単語記事: 憲法

編集

憲法とは、の統治の基本原理、その組織と権限について定めた法規範のことである。 ひょっとしたら→拳法

憲法とは何か

国家の最高法規であり、法律にはない特殊性を持った法である。

前近代の歴史を見ればわかるように、(現代でもあるけど)国家は濫用されがちなものである。国家に都合の悪いことを言う人を好き勝手に逮捕したりする法律を作るかもしれない。
こうしたことから、国家暴走しないように、国家を縛る法が必要なのだ。民の権利自由を守るもの、これが憲法である。普通法律刑法民法などは「われわれ民を縛るもの」である。 一方、憲法は「国家を縛るもの」である。一応、日本国憲法には民の義務も書いてあるが(納税、教育、勤労)。
このため、憲法は基本的には私人間には適用されず、法律を通じて間接的に適用されるとされている。厳密には憲法は法ではあるが法律ではないのだ。

憲法の分類

形式的意味の憲法

これは簡単「憲法」という名前でさえあればよい。つまり、内容はどうでもよい。例え中身が「晩御飯はわかめ」とかわけのわからない内容であろうと、名前が「少林寺憲法」とかふざけていても、憲法という名前をもっていればいい。

実質的意味の憲法

国家の統治について書いてある憲法のこと。これには固有の意味の憲法的意味の憲法がある。
固有の意味の憲法は、国家の統治の仕方が定めてある憲法のこと。ただし、悪法でも構わない。「の言うこと聞かないは処刑」とかでもよい。この意味の憲法は大概の国家に存在する。
的意味の憲法とは、権を制限して民の自由と権利を守ろうという考えが根底にある憲法のことをす。ちなみに大日本帝国憲法も立的意味の憲法だと考えられている。

成文憲法

憲法典が存在している憲法す。当然、日本国憲法大日本帝国憲法は成文憲法である。   

不文憲法

憲法典という形式をとらない憲法のこと。あたりまえだが、文章がないのであって、憲法いわけではない。憲法は存在しているが、憲法典がないのである。例えば英国などが不文憲法である。
英国憲法という法律がないかわりに、コモンローといわれる普通の法などが憲法の役割を果たしている。 

欽定憲法

が制定し、民に与える憲法大日本帝国憲法1814年のフランス憲法など。

民定憲法

民が決めた憲法日本国憲法など。え?アメリカ(GHQ)に押し付けられた?知らんな

硬性憲法

通常の法律などより正しにくい憲法のこと。現行憲法が最たる例である。日本国憲法正には衆議院参議院両者で総議員の3分の2が賛成し、なおかつ投票で過半数が賛成しなくてはいけないのだから。

軟性憲法

通常の法律正条件が変わらない法律のこと。 世界流は硬性憲法でこちらは少ない。

憲法に関する記事

関連動画

関連商品

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E6%86%B2%E6%B3%95
ページ番号: 5041685 リビジョン番号: 2290334
読み:ケンポウ
初版作成日: 13/02/11 09:11 ◆ 最終更新日: 15/11/20 01:18
編集内容についての説明/コメント: 見出し4を見出し2に変更
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

憲法について語るスレ

211 : ななしのよっしん :2016/02/04(木) 23:39:19 ID: xgzAa0X8kA
まぁ自衛隊設立という先の解釈から60年経ってもまだ日本国は崩壊していないけどな
しょせんその程度のもの
212 : ななしのよっしん :2016/02/07(日) 09:19:18 ID: ZNxD4kRMGj
これまでも解釈をしてきたし、今回も、そして今後も解釈で事足りるので、
憲法正は不要であると言うなら、まだ一貫性はあるんだがな。
213 : ななしのよっしん :2016/02/12(金) 12:06:49 ID: qHncJ16s7H
解釈を濫発すると収集がつかなくなるので先代の首相らは空気を読んでやらなかったが、一旦空気を読まないが前例を作る危険性という爆弾60年間抱え込んだままだった可性も。
元々自衛隊抱えつつアメリカ戦争に関与しない為の裏技だったけど、裏技なだけに余計な使い方を思いついくやつが出ないわけがないという。
214 : ななしのよっしん :2016/02/12(金) 12:18:47 ID: vktbNEvl/D
緩まず弛まず着実に後戻りすることなく日本を壊してまいります
215 : ななしのよっしん :2016/02/29(月) 19:28:27 ID: rNsREg2WpE
そういえば民の外追放って憲法で禁止してた?
そんな条文はなかったはずなんだが
216 : ななしのよっしん :2016/03/01(火) 02:05:33 ID: 6bME7KZSAN
>>215
日本国憲法第22条の「居住の自由」が、「自民の外追放の禁止」をカバーしている。
「何人も、公共の福祉に反しない限り、居住、移転及び職業選択の自由を有する。 」
他の民の人権の侵する状況でない限り、日本国のどこに住んでも許される≒自民を勝手に追い出してはいけない。

同条文の2項は対称的な条文で「何人も、外に移住し、又は籍を離脱する自由を侵されない。 」
民に対して日本国籍を強要したり、日本国への居住を強要したりすることは許されない。

1項が住む権利(≒追放の禁止)、2項が住まない権利(≒居住強要の禁止)
どちらも、「民がに命令している」という立義の立場からは自明で、当たり前じゃんって思うかもしれんが、歴史的に国家民の居住の自由を縛ったり、外逃亡を禁じたりする例がよくあったので、わざわざ書いてある。

※ちなみに、この居住・移動の自由が書いてない憲法として有名なのが中国憲法。なのであそこ民は、都市-農村間の移動が自
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
217 : ななしのよっしん :2016/03/12(土) 23:45:49 ID: 928TK9AofW
解釈も慣習法的な意味合いもあって60年も続けばそりゃもう一つの決まりだからねぇ
9条だけの話じゃなくて、今後は憲法にある条文のみで判断、解釈を自由にしてよし!というのなら悪意を持ったものが政権につけばあっという間にディストピアになるだろう
政教分離の条文とかを極拡大解釈して『じゃあ明日から宗教に属してる全員参政権なしな』とすればあっという間に政治を寡占できる。都合の悪い基本的人権の条文は他の一部の条文のように努標にしたりさ
218 : ななしのよっしん :2016/03/12(土) 23:53:46 ID: 928TK9AofW
>>211
解釈が流動的だったあの時の解釈と、60年もの時間を積み重ねた解釈では意味が違う
そもそも自衛隊の元々の組織である警察予備隊が作られたのはGHQの命令
GHQは事実憲法越してたわけで、それにあわせなきゃいけなかったという時代背景がある。
219 : ななしのよっしん :2016/04/19(火) 21:30:38 ID: 15MFFP1maU
>>218
「だったらGHQをよみがえらせれば良いじゃん!」
とか考えていそうだな安倍政権は。まあ何にしてもこの政権に憲法弄らせるのは危険だわ。
>>sm27979540
220 : ななしのよっしん :2016/04/20(水) 21:08:05 ID: ljCVD6ZmHW
>>216
ソ連内パスポートとか発行して内の移動すら自由に出来ないようにしたことあるな。国家という名前のだった。スターリン初期の1930年代にはウクライナで悪名高い人工の大飢饉ホロモールが起こってる。これも移転の自由を禁じたのが一因だった。

北朝鮮も現状、民の移動には「通行」、更に首都への入場には特別の「平壌通行」を必要としている。だからあのは地方がいくら貧しくても首都にスラムが出来ない。平壌への入場許可が全く降りる見込みのない人も多い。

日本帝国憲法の頃から「日本臣民法律ノ範囲内ニテ居住及移転ノ自由ヲ有ス」(第22条)と定めていた。
まあ資本主義だと移動の自由は大資本が労働を集めるために必要不可欠なんだが。だからこそ江戸時代にあった関所とかもっ先に明治となってくなったわけだし。
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015