単語記事: 意味が分かると怖い話

編集
今週のおすすめ この記事は第162オススメ記事に選ばれました・・・
よりトイレにいけなくなるほど怖い記事に編集していきましょう・・・

 

意味が分かると怖い話とは、文字通り
「一見普通に読むと怖くないが隠れた意味が分かってしまうとすごく怖くなる」話の事である。

 

意味が分かると怖い概要

2ch2ちゃんねる)から発祥した怖い話であり、コピペ等のまとめサイトが数多くあるシリーズの総称である。

上記の怖い話の数々は有名なコピペだが、これだけでは意味は分からないであろう。
しかし隠れた意味に気づいた・知っている人にとってはものすごく怖いコピペに変わる。

文章の中に答えとなるヒントが隠されているので、少し考えれば分かる問題が多い。
……が例外もあり、予備知識がないと解けないものもある。

他のサイトではネタバレ防止の為に文字反転ドラッグ)しなければ解説が読めないため、携帯で見る人は要注意。


 

意味が分かると怖い「コピペ」定義の例

①直接文章の作者に質問しなくても、読めば相が論理的に理解できる。
または相を理解した人間からの説明でも理解出来る。

②「犯罪」「オカルト」「サイコ」「不思議」のいずれか要素を含む内容である。
(「恐怖」の定義は困難であるため、ジャンルとしての前提)

③所謂「不幸手紙」系統のものではい。

④人によってどの話が怖いのかは個人差がある為、一概に「この話は絶対に怖い」ということはない。

⑤原則としてコピペであること。

 

当掲示板での怖い話の出題&ルール

当記事の掲示板内でも上記のルールを守り出題が行われている。
但し、この記事は「意味が分かると怖い」コピペである為、基本的にスレでもコピペを貼っていく。
が、例外もあり掲示板内では自作の「意味が分かると怖い話」を貼っていく人もいる。

【参加者】

 【出題者】

 以下は中断について。

  • 何かの事情でしばらくの間回答出来ない場合、出来る限りスレ中断宣言をすること。
  • 中断宣言があった場合、もしくは3日以上回答がない場合はその出題を中断扱いとし、割り込み出題OK。
  • 事前中断宣言があった、もしくは割り込み中に復帰宣言した場合は割り込み問題を終了し、一日以内に問題を再開すること。
  • 問題の中断は一度のみとし、割り込み問題終了後一日以内に再開出来なかった、もしくは出来ない場合は【解説】or【回答】を葉って終了とする。

 全員

レスの内容を分かり易くする為にできる限り、
コピペ】【自作コピペ】【質問】【解説】【回答】【相談】【雑談】などを頭につけること。

 

>>240よりこの項でのルールを適応することにする。

 

意味が分かると怖いウミガメのスープ

意味が分かると怖い話は文章の中にヒントを多く入れ、考えればでも分かるように作られていることが多いが、
ウミガメのスープと呼ばれる話では出題者と質問者に分かれて、
全員参加解きクイズ掲示板などで行うことで有名。
ただし全ての話が怖いわけではない。

元ネタポールスローン氏の本「ウミガメのスープ」より。

ヒントを入れすぎると質問することがなくなってしまう為、
ヒントはあまり入れず、質問者に質問させるようにするのが基本。
つまり、何度か質問しないと正解にたどり着けないようになっている。
質問の内容はYES/NOで答えられるもののみ。

ウミガメのスープの中にはブラックオカルト系なものもあり、意味が分かると怖い話と少し通ずるものがある。

※尚、ウミガメのスープコピペではない。

 

意味が分かると怖い話

ここでは怖い話コピーペーストして次々と書き込んでいくコーナーになります。
問題の回答を知りたい場合は解説空白部分をドラックすると浮き出てくる、かも?

①~⑥0まで

 

ストーカー

今日もまた上に怒られた。OL仲間の間でもかなり評判の悪いハゲだ。
「私のストーカー犯人もあのハゲだったりして…」
そんなことを考えながら私は帰宅した。
といっても二部屋しかないボロアパート。リビング+キッチンと寝室だけ。
もリビングにしかない。安いからいいけど。

玄関の鍵を開けて部屋に入るとびっくりした。リビングにあったタンスが荒らされていた。
そういや、朝食を食べに出たときに鍵をかけ忘れて、そのまま出勤したんだ…
くそ!は全部鍵がかかっているから玄関から入られたんだろ。
あー気持ち悪い。むかつく。死んでほしいと思う。もう今日は疲れた。警察には明日行こう。

私は玄関の鍵が閉まっているのを確認し、寝室に向かった。

解説

彼女は鍵をかけなかった、と言っている。
しかし帰って来た時は鍵を開けてに入った。
もちろんこのの鍵は彼女が持っている1つだけ。
ということはストーカーはまだの中にいる。

小屋

の出来事です。
ある男達が登山に出掛けて行きました。
歩いているうちにが降りだし、が吹き… 前に歩けないような悪

するとの前に運良く山小屋が見えたので避難することにしました。

小屋の中は寒く、疲れきった男達はいつ寝てもおかしくない状態…
しかし眠ってしまったら死んでしまうかもしれない…
すると、一人の男が言いました。
「一人一人が部屋の隅に座り、移動しながら肩をたたき合う」

a→b
↑   ↓
d←c


こうして四人はまでお互いの肩を叩き合い、事生還する事ができました。

解説

彼らがやった方法にはある重要な欠点がある。
最初にaがbに、そしてbがいた所にaが残り次にbがcの所へ、
これを繰り返すとdはaがいた所に行くともいないはず。
ようするにこの方法は。5人いないとできない。

居もしない5人誰だったのか・・・

メール

パソコンをしていると一通メールがきた。
なんだろうと思い開いてみると

「ひとりになったら死ぬ」

の一言しか書いてなかった。
はちょっとビビった、イタズラメールだと思ったのだがその後すぐに、同棲している彼女が
コンビニに行って来るから-」
と言ってきた。

は一焦った。
このままだとひとりなる…
いや、でもあれはただのイタズラだ。
そうに違いない。
まさか彼女に「怖いから行かないで」とも言えるわけがない…

「じゃあ行って来るから-」

「……うん」

三十分後

なんだ、大丈夫じゃないか!ビビらせやがって…
やっぱりイタズラだったんだな。

それにしてもあいつ帰ってくるの遅いな。

解説

「ひとりになったら死ぬ」というメールのことをしていたのか?
死んでいないので「」ではないことは確かだ。
他にひとりになってしまった人物はいるだろうか?
そう、つまり死んだのはひとりでコンビニに行ってしまった彼女ということになる。

どっかで聞いた話なんだけど。
なんか友人から聞いたらしい話で

宗教入ってる知人の家族と夕食とることになったんだと。

それが焼き肉なんだけどは何なのか言ってくれない。

人のかも、と思って食べたら違ったって。

結局何のだったんだろう?

解説

その友人はを食ってみて人間のかどうかわかるということは
友人は人間のを食ったことがあるということがわかる。

サウナ

銭湯に行った。あがる前にサウナで一汗かくのがの日課だ。
が入って一分くらいで男が入って来た。
勝負だ。こいつが出るまでは出ない。これも日課だ。

10分経過。相手の男は軽く100キロはありそうなデブだった。

15分経過。のような汗を流すくせに頑るじゃないか、デブめ。

18分経過。ついにデブ動いた。今にも倒れそうな程フラフラになりながらサウナを出て行く。
の勝ちだ!サウナルームのん中でガッツポーズをとった。

 

 

を覚ますとは見慣れない部屋にいた。どこかでみたようなオッサンが覗きこんでくる。
番台にいたオッサンだ。オッサンは言った。

「私が点検に行った時君が倒れていたんだよ。ドアにもたれかかるようにして失していた」

どうやら熱中症を起こしたらしい。少しがんばりすぎたか。オッサンはやれやればかりに

「君を運ぶのにはまったくが折れたよ。今度からは気をつけてくれよ」

オッサンにお礼を言って帰った。ビールでも飲んで寝るとしよう。

解説

り手である「」は同一人物か?
実は下の文章のり手は「」ではなく「デブの男」。
しかもデブに寄りかかっていたので、
まだ上の文章の「」はサウナの中に取り残されている。

イヤホン

今日9800円で買ったイヤホンが壊れた。

大音量で聞いていたせいかいきなり途切れやがった。
くそ。9800円もしたのに。

が立って45万円のプラズマテレビ叩きつけた
ハッとに返りあわてて壊れていないか確認した。画面が映る。良かった。と思ったら音が出ない

くそ。45万円のプラズマテレビも壊れてしまった。

それにしても今日は静かだな 気らしに散歩にでも行こう。

解説

読めば分かると思うが、の鼓膜が破れてしまい何も聞こえなくなってしまった。
彼はいつ自分の聴がなくなったことに気付くだろうか…

変質者

先日、地元のトイレで覗きされてしまいました……orz

きれいなトイレではないので、普段は行きたくはないのですが、そのときは慢出来ずに駆け込みました。

用を足して立ち上がると、不意に背後から視線を感じました。

ふと後ろのドアの方を見ると、トイレの床から約5センチの隙間から覗かれてたんです!

男性が、そこに2つ横に並んで私をジッと見てました。

確実に一部始終見られてます…最悪

もう恐怖と動揺で頭がパニックになり、震えが止まらず他のかがトイレに入って来るまで外に出られませんでした。

みなさんも気をつけて下さいね

解説

あなたは地面からたった5センチしかない隙間から両をだす事はできるか?
この話が本当なら両から下は何も無い人物か、幽霊にしか実行できないことに気付く。

赤い部屋

ある地方の女子大生東京大学に進学が決まり、東京に一人暮らしする事になりました。

とあるマンションで生活を始めているうちに、ある日部屋に小さながあいてるのに気づきました。

そのは隣の部屋に通じていて、なんだろうと覗き込みました。

すると、の向こうはでした。
背景の中を、い影がちらちらと動いています。

隣の部屋は壁紙なのかな、と思いつつ次の日も次の日もその女子大生をのぞいていました。

いつ見てもかったので、隣の部屋が気になる女子大生はマンションの大に聞いてみることにしました。

「私の隣の部屋にはどのような人が住んでいるんですか?」

 

は答えます。

 

「あなたの隣の部屋には病気赤い人が住んでいますよ。」

解説

り手が見ていた赤い部屋とは部屋ではなく隣人
そしていつ覗いて見てもかったということは隣人は常にこちらを覗いていたことになる。

ある女性が気味の悪い電話に悩まされていた。

もしもし?」

「………」

もしもし?」

「………」

いつもここで怖くなって電話を切るのだが、慢できなくなって、彼女は叫びました。
「いい加減にしてよね!」
すると受話器のむこうから、押し殺したようなが聞こえたのです。
相手が喋ったのはこれがはじめてです。

「殺してやる」

さすがに怖くなって身の危険を感じた彼女は、だめでもともとと警察に相談してみました。
ところが最近は、そういったストーカーの犯罪が深刻化しているためか警察は詳しく話を聞いた上で彼女の電話に逆探知機を設置して捜を行ってくれることになったのです。

次の日もやはり、電話はかかってきました。慎重に受話器を取り上げ、に押し当てる女性

もしもし?」

「殺してやる」

昨晩のあのでした。その時です。彼女の携帯が鳴りました。警察からです。

「すぐに部屋から出なさい!」

解説

犯人の近く、もしくはの中にいた。
電話を逆探知した警察は慌てて彼女に電話をした、が時すでに遅かった…

少女

一人の女の子がいた。性格は明るく、小学校ではたくさんの友達に囲まれていた。

また、女の子は大のおじいちゃん子で、おじいちゃん女の子のことを本当に可がった。

しかし、おじいちゃんは今入院しており、余命は長くなかった。

医師がもう残りわずかな命であることを伝え、女の子は両親に連れられ病院に行った。

病室で女の子の両親はおじいちゃんと話した後、医師の説明を受けに病室を出て行った。

病室には女の子おじいちゃんの二人。
女の子おじいちゃん学校のことや最近楽しかった事など色々なことを話した。

しかし女の子は途中で泣きながら

おじいちゃんいなくなるの?」
と聞いた。するとおじいちゃん

おじいちゃんが死んだら、お父さんとお母さんと一緒に悲しんでくれるかい?」
と言った。女の子

「うん…でも死んじゃいやだよ」
とつぶやいた。

その後女の子に帰ることになり、その次の日おじいちゃんは帰らぬ人となった。女の子はその日、わんわん泣いた……。

1ヶ後、ある記事が新聞の隅に載った。
一部抜すると

一家心中、動機は全くの不明。女の子の名前は斎藤加奈ちゃん」

解説

女の子の名前は「かな」
おじいちゃんが言った。
「悲しんでくれるかい」をかなちゃん
「かな死んでくれるかい」と勘違いし、一家心中してしまった。

[TOPに戻る]

超能力

ある日、地方に住んでいる6歳の幼女が1人行方不明になった。
どこを探してもいない、警察も検問を各地に配置したが一向に見つからない。
警察も諦めていた。

1ヶ後諦めきれない親がアメリカで有名な透視者を大いて招いた。

速両親はがどこにいるのか透視してもらった。
透視者は透視を始めた。
何分かたって透視者は一言。

この子は元気です」

この言葉に両親は大喜び
さらに透視者は

この子の周りには具が見えたので多分、裕福なにいる事が推測されます」

この言葉に両親は多少の疑問を感じたが喜んだ。
そして母親が核心に迫った

は今どこにいるのですか?」
と熱のはいった口調で言った

透視者は一言こう言った

あなたのさんは世界中にいます」

解説

女の子は体をバラバラにされ、まだ生きている臓器が世界中のお金持ちの人々に売られてしまった。

サンタは笑う

クリスマストムサンタクロースからのプレゼントを楽しみにしていた。
起きるとクリスマスツリーの下にプレゼントが3つほどあった。
からサンタが中を覗いているのが見える。
サンタはニタニタと笑いながらトムを見ている。トムはニタニタ笑っているサンタを見て少し不気味に思いながらもプレゼントの置いてある所に行った。

トムはまず一つプレゼントを手に取った。サンタは更にニタニタ笑っている。

プレゼントを開けると中から長ズボンがでてきた。トムは少しがっかりしたような顔をしながら次のを開けた。

サンタを抱えながら笑っている。
二つを開けると中からサッカーボールがでてきた。
トムはますます不機嫌になり、とてもが立った。

トムは続けて三つ目を開けた。
すると中から自転車がでてきた。
サンタの上を転がり回って笑っている。

トムはとうとう耐えきれなくなって泣き出してしまった。

解説

トムは足がなかった。

撃者

空気を入れ換えようと
自宅マンションのカーテンを開けたところ

ちょうど向かいのマンションの一室で殺人事件が起きていた

しかも犯人があってしまった

犯人は人差しを立て、私の方を見ながらを動かしていた。

解説

犯人り手を殺しにいくために何階に住んでいるのかを数えていた。

心理テストに出るという問題です。
一般人は「次はお前の番だ。」や「今から行くから待ってろ」などと言っていると回答するのが普通
殺人や重度のストーカーなどの性格異常者の多くは結論を最初に言う。
就職活動で面接をしていれば分かると思いますが、先に結論を言って次に過程を言うのと同じ理です。

ビデオ

部屋に置いてある物が微妙に動いてる気がしたから留守の間にビデオを回すことにした。

に帰ってさっそく見てみると、知らない女がに入ってくるのが映っていた。

女は部屋のいたるところを物色している。
「うへぇ、最悪」

そう考えていたら女はそのまま押し入れに入っていった。

いつ出るのかなと思いながら見ているとまたに入って来た。

だった。

解説

女はまだ押入れにいる。

消えない死体

ある日、泣きがしゃくに障ったのでを殺した、死体は井戸に捨てた。
次の日見に行くと死体は消えていた。

5年後、細なけんかで友達を殺した、死体は井戸に捨てた。
次の日見に行くと死体は消えていた。

10年後、酔った勢いでませてしまった女を殺した、死体は井戸に捨てた。
次の日見に行くと死体は消えていた。

15年後、嫌な上を殺した、死体は井戸に捨てた。
次の日見に行くと死体は消えていた。

20年後、介護が必要になったが邪魔なので殺した、死体は井戸に捨てた。
次の日見に行くと死体は消えていなかった。
次の日も、次の日も死体はそのままだった。

解説

井戸に捨てた死体が消えたのは殺すたびにが毎回処理してくれていた。

心霊写真

誕生日ホームパーティーを開いたわけ。
その時、の中でみんなの写真撮ってみたら、変なものが映っちゃったのよ。
背後の押し入れから見知らぬ真っ白い顔しての女が顔出して、こっち睨みつけてんの。

これやべーじゃんってことで霊者に鑑定してもらった

そしたら
「この写真からは何も感じない。心霊写真ではないですね」だってさ。

あ~良かった。これで安心したわ。

解説

心霊写真ではないということは本物の人間がいたという事になる。
見知らぬ真っ白い顔をした赤い女が部屋に居た・・・

鉄板

外で散歩をしていたら「キャー!」という女性の悲鳴が聞こえた。
私は驚いて行ってみると道路女性が縦2m、横2m、厚さ50cm程の鉄板らしき物の前に座りこんでいた。
その女性に話を聞こうとしたが、びっくりしたのか話せない。

すぐに作業を着た人が来て訳を話してくれた。
どうやらビルの上で工事をしている時に落としてしまったという。
幸い怪人も出なく、女性は驚いてを抜けてしまっただけらしい。

散歩も飽きて夕陽が暮れ前に、もう一度その場所に寄ってみた。

その鉄板らしき物はまだ残っていた。とても重いので処理ができないのだろう。

危ないからか、近づけないように警備員のような人がいた。

先ほどの女性もいた。をかけてみた。
「先ほどは驚かれたことでしょうね」

女性

「驚きました。悲鳴を聞いた時はびっくりしました」
と返してくれた。

解説

悲鳴の正体がその女の人ではないということは、悲鳴をあげた人は鉄板に潰されたということになる。

息子

息子は、時々、(写真でも、画像でも)人の顔をでじっとすという変な癖があった。

された人間が必ず3日以内に死ぬ、ということを知ったのはつい最近のことだ

今日テレビをつけようとしたとき、息子はじっと画面をさしていた。

ついたテレビには大物議員の姿が。

へぇ、こいつも死ぬのか。

解説

「つけようとしたとき」ということは、まだテレビは画面が暗いまま。
そのときテレビに映っていたのは反射で映るり手の人。
つまり死ぬのはり手。

バス

ある家族が妻の実家に行くために田舎までのバスに乗っていた。

山のふもとあたりにきたときに、子供が
「おなかへった」とだだをこね始めたので、しょうがなく途中のバス停で降りて近くの定食屋で食事をすることにした。

食事が終わり定食屋に設置してあるテレビをふと見ると、さっきまで乗っていたバスが落石事故で乗員全員死亡というニュースが流れていた。

そのニュースを見た妻は
あのバス降りなきゃ良かった」といた。

それを聞いた夫は
何を馬鹿な事を言ってるんだ!」と怒鳴ったが、すぐに
「ああ、確かに降りなければ良かった…」と妻の意図に気づいた。

解説

この家族バスを降りようとする時の時間がなかったら、落石にはあわなかったかもしれない。

追いかけてくる男

深夜コンビニに行く途中で男に追いかけられた。
男は「傷...傷...」っていいながら追いかけてきた。
必死に逃げるに男は「痛...痛...」っていいながら追いかけてきた。
さらに必死に逃げるに男は「ラシ...ラシ...」っていいながら追いかけてきた。
大きな交差点まで来たところでやっと追いかけるのを諦めたらしく
男は恨めしそうに「ぬ...ぬ...」っていってた。
あの男はなんだったんだろう...
そうか、わかったぞ!

に跳ねられた。

解説

傷、痛、ラシ、ぬ → きず、いた、らし、ぬ → きづ、いた、らし、ぬ → 気付いたら死ぬ。

[TOPに戻る]

②①

近頃の警察はなにやってんだろうね。
血税でで食わせてもらってるくせに、ろくな働きしないんだからとんだ穀潰しだ。

先週、職場の近くで殺人事件があったんだよ。
若い女をアイスピックでめった刺し。しかも普通アイスピックじゃない、業務用の三本のやつでだぜ?怖いだろ。

小さな町だから、どこ行ってもその話で持ちきりだ。
マスコミもかなり大きく取り上げてる。滅多にない大ニュースだから理もないけど、恐怖を煽るだけ煽って責任なものだ。
うちのばあちゃんなんか、可哀相なぐらい怯えちゃって、毎日仏壇の前で手を合わせている。

なのに警察ときたら、まだ器すら判明できないだとよ。
まったく馬鹿にしているとしか思えないね。

解説

警察もまだ器がわかってないのに、このり手の男は知っているということは、犯人り手の男。

②②デート

あるサイトで彼女と出会った。
そしてある日、初めてデートをした。
していたのか無口な人で、あまり言葉を発さなかった。
もあまり合わせてくれない。
映画や食事を楽しんだ後、彼女の部屋に行った。

彼女は人生に疲れたようだった。なのでプレゼントをあげた。

彼女は喜んでくれた。
代わりにが好きなジグソーパズルをくれた。
は、
一旦組み立てられたパズルを壊すのが好きな変わり者だ。

1ピースを持って部屋を出た。

はいままで付き合った彼女でもパズルが好きだと言ってジグソーパズルをよくプレゼントとしてもらうのだが、
1ピースだけ持って帰って、後は忘れるという変な癖がある。

解説

あるサイト自殺サイト
プレゼント→死
ジグソーパズル→彼女の死体
1ピース→死体の一部

②③ひとり暮らし

十年前の話

美術の教師をしていたアトリエ用に2DKボロアパートを借りた。
その部屋で暮らすわけではなく、絵を描くために借りたアパート

せっかく借りてるのに住まないなんてもったいない!
そう思った私はに頼み込んでその部屋に一人暮らしさせてもらうことにした。

一人暮らし初日。
ワクワクしながらアトリエに帰宅
くれぐれも戸締まりに気をつけるようにと言われてたので、帰ってすぐに鍵とチェーンをかけた。

そして本を読んだりして楽しく一人の時間は過ぎていく。
気づくともうも更けていたため、もう一度戸締まりをチェックして眠りについた。

しばらくして、多分中の2~3時だったと思う。玄関がガチャっと開いた。
どうやらが絵を描きにきたらしい。

こんな時間にがんばるなぁと、ウトウトしながら思ってると、私が寝ている隣の部屋に入っていった。隣の部屋は画材やキャンパスが置いてある部屋。

そこでは、ブツブツ言ったりクスクス笑ったらしている。
うーん、やっぱり芸術と怪しい人って一重だな、と思いながらいつの間にか寝てしまった。

が覚めると、はもう帰ったようでいなかった。
の絵に対する情熱は尊敬に値するよなぁ、と思いつつ出かける準備をしてをでる。

玄関の鍵を閉めた時に突然恐怖に襲われた。

それ以来、私がそのアトリエに足を踏み入れる事はなかった。

解説

鍵ならまだしもチェーンを開けて入る事は普通の人には不可能
つまり入って来た人はではなかった。
そして・・・普通の人でもなかった。

②④罰ゲーム

少し前の話だ。

仲間内の罰ゲームみたいな感じで心霊スポットに行くことになった。

そこは二階建てので、昔起きた殺人事件で住んでた女が殺されたらしい。

んでまぁ、ちょっと勇気だして行ってきたわけだ
その一の階段がグチャグチャに壊れていたせいで事故があった二階の部屋にのぼれなかったが、それでもだいぶ怖かった。

単純に言うと心霊現は起きた。しかも何回も。

ドアがバンバン閉まる音がしたり、上の階からドンドンと足踏みする音がしたり、何故かの音が聞こえたり…

は耐えられずにすぐさま逃げた。
しかし後で友人にこの時の話をしたところ、実は心霊現は先回りした友人の仕業だったらしい。

解説

階段は壊れているので友人が二階から足踏みすることはできない。
まりこれは本物の心霊現があった。

②⑤い手

職場の同僚A、B、C、D、Eの5人が熱館で小さな忘年会を開いた。

その帰りの際、館の仲居さんにシャッターを押してもらって集合写真を撮った。

しかし、その集合写真には不思議なものが写っていた。

Aの頭からうっすらといて手が生えており、を一本立てている。
Bの頭に生えている手はを二本立てている。
同じくCは三本、Dは四本、Eは五本。

するとあいついでA、B、Cが順番に亡くなった。

Dは写真を思い出した。
「次は自分だ…」

しかしDより先にEが死んだ。

自分の順番がとばされたことでDは安堵した。

心に少し余裕が戻ったDは、忘年会の時に撮った写真を見直してみた。
すると問題の写真の右端に、館の仲居さん(写真を撮ってくれた人とは別の人)の半身が見切れており、やはり頭からいて手が生えている。しかし見切れているせいで、が何本立っているかわからない。
Dは館に問い合わせたところ、C.の死とEの死の間にその仲居さんは亡くなったらしい。

Dはいよいよ自分の死が来たことを悟り、自殺した。

解説

CとEの間に仲居さんが死んだということは、仲居さんから生えていた手は四本立っていたことがわかる。
つまり、Dから生えていた手は4を示しているわけではなく、6を示していた。
片手だけで1から10を数える時、6は4の形になる。

②⑥優しすぎる医者

死が確認されて二週間を経過した彼の皮膚細胞は、数のチューブに繋がれ、人工呼吸器と点滴によって生き続けていた。

しかしそれも、昨日までの話。彼は死んでしまった。
すみません。手は尽くしたのですが…」
医者さんはとても悲しそうな顔で告げた。
彼の亡きがらを抱いた時、とても軽くて、苦しかったんだと思う。
でも、もう苦しまなくていいんだよ?楽になれたね。
「………治療費は結構です」
決して裕福とは言えない私の状況を察してか、なんて優しいお医者さんなのだろう。
私はすぐに泣いた
「……遺体を見るのは辛いでしょう」
医者さんがシーツを被せる。
「……思い出は彼と共に焼いて忘れなさい」
この一言で私は立ち直れた
ありがとうございます。お医者様。

解説

彼は死状態だったので臓器を売られた。
治療費をとらないのも遺体を見せないのも火葬を勧めるのもその為。

②⑦からの手紙

病棟にいる母親から、息子に届いた手紙らしい。
  ↓
大介、イタリアの生活はどうですか。お母さんはフツウ。
守護ジス様のおかげで、元気です。お医者をだまして何でも食べちゃう。
隣人達めケッコウ気さくでいい人ばかり。安心しれ。明日仕事で、皆
船が来るて、喜んどる。毎日楽しいです。給料でるし飯も固くない。
ね、ね!!病棟生活だからって悪いことないわ、わりと私にはいい老後です。じゃね。

解説

ある部分だけを縦読みすると答えが分かるようになっている。

介イタはフ
護ジスだま何食
人めケしれ日事
がるてでるもな
      私 い

介護人が虐める、助けて、何日も私、食事い。

②⑧手料理

久しぶりに実家に帰ると、亡くなったを思い出す。
は頭が良く化学が得意だったのだが晩年は認知症だった。
身の回りの世話をつきっきりでしていたを困らせてばかりいた姿がに浮かぶ。
そして今は亡きの書斎に入った時、私は初めて違和感を覚えた。
プレゼントしたカレンダーが見つからない。
何の気しにテーブルを漁ると、ハサミでバラバラにされた幾つかのカレンダーの切れ端が順序良く並んでいる事に気が付いた。
はどんなに呆けていても、私のプレゼントは大切にしてくれていたのにと…私はショックを受けた。
私は感傷とともに並べられた日付を整理した。
4/4 4/4 4/10 6/11 3/1 6/12 5/6 7/2 6/7 6/17 4/10 4/14 5/16
私は一枚だけ向きが逆になっている6/17に気づき、他の日付と同じ向きに変えていると、一階のが私を呼んだ。
今日から五年振りの手料理が食べられる。
感傷を胸に押し込み、私はの書斎を後にした。

解説

カレンダーの日付の部分が元素記号になっており、暗号になっている。

4/4 4/4 4/10 6/11 3/1 6/12 5/6 7/2 6/7 6/17 4/10 4/14 5/16
 Ti  Ti  Ni  Au Na  Hg Mo Ra Re  At  Ni  Ge  Te (※6/17は逆なのでtA)
 チ チ  ニ  アウ ナ Hg モ  ラ レ  タ   ニ  ゲ  テ
 に会うな 水銀Hg)盛られた 逃げて。

②⑨「裏」

ある数学教授がいた。彼はに帰る途中に1枚のコインを拾った。
片面には三角形の模様、もう片面にはの模様が彫ってあった。
教授確率について研究をしていたので、
このコインの「裏」の出る確率をしらべようとした。
しかし、教授はどっちが「裏」かわからない。

翌日、教授はいろんな人にこのコインのことを尋ねてみた。
しかし、皆見たことすらないという。

その日から、教授は常にコインを持ち歩き、
人に会えば、その度コインについていていた。
暇があればコインを投げて、出た面をチェックしていった。

それからどれくらいの日が経っただろうか、
どれくらい教授コインを投げただろうか、
ついに「三」の出る確率と「」の出る確率が割りだされた。
25  75
信頼できる確率である。

しかし、教授は「裏」の出る確率が知りたかった。

結局どちらが「裏」かわからないまま

教授は死んだ。

解説

の模様の面が放射性物質だった。「裏」がウランとかかっている。
は警告を表すマーク放射線マーク、と考えられる。

③0監禁事件

拉致監禁事件が酷い物になってきていますね。今回の被者は事生きて帰ってこれてよかった」

「そうだな。かなりの虐待を受けていたようだし心の傷の治療も時間がかかるだろうが、生きているだけ同じ所に監禁されていた他の被よりマシだ」

「加者のから彼女を発見した現場まではかなりの距離がありますね。きっと逃げたい一心で必死に走ったんでしょうね・・・」

「ああ、彼女のおかげで犯人も捕まったし、他の被者も浮かばれるだろう」

「彼女はこれから大変ですね」

「逃げられないように両足を切断されていたからな。治療が終わったらまずは車椅子に慣れる事からだ」

解説

必至に走った「彼女」は足がある被者。
*両足を切断された「彼女」は加者。

「彼女」(逃げた被者)のおかげで彼女(加者)が捕まったのは
犯人を教えたからではなく“犯人が逃げられなかった”から。
必死に走った”とあるので被者には足があると思われる。
また、現場まで距離がある(犯人が逃げるだけの時間的余裕は十分あった)にも関わらず
犯人が捕まったのだから両足がいのは加者の「彼女」だと思われる。

[TOPに戻る]

③①ホテル

出張で泊まるホテルは同僚が出るぞーって散々脅していたところだ。ビビりなはガクブルでそのベッドに入った。

案の定ドアノックする音がする。
ホテルの人かな?と思いをかけたが返事がない。もうドアも見るのも怖くてひたすらノックの音がする中が明けた。

ノックが止んだ後はすぐにチェックアウトした。

出張から帰って同僚にノックの話をすると
「やっぱりでたか」とこんな話をした。

そのホテルは以前火事になり逃げ遅れた人がいたという。
その人は運悪く部屋の中に閉じ込められてそのまま亡くなったそうだ。

ああ良かった、ドアを開けたらどうなっていたか。

解説

火事で部屋の中で死んだ霊なので霊は部屋の中にいたはず。
つまりノックの音ではなくて、外に出たくて必死いていた音。

③②エレベーター

友人の話

その友人は高層マンションに住んでいます

彼は14階に住んでいるためエレベーターは必須なのです。
これは、仕事が長引いてしまい、中に帰宅したときの話です。

いつものように彼はエレベーターに乗って14階のボタンを押し、ドアが閉まり動きだしたところ、8階のボタンランプが点したそうです。

「ああ、だれか乗ってくるのか… 」

そう思った直後、ハッとした友人は慌てて2階3階4階5階とボタンを連打しました。

エレベーターは2階は通過したものの、3階で止まってくれたので開きかけのドアをこじ開ける勢いで外へ飛び出しました。

そのまま階段を駆け降りてマンションをあとにして、までコンビニで立ち読みしていたそうです。

「まあの思い過ごしだと思うけど、万が一ってこともあるしな」

友人は笑いながら他の友人達にそう話していましたが、しかし間にエレベーターを使うのは今でも控えてるみたいです。

解説

8階からボタンを押してもエレベーターの中のボタンらない。
なぜなら内側からボタンを押さないとらないようになっている為。

ということはエレベーターの中にかいた。

③③警察

あるマンションの一人の住人の話です。

仕事帰り、マンションのエレベーターに乗りました。

自室のある階に到着しエレベーターが開いた時、入れ違いに入って来た男とぶつかりました。

その男はマンションでは見た事のない男でした。

、住人は昨隣りの部屋で殺人事件があった事を知ります。

その日のの事、部屋のチャイムが鳴ったのでドアを覗くと、そこには警察官が立っていました。

『昨、このマンションで殺人事件があった事はご存じでしょうか。

何か不審な人物を見掛けたなどの情報があれば伺いたいのですが』

住人はその時、ふとエレベーターですれ違った男を思い出しましたが、

面倒くさい事には関わりたくなかったので、ドア越しに『何も分かりません』とだけ答えました。

警察官は『ご協ありがとうございました』と言って帰りました。

数日後、殺人事件の犯人が捕まったというニューステレビ犯人の顔が映し出されていました。

それを見て住人は血の気が引きました。

その犯人の顔は、数日前部屋にやって来た、警察官の顔でした。

解説

犯人エレベーターですれ違い、警察官の格好をしてに来た男。
犯人について何か知っていた場合、私は口封じに殺されていた。

③④もいない民家

友達と二人で話してたら、
久しぶりに心霊写真撮ってみたいと友達が言い出したので、
近くの山に惨殺事件があってからも
未だに取り壊されず残されてた民家があるので中に行ってみた。
玄関から居間、風呂場とトイレ、キッチンに父親の部屋、階段から二階へ行き、
子供部屋からベランダ、母親の部屋、階段を降りて一階へ。
最後にバックに一人ずつ。片っ端から写真撮って帰った。

んで今日。出来上がった写真を見て俺達は驚いた。

何も写ってないのだ。
もちろん俺達普通に写ってる。霊的な物が何も写ってなかったのだ。
「・・おかしくね?」
「もう成仏しちゃったとか、じゃねぇかな?」
「やっぱそうなのかな。じゃあ、あそこ行ってももう心霊写真撮れないって事か。駄だったなぁ」
「そうでもないよ。行く途中に結構周りから孤立してる民家、一軒あるから。次はそこ行こうぜ」
「おぉ!マジで?そこも廃墟?」
「んな訳ねぇじゃん。普通に人住んでたよ。今日夜行こうぜ」
「おっけ、分かった。今の内に適当に準備しとくわ」
楽しみだ。かなり久しぶりだから何かワクワクする。

解説

主人公と友達が殺人
→ 「父親の部屋」や「母親の部屋」というのは身内には分かるが、第三者には分からない。
→ 知っていると言うことは、主人公と友達が惨殺した。
成仏しちゃって写らなくなった。
→ 「人が住んでる」、「孤立してる民家」に「準備」して次の惨殺ターゲットを物色に行く会話。

③⑤浮気がバレた

昨日彼女に浮気がばれた。
夕方仕事から帰ると郵便受けに彼女からの手紙が入っていた。

まじいをこっにくこんてはかろやてらしきねで9にみ

なんだこの手紙ビンゴのように等間隔に書かれている。
晩飯を食べながら考えているとインターホンが鳴った。
こんな時間に誰だろう。

解説

手紙の内容をビンゴのように5x5に並び替えて、右上から立て読み

⑤ ④ ③ ② ① ↓
ま じ い を こ
っ に く こ ん
て は か ろ や
て  ら し き
ね で 9 に み


①こんやきみ
②をころしに
③いくから9
④じには
⑤まっててね

⇒今君を殺しに行くから9時にはで待っててね になる。

③⑥にも彼女ができました

にも彼女ができた
包容のある蠍座B型
丁度仕事から帰って来た時告白されて
持って来た食材で料理中。
つまりにもが来た
たのしい日々が始まりそう
女っ気がない人生から卒業
ニコニコした生活が待ってる
居場所もできて
座ってると料理が出てきた

ラッキー
れんあい経験いけど
てんからの贈り物かな?
にんげん、良い事がある
げんに、がそうだ
ラッキー
れんあいも頑るか
なんか、ずっと見ていてくれて、
いつも気に掛けてたらしい
たのしい
すてきな人生
けいけんないで良いらしい
てか、これ見て照れてるよ

解説

先頭の1文字を上から縦に読む。
包丁持つた女ニ居座ラれてにげラれないたすけて
包丁を持った女に居座られて逃げられない、助けて になる。

③⑦彼女と

には彼女がいる。

だが、最近に感づかれたみたいで、
に帰るといつも『どこ行ってたの』等がうるさい
逆に彼女は毎日メールで励ましてくれる。

にとってはオアシスのような存在である。
しかし今日メールが返って来ない。

はフられたと沈みに帰ると、
ペットジョンが上機嫌で迎えてくれた。
も機嫌が良く、口うるさくなかった。 もう不倫はやめようと思い、
彼女に『さよならメールをした。
どこかで彼女のメール着信音が聞こえたような気が・・・

解説

が彼女を殺し、ジョンが殺した彼女を食べたので機嫌がいい。

③⑧

趣味山に登り写真を撮ること
今日もいつもと変わらず山に登る

だが気が悪化し近くにある山小屋で、回復するのを待つことに
山小屋にはもう一人い色のを着た女性がいた
だがおさまる気配がいため泊まることに
次の日起きると寝ている人が一人増えた

まだこの山で困っている人がいたんだ
とか思いながらおさまるのを待つ
次の日また一人増えていた

次の日もまたその次の日も
こんなに多いのはおかしいと思い、

持っていた写真ムービーモードで寝ている間を撮った
次の日確認すると、女の人が血だらけの人を小屋にいれて

布団に寝かしていたのである

解説

女の人は人殺し。殺して死体を小屋に入れた。い=血

③⑨パパママ

最近、パパく帰ってくるから嬉しい。

最近は学校から帰ると毎日にいる。
いっぱい遊んでもらえるの。だから、とても幸せ
この前は、パパママリサので洗濯物をたたんだ。

干してあるヤツをたたみ、押し入れにしまったの。
とっても上手にできたんだよ。だから、今は毎日やってあげるの。
こないだ学校から帰ったら、パパママもいない。

退屈だからまた洗濯物をたたんであげた。
でも、パパママズボンはまだたたんでない。
いつもと違い部屋に干してあるけど、いくら引っっても取れない。

ズボンにくっついてた靴下は取れたんだけど。
だからまだ部屋にぶら下がったまま。

解説
は首つり自殺した。
女の子はそれを干していると勘違い。
をひっばろうとしたが背が足りなくて靴下しかとれない。
ズボンはしっかり穿いている。
上着は小さな女の子がさわるには高すぎて理。

④0交通事故

は今、会社で視されている。

原因は自分でも痛いほどわかっている。

先日、同僚の彼女とデートに行った。
会社でムードメーカー的な彼女はからも好かれている。
でも、そのデート帰り道に彼女は事故で死んだ。
電柱にめり込んだ助手席はぐちゃぐちゃに大破し、
彼女も同じ様に。

だけが助かり、すぐに職場に復帰したが彼女を奪った恨みのせいか、
れみのせいかに話しかける人などいない。

彼女にを手向けようと事故現場に足を運び、
そっと手を合わせる。
その時、聞き覚えのあるが聞こえた。

「ずっと一緒でしょ?」

解説

事故に巻き込まれたのは彼女だけではなく自分も。
り手は自分も死んでいることに気づいていない。

 [TOPに戻る]

④①少女の願い

とある病室に一人の少女がいた
その少女は、生まれつき病気をもっており、不治の病という
この不治の病のせいで少女は、ずっと病室で過ごしてきたのだ
そんな少女に一人のおさまが現れたのだ
そして、おさまはこう言った
「あなたの願いをえてさしあげましょう」
少女は答えた
病気をなおして、く楽になって、新しい友達たくさんつくって、たくさん遊びたい!!」
かしこまりました………その願いえてさしあげましょう……」

--その日から十日がたった
その日の翌日に何故か不治の病が治っていたのだ
そして、病室から出れた私はたくさん友達をつくることができた
そして、今現在に至る
でもね………おかしいなことがあるんだ
「私の友達は、すでに死んだ人達ばっかりなんだ…………」

解説

病気をなおして」⇒そのままの意味。不治の病を治す。
く楽になって」⇒楽になるということは「死ぬこと」とも捉えられる
「新しい友達たくさんつくって、たくさん遊びたい」⇒願いの順番的に死後に友達をたくさんつくる
となる。
④②飛び降り

会社までの徒歩通勤時に取り壊し予定の人マンションの近くを通るのだが、
そこは飛び降り自殺が多く、自殺者の霊の情報も多いくつきマンション。
周りにも少ないしはかなり不気味で怖い。

この間残業で帰りが23時頃になったときガクブルしながらそこを通ったんだが、
マンションの屋上に人影が見えた気がした。

!?

ビビって心臓止まるかと思った
よく見てみたがやはり屋上かが立っている。

まさか幽霊・・・と思った間その人が飛び降りた。
コンクリートに打ち付けられる嫌な音がして、女の人が倒れてるのが見えた。

慌てて携帯救急車を呼んでその人に駆け寄った。
血まみれで足は変な方向向いてるし、幽霊ではなかったが、かなり恐怖だった。

落ちた音を聞いてかマンションのベランダから何人かこっちを見てる人もいた。
すぐに救急車が搬送していったけど、
に帰っても現場を思い出してしまいまったく眠れなかった。

次の日聞いたら、重傷だったけど命の別状はなかったらしい。
ホント未遂に終わってよかた・・・もし亡くなってたらマジトラウマになるところだったorz

解説

最初は「人マンション」だと言ってる。
その後、「マンションのベランダから何人か見てる人が…」と言っている。
人マンション」なのにベランダから見てた人は――。

④③心霊スポット

あれは私が18歳の頃地元でも有名な心霊スポットへ行った時のことでした
当時私は同じ学年の男子と付き合っており、その他のカップル達とグループ交際をしていました

3組のカップル、計6人で山の中にある古いトンネルに向かいました
トンネルの前にあるスペースを止め、静かに中へ

中は驚くほど静かでした、私はあまりにも恐かったので彼の腕にしがみ付き眼を閉じていました
私たちの前では他のカップル(仮にAとBとします)
A「やだ~B、恐いよー」
B「大丈夫だって、いざって時はが守ってやるから・・・」
A「B・・・私Bがいれば恐くない!」
などとバカップル振りを発揮し、ずっとイチイチャしていました

A「んーBがキスしてくれれば恐くなくなるかも・・・」
B「えーしょうがねーなー・・・」Bがキスしようとしたその時

「オエエェェェ!!」

かが吐くようなが聞こえて来ました
みんながシン・・・としていると今度は明らかに私たちの後ろから
「ッチ!」と舌打ちする音が聞こえてきたのです。
私たちはすっかりパニックになってしまい急いでに飛び乗りに帰りました

その後霊感の強い知り合いに話を聞くと
あそこは危ない、特に女性を連れてるとその人は大体不幸にあうから『雌殺しトンネル』って呼ばれてるんだ」
と教えてくれました。 幸い私たちは全員男だったので事きを得ましたが、
もし私が女性だったら・・・と今でも鳥肌が立ちます。

解説

「オエエェェェ!!」と「チッ!」といった人物は幽霊
まさか男同士のカップルが来るとは思わなかった。
つまり・・・┌(┌^o^)┐ホモォ・・・

④④

その日は同会に行きました
みんなのムードメーカーのA
頭がよくてわからない問題を教えてくれたB
クラスマドンナでみんなに憧れられてたC
はまたこの愉快なメンバーと騒げることに幸せを感じました

わいわいがやがやと思い出をっているうちについに最期の修学旅行の話になりました
飛行機の中すごかったよな?だってファーストクラスだぜwww
そんな事を話しているといきなり空気が変わりました

なんだと思ってみてみるとDが・・・D?Dがなぜここに
さっきまで馬鹿騒ぎしていたAもBもCもクラスの皆もそして私もおびえました
Dは一人ひとりの席の前に行き、をかけて回っています
Dが私の前に来たとき思わず叫んでしまいました
お前はあのときいなかった お前はこの世にいないはずだ」

解説

修学旅行の最終日、乗っていた飛行機墜落し乗っていたクラスメイト全員死んでしまった。
しかし体調が悪くて修学旅行に参加できなかったDだけが生き残った。
事故から数十年後、みんなが眠る墓の前にDがお参りに来た。

④⑤手紙

を殺して両親や私にも怪を負わせたが刑務所から手紙を寄越した。

「昨、、年、
時計、照、没、常」
「逸、線、走、却」
「監、、舎、投」

手紙の消印は一昨日だ。

「鍵を閉めなきゃ!」
気付いてすぐ玄関に向かったがドアを開けたが悲鳴を上げた

解説

あるなしクイズ
漢字1文字を当てると読めるようになる。

今「昨、、年、
日「時計、照、没、常」
脱「逸、線、走、却」
、舎、投」

最後に縦読みすると 今日脱獄となる。
死刑囚、殺しきれなかった家族を殺しに来た。

④⑥呪い

呪い書を手に入れた。

冒頭にこう書いてある。
「これに書かれてある手順を実行すると呪いが成就するが、
手順を間違えるとその呪いは自分に返ってきます。あなたはそれでも実行しますか?」
論だ。
には許せないがいる。
だからこそこの呪い書を手に入れたのだ。
は呪いの手順を始めた。

「1.まずはじめにを閉じて呪いたい相手の顔を思い浮かべます」 

忘れたくても忘れられるものか、との顔を思い浮かべた。
よし、次だ、どれどれ・・・

「2.どんな呪いをかけたいのか思い浮かべます」

考え付く全ての苦痛を与え続けてやる。
よし、次だ。

「3.最後にを開けます」

解説

手順3の「最後にを開けます」と書いてあるのが重要。
り手は1を実行した後すぐにを開けて書を読んでいる。
この時点で手順を間違えている為、呪いはり手にそのまま返ってくる。

④⑦での出来事

最近残業続きで寝不足気味だったは、ある日気付くとホームで寝転がってしまっていた。

まわりにいる人たちが迷惑そうな顔でを見下している。
中には罵を浴びせてくるやつもいた。
だがは、猛な睡魔に勝てずに寝続けていた。
そんななかで一番失礼な態度だったのは、何とも駅員の野郎だった。
めんどくさそうを荒げて野次を追い払うと、の顔をひっぱたきこう言いやがった。
「おい!生きてんのか?何か喋れ。名前は?」
むかついたを閉じ寝たふりして視してやった。
するとどうだ、こいつは髪の毛をつかんで理矢理引き起こしやがったんだ。
つい口をついて「痛えな引っるじゃねえよ」とつぶやいたが、駅員造作にの頭をバケツみたいなものにつっこみやがったんだ。
中には何か硬いものが入っていて、のうえを少し切っちまった。
これにはさすがにもキレた。
文句付けてやろうと何があたったのかよく見てみると、それは見慣れた腕時計だった。

解説

り手はホームに落ちて電車にひかれバラバラになってしまった。
から飛び込み自殺あったら周囲の人は迷惑そうな顔するかもしれない。
の顔をひっぱたきというのはその後のセリフからもわかるように生存確認と思われる。

④⑧ゆでたまご

おじいちゃんの好きな食べ物はなんですか?」
ゆでたまごです」
「じゃあゆたまご以外で好きな食べ物はなんですか?」
ゆでたまごです」

解説

ゆで卵と茹でた孫。
おじいちゃんは人食い。

④⑨シャワー

私がお風呂でシャワーを浴びているとき
リビングの方から一つの悲鳴が聞こえた。
私はすぐに風呂から上がり、素っ裸でリビングに向かう。

するとそこには、覆面を被った男と
体から血を流したの死体が床に横たわっていた。
覆面の男は私を見た途端、すぐさまから逃げ出し
私は顔をに染めながらその場に座り込んだ。 

解説

悲鳴をあげたのは覆面を被った男。
男は強盗だったが殺人現場に遭遇してしまい思わずをあげてしまった。
シャワーを浴びていた理由は、殺人犯が私であり家族を殺した際に浴びた返り血を洗い流す為。
私は素っ裸で武器を持っていなかった為、真実を知った男を殺せずに
逃がしてしまったことで通報されて逮捕されると思い、顔をにして座り込んでしまった。

⑤0 5歳になる

ある夫婦5歳になるがいた。

夏休みのある日、が起きてきたら変なことを言った
[パパママ、ウカヤヘテギンパパママ、ウカヤヘテギン。」
そんなことが数日続き、流石に夫婦も気味が悪くなり霊媒師に見てもらおうと、
を録音した。
録音した次の日のが起きてくると、
「エニソヌレチキエザン。エニソヌレチキエザン。」
と、いつもと違う言葉を言った。妻はそのも録音した。
次の日、が急死した。
葬儀も終わり、やっと落ち着いた夫婦
「このテープもあのの最期の形見になっちゃったわね。」と、テープを再生した。
懐かしいがそこにはあった。
もう一度、聴こうとした夫婦は急いでから逃げ出した。

解説

カヤへテギンの部分とエニソヌレチキエザンの部分をローマ字に変える。
ukayaheteginとenisonuretikiezanとなる。
これを逆さから読むと「く逃げて」と「なぜ生きてるの?死ね!」になる。
もう1度聞こうとテープを巻き戻したらの警告が聞こえたのだろう。
両親はそれで逃げ出した。

[TOPに戻る]

⑤①お化け屋敷

夏休みって事で彼と遊園地お化け屋敷に入った。
とにかく私は怖がりで、中がっ暗なだけでもうガクブル。
彼の腕を肘ごと抱え込んで、もつぶって俯きながら歩いた。  

彼に胸が肘に当って気持ちいいwとか言われたけど、恐くて怒る気にもなれなかった。
彼は「こんなん作りもんじゃんw」って言うんだけど、私はもうキャーキャー叫びまくり。
をつぶってて何も見えないから彼がたまに「うわっw」とか言うだけでビクビクしてしまった。
最後の方なんて「もう少しだから頑れw」なんて彼に背中をさすられながら半泣きで、何とか出口まで歩いた。
外に出て彼の腕を放すと、くっきりと私の手形が付いててどんだけだよ自分www

とあまりのへたれっぷりに笑ってしまった。

解説

彼女は彼の腕ごと抱え込んでを俯きながら歩いていた。
しかし彼女は彼に背中をさすられたと言っている。
腕を抱え込まれたら手跡はつかないし、反対の腕で彼女の背中を触るのも不可能
向かい合って抱くようにしなければできない。
では彼女は背中をさすられ、彼はに手跡と付けられたのか。

⑤②

ある男の所に、見知らぬ紳士を持ってやってきた。
そのにはボタンが付いていて、  それ以外には何も仕掛けらしきものは見あたらなかった。
その紳士は穏やかな口調で  男に言った。 

「あなたがこのボタンを押すと、どこか遠い場所で、あなたの知らない人が死にます。 
そのかわり、このボタンを押して頂けましたら、あなたに100万ドルを現で差し上げましょう。」 

そう言うと、紳士ボストンバックを開き、中に詰め込まれた札束を見せた。 
男がうと、紳士は3日後にを取りに来るから、それまでに決心して欲しいと言って去っていった。 
男は悩んだが、誰も知らない人間なのだからと、最後の日にボタンを押した。
翌日、  紳士が現れ、男に礼を言って100万ドルと引き替えにを回収した。
紳士が会釈して  去ろうとしたとき、男は紳士に尋ねた。 

「本当に人が死んだのか?」  すると紳士は答えた
はい。確かに昨晩、遠い場所で、あなたの知らない人が死にました」 

 男は良心が痛んだが、の前の札束を見て自分を納得させた。 

「もう一つ教えてくれ」 
「はい、何でございますか?」 
「そのはどうするんだ?」 
すると紳士は微笑んで言った。 
「どこか遠い場所の、あなたの知らない人に届けます」

解説

ボタンを押すと見知らぬ人が死しに、ボタンを押した人物に100万ドルが与えられる。
では紳士はどこからその100万ドルを持ってくるのか?
殺される人物はランダムに選ばれたのではなく、既に決まっている。
それは一手前にボタンを押した人物が殺され、与えたお金を回収し次にボタンを押した人物に与えられる。
もし次の人がボタンを押さなくても、また3日後に別の人物にを届けられ、押されたら殺される。

それを永遠に繰り返す無限ループ

⑤③休みのコンビニ

が覚めるとだった
めざましをかけるのを忘れていたらしい
しかも故障したのか日時がずれていた
これだから安物は困る
やたらが減っていたので冷蔵庫を開けたが何も食べるものが何もない
昨日山ほど買い込んで来たはずなのに、うちの家族はどんだけ大食いなんだよ
仕方ないから外に食べに行く事にした
を来てコンビニへ向かう
途中でが血を吐いて死んでいた。
こえー
コンビニへ着く
しかし鍵がかかっていて入れなかった
今時コンビニが休みとかあるのか?
首をひねりながらに帰る
結局何処の店も休みでそのままに帰った
訳が分からん
何かあったのだろうか
テレビを付けようとしたがつかなかった
ああ、停電なのか
だから店とか休みだったんだな
そう思って仕方ないから寝ることにした
が減ってなかなか寝れなかった
停電うぜぇ

解説

これは2011年3月日本であった本当の話。
原発事故があった福島のある町での出来事。
その町では原発が何個もあり、電気はそこでつくっている。
しかし大規模な地震が発生し原発事故が発生。
そこの住民は全員避難して町はっぽの状態になっていた。
昨日大量に買った食糧が全くないのは、家族が全部避難所に持っていったから。
つまりり手は家族に気づかれずに置いていかれた。
く町から逃げないと危ない。

⑤④遊園地

小学校に入る前の遊園地に行った 
入り口には看が貼ってあって、楽しんでねと書かれていた
まだ字が読めるようになったばかりのが、まじまじとその看をみていて微笑ましかった
ジェットコスター観覧車コーヒーカップ、と色んな乗り物に乗ったが、
しかしどうにもはそわそわして楽しんでいる様子がない
はせっかく遊園地に来たんだから入り口に書いてあるようにしないと駄だぞ、と言うと
やたら暗い顔になる
まだ遊園地かったのかもしれない
仕方ないから帰ることにした
そしてはその日自殺した
は今でも自分を許せない

解説

はまだ小学校に入る前で、字を覚えたばかり。
り手であるは入り口の看のようにしないとダメだとに言ってしまう。
幼稚園保育園では普通ひらがなカタカナは教えても漢字を教えることはまずない。
なのではまだ漢字を読むことができず、ひらがなだけ読んでいた。
楽しんでね⇒しんでね⇒死んでね、となる。

⑤⑤ラグビー

ある男の子は五体不満足でした。
両手両足のない先性の病気を持っていて、
学校に行くことも出来ないだろうと医師には言われていました。
それでも両親は、本人の意思を尊重したいと言うことで、
普通小学校に入れることにしました。
そしてある日、泥だらけでその子は帰ってきました。
何をしていたのかを聞くと、ラグビーをしていたと笑顔で答えました。
「そんなに楽しかったんだ・・・。」と、両親はホッとしました。

解説

両手両足がい状態ではラグビーはできない。
彼自身をボールにされて、いじめられていた。
ラグビーしようぜ!お前ボールな!」

⑤⑥強盗

ある夫の妻がで強盗にあったそうです。
たまたま手に持っていた包丁で撃退したらしく、
妻は何の変哲もありませんでした。
妻を迎えに警察署に行き、事情を聞いてみると、

インターホンが鳴ったから、あなたが帰ってきたと思って、
急いで玄関を開けたら強盗だったの。」

夫は妻を抱きしめ、さぞかし怖かっただろうと思い、
夫婦二人でに帰宅しました。

解説

たまたま包丁を持っている時点でおかしい。  
元々妻は夫を殺すつもりだったが、たまたま相手が強盗だった。
夫の命が危ない。

⑤⑦片づけ

近所では有名なあるお姉さんが居ました。
その人にはもいて、と二人暮らしをしていました。
近所でもきれい好きだと評判で、片づけはとても上手な女性でした。
ある日、お姉さんに言いました。

「少しはあんたも部屋片づけなさいよね。」

若干ムッとはしましたが、渋々部屋を片づける事に。
そして数時間掛けて部屋を片づけ、
部屋は見違えるほど綺麗になりました。
そこに、お姉さんは大きなゴミ袋を持って帰ってきました。
お姉さんを褒めました。

解説

綺麗好きという点に注
綺麗じゃないと気が済まないので、から見たらも汚く邪魔だった。
を殺して捨てるために大きなゴミ袋を持っていた。

⑤⑧元気な子ども

すっかりの曲がってしまった老人がをついて歩いていると、
突然さな子供がうなりながら体当たりしてきた。
何度も体当たりしてきた。 

「・・・すいません。 この子人懐っこくて、にでもジャレてしまうんです。」 
「いやいや、子どもは元気なのが1番ですからねぇ、ほほほ」

男はかるく子供を叱り付けて、再度謝った後に去って行った。 
その後、警察が老人のを尋ねて、その日から老人は気が狂ってしまった。

解説

後ろで手を縛られて、口を塞がれた状態で子どもが逃げてきた。
体当たり=老人に助けをめていた。
うなりながら=口を何かで塞がれている。
がまがったおばあちゃんには子どもがどういう姿だったのか璧に見えていなかった。

⑤⑨山と

昨日は山へ足を運んだ。 
今日へ足を運んだ。
明日はどこへ行こう。 
私は頭を抱えた。 
「手を焼いているんですか?」 
と聞かれたので、振り向いてこう答えた。 
「どうも」

解説

遺体の拠隠滅の現場の話。
山に片足を運んで埋めた。
へ片足を運んで埋めた。
今は頭を腕に抱えている。
手も今焼こうとしていた。
最後に胴(どう)も焼くつもり。

⑥0不幸少年

不幸な身の上の少年はある日、孤児院の先生に尋ねた。 

少年先生。どうしてにはパパママがいないの?」
先生「あなたのご両親はね。あなたが小さい頃、人の強盗に殺されてしまったのよ」
少年「どうして歩けないの?が見えないの?」
先生「その強盗にひどいことをされたからよ」

少年人を恨んだ。全ての人を憎んだ。
理だと分かってはいたけれど、いつか犯人を探してぶち殺してやろうと思っていた。
ある日先生がいった。

先生「喜びなさい!あなたの足とは手術で治るのよ!」

少年はまず足の手術を受けた。
そしての手術をした翌日、少年は治ったばかりの足で電車の前に飛込んだ。

解説

全ての人をぶち殺してやる。⇒
が治り、鑑と見る。⇒
少年は愕然とした。⇒

そこにはい肌をした自分の姿があった⇒
少年人だった。⇒
飛び込み自殺の流れ。

怖い話は気が向いたら追加していく予定。

 [TOPに戻る]

 

複数の解釈がある怖い話

通常のコピペには正しい答えがあるが、中には「ナポリタン」と呼ばれる答えとなる解釈が複数ある話がある。
ここでは複数の答えがある意味が分かると怖い話を書き出していくコーナーになります。
問題の回答を知りたい場合は解釈空白部分をドラックすると文章がり出てくる、かも?

ナポリタン

ある日、私はに迷ってしまった。
になりおも減ってきた。
そんな中、一軒のお店を見つけた。
「ここはとあるレストラン
変な名前の店だ。
私は人気メニューの「ナポリタン」を注文する。
数分後、ナポリタンがくる。私は食べる。
……なんか変だ。しょっぱい。変にしょっぱい。頭が痛い。
私は苦情を言った。
店長:「すいません作り直します。御代も結構です。」
数分後、ナポリタンがくる。私は食べる。今度は気みたいだ。
私は店をでる。
しばらくして、私は気づいてしまった……
ここはとあるレストラン……
人気メニューは……ナポリタン……

解釈①

店の前にThis is a restaurantfamous for neapolitan.と書かれてあった。
This is a restaurant (ここは とあるレストラン
famous for neapolitan (ナポリタンが人気です)だと思った。
だが本当はThis is a restaurant famous for neapolitan (ここは不潔で有名な店だよ)だった。
それを店を出てから気がついたというアメリカジョーク
napolitanは汚いというスラングがある。

解釈②

ナポリタンアメリカではナポリタンアイスクリームナポリタンピザナポリトマトソースの俗称として使われる。
ナポリタンアイスストロベリーバニラチョコレートの三色アイス
これが「血・大便・精液」の色に似ていることから
ナポリタンアイス=汚物入りの食い物というスラングがうまれた。
This is a restaurant famous for neapolitan.
「ここは汚物入りのようなひどい飯を出すレストランだ」という意味。

解釈③

Neapolitanといえば、ストロベリーバニラチョコレートの三色アイスクリーム
そこからスラングとして「パートナーの鼻を殴って血を出させ、
顔に精子をブッカけ、大便をのせる」というプレイすこともある。
レストランで最初に出てきたのはこれ。数分後に出てきたのはアイスクリーム
また、ナポリ病(Neapolitan disease)といえば梅毒
最後にこれをもらったことに気付いた。

解釈④

「とあるレストラン」の「とある」を「屠ある」として考える。
「屠」は広辞苑によると「畜を殺してを取ること」という意味。
そして「ナポリタン」ですが、トマトソースがかかっている。
ここで気付いてしまう。
トマトソースの色は畜を殺したときに出る血も・・・。
いものという共通項で「とあるレストラン」と「ナポリタン」とが結びついてしまった。

解釈⑤

ナポリタンナポリ市民ナポリ人のこと。
しょっぱいナポリタンは人だった。
を食べさせるの中のレストラン
に迷った私も危ない。

サンタさんがこない

ある下がり。
小鳥のさえずるの中を、一人の少女が走っていた。
お母さん!どこにいるの?」
叫ぶ少女。だが答えはい。
そのうち少女は、とあるの前に辿り着いた。
「ここね!ここにいるのね!」
そう言って少女を開けた。
だがそこにあったのは、たった一つの日記帳。
何も無いの中心にポツリと置かれている。
少女はそっと手に取り、読み始めた。

5月16日
明日は楽しい楽しいクリスマス
プレゼントがいっぱい。とっても楽しみ。

5月17日
サンタさんがこない。
サンタさんがこない。
サンタさんがこない。

5月18日
昨日はとっても楽しかった。
サンタさんにいっぱいプレゼントもらっちゃった。
でもおかしいなぁ。そのプレゼントどこに置いたんだろう?

9月33日
時計の針がね、ゆっくりゆっくり私に近づいてくるの。

12月65
今日ね、お外に出てみたの。
そしたら人がいっぱいいたんだよ。
いっぱいいっぱいいたんだよ。
でもみんな変な色だった。
なんでかな?

少女突然日記帳を閉じた。少女は気付いてしまったのだ。
そう。少女は、気付いてしまったのだ…。

解釈①

女の子子。
前に日記を書いた子→前に堕胎された受精
部屋→子宮。
サンタさん→性行為。
プレゼント精子
時計の針→堕胎の器具。
変な色→堕胎されたから視界がおかしい。
子は、前に堕胎された子の日記を読んで、
「自分も子で、妊娠しても母親に堕胎されるのだ」ということに気付いた。

解釈②

日記を書いた子→生まれる前の女の子
部屋→子宮。
サンタさん→性行為。
プレゼント精子
外に出てみた→出生。
変な色→出産で母親が死んだのでみんなが喪服を着ている。
女の子は「は自分を産んで死んだのだ」と気付いた。

解釈③

少女が気付いてしまったもの、とは
「人のに勝手に上がりこんで日記を読んでる場合じゃない! お母さんを探さないと!」
無限ループEND

サンタさんがこないヒント付き問題)

ちょっと長いお話。
ある下がり。
小鳥のさえずるの中を、一人の少女が走っていた。
お母さん!どこにいるの?」
叫ぶ少女。だが答えはい。
そのうち少女は、とあるの前に辿り着いた。
「ここね!ここにいるのね!」
そう言って少女を開けた。
だがそこにあったのは、たった一つの日記帳。
何も無いの中心にポツリと置かれている。
少女はそっと手に取り、読み始めた。

『私のへ。
 あなたがこの日記を読んでいる時、
 私はもうおそらくこの世にはいないでしょう。
 私の顔を全く憶えていないあなたに、
 この日記を贈ります。

 生まれてすぐに、あなたは
 あなたのお父さんの手により、私のもとから離れました。
 私はユダヤ人ですが、お父さんはそうではありませんでした。
 だから私のもとにいると、生まれたばかりのあなたまでもが
 ゲシュタポに逮捕されてしまう可性があったからです。
 (サンタの正体・プレゼントがない理由)

 私はいずれ、ナチスの強制収容所に入れられてしまうでしょう。
 幾日かをそこで過ごした後に、
 多くのユダヤ人の仲間たちと共に殺されてしまうはずです。
 私はいつでもを信じ、けっして希望は捨てません。
 しかし、なぜ彼らはこのような非な振る舞いをするのか、
 私にはわかりません。
 (近づく時計の針・変な色の人たち)
 (ローマ人への手紙9章33節)

 この日記を読んだとき、
 きっとあなたは強い悲しみに包まれていることでしょう。
 でも、いつまでもその悲しみ捕らわれないでいてほしい。
 いつか、必ず喜びはやって来ます。
 (編126章5節)

 いつも喜びを忘れないで。
 絶えず祈りなさい。
 すべての事について感謝しなさい。
 決してナチスに屈せず、強い意志を持ち続けなさい。
 あなたにはそのような人になってほしいと思います。
 (テサロニケ5章16~18節・ヨブ記9章33~35節)

 私は、いつでも神様と一緒に
 あなたを見守っています・・・』

少女突然日記帳を閉じた。少女は気付いてしまったのだ。
そう。少女は、気付いてしまったのだ。

もう、この世にお母さんはいないということを・・・。

解釈①

存在しない日付→聖書の番号。
サンタさん→赤軍(または)。
変な色の人→殺されて変色したユダヤ人。
時はナチスの時代の後。
私はユダヤ人とドイツ人の子。
当時ユダヤ人虐殺があって、と一緒にいると私まで殺される。
私は赤軍()に預けられて事。

少女を歩いている

少女を歩いてる。
知らないを歩いてる。
途中で出会ったおばさんにたずねた。
少女「ここは何処ですか?」
おばさん「私は少し寂しいねぇ。あの子はいつもやさしいのよ。」

少女を歩いてる。
夕暮れを歩いてる。
途中で出会った青年にたずねた。
少女「うちに帰りたいけどがわからないの。」
青年はあの子のにしかなれないんだ。
まわりをクルクル回るだけで、決して近づく事は出来ないんだよ。」

少女を歩いてる。
まっすぐを歩いてる。
途中で出会ったおじいさんにたずねた。
少女「この先には何があるの?」
おじいさん「悲しみの形は人それぞれ
あの子がそれに気付くといいけど。」

少女を歩いてる。
少女はこのを知っている。
少女は涙を流してつぶやいた。
少女「そうだったんだ・・・」

共通解釈

惑星擬人化しています。

少女→「彗星
おばさん→「惑星
青年→「衛星
おじいさん→「恒星
あの子→「地球

解釈①

少女消滅説

おばさん惑星)…寂しい(命のない惑星)、あの子はやさしい(命の惑星地球を示唆)
青年衛星)…地球衛星である
おじいさん恒星)…太陽
 悲しみの形は人それぞれ。あの子がそれに気付くといいけど。
  いずれ消えてしまうことが悲しいと思うか。
  孤独で生きづつける事が悲しいと思うか。
 *太陽=限りある命(いつか燃え尽きる)
 *地球=永遠の命(燃え尽きない)
少女彗星
 このを知っている→前に一度通っている(ハレー彗星のような周期彗星
 涙を流してつぶやいた→自分はいずれ消える存在である、と気づく。
彗星に氷とで出来ているので太陽の側を通ると融ける→涙を流す
消滅してしまう彗星もあるが、原因は太陽からの射熱によるもの。
太陽の側を通るたびに命を削ってる。

解釈②

地球衝突説

少女…これから地球に衝突する彗星(彗星の長い尾=少女の長)
あの子…地球
おばさん惑星惑星の中で一の女性である金星
「私は少し寂しいねぇ。あの子はいつも優しいのよ」は、地球がなくなるともう直線状に並べなくなるから悲しい。
地球では、金星Venusは美の徴)
青年地球衛星である惑星べて出来たのが較的新しいから青年
はあの子のにしかなれないんだ。まわりをクルクル回るだけで、決して近づく事は出来ないんだよ」
地球の周りを回るだけで近づけないので、これから地球に衝突する少女を羨ましく思っている。
おじいさん恒星太陽
「悲しみの形は人それぞれ。あの子がそれに気付くといいけど」
の消滅の仕方は様々。
地球が自分の最期(彗星衝突)に気づくかどうかを、おじいさんは考えている。
そして最後に少女彗星)は
自分がこれから地球に衝突することを知って「そうだったんだ」と涙を流す。

新築のマンション

仕事から帰り、風呂上がりのビールを飲んでいるとき、今日も上の階の子供達が騒いでいる。
引っ越してきてから毎日だ…。
下の階にも聞こえると足音は尋常じゃない。
親はどういうしつけをしているんだ。
何度も注意しに行こうとしたが、妻がその度に私をとめる

「いつか私達に子供ができたら、きっと元気一杯よ。
世の中お互い様だわ。」と先結婚したばかりの妻。
彼女は大学時代から付き合いはじめ、8年ゴールイン
いつも人のことを気づかい、とても優しい自慢の妻だ。
かく言う私も最近昇進が決まった。
それらを機に買ったこのマンション。
妻がどうしてもここが良いと言うのだ。
新築で広さは4LDKで最上階。
しも良く、子供が生まれても十分だ。

実はこのマンション、3年前の建築開始当初から私もをつけていた。
どうせ住むなら特快の停まる徒歩3分のうえ、周りには公園やショッピングモールがある。
建築会社が願掛けを重視するのか、何度も神主さんを呼んでお祓いの儀式みたいな事をしているのを見たことがある。
それだけしっかりした建築会社なら安心だ。

偶然のごとくこのマンションの情報を彼女に見せた時のあの嬉しそうな顔…。
彼女がこんなにも喜ぶとは思わなかった。
上の階の住人の件以外平和に暮らせている今、このマンションにとても感謝している。

解釈①

最上階なのに上の階で子供達が騒いでる→最上階の上には部屋がい=幽霊が騒いでいる。神主を呼んでお祓の儀式…工事中に何かの事故があった。

解釈②

り手とさんが幻聴が聞こえる病気

解釈③

最上階に拉致し放置した子供を隠している。

解釈④

工事中の事故…土地そのものに“何か”ある。
妻がどうしてもここが良いと言う…マンションが建つ前のこの土地に着がある。
付き合って8年…結婚前に彼の子供を妊娠し、産み、処分に困ってこの土地に埋めた。
子(堕胎した)なら、この土地に執着する理由がないので産んだ。

ものしり

はものしりだ。 今日学校で友達に○○という人物を知ってるか聞いてみた

「は?誰?

やはり難しかったかな 先生にも聞いてみた

ん?誰だね?」

学校が終わり彼女にも聞いてみた

「いやいや、誰だし」

やはり難しすぎたのかな? でもの尊敬する両親なら知ってるかも に帰って聞いてみた

「あの・・・ですか?」

なんだ、誰も知らないみたい

解釈①

自分は相手を知っているのに相手は自分のことを知らない。

解釈②

は記憶障を持っていて、知らない人を知っている人であるかのように思い込んでしまう。

怖い話は気が向いたら追加していく予定。

 [TOPに戻る]

 

意味が分かると怖い関連動画

 

意味が分かってもそんなに怖くない関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E6%84%8F%E5%91%B3%E3%81%8C%E5%88%86%E3%81%8B%E3%82%8B%E3%81%A8%E6%80%96%E3%81%84%E8%A9%B1
ページ番号: 4592789 リビジョン番号: 2375693
読み:イミガワカルトコワイハナシ
初版作成日: 11/03/23 17:39 ◆ 最終更新日: 16/06/22 00:48
編集内容についての説明/コメント: 叙述トリック
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


解説

真実は?

右に曲がったバス

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

意味が分かると怖い話について語るスレ

752 : ななしのよっしん :2016/08/19(金) 13:15:38 ID: ANXSb1kP7A
最近殺人事件が起きてる
者は全部俺幼馴染み
もなんだが不安になってきた
ん?こんな時にインターホンがなった

誰だろう?

Aだ

Aも幼馴染みでよく子供の頃プロレスごっこや宝探しゲームしたっけ
気の弱いAのことだ事件が不安で訪ねたんだろう

今開けてやる
753 : ななしのよっしん :2016/08/19(金) 23:06:01 ID: pxnGeeGLkS
煽り抜きで、何時から意味怖って解き話になっちゃったんだ
754 : ななしのよっしん :2016/08/20(土) 21:58:16 ID: P1V9RFtiY9
縦読み系は文体が不自然すぎてすぐにわかってしまうからいまいち面くない
755 : ななしのよっしん :2016/08/23(火) 16:43:34 ID: Cb5Gpfg/K2
>>753
意味が簡単にわかるとただの怖い話になるからじゃね?
756 : ななしのよっしん :2016/08/23(火) 23:50:44 ID: irx/YAcs1+
簡単にわかるか苦労してわかるか
という次元の話ではなかった気がするけどな・・・意味怖って
もちょっと簡単に考えればわかるけど、理解した間にゾクッと恐怖が来る、みたいな
少なくとも脱出ゲームに出てくるようなパズルやなぞなぞを眼とするジャンルではなかったはずだ
757 : ななしのよっしん :2016/08/24(水) 00:49:10 ID: pxnGeeGLkS
>>756
それ。オレが言いたかったのは正にそれ
一見普通の話が、相を理解した間一気に恐怖へと変わる、その感覚を楽しむ物が意味怖だと思うのよ
に大切なのは凝った解きでも小難しいストーリーでもく、恐怖に変貌させる為の布石だと思う

そういう意味では、オレの考える意味怖の完成系が赤い部屋かな。短くも駄のい布石に、サイコ入りまくった相が本当に怖い
758 : ななしのよっしん :2016/08/24(水) 00:55:48 ID: sRG66f+W51
うまいの作れる人なんてごく一部だし
なぞなぞに移行するのは仕方ないと思うけどね
759 : ななしのよっしん :2016/09/01(木) 21:05:23 ID: pxnGeeGLkS
静かな住宅街に建つ一建の──三日前に友人が山の方へ引っ越した為、をそのまま譲り受け、彼女と一緒に暮らしている。日当たりは大変良く、最高の立地。友人には感謝しなければ。
自慢だが彼女には自信アリだ。顔は悪くないし、大人しく、の言う事も素直に聞いてくれる。身体を壊してしまい、最近動けないのは残念だが……。
バイト先へ行く為にを出た時、女性を掛けられた。近所の人だろう。
「こんにちは」
想良く応える。
方、どちら様? 〇〇さんの知り合い?」
「ええ、〇〇の友人です」
「あらそうなの、ここ二、三日、〇〇さんと彼女さん見ないけどお元気?」
「〇〇なら急用で引越ししまして……彼女の方は少し身体を壊したので出られないんですけども」
「あらら、言ってくれれば良かったのに。まあ、急な用ならしょうがないわねえ。彼女さんにはお大事にしてって伝えといてくれるかしら」
分かりました、とは返事した。
「あ、そうそう、例の話聞いた? 裏の山でかの死体が見付かったんですって」
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
760 : ななしのよっしん :2016/09/01(木) 21:36:38 ID: pxnGeeGLkS
あ、ここ一応ルールとかあったのか
自作
実際に作るとなると難しいのこれ
761 : ななしのよっしん :2016/09/20(火) 21:18:59 ID: ZTuxZj9WR9
とあるスーパーATMでのこと
そこには子連れの女性と両手に荷物を持った老人がいた
女性は老人がさすと「泥棒よ!」と叫んだ
老人は近くにいた人に取り押さえられ警察に捕まった
その後老人は警察に捕まった時のショックで亡くなったそうだ
そのためこの話を聞いた人々は警察を強く非難した

http://dic.nicovideo.jp/a/%E5%9B%9B%E6%97%A5%E5%B8%82%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%82%B9%E3%82%B3%E8%AA%A4%E8%AA%8D%E9%80%AE%E6%8D%95%E6%AD%BB%E4%BA%A1%E4%BA%8B%E4%BB%B6

意味が分かると怖いわけじゃないからスレの趣旨と違うかもしれない
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015