない だから複数個所でアシやったり、日雇いバイトやったりしてる 一箇所だけでバイトもやってない人は貯や実家からの仕送り
ちなみに8時間以上の労働当たり前だから日給制が多い
そして恐ろしい事にこの業界「まともな労働契約を交わさない」赤松健や秋元治のようにスタジオ構えてるなら別だけど、基本的に口約束 だから「暫く休むけど予定では○○頃に再開するから来てね♥」 こんな感じ つまり1日1日が口約束の日雇いバイトと同じ、ただし扱いだけ個人事業主 法的に何一つ保証されない
515 : ななしのよっしん :2016/12/22(木) 23:29:49 ID: R1yCB7bKv9
>>514
そうなんだ。プロアシって言葉があるくらいだから実力のあるアシスタントは結構稼げるって勝手に思ってたけど相当過酷なんだな。
516 : ななしのよっしん :2016/12/26(月) 19:00:22 ID: 5IgAuSdAPZ
作品は作る事に意義がある巨匠のような扱いになってるのに
作者を取り巻く事情はなかなか世知辛いよなぁ
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015