単語記事: 戦争

編集  

戦争(せんそう)とは、国家による、軍事を用い、他ないし敵対勢に対して組織的に行われる軍事活動や戦闘行為、および、それによって引き起こされる対立状態のことである。

概要

際法上では、1928年パリ不戦条約締結により、自衛的以外の戦闘行為を制限し、侵略的行為を禁じている。国家でない、地域や特定の団体が行う武的な対立は「紛争」「内戦」と呼ばれるが、広義には戦争の1形態であると言える。

また、しい争いや、死傷者の出る有様をして慣用的に戦争という言葉を使うこともある(例:受験戦争、交通戦争)が、この記事では国家間の武を用いた争いの意味で、戦争について解説する。

戦争の起源

戦争の起についてるには、まず人類文化の発展について把握する必要がある。
人類が狩猟採集生活を送っていた時代にも、集落同士の殺し合いがあった形跡は見られるが、戦争が拡大したのは、農耕文化が普及してからである。
狩猟採集生活を送っている時代には、土地に属するという概念がなく、争って負けた側が移動すれば終わるものであった。しかし、農耕を行なうにあたっては、耕地に留まらねばならず、土地に属した集落が誕生する。
また、農耕により効率良く人口を養えるようになったことで、社会に階層が生まれ、「利益を生む土地」の奪い合いを行なうための戦士階級が誕生し、大規模な戦争が行われるようになったという。

考古学研究上、戦争が確実に存在したとされるのは、紀元前3000年~1000年頃以降である。それ以前の時代にも争いの跡と解釈できる遺構はあるものの、他の用途も考えられるためはっきりとはしていない。

戦争はなぜ起こるのか

要するに戦争というのは、敵に強いて味方の意志を実現するための、暴力の行為である。

カール・フォン・クラウヴィッツ

戦争は、外交の失敗以外の何物でもない。

ピーター・ドラッカー

カール・フォン・クラウヴィッツの『戦争論(Vom Kriege)』においては、軍事政治に従属するものであり、戦争とは外交の延長であるとされている。

国家の利が対立したとき、外交の必要性が生まれる。互いの妥協点を見いだせないまま、いずれか一方が外交上の要請を武によって受け容れさせようとするとき、そこに戦争が発生する。

もちろん、例外として、どこぞのではかつて海外に駐留させていた陸軍が、政府の意向を視して戦争を始めた事例などもある。しかしこういった事例はあくまでも例外であり、本来であればクーデターに近い。
なお、こういった事例は外交、政治ダメージを与え益を損なう可性が大きいため、それを防ぐというのも、文民統制(シビリアンコントロール)の意味の一つである。

国家の概念がはっきりと確立されていない近代以前においても、利す範囲はその時々によって様々であるが、戦争の原因は現代と同様、何らかの利の対立である。

孫子』でも「利に非ざれば動かず、得るに非ざれば用いず」(利益がないなら行動をしてはならない。勝つ見込みでないなら軍を動かしてはならない)、「戦勝攻取してその功を修めざるはなり」(戦に勝っても利益を得られなければ駄である)とあり、戦が益を的として行われるものだとはっきり述べている。

戦争と対話

平和を手に入れるより、戦争を始める方がはるかに易しい。

ジョルジュ・クレマンソー

戦争は、始めたいときに始められるが、やめたいときにはやめられない。

ニッコロマキャベリ

戦争は避け、話し合いで解決すべきだ」というのはよくにする言説である。

しかし、先の項で述べたように、戦争とは外交における利調整の失敗の結果、次善の(あるいは最後の)手段として選択されるものであって、起こってしまった戦争については、すでに投治療の段階を過ぎたがんに対して『体を消耗する危険な手術ではなく、較的安全な投治療を行なうべきだ』とするのと代わりはない。

いくら外交努を続けたとしても、どちらかが戦争を選択した時点で、戦争は起こってしまうのである。

ギリシャとして伝わっている「軍備ほどからないものはない。しかし軍備がなければもっとからない」という言葉にもあるように、万一の時のために備えておくことはどうしても必要なのだ。

もちろん、武衝突というのは、国家に多大な経済的、外交的、そして人的なダメージを与え、敗戦の可性もあるハイコストハイリスクな選択であり、外交で解決が可であれば、それが最善の手段である。

このことは『孫子』でも繰り返し述べられ、

は怒りを以て師をこすべからず。将は慍りを以て戦いを致すべからず。利に合えばち動き、利に合わざればち止まる。怒りは復た喜ぶべく、慍りは復た悦ぶべきも、亡は復た存すべからず、死者は復た生くべからず

(君は怒りから戦争を起こしてはならない。指揮官は憤りから交戦してはならない。利益があるときに行動し、そうでなければ行動しない。怒りは過ぎ去れば喜びがあり、憤りも過ぎ去れば楽しいことがある。しかし、滅んだが元通りになることはなく、死んだ者が生き返ることもない)

として、軽はずみに戦争という手段を選択することをめている。

以上から、「話し合いで解決するのが理想であるが、いつもうまく戦争が避けられるとは限らない」というのが、現実的な返答となるだろう。

戦争と正義

日本に「勝てば官軍負ければ賊軍」ということわざがあるように、戦争においては、しばしば勝者が正しかったものとされる。これは、勝利した側がそれ以降の政治の実権を握り、公式な記録を残すためでもある。(文学者の陳臣はこれをして「歴史は勝者によって作られる」と言った)

かしこれは、もともと言い分を通すために戦争が起こされるという前提からすれば、至極当然のことに過ぎない。かつて正しいとされたものでも、時代が変われば為政者の都合や民衆の感情によって評価が変わることも多い。
日本では南北朝時代の扱いなどが顕著である。教科書から消えた時期すらある)

詳しい解説は「正義」の項に譲るが、外交的な解決に至らない背景として、双方が自こそ正しいと考えている、あるいは、そのような民世論に押されて妥協点が見いだせない、という事例は歴史上いくつも見受けられる。
そのため、戦争を「正義-悪」の軸でろうとすると掛け論になりやすく、不毛であることが多い。

どっちも、自分が正しいと思ってるよ。戦争なんてそんなもんだよ。

ドラえもん(第1巻 第8話『ご先祖さまがんばれ』)

戦争の考え方

戦争は単なる悲惨な絶対悪なのか?

戦争の悲惨さ、愚かさは、古来人類が身に沁みて体験してきたところであり、可な限り避けるべき行為とされてきた。しかしながら、実は現代までで対等な敵間で戦われた純然たる戦争で、大きな被害が出たのは両大戦の広域な大戦を除けば、ドイツを中心に起きた『三十年戦争』のみである(死者数:約750万人)。

それに対し、現代までに古今東西で引き起こった革命や独裁政権による粛清、他民族一方的虐殺奴隷支配などにおける被害べものにならないほど凄まじく、建設官僚大石久和の著書『土学再考(毎日新聞社)』によれば、特に毛沢東の『文化大革命』では約4000万人、ヨシフ・スターリンの『大粛正』では約2000万人が、共産革命の一環で虐殺されている。その推定死者数は、併せると第二次大戦の推定死者数をえる。

かといって、決して被害が少ないから戦争虐殺よりマシだとか、戦争必要悪などという気は毛頭い。ただ、人類史を通して見れば、戦争はそうした大量虐殺の一部を占めるに過ぎないものであることが解り、後述する事実も考えると絶対悪というのにも疑問が残る。

戦争によって生まれた思想・文化

戦争は、古代ギリシャ以来の西洋ではむしろ英雄叙事を生み出し、一種のロマンとなっていた。 戦争の現場は悲惨だが、その悲惨な運命を弱い立場の者の代わりに引き受ける人々、すなわち騎士貴族といった戦争を戦うための階級が存在していたためであった。彼らを勇者と讃えて人間の理想像とする物語は古来より枚挙に暇がない。

そうした残虐さとは区別された勇者の戦いとしての戦争は、男性性の本質の発露であるとされ、その男性性のロマン化によって、騎士武士道といった、一般民衆にも通じる高度な精哲学徳・思想や、美しい文学芸術が生まれたことも、歴史事実である(『物語』『アーサー王と円卓の騎士』『アルプス越えのナポレオン』など)。

また、前近世の王権社会においては戦争に参加することは参政権を得ることに必要なことであり、特に西洋における特権階級は、命を懸けて戦争で戦うことを「高な義務」として、率先して引き受けること(ノーレスオブリージュ)によって、自らの支配を正当化させる的もあった。

同一文化圏内における戦争では、戦時際法の成立以前はその文化ごとの『ルール』があり、戦争の「止め時」があったことも大きく、逆に言えば、異なる文化・宗教民族がぶつかるタイプ戦争はそういったルールが通用せず、虐殺や殲滅戦争に陥りやすかった。中世ヨーロッパにおける十字軍などが良い例だろう。

当時の戦争による被害は、近代以降における戦闘に巻き込まれることによる損耗よりも、作戦部隊の兵站の概念がまだ未発達または不在であったため、規が不十分な兵士たちが勝手に現地民間人に対して略奪を行うことによるものの方が多かった。

戦争に対する意識の変遷

ところが先述した通り、フランス革命アメリカ独立戦争といった出来事を経て、民皆兵という意識から大徴兵制が採用して大量の兵員を戦場に送り出せるようになったことと、兵器の劇的な発達、鉄道などの運送技術の発達による兵站進化がかち合ったことによって、戦争の様相は一変することになる。

とくに中世から近世への過渡期に火を用いた大砲が出現。矢、甲冑を使うにはそれを使える筋と訓練が必要だったが、較的手軽でかつ殺傷の強い銃火器の存在により、戦争でより多くの戦と人員を増やし、より多くの犠牲者を増やすこととなった。ヨーロッパではルネサンス期にイスラム圏から渡って良されて百年戦争時に出現し、日本では戦国時代に渡来。銃火器中世から近世へ変わる時代と戦争の変化の徴的なものとなった。

アメリカ南北戦争では、ガトリング砲などの新兵器鉄道と電信の発達を背景民総動員による総戦が戦われ、北軍のウィリアムシャーマン将軍は「への進軍」によりアメリカ南部の広い範囲に破滅的な被害をもたらした。

そして「国家戦」と呼ばれる戦時体制が出現した第一次大戦では塹壕戦が長期化し、中戦が初めて行われ、ロンドンパリなどの大都市爆撃に遭い、東部戦線ではガス兵器が使用され、参戦国の若者の人口が大きく減少するような大きな被害が出た(死者数:約1600万人)。

ノーレスオブリージュを率先して引き受けた若い貴族たちは第一次大戦でその多くが戦死し、ヨーロッパにおいて長く続いた貴族社会は崩壊してゆく。

英雄的な戦いではなく、武装した一般市民兵が戦場を駆け巡って塹壕戦を強いられ、もはや英雄が出現することはなくなったのである。これ以降、英雄叙事の代わりに、大量殺戮と戦場の悲惨さだけが際立つ、現代の戦争となっていく。

戦争から煌きと魔術的な美がついに奪い取られてしまった。アレキサンダーシーザーナポレオン兵士達と共に危険を分かち合い、戦場を駆け巡り、帝国の運命を決する。そんなことは、もうなくなった。これからの英雄は、安全で静かで、物憂い事務室にいて、書記官達に取り囲まれて座る。一方何千という兵士達が、電話一本で機械によって殺され、息の根を止められる。これから先に起こる戦争は、女性子供や一般市民全体を殺すことになるだろう。やがてそれぞれのには、大規模で、限界のない、一度発動されたら制御不可能となるような破壊の為のシステムを生み出すことになる。人類は初めて自分達を絶滅させることのできる具を手に入れた。これこそが、人類の栄と苦労の全てが最後の到達した運命である。

ウィンストン・チャーチル

極端な反戦思想の台頭

これが決定打となり、19世紀の国家形成と近代戦争に伴って緩やかに成立、共有されつつあった「戦争は関係国家民を疲弊させ荒させるもの」という認識は、より明確な『反戦意識』へと変化。第一次大戦で特にズタボロとなった欧州では厭戦気分から平和義が台頭し、ナチス・ドイツへの宥和政策が支持を集めるなど、もう戦争は起きないであろうという願望にも似た予測が唱えられた(いわゆる「戦争の終わり」)。

しかし、願いしく今度は第二次大戦が勃発。民の反戦意識や厭戦気分は、国家戦においては邪魔になってしまうため、特に枢軸国では当局による取り締まりやによる戦意鼓舞、反戦へのテロが横行し、全体義化が進んでいった。 そして最終的に核兵器が登場し、それがもたらす致命的な被害広島長崎明らかになると、これらを反動として反戦意識はより先鋭的なものへと変化、今日へと至っていく。 冷戦期を代表するベトナム戦争では戦場での報道自由が解放され、政府ではなく民間報道によって戦場の有様を即日各一般人が知るようになり、世界各地で反戦抗議運動が起きるようになった。

ちなみに現代においては兵器や軍そのものの発達と複雑化によって運用に特殊な専門が必要になったことと、兵士一人あたりにかかる予算が増大化、加えて兵員の化が可になったことで、徴兵制の意義は低下している。念のため。

関連動画

関連商品

関連項目

戦争の関連タグ、ニコニコでの戦争

史実の戦争一覧


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E6%88%A6%E4%BA%89
ページ番号: 517881 リビジョン番号: 2581623
読み:センソウ
初版作成日: 08/09/02 17:39 ◆ 最終更新日: 18/04/21 23:08
編集内容についての説明/コメント: インドネシア独立戦争を追記。
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

戦争について語るスレ

1832 : ななしのよっしん :2018/02/16(金) 06:07:39 ID: M4gQRjS9am
まあ確かに緩衝地帯としては野放しが最適ではある。ノーコストだ。
的には一番むごたらしい気もするが…
緩衝の役割と独裁者は維持しつつ、軍部だけ排除して現代化できればにとっても最高なんだがな。

あと、案が荒唐稽なのはむしろ良いことと思ってる。相手の意図の裏をかける。
戦争や係争での勝利にはそれが重要。政治政治でしかない。
一度でも場が秩序化すれば、どさくさに紛れて抜け駆けしてもをついても裏切ってもいい。
歴史国家も個人もそうしてきた。利益さえあれば、戦争政治の延長とは限らない。
1833 : ななしのよっしん :2018/02/17(土) 14:15:45 ID: WwYWIDhU6M
>>sm32706112

国家の敵は自or他の軍産複合体という話
1834 : ななしのよっしん :2018/03/29(木) 19:37:57 ID: M4gQRjS9am
このまま北朝鮮韓国の融和が続くとまずい
味方の敵は敵で考えると、日本が代理戦争の矢先に立たされかねない
工作でもなんでもして積極的に北韓関係を破談させないと日本人が死ぬぞ
1835 : ななしのよっしん :2018/03/29(木) 20:16:17 ID: DXupQrkE8N
代理戦争ってどことどこの代理?
現状日本戦争に巻き込まれそうなのは中東だと思うが……

南北統一は理だろうから、南北融和が進めば半島戦争が起きる可性が下がるだけで日本にとって悪影いように思えるが
中国とは緩衝地帯が残る形になるし治安の悪化も北朝鮮の政府が存在する以上ある程度は抑えられる

難点を言えば拉致被害者問題に使える交渉カードが減るって事だね。
(だから、拉致被害者の家族も圧より対話をめていたんだがねぇ)
言っちゃえば、南北の融和政策を破綻させた方が日本にとってがo大きいからな
1836 : ななしのよっしん :2018/03/29(木) 22:10:39 ID: M4gQRjS9am
韓国北朝鮮に表向き対立しつつグルで動かれると大変まずいってこと。
もちろん中国寄りのポジションで南北統一されるとさらにまずい
核武装兼高度経済の連合(親米親中を使い分け、汚れ仕事もできる)が誕生し、干渉地帯の線引きは日本海に移るわけだ。
日本の味方は米国しかないわけで。

一方、大である中は直接衝突しないものの権益面での溝はあまりにも深い。
それが理由で代理戦争するとすれば、北朝鮮vs韓国北朝鮮vs日本に絞られる。
今までは必ず北朝鮮vs韓国だったから特需でウハウハだったが、線引きが日本海になると逆に矢先に立たされることになる。
1837 : ななしのよっしん :2018/03/30(金) 00:44:45 ID: DXupQrkE8N
何度も言うが南北統一は
北の将軍様が権を手放す可性はいし、韓国も損することが確実な南北統一をする可性は低い。北朝鮮経済状況をどう立て直すのかが問題になってくるからね

そして、韓国北朝鮮が繋がったとしてもそれが即座に中国側になるという可性は低い。
現状、韓国は良くも悪くもアメリカ経済が繋がっているため、唐突に中国側になるという事は考えられない
北朝鮮アメリカに譲歩することはあるかもしれないがね

日本が積極的に南北会談を妨することは日本益を損ねることにしかならないよ
1838 : ななしのよっしん :2018/03/30(金) 01:00:33 ID: nvBwdUFjc/
南北会談して韓国はどっちにつくの?
もう書かれてる通り北はアメリカと敵同士だけど韓国アメリカに寄生しないとやっていけない
中露につこうにもやっぱりアメリカと仲悪いしで
いっそ乗り換え根性であっちこっち行き来するの?
1839 : ななしのよっしん :2018/04/08(日) 15:36:26 ID: e2sCeJqj67
日本は昔から、「ものすごく戦争が下手」ななんですよね。そう思ってないのは日本の人だけだと思う。戦の逐次投入の常習犯だし、打撃という思想を欠いているのに攻勢に出たがる。真珠湾攻撃のような滅法うまくいった騙し討ちですら戦略標は手つかずのまま引き返してしまう。
戦争、向いてない

戦争ごっこが好きなんですよ。ミリタリーマニアな発想で。太平洋戦争前のノモンハン事件ではソ連軍の量を知らず被害を増大。更にはその反検証も対策もせず。愚劣な事で有名なインパール作戦では兵站机上の空論でやり、兵士の大半を餓死又は栄養不足からの病死に追いやった。責任取らず。
1840 : ななしのよっしん :2018/04/08(日) 15:43:25 ID: 8b6jdMtcGX
宮崎駿監督もそういうなこと言ってたはず
1841 : ななしのよっしん :2018/04/08(日) 15:49:14 ID: q9zOTFMtVi
基本的に戦闘民族じゃないからな
今の時代を平和ボケってよく言うけど
世界的に見れば常に平和ボケしてるのが日本
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829