単語記事: 徳川秀忠

編集

徳川秀忠とは、(とくがわひでただ 1579-1632)は、戦国時代の武将で、徳幕府二代将軍。もっと評価されるべき人物である。

概要

1579年、徳川家康の三男として生まれる。母親はおの方(西郷局)。幼名は長丸(長とも)。

松平信康)は謀叛のかどにより1579年に切腹、次結城秀康)は豊臣へ養子へ行っていたため実質的な世継ぎとして扱われた。(しかし家康は迷っていた部分もあったらしく、譜代の臣らに「世継ぎはが相応しいか」と尋ねたりしている。この時秀忠を推したのは大久保忠隣だけだった)

関ヶ原の際には、榊原康政本多正信土井利勝・大久保忠隣などのそうそうたる面々の軍を与えられるも、真田昌幸・信繁(幸村)らの上田城攻めに手間取り、関ヶ原本戦に5日も遅参してしまった。家康激怒し、しばらくの間秀忠と対面することも許さなかったという。

関ヶ原に勝ったが幕府を開くと、その2年後には征夷大将軍に就任し、27歳で徳代将軍となる。が、元和二年(1616)に家康が亡くなるまでは家康が実質的な権を握っており「大御所政治」と呼ばれた。

慶長十九年(1614)に大坂の陣が起こると、今度こそ遅参すまいと全速で軍を大坂に急がせたため、逆に家康に叱責を受けた。秀忠は関ヶ原での恥をごうと考えており、強気な策を献策したが、その意見が容れられることはなかった様子。

大坂の陣が終わり、家康が死ぬと、今度こそ自身で政務を行う。武諸法度を制定し、大名・公家ともに取り締まり、江戸世界有数の都市になる礎を作った。
元和九年(1623)にはに倣って隠居し、嫡男・征夷大将軍とした。しかし幕府内での権は持ち続け、「大御所政治」を行っており、寛永三年(1626)には後天皇二条に行幸させることに成功。しかしこの上中に正室・お江江与)が死去している。

寛永九年(1632)、江戸西の丸にて死去。享年53

評価

上記の通り関ヶ原に遅参したこと、生涯を通して大した武勲を挙げたことがないこと、恐妻であったこと、父親が偉大すぎることなどから、とかく地味で、あまり注されることのい人物である。
が、公家諸法度・武諸法度を制定し、(家康には出来なかった)豊臣恩顧の大名を次々に易して幕府の基盤を固めたことは評価すべき点であり、決して「バカ息子」ではない。むしろ偉大すぎる父親に追いつこうとクソに頑っていたらしく、そんな点に人間らしさを感じたりする。

あまり知られていないが、実は家族関係の苦労がかなり多い。

  • であるおの方とは10歳で死別。同である松平忠吉28歳で亡くなっている。
  • 妻であるお江与(江)が非常に嫉妬深かったため、一度きりの浮気で出来た子(保科正之)には妻をはばかってかなり長い間対面しなかった
  • であるを不行跡のかどで易し、追放した。
  • 長女・千をわずか7歳で豊臣秀頼のもとにがせたが、19歳で大阪の陣に遭わせてしまった。
  • 次女・珠をわずか3歳で前田利常のもとにがせたが、24歳で珠は病死。
  • 三女・勝を甥・忠直(結城秀康息子)にがせたが、のちに忠直は乱心ののち勝を殺そうとしたため、これを隠居せしめ、勝江戸に引き取った。
  • 四女・初へ養女に出したのだが、初は若くして病死し、しかも夫である極忠高とは仲が悪く、初が死んだときに忠高は相撲見物をしていた。秀忠激怒し、初の葬儀を徳だけで行っている。
  • 嫡男である秀忠を嫌い、家康を尊敬していた。
  • ・忠長に不行跡のかどで居を命じる(秀忠の死後切腹した)。
  • 五女・和子を後天皇の中宮として入内させる。しかし後天皇には寵の女官がいたため、入内の際には一着あった。また天皇は幕府の朝廷への介入を嫌い、和子も幕府と朝廷の間にあってかなり苦労している。

そんな中でもめげずに頑った秀忠は、もう少し評価されるべきである。

そもそも今日秀忠の武将としての評価を貶める根拠となっている関ヶ原の遅参自体も、一概には秀忠の武将としての評価を落とすものとはいえない。

第一に、秀忠上田城を攻めた期間はわずか3日である。西軍に対して慣れない2000足らずで2週間保った鳥居元忠をはじめ、細川幽斎極高次の例をとっても籠側が3日間優位を保つのは当たり前である。

第二に、それでも幸は秀忠を素通りさせず上田に足止めさせたかもしれない。だがそれも家康上田城攻めを示していたともいわれているし、そもそも上田で足止めされていても、氾濫による使者の到着や行軍の遅れがければ秀忠に責任が帰される潮もかっただろう。

つまり秀忠は武将としても決して無能ではないのである。秀忠

子女

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E5%BE%B3%E5%B7%9D%E7%A7%80%E5%BF%A0
ページ番号: 4328497 リビジョン番号: 2210019
読み:トクガワヒデタダ
初版作成日: 10/04/05 18:50 ◆ 最終更新日: 15/05/25 02:26
編集内容についての説明/コメント: 関ヶ原の秀忠の弁解を記入
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

徳川秀忠について語るスレ

183 : ななしのよっしん :2016/07/11(月) 21:13:18 ID: 0ZgHz+K+Tc
岡田監督の言葉、「レンガをひたすら上に積んでいくことはできない。何処かで横に積まなければならない。ただ横に積む人は評価されない。それが出来るかどうかだ。」
多分秀忠は、煉瓦を横に積む大切さを理解し、それを黙々とできる人だったのだと思う。
184 : ななしのよっしん :2016/08/16(火) 19:51:29 ID: H3rWl/bBUH
>>182
人としては下泰の障は断固排除するけど、個人としては受けた恩義を忘れない、というスタンスは、器量のパフォーマンスにもなり、同時に、本質的には儀で訥な秀忠の性格とも合致してると思う。

卓越した軍才はなく、カリスマの点でか心もとない秀忠が諸大名を睥睨するに当たって、

下の(と称する徳の利益)には峻厳
・個人の私利私欲による恣意的な権乱用には自己抑制的

な為政者像を自身に課すのは分かる気がする。

なので、大義名分がないと動けない。
自分個人の名誉は二の次だが、徳下を乱すものは許さん、というロジックで、大名を容赦なく取り潰す「苛な為政者」という本心では嫌な役割を儀にこなしていたのだと感じる。
185 : ななしのよっしん :2016/08/17(水) 18:57:17 ID: t/aPs76R9x
実際、秀忠は人質時代に世話になった寧々とは子同然の間柄だったし、豊臣滅亡後も寧々の事を大切にしていたからね。秀吉はともかく寧々への敬意は確かなものだろうね。

自分の養女で茶々実妹である江をがせたり、将来孫(恐らく秀忠と江のがせるよう遺言を残したり、秀吉秀忠(=徳)を次代の豊臣一門に組み込もうと腐心していたのだろうか。
186 : ななしのよっしん :2016/09/14(水) 23:49:46 ID: hIVXJDv1Cz
歴史上の人物で産まれた時期が悪かった人物は多々いるけどこいつは稀有な産まれた時期がよかった人物だと思う。
もし戦乱まっただ中の時期に産まれてたらもっと評価は低かったかもしれん。
187 : ななしのよっしん :2016/10/04(火) 19:32:45 ID: 3g+yC2dneF
真田丸の予告で秀忠が「これは上の総仕上げではない、わしの総仕上げじゃ!」って言ってた
秀忠ラスボスっぽくて楽しみだ
188 : ななしのよっしん :2016/10/06(木) 09:47:45 ID: bb81jij3F8
戦国無双~真田丸~参戦おめでとうございます
アニメから一変イケメン化しててワロ
189 : ななしのよっしん :2016/10/07(金) 12:09:04 ID: CxHROMDBpP
無双おめでとう

壮年期ぐら渋すぎワロタwwwwwwww
おやじにちょっと似てる
190 : ななしのよっしん :2016/10/11(火) 00:37:13 ID: oqcvq/0X4H
無双の壮年期秀忠いいじゃん
191 : ななしのよっしん :2016/10/11(火) 06:59:19 ID: w+FGxC6J4g
親父が偉大すぎるだけで、この人も十分有能だよな
家康も良い息子に恵まれたものだ
192 : ななしのよっしん :2016/10/22(土) 18:35:40 ID: 2UR3rvyF3Q
秀忠のような人間が二代だったからこそ江戸幕府はあそこまで長く続いたと言える。初代では駄だ。あまりにも厳格・峻厳すぎるから。

もし秀忠家康の立場になって関ヶ原切り抜けたとしたら、秀忠の性格を考えると上杉毛利島津佐竹は全部易にしていた可性が極めて高い。島津なんか秀忠の場合そもそも交渉すら許さないんじゃないか。良くも悪くも秀忠は『敵』に本当に容赦しないから。そうなったら一体何が起こっていたか想像も出来ない。

家康が良くも悪くも甘くなあなあで済ませる妥協マンだったのが、関ヶ原に関しては軟着陸に寄与したように思う。三成ですら逃げ切ればなんだかんだ宇喜多みたいに一生軟禁で済んだんじゃないかって意見すらあるくらいだし。
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015