単語記事: 弁護士

編集

弁護士とは、味方にすると頼もしいが敵に回すとおっかない、国家資格専門職である。

概要

日本においては、法試験、法修習を経てなることができる法曹系の国家資格である。

また日本弁護士法(72条)では、弁護士(または弁護士法人)でないものは「報酬を得る的で訴訟事件、非訟事件及び審、異議申立て、審行政庁に対する不申立事件その他一般の法律事件に関して鑑定、代理、仲裁若しくは和解その他の法律事務を取り扱い、又はこれらの周旋をすることを業とすることができない。ただし、この法律又は他の法律に別段の定めがある場合は、この限りでない。」と定められている。弁護士でないものがこれらの業務(弁護士業務)を行うと、法律違反となる(非弁行為)。

刑事事件においては、被告側の弁護人として、検察側と争い、被告の罪(または軽い量刑を)勝ち取るべく努する。刑事訴訟の弁護人を務めることができるのは、原則として弁護士だけである。また、自分で弁護士を弁護人として雇うことができない場合でも、弁護士を弁護人として選任する(刑事訴訟において「資格のある」弁護人を受ける権利については日本国憲法37条に規定がある)。

民事事件においては、原告・被告ともに弁護士が代理人を務めることが通常である。最近では、消費者融に対する過払い訴訟などが脚を浴びている。その他、相続や離婚調停などの事事件、労働事件、消費者事件、破産や財産管理などの法律事務など、弁護士によって得意とする案件はさまざまである。また、企業の法務部などに属し、債務・債権管理、契約書の締結、企業関連の訴訟など企業法務に従事する弁護士もいる。

一般人には敷居が高いと思われがちな弁護士ではあるが、最近では初回相談のみ無料などを標榜する弁護士も多い。また、法制度革の一環として、弁護士の紹介・費用の立て替えを行う「法テラス」(独立行政法人日本支援センター)という組織も存在する。身近に法律問題を抱えていたら、思い切って弁護士に相談してしまうのも一つの選択肢である。

アメリカでの扱い

訴訟大であるアメリカでは弁護士の存在はより身近なものになっており、法律を中心に勉強するロースクールの数も多い。ただ、アメリカでは各州がそれぞれの州法にしたがって認定しているものであるため、認定された州以外の場所において法律業務は行えない。つまり共通して使える国家資格連邦法には存在しない。[1]

大企業にもなると、その企業規模によっては訴訟の数も跳ね上がるためあらゆる訴訟に対応しなければならず、企業内に法務部を設ける以外に専門の顧問弁護士や弁護チームを雇っていることもある。

なお、(お柄というのもあるが)アメリカ広告などでは「法律に強い」「訴訟に勝てる」といった自身を売り込むタイプの宣伝が一般的である。交通事故などにあうとやって来た弁護士から訴訟を推奨されるということもある。また、裁判に勝てないと見込むと裁判を放棄して勝手に仕事から引き上げてしまうケースや、より多くの報酬を狙ってたくさんの人間を巻き込むケースもあり、問題となっている。[2]

・収入・地位の高さとは裏に、蝎のごとく嫌われている職業でもあり、その存在を皮ったジョークや、演出なども存在しており、ブラックジョークネタの定番としても扱われている。

記事のある弁護士一覧

五十音順。
故人や現在弁護士活動を行っていない者も含む。

実在弁護士 弁護士

記事のある法律事務所

実在法律事務所 法律事務所

関連動画

関連商品

関連項目

関連リンク

脚注

  1. *ただし、他州の資格だけ持っている弁護士が一時的に自州の裁判所で弁論することを認めたり、一定の資格や経験をもつ他州の弁護士にその州の法曹資格を与えるケースがある(その州での資格を与える際に別途試験を受ける場合もある)。
  2. *多数の人が同じような被をうけている場合に、その被者全体を代表して訴えを提起できる制度「クラスアクション」があるため(同じ内容の訴訟を個別に取り扱わなくて済む)。被を訴える人間が増えれば裁判において企業からの賠償や慰謝料が取りやすくなり、依頼人・訴訟人が増えれば増えるほど報酬も増えるので弁護士には得になる。また、敗訴した場合でも集団訴訟に参加した依頼人には費用が請される。

【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E5%BC%81%E8%AD%B7%E5%A3%AB
ページ番号: 5353658 リビジョン番号: 2463646
読み:ベンゴシ
初版作成日: 15/07/24 21:50 ◆ 最終更新日: 17/02/27 13:23
編集内容についての説明/コメント: 記事のある弁護士一覧「ヒラリー・クリントン」追加
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

弁護士について語るスレ

172 : ななしのよっしん :2017/03/28(火) 16:59:04 ID: tmdRXRLFl7
えーっと
は回答に突っ込めば・・・と前のレスで言ってるし、少し考えれば
相談→弁護士回答→回答に疑問を持ち、方の言ってることはどの法律のどこの部分にあるのかと質問する→弁護士黙る
こういう理解になるはずなんだがどんなに曲解したのかな
173 : ななしのよっしん :2017/03/29(水) 09:02:51 ID: GPbbTJ3/VV
判例って観念がないんだろうけど、実定法学と法哲学の関係を理解していないからだろうか
法律を知らないから弁護士に任せるって人はいいけど、
法律を知らないけど弁護士に任せないって人は、弁護士も扱いに困るだろうな
174 : ななしのよっしん :2017/03/29(水) 09:26:03 ID: kg9kOwqY1W
方の言ってることはどの法律のどこの部分にあるのかと質問する
基本的な知識を質問しているとしか読めないが何が曲解なんだろ
175 : ななしのよっしん :2017/03/30(木) 07:49:01 ID: tmdRXRLFl7
これを見る限りじゃ基本的な知識を質問しているとは断言できない
弁護士がおかしいということでも話は通る
よって一方的にしかものを見れないのは曲解
>>173
ならこういう判例があるからと言えばいいんじゃないですかね
ちなみに弁護士が判例がどうのと言ってがどの法律に書いてんのったわけではない
176 : ななしのよっしん :2017/03/30(木) 08:27:17 ID: kg9kOwqY1W
法律について聞いてるんだから弁護士の良し悪しについて聞いたととる方が曲解だと思うが
一歩譲って話が通るとしても断言できないつったら他の解釈をとる余地もあるがこれ自体間違った解釈とは言いきれないという趣旨で
それを一方的にしかものを見れない曲解と断言するのはどっちが一方的だってツッコミを避けられまい
177 : ななしのよっしん :2017/03/30(木) 16:50:33 ID: pxxmWXPREr
弁護士無能しかいないと言いつつ
明後日の方へ脱線していく頭のいいID: tmdRXRLFl7
178 : ななしのよっしん :2017/03/31(金) 10:45:52 ID: tmdRXRLFl7
>>176
何か微妙に話が噛み合わないと思ったが
どこに書いてるかってのはそれが知りたいと言うより
暗にどこにも書いてないだろって言ってんだけど
もしかして分かってなかった?
179 : ななしのよっしん :2017/04/02(日) 19:20:13 ID: Kkd7VVZLL1
この前2ちゃんで、的で弁護士スレ建てたら一ハセカラスレになった
笑えたからそれは別にいいんだけど、
もうネット上じゃ「弁護士」って単パカデブの代名詞と化してるよね
180 : ななしのよっしん :2017/04/05(水) 06:37:50 ID: 4Ty5R8H8ub
パカデブはアフターケアが最悪だっただけで
本人は一応の仕事はしただけなのにな、無能はともかくそこまで悪辣ではない
どうしようもなく煽り耐性スルースキルかっただけの話で
181 : ななしのよっしん :2017/04/15(土) 19:10:11 ID: ji/mn5FPia
>>180
本当にアフターケアだけ最悪だったんですかね…
弁護した学生開示されてない個人情報開示したり、依頼そっちのけで自分の悪口開示してたらログ保持期限切れて開示できなくなったりしたことは最悪ではないんですかね…
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015