単語記事: 微妙

編集

微妙とは、言葉にしにくい何とも言えない良さを示す言葉である。

概要

もともと上記の通り使われていたのだが、後に良いとも悪いとも言いきれない際どい様や、「少し」「やや」という意味合いで使われることが一般的になった。
大抵の場合、「全否定するほど悪いとも言い切れないが、これよりもっと良いのがあるんじゃね?」といった、やや否定的なニュアンスが込められて使用されることが多い。

気軽にこの言葉を使うときには「ビミョー」などとのばし音をつけて言ったりする。

同音異義で「美妙」という褒め言葉にしか使われない言葉もあることを忘れずに。

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E5%BE%AE%E5%A6%99
ページ番号: 217840 リビジョン番号: 1618349
読み:ビミョウ
初版作成日: 08/06/08 20:01 ◆ 最終更新日: 12/08/27 23:51
編集内容についての説明/コメント: 概要を編集
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

微妙について語るスレ

35 : ななしのよっしん :2014/08/26(火) 19:34:23 ID: zM0gtbQvWF
いい意味でのきわどい感じは、「絶妙」って言葉がつかわれてる気がする。微妙だが
36 : ななしのよっしん :2015/07/12(日) 09:20:10 ID: MXf5qeUpVW
手元の辞書で調べると、美しさや味わいが何とも言えず優れているさま、と出てきた。
これに従って、例えば他人の作品等に「これは微妙である」と論評すると褒めたことになるわけなのかい?
37 : ななしのよっしん :2015/09/30(水) 20:16:00 ID: doICOED118
辞書ってのは必ずしも現実の用法を忠実に反映しているわけではく、
日本語の規範となるものだから、保守的に書かれるものなんですよ。
で、意味は元々の意味を先頭に、順々に生した意味が書かれていきます。
(それで対処しきれない需要から生まれたのが『現代用の基礎知識』の類)

まあ正直言って、文脈であるとか話者の表情であるとか、そういった処から
総合的に判断しないと、意味の判断がつきにくい場面もあるかも(cf. 適当)。
少なくとも、ポジティブな意味の微妙はまだ死語にはなっていないのですよ。

>>35
絶妙は「(少しの際どさもく)絶対的に巧みで優れている」ですね。
38 : ななしのよっしん :2015/10/20(火) 01:21:43 ID: I21X9cxUNx
娯楽作品の評価でこの言葉使うは8割信用しちゃいけない法則
39 : ななしのよっしん :2015/10/27(火) 18:23:32 ID: QAkp0K9252
本来の意味とは逆の意味が定着して、しかも後者の使い勝手がいいから日常会話でよく使われるってのは、「ヤバイ」の先輩的立場の単の気がする

「ヤバイ」を否定するのに微妙を元来の意味とは違う使い方をしているは、説得微妙だよ、なんて
40 : ななしのよっしん :2015/10/27(火) 18:31:57 ID: Xz339rZmk/
妙という漢字自体
褒め言葉として機しなくなってるからな
41 : ななしのよっしん :2015/11/13(金) 23:25:34 ID: dTQc1J8Jv1
微妙という言葉は使ってはダメだと婆ちゃんが言ってた
42 : ななしのよっしん :2016/03/09(水) 15:19:39 ID: OEPACkw+PM
絶妙 とか 妙技 という単があるように、褒め言葉でもあるんだけどね。難しいね
43 : ななしのよっしん :2016/07/09(土) 11:44:01 ID: ioLspWmDHM
「みみょう」と読むと仏教になるらしい。字も同じ。
44 : ななしのよっしん :2016/12/08(木) 21:03:39 ID: E6Q0JZCcZ9
上甚深微妙
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015