単語記事: 悪魔ほむら

編集
ネタバレ注意 この項目は、『まどか☆マギカ[新編]叛逆の物語』のネタバレ成分を多く含んでいます。
続きを読みたい方はスクロールをしてください。
これこそ人間の感情の極み
希望より熱く
絶望より深いもの
愛 よ

悪魔ほむらとは、劇場版魔法少女まどか☆マギカ[新編]叛逆の物語に登場した暁美ほむらの姿である。

概念

『劇場版魔法少女まどか☆マギカ[新編]叛逆の物語』において、あるきっかけにより登場する悪魔のような姿になったほむら。円環の理から外れ、魔女以上の存在と化した“魔なる者”である。
ほむらが自ら悪魔と称したのみならず、設定資料に「悪魔ほむら」と表記されていることから、この名称が最も普及しているが、他にも様々な呼び名が作られた(後述)。いずれにせよ、女神まどかと対になる存在になったことは間違いない。

外見や雰囲気もバレエを思い浮かべる黒く露出度の高いドレス、人工的な意匠の禍々しい翼、嘲笑うかのような目つき、終始不敵な笑みを浮かべている…など、今までのほむら像からかけ離れたその姿は、展開と相まって多くの観客に衝撃を与えた。

その成り立ち

劇中後半、ほむらはこれまでいた世界がほむら自らがソウルジェム内に作り出した結界であること、穢れが限界点に達したほむらのソウルジェムを隔離することによってインキュベーター達は魔女化現象と「円環の理」の観測・解明を目論んでいることを知る。一連の真相を知って激怒・絶望したほむらは、「円環の理」による救済をあえて拒絶して、自らの存在を犠牲にすることで「円環の理」を護ろうとする。しかし、まどか達「円環の理」勢や他の魔法少女達の助力によってインキュベーターの目論みは阻止されると同時に、ほむらはまどかとの再会を果たすことになる。

そしてほむらは「円環の理」に導かれ叛逆の物語・完!と、思いきや…

「この瞬間(とき)を待っていた…!」

ほむらは誰もが予想もしなかった行為に出た。手を差し伸べた女神まどかを妖艶な笑みを浮かべて捕まえ、「円環の理」の力の一部――まどかの人間としての記憶を強引に引き抜いてしまう。その瞬間、宇宙は再構築を始める。ほむらのソウルジェムは最早呪いと呼ぶ事すらおぞましいナニカで満たされ、妖しく光を放っていた。ほむらは自らソウルジェムを噛み砕き、同時に零れ落ちた「因果の糸」は禍々しい光を放つダークオーブへと再構築された。眼前で起こる新たな概念の誕生…希望でも絶望でもないその力を理解できないキュゥべえに対しほむらは記事冒頭の言葉を告げる。

『愛』――まどかの為に時を繰り返して積み重ねてきた思いをそう称し、「今では痛みすらも愛おしいわ…」と、どこぞのコズミックヤンデレ精霊じみた危ないセリフまで吐き出した。なおもキュゥべえは「君は一体何になろうとしているんだ!?」と問いかける。ほむらは答える。

「あの神にも等しい聖なるものを貶めて、蝕んでしまったんだもの。
そんな真似が出来る存在はもう悪魔とでも呼ぶしかないんじゃないかしら」

外見も上述した妖艶な姿形になり、「特定の個体への執着とその感情が生み出す力」を理解・制御できないと結論したキュゥべえは人類と太陽系から手を引く事を決め逃亡しようとする…が、彼らに利用価値を見出していたほむらはそれを許さなかった。

再び改変された世界。「円環の理」と魔獣は引き続き存在している。そして、「円環の理」から引き剥がされたまどかやさやか達が人間として暮らす、ある意味では理想の世界。しかし、ほむらが『魔なる者』として密かに暗躍する、「自分勝手にルールを破るのはよくない」と考えるまどかがふとした事で「円環の理」としての使命を思い出しかける、といった極めて不安定な世界でもあった。そんなまどかに対しほむらはこう告げる。

「そう、ならいずれ貴女は私の敵になるかもね

でも構わない、私は貴女が幸せになれる世界を望むから」

…思い返せば、劇中中盤でまどかの人間としての「友達や、家族と離れ離れになるのは耐えられないと思う」という本心を聞いたときから彼女はこの行為に至るつもりだったのだろう(まどかを守る為に魔女化して自決しようとしていたところをまどか達に助けられ、初めての共同作業とどめの一撃を一緒に放つ際にまどかの「独りぼっちにならないで」というセリフに対し、ほむらのセリフは「どんな姿に成り果てたとしても、きっと平気。あなたがそばにいてくれさえすれば」と、実は思いっきり噛み合ってないことからこの時点で既に決意を固めていたことがわかる)。それがまどかを貶め、いずれ敵対する運命だとわかった上で「人間としてのまどかを救うため」敢てダークヒーローの道を選んだという事だろうか。実際、かつての仲間達にわざわざ別れを告げるような描写や上記のセリフをまどかに告げた時に、今までの暁美ほむらを思わせる表情でかつてまどかから託された自らのリボンをまどかの髪に結びなおしているなど、一線を越えてもなお本質的な優しさは失っていないように見える。

「…やっぱり、貴女のほうが似合うわね」

ED後、まるで半分に切り取られたような半月の下で一人踊り、自ら高所から落ちるほむら。そしてボロ雑巾のようになったキュゥべえの瞳を映して物語は幕を閉じる。設定上続編は無理なく作れるだろうし、このままほむらの物語として幕を閉じても構わない。ある種の理想的な結末とも全員生存BADとも取れる。所謂、メリーバッドエンドという奴である。

この顛末を観終えた観客の中には、次のように叫びたくなった者もいたことだろう。「「「「わけがわからないよ」」」」と。

余談

誕生の経緯

虚淵玄が考えていた元々の結末は「ほむらがまどかに連れられて行く(=ほむらが円環の理に導かれる)」というものであったが、「この後続くようにしたい」と考えていた監督側から中々OKが出なかった。悩んでいたところ、「新房さんが"いっそ対立関係になるのもありかもね"とポロッと発言し、その一言が突破口になった」とのことである。…つくづくドSな人達ではある。

虚淵によれば、劇場版のほむらは「迷いを捨てきる事が1つの成長」という解釈で書かれたという。 しかし、「偽街の子供達(ウソツキ、ミエ)にトマトを投げつけられる、ラストの落下シーン」などの ほむらの葛藤を示す場面は映像化の際に追加されたシーンであり、当初の脚本では存在しなかった。 虚淵はこの変更に対して、「より暁美ほむらとしてのキャラクターが強まった」と評している。 ハノカゲ氏の漫画版は当初の予定だった「葛藤が描かれていないほむら」をベースにしているようで、 劇場版をも上回る悪魔さとヤンデレッぷりをご披露なされている。興味があるならば購読をお勧めする。ちなみにそれはBD収録の1stテイク版音声における斎藤千和の演技にも共通しており、劇場上映版とは違った完成された悪魔ほむら像と遭遇することが出来るだろう

ちなみに、悪魔ほむらの設定資料は劇場版公開日にどこからともなく流出したものらしい。同資料において、腰の裏部分の部分が緑色になっているが、黒っぽい色で塗るように指定されている部分を見逃してそのまんま緑色で描いてしまっているイラストが相当数あったりする。

モチーフ関連

海外での通称は「Homucifer(ホムシファー)」。かつて神から最も愛された存在でありながら、神に叛逆した堕天使・悪魔の代表格ルシファー(Lucifer)との掛詞だろう。
ちなみに、ルシファーは「明星(星)を語源に持つの子。かつて『最もしい天使』を自称した(もしくはそう呼ばれた)悪魔」というエピソードがある。 更に、人間が塵(土)から作られたのに対して、天使は火(焔-ほむら)から作られた存在という。 …なんという偶然。

本作における暁美ほむらを解説する上で、脚本家の虚淵玄はパンフレットで、『スター・ウォーズ』シリーズのダース・ベイダーを例に出している。エピソード1でかわいらしい純粋な子供だったアナキン・スカイウォーカーが、エピソード3では妻パドメに対する強すぎる「愛」から、フォースの暗黒面(The dark side of the force)に身を委ね、ダース・ベイダーに変貌する。アナキンの「愛」は一方的なものであり、解釈によっては「執着」と表現できるものであったことを考えれば、本作のほむらが語った「愛」と通じるものがあると言えよう。さしずめ「愛」の暗黒面(The dark side of the love)といったところである。
補足しておくと、ダース・ベイダーのダース(Darth)は「シスのダークロード(Dark Lord of the Sith)」の略で、私利私欲に基づく力の行使を肯定する者たちである。また、ダークロード(Dark Lord)は、宗教的には神(Lord)の対極に位置する存在とされ、悪魔、デーモン、邪神、神への叛逆者、などの意味を持つ。自らをして「摂理に逆らい、世界を蹂躙する存在」と評し、女神まどかを蝕んだ悪魔ほむらとは、共通する部分があると言えよう。

尚、虚淵玄がダース・ベイターを例えとして出しているソースは、「叛逆の物語」の劇場パンフレット内においてではあるが、それはあくまで「アナキンがエピソード3でダース・ベイダーになるという事を、観客が受け入れられるかどうか」についてであり、キャラクターそのものについて、『暁美ほむら=ダース・ベイダー』と言っているわけでは無いので要注意。

尚、作中ではほむらに関係する重要な場面においてトカゲのモチーフが使われている部分がある。
前作の総集編映画後編でもスタッフロールのほむらのシーンに王冠を被った蛇かトカゲのようなモチーフが描かれており、これらのモチーフが蛇の王であり悪魔でもあるバジリスクを意味する伏線であると論じる考察もある。

暁美ほむらの『愛』とは?

二次創作のガチレズっぷりから今回の所業を指してヤンレズと称されるほむらだが、 彼女の語る『愛』は単なる同性愛とは言い切れない節がある。 以下に、ほむらの『愛』と思われる要素を抽出してみる。

  • 初めてにして唯一の友達であるまどかに対する友情
  • まどかの優しさと強い心に対する憧憬崇拝
  • まどかが幸せになる事を絶対に諦めない使命執着
  • まどかのためなら魔女になって死ぬことも、悪魔として敵に回ることも厭わない献身
  • まどかのために受けた苦痛すら悦びに変えてしまう被虐性
  • 「まどかを守れる私になりたい」という初めの願いからエスカレートした、極度に他人に依存した自己愛
  • 「こういうまどかであってほしい」「まどかを守るのは私」と思う、子離れできていない親のような一種の母性
  • 以上の記述より想定される「まどかの特別な存在になりたい」という独占欲

以上のように、同性愛(レズ)という要素だけでは到底括り切れない複雑な構成で出来ており、 これも「クレイジーサイコレズという言葉ですら表現できていない」と評される一因だろう。

一方で、「ユベル級の愛&ヤンデレ」「公式が変態ほむらさん」などという意見に対しては全く反論できない。

ファンによる異称

アルティメットまどかの時と異なり、今回は早くから正式名称である「悪魔ほむら」という呼称が知れ渡っていたが、その衝撃もあって、ファンの間では数々の異称が存在している模様。

デビルほむら
「悪魔ほむら」と書いてこう読むパターン。略称は「デビほむ」。
ダースほむら
脚本の虚淵玄の発言からダース・ベイダーになぞらえて。
邪神ほむら(やがみほむら)
中の人つながり。もしくは女神まどかとの対比から。
ほむら様
ほむほむなどと軽々には呼べないと、畏怖を込めて。
魔王ほむら
もうただの「悪魔」とは言えないよねという意見から。
アルティメットほむら
ある意味究極形態ですから。まどかとお揃い。
見滝原の黒い悪魔
某管理局の白い悪魔より。
最弱にして最凶の魔法少女
某最弱にして最凶のシンフォギアより。まどかの中の人ネタ、本来は纏えぬ筈の物を愛の力でそれを可能にしたことに由来。
わたしの、最凶の友達
TV最終話のパロ。「最強」だと別の意味になる。
Homucifer(ホムシファー)
海外ではもっぱらコレ。由来は『余談』を参照。
ほむら激情態
某世界の破壊者から。QB「宇宙が改編されてしまった!おのれほむらぁぁぁっ!」
ホムラトホテップ
菌糸類が命名。
コズミックデビルレズ / ギャラクシーゴッドレズデビル / コズミックデビルクレイジーサイコレズ / 他多数
ハイパーアルティメットまどかと対応しての呼称。一貫した呼び名が無く、今のところは各々好き勝手に呼んでいる模様。

ほむらの行動は是か非か!?

上述の通り、「わけがわからないよ」と言いたくなるほど、予想だにしなかった衝撃の結末を迎えた新編であったが、円環の理(の一部)を改変したほむらの行動に対して、ファンからは賛否両論の声が飛び交っている。以下は、それらをまとめたものである。

悪魔ほむら派閥

├─ 悪魔ほむらは正しいよ(ほむら肯定派)
|  ├─ まどかやさやかもなぎさも蘇って完璧な終幕だよ(ハッピーエンド派)
|  ├─ 本当はみんなと仲良くしたいのに関係を断ち切ったほむらは可哀想だよ(使い魔本音派)
|  ├─ 初めてほむらが本音を見せたから許してあげようよ(ほむら同情派)
|  ├─ まどかの願いはほむらの想いを無視してたよ(ほむらの願い尊重派)
|  └─ 本編からしてこうなる事は自明だったよ(ほむら心情派)

├─ QBが悪いんだよ(QB絶対悪派)
|  ├─ あんな実験をしたから自業自得だよ(QBざまぁ派)
|  ├─ あのまま円環されたら後々まどかはQBのものになってたよ(悪魔妥当派)
|  ├─ QBに感情が生まれてまた逆襲してくるよ(続編待望派)
|  └─ QBもいたぶられて喜んでるよ(ほむQ派)

├─ 悪魔ほむらは間違ってるよ(ほむら否定派)
|  ├─ 使い魔もいるしまどかは目覚めそうだし不安定な世界すぎるよ(バッドエンド派)
|  ├─ ほむら自身が幸せになってないよ(まどか視点派)
|  ├─ まどかの願いを否定してるよ(まどかの願い尊重派)
|  ├─ エゴだよそれはアムロ派)
|  ├─ ほむらは気が狂ってるよ(ほむらヤンデレ派)
|  └─ 唯一敵対しているさやかに倒して欲しいんだよ(さやほむ派)

├─ 悪魔ほむらは可愛いよ(悪魔崇拝派)
|  ├─ 全員救ったほむらは悪魔じゃなくて女神だよ(アルティメットほむら派)
|  ├─ 記憶改竄とか凄いよ最強だよ(悪魔万能説派)
|  ├─ 指先でつんつんされたいよ(QBちょっと替われ派)
|  ├─ 悪魔ぶってるほむらちゃん可愛いよ(私って悪魔ね派)
|  ├─ 毎回まどかを抱きしめたい口実を作りたかったんだよ(ほむまど派)
|  └─ 悪魔になってもまどかの前ではヘタレなんだよ(まどほむ派)

└─ 愛よ(愛なら仕方ない派)

面白いのは、否定派の中には単にほむらを批判するだけではなく、主に「みずから悪魔に身を窶し、これまで以上に孤独になった」点を指して本編のほむらが救われてないと可哀想に思う意見なども見られることである(こうした意見のまとめについては、まどか教も参照)。しかし虚淵と新房監督にしてみれば、このような論争が起こることは想定内かもしれず、そうなると我々は彼らの思惑に踊らされているだけのかもしれない。

まぁ、最終的には一番下の結論になるんだけどね!

ファンによる扱い

悪魔と化して改変後の世界でもお姉様キャラっぽくなっているなどメガほむとはまた違った変わり様、どことなくエロスな仕草に妖艶なおかつ病んでしまった瞳と眼力から「変態ほむらさんは変態を極めて悪魔へと変態した」「もうほむほむなんて呼べない、これからはほむら様だ」などと称するファンまで現れている。

各地で大混乱を巻き起こしたほむらの暴挙だが、視聴者の増加およびクールダウンが進んだ結果「まさにクレイジーサイコレズ」「…せめて、二次だけでも救われて欲しい」「あれ?よくよく考えたらあんまり変化していないような…」「さやほむ大勝利!」などの意見が固まり、まどかへのヤンデレ(&変態)描写だけではなく「まどかに振り回され、さやかには同情すらされるヘタレ悪魔」としてのネタも次々と増えつつある。

『叛逆の物語』公開開始から一月と経たずに、以下のテンプレが成立した。

  • どうでもいいことで円環の理を思い出しそうになるまどか→あわてて抱きついて止める悪魔ほむら
  • 根っこの善良さ故に、悪魔と言っても何をやって良いのか解らず、トンチンカンな行動でさやかを呆れさせたり、みみっちい悪事(しかもされた相手にとって悪事になっていない)をドヤ顔で遂行したりで満足そうな悪魔ほむら
  • それでいて、まどかに嫌われかけると落ち込むなど色々な意味でめんどくささ増加な悪魔ほむら
  • 弁当忘れたり消費税を気にしたりと、概念化したのにこれまで以上に俗っぽい生活が描かれる悪魔ほむら
  • そんなほむら相手になぜか記憶を失っていない状態で、ツッコミ入れたり悪事になっていない悪事をされてゲンナリしたりと、何だかんだで新しい日常を受け入れちゃっている美樹さやか
  • 記憶も無くろくな力も持ち合わせていないはずの一介の女子中学生ながら、帰国子女なアメリカナイズされた思考で、ほむらを完全支配しちゃっているまどかと、「まどかの可愛さにはやっぱ逆らえないわ」な悪魔ほむら
  • 眼鏡を装着し、三つ編みにする事によって精神テンションがメガほむ時代に戻る悪魔ほむら
  • 衣装の妖艶さとは裏腹なあまりにも平坦な胸にツッコまれる悪魔ほむら
  • 偽街の子供達にトマトを投げつけられたりほとほと世話を焼かされたりして、育児疲れで目の下のクマが一層濃くなっている悪魔ほむら

関連動画

関連静画

関連商品

関連項目

  • 魔法少女まどか☆マギカ
  • 劇場版魔法少女まどか☆マギカ[新編]叛逆の物語
  • 暁美ほむら / クールほむら / リボンほむら / ダークサイドほむら
  • まどか教
  • 変態ほむらさん
  • 円環の理
  • Homulilly(魔法少女まどか☆マギカ)
  • ダークオーブ
  • 鹿目まどか / アルティメットまどか
  • キュゥべえ
  • I was waiting for this moment(この時を待ってた)
  • her new wings(悪魔ほむらのテーマ?)
  • 君の銀の庭
  • ヤンデレ / クレイジーサイコレズ
  • 呉キリカ(魔法少女おりこ☆マギカのヤンデレ魔法少女)
  • ユウリ様 / 若葉みらい(魔法少女かずみ☆マギカのヤンデレ魔法少女)
  • 闇堕ち / 悪魔 / ラスボス
  • 愛が重い / ユベル
  • もしかして→水銀燈、黒雪姫(服装的な意味で) / ブラックフェザー・ドラゴン(翼的な意味で)
  • 何故そこで愛ッ!?

【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E6%82%AA%E9%AD%94%E3%81%BB%E3%82%80%E3%82%89
ページ番号: 5160064 リビジョン番号: 2375727
読み:アクマホムラ
初版作成日: 13/11/03 22:17 ◆ 最終更新日: 16/06/22 04:00
編集内容についての説明/コメント: 関連商品、静画の追記修正
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


の腋

の背中

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

悪魔ほむらについて語るスレ

911 : ななしのよっしん :2016/07/28(木) 20:54:44 ID: JImASq3JAs
>>907
何から何までまどかにって言うのは語弊があるな俺が言いたいのは各魔法少女には選択肢が与えられるべきって話だよ。死ぬ、生きる、人間に戻る、願いを消すetc

円環の理が願いや頑張り、決断を肯定する概念ならただ天国に導くんじゃなくそうやって魔法少女が最後に出した自分にとっての救済のビジョンも尊重し、それを与えるべきだったんだ。それぐらいフレキシブルにいろんなニーズに対応できる存在じゃなきゃ価値観も言葉も異なるすべての魔法少女を救うなんてできっこない
>>909
まどかの根底にあるのが優しさなのか、自分へのコンプレックスなのかは人によって解釈は異なるだろう。今のところは前者という解釈だがまどマギって本人でも気づいていなかった浅ましさを後から見せつけられて絶望することも多いから意外と後者の可能性もあるかもしれないな

912 : ななしのよっしん :2016/07/30(土) 01:15:09 ID: WRuLPPtKQ8
>>911
魔法少女に選択肢が与えられるべきとは言うが、その選択肢のための労力は結局まどかが背負うんでしょう?
何から何までまどかにやってもらおうという考えと一緒だと思うが

要するに、魔法少女を魔女化から救って、マイナス100を0にしただけじゃ足りない
人間に戻る道や願いを消す道も全部そちらで用意しておけ
自分達の願いを肯定するなら、それくらいの望みは叶えて当然だ、と言いたい訳だよね?



913 : ななしのよっしん :2016/07/30(土) 09:38:27 ID: JImASq3JAs
>>912
出した結論をかなえてもらうのが他力本願なら魔法少女の願い事態QBにかなえてもらう他力本願だがな

結局この世から消える以上マイナスはマイナスだろ(納得しているつもりだったさやかでさえ未練はあったわけだし)
求めるのは酷というがまどかの立場は人間の業や浅ましさ、エゴを一身に受けるわけだしそれぐらいの選択肢を用意できないならつらい思いをするのはむしろまどか自身だろう
914 : ななしのよっしん :2016/08/17(水) 00:13:56 ID: ckA5qf2lxQ
>>913
叶えられる願い(解)は「ひとつだけ」だし、その解を導く為の解法にまでは介入出来ないんじゃね⁈
915 : ななしのよっしん :2016/09/24(土) 13:18:46 ID: Sj35EDHKL1
ユベル「だったら一緒に滅べば一人にならなくて済むじゃないか(ニコォ)」
916 : ななしのよっしん :2016/11/13(日) 20:46:56 ID: 34H1KWLgPH
 チェインクロニクルとのコラボに、ガチャ限定SSRでの参戦!

 通常必殺「今では痛みすらも愛おしい」→向かってくる敵を吹っ飛ばす暗黒玉
 チャージ必殺「これこそ人間の感情の極み」→エリア全体を触手で蹂躙

 ・・・ガチで悪魔な性能だった。
917 : reika :2016/12/15(木) 01:39:01 ID: kjyd0Z3KWq
この人って概念って本当? さやか以外見えてないけど
918 : ななしのよっしん :2016/12/20(火) 18:57:08 ID: UE3HTJ6i/y
「け」と「み」を50音で下にやるのはホンマ吃驚
「あ」が取り残されたけど
919 : ななしのよっしん :2017/02/15(水) 04:51:35 ID: o2ACQmvwlO
>>917
概念だろうけど、概念なのに一般生徒から認識されていたりするのが良く分からない
円環の理の一部だったさやかが(当初)認識出来た方は納得いくのだけど
誕生過程から考えると宇宙丸ごと魔女の結界にしたみたいなもんで、一般生徒は認識しているように振る舞わされただけとかなのかも知れんけど
あるいは女神まどかほどは上位にシフトしていなくて、認識されるレベルにまで落ちるような切り替えが自在に可能だとか?
920 : ななしのよっしん :2017/02/15(水) 10:21:37 ID: JImASq3JAs
>>919
切り替えできるような力があるとは思えないな
そもそも概念そのものなのか「悪魔」という概念の体現者なのかあいまいだし。今後悪魔が増えた場合後者なんだろうけど
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015