単語記事: 役不足

編集

役不足」とは、議論の種である。

用法1

「役不足」という語の正しい用例は以下の通りである。

この仕事は簡単すぎて、あなたには役不足かもしれませんが、どうか一つお願いします。

これは役者にたいして「あなたのようなすばらしい役者にこんな小さな役を演じさせて申し訳ない」という例が語源とされている。「人」に対して、「役」の方が不足している、という意味である。

しかし、近年ではこの用法は誤用により少なくなってきている。

用法2

最近増えてきた使われ方は以下のようなものである。残念なことに一般に広く浸透してきており、本項でも用法2と題してあるがれっきとした誤用である。

流川「てめーだけじゃ役不足だ」

(スラムダンク13巻 58ページ)

このように、「役不足」の「役」が、「役者」の「役」の意味に使われており、「役」に対して「人」の能力が不足しているという意味になっている。「役不足」の語が指す対象も、「仕事」から「人」に変わっており、結果的に意味が正反対になっている。「力不足」からの類推でこの用法が広まったという説もある。

この用法は広辞苑などの名だたる辞典には載っておらず、その意味ではこの用法は「誤り」である。
この場合は「力不足」を用いるべきである。 

しかし、文化庁の調査によれば近年は誤用である用法2の方を用いる人が本来の意味(用法1)を用いる人よりもわずかに上回っているという。(そのことはデジタル大辞泉にも記載されている)言葉は変化するものであるから、いずれこの用法が主流になる可能性も高い。とはいえ少なくとも現時点では誤用と見なされている以上、公の場や文章ではこの用法を使うべきではないだろう。

補足

忘れてはならないのは、言葉というのものは、有史以来、常に変動を続けているという事実である。

例えば、「犬も歩けば棒に当たる」という諺がある。

この語のもともとの意味は、「物事を行うと、思わぬ災いに遭うこともある」と言う意味であった。しかし、現在は、「やってみると思わぬ幸運に遭うこともある」という解釈が広まり、辞典には両方記載してある。

結局この語は、「犬が棒に当たるのが災いなのか幸福なのか」が時代によって解釈が変わっている。従って現在、「このどちらかの用方が絶対誤っている(正しい)」という主張に説得力が無いのは明らかだろう。

意外かもしれないが、日本語には逆の意味に変化した言葉も結構ある。「とても」という言葉も、本来は「とても~ない」と後ろに否定的な語句を繋げるものだったが、現代日本語では肯定的な語句をつなげても構わない。(もちろん辞書にも掲載されている)ほかにも、古語まで遡ると現代語と意味が逆になっているものも多々ある。

「役不足」も将来的には"意味が(正式に)逆転した言葉"の仲間入りを果たすかもしれない。

関連項目

  • こまけぇこたぁいいんだよ!!
  • 細かい事が大切です
  • 役者不足
  • 的を得る
  • 汚名挽回
  • 確信犯
  • 喧々諤々
  • 享年
  • 日本語の誤用
  • 誤用の多い日本語の一覧

【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E5%BD%B9%E4%B8%8D%E8%B6%B3
ページ番号: 4195714 リビジョン番号: 2009748
読み:ヤクブソク
初版作成日: 09/11/01 22:45 ◆ 最終更新日: 14/04/21 00:30
編集内容についての説明/コメント: 意味の逆転について追記
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

役不足について語るスレ

278 : ななしのよっしん :2016/06/22(水) 22:03:16 ID: XcRfZiSPhr
>>276
それもあるだろうが、別に相手を馬鹿にするのが主目的じゃない単なる知識披露のしたがりや、野暮な親切、お約束の流れだから、とかそんなんもあるだろう。
279 : ななしのよっしん :2016/11/06(日) 23:04:47 ID: ZKHWs8h6jf
>>277
何言ってんだよ。
「その人にふさわしい役ではない」って意味の言葉が消えるんだぞ?

そもそもの話、俺の考える役不足って言葉が誤用される背景ってのは使わないことがあると思う。
なんで使わないかって言えば、「その人にふさわしい役ではない」と説明すれば事足りるし、そもそも建前だらけの会話の中で、「役不足」なんていう役を考えた人を扱き下ろす(扱き下ろされてると勘違いしちゃう変な人がいるから避けた方がいい)ような言葉、使えないからだ。


そこに建前の害悪さがあると自分は思ってるんだけどそれは置いておいて、力不足との対比で役不足を考えればすんなり理解できると思うのだがどうだろうか?

力不足なんて言葉と意味がダブること自体、普通に考えておかしいだろ。「何か適当な言葉」+「不足」の形なんだから「力が足らない」ことを表す単語が2つあることがおかしい。あっても、完全一致するような意味じゃなくて包含関係の言葉になる筈だろ。

つか、説明すれば事足りるって言ったけ
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
280 : ななしのよっしん :2016/11/06(日) 23:10:35 ID: /JYqVzdfN3
>>275
だって事実としてそうやって定着した言葉はあんたが使ってるものも含めていくらでもあるもの…
281 : ななしのよっしん :2016/11/09(水) 06:02:32 ID: rDyWD50L7q
結局、(現実はともかく)創作上での一番正しい使い方は、誤用の方で使われることも誤用であるという認識がそれなりに広まっているということも前提とした、主人公たちの漫才というかちょっとした尺稼ぎな気が……
282 : ななしのよっしん :2016/11/22(火) 20:37:15 ID: PsPa25NRaq
>>279
健闘 奮闘 剛力 怪力 失礼 無礼 丁寧 丁重

ちろっと考えただけでも意味がダブる(近い)言葉はこんだけあるわけで。それだけを根拠にするのは弱い。
283 : ななしのよっしん :2016/12/13(火) 09:43:22 ID: l0WaPxPRJr
別に言われずとも正しい用法で理解して覚えていたのに、周りの賢ぶった人間らが「○○の使い方は誤用だ」だの「○○に使ってはいけない」だのうるさいせいで、使う際にいちいち誤用になってないか余計な頭の使い方しなきゃいけなくなった糞単語
284 : ななしのよっしん :2017/01/01(日) 12:36:26 ID: aWFKiF/zEC
早く死語になんねえかなこの糞単語
285 : ななしのよっしん :2017/01/01(日) 12:38:58 ID: 9deprTLLme
>>284
誤用する人間と、それを指摘する人間がいる限り
死語にはならないかも
286 : ななしのよっしん :2017/01/31(火) 18:54:11 ID: OHMLrtN+1g
誤用の方が利用度高くてイメージ的にもあっていて
それを分かった上で使っても容赦なく人格否定レベルの暴言が飛んで来るのがね
287 : ななしのよっしん :2017/01/31(火) 19:14:09 ID: LFH6O/Ih++
言葉は生きているというスローガンのもと誤用が定着しているのを見ていると、
「役」と「力」という対比のイメージがロクに定着してないんだなって思う。
この言葉自体よりそこが気になるわ。
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015