単語記事: 戦列歩兵

編集
今週のおすすめ この記事は第89今週のオススメ記事に選ばれました!
よりニコニコできるような記事に編集していきましょう。

戦列歩兵とは、近世ヨーロッパマスケット銃銃剣で武装し隊列を組んで戦った歩兵部隊である。

概要

整然と隊列を組み、煌びやかな軍服を身に纏い、太鼓の音にあわせて行軍する姿は、ロマンティックに満ち溢れている。

が、残念ながら日本ではなじみが薄い。

基本的な戦い方

  1. マスケット銃に弾を装てんし、ユーキャンのテーマにあわせて行進する。
  2. 射撃位置までひたすら前進、死傷者がでてもすかさず前に出て隊列を整える 
  3. 射撃位置に付いたら射撃>装てん>射撃を繰り返す
  4. 敵がチキンレースに負けて隊列が乱れたら銃剣兵戦に移行する

これを砲兵騎兵等が支援したりする。

↓大体こんな感じ。

銃で撃たれてるのに密集して歩くとか馬鹿なの?死ぬの?

当時の銃の性能が今じゃ考えられないほどひどかった

当時の口から丸い弾を入れる前装式で、十分に訓練されていなければ一分に一発打てればいい方。しかも丸い弾が身内をゴロゴロ転がってしまう構造であるため、距離50Mで撃って当たるかあたらないか。不発もかなり多い。(信頼性にかけるため縦隊は3列が基本だった)とどのつまり射撃だけでは兵戦を封殺できなかったのだ。散開状態では兵戦に持ち込まれてあっという間に蹴散らされてしまう事情があった。でも、しっかりと銃剣を着け密集隊形をとっていれば騎兵の突撃にすら耐える事が出来た。因みに密集隊形による兵戦は洋の東西を問わず、古代重装歩兵の時代から中世封建騎士・・・近世初期の戦国時代足軽に、近代戦列歩兵ナポレオンあたりの時代まで)ずっと歩兵運用の基本であった。

ただ、史料の発掘により、当時のも思われているほど命中率が低くない事が判明した。

プロシア軍が行った研究によると、400mの距離で発射した弾は10%の命中率を誇り、200mで25%60mにもなると50%が命中したと書かれている。

攻撃側が400mの距離から歩いて来る場合を考えてみると、約6回の射撃のチャンスがある事がわかる。この六回の射撃はそれぞれ10、12%20252560の命中率を示すことがわかる。合計すると152という数字が出る。これは、攻撃側が被を受けないという前提で約1.5倍の敵を殺傷できるということである。つまり、敵側がよほどの数的優位を持っていない限り、射撃で兵を封殺することもできたのである。

この事を解かりやすく説明すると

最初に100人敵がいるとして:
1回の射撃(命中率10%)で、10人斃れる。残り100-10=90
2回の射撃(命中率12%)で、11人斃れる。残り90-11=79
3回の射撃(命中率20%)で、16人斃れる。残り79-16=63
4回の射撃(命中率25%)で、16人斃れる。残り63-16=47人
5回の射撃(命中率25%)で、12人斃れる。残り47-12=35
6回の射撃(命中率60%)で、21人斃れる。残り35-21=14人

ではく、

味方が100人が射撃すると考えて:
1回の射撃(命中率10%)で、10人に命中
2回の射撃(命中率12%)で、12人に命中
3回の射撃(命中率20%)で、20人に命中
4回の射撃(命中率25%)で、25人に命中
5回の射撃(命中率25%)で、25人に命中
6回の射撃(命中率60%)で、60人に命中 
射撃側の被を考えなければ、2発撃たれた人もいるだろうが、のべ152人に命中する

ということである(掲示板>>50を参考に作成)

ただ、これは歩兵の場合で、騎兵相手の場合、射撃チャンスは一度きり、しかも重列で突撃してくる騎兵の二列以降はどうあがいても阻止できず、方を組めない散開戦術ではされることが明であった。

(ただ、この数値の英訳では1ペースPace60cm)という注釈がついているが、数字的に1ペスPes(30cm)のほうが妥当である。その場合、数値は半分で合計命中率も85でしかない)

当時の兵士の質がひどかった

当時は理やり集められた民や犯罪者の寄せ集めで厳しく見る必要があった。

どれほど厳罰化しても戦わなかったり逃げ出したりする兵が後を絶たなかった。

組織的に散開戦術を取れるのは猟兵などの一部のエリート部隊だけだったのである。

盾もってくとか鎧を着ればよかったんじゃね?

当時のは命中率は低かったとはいえ、威は十分以上にあった。

均的なマスケット30ラムの弾丸を秒速400メートルで打ち出すことができた。

これから弾の運動エネルギーを測定すると約2600ジュールと言う回答が出る。

参考として現代の弾丸の運動エネルギーを上げてみると

5.56mm新NATO弾で約1700ジュール、デザートイーグルで有名な50AEマグナム弾で1900ジュール、旧Nato弾が3200ジュールとなっている。

また、Wikipediaによると新NATO弾は、600メートル距離にて3ミリメートルの鋼の装甲を貫けるほどの威をもっている。

こうしてみるとわかるが、当時の弾丸は決してで防げたようなものではなく、この弾を防ぐは人間が運べるサイズではなかった。(※ただし当時のマスケットは丸弾であるため、現代の弾よりもはるか空気抵抗の影を受け、射程も短く貫徹も低いことに留意する必要はある)

 

ただ、当時の騎兵は胸甲を着込むことがあったが、これは兵戦での意味合いが大きかった。また、ある程度はなれた距離では胸甲は防弾効果があったらしいが、その距離で命中すること自体、きわめてまれであった。

最初から白兵戦しかけりゃ脆そう

当時の軍隊にもそう考えた人々はいたが、実際に成功した例は極めて少ない。

まず、兵仕掛ける側が撃を受ける中、気にせず突き進むことができるほど高い士気が必要。もし十分な士気がなかった場合、相手に届く前に敗走する事になった。また、前述のプロシア軍の研究にあるように、兵側は接近までに大量の被を出す恐れがあった。しかも、敵に到達したとしても約2メートルリーチを持つ銃剣との格闘戦が待っていた。上記の通り、戦列歩兵銃剣を装備していれば短兵として集団戦法が使えたのである。

ただ、戦列側も方を組めるほどの練度と敵が抜突撃してもひるまず応戦する士気が必要で、農村上がりにて徴兵より日数がたっていない兵士国士無双士の集まりと対峙した場合、戦列側が敗走する例がよく記録されている。

例としてはジャコバイトの乱初期のスコットランド軍とイングランド軍が上げられ、士気旺盛にて当時欧州最強士軍団であるハイランダーを有するスコットランド軍がそこらへんの農民を強制徴発して編成したイングランド戦列部隊を木っ端微に打ち破った事がある。

ただ、ジャコバイトの乱も中盤あたりにはイングランドの熟練した農村上がりの戦列部隊に敵わなくなり、連敗することとなった。

また、日本でも類似の例がある、西南戦争初期、士族側の抜突撃は官軍に対し猛威を振るった。しかし、後期になるにつれ農民上がりの兵士が円を組む事を編み出し、撃退した。

弓とかのほうが射撃戦強そう

当時の時点では射撃戦では兵のほうが強いのは知れた事実であったが、兵は兵戦に持ってこられると弱かった。さらに、兵の育成には時間がかかり、維持費も馬鹿にならなかった為、イングランド以外は期に兵へと兵科を移していた。しかも、戦列は短期の訓練で実践配備でき、兵などとは使い勝手がべ物にならなかったのである。

戦列歩兵の終焉

弾幕から鉄の暴風へ

産業革命が起こり武器の威恐竜進化を遂げた。
ライフルとなり旧来のの射程がせいぜい200M程度であったのに対し、一気に800M先の敵を打ち倒せるまでになった。
大砲鉄球を高速で転がすようなものから爆発し破片を撒き散らす榴弾に取って代わった。
駐退機が発明され撃った後でもいちいち照準を合わせ直さなくても良くなった。
こうして火力が著しく向上した結果従来のように戦場で隊列を組むのは自殺行為となり戦列歩兵は姿を消した。
やがて機関銃が発明され塹壕戦へと移行するのである。

関連動画

関連商品

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E6%88%A6%E5%88%97%E6%AD%A9%E5%85%B5
ページ番号: 4175715 リビジョン番号: 2319483
読み:センレツホヘイ
初版作成日: 09/10/06 15:20 ◆ 最終更新日: 16/01/31 20:40
編集内容についての説明/コメント: 関連商品追加
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

The Briti...
英国擲弾兵

戦列歩兵について語るスレ

253 : ななしのよっしん :2016/02/01(月) 10:38:37 ID: 9mggDpzfXu
>>249
当時は兵士の質が違いすぎるんだ。士官が眼で見てないと
すぐにでも逃げ散る、そんな兵士が多すぎたんだよ
伏兵とか奇襲とか一撃離脱とかはどだい無理ゲーだった

それが「徴兵制」という地機械を引き出す一因になるんだけどね
254 : ななしのよっしん :2016/02/06(土) 14:54:58 ID: +j4rG/FdR6
>>249
戦争って結局は相手を壊走させるために相手の士気を削るのが的だから
バラバラに撃つより正面から一斉射撃したほうが恐怖を感じて士気を削りやすいのよ

さらに言うと銃剣突撃とかの兵戦は一斉射撃より士気を削って相手を壊走させやすいけど
銃撃戦とかの遠戦で有利を作ってないとの一斉射撃でこっちが痛いにあう
255 : ななしのよっしん :2016/02/19(金) 21:13:10 ID: KSzL7GsA0W
奇襲に適した危なそうな場所には偵察を出して調べるのが基本だし
少数の伏兵で奇襲しても軽騎兵あたりに狩られるだけだしな
ジャーンジャーンジャーン現実では厳しい
256 : ななしのよっしん :2016/03/18(金) 22:46:50 ID: 4nfIbxivBl
まず兵士訓練の時間はほとんどなく、監視のければ即座に逃げ出してしまうような歩兵。各自判断で散兵戦術を取れば脱走兵が多発するのはに見えているが、形を適宜変更しながら機動戦を行わせるような訓練時間は取れない。
それを踏まえた上で武器を考える。を抱えて駆け回る体く、を巧みに振り回す技術もない。矢もイメージと違ってかなり筋を要される武器だから却下。こういう状況で、マスケット銃が開発された。相手に向けて、人差しを曲げるだけででも一撃必殺の攻撃を発揮できる素晴らしい武器。ただ欠点がある。命中率が低いのもそうだけど、構造上立ったままでないと装填が行えない。
で、いろいろ工夫した結果、歩兵を横に並べ、逃げ出さないよう指揮官の監視下に置き、更には歩兵同士も監視し合うように仕向け、敵を射程に収めたら直立のまま射撃→装填→射撃を繰り返す、という一見するとバカみたいな戦術が完成した。
257 : ななしのよっしん :2016/04/07(木) 04:20:17 ID: yo028tbYZC
戦列歩兵の直前の形から考えていくのがいいかもしれない
個人的なイメージだが最近はこんな流れで考えている(読み返したら>>188と大体一緒か)

スペインマスケット」の時代は密集した兵の兵戦がが補助をしていた
マスケットの有効射程と連射速度が低く敵の突撃を防げないので兵に守ってもらわないといけない
マスケットの精度が向上し火縄から火打ち石になって密集可になることでようやく正面突撃を破砕できるようになった
逆に言えば散開したり伏せて速射性や機動性を下げると防御面では敵戦列歩兵騎兵の突撃や包囲を防げなくなる、攻撃面では射撃だと決定打が与えられないので遊兵になって各個撃破される
撃集団に正面で集団棒立ちになって姿さらすのと敵突撃集団に移動や反撃しにくい姿勢でばらばらに隠れてるのとどっちがいいかって事だ
ライフルになり火力と交戦距離が増えて少数でも突撃を防げるようになり、大砲も性や機動性が上がって視できない存在になる事で散兵戦術が広まり始める

(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
258 : ななしのよっしん :2016/04/07(木) 04:55:34 ID: yo028tbYZC
あーでも少数でもを着た兵戦用の部隊が居なかったのは銃撃戦で大体大勢が決まってたってことか?
密集形は単純にランチスター法則が原因かも(攻撃は最大の防御)
有効射程が短いから散兵は各個撃破される
そして密集形で移動や攻撃の速度を下げて守りに回ってると騎兵砲兵歩兵いずれにもいいように包囲されて各個撃破されるから攻撃していくしかない
259 : ななしのよっしん :2016/04/24(日) 19:29:58 ID: 4nfIbxivBl
マスケット銃はその原理的に、どれだけ精密に作っても威、射程、速射性は向上しない。莢は役に立つけど劇的なほどではないし、ライフリングは速射とトレードオフミニエーマスケット歴史からすると最終盤にチョロット出てきただけだし、その後すぐにボルトアクションマスケットってジャンル駆逐してしまった。マスケットは登場してから表舞台から消えるまで、その威、射程に大差はない。
兵を駆逐したのはマスケットの威向上ではなく銃剣の発明。兵が兵戦してる中に撃はできないし、マスケットが活躍する間はは届かない。ならマスケット銃の先に穂先着けちゃえばええやんと。そして兵が兵に取り込まれる。兵を用意しなくても兵が自分で方を組んでを作れるようになって騎兵への対抗手段を得た。
散兵は使われてたけど数が少ない。何故ってまず訓練する時間とい。そして犯罪者予備軍な徴兵共に愛国心なんてものはい。自由行動なんてとらせると間違いなく逃げる。
あと散兵のライフリングが入ってたから戦列歩兵より射程はずっと長いよ。

兵戦はこの時
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
260 : ななしのよっしん :2016/05/17(火) 14:28:34 ID: yl1ayVVczP
がなくて配備できなかったのも事実だろうけど、の着用に関しては何よりも兵が嫌がったんじゃないかね
軍隊である以上何をするにも行軍する必要がある訳で
重いわ蒸れるわで行軍が地になる上に兵戦以外だと効果が薄いときたらも着けたがらないのはまぁ当然かと
歩兵機械化された現代でもボディアーマーは防弾性を落とさずなるべく軽量化させるのが大標だしね

でもマスケットの時点で既に貫通する可性のが高いのにWW1でもフルプレートやら胸甲着けて戦ってた人がチラホラ居て困惑するんだよなぁ…
261 : ななしのよっしん :2016/05/25(水) 17:43:31 ID: 8CAo8SNOj5
というか、わりと最近まで兵戦ってそれなりに起きてたよね。
それを視して良くなったのは、歩兵全員に自動小銃を配備出来るようになってからくらいだし。
塹壕掘ってる限り、機関銃援護下で塹壕に侵入するけど、ボルトアクション小銃じゃとして使ったほうがい場合もあるし。
262 : ななしのよっしん :2016/05/27(金) 01:19:55 ID: NZYM7oZl2A
>>257
浸透戦術が登場するまで散兵は一部の兵士仕事で大多数の歩兵は昔と同じように戦列を組むのが基本だよ。
信じられないかも知れないけどこれ普戦争(某漫画とだいたい同じ時代)の絵画なんだぜ。
http://i.imgur.com/Zwg6N5X.jpg
当時想定されていた銃撃戦っていうのは密集形の戦列同士が一キロ以上離れた標に弾幕射撃して
敵戦列に弾のを降らせるというものでそういう戦闘では弾幕の密度(つまり歩兵の密度)っていうのが非常に重要になるわけ。
だからそういう戦闘を想定してつくられた当時の軍用ボルトアクションライフル歩兵個人が狙っても当たるわけない2キロ近くまで照尺が刻んであるんだよね。
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015