単語記事: 弁護士

編集  

弁護士とは、味方にすると頼もしいが敵に回すとおっかない、国家資格専門職である。

概要

日本においては、法試験、法修習を経てなることができる法曹系の国家資格である。

また日本弁護士法(72条)では、弁護士(または弁護士法人)でないものは「報酬を得る的で訴訟事件、非訟事件及び審、異議申立て、審行政庁に対する不申立事件その他一般の法律事件に関して鑑定、代理、仲裁若しくは和解その他の法律事務を取り扱い、又はこれらの周旋をすることを業とすることができない。ただし、この法律又は他の法律に別段の定めがある場合は、この限りでない。」と定められている。弁護士でないものがこれらの業務(弁護士業務)を行うと、法律違反となる(非弁行為)。

刑事事件においては、被告側の弁護人として、検察側と争い、被告の罪(または軽い量刑を)勝ち取るべく努する。刑事訴訟の弁護人を務めることができるのは、原則として弁護士だけである。また、自分で弁護士を弁護人として雇うことができない場合でも、弁護士を弁護人として選任する(刑事訴訟において「資格のある」弁護人を受ける権利については日本国憲法37条に規定がある)。

民事事件においては、原告・被告ともに弁護士が代理人を務めることが通常である。最近では、消費者融に対する過払い訴訟などが脚を浴びている。その他、相続や離婚調停などの事事件、労働事件、消費者事件、破産や財産管理などの法律事務など、弁護士によって得意とする案件はさまざまである。また、企業の法務部などに属し、債務・債権管理、契約書の締結、企業関連の訴訟など企業法務に従事する弁護士もいる。

一般人には敷居が高いと思われがちな弁護士ではあるが、最近では初回相談のみ無料などを標榜する弁護士も多い。また、法制度革の一環として、弁護士の紹介・費用の立て替えを行う「法テラス」(独立行政法人日本支援センター)という組織も存在する。身近に法律問題を抱えていたら、思い切って弁護士に相談してしまうのも一つの選択肢である。

アメリカでの扱い

訴訟大であるアメリカでは弁護士の存在はより身近なものになっており、法律を中心に勉強するロースクールの数も多い。ただ、アメリカでは各州がそれぞれの州法にしたがって認定しているものであるため、認定された州以外の場所において法律業務は行えない。つまり共通して使える国家資格連邦法には存在しない。[1]

大企業にもなると、その企業規模によっては訴訟の数も跳ね上がるためあらゆる訴訟に対応しなければならず、企業内に法務部を設ける以外に専門の顧問弁護士や弁護チームを雇っていることもある。

なお、(お柄というのもあるが)アメリカ広告などでは「法律に強い」「訴訟に勝てる」といった自身を売り込むタイプの宣伝が一般的である。交通事故などにあうとやって来た弁護士から訴訟を推奨されるということもある。また、裁判に勝てないと見込むと裁判を放棄して勝手に仕事から引き上げてしまうケースや、より多くの報酬を狙ってたくさんの人間を巻き込むケースもあり、問題となっている。[2]

・収入・地位の高さとは裏に、蝎のごとく嫌われている職業でもあり、その存在を皮ったジョークや、演出なども存在しており、ブラックジョークネタの定番としても扱われている。

記事のある弁護士一覧

五十音順。
故人や現在弁護士活動を行っていない者も含む。

実在弁護士 弁護士

記事のある法律事務所

実在法律事務所 法律事務所

関連動画

関連商品

関連項目

関連リンク

脚注

  1. *ただし、他州の資格だけ持っている弁護士が一時的に自州の裁判所で弁論することを認めたり、一定の資格や経験をもつ他州の弁護士にその州の法曹資格を与えるケースがある(その州での資格を与える際に別途試験を受ける場合もある)。
  2. *多数の人が同じような被害をうけている場合に、その被害者全体を代表して訴えを提起できる制度「クラスアクション」があるため(同じ内容の訴訟を個別に取り扱わなくて済む)。被害を訴える人間が増えれば裁判において企業からの賠償や慰謝料が取りやすくなり、依頼人・訴訟人が増えれば増えるほど報酬も増えるので弁護士には得になる。また、敗訴した場合でも集団訴訟に参加した依頼人には費用が請される。

【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E5%BC%81%E8%AD%B7%E5%A3%AB
ページ番号: 5353658 リビジョン番号: 2463646
読み:ベンゴシ
初版作成日: 15/07/24 21:50 ◆ 最終更新日: 17/02/27 13:23
編集内容についての説明/コメント: 記事のある弁護士一覧「ヒラリー・クリントン」追加
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

弁護士について語るスレ

244 : ななしのよっしん :2017/11/04(土) 04:21:39 ID: VUjGuOQP8d
弁護士はあくまで法律スペシャリストでしかないわな
社会正義執行者でも弱者や被害者の味方でもない
245 : ななしのよっしん :2017/11/04(土) 21:17:18 ID: 7lx0iCo6m+
実際の所、弁護士は依頼者の味方であって正義の味方ではない
依頼者が冤罪の疑いがあったりブラック企業に搾取されていた従業員なら正義の味方に見えるかもしれない(同様に検事も悪にも正義にも見えるだろうし)
そういう意味じゃ、あたかも正義の味方ように扱われる潮は問題だろうな
246 : ななしのよっしん :2017/11/13(月) 11:30:45 ID: 1yFr+vjoT8
>弁護士は依頼人の利益を最大化するための存在だぜ
じゃあ殺し屋は依頼人が殺したい人間を殺すための存在だから人殺しても構わないんだな?
日本刑事裁判の制度の問題で被害者は加者に賠償すら請できない(踏み倒しに対してだからね)から、殺し屋がやってることは問題ないって言えるか?

そもそも被害者への嫌がらせや脅迫、拠の隠滅だなんて正当化できるはずもないだろ。一体全体どういう訳で、犯罪者のために被害者へ嫌がらせや脅迫に加え拠の隠滅、口裏合わせに手を貸して犯罪者を野に放ちたがるに対して「こいつら犯罪支援者だな」って評価をしてはいけないんだ?どうして犯罪者の利益を最大化することを的とする人間に対して「配慮」しなくちゃいけないんだ?
247 : ななしのよっしん :2017/11/13(月) 11:38:56 ID: 1yFr+vjoT8
>>240
コイツが何を言いたいかマジで分からん…
単に弁護士の懲処分記録閲覧するだけで済むことだし、
が「こういう理由でもって弁護士システムクズほど繁栄する」という話してるのに「収入で負けてるは黙ってろ」って言うにどんな理屈があるんだい?

ちなみに刑事裁判において有罪判決の確率は99%以上。制度的にも的にも弁護士冤罪を防ぐなんか期待できないぞ。検察だって冤罪は防ぎたいからきっちり拠探して筋たてて起訴するわけだからな

ブラック企業に関しては弁護士ブラック企業導してるんだぞ?ブラック士業って聞いたことないか?まぁスーパーフリーも使った手口だけど、企業スラップ訴訟も顧問弁護士仕事の内だからなんのことはない、弁護士どうしでお互いの飯の種を融通しあってるにすぎないよ
248 : ななしのよっしん :2017/11/13(月) 11:57:21 ID: 1yFr+vjoT8
札幌レンガ法律事務所杉山 央とか言うのが話題になってたが、もし仮にタクシーで暴れるのが依頼人の利益になるならどうやって擁護するのかねぇ

「依頼人の利益(要は)のためならどんな汚いことでも気でやる」というお題を立なものだと信じ込んでる人がいるのは実際不思議だわ。大企業が「自らの利益のため」に社員に違法スレスレの労働を強いれば「弁護士がいないとブラック企業が~」とか言い出すのにね。
企業は「自らの利益のため」に動くものだが何をしてもいいわけではないだろ。それがとたんに弁護士になると制度が都合が悪いだとか収入があるからだとかの言い訳で正当化しようとしてるのはだわ

逆にどうやれば弁護士が全体として人格者だとか人君子だとかいう評価を下せるのか聞いてみたいわ。普通の人間なら「自分の都合のいいように法律の抜けを利用できる」人間が更に犯罪者の味方するなんて聞けば碌でもないことをしそうだと考えるもんだと思うが
249 : ななしのよっしん :2017/11/15(水) 23:08:58 ID: 7lx0iCo6m+
>>247
にはむしろ、自分の親でも殺されたの?というネット喩表現を使わざるを得ないくらいに弁護士の敵にしてる君が分からん
君が冤罪になったり民事で訴えられても弁護士に相談しないのならまだ理屈は通るけど
250 : ななしのよっしん :2017/11/15(水) 23:13:06 ID: VUjGuOQP8d
殺し屋に例えるのはいくらなんでも頭悪すぎないですかね

それに弁護士は総じて人格者とか言ってないし
資格を持ってるだけで他の人間となんも変わらん
251 : ななしのよっしん :2017/11/15(水) 23:18:50 ID: 7lx0iCo6m+
というか少なくとも現在日本じゃ
殺人法律違反だけれど、弁護士が弁護をする事自体は禁止されてないしね
弁護の方法によっては徳的に非難されたり、法律に抵触はするかもしれないけど
252 : ななしのよっしん :2017/11/25(土) 20:00:05 ID: +WgO+s8S2O
「こういうらに自分たちでブレーキを掛けられない」

問題ある人間をゼロにするなんて不可能なんだからあらゆる組織が腐敗していることになる
まあ実際問題のない組織なんてないけどその中で弁護士だけを取り上げての敵にするのはよくわからない
処分食らってるのも弁護士だけ見ても多いかどうかなんてわからんでしょ、全体に占める割合で他と較しないと
253 : ななしのよっしん :2017/12/08(金) 07:07:17 ID: O+NXSAYcpE
もしかして:私
の恨みをネットらした気になってる説
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス
電ファミwiki
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829