単語記事: 慰安婦

編集

慰安婦(いあんふ)とは、戦時時に軍人相手に売業を行なっている女性のことである。

戦場に設けられる性行為を行う施設を「慰安所」と呼び、そこで兵士の相手をする女性慰安婦である。

概要

慰安婦」の「慰安」とは、「心を慰め労い、安心させること」である。慰安婦戦場兵士を性的に慰めるために作られた役職である。慰安婦の制度は世界中で行われており、日本もかつての大戦では慰安婦の制度をとっていた。

従軍慰安婦問題

日本第二次世界大戦中、朝鮮半島台湾等の外地やフィリピンインドネシアの占領地から慰安婦を募集していた過去があり、70年代から90年代にかけて、「慰安婦」に関する問題が大きくクローズアップされ政治問題に発展した。最終的にこの問題は「河野談話」という形で決着を見ている。また、慰安婦に対する(義的な)償いの事業として、女性のためのアジア平和民基アジア女性)を設置した(現在は終了)。

日本の立場

日本政府の立場は河野談話によって代表される。以降の内閣は全て、河野談話を引き継いでいる。

慰安婦関係調結果発表に関する内閣官房長官談話

1993平成5)年8月4日
内閣官房長官 河野

いわゆる従軍慰安婦問題については、政府は、一昨年12月より、調を進めて来たが、今般その結果がまとまったので発表することとした。
 今次調の結果、長期に、かつ広範な地域にわたって慰安所が設置され、数多くの慰安婦が存在したことが認められた。慰安所は、当時の軍当局の要請により 設営されたものであり、慰安所の設置、管理及び慰安婦の移送については、旧日本軍が直接あるいは間接にこれに関与した。慰安婦の募集については、軍の要請 を受けた業者がとしてこれに当たったが、その場合も、甘言、強圧による等、本人たちの意思に反して集められた事例が数多くあり、更に、官等が直接これ に加担したこともあったことが明らかになった。また、慰安所における生活は、強制的な状況の下での痛ましいものであった。
 なお、戦地に移送された慰安婦の出身地については、日本を別とすれば、朝鮮半島が大きな重を占めていたが、当時の朝鮮半島はわがの統治下にあり、その募集、移送、管理等も、甘言、強圧による等、総じて本人たちの意思に反して行われた。
 いずれにしても、本件は、当時の軍の関与の下に、多数の女性の名誉と尊厳を深く傷つけた問題である。政府は、この機会に、めて、その出身地のいかんを 問わず、いわゆる従軍慰安婦として数多くの苦痛を経験され、心身にわたり癒しがたい傷を負われたすべての方々に対し心からお詫びと反省の気持ちを申し上げ る。また、そのような気持ちをとしてどのように表すかということについては、有識者のご意見なども徴しつつ、今後とも真剣に検討すべきものと考え る。
 われわれはこのような歴史真実を回避することなく、むしろこれを歴史の教訓として直視していきたい。われわれは、歴史研究、歴史教育を通じて、このよ うな問題を永く記憶にとどめ、同じ過ちを決して繰り返さないという固い決意をめて表明する。
 なお、本問題については、本邦において訴訟が提起されており、また、際的にも関心が寄せられており、政府としても、今後とも、民間の研究を含め、十分に関心を払って参りたい。

2007年の安倍内閣の閣議決定(「政府が発見した資料の中には、軍や官によるいわゆる強制連行を直接示すような記述も見当たらなかった」)と、それに伴う批判米国下院121号決議(謝罪要決議)を契機として、慰安婦に関する議論が再び際的に巻き起こった。その後、日本韓国の間で、両外相による共同記者発表が行われている。

日韓両外相共同記者発表

2015(平成27)年12月28日

1. 岸田外務大臣

 日韓間の慰安婦問題については,これまで,両局長協議等において,集中的に協議を行ってきた。その結果に基づき,日本政府として,以下を申し述べる。

(1)慰安婦問題は,当時の軍の関与の下に,多数の女性の名誉と尊厳を深く傷つけた問題であり,かかる観点から,日本政府は責任を痛感している。
 安倍内閣総理大臣は,日本国内閣総理大臣としてめて,慰安婦として数多の苦痛を経験され,心身にわたり癒しがたい傷を負われた全ての方々に対し,心からおわびと反省の気持ちを表明する。

(2)日本政府は,これまでも本問題に摯に取り組んできたところ,その経験に立って,今般,日本政府の予算に より,全ての元慰安婦の方々の心の傷を癒やす措置を講じる。具体的には,韓国政府が,元慰安婦の方々の支援的とした財団を設立し,これに日本政府の予 算で資を一括で拠出し,日韓両政府が協し,全ての元慰安婦の方々の名誉と尊厳の回復,心の傷の癒やしのための事業を行うこととする。

(3)日本政府は上記を表明するとともに,上記(2)の措置を着実に実施するとの前提で,今回の発表により,この問題が最終的かつ不可逆的に解決されることを確認する。
 あわせて,日本政府は,韓国政府と共に,今後,国連社会において,本問題について互いに非難・批判することは控える。

2. 尹(ユン)外交部長

 日間の日本軍慰安婦者問題については,これまで,両局長協議等において,集中的に協議を行ってきた。その結果に基づき,韓国政府として,以下を申し述べる。

(1)韓国政府は,日本政府の表明と今回の発表に至るまでの取組を評価し,日本政府が上記1.(2)で表明した 措置が着実に実施されるとの前提で,今回の発表により,日本政府と共に,この問題が最終的かつ不可逆的に解決されることを確認する。韓国政府は,日本政府 の実施する措置に協する。

(2)韓国政府は,日本政府が在韓国日本大使館前の少女像に対し,館の安寧・威厳の維持の観点から懸念していることを認知し,韓国政府としても,可な対応方向について関連団体との協議を行う等を通じて,適切に解決されるよう努する。

(3)韓国政府は,今般日本政府の表明した措置が着実に実施されるとの前提で,日本政府と共に,今後,国連社会において,本問題について互いに非難・批判することは控える。

大百科という万人が見うる性質上、左右思想関係なく事実のみの表記とする(※疑問に思ったら各自で調べること)

日本国の基本的な立場は、アジア女性基金サイトからたどることが可

”日本人慰安婦"について

話題になりやすいのは外国人慰安婦だが、従軍慰安婦の半数以上が日本人であるとされる。彼女たちの経緯については、当人たちが出てこないためあまり話題にならない。歌手美輪明宏が、かつて満州慰安婦から聞いた経緯によれば、おおよそ以下のとおりである。

”性奴隷”の呼称について

2014年7月国連自由権規約人権委員会は、1966年に採択された自由権規約条約の奴隷に関する記述に基づき、本人の意思に背いて募集・移送・管理させられた点を持って慰安婦を性奴隷と定義付け、国家の責任をめる批判を行った(外務省による和訳)。なお、奴隷制に関する近代的定義は、1998年国連人権委員会 マクドゥーガル報告書に記載されており、「奴隷状態とは、所有権を伴う権の一部もしくは全部が一個人に対して行使されている状況もしくは状態である」とされ、奴隷制の定義では「自己決定権、移動の自由、自己の性活動に関する事柄の決定権の制限などの概念も内在している」とされる。また「すべてではないとしても大半の形態の強制売も含まれる。「強制売」とは一般に、他人に支配されて性的行為を強要される状態を意味する。原則として、紛争下では、強制売と呼びうる実態はたいていの場合、性的奴隷制に相当する。」という記載がある。

これに対し日本政府は、河野談話に沿った強制性とアジア女性の活動を説明しつつ、1926年の奴隷条約に基づいた定義では慰安婦奴隷に当たらないとして、慰安婦を性奴隷と呼称するのは不適切であるというコメントを出している(外務省資料)。なお、日本戦前・戦後とも、本奴隷条約を批准していない。

韓国の動向

韓国内では、強制的に自女性が連行され性奴隷にされたとされており、竹島領有権問題天皇陛下戦争関与と並び戦時中の日本の大罪として認識されている。1993年泳三大統領は「従軍慰安婦問題に対し日本に物質的な補償はめない方針だ」と明言しており、日韓の間で問題はおおよそ解決していると見て良い。

なお韓国は、米国に対する特殊慰安隊と呼ばれる慰安婦を戦後に編成し、内にて募集を行った。こちらも深刻な人権である。実際に被者だとする慰安婦本人の発言では、戦後の米軍に対する韓国軍慰安婦の話と混同されているような例も見られる。日本軍慰安婦の件と異なり、こちらはまだ十分調されているとは言いがたいようだ。

インドネシアの立場

インドネシア政府は、上記償い事業のため日本から3億8千万円を受け取った。インドネシア政府は問題の複雑さから、これを「従軍慰安婦」個人には渡さず、高齢者社会推進事業、身寄りのない老人のための老人ホームなどの建設などに使用することで、日本と和解した。

関連動画

↑(実際に慰安婦を利用していた落語昇の慰安婦について動画

 

関連商品

関連項目

リンク


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E6%85%B0%E5%AE%89%E5%A9%A6
ページ番号: 4956120 リビジョン番号: 2340516
読み:イアンフ
初版作成日: 12/09/01 15:23 ◆ 最終更新日: 16/03/23 01:37
編集内容についての説明/コメント: 掲示板の情報をもとに、奴隷制に関する定義のソースを追加
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

慰安婦について語るスレ

4667 : ななしのよっしん :2016/07/25(月) 04:47:43 ID: RwqmEVgYB3
 後、方の発言の論点から離れ方の発言を絡め>>4656の補強を
 随分と酷いダブルスタンダードがまかり通る科学ですね。手前勝手で破綻していて自分も守れていない"科学の考え方"とやらで反論を封じ込めようとしているだけじゃないですか。方の言葉は言い訳ばかりで見苦しいですよ。

 >>4591方の言葉を少しお借りして。
 勝手な"科学の考え方"とやらで議論から逃げないように。自説に論理的な正しさがあると思うのなら、反論にケチをつけ続け、今までそうだったからと言いるのではなく、自説が適当という事を他の人が分かるように論理的に説明したらよいのです。
 この言葉の上であえてまた言わせて頂きます。
>>4469したマグロヒル社の教科書に載っている慰安婦の数値の根拠となっている『従軍慰安婦』(吉見義明、岩波新書)での数値に信憑性があると言う事
>>4540した、戦前の政府は際連盟に対して内の前借制度を擁護し
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
4668 : ななしのよっしん :2016/07/25(月) 07:23:53 ID: ITUkL5BKJJ
長文レスばっかりで何ですが、自分も長いの分割していきます。

>>4658
1点。以前にも摘しましたが、法律では「記されている事」が全てです。書かれていないことは罰せません。だから明らか麻薬だけれど法律が対応していないので裁けない「脱法ドラッグ」みたいなのが出てくるのです。

方のは、「法律には書かれていないけれど、あいつのやっている行為は良くないので刑務所にぶち込め」と言っているのと同じで、これは法治の概念が根付いた近現代において認められる意見ではありません。
まぁ、人治義のならこれもありですけど。


二点。これも以前に議論しましたが、本人が従業内容について記された契約書にサインしているのなら、それは「強制労働」ではありません。従って責任は慰安婦にあります。
逆に、もし契約書の内容と違う仕事をさせられていたり、それ以前に契約書が存在しない等であれば、その責任は事業者にあります。(続く)
4669 : ななしのよっしん :2016/07/25(月) 07:38:39 ID: ITUkL5BKJJ
現代社会においても同じですが、罪があるのはまず第一に「悪いことをした人」であり、「それを取り締まれなかった」ではありません。
犯罪が多発して困っている世界に数多いですが、その事実を持ってして「そのの政府が犯罪を犯している」とはならないのと同じです。

そして三点。まさかこれは挙げないだろうと思っていたんですけど、挙げるとは……。

話は逸れてしまうけれど、人権保護を訴える人って際法違反だからという事を良く仰っているのですが、同じ口で近代法の概念を根本から覆すこれを言えるのが不思議でならないんですが。

これを認めるなら、「仮に未来において制定された際法で今ダメだとされている事例が認められたのなら、今の際法違反の行為も合法である」と見なされてしまうのですが、こうなるともう際法なんて有名実のものになってしまう。
だってこの世の中にも「どの行為がアウトなのか」を判定出来る人なんて居ないし。
4670 : ななしのよっしん :2016/07/26(火) 21:06:33 ID: eop0PfWCob
>>4650
> 本当にただの四捨五入ならそもそも「ただし〜」なんて付け加えないですし、

「ただし〜」は4.5万人を算出した過程に対する注意書きですから、その直後で四捨五入をしても、しなくても、書いてあって問題ありません。

次の二つの文を例に考えてみてください。

例文1
「近所の店で一本95円のキュウリを5本買った。
95×5=475(円)である。
ただし、この店では消しゴムは買っていない。
500円使ったことになる」
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
4671 : ななしのよっしん :2016/07/26(火) 21:15:16 ID: eop0PfWCob
そして、「戦前制は、認制度であったかどうか」の議論は、「認」の定義が違えば、異なる判断になるということだと思いますので、なるべく終わりにしたいと思います。
制上の奴隷状態が存在したこと、「当時は奴隷状態の人がいても当然と考えられていた」のではないことの認識は、方と共有できていると思いますので。

しかし、お尋ねの件には、お答えしておきたいとおもいます。


> あなたの論理に従うのなら「奴隷解放」後のアメリカも「奴隷制度を認」していたということになるのでは?

私は、その可性はあったと見ています。
ただ、英国米国で、奴隷解放後どれぐらい奴隷状態が取り締まられていたのかを、よく知らないので判断できないのですが。
奴隷が禁止された法律が成立した年を書いたのは、少なくともそれ以前は合法的に、然と奴隷が認められていた、つまり過去には明らか認があったということですが、「少なくとも」という言葉が足りませんでした。訂正します。
戦前日本政府の場合は、奴隷状態が存在しないことが建前でしたから、存在しないことにしているものを取り締まるわけにもいかなかったのです。
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
4672 : ななしのよっしん :2016/07/26(火) 21:16:32 ID: eop0PfWCob
> じゃあ、結局「健康奴隷であれば存在を許す」ってどういう意味・解釈なのさ?

奴隷状態のを利用して、性病対策をしようという考え方ということです。
つまり、性病が減るなら奴隷状態の人があってもよいと考えることであり、存在が許されない奴隷を利用した政策を選択肢として考えることです。

近代の社会では、奴隷は存在が許されません。
ですから奴隷の利用は、そもそも政策上の選択肢になりません。
当時の日本政府でさえも、そこは理解していたから、奴隷は存在しないことにしないといけないと考えていたわけです。
4673 : ななしのよっしん :2016/07/26(火) 21:18:46 ID: eop0PfWCob
>>4651
> 根拠となる資料は何?資料もないのに制度は役に立たなかったというならエピデンスし!としか言えないエメ

これは、売買している人よりも、売買をしていない人の方が性病のリスクが小さいということによります。
性病とは、定義上、に性行為を介して感染するという特徴から医学的に分類されていますので、このような性病についての医学的な定義、知見から判断できます。
こうした前提からすれば、不特定多数との性行為を減らすこと、売買する人の数を減らすことが、感染を減らすことになります。

非合法に売買をする人は、制度を止しても一定数存在します。
制度を止した場合、元のすべてが、非合法でも売を続けるというわけではなく、非合法ならやらないという人と一定の割合で分かれるため、制度を止した方が売婦は減らせることなります。
さらに売禁止により、買する人も取り締まりで減ることになります。
制度止により、売業者が非合法化し、犯罪に巻き込ま
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
4674 : ななしのよっしん :2016/07/26(火) 21:22:12 ID: eop0PfWCob
> そうじゃなくて自分が言ったのは植民地支配そのものに対する謝罪・賠償。

イタリアからリビアへの賠償等についての条約は、条約の中では被特定していないので、植民地支配そのものに対する賠償だと言えます。
しかし、出来事としては植民地支配の中で被があったわけですから、植民地支配と被を分けて議論することに意味があるのかという疑問があります。
例えば、いじめの中で被者が銭を脅し取られた場合に、その恐の罪に対して謝罪が行われたとして、「恐については謝罪があったが、いじめそのものには問題なかった」という解釈が成り立つのかということです。
4675 : ななしのよっしん :2016/07/26(火) 21:23:59 ID: eop0PfWCob
>>4661
> 事実と記録では記録が優先されるんだろうな、

記録や言によらないで、方はどのように歴史事実を推定するのですか。
歴史事実を直接観察できるとでも?


> しかもその記録もごねてごねてしてつけさせたものでも

戦中の軍、政府による記録が残っているのですが、これは戦中にがごねて作らせたのですか。


他の方へのお返事は、また後日。
4676 : ななしのよっしん :2016/07/27(水) 02:02:00 ID: RwqmEVgYB3
>>4670
 結局、四捨五入したかどうかは観での決め付けじゃない。自分がそう思ってますってだけでまるで根拠が伴っていない。あくまで"その可性を全に否定する事は出来ない"ってレベル

 『従軍慰安婦』(吉見義明、岩波新書)での慰安婦の推計20万人であるとの記述。そして、吉田氏の「毎日20人~30人の男性を相手にした」という>>4503方が言った"慰安婦一人あたりの割り当て兵員数(以下パラメーターと記述)"(吉見氏は30人に1人を採用)
 この2つを妥当とした場合の矛盾>>4521xi03DXjSj0さんが資料提示した上で摘し妥当なパラメータを推計し20万人の不適切さをしたのに対し方は、
レスで提示された「現地での徴発もあったから実態はもっと多いはず」という意見を採択し、フィリピンの元慰安婦による訴訟で46人の被申請した事例を元に同レスでのパラメーターでも問題ないと
 しかし、その場合でも>>4570
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015