単語記事: 恋染紅葉

編集  

恋染紅葉とは作マガジンっぽいが週刊少年ジャンプで連載していた漫画である。 

原作坂本次郎 作画ミウラ タダヒロ

概要

2012年9号に掲載した読み切りが好評だったらしく、2012年23号にて連載が始まる。舞台は鎌倉赤面症で庸な少年葛城翔太はある日、写真を撮ってくれと頼んできた美少女之宮紗奈に一惚れしてしまう。後に紗奈の連ドラ恋染紅葉』の演に抜された将来有望な若手女優である事を知った翔太はどうしたものかと苦慮する。読み切りと連載とで微妙キャラの名前やデザインに変更がある。
この作品の連載がスタートした事によりジャンプラブコメ連載magicoニセコイパジャマな彼女。を含めて合計四つとなり、ジャンプラブコメ戦国時代を迎える事となる。これはバトル漫画流のジャンプにしては異例のラブコメ豊作である。単行本の売れ行きは発売日の翌日に重版が決定するぐらい好調だったのだが如何せん掲載順位が芳しくなく、連載開始からわずか半年程で打ち切りとなる。しかし最終巻には40ページの描き下ろしが追加されるなどジャンプの短期打ち切り漫画にしては破格の待遇を受けている。

登場人物

葛城翔太(かつらぎ しょうた
エロゲーでよくいる典的な食系ヘタレ主人公赤面症で手。ラブコメ主人公なので当然ラッキースケベを標準装備している。小学生の頃に由いじめっ子に上履きを隠された時には、人知れず黙々と上履きを捜索する心優しい男。ひょんな事がきっかけで紗奈に役作りのために人役を頼まれる事になる。特技は波打ち際で会いたいよ…紗奈ちゃん!!」と蛮り上げる事。甲種一級フラグ建築士資格を保有している。
之宮紗奈(しのみや さな)
ヒロインその1。役作りのために鎌倉に引っ越してきた仕事熱心な若手女優。おしとやかで清純な美少女だが、監督に「クランクインまでに恋愛してみせる。」という旨の啖呵を切るなど、見かけによらず負けん気が強く行動のある翔太辺で会いたいよ…紗奈ちゃん!!」と絶叫しても決してドン引きしない優しい子供の頃から演技の稽古や修業ばかりしていた箱入り娘なので、世間の常識をあまり分かっていない。翔太に惚れていると自覚した直後に翔太小鳥告白している場面を撃して失意する。あと制服がぴっちりしてて何かいやらしい。また素晴らしい絶対領域の持ちでもある。
七里由(ななさと ゆい
ヒロインその2。小学生時代の翔太同級生であり初恋の相手でもある。当時は大人しい印少女であったが、幾年の空白期を経て再び翔太の前に姿を現した由は、セクシーグラビアアイドルへと変貌していた。ドラマ紗奈と共演している。芸名は「ナナ」。人を憚らず、肌を露出してセクシーポーズをする痴女どうしてこうなった
春日小鳥(かすが ことり
ヒロインその3。です・ます調の腹黒金髪ツインテール。旬のアイドルユニット7ドロップスのセンターキープしている売れっ子アイドルで、音楽ラジオなど多方面で才を発揮している。表面上は良い子に見えるが、その実態はに一物ある食わせ者でドラマ演の紗奈を蹴落とそうと画策している。ラブコメ名物顔面騎乗翔太争奪レースに鮮デビューを飾る。実は胸と同じくらいが貧しく借もある模様。達を養うために日々アイドル業に勤しんでいる日向小次郎並の苦労人。7ドロップスで一番人気があるので他のメンバーからは妬まれていじめられている。実は翔太より年上で免許も取得している。
音(うみね)
サバサバした女。
義孝(よしたか)
翔太幼馴染メガネをかけた狡猾な男で、自らの愉悦のために翔太をたきつけて紗奈に猛アタックさせるも、後になって翔太紗奈人の練習相手を依頼されたのを知って号泣する。春日小鳥の大ファンで、翔太小鳥フラグを立てるのを危惧している。
葛城莉子(かつらぎ りこ)
翔太LOVEを匂わせる言動が度々立つ。紗奈と同じ学校に通っていて紗奈に憧れている。学校の寄宿舎に住んでいる様子。寮生活をやめて自宅から通学しようか思案している。翔太小鳥に脅迫されている間は翔太の代わりにバイトに勤しんでいた。
京子(ほし きょうこ
紗奈の過保護で厳格なマネージャー紗奈を溺愛している。そのため人役の翔太を敵視していて、紗奈翔太の関係にも難色を示している。実は元々女優だったらしく、18歳までは恋愛禁止という事務所の掟に辛めていたらしい。メガネスーツというキャリアウーマンのような貌をしている。年齢不明。紗奈妄想をする危険なドSBBA
パパ(うみねパパ
スキンヘッドに荒々しいヒゲを生やす、筋々とした巨で、バイオハザード4中ボスの村長のような容貌をしている。音の実にしてUMINE」の店音の事を盲愛している親バカ。見た通りの筋肉バカで、その身体の高さを駆使して翔太水着をズリ下ろし、紗奈の網膜に翔太の恥部を焼き付けるという快挙を成し遂げる。
桐生亜佐美(きりゅう あさみ
「7ドロップス」のメンバー小鳥いじめ犯。元々は7ドロップスのトップだったのだが小鳥の台頭で頂点の座を失墜してしまい、その私から小鳥いじめるようになった。お嬢様口調で美しい面貌だが時折邪悪な微笑みをうかべる。小鳥携帯電話に投げ捨てるなどの活躍を見せる。

関連静画

関連商品

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E6%81%8B%E6%9F%93%E7%B4%85%E8%91%89
ページ番号: 4884637 リビジョン番号: 2322765
読み:コイソメモミジ
初版作成日: 12/05/10 13:44 ◆ 最終更新日: 16/02/08 23:02
編集内容についての説明/コメント: 「関連項目」に「ミウラタダヒロ」「ゆらぎ荘の幽奈さん」を追加しました。
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

恋染紅葉について語るスレ

121 : ななしのよっしん :2013/12/22(日) 11:04:17 ID: gOzoJOfJm1
>>120
不器用ちゃん を推させて頂こう!
122 : ななしのよっしん :2014/01/11(土) 19:00:55 ID: W2Ihqa/PSO
次回作とされる読切が今週のジャンプに出てきて恋染紅葉を思い出したので、単行本全部買って読み直してみた。
やっぱり純愛物は良いねえ、こういう終わり方も悪くはないのだけどもう少し続いて欲しかった
123 : ななしのよっしん :2014/01/12(日) 05:16:07 ID: K+cir/jU0/
でもあんまり長くしすぎるとだれるのはに見えてた気がするし、は適正だったかな…って思う
124 : ななしのよっしん :2014/04/18(金) 23:45:46 ID: fbHJicJMip
傍若人なヒロインが登場する作品で、そいつの庭の事情やら裏で苦労してる事やら描いて「こいつは嫌味なだけのじゃないんですよー(だから憎まないで下さいねー)」みたいな作品はよく見る。
小鳥貧乏人だと判明した時は「ああ、またこのパターンか」と呆れたもんさ。

…だがこの作品は違った。主人公やサナ達に働いた悪事を、ちゃんと「謝らせて」いる。
苦労している事と、悪事を働くことは別問題だ。
前者で後者を帳消しにしようとしなかった事だけは、本当に評価してるぜ、恋染紅葉
125 : ななしのよっしん :2014/08/29(金) 03:21:19 ID: FuqMRlz6gD
ってか、小鳥が出てから
くなくなった気がするんだけど
126 : ななしのよっしん :2015/06/14(日) 04:31:17 ID: LORViq01R/
>>120
ラブひなスクールランブルも舞台のモデル鎌倉
127 : ななしのよっしん :2016/03/17(木) 12:02:04 ID: ai6dlFJ8Bg
次作のゆらぎ荘の幽奈さん大分絵柄が丸くなったな。染は結構作者の個性がしてたから、よくも悪くも人を選んでいたと思う。
今度のゆらぎ荘は長く続いて欲しいねえ。
128 : ななしのよっしん :2016/12/23(金) 20:29:27 ID: MAkMMYWYvb
ニセコイと被って打ち切りになった後に次作連載中にニセコイが終了となったのが何とも…。
129 : ななしのよっしん :2017/01/30(月) 22:55:43 ID: av9E45tSbv
そして今度はニセニセコイ作者の新連載をぶつける外道ジャンプ
130 : ななしのよっしん :2017/11/16(木) 08:42:57 ID: QXlXIP+jfz
ゆらぎがアニメ化まで駆け上ったのに
同じエロ作者のコチラがどうにもならんかった現実は受け止めような?
エロけりゃ売れるは間違い
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス
電ファミwiki
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829