単語記事: 性同一性障害

編集
医学記事 ニコニコ大百科 : 医学記事
※ご自身の健康問題に関しては、専門の医療機関に相談してください。

性同一性障害(せいどういつせいしょうがい)とは、心と体の性別が一致しないことである。Gender Identity Disorderを略してGIDとも言う。

概要

心と体の性別が一致しない人間が一定確率で産まれて来る。今日日本では保護されるべきマイノリティとして扱われているようで性別適合手術などを経て裁判所が認めれば戸籍上の性別を変えることも可となっている。現代医学では染色体レベルでの性別適合手術は不可能で性器にメスを施したりして希望する性の形に変えるだけである。全な治療方法はい。
なお、GIDの治療を的とした手術について、日本経学会では「性別適合手術」というを正式名称として用いているが、テレビ局等のマスコミでは「性転換手術」と誤った言葉が使用されていることが多い。

MtFの治療(男性型から女性型へ)

正当なガイドラインを踏むなら精科医の先生と相談しながらGIDと診断してもらうのが一般的である。それから女性ホルモン投与という形になるので、ホルモンバランスや肝機を定期的に検してくれる病院で行なうのが望ましいが保険が効かず高額になるので、インターネット女性ホルモンを含むの輸入代行の業者に注文する人も少なくいようだ。男性ホルモンの分泌を抑えるためには期に去勢するのが良いとされるが、去勢により陰嚢の皮膚が収縮してしまうと性別適合手術の時に材料が足りなくなるということもあるらしい。
男性として慢しながら妥協して生きる人、女性ホルモンによって女性化して満足する人もいれば、性別適合手術までしないと納得できないという人も居るようだ。
最後の砦となる性別適合手術は海外で行なうのが一般的で、日本べて物価が安く性別適合手術が盛んで技術が高いタイを選択する人が多くなっている。
もちろん性別適合手術をしても子供を産むことも出来ないし、女性としての幸せが望める保障はどこにもない。性適合手術後に自殺するケースも少なくいようだ。

FtMの治療(女性型から男性型へ)

正当なガイドラインを踏むなら精科医の先生と相談しながらGIDと診断してもらうのが一般的である。それから男性ホルモン投与という形になるが月経が止まるくらいまで男性ホルモンの濃度を高くしたほうが精的な安定が望めるらしい。ヒゲが生えたり筋肉の付きが良くなって少しずつ自分を取り戻せて行くが、第二次性徴期に成長してしまった乳房は小さく成らないので理解のある病院で切除してもらうしかない。
男性ホルモンをいれることでクリトリスが肥大化するが個人差がある。人によっては勃起したクリトリスを別の女性の膣に挿入することも可になるらしい。最後の砦となる性別適合手術になると大掛かりになり、手術を何回かに別けて段階的にペニスを形成していくようだ。性適合してももちろん射精は出来ないし満足セックスを行なえる保すらない。

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E6%80%A7%E5%90%8C%E4%B8%80%E6%80%A7%E9%9A%9C%E5%AE%B3
ページ番号: 2782254 リビジョン番号: 1484169
読み:セイドウイツセイショウガイ
初版作成日: 09/04/13 09:08 ◆ 最終更新日: 12/03/29 03:41
編集内容についての説明/コメント: うむ
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

性同一性障害について語るスレ

96 : ななしのよっしん :2014/11/21(金) 23:59:32 ID: xwlcD/2bT2
>>70 >>94
自分がそういう状況にされてもそんなことが言えるんだろうか…

はどちらかというと>>63と同じ場合かな。
ホルモンでも手術でもいいからできるなら今すぐでも
受けて違和感を消したい方ではあるがね。

MtFの知り合いは居ないのでよく分かんないけど
FtMは上の皆さんが言う通りGID気取りのメンヘラ偽者
どんどん増えてる訳で大変だとは思ってる。

まあ成長に中二病は通過儀礼だろうとできるだけ
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
97 : ななしのよっしん :2014/12/12(金) 21:01:25 ID: aUVddzGnTl
>>93
ときどき思い出すのだが
社会的・外科的にの構造から性自認が判別できるようになったら
該当者はうれしいのだろうか
少なくとも ここを書き込みしている人の範囲内では
できれば当事者の専門的な話も聞きたい
実際得られる情報は制限がある
98 : ななしのよっしん :2014/12/17(水) 01:27:31 ID: aUVddzGnTl
>>79 >>80
イノリティなだけ、相対的なものとか、異常でないというけど
「自分の体の性が心に対して裏切っている」という苦しみなわけで
人口率でメジャーになっても幸せになれるものじゃないよね?
の文脈でるのは分かるけど、
イノリティの権利みたいにるのはおかしくないか?
観察の結果、「XXの身体を自分が持っているはずだ、そのジェンダーだと思う。」”しかし実際には身体はXYだ”
というのはやっぱりエラー病気と呼ぶと思うのだけど…

んと、今の技術だと身体性をの性に合わせる治療しかできないけど、
の性を身体性に合わせる物開発も進むだろうし、
そのときの性の方を合わせたいと思う個人もいるのかな?
で、子供のが性分化(疾患)だとわかった時に親が(正常な)性分化を促す物投与を受けさせることができるかってのに関わってくると思う
99 : ななしのよっしん :2014/12/22(月) 03:39:37 ID: dqYAhz9DFZ
>>98
何を曲解したのか知らないけど自分はマイノリティの権利なんて一言も言ってないし(そもそも権利って何だ?)、
って言葉を嫌がる当事者もいるけど自分は普通に障だと思ってるよ。但し「◯◯の身体を自分が持っているはずだ、そのジェンダーだと思う」のはGIDへの正しい理解とはいえないけどね
 あと、人を自分で勝手に作ったイメージやカタにはめてものを考える癖やめた方がいいよ
君だって男だからとか女だからとかでいちいち括られるの好きじゃないでしょ?

自分のの性を変えたいなんてGID当事者はまずいないと思うよ。だって自殺とほぼ同義ですよそれ
いるとすれば、極端に自己否定的な考えに陥っている場合ぐらいだろうね
今のGID治療が心やではなく体の性を変える方向で進めていく理由として、もちろん技術的な面はある
でも倫理的に許されないからという面もあるんだよ
ロボトミー検索してみればをいじる事がいかに恐ろしい事かわかるよ
理解してるのかわからないけどの性を変えるって事
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
100 : ななしのよっしん :2014/12/31(水) 20:13:32 ID: aUVddzGnTl
まずレスありがとう
ごめんレスつけのせいで>>80にのみいているような形になった >>80はマイノリティの権利の話ではないです
GIDの方に対して「価値観や人生観は相対的なもの!」といっても慰めにすらならないんじゃないかと思うことがあって
「◯◯の身体を自分が持っているはずだ」までで十分でジェンダーは関係?…そこは医術書を読もう自分
一応「GIDの人」というカタの人がいるとは思っていないけど、そういう思考癖はある、
一方で少なくとも障に向き合うならそのパターン化とか観察は要ると思う

の話はやっぱり、現状、当事者はまずいない、か
未来の内科の方向で話してたけど、精外科は、確かに難しそう
また書くにしても外科側も読んで書きます
101 : ななしのよっしん :2015/01/02(金) 20:34:00 ID: dqYAhz9DFZ
>>100
探究心のある方はむしろ有難い存在です
自分の体への感覚を正確に言葉で表現できれば楽なんだけど
それに仮に方の描くイメージにそう大きなズレがなかったとしても言葉の選び方一つで意味が変わってくる事だってある
何が言いたいのかというと「~ジェンダーだと『思う』」と表現すると統合失調症パーソナリティなど他の精者まで含まれてしまう可性があります
なぜならそうした人たちの中には妄想でそう「思う」事はあるらしいから
私はMtFですが自分を女だと思うよりは「これが男とかないわ」という感じ。体の性別への違和感が先

私のような人間はよく質問に遭う事が多いけど逆にGIDでない人たちに聞きたい事がある
よくある表現だけど、私は自分の体をで見る時など男性着ぐるみでも着ているような感じだった。対して普通の人はやはり自分の体の性別がしっくりくるのだろうか
二次性徴時、自分のや体つきが変わっていく時、恐怖や嫌悪感はなかったのか。むしろ変わっていく事が嬉しかったりしたのだ
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
102 : ななしのよっしん :2015/01/22(木) 17:43:43 ID: SzODYKmjWo
性別を体に合わせるアプローチっていうのは昔あったんだけど、これはどうもうまくいかないらしいっていう経験則があります。
かつては同性愛の「治療」と称して拷問まがいのことが行われていたし、性違和に関しても似たような措置が取られたであろうことは十分考えられますね。

いち当事者として身の上を少し話すと、体に変化が出てくるたびに、「これで諦められるんじゃないか」と思ってたけどやっぱり諦めることはできなくて、結局も買い替えてフライングもしてます。身体に裏切られている感じがしてもう耐えられなかったので…
※ジェンクリは察しのついてた方にカムアウトして紹介してもらったので行ってきます。

そういうわけで、直接触れない「当人の心持ち」を変えるのはすごく難しいと思いますよ。
103 : ななしのよっしん :2015/02/20(金) 21:44:52 ID: Un/mSQ/KNF
他の精疾患が治るまで治療に取り掛かれないのは、大切なんだろうけど辛い
性別の違和感が強くてうつ状態になってたから対応してる精科にいったら境界性人格障害だから寛解するまで待てとのこと。
環境アレだったし当てはまる部分も多いけど待てる気がしない。
性同一性障害単独でも抑うつ、自傷、希死念慮の精疾患ほとんどにある症状出るからどうやって鑑別するんだろう。
104 : ななしのよっしん :2015/03/12(木) 13:39:11 ID: wBBI4WsJ/K
記事について
性同一性障害」を「性同一性障がい」に表記を変えませんか。
あと、医療業界と報道業界では「性別違和」に呼称が変えられているので、それも反映してもらえませんか。

追記お願いします
・自分の体に違和感を覚えるのが 性同一性障害
女装願望があるのが オカマ
・異性に性欲を抱くのが ゲイレズ
105 : ななしのよっしん :2015/03/13(金) 03:21:13 ID: dqYAhz9DFZ
私は反対の立場ですね。字面をひらがなに変えようが「」にしようが意味は同じである以上ただのおためごかしのような気がしてなりません
だって他の「(身体などの)障者」という言葉のイメージはそこまで悪いのでしょうか
失礼ながら「障者と一緒にするな!」という思いがどこかにないですか?
性別違和にしても「医学界では性同一性障害からこう呼称が変わった」という説明をつける程度ならいいと思うけど、そもそも現実に即した呼び名じゃないし

あと、最後の三行はあまりに雑すぎでしょう
・まず上の「性別違和」と重なりますが自分の体に違和感を覚える全ての人が性同一性障害とは限りません
オカマは「女っぽい男性」という意味を含む侮蔑・罵倒であって女装願望のあるなし関係ないです
・最後の行はミスも混じって大変な事になってますね
「性自認からみた同性に性欲または恋愛感情を抱くのはゲイレズビアン」とした方がまだ難では?
性同一性障害という呼称に経質になるならそれ以上に他のセクマイの表現にも気をつけるべきだと思
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015