単語記事: 戦争

編集  

戦争(せんそう)とは、国家による、軍事を用い、他ないし敵対勢に対して組織的に行われる軍事活動や戦闘行為、および、それによって引き起こされる対立状態のことである。

概要

際法上では、1928年パリ不戦条約締結により、自衛的以外の戦闘行為を制限し、侵略的行為を禁じている。国家でない、地域や特定の団体が行う武的な対立は「紛争」「内戦」と呼ばれるが、広義には戦争の1形態であると言える。

また、しい争いや、死傷者の出る有様をして慣用的に戦争という言葉を使うこともある(例:受験戦争、交通戦争)が、この記事では国家間の武を用いた争いの意味で、戦争について解説する。

戦争の起源

戦争の起についてるには、まず人類文化の発展について把握する必要がある。
人類が狩猟採集生活を送っていた時代にも、集落同士の殺し合いがあった形跡は見られるが、戦争が拡大したのは、農耕文化が普及してからである。
狩猟採集生活を送っている時代には、土地に属するという概念がなく、争って負けた側が移動すれば終わるものであった。しかし、農耕を行なうにあたっては、耕地に留まらねばならず、土地に属した集落が誕生する。
また、農耕により効率良く人口を養えるようになったことで、社会に階層が生まれ、「利益を生む土地」の奪い合いを行なうための戦士階級が誕生し、大規模な戦争が行われるようになったという。

考古学研究上、戦争が確実に存在したとされるのは、紀元前3000年~1000年頃以降である。それ以前の時代にも争いの跡と解釈できる遺構はあるものの、他の用途も考えられるためはっきりとはしていない。

戦争はなぜ起こるのか

要するに戦争というのは、敵に強いて味方の意志を実現するための、暴力の行為である。

カール・フォン・クラウヴィッツ

戦争は、外交の失敗以外の何物でもない。

ピーター・ドラッカー

カール・フォン・クラウヴィッツの『戦争論(Vom Kriege)』においては、軍事政治に従属するものであり、戦争とは外交の延長であるとされている。

国家の利が対立したとき、外交の必要性が生まれる。互いの妥協点を見いだせないまま、いずれか一方が外交上の要請を武によって受け容れさせようとするとき、そこに戦争が発生する。

もちろん、例外として、どこぞのではかつて海外に駐留させていた陸軍が、政府の意向を視して戦争を始めた事例などもある。しかしこういった事例はあくまでも例外であり、本来であればクーデターに近い。
なお、こういった事例は外交、政治ダメージを与え益を損なう可性が大きいため、それを防ぐというのも、文民統制(シビリアンコントロール)の意味の一つである。

国家の概念がはっきりと確立されていない近代以前においても、利す範囲はその時々によって様々であるが、戦争の原因は現代と同様、何らかの利の対立である。

孫子』でも「利に非ざれば動かず、得るに非ざれば用いず」(利益がないなら行動をしてはならない。勝つ見込みでないなら軍を動かしてはならない)、「戦勝攻取してその功を修めざるはなり」(戦に勝っても利益を得られなければ駄である)とあり、戦が益を的として行われるものだとはっきり述べている。

戦争と対話

平和を手に入れるより、戦争を始める方がはるかに易しい。

ジョルジュ・クレマンソー

戦争は、始めたいときに始められるが、やめたいときにはやめられない。

ニッコロマキャベリ

戦争は避け、話し合いで解決すべきだ」というのはよくにする言説である。

しかし、先の項で述べたように、戦争とは外交における利調整の失敗の結果、次善の(あるいは最後の)手段として選択されるものであって、起こってしまった戦争については、すでに投治療の段階を過ぎたがんに対して『体を消耗する危険な手術ではなく、較的安全な投治療を行なうべきだ』とするのと代わりはない。

いくら外交努を続けたとしても、どちらかが戦争を選択した時点で、戦争は起こってしまうのである。

ギリシャの諺として伝わっている「軍備ほどからないものはない。しかし軍備がなければもっとからない」という言葉にもあるように、万一の時のために備えておくことはどうしても必要なのだ。

もちろん、武衝突というのは、国家に多大な経済的、外交的、そして人的なダメージを与え、敗戦の可性もあるハイコストハイリスクな選択であり、外交で解決が可であれば、それが最善の手段である。

このことは『孫子』でも繰り返し述べられ、

は怒りを以て師をこすべからず。将は慍りを以て戦いを致すべからず。利に合えばち動き、利に合わざればち止まる。怒りは復た喜ぶべく、慍りは復た悦ぶべきも、亡は復た存すべからず、死者は復た生くべからず

(君は怒りから戦争を起こしてはならない。指揮官は憤りから交戦してはならない。利益があるときに行動し、そうでなければ行動しない。怒りは過ぎ去れば喜びがあり、憤りも過ぎ去れば楽しいことがある。しかし、滅んだが元通りになることはなく、死んだ者が生き返ることもない)

として、軽はずみに戦争という手段を選択することをめている。

以上から、「話し合いで解決するのが理想であるが、いつもうまく戦争が避けられるとは限らない」というのが、現実的な返答となるだろう。

戦争と正義

日本に「勝てば官軍負ければ賊軍」ということわざがあるように、戦争においては、しばしば勝者が正しかったものとされる。これは、勝利した側がそれ以降の政治の実権を握り、公式な記録を残すためでもある。(文学者の陳臣はこれをして「歴史は勝者によって作られる」と言った)

かしこれは、もともと言い分を通すために戦争が起こされるという前提からすれば、至極当然のことに過ぎない。かつて正しいとされたものでも、時代が変われば為政者の都合や民衆の感情によって評価が変わることも多い。
日本では南北朝時代の扱いなどが顕著である。教科書から消えた時期すらある)

詳しい解説は「正義」の項に譲るが、外交的な解決に至らない背景として、双方が自こそ正しいと考えている、あるいは、そのような民世論に押されて妥協点が見いだせない、という事例は歴史上いくつも見受けられる。
そのため、戦争を「正義-悪」の軸でろうとすると掛け論になりやすく、不毛であることが多い。

どっちも、自分が正しいと思ってるよ。戦争なんてそんなもんだよ。

ドラえもん(第1巻 第8話『ご先祖さまがんばれ』)

関連動画

関連商品

関連項目

戦争の関連タグ、ニコニコでの戦争

史実の戦争一覧


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E6%88%A6%E4%BA%89
ページ番号: 517881 リビジョン番号: 2527381
読み:センソウ
初版作成日: 08/09/02 17:39 ◆ 最終更新日: 17/09/27 06:31
編集内容についての説明/コメント: 関連項目に戦争論追加
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

戦争について語るスレ

1810 : ななしのよっしん :2017/09/16(土) 03:11:10 ID: yArRFAomHg
国連の集団安全保障体制と何が違うの。
1811 : ななしのよっしん :2017/09/16(土) 10:40:29 ID: I2GFLd06Ht
>>1810
あれは本来紛争当事者の一方が武解決を行おうとした時に制止するだけのもの
紛争自体は現状維持で解決してはくれない
1812 : ななしのよっしん :2017/09/17(日) 00:18:20 ID: dGJziOvo5S
>>1811
そんな事国連章のどこにも書いてないよ。国連の集団安全保障も紛争解決のために構成が事態に当たる事を想定している。
ただ欠けているのは構成が持つべき共通認識について常任理事が持つ拒否権によって妨げられるという点。

あと紛争当事者の裁判所については刑事裁判所がある。但しこれも際条約の組みなので、加盟しか縛れない。実際アメリカ中国が入っていないため、不との誹りを受けている。
実際に紛争が発生している地域からは裁かれる個人がいるのに、紛争を支援した側、その地域に軍隊を派遣した側は裁かれないわけだから。

現状はモデルはあるけど、十全に機していない段階だと思う。それこそ核兵器のような大量破壊兵器をある組織が保持して、その実背景警察や裁判等法活動出来ればいいけど、そこまで信頼醸成出来てないからね。
1813 : ななしのよっしん :2017/09/17(日) 16:32:00 ID: I2GFLd06Ht
1.際の平和及び安全を維持すること。そのために、平和に対する脅威の防止及び除去と侵略行為その他の平和の破壊の鎮圧とのため有効な集団的措置をとること並びに平和を破壊するに至る虞のある際的の紛争又は事態の調整または解決を平和的手段によって且つ正義及び際法の原則に従って実現すること。

つまり「平和の破壊」は鎮圧するけど際的紛争は平和的手段で解決してねってこと
1814 : ななしのよっしん :2017/09/25(月) 07:20:56 ID: dGJziOvo5S
>>1813
国連の役割が謙抑的過ぎるってこと?
ただ紛争っていう概念自体政治的だから難しいけど。あと「紛争自体は現状維持で」ってのがよくわからない
第1章第1条第1項引用したなら、第6章も見ればいいじゃん。紛争の平和的解決についてタイトルがある。
1815 : ななしのよっしん :2017/09/25(月) 18:20:44 ID: I2GFLd06Ht
6章と7章の関係も見てね
行使を伴う7章の集団的安全保障の規定と紛争解決に関する6章の規定は慎重に分断されてるから
1816 : ななしのよっしん :2017/09/26(火) 04:33:37 ID: dGJziOvo5S
>>1815
7章に集団的安全保障についての規定あるけど、でそれが?
二つは相補的なもので矛盾しないじゃんお互いに。
レスだけじゃ複雑なことの意はちゃんと伝わらないよ。せめてなんか種本あるなら触れて欲しい。具体的な事例とか。
1817 : ななしのよっしん :2017/09/26(火) 19:38:42 ID: I2GFLd06Ht
それがっても、1813の条文のとおりなんだけれども

第7章39条にあるとおり、集団的安全保障の発動要件は平和に対する脅威、平和の破壊又は侵略行為の存在であって紛争の存在でなく、その的は際の平和及び安全を維持し又は回復することであって、紛争という文言もその解決という表現もどこにもない
第1条の記載の通り、集団的安全保障はあくまで平和の破壊を防止するためにしか用いることができないのね

で、おっしゃるとおり第6章には紛争の平和的解決の記載があるんだけれども、これは武行使だとか経済制裁といった威を用いた手段は一切とれず、勧告をできるに過ぎない 勧告に反しても7章の手続きに繋がってくるわけでもない というか紛争の平和的解決の手続きから集団的安全保障に移行する制度が何一つない
法的には集団的安全保障とは切り離された手続きなんですよ

これはなぜかと言いますと、際法上の戦争の取り扱いが、際紛争の解決の手段としての戦争は許されないということでかたまってるせいでして
UNの集団的安全保障制度としても
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
1818 : ななしのよっしん :2017/09/27(水) 03:26:09 ID: dGJziOvo5S
>>1817
勧告ができるだけって言い方が何をすかは分からんが、非訴訟制度や裁判制度もあるだろ。法制度として貧弱って言い方はできるけど。

定義としては当事の間で権に関する争いがあれば紛争だと思う。国連章素直に読めば。日本の問題で言えば、北方領土竹島領有問題は紛争状態だし、漁業権もこれに付随する。
その解決手段として法裁判所等が用意されているけど、条件満たさないから出来ないって話でしょ。
これを訳すれば現状維持しかいって意味かもしれないが、そういうことを言いたいってこと?

1819 : ななしのよっしん :2017/09/30(土) 09:21:40 ID: I2GFLd06Ht
え、いや
勧告するだけのものって集団的安全保障制度なの?
ニコニコニューストピックス
電ファミwiki
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829