単語記事: 徳川秀忠

編集

徳川秀忠とは、(とくがわひでただ 1579-1632)は、戦国時代の武将で、徳幕府二代将軍。もっと評価されるべき人物である。

概要

1579年、徳川家康の三男として生まれる。母親はおの方(西郷局)。幼名は長丸(長とも)。

松平信康)は謀叛のかどにより1579年に切腹、次結城秀康)は豊臣へ養子へ行っていたため実質的な世継ぎとして扱われた。(しかし家康は迷っていた部分もあったらしく、譜代の臣らに「世継ぎはが相応しいか」と尋ねたりしている。この時秀忠を推したのは大久保忠隣だけだった)

関ヶ原の際には、榊原康政本多正信土井利勝・大久保忠隣などのそうそうたる面々の軍を与えられるも、真田昌幸・信繁(幸村)らの上田城攻めに手間取り、関ヶ原本戦に5日も遅参してしまった。家康激怒し、しばらくの間秀忠と対面することも許さなかったという。

関ヶ原に勝ったが幕府を開くと、その2年後には征夷大将軍に就任し、27歳で徳代将軍となる。が、元和二年(1616)に家康が亡くなるまでは家康が実質的な権を握っており「大御所政治」と呼ばれた。

慶長十九年(1614)に大坂の陣が起こると、今度こそ遅参すまいと全速で軍を大坂に急がせたため、逆に家康に叱責を受けた。秀忠は関ヶ原での恥をごうと考えており、強気な策を献策したが、その意見が容れられることはなかった様子。

大坂の陣が終わり、家康が死ぬと、今度こそ自身で政務を行う。武諸法度を制定し、大名・公家ともに取り締まり、江戸世界有数の都市になる礎を作った。
元和九年(1623)にはに倣って隠居し、嫡男・征夷大将軍とした。しかし幕府内での権は持ち続け、「大御所政治」を行っており、寛永三年(1626)には後天皇二条に行幸させることに成功。しかしこの上中に正室・お江江与)が死去している。

寛永九年(1632)、江戸西の丸にて死去。享年53

評価

上記の通り関ヶ原に遅参したこと、生涯を通して大した武勲を挙げたことがないこと、恐妻であったこと、父親が偉大すぎることなどから、とかく地味で、あまり注されることのい人物である。
が、公家諸法度・武諸法度を制定し、(家康には出来なかった)豊臣恩顧の大名を次々に易して幕府の基盤を固めたことは評価すべき点であり、決して「バカ息子」ではない。むしろ偉大すぎる父親に追いつこうとクソに頑っていたらしく、そんな点に人間らしさを感じたりする。

あまり知られていないが、実は家族関係の苦労がかなり多い。

  • であるおの方とは10歳で死別。同である松平忠吉28歳で亡くなっている。
  • 妻であるお江与(江)が非常に嫉妬深かったため、一度きりの浮気で出来た子(保科正之)には妻をはばかってかなり長い間対面しなかった
  • であるを不行跡のかどで易し、追放した。
  • 長女・千をわずか7歳で豊臣秀頼のもとにがせたが、19歳で大阪の陣に遭わせてしまった。
  • 次女・珠をわずか3歳で前田利常のもとにがせたが、24歳で珠は病死。
  • 三女・勝を甥・忠直(結城秀康息子)にがせたが、のちに忠直は乱心ののち勝を殺そうとしたため、これを隠居せしめ、勝江戸に引き取った。
  • 四女・初へ養女に出したのだが、初は若くして病死し、しかも夫である極忠高とは仲が悪く、初が死んだときに忠高は相撲見物をしていた。秀忠激怒し、初の葬儀を徳だけで行っている。
  • 嫡男である秀忠を嫌い、家康を尊敬していた。
  • ・忠長に不行跡のかどで居を命じる(秀忠の死後切腹した)。
  • 五女・和子を後天皇の中宮として入内させる。しかし後天皇には寵の女官がいたため、入内の際には一着あった。また天皇は幕府の朝廷への介入を嫌い、和子も幕府と朝廷の間にあってかなり苦労している。

そんな中でもめげずに頑った秀忠は、もう少し評価されるべきである。

そもそも今日秀忠の武将としての評価を貶める根拠となっている関ヶ原の遅参自体も、一概には秀忠の武将としての評価を落とすものとはいえない。

第一に、秀忠上田城を攻めた期間はわずか3日である。西軍に対して慣れない2000足らずで2週間保った鳥居元忠をはじめ、細川幽斎京極高次の例をとっても籠側が3日間優位を保つのは当たり前である。

第二に、それでも幸は秀忠を素通りさせず上田に足止めさせたかもしれない。だがそれも家康上田城攻めを示していたともいわれているし、そもそも上田で足止めされていても、氾濫による使者の到着や行軍の遅れがければ秀忠に責任が帰される潮もかっただろう。

つまり秀忠は武将としても決して無能ではないのである。秀忠

子女

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E5%BE%B3%E5%B7%9D%E7%A7%80%E5%BF%A0
ページ番号: 4328497 リビジョン番号: 2210019
読み:トクガワヒデタダ
初版作成日: 10/04/05 18:50 ◆ 最終更新日: 15/05/25 02:26
編集内容についての説明/コメント: 関ヶ原の秀忠の弁解を記入
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

徳川秀忠について語るスレ

191 : ななしのよっしん :2016/10/11(火) 06:59:19 ID: w+FGxC6J4g
親父が偉大すぎるだけで、この人も十分有能だよな
家康も良い息子に恵まれたものだ
192 : ななしのよっしん :2016/10/22(土) 18:35:40 ID: 2UR3rvyF3Q
秀忠のような人間が二代だったからこそ江戸幕府はあそこまで長く続いたと言える。初代では駄だ。あまりにも厳格・峻厳すぎるから。

もし秀忠家康の立場になって関ヶ原切り抜けたとしたら、秀忠の性格を考えると上杉毛利島津佐竹は全部易にしていた可性が極めて高い。島津なんか秀忠の場合そもそも交渉すら許さないんじゃないか。良くも悪くも秀忠は『敵』に本当に容赦しないから。そうなったら一体何が起こっていたか想像も出来ない。

家康が良くも悪くも甘くなあなあで済ませる妥協マンだったのが、関ヶ原に関しては軟着陸に寄与したように思う。三成ですら逃げ切ればなんだかんだ宇喜多みたいに一生軟禁で済んだんじゃないかって意見すらあるくらいだし。
193 : ななしのよっしん :2016/12/11(日) 22:11:44 ID: SIy8LB4IVJ
ただまあ逆に、家康息子で二代だからこそ、厳格になったのではないか、と言う気もする。
194 : ななしのよっしん :2016/12/16(金) 13:53:18 ID: 6uNr0yvurX
上は甘すぎる!」

戦功こそないものの、二代としての成長もしっかり描かれたな
195 : ななしのよっしん :2016/12/21(水) 14:06:50 ID: 0yGQarLKAi
日記秀忠の気性というより秀忠の側近たちの峻厳さが分かる話が載ってる
老臣の忠が秀忠の側近たちに贈り物をしたところ、「こんな高価な物は受け取れない」と送り返されてしまった
忠は賄賂を贈ったつもりはなく、人付き合いでは相手と互いに物を贈り合う、互いに食事の席に招くという当時の慣習を実践しただけだった
日記は日々の出来事が淡々とられた日記なのだが、この日の記述には忠の困惑が混じってる
この出来事は忠の生前、豊臣秀吉下人だった時期なので秀忠はもちろん将軍に就任していないのだが、その頃から秀忠というか秀忠の周りはそんな感じだったのかもしれない

江戸時代には黒田長政秀忠側近で老中の土井利勝と親交を結ぼうとして拒否られた話がある
196 : ななしのよっしん :2016/12/26(月) 11:38:21 ID: QNJzKu0ZJZ
>>195
秀忠の逸話とか見るとすごい清廉で生な人物像だけど近くで仕えると息苦しそう


197 : ななしのよっしん :2017/01/04(水) 15:00:45 ID: bELJmElHZr
>>192
そのIfはちょっと興味深いな。
島津易しようとしたら当然あの武で抵抗するだろうし、そもそも薩摩本土までの距離を考えると兵站が維持できそうもないしなあ。
となると、島津日本から全に断絶して琉球を征した「薩摩琉球」として、独立となっていったりするのかも。

あの創業の時期には、確かに秀忠式の峻厳さはかえって失敗しそうだな。
198 : ななしのよっしん :2017/01/15(日) 17:43:02 ID: uHpTdC2PAo
まあ、それも含めて「武将としてイマイチ」なんだろう。
199 : ななしのよっしん :2017/01/18(水) 02:26:19 ID: Y6AwBnL+4L
上杉征伐の一因となった秀忠が関わってたことだから、上杉はどうだろうな
ところでたまに秀忠頭で戦う武将で遺も戦傷でボロボロって話を聞くんだけど、調を行なった鈴木尚氏の著書にはそんな話はないらしんだよね
どっから出てきた話なんだろう
200 : ななしのよっしん :2017/05/10(水) 17:06:24 ID: ENQlmhlYxj
>>199
る 徳将軍・大名の人びと 鈴木尚 1985 東京大学出版会
にきちんと記述されてますよー
問題なのはそれ以外に記述がないことだけど
傷がついていたのは後背部らしいのでおそらくは退却の際にくらったものでしょうな
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015