単語記事: 慰安婦

編集

慰安婦(いあんふ)とは、戦時時に軍人相手に売業を行なっている女性のことである。

戦場に設けられる性行為を行う施設を「慰安所」と呼び、そこで兵士の相手をする女性慰安婦である。

概要

慰安婦」の「慰安」とは、「心を慰め労い、安心させること」である。慰安婦戦場兵士を性的に慰めるために作られた役職である。慰安婦の制度は世界中で行われており、日本もかつての大戦では慰安婦の制度をとっていた。

従軍慰安婦問題

日本第二次世界大戦中、朝鮮半島台湾等の外地やフィリピンインドネシアの占領地から慰安婦を募集していた過去があり、70年代から90年代にかけて、「慰安婦」に関する問題が大きくクローズアップされ政治問題に発展した。最終的にこの問題は「河野談話」という形で決着を見ている。また、慰安婦に対する(義的な)償いの事業として、女性のためのアジア平和民基アジア女性)を設置した(現在は終了)。

日本の立場

日本政府の立場は河野談話によって代表される。以降の内閣は全て、河野談話を引き継いでいる。

慰安婦関係調結果発表に関する内閣官房長官談話

1993平成5)年8月4日
内閣官房長官 河野

いわゆる従軍慰安婦問題については、政府は、一昨年12月より、調を進めて来たが、今般その結果がまとまったので発表することとした。
 今次調の結果、長期に、かつ広範な地域にわたって慰安所が設置され、数多くの慰安婦が存在したことが認められた。慰安所は、当時の軍当局の要請により 設営されたものであり、慰安所の設置、管理及び慰安婦の移送については、旧日本軍が直接あるいは間接にこれに関与した。慰安婦の募集については、軍の要請 を受けた業者がとしてこれに当たったが、その場合も、甘言、強圧による等、本人たちの意思に反して集められた事例が数多くあり、更に、官等が直接これ に加担したこともあったことが明らかになった。また、慰安所における生活は、強制的な状況の下での痛ましいものであった。
 なお、戦地に移送された慰安婦の出身地については、日本を別とすれば、朝鮮半島が大きな重を占めていたが、当時の朝鮮半島はわがの統治下にあり、その募集、移送、管理等も、甘言、強圧による等、総じて本人たちの意思に反して行われた。
 いずれにしても、本件は、当時の軍の関与の下に、多数の女性の名誉と尊厳を深く傷つけた問題である。政府は、この機会に、めて、その出身地のいかんを 問わず、いわゆる従軍慰安婦として数多くの苦痛を経験され、心身にわたり癒しがたい傷を負われたすべての方々に対し心からお詫びと反省の気持ちを申し上げ る。また、そのような気持ちをとしてどのように表すかということについては、有識者のご意見なども徴しつつ、今後とも真剣に検討すべきものと考え る。
 われわれはこのような歴史真実を回避することなく、むしろこれを歴史の教訓として直視していきたい。われわれは、歴史研究、歴史教育を通じて、このよ うな問題を永く記憶にとどめ、同じ過ちを決して繰り返さないという固い決意をめて表明する。
 なお、本問題については、本邦において訴訟が提起されており、また、際的にも関心が寄せられており、政府としても、今後とも、民間の研究を含め、十分に関心を払って参りたい。

2007年の安倍内閣の閣議決定(「政府が発見した資料の中には、軍や官によるいわゆる強制連行を直接示すような記述も見当たらなかった」)と、それに伴う批判米国下院121号決議(謝罪要決議)を契機として、慰安婦に関する議論が再び際的に巻き起こった。その後、日本韓国の間で、両外相による共同記者発表が行われている。

日韓両外相共同記者発表

2015(平成27)年12月28日

1. 岸田外務大臣

 日韓間の慰安婦問題については,これまで,両局長協議等において,集中的に協議を行ってきた。その結果に基づき,日本政府として,以下を申し述べる。

(1)慰安婦問題は,当時の軍の関与の下に,多数の女性の名誉と尊厳を深く傷つけた問題であり,かかる観点から,日本政府は責任を痛感している。
 安倍内閣総理大臣は,日本国内閣総理大臣としてめて,慰安婦として数多の苦痛を経験され,心身にわたり癒しがたい傷を負われた全ての方々に対し,心からおわびと反省の気持ちを表明する。

(2)日本政府は,これまでも本問題に摯に取り組んできたところ,その経験に立って,今般,日本政府の予算に より,全ての元慰安婦の方々の心の傷を癒やす措置を講じる。具体的には,韓国政府が,元慰安婦の方々の支援的とした財団を設立し,これに日本政府の予 算で資を一括で拠出し,日韓両政府が協し,全ての元慰安婦の方々の名誉と尊厳の回復,心の傷の癒やしのための事業を行うこととする。

(3)日本政府は上記を表明するとともに,上記(2)の措置を着実に実施するとの前提で,今回の発表により,この問題が最終的かつ不可逆的に解決されることを確認する。
 あわせて,日本政府は,韓国政府と共に,今後,国連社会において,本問題について互いに非難・批判することは控える。

2. 尹(ユン)外交部長

 日間の日本軍慰安婦者問題については,これまで,両局長協議等において,集中的に協議を行ってきた。その結果に基づき,韓国政府として,以下を申し述べる。

(1)韓国政府は,日本政府の表明と今回の発表に至るまでの取組を評価し,日本政府が上記1.(2)で表明した 措置が着実に実施されるとの前提で,今回の発表により,日本政府と共に,この問題が最終的かつ不可逆的に解決されることを確認する。韓国政府は,日本政府 の実施する措置に協する。

(2)韓国政府は,日本政府が在韓国日本大使館前の少女像に対し,館の安寧・威厳の維持の観点から懸念していることを認知し,韓国政府としても,可な対応方向について関連団体との協議を行う等を通じて,適切に解決されるよう努する。

(3)韓国政府は,今般日本政府の表明した措置が着実に実施されるとの前提で,日本政府と共に,今後,国連社会において,本問題について互いに非難・批判することは控える。

大百科という万人が見うる性質上、左右思想関係なく事実のみの表記とする(※疑問に思ったら各自で調べること)

日本国の基本的な立場は、アジア女性基金サイトからたどることが可

”日本人慰安婦"について

話題になりやすいのは外国人慰安婦だが、従軍慰安婦の半数以上が日本人であるとされる。彼女たちの経緯については、当人たちが出てこないためあまり話題にならない。歌手美輪明宏が、かつて満州慰安婦から聞いた経緯によれば、おおよそ以下のとおりである。

”性奴隷”の呼称について

2014年7月国連自由権規約人権委員会は、1966年に採択された自由権規約条約の奴隷に関する記述に基づき、本人の意思に背いて募集・移送・管理させられた点を持って慰安婦を性奴隷と定義付け、国家の責任をめる批判を行った(外務省による和訳)。なお、奴隷制に関する近代的定義は、1998年国連人権委員会 マクドゥーガル報告書に記載されており、「奴隷状態とは、所有権を伴う権の一部もしくは全部が一個人に対して行使されている状況もしくは状態である」とされ、奴隷制の定義では「自己決定権、移動の自由、自己の性活動に関する事柄の決定権の制限などの概念も内在している」とされる。また「すべてではないとしても大半の形態の強制売も含まれる。「強制売」とは一般に、他人に支配されて性的行為を強要される状態を意味する。原則として、紛争下では、強制売と呼びうる実態はたいていの場合、性的奴隷制に相当する。」という記載がある。

これに対し日本政府は、河野談話に沿った強制性とアジア女性の活動を説明しつつ、1926年の奴隷条約に基づいた定義では慰安婦奴隷に当たらないとして、慰安婦を性奴隷と呼称するのは不適切であるというコメントを出している(外務省資料)。なお、日本戦前・戦後とも、本奴隷条約を批准していない。

韓国の動向

韓国内では、強制的に自女性が連行され性奴隷にされたとされており、竹島領有権問題天皇陛下戦争関与と並び戦時中の日本の大罪として認識されている。1993年泳三大統領は「従軍慰安婦問題に対し日本に物質的な補償はめない方針だ」と明言しており、日韓の間で問題はおおよそ解決していると見て良い。

なお韓国は、米国に対する特殊慰安隊と呼ばれる慰安婦を戦後に編成し、内にて募集を行った。こちらも深刻な人権である。実際に被者だとする慰安婦本人の発言では、戦後の米軍に対する韓国軍慰安婦の話と混同されているような例も見られる。日本軍慰安婦の件と異なり、こちらはまだ十分調されているとは言いがたいようだ。

インドネシアの立場

インドネシア政府は、上記償い事業のため日本から3億8千万円を受け取った。インドネシア政府は問題の複雑さから、これを「従軍慰安婦」個人には渡さず、高齢者社会推進事業、身寄りのない老人のための老人ホームなどの建設などに使用することで、日本と和解した。

関連動画

↑(実際に慰安婦を利用していた落語昇の慰安婦について動画

 

関連商品

関連項目

リンク


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E6%85%B0%E5%AE%89%E5%A9%A6
ページ番号: 4956120 リビジョン番号: 2340516
読み:イアンフ
初版作成日: 12/09/01 15:23 ◆ 最終更新日: 16/03/23 01:37
編集内容についての説明/コメント: 掲示板の情報をもとに、奴隷制に関する定義のソースを追加
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

慰安婦について語るスレ

4574 : ななしのよっしん :2016/05/20(金) 06:57:27 ID: smR/Vve6N+
>>4569
>つまり賃からの相殺は行われていない。
女性が稼ぎから借を払っている。まさに賃からの借相殺


>書かれているのは・・・前借は本来なら効であるべき
勝手に「べき」などつけないように。「全部効」と断言している>>2833


>前借奴隷制はイコール(=)でないという事をまず理解して欲しい。
労働基準法17条をよく読もう。「前借」はダメと明言されている
>第十七条  使用者は、前借その他労働することを条件とする前貸の債権と賃相殺してはならない。
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
4575 : ななしのよっしん :2016/05/20(金) 06:59:34 ID: smR/Vve6N+
>>4573
君はまず前借とただの借(ローン契約)の区別がつくようになろう
4576 : ななしのよっしん :2016/05/20(金) 07:18:14 ID: CGacEbFu1m
何言ってるんですか
4577 : ななしのよっしん :2016/05/22(日) 15:50:05 ID: xi03DXjSj0
ここまで来るともう対話できねえ・・・
4578 : ななしのよっしん :2016/05/22(日) 15:56:10 ID: xi03DXjSj0
一応・・・

>>4574
>勝手に「べき」などつけないように。「全部効」と断言している>>2833

>>2833の文章
【~本規定は広汎なる意味を包含するものにして人身売買、の前借等の契約は右規定に照し全部効となる「べき」ものにして】

「べき」ってついてますやん・・・

その他のものは辞書やら何やらで定義を示しても認めてくれんし・・・
もういいや
4579 : ななしのよっしん :2016/05/22(日) 18:56:54 ID: eop0PfWCob
>>4570
> なぜ実績値が十分にわかっている場合は不適切なのか分かりません。

空母の建造計画の例が不適切なのは、終戦までに建造された空母の数が既知である、つまり実績値がよく分かっているので計画値が実績と異なると判断できるからです。
慰安婦数については、計画値の検に使える実績値が少なすぎるのです。

「計画値が実態と大きく乖離していた」ということを実するためには、多数の実績値、あるいは評価対期間にわたる時系列データが必要になります。
これらがない限り、「計画値が実態と大きく乖離していた」とは判断できず、計画値もあり得る値の参考資料となります。
同様に、ある時点の実績値も、その値が評価期間の均的な値から乖離していた(そして、その時点から大きく変化した)ということを実するには、やはり多数の実績値、あるいは時系列データが必要になります。
これらがない限り、実績値も、「実態と大きく乖離していた」とは判断できず、これも、あり得る値の参考資料とされます。
方は、根拠
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
4580 : ななしのよっしん :2016/05/22(日) 19:00:30 ID: eop0PfWCob
> より不満を爆発させやすい人たちを抑えるために均よりも性的サービスを充実させるのはありえるでしょう。

補充ではなく、割り当て率が軍人対の場合よりも大きかったという仮説、なのですね。
しかし、そのように中国人労働者の方が、割り当て率で優遇されていたことを示す根拠は示せないと思います。
まず、「軍人に対する割り当て率の均的な値」そのものが統計的に分からないから、様々な資料をもとに、様々な前提を設定して推計が行われているのです。
較する「中国人労働者への割り当て率の均的な値」も同様に不明です。


> (77ページ100人に1人で45000人になるが自前調達分を含めて下限は5万人としている)
> 現地の私の私的利用を含まないなら、これは最低でも5000人はレイプによる被者がいるという事でしょ?

レイプ」というなら、不本意に性行為を強要された慰安婦がこれに当たると思いますが、「第21軍が把握していなかった、現地で調達された慰安婦」という意味で書いておられるのかと思います。
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
4581 : ななしのよっしん :2016/05/22(日) 19:22:41 ID: eop0PfWCob
>>4571
>> もし、Aが「終身奉仕制度」を止すると宣言していれば、認とは見られないでしょう。
> 当事の日本は「奴隷制度は存在しない」でした、ですので認しているとは見られません。

日本政府の」は、そうでしょう。
方のは、日本政府のを説明しているだけです。
政府のが、制度に対する当時の人々の評価や、歴史的な評価を決める訳ではありません。
私が>>4566に書いたAの例は、政府が「奴隷制度を認していない」としても、「奴隷が存在する制度を認している」という事実の解釈は変わらないということです。


> しかし、【梅毒等の被自由】と考えるなら人にとって社会全体の> 便益を向上させるための仕方ない犠牲となります。
> つまり、これもひとつのコラテラルダメージ的の為の致し方ない犠牲だってですね。
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
4582 : ななしのよっしん :2016/05/22(日) 19:36:38 ID: eop0PfWCob
>>4572
> 明治30年〜39年の全性病統計調によると性病有病率は3.4明治40年〜大正12年の調では2.2%。それに対し明治3435年に検挙された私の性病有病率は21と10倍近い開きがあることが分かっています。

・私を含めて売婦の総数を減らせば、性病感染リスクが減ります。
不特定多数との性行為の抑制が有効であるということです。
つまり、が一定数の売婦の数を確保してしまっているということが、一つの問題です。
もちろん、制がくなれば、私に流れるということはあります。
しかし、政府による制度上の奴隷は存在しなくなりますし、私については売業者の取り締まりや、貧困女性の保護、更生など対策はできるます。
当時の政府がそこまで女性を守る意思がなかったとしても、制度を止するだけでも、政府による制度上の奴隷を根絶できたのです。


> いや開発されたのは1942年でもそれが普及して効果がでるまでは時間がかかるでしょう。
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
4583 : ななしのよっしん :2016/05/22(日) 19:37:50 ID: eop0PfWCob
> 結論が以下の文章なんだけど・・・
> 【要するに、それまでの・黙認私制度がすべて黙認私制度へと外観を変えたに過ぎず、現在に至っているのである。】

禁止法に対しては、現在でもそのような批判があります。
禁止するだけでは売を根絶できないというのは、理解されていると思います。
批判としては、売するほどに追い詰められた女性を「取り締まる」のではなく、保護策、更生策を強化して、売している状態から救い出すべきだということです。
また、強硬な売禁止論者は、私も法で禁止すべきと批判します。(私は、単純な売禁止論には賛成しませんが。)
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015