単語記事: 幻想殺し

編集  
注意 この記事は新約とある魔術の禁書目録の重大なネタバレが含まれています。
了承した方のみ自己責任で突っ走ってください

幻想殺しイマジンブレイカーとは、ライトノベルとある魔術の禁書目録』に登場するである。

概要

とある魔術の禁書目録主人公である、上条当麻右手に宿る
触れた物が異であれば、それがたとえなんであろうと打ち消すというを持つ。学園都市内の身体検システムスキャン)では、このが検知されないもようで、レベル0として認識されている。区分としては一応『原石』に該当するのだとか。

学園都市内で幻想殺しを知っているのは統括理事会のメンバー上条の周囲、そして「先代の幻想殺し」を使用した経験がある学園都市の統括理事長アレイスター=クロウリー

但し、原石であることと、幼少時の上条を取材したマスコミによる軽率な行為などにより、彼に何かしら特殊なが働いていることは魔術サイド科学サイド問わず、容易に知ることが出来てしまう。そのためか、科学サイドは敢えて厳重に保護せず、表向きはレベル0のぱっとしない学生として扱っている。

効果・対象

効果はいたってシンプルで、触った異を打ち消す、と言うもの。しかし触ればいいという反面、逆に言えば触ることができなければ全く意味を成さないという側面も持っている。

効果の具体例を挙げると、魔術で生み出した炎、超能力で生み出された電撃などは、右手で触れれば強弱や大きさに関わらず消滅する(場が地続きであれば更に効率的に)。ゴーレムに触れればゴーレムの構成を崩壊させる。爆弾なども、その起爆と爆発効果が依存するものであれば消せる。しかし、異が一切使われていない銃器や、何の変哲もパンチ等は当然効化出来ないし、異の余波で飛んで来たコンクリートの破片等も打ち消すことはできない。前述の爆弾なども当然、科学的に作られたものであれば通用しなくなる。

しかしながら作中でも効果範囲についてはブレが大きく、本編漫画スピンオフ作品などでは描写に矛盾が生じている。具体例としては美琴レールガンが挙げられるだろう。超能力で発生してる電磁誘導を打ち消せば、それによって作用してた加速もキャンセルとする解釈が存在する一方で、ローレンが働くのは発射の間のみであり、その後は慣性の法則に従って射出される為、副次的な現には効果を発揮しないとする両方の解釈が存在する。

効果範囲は右手首より先のみ。これで触れた物が異ならば打ち消すことが可
しかし、エネルギーや規模が大であるほか、起点を絶たないと消滅しないモノや永続的に発生するに対しては処理が追い付かず負けすることもある。もっとも印が強いのは無印一巻におけるステイルのイノケンティウスだろう。

脈、地脈などの惑星を循環するエネルギーに対しても効果を発揮する。ただし、幻想殺しはあくまで「調和の取れた破壊」(異不自然に高められていないレベルまで引き戻す)を行うため、地脈や脈などが正常に運行している場合には効果は発動しない。これは人の『魂』といったエネルギーに対しても同様である。なお、『魔術』も生命を変換したエネルギーではあるが、こちらに対しては個々の魔術に加え、『天使(テレズマ)』も打ち消す事が出来る。

特に持続性・連続性がある上に、多種の属性を含んでいるらしい『竜王の殺息』に至っては、個々に消し続ける羽になるのみならず、処理が追いつかないという二重苦であったため、幻想殺しっ向から打ち負けていた。相性最悪である。しかし、それを逆に利用して、エネルギーを掴んで投げ飛ばすことも可ではある。
他にも『女王艦隊』のように、区画分離がされている対は一度で全てを消すのは不可能だし、『御使堕し』のような広域に渡って展開されている現には対処のしようがない。

また、天罰、回復、テレポートなど「上条当麻」を対とする異は、テレポートのために触れる手などが右手に接触していなくても善悪関係なく打ち消す。しかしアウレオルスの記憶消去などは、対上条としながらも(正確には)効くなど矛盾が生じている。

霊装の類は、「元から存在していた物質に、後発的に霊的効果を付与したもの」の場合はその効果のみを打ち消し、物質は残る。材質そのものが霊的効果を帯びたもので形成された具などは、そのものを消滅させるに至る。恐ろしい遺物キラーである。インデックス歩く教会を破壊したことが最も顕著。

さらにインデックスによると、上条幻想殺しのせいで自身の運気を打ち消しているらしく、彼が不幸である一因を作っているとのこと。

幻想殺しの正体

幻想殺しが存在している理由、及びこのの正体については判明していない。現時点でれるのは訳知り顔でってる連中正体に近い者、正体を知る者がった情報から立てた“仮説”に過ぎない。

そもそも幻想殺しとは魔術なのか科学なのか未解明の、すなわち『原石』と同じ存在である。科学の解釈が当て嵌められるのも上条学園都市に回収されたからで、魔術側が回収していれば自身の魔術側と認識していた程、営により解釈が異なっている。ここで触れる仮説もそれを理解して読んで貰いたい。

先代の幻想殺し

古来より『幻想殺し』もしくはそれに類似したは確認されていた。

過去画の形となって触れた者の悪病を払い、時には英傑達の武器という形で、またある時には洞窟の形で試練として、時代と共に姿を変えて顕れた。

突き刺さっていたのはたった一本の矢であった。
ただし素材でも木でもない。濁った色のワックスを固めたような何か。先端がな五つ又に分かれた、何かを掴もうとするのような……。
『鏃は、矢羽は革、本体の矢柄は蝋……それもまた、血が蝋と化した屍蝋
つまり。
それこそが。

幻想殺し。とある者の右手素材に製造された究極の追儺霊装。元は召喚失敗の際に退却せぬ者を魔法陣の向こうへ追い返すために用意されていた秘中の秘となる兵器です』

新約とある魔術の禁書目録18巻 ミナ=メイザース上条当麻の幻視シーンより抜

例えば、19世紀末魔術結社『明(』最盛期には、『ブライスロードの秘宝』と呼ばれていた。
この時代の幻想殺しは「矢」として存在し、人体の加工品で鏃は、矢羽は革、全体が血が蝋と化した屍蝋で構成され、鏃はまるで何かを掴もうとするようなの形状をしている。
ミナ=メイザースが言うには「とある者の右手素材に製造された究極の追儺霊装」。位相などの異なる世界からの召喚失敗の際、退却せぬ者を追い返すであった。

秘宝は閥争いである『ブライスロードの戦い』において、アレイスター=クロウリーが持ち出して使用。サミュエルリデル=マクレガー=メイザースとウェストコットを始末する際に用いられたが、その戦闘で破壊され、後の時代で上条の腕に同じが宿る事になる。
アレイスターはこれを予期しており、今代の所持者である上条を活躍させるためだけ学園都市を作った。

さらにブライスロードの秘宝は、魔術の大元である異世界「位相」の衝突から生じる火(運命論における死や病のもと)を避けることにも使用されている。
この位相衝突から生じる運命は、アレイスターリリス」にも死という形で押し寄せている。
アレイスター=クロウリー

神の右席左方のテッラは、自身のと研究から、幻想殺しの正体に最も近かった事が示唆されている。テッラがどこまで知っていたのかは定かではないが、生前の彼の発言もそれを踏まえての事だと思われる。

魔神(成り損ない)から見た幻想殺し

魔神の成り損ないである「オッレルス」の言によれば、「全ての魔術師たちの怯えと願いが集約したもの」。

すなわち魔神によってめられた世界を正すための「世界の基準点」とでも言うべき

「君の右手の長さを、重さを、温度を、それぞれ計測していく事で全てをめ過ぎた者は、元あった世界がどんなものだったのかを思いだせる。それは命綱となり、あまりに方向性を曲げ過ぎてしまった世界を、いつでも元に戻す事が出来るようになる」

「ただ、確かにこう言える。君のその右手は、『世界の基準点』として機する、とね」

新約とある魔術の禁書目録5巻 オッレルスの発言を一部抜

魔術を究め、遂には神様の領域にまで達した『魔神』は世界を思いのままにめる事が出来る。

例えば「1メートルの長さ」「1グラムの重さ」「セルシウス温度」「元素周期表」といった世界の理をめてしまうと、あらゆる弊が生じることは想像に容易い。
しかし、全てをめた者達が世界を戻そうにも、元の世界を思い出せない場合があるかもしれない。そんな時、仮にあらゆる異の影を受けない不変的な存在があるとすれば、世界の形を思い出す為の『基準』として機する。

魔神世界の外にいても世界を変容させてしまう。個々の存在が魔術側の99.9パーセントを占めるほどの量と影を持ち、「運命」すら魔神から生じたものと言われている。
そんな絶大なを有する魔神の「身勝手な願い・夢」が集積した存在が『幻想殺し』とされている。

とあるシリーズ世界魔神達によって大きくめられており、新約9巻で「オティヌス」が何度も世界変を行っていた事が判明している。

魔神(本物)から見た幻想殺し/神浄の討魔

魔神は「限」という容量で言葉で表すしかない程のを持つ。
限の容量ゆえに、そのままの状態で世界に居る事すらもわない。ただそこに在るだけで世界自体を壊してしまう程の強大な存在である。
→「魔神(とある魔術の禁書目録)」「オティヌス」を参照

その魔神たちは、魔術師としての視点で「何故上条幻想殺しが宿ったのか」を部分的にっている。

僧正
むしろ、おは最初から世界を見渡す採点者じゃった。その歯車たる儂ら『魔神』を想定した存在じゃった。故にそうした『それ以下』の局面でも振り回されずに問題解決に尽してきた。そちらのほうが正しい。幻想殺し(イマジンブレイカー)などお本質の付属物でしかない。というより、全世界魔術師の願いがさまよっている内に、お本質へ吸い寄せられた結果に過ぎん。言ってみれば、つまらぬ横じゃな。
浄の討魔とは右手に付けられたものではなく、お自身に付けられた名であろう?であれば事の中心は過去の『レコード』でも右手に宿るでもなく、お『そのもの』にあると見るべきじゃ。

ネフテュス
全ての魔術師の夢は、浄の討魔という名の持ち、その魂のきに惹かれて吸い寄せられたと今でも信じている。

新約とある魔術の禁書目録 13巻・14巻 魔神の発言を抜

つまり魔神の考えでは、幻想殺し上条当麻の付属物。
上条は自分たちの採点者として在るべき存在だった。幻想殺し世界の修復点・基準点という側面も、魔術師の身勝手な願いが本質に収束された結果に過ぎない。
魔神は、上条は魂魄から既に「浄の討魔」で幻想殺しなんてその付属物であったと認識している。

また、幻想殺しと類似した『理想送り』というも存在する。
理想送りについては諸説あるが、上条オティヌスの「理解者」となった事で焦った魔神達が、意識に幻想殺しに変わるを願った結果生まれたというのが有説である。

幻想殺し』や『理想送り』は、何かしらの選定基準を持って選ばれた存在にのみ宿るらしい。

科学サイド

稀代の魔術師アレイスター=クロウリーの計画(プラン)にも大きく関連する。

新約9巻のオティヌスの発言によると、アレイスターは「あらゆる宗教に依らないまっさらな世界なる科学世界)を直接弄ろうとしている」との事である。
そのアレイスターによると幻想殺しの正体、及び関連するとされる『』は、十字教程度の尺度では説明できないらしい。しかし、右方のフィアンマがやろうとしていた事も「基幹となっていたフォーマットそのものが古すぎた」と言う事を除けばアレイスターの計画、あるいはこれらの正体にも近かったようだ。

アレイスター的は「位相」…つまり「魔術」のである「世界に折り重なる異世界」を消滅させること。その為の重要なファクターが、幻想殺しを始めとする彼の計画に関連する存在、そしてあらゆる魔術的な異世界に依らない純物理法則世界に佇む守護天使エイワス」である。


中の人(中条さん)

幻想殺し上条当麻右手に宿っている事を、何らかの形で確約してるの存在。幻想殺し上条に一層深みを与えている存在である。ファンからの称は中の人、中条さん。

初出は第2巻「吸血殺し編」と思われる。ただし実際に存在が確定したのは後述する22巻の戦闘である。

アウレオルス=イザード戦において、切断された右腕から『竜王』という存在が現出している。これはアウレオルスの『練成』で生み出されたイメージだと思われていたが、上条は自身の右腕から事細かにが生えるイメージに疑問を抱き、もしかするとアウレオルスとは関係ではないかとどこか訝しげに思っていた。

そしてこれも後述するが、竜王』の姿をした存在が『とある科学の超電磁砲』に登場したことで、アウレオルス原作ファンからヘタ錬扱いされることはほぼなくなった。

22巻 第三次世界大戦において

第三次世界大戦の終局、上条は『神の右席右方のフィアンマに右腕を切断される。フィアンマは『サーシャ=クロイツェフ』と『禁書録』を手中に収め、『幻想殺し』を最後のピースとして『なる右』を完成させ、『上』へ至った。
フィアンマは既に用済みの上条を消すために惑星を消し飛ばし、十字教のあらゆる神話を再現できる程の大なを振るった。しかしこの時、上条の肩口(切断面)から現出した『何か』によって弾き飛ばされている。
さらに、上へと至ったフィアンマを圧倒し、彼のが見劣りする程の大なが切断面から現出しかけた。

上条はその『何か』にりかけ現出を拒絶。彼の意思で現れたさらに別のが『何か』を食い潰し、大なの余波と共に右腕が再生。幻想殺しは切断された腕からは失われ、再生した右腕に再び宿ったのである。

22巻では衝撃的な展開が続く中、際立った異常性を放つ上条サイドの展開、特に「中の人」の存在は上条当麻高校生でない事を確定させてしまった。

…『テメェ』がどこのかなんて知らねぇ。
『テメェ』が何をやろうとしていたのかも知った事じゃねぇ。
ただ…ここでは黙ってろ。こいつはが片付ける。

新約4-9巻 VSオティヌス

ゲージティの戦闘で『魔神』であるオティヌス敗北し、彼女に右腕が握り潰されてしまった際も、潰された右腕の断面からが現れた。しかし、このオティヌスによって簡単に握り潰されている。

この時点でのオティヌスは『無限の可能性』に縛られていたが、逆を言えばこの時点でも半々の確率にだって勝てるようなギャンブル性の高い状態にある。上条は自身が誇る不幸を遺憾なく発揮して二度も敗北しているのだが、中の存在も『正の50』に傾いて潰されたのかはに包まれていた。
なお後述の新約14、15巻にてオティヌス戦と上里戦の中の人は別物に変質している可性もられている。

オティヌスは助けに来たオッレルスフィアンマの活躍で、事撃退するに至ったのだが、オッレルスによるとオティヌスに切断された右腕は切断面がグシャグシャになっており、とても縫合出来る状態ではなかった様子。しかし右腕は上条痛で気絶している間に自修繕していた。フィアンマは「今代の幻想殺しとして定着している」「幻想殺し上条右手である事で意味を成す」とも言っている。

新約9巻、上条は回数にして万単位で(あるいは億以上)殺されているのだが、中の人は出てこなかった。
“くたばった” とされる幾千億もの世界において、「右腕が切り離されなかったのか」がしばし議論されている。これに関しては本当になかったのかもしれないし、肩から腕が離れた世界があってもオティヌスがすぐさまリセットして未然に終わった、という説がある。

ちなみにオティヌスとの直接対決にて判明している『上条当麻の死因』を本文から抜すると「ひしゃげ、切断され、叩き潰され、引き裂かれ、爆散され、散り散りになった」らしいので、右腕が切断されなかったとは考え難い。いずれにせよ切り離された明確な描写がない事からも憶測の域に留まっている。

とある科学の超電磁砲 第59話 VS暴走した御坂美琴 Phase5.3

大覇祭二日の戦闘で暴走した御坂美琴が生み出した『の球体』。その発動を阻止御坂美琴を救うべく、の球体に立ち向かった上条当麻であったが、球体の前に幻想殺し相殺すらされずに腕ごと千切り飛ばされてしまう。だが、千切れた右腕の断面から竜王八匹現れ、の球体』を食いちぎり御坂美琴を開放した。

わずか数コマの出来事であり、すぐに姿を消したこともあってか竜王を出現させた上条当麻自身や御坂美琴は直後のシーンでも竜王』に気付いた素振りは見せなかった。一方で上条当麻と共闘した削板軍覇は『竜王』を視認していたらしく、「ドラゴンが出るとはスゲェ(こんじょう)だ」という独り言を最後に残している。

戦後には上条当麻右手が旧約22巻と同様に再生していたりだとか、軍覇く『世界から来た理解できない』という『の球体』や、戦いの跡に現れた『金属』など、他にも数多くの根底に関わるであろうが増えた回であったが、幻想殺しとは別の話題となる為にここでは控えておく。

今回の話の中で、削板軍覇の発言により竜王』という姿もアウレオルスの想像物ではなかったという事実が判明した。一方で『八匹出現する』『上条当麻意識』といった竜王』のも新たに追加され、外伝作品でありながらまさかの展開に読者を大いに驚かせる結果となった。

新約14-15巻 VS上里翔流

幻想殺しは大したことなかった」「……幻想殺しの『』に、もう一つあったとはね……」
「こいつは……本当に、『前のヤツ』と同じもんなのか……???」

新約14巻における上里翔流との対決で右腕を抉られて敗北濃厚だったが、中の存在が上里を負かした。
新約15巻で上条オティヌス戦と同じではないと推測していた。

また、オティヌスはその正体について大方の予想はついているらしく、木原加群(ベルシ)がいれば自身の予想に確信を与えられたとも言っている。木原加群(ベルシ)は「命や魂の価値」の研究に手を染めた科学者でもあるのだが、生前の彼がどんな情報を掴んでいたのかは不明。

新約18巻 VS聖守護天使エイワス、アレイスター=クロウリー

「ははっ!! 多少は成長しているようだがまだまだいな。しかも純度も甘い。どこぞで寄りでもしてきたのかねアレイスターッ!?」

新約18巻のエイワスアレイスター戦で出現したがエイワスにたった2行で潰された

しかし、成長ってもしかして上条さんじゃなくて中の人のことなのだろうか…。

関連動画

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E5%B9%BB%E6%83%B3%E6%AE%BA%E3%81%97
ページ番号: 4320023 リビジョン番号: 2543142
読み:イマジンブレイカー
初版作成日: 10/03/27 22:22 ◆ 最終更新日: 17/11/26 13:24
編集内容についての説明/コメント: 「概要」「先代の幻想殺し」「関連動画」を編集 誤字修正
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

幻想殺しについて語るスレ

377 : ななしのよっしん :2016/07/06(水) 20:48:18 ID: hL8w3oNwrV
いや彼も多分香ベース(まずはそのふざけた幻想軍曹がぶち壊す!)

によるLickMyAssHole要→拒絶→ぬふぅSSH AnalBleed→ヌルマキ&再挿→点滴→強制送還

ただこれ04'から始まってる作品だからもう「計画」の一部として予め組み込まれていた方に入ると思う。
378 : ななしのよっしん :2016/08/07(日) 22:22:30 ID: ubG/xZ1iU/
新約になってから読んでなかったけど上条さんプラモデル並みに右腕取れ過ぎやろ
379 : ななしのよっしん :2017/01/24(火) 22:30:40 ID: M454VcsM+9
小説ほとんど読んだことないんだけどさ
日本人寿命の由来ってイザナミの呪いだろ
幸運はがどうこうで打ち消して不幸とか書かれてた気がするんだがこいつ不老なの?
380 : ななしのよっしん :2017/03/03(金) 18:55:57 ID: f0Fpzv2n+S
どうも作中の描写を見るに『幻想殺し』は『竜王』を抑える存在っぽいんだよな
それも大覇のみこっちゃんがホルスのアイオーンに片足突っ込んでた辺り、そのをを打ち消した(?)右手に潜む者はエイワス以上の強大な存在と考えなきゃ説明つかん
アレイスタープランも『竜王』そのものより、世界の基準点として働く『幻想殺し』の方を重要視してるっぽいし、新約16巻でも上条右手に潜む者を忌避すべき存在と見ていたところから、あれは良くないものなんじゃないかと思う
というか『竜王』こそがアレイスターが倒そうとしてる者の一端っていうイメージ
381 : ななしのよっしん :2017/03/23(木) 12:43:56 ID: 3eXjABNHzt
>>378

所詮物理には人間強度しかなく中の人が作中でも異常なほど強いから幻想殺しが脆くても仕方ない
382 : ななしのよっしん :2017/05/12(金) 22:30:59 ID: sTgGqduvOK
新約18にてようやく正体が出たな
諸々合わせて40巻以上
読んできて長かった
383 : ななしのよっしん :2017/05/17(水) 23:50:46 ID: riqMeplG8i
あれって正体なの?
先代の幻想殺しの死体を加工して武器として使ってたってだけじゃね?
384 : ななしのよっしん :2017/09/26(火) 03:43:52 ID: /kB+NZS2Ig
幻想入りVS幻想殺し…   いや、言いたかっただけだ。
385 : ななしのよっしん :2017/09/28(木) 17:34:51 ID: 8ck8CypKGz
運命をめる今までの魔術を否定するアレイスター、ホルスの時代をしたアレイスターのセレマ僧院と学園都市の共通項、世界の基準点である幻想殺し、とかを考えると運命をまない魔術確立的なのかなアレイスター
つまり、幻想殺しに殺されない魔術の構築とか
386 : ななしのよっしん :2017/11/16(木) 21:46:02 ID: W9OSC1g0yx
レールガンの打ち消しに関してはアレはレールなしでコインを飛ばすまでがだと考えればギリギリ効化できるかもしれないはず
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス
電ファミwiki
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829