単語記事: 徳川秀忠

編集

徳川秀忠とは、(とくがわひでただ 1579-1632)は、戦国時代の武将で、徳幕府二代将軍。もっと評価されるべき人物である。

概要

1579年、徳川家康の三男として生まれる。母親はおの方(西郷局)。幼名は長丸(長とも)。

松平信康)は謀叛のかどにより1579年に切腹、次結城秀康)は豊臣へ養子へ行っていたため実質的な世継ぎとして扱われた。(しかし家康は迷っていた部分もあったらしく、譜代の臣らに「世継ぎはが相応しいか」と尋ねたりしている。この時秀忠を推したのは大久保忠隣だけだった)

関ヶ原の際には、榊原康政本多正信土井利勝・大久保忠隣などのそうそうたる面々の軍を与えられるも、真田昌幸・信繁(幸村)らの上田城攻めに手間取り、関ヶ原本戦に5日も遅参してしまった。家康激怒し、しばらくの間秀忠と対面することも許さなかったという。

関ヶ原に勝ったが幕府を開くと、その2年後には征夷大将軍に就任し、27歳で徳代将軍となる。が、元和二年(1616)に家康が亡くなるまでは家康が実質的な権を握っており「大御所政治」と呼ばれた。

慶長十九年(1614)に大坂が起こると、今度こそ遅参すまいと全速で軍を大坂に急がせたため、逆に家康に叱責を受けた。秀忠は関ヶ原での恥をごうと考えており、強気な策を献策したが、その意見が容れられることはなかった様子。

大坂が終わり、家康が死ぬと、今度こそ自身で政務を行う。武諸法度を制定し、大名・公家ともに取り締まり、江戸世界有数の都市になる礎を作った。
元和九年(1623)にはに倣って隠居し、嫡男・征夷大将軍とした。しかし幕府内での権は持ち続け、「大御所政治」を行っており、寛永三年(1626)には後天皇二条に行幸させることに成功。しかしこの上中に正室・お江江与)が死去している。

寛永九年(1632)、江戸西の丸にて死去。享年53

評価

上記の通り関ヶ原に遅参したこと、生涯を通して大した武勲を挙げたことがないこと、恐妻であったこと、父親が偉大すぎることなどから、とかく地味で、あまり注されることのい人物である。
が、公家諸法度・武諸法度を制定し、(家康には出来なかった)豊臣恩顧の大名を次々に易して幕府の基盤を固めたことは評価すべき点であり、決して「バカ息子」ではない。むしろ偉大すぎる父親に追いつこうとクソに頑っていたらしく、そんな点に人間らしさを感じたりする。

あまり知られていないが、実は家族関係の苦労がかなり多い。

  • であるおの方とは10歳で死別。同である松平忠吉28歳で亡くなっている。
  • 妻であるお江与(江)が非常に嫉妬深かったため、一度きりの浮気で出来た子(保科正之)には妻をはばかってかなり長い間対面しなかった
  • であるを不行跡のかどで易し、追放した。
  • 長女・千をわずか7歳で豊臣秀頼のもとにがせたが、19歳で大阪に遭わせてしまった。
  • 次女・珠をわずか3歳で前田利常のもとにがせたが、24歳で珠は病死。
  • 三女・勝を甥・忠直(結城秀康息子)にがせたが、のちに忠直は乱心ののち勝を殺そうとしたため、これを隠居せしめ、勝江戸に引き取った。
  • 四女・初へ養女に出したのだが、初は若くして病死し、しかも夫である極忠高とは仲が悪く、初が死んだときに忠高は相撲見物をしていた。秀忠激怒し、初の葬儀を徳だけで行っている。
  • 嫡男である秀忠を嫌い、家康を尊敬していた。
  • ・忠長に不行跡のかどで居を命じる(秀忠の死後切腹した)。
  • 五女・和子を後天皇の中宮として入内させる。しかし後天皇には寵の女官がいたため、入内の際には一着あった。また天皇は幕府の朝廷への介入を嫌い、和子も幕府と朝廷の間にあってかなり苦労している。

そんな中でもめげずに頑った秀忠は、もう少し評価されるべきである。

そもそも今日秀忠の武将としての評価を貶める根拠となっている関ヶ原の遅参自体も、一概には秀忠の武将としての評価を落とすものとはいえない。

第一に、秀忠上田城を攻めた期間はわずか3日である。西軍に対して慣れない2000足らずで2週間保った鳥居元忠をはじめ、細川幽斎極高次の例をとっても籠側が3日間優位を保つのは当たり前である。

第二に、それでも幸は秀忠を素通りさせず上田に足止めさせたかもしれない。だがそれも家康上田城攻めを示していたともいわれているし、そもそも上田で足止めされていても、氾濫による使者の到着や行軍の遅れがければ秀忠に責任が帰される潮もかっただろう。

つまり秀忠は武将としても決して無能ではないのである。秀忠

子女

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E5%BE%B3%E5%B7%9D%E7%A7%80%E5%BF%A0
ページ番号: 4328497 リビジョン番号: 2210019
読み:トクガワヒデタダ
初版作成日: 10/04/05 18:50 ◆ 最終更新日: 15/05/25 02:26
編集内容についての説明/コメント: 関ヶ原の秀忠の弁解を記入
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

徳川秀忠について語るスレ

171 : ななしのよっしん :2015/09/06(日) 18:45:53 ID: eICGMK7N9S
SAMURAI DEEPER KYOではメインキャラだったんだぜ…
172 : ななしのよっしん :2015/11/02(月) 11:19:52 ID: gTSfmzVmLQ
武将というより安定感のある政治家みたいな印
173 : ななしのよっしん :2016/01/07(木) 14:02:39 ID: ztnGluO08x
初代が偉大すぎると頑っても埋もれるのはどこも同じだし…
アウグストゥスの次の皇帝誰?って大半はなる
174 : ななしのよっしん :2016/01/15(金) 18:44:35 ID: yfRMYzUU5U
へうげの秀忠が人間味もあるし、家康暴走し始めたのに反例して成長著しく、へうげ秀忠なら豊臣御せるんじゃね?と思わせる人間に成長しつつある
175 : ななしのよっしん :2016/01/19(火) 01:15:20 ID: 8bCu4fZ/IS
関ヶ原遅参自体は相当不運なだけなんだけれど、世界史の武80↑の武将なら岐阜陥落の知らせが届いた時点で動いてるだろうな
まあそのタイミングでは間に合わないんだけどもw
176 : ななしのよっしん :2016/04/13(水) 21:52:45 ID: Nov7N5HltL
>つまり秀忠は武将としても決して無能ではないのである。秀忠
関ヶ原は確かに仕方ないが、大坂は弁解の余地がないぞw
なんというか、秀忠は持って生まれた軍事センスを全く感じないし、名誉挽回で焦って家康の忠告聞かないし、軍人として大事なことが根本的に抜け落ちてるように思う。
177 : ななしのよっしん :2016/05/02(月) 14:53:04 ID: +r6isGRZqw
大坂駆けは、軍事上の常や堅実よりも政治上の必要なパフォーマンスを優先した結果じゃないかな?
将軍がこれだけの急行軍で上したのだから、他の諸大名も大急ぎで上方に行かないと不味いという「空気」を作り上げて、豊臣方や内心迷ってる一部の大名に時間的猶予を与えない政略。秀忠という人は徹頭徹尾「政治家」だからこそ、事態が長引けば長引くほど豊臣方に優位が生じると判断してあの急行軍を強行のでは?
178 : ななしのよっしん :2016/05/05(木) 12:18:23 ID: Nov7N5HltL
もしそうだったら余計に軍人としちゃダメだろう。政治パフォーマンスのために軍事の常を外すのはあかんパターンですよ。
時間的猶予をなくすなら、なおさら着到後すぐにでも臨機応変で動けるよう常識的か、せいぜい少し速いぐらいのペースでいかなきゃならない。しかも家康隊が先行してる状況で6万を全軍急がせなきゃならないなんてことはないわけで。
あとこれが一番問題なんだけど、家康直々に「急がんでいい」といってるにも関わらず視したこと。秀忠軍事実績はないどころかマイナスなんだから本当に名誉挽回したければ妙にしなきゃいけかった。それが分からん歳でもないだろうに自分の判断を優先してるのがなぁ。
179 : ななしのよっしん :2016/05/07(土) 01:45:32 ID: 2UR3rvyF3Q
あの一件は、家康が最も秀頼に対して甘い穏健で、秀忠が最も秀頼に対して厳しく苛な強硬であるという政治事実も忘れてはいけないと思う。

家康が先行しているという事は、秀忠に隠れて密かに豊臣に対して甘い条件で和交渉を進める可性があるという事を意味する。実際の終わりには、秀忠に極秘で和交渉進めて、それが露見した際に秀忠激怒して家康の所に殴り込んだ訳で。その後のでは秀忠家康から一切の外交権を取り上げている事から、家康秀忠は対豊臣外交の導権を巡ってかなり熾な暗闘をしていたと見るのが自然

秀忠に言わせれば家康の『もっと遅くてもいい』という言葉は、裏で和交渉進めているからく来られたら不都合なのでは? という疑心暗鬼を招く言葉だったのではないか。

つまり秀忠のあの行動は名誉欲から来る暴走なのではなく、自分の政治的都合、外交の導権争いから来る暴走だった、というのが今の自分の仮説。
180 : ななしのよっしん :2016/05/28(土) 18:00:15 ID: jKekeqOEcd
い着眼点だな
まあ確かに秀忠にとっては秀頼の首を飛ばすことは将来のための最重大事で、その割に家康は割と秀頼に甘い
事実では「大阪事実上の敗北」でなく、秀頼当人からは人質も取らず本領も安堵して緒将のにも詰めさえ切らせないという「本物の和議」を結んでいて、秀忠慢できなかったのも当然の話
そんな家康の意に反して急ぐのは当然と言われれば、そうかもしれない
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015