単語記事: 悪魔の証明

編集
[テンプレ名]

警告!

いわゆる「悪魔の証明」は学術的根拠のある言葉ではありません。

以下で述べるように、「無知に訴える論証」とも別物です。

法律の誤解が生んだ用法のため、人によって意味が違います

悪魔の証明ラテン語probatio diabolica)とは、

  1. 法律で、所有権の明が困難であることをいうための喩。なぜ困難かは由来を参照。
  2. 法律で、困難な明全般を喩的に表す言葉。消極的事実明をすこともあるが、消極的事実明だから立責任を免れるというわけではなく、立責任の配分において考慮すべき一要素でしかない。また消極的事実明だからといって、必ずしも困難とはみなされていない。
  3. (ここから先は、本来の意味を誤用したものである)2から「消極的事実明は一般に困難である」という誤解が広まり、議論ルールとして広く使われるようになってしまったもの。科学論理学とは関係がないし、一般論として用いるのは誤りであるが、科学者はエッセイやブログ疑似科学を否定する際などにわりと使ってしまうようだ。論理学者は、このような曖昧な概念を嫌う。
  4. 3から「あると明できないなら、(悪魔の証明理なのだから)いと決めつけていい」とするために用いられることもある。これは「無知に訴える論証」(根拠く新しいをすること)で、誤りである。ただし一般的にいと思われているものの場合は、「い」説は新しいでないので論理は通っているが、紛らわしい。
  5. 3からの生と思われるが、無知に訴える論証のうち「いと明できないならあると言っていい」というタイプ批判する意味で悪魔の証明と呼ぶ人もいる。これは論理は通っているが、やはり紛らわしい。

このように、非常にややこしい状況となっている。法律ではあるのだが、法律上の意味は違うものだし、一般に流布している意味は元が誤用であるため人によって意味が違ううえに、間違った概念も混じっている。科学者などの論理的であるべき者が言葉の定義に頓着であることは、最もめられるべきことだろう。

悪魔の証明を認めたらオカルトでも何でもありになってしまう!という人がいるが、3などの誤った論理は論外だし、4の正しい場合や5の場合を言いたければ無知に訴える論証を使えばすむ。こちらは正正銘の論理学者が用いている言葉で、学術的に意味が規定されているので人によって意味がバラバラになったりはしにくい。

概要

一般的に「ないこと」を明するより「あること」を明する方が簡単な場合が多い…という誤解がある。「い(いない)ことを明しろ!」は無茶振りである、というわけである。例えるならば

「全てのカラスい」というだけの話であっても

「この世のどこかにはカラスだっているかもしれないじゃないか!全てのカラスを見てきたわけじゃないんだろ?」

と反論されてしまい、もし仮に

「全部のカラスを見てきました!もう全部カラスは一羽もいませんでした!」

と言っても

「いやいや、それは今いるカラス限定だろ?過去に居なかったという拠は?これから未来カラスが生まれないという拠は?この全宇宙に絶対にカラスが存在しないという拠は?」

と、過去及び未来、はては全宇宙に対する無限の可能性を示されては「全てのカラスい」事を明するのは原理的に不可能である、となる。

(因みにカラスはいた)

因みに・・・論理学でも数学でも科学でも、「い」ことの明は普通に要される。アインシュタインエーテルの存在の否定から、光速度不変の原理を確立した。N線や永久機関はどこにもないとした。

法律はどうかといえば、訴訟法においても、冒頭で述べたとおり消極的事実する側にも立責任がある。消極的事実明だからといって一般的に困難だとは考えられていない。アリバイ明のように、積極的事実明することがそのまま消極的事実明になる場合もある。これは例外と言えるほど希少なケースではない。さらに、本来の意味での悪魔の証明は、積極的事実明であるのにほぼ不可能明である。積極的事実明が簡単とは限らない。

もし経験則的にいくらかの合理性があり、将来論理学的根拠が明らかにされると仮定しても、現状では例外がいくらでもあって毎回適するか否かやどれくらい寄与するかを判断せねばならないようなものは、原則とは言わない。

それなら余計な概念をもてあそぶ前に事実に即して普通に検討すればいいだけの話である。裁判もそのようになっている。そういう話についていけない人を理やり黙らせるための言葉ならば、疑似科学のやり口と変わらない。

お化けでもUFOでも超能力でも、既存の科学知識と矛盾する上に実に散々失敗してきたのだから、理論でも実験でも新しい根拠がいのなら当面は「い」と見るのが当たり前の理屈である。科学者が肯定的な意味ではそれらにあまり興味を示さないのもそのためである。

そこで「いと明できないのならあるかもしれない」と反論されても「それは根拠なく新たなを認めさせようという無知論証だ。現状ではいとしか考えられない」で終わる。それでも納得しないような相手と議論を続けても意見は変わらないだろう。

なお、お化けはともかく、霊魂の存在などについては古くからの信仰心に根ざすものがあり、むやみに否定するものではない。

由来

所有権を明するためには、A:前の持ちから適法に所有権を譲り受けたこと、B:前の持ちが所有権を持っていたこと、この二つを明しなければならない。

ところが、Aは簡単だろうが、Bを明するためには、前の持ちがさらに前の持ちから適法に所有権を譲り受けたことを明しなければならなくなる。以下、他の要素で明が不要になるまで、限に前の持ちをさかのぼって明しなければならなくなってしまう。これが悪魔の証明と呼ばれるものである。

中世欧州の法学者が、古代ローマ法ではこの問題を考慮していくつかの法制度が生み出されたという解釈を論じており、この時に「悪魔の証明」という言葉を初めて使ったとされる。

その後、この言葉が転用された末、現在一般に知られる用法も生じた。このあたりは冒頭に記したとおりである。

なぜ「悪魔の」なのか

中世の法学者がなぜ「悪魔の証明」という表現を作り出したのかは定かではない。何となく意味合いが伝わってきて覚えやすくもある、というところかもしれない。

ある説によれば、中世宗教劇では、魂を奪った悪魔に対して人などが論争を仕掛け、悪魔が魂の所有権を明できずに退散するというものがあったからだという。

物理学などでは、ラプラス悪魔マクスウェルの悪魔など、普通ではありえないことを起こすいたずら者を思考実験で仮定するときに「悪魔」という言葉を用いる事がある。これらの「悪魔」は、「ある間における宇宙の全物質の力学的状態とを知ることができ、かつそれらのデータを解析できる」などの越的なを与えられている。「悪魔の証明」というのはこのような越的なのある悪魔でないと不可能という意味があるのかもしれない。

ただし繰り返すが、消極的事実明がこんな印的な表現をされるほどつねに難しいということはない。

補足

検証と反証の非対称性

まれに混同されることがあるが、「検と反の非対称性」についてのたとえは、帰納法の検というしらみつぶしでしか確認できないことを取り上げて論じているものであり、別の話である。

論理以前の問題

議論の上で役に立つ概念などを知るのはけっこうだが、実際の議論というものはそこまでまともなものではない。ぶっちゃけると、論理どうこう以前に根拠となるデータがまともでないは、科学論文ですら少なくないと言ってもいいのである。Natureという世界でもトップクラスの権威ある科学雑誌が騙されることですら、しいことではない。なおシステマティック・レビュー(SR)ではそうしたことも含めて検討し、科学者個人や特定の論文のなどよりも信頼性が高い結論を導く。

ましてや、政治経済など社会についての議論においては、心理的バイアスやステークホルダーの思惑が入り乱れることもあり、カオスとしか言いようがなく、まともな議論をする土壌を醸成したり、まともな根拠を探すのが最初に取り組むべき仕事である。経済学者ピケティが脚を浴びたのは、それまで感覚や印や個人的思想を根拠に論理や数式をこね回していた経済学者と違い、あくまでも実的なデータを積み上げて簡潔な結論をまとめたとされているからである。

例えば現代日本少年の心の闇をるのがなぜ滑稽なのかといえば、こういう事実があるからである。こうした基礎的データも知らずに印社会問題をっても間違いしか生まれない。論理的であっても前提が間違っていては、とんでもない結論が導かれかねない。数式で論じることができないような文系分野でも、根拠をきちんとするだけで議論の質は跳ね上がる。それは地味な作業になるが、きわめて価値のある仕事である。

筑波山とアゲハチョウ

悪魔の証明という言葉こそ使っていないが、養老氏はよく筑波山アゲハチョウがいるかいないかを例にあげ、いないことの明には山全体を区画分けして「いない」ことを確認せねばならないと言っている。しかしこれは較的長距離を飛べ、広い範囲で生育できるありふれた種であるから成り立つ例えである。そのアゲハチョウですら、南極にはいないと断定されている。まさか南極を区画分けしてすべて確認したわけではないだろう。

関連動画

参考リンク

悪魔の証明 - Wikipedia

悪魔の証明と消極的事実の証明

悪魔の証明の由来

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E6%82%AA%E9%AD%94%E3%81%AE%E8%A8%BC%E6%98%8E
ページ番号: 3701003 リビジョン番号: 2442174
読み:アクマノショウメイ
初版作成日: 09/06/16 22:43 ◆ 最終更新日: 16/12/26 19:23
編集内容についての説明/コメント: 警告の主観的な部分を削除
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

悪魔の証明について語るスレ

398 : ななしのよっしん :2016/11/10(木) 11:12:41 ID: 0xa2XiMtP4
○○は根拠に乏しい、信用に値しない。」
「だからと言って絶対にありえないという拠もないぜ、悪魔の証明だな。(ドヤァ

話が全く前に進んでねーんだよコレ
なまじ字面がちょっとカッコいいから自分を賢いと勘違いしてる馬鹿に限って使いたがるけど何の意味もこもってない
お前がそう思うんならそうなんだろう お前ん中ではな」と並ぶ思考停止ワード
399 : ななしのよっしん :2016/12/08(木) 04:33:06 ID: wKpO2phZ79
>>398そいつは単純に使用法を間違えてる馬鹿なだけ
簡単に言うと刑事裁判における疑わしきは罰せずの法則と同じなんだよ
刑事訴訟法336条「被告事件が罪とならないとき、又は被告事件について犯罪の明がないときは、
判決で罪の言渡をしなければならない」
犯罪を犯したという確実な拠を示せない限り、推定罪で罪の存在を認めないのが
法の原則(ただし痴漢冤罪という落とし穴もある)
それに似て物事有明するのにいことを明するより存在したという拠を提示する方が合理的
というのが悪魔の証明、自分が悪魔の証明めてるアホだそいつは


400 : ななしのよっしん :2016/12/10(土) 12:29:04 ID: U27RK3gW44
成宮問題こそ悪魔の証明だろ
401 : ななしのよっしん :2016/12/11(日) 09:44:29 ID: 7b5QZVKLh+
>>398
何で一個人の誤用を全体に当て嵌めるの?お前馬鹿なの?
402 : ななしのよっしん :2016/12/28(水) 08:09:23 ID: 0xa2XiMtP4
元から意味があやふや過ぎてどれが正用でどれが誤用かなんてしょうもない話ばっかりだし、そんな不毛で低レベルな論争が巻き起こってる時点で不動のクソワードだよね
403 : ななしのよっしん :2017/01/23(月) 04:25:06 ID: wKpO2phZ79
要するに疑わしきは罰せずの理屈と一緒なんだよ、
犯行の可性が0じゃないとしてもそれを明できない限り原則
何故なら有罪を挙げるなら犯行に及んだ拠を上げることが方がかに容易で
犯行を行っていない明を上げる方が困難なんて中学生でも分かること
よって「犯罪を犯した拠はないが、犯罪を犯していないという拠もないので罪ではない」
という屁理屈は通用しない。それと同じ理屈が悪魔の証明

どうもここ編集してる人間がこの言葉に否定的で駄に記事を複雑にしてるのが良くないな
404 : ななしのよっしん :2017/02/04(土) 11:52:49 ID: 7b5QZVKLh+
しょうもないのは 0xa2XiMtP4のみそですね
405 : ななしのよっしん :2017/02/13(月) 01:42:51 ID: ZNLSXZwlex
>>403
簡潔で分かりやすくていいね
クソ長い記事本文を403とそっくり入れ替えても十分機しそう
406 : ななしのよっしん :2017/02/18(土) 14:33:34 ID: NaiAOrfzcR
的、悪魔の証明についての理解

・本来的に、明責任の理論は、事実の有が不明な場合に裁判拒否を防止するために、規範的に事実の有を擬制する法技術であって、論理法則によるものではない。
→➀事実の有が不明という結論でも不都合がい場合には、明責任は適用され得ない。
例えば、「悪魔は存在するか否か」を引き分けなしの勝敗をかけてディベートする場合には適用され得るが、勝敗く純にその有議論する場合には適用され得ない。
→➁明責任の適用の結果は、あくまで事実の「擬制」であって、現実事実が存在するか否かとは関係。
例えば、刑事訴訟において検察官が犯罪事実を立できなかった場合、被告人は「罪」ではあるが「実」とは限らない。

明責任は、必ずしも事実の存在をする側に課せられるわけではなく、個々の事実の性質によっては不存在をする側にも課せられ得る(例えば、占有者の本権の有についての明責任は不存在をする者が負う)。
407 : ななしのよっしん :2017/02/18(土) 14:36:19 ID: 7b5QZVKLh+
>>403
間違いだぞ
状況拠だけで有罪になるケースはある
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015