単語記事: 戦国大名

編集

戦国大名とは、日本戦国時代に全各地に割拠した、武士団や勢の長(リーダー)である。基本的には当個人をすが、一族や勢そのもの(=大名)を単に大名と呼ぶ事もある。

(同名のボードゲームが存在するがここでは割愛

概要

「時は戦国・・・」

群雄割拠の戦国時代における群雄たちである。が、その中身は玉石混合、ピンからキリまで存在している。何を基準に戦国大名と呼ぶかは諸説あるが

  • 周辺の小領武士等と従関係を結び、臣団としてまとめている。
  • 特に、大名による中央集権化が進んでいて、臣の独立性を低くしている。
  • や権をもって周辺諸勢を屈させることで、一定の独立を確保している。

…といった辺りがポイントとなる。決して戦国大名=新ではなく、武田氏や島津氏のように室町幕府の守護大名という既存の勢から戦国大名した例も多数存在する。逆に既存勢が中央集権化に失敗して、臣に独立されたり重臣たちに乗っ取られたりしたものは「戦国大名化に失敗した」と評される。

その出自は様々で、前述のように室町時代からの大大名がそのまま戦国大名化したものもあれば、守護大名臣(守護代など)が下克上で取って代わったもの、いち人(小領)が周辺の人たちを吸収・連合する形で大名化したもの、本願寺に代表される寺社勢、荘園を守ろうと武装化した公家、そして斎藤道三北条早雲のように外からやってきた人物による新まで多岐にわたる。

各地の戦国大名・諸勢力

奥羽

  • 他の地域と異なり、多くの勢が親戚関係という特色がある(だいたい伊達のせい)。全滅亡させずに臣従下に置くという事が多かった。その為、戦国時代後期まで小勢入り乱れる形が続く。
  • 幕府重要勢大崎氏(州探題)、最上氏(羽州探題)
  • 特に代表的な戦国大名南部氏、安東氏、伊達氏、名氏
名前 な本拠地 解説 その後
蠣崎氏
松前氏
徳山館(松前大館) 夷地の代官。若狭武田氏の庶流という。元は安東氏配下であったが次第に独立 松前
南部氏 寿寺館
三戸
→ 九戸
陸奥北部の有人。武田一族。南部晴政の時代に勢を拡大するも、戦国末期まで一族連合体に近い状態で、結果として津軽氏独立を許し、九戸政実の乱が起こる。
九戸氏 九戸 南部一族。南部中において武勇に優れた有一門として存在感を示すが、本家の後継者争いに敗れた事で謀反・独立九戸政実の乱)。下人豊臣秀吉の前に滅ぼされた。 豊臣政権軍により滅亡
大浦氏
津軽氏
大浦 南部一族。はじめ南部氏配下。津軽為信の時代、南部中の混乱に乗じて独立津軽地方を領有する。 弘前
北畠
(浪氏)
陸奥の名北畠氏の分北畠顕家の子孫を称する。「浪御所」と称される名門で権威はあった。 津軽氏により滅亡
奥州斯波氏
(高寺斯波氏)
陸中の名足利一族・斯波氏の分 南部氏により滅亡
稗貫氏 ヶ崎 陸中人。南部氏の圧で衰退著しく、三代連続養子相続でなんとか命を繋いでいる小領 州仕置で
和賀氏 岩崎 陸中人。お隣さんの稗貫氏とは同族か? 例によって南部氏の南下に圧され気味な小領 州仕置で
大崎 名生 州探題。足利一族・斯波氏の庶流。陸奥を管轄する立場のはずが、戦国時代には一レベルにすっかり没落して伊達氏の従属下に置かれていた。 州仕置で
葛西氏 寺池 陸前陸中人。勢は広かったが中内紛が多く、系図のバリエーションが多すぎる事に定評がある 州仕置で
伊達
→ 桑折西山
米沢
黒川
→ 岩出山城
羽前~陸前の有人。婚姻・養子を駆使して南羽の盟的存在となり、良くも悪くも多大なる影を及ぼす。伊達政宗の時代には積極的に武拡大の方針をとった。代表的な戦国大名の一つ。 仙台
留守 岩切
→ 利府
陸前人。名は鎌倉幕府の留守職を務めた事に由来。伊達氏の怒涛の養子攻勢によりを乗っ取られる。 伊達氏に乗っ取られ一門化

州仕置で
国分 千代 陸前人。伊達氏や留守氏に対抗して勢拡大をもくろむも、逆に伊達氏から国分盛重を送り込まれて事実上の伊達臣化。千代跡地は後に仙台城となる。 伊達氏に乗っ取られて消滅
黒川 陸前人。本来は最上氏の庶流であったが、伊達一族・飯坂氏より養子が送り込まれる。伊達氏と大崎氏の間でバランスを取り続けるが、やがて黒川晴氏伊達政宗に反旗を翻す。 州仕置で
安東氏
秋田
檜山 羽後の有人。鎌倉時代より、津軽夷地まで含む日本海沿を支配していた。檜山安東安東に分裂していたが安東愛季の時代に統一。
浅利氏 独鈷 羽後の人。内地方に勢り、浅利則頼の時代に全盛期を迎えるが、息子たちの内紛で衰退。 安東氏により滅亡
戸沢氏 羽後の人。当初は陸中石を本拠としていたが、南部氏に敗れ館に移る。「叉九郎」こと戸沢盛安の時代に積極拡大を図るも若くして死去。 新庄
小野寺 横手 羽後の人。小野寺景道の時代に最盛期を迎え、仙北を中心として勢り、北の安東氏・南の最上氏と争った。 関ヶ原で
本堂氏 本堂 羽後の人。和賀氏の庶流。小勢ながらも独立を保ち続けて生き残る。 交代寄合
六郷氏 六郷 羽後の人。工藤一族・二階堂氏の分流。小野寺氏や安東氏に従いつつ上手く生き残り、怒涛の易ラッシュも潜り抜けて近世大名となったなかなかのツワモノ。 出羽本荘
由利十二頭 - 羽後・由利人衆。時に争い、時に結びつき、はたまた大大名の護下に入るなどして集合離散を繰り返した。仁賀保氏が代表的。 -
最上 山形 羽州探題。足利一族・斯波氏の庶流。一時衰退して伊達氏の従属下に置かれたが、最上義光の時代に勢を復させる。江戸初期までは広大な領土を保ったが・・・。 交代寄合
童氏 羽前の人。本来は新田一族・里見氏の庶流、途中で養子が入り最上氏の庶流に。最上八楯の盟として村山地方を治める。最上氏没落に伴い一時は独立化を強めるが、のち最上義光しく対立する。 最上氏により滅亡
最上八楯
童八楯)
- 羽前の人衆。最上氏・童氏の庶流。童氏を盟とし、延沢氏、長氏などから構成された。 おおむね最上臣化
寒河江 寒河江 羽前の人。大江一族。勢を拡大する伊達氏に次第に接近し、最上氏とたびたび対立する。 最上氏により滅亡
白鳥 羽前の人。名君・白鳥長久の登場で存在感を大いに強めるが、これが最上義光の警を招く。 最上氏により滅亡
大宝寺氏 羽前の人。武藤一族。羽黒山別当。庄内地方に一勢を築いた大宝寺義氏が有名。 豊臣政権下で
名氏 黒川 岩代の有人。三浦一族。自称「会津守護」。蘆名盛高の時代に戦国大名化し、下野進出を狙い宇都宮成綱と争った。蘆名盛氏の時代に最盛期を迎えるが、その後は養子が続いて中は動揺。 伊達氏により滅亡
苗代氏 苗代 名一族。独立志向がかなり強く、宗とは度々衝突してきた歴史がある。苗代盛の時に全に伊達氏へと寝返った。 そのまま伊達臣化
二階堂 須賀 岩代の人。工藤一族。二階堂盛義がいろんな意味で有名。 伊達氏により滅亡
長沼 山城 岩代の人。長沼政義の時代に下野への進出を果たし全盛期を迎えたが、宇都宮成綱との勢争いが勃発。名氏と連合を組んで宇都宮氏と争うが敗北し没落。その後は名氏と勢を争うが敗北 臣化
田村 磐城人。坂上田村麻呂の子孫を称する。伊達政宗の妻・愛姫実家 州仕置で
二本畠山
(二本氏)
二本 磐城の名。本来は足利一族・畠山氏の嫡流で、州管領として二本に下向したが勢争いに敗れて没落、一人と化す。 伊達氏により滅亡
白河結城
白河氏)
白河(小峰 磐城人。小山一族・結城氏の庶流。室町中期に全盛期を迎えたが、戦国時代には中内紛や周辺勢の介入で衰退の一途を辿る。 州仕置で
相馬氏 小高 磐城人。千葉一族。平将門の子孫を称する。初めは伊達氏と、のち佐竹氏と組み、積極的に合戦に臨んで実で生き残りを図った。現代まで続く相馬追は有名。 相馬中村
石川 磐城人。白河岩城田村といった周辺勢に押されがちな小領で、後に伊達氏から石川を養子にとった。 州仕置で
岩城氏 大館飯野 磐城人。岩城・由子の時代には全盛期を迎え、白河氏に代わり南北関東に強い影を及ぼすが、宇都宮氏や那須氏に立て続けに敗北して衰えた。やがて佐竹氏に乗っ取られる。 亀田

関東

名前 な本拠地 解説 その後
足利氏
鎌倉方】
→【古河方】
鎌倉足利
古河
関東方。将軍の分。幕府の東出先機関だが室町時代を通じて度々幕府と対立。また補佐役たる関東管領・上杉氏とも対立。結果的に関東における乱世の幕を開いた勢の一つ。 後北条氏により事実上滅亡
(→ 喜連川
足利氏
【小方】
古河方の一族が反乱・独立して生まれたもう一つの関東方(自称)。房総の諸人を影下に置く。 後北条氏により滅亡
足利氏
堀越方】
堀越御所 享徳の乱のすったもんだで生まれた関東方の成りそこない。伊豆を支配するにとどまった。後北条氏の記念すべき最初のターゲットである。合 後北条氏により滅亡
上杉
山内上杉
平井 関東管領。上杉氏の嫡流(のはず)。関東方の補佐役であるがしょっちゅう喧ばかり。更に分の扇上杉との争いも化し、後北条氏の台頭のチャンスを与えてしまった。河越夜戦敗北で権威がガタ落ちし、越後へと落ち延びる。 後北条氏により滅亡、越後の長尾氏が名跡継承
上杉
【扇上杉
河越城
武蔵松山
上杉氏の分。「おうぎがやつ」と読む。相模武蔵を領して勢を拡大、山内上杉から関東管領の座を奪おうと対抗するが、逆に背後から侵入した後北条氏によって領地を次々と切り取られていく。 後北条氏により滅亡
佐竹 太田
水戸
常陸守護。常陸源氏の嫡流。関東八屋形の一つ。佐竹義舜の時代に戦国大名化し、永正の乱では宇都宮成綱と争い敗北。その後は低迷していたが、佐竹義重の時代には常陸の諸勢を屈させ、後北条氏と戦いながら南羽にまで勢を広げた。 久保田秋田
小田 小田
→ 土
常陸人。関東八屋形の一つ。小田政治の代で最盛期を迎えた。常陸不死鳥小田氏治の不屈の戦いっぷり快な負けっぷりは歴戦界では非常に有名。 州仕置で
常陸江戸 水戸 常陸人。藤原秀郷の子孫。はじめ佐竹下だったが次第に独立。積極的に南下を図り、小田氏や大掾氏の領地をたびたび侵食して勢を拡大した。 州仕置で易、まもなく佐竹氏により滅亡
大掾氏 常陸府中 常陸の名常陸平氏の嫡流。「だいじょう」と読む。名は常陸大掾を務めた事に由来し、朝廷官人的性格を色濃く残す異色の存在。小田宿命のライバル(笑)戦国時代には江戸氏にボッコボコにされ衰退していった。一族の中には真壁氏幹や塚原卜伝といった人物もいる。 州仕置で易、まもなく佐竹氏により滅亡
千葉 佐倉 下総守護。安時代より続く房総平氏千葉一族の嫡流。関東八屋形の一つ。戦国時代には重臣・原氏と関係が逆転するわ、小方や佐竹氏や正木氏に領土を侵食されるわ、ともうボロボロ。その為、かなりい時期から後北条氏に臣従した。 州仕置で
下総高城 金城 下総人。千葉一族という。「たかぎ」と読む。はじめは千葉臣である原氏の臣、という陪臣の立場だったが、千葉氏が北条下に入った後は独立化していった。とはいえ、戦国時代を通じてほぼ北条下にあった。 州仕置で
結城 結城 下総人。小山一族。関東八屋形の一つ。結城政朝の時代から戦国大名化。永正の乱では宇都宮成綱とともに佐竹義舜と対立。結城政朝・政勝子の時代に最盛期を迎えた。古河方没落後の下総北部~下野南部に勢る。のち、徳川家康の子・結城秀康を養子に迎えた。 氏に乗っ取られ、越前となる
上総武田 庁南 上総の人。武田一族。初代当武田信長というなんだか凄い名前。氏と共に小方を擁立したが、その崩壊後は親北条に転換。最後の当武田豊信は実は武田信玄の三男というウワサ。 州仕置で
武田
氏)
上総の人。武田一族・上総武田氏の分。小方成立の立役者。だが督争いが化して、第一次府台合戦を招いた。 州仕置で
里見氏 稲村
久留里
安房の人。新田一族。自称「関東将軍」。里見義堯の時代に全盛期を迎えて後北条氏と徹底的に争った。その後は内紛で衰退しつつも、近世大名として生き延びた、かに見えたが・・・。ちなみに『南総里見八伝』の舞台は享徳の乱・長享の乱の頃(15世紀後半)。 江戸時代初期に御断絶
正木 勝浦
大多喜
安房の人。三浦一族。北条早雲に滅ぼされた相模三浦氏の後裔を称する。里見氏の重臣(同盟者)として活躍。 そのまま里見臣化
那須
(下那須
沢村
→ 稲積
山城
下野人。那須与一の子孫を称する。関東八屋形の一つ。那須七騎の筆頭。室町中期に上下二に分裂し、年間もの内乱が続いた。下那須による統一後は積極的な外征を行うが、一方の中では臣・大田原氏の専横を招く。 交代寄合
那須
【上那須

福原 分裂した那須氏の一方、というか本来の宗筋。下那須分裂後は親幕府・反鎌倉方の姿勢をとり、利の一致する白河結城氏と連携する事が多かった。 中内紛が共倒れとなり滅亡
大田原氏 大田 下野人。那須七騎の一家大田原資清の時代に那須中の最大勢と化し、七騎のうち福原氏と大関氏には養子を送り乗っ取った。小田原征伐でにはめ、全に立場を逆転させる。 大田
大関 黒羽 下野人。那須七騎の一家大田原氏より大関高増が養子に送り込まれ乗っ取られる。以後は大田原氏と行動を共にして、那須氏に対し下克上を果たす。 黒羽
宇都宮 宇都宮
→ 多気
下野守護。安時代より続く名関東八屋形の一つ。宇都宮成綱の時代に最盛期を迎え、覇権争いに勝利。北関東最大勢となったが、成綱没後は重臣・芳賀氏や皆川氏、壬生氏といった内部勢を抑えられず衰退。戦国時代末期には後北条氏の侵攻に備え佐竹氏と婚姻同盟を結んだり、北関東最大級の山城である多気を新たな本拠地とした。 豊臣政権下で
壬生 壬生
鹿
地下筆頭格・壬生の一族。室町時代中期に下野に下向して人化し、宇都宮氏に仕える。壬生綱房が宇都宮を奪い取り下克上、以後は親後北条氏と親宇都宮氏の2つの勢に分裂するが最終的に親後北条氏の勢が勝利して再統一、宇都宮氏と対立する。 州仕置で易、同時に御断絶
皆川 皆川
栃木
下野人。小山一族・長沼氏(関東八屋形の一つ)の庶流。初めは一族の小山氏・結城氏と行動するが、やがて宇都宮中に介入するように。皆川俊宗が宇都宮を乗っ取った事件以後宇都宮氏から独立した。皆川広照は処世術に長けていた。 江戸時代初期に御断絶
小山 小山 下野人。藤原秀郷の子孫を称する。関東八屋形の一つ。小山持政の時代に最盛期を迎えた。その後は庶流の結城氏との連合・対立を繰り返してきた。戦国時代は反北条に立つ。 後北条氏により滅亡
佐野 唐沢山城 下野人。関東一の山城と名高き唐沢山城を拠点とし、佐野綱・佐野宗綱子の時代には、上杉謙信や後北条氏の攻撃を十数回も退けて独立を保った。 江戸時代初期に
長尾
足利長尾
足利 山内上杉宰を務める関東長尾一族の一家上杉氏の影関東に及ばなくなった後は後北条氏下に降る。 州仕置で
長尾
白井長尾
白井 山内上杉宰を務める関東長尾一族の一家。室町中期~戦国初期に長尾景春が登場し、30年以上にも渡る大反乱を起こした。 武田氏により滅亡
長尾
【総社長
山内上杉宰を務める関東長尾一族の一家白井とは祖を同じくし、たびたび互いに養子が入っている。そして一緒に越後に落ち延びていった。 武田氏により滅亡、まもなく御断絶
上野長野 上野人。在原業平の子孫を称する。武田信玄と渡り合ったチート爺「上州の斑」長野業正の活躍が有名。 武田氏により滅亡
沼田 沼田
→(流浪)
上野人。三浦一族という。長尾上杉氏と後北条氏の上野争奪のすったもんだの中で沼田を失い、のち復権を狙うも失敗に終わる。 真田昌幸に当を暗殺され滅亡
新田 新田金山 上野人。新田滅亡後における新田氏の嫡流。上杉禅秀の乱で一時没落するも岩純の時代に復を果たす。だが同時に臣・横瀬氏の権拡大を許すことに。

余談、江戸時代には新田後裔を称する徳川家康の不を買い、たったの20石(のち120石)の領地しか与えられなかった。
由良氏により滅亡
(→ 交代寄合
横瀬氏
由良

(横瀬由良氏)
新田金山
上野人。岩臣だったが、横瀬泰繁が当を傀儡化して下克上。続く由良成繁苗字めて、新田嫡流をする。戦国最強BBA妙印尼の活躍が有名。 高家旗本
上杉
深谷上杉
庁鼻和
深谷
上杉氏の分。初め庁鼻和(こばなわ)を称す。扇上杉滅亡後も武蔵の反北条方の一として活動するが、尽き降伏した。江戸時代に譜代大名・老中として活躍する秋元氏は元は深谷上杉臣である。
マイナーだが、信長の野望・武将風雲録で何故か武蔵担当として登場するので知っている人は知っている。
後北条氏に降伏
成田
山城
武蔵人。上杉氏と後北条氏の間を行き来しつつ名を保つ。小田原征伐の際に後北条氏の降伏後まで居を守りきった一の存在として有名で、映画のぼうの城」の題材となった。 江戸時代初期に
太田
江戸太田
江戸 上杉宰。源頼光の子孫。室町中期の名将・太田道灌が有名。上杉氏に暗殺された恨みからかい時期に後北条氏についた。しかし冷遇された為、第二次府台合戦で里見氏に寝返る。 寝返り失敗で失領。のち、里見氏・正木氏の内紛に巻き込まれ滅亡か?
(→ 掛川
太田
【岩付太田
岩付 太田氏の分戦国トップブリーダー太田資正が有名。扇上杉に仕え、その滅亡後はひたすら反北条を貫くが、途中で親北条の太田氏資(資正長男)の系統とに分裂。 後北条氏により滅亡
【反北条佐竹臣・越前臣化
【親北条】後北条氏に乗っ取られたのち御断絶
伊勢
→ 後北条氏

山城
小田原
幕臣・伊勢盛時が、今川客将を経て、伊豆相模へと独自に勢を拡大した事に始まる。代表的な戦国大名の一つ。西関東広大な勢圏を築き上げる一方、内政面でも評価が高い。 豊臣政権軍により滅亡

甲信・濃飛

名前 な本拠地 解説 その後
武田
甲斐武田氏)
川田
躑躅ヶ崎館
→ 新府
甲斐守護。甲斐源氏嫡流。隣へ積極的に勢拡大を図り、甲斐信濃駿河を中心とした大領を形成した。代表的な戦国大名の一つ。武田信玄の代に最盛期を迎えるが、同時に溜まっていった負の遺産が信玄死後に爆発中崩壊へと至る。 織田氏により滅亡
山氏 下山
→ 江
甲斐人。甲斐武田氏の庶流。河内地方を支配。戦国時代には武田配下となりながら半独立状態を保っていた。織田氏による甲州征伐を生き延び、宗武田氏の名を継ぐ事になるのだが・・・。 断絶
小山田 殿 甲斐人。内地方(都留)を支配。山氏同様、武田配下でありつつ一定の半独立を保つ。三代続けて「小山田信有」を名乗っていて非常に紛らわしい。 織田氏により滅亡
甲斐大井 甲斐富田 甲斐人。甲斐武田氏の庶流。甲斐西部を支配。武田信虎甲斐統一の過程で敵対するが、のち和して大井夫人が信虎にぎ、武田信玄の生となる。 武田氏に降伏し臣化
小笠原
府中小笠原
井川
信濃守護。分裂騒動を起こしていたが小笠原長棟が全盛期を築く。しかしその後は武田氏の信濃侵攻により流浪の運命を辿り・・・。有識故実に通じたとしても名高い。そこ、宝が本体とか言わない。 武田氏により滅亡
(→ 小倉
小笠原
松尾小笠原
松尾 室町中期に督を巡って宗より分裂。90年にも渡る内乱を繰り広げた。勢滅亡後は武田織田・徳を渡り歩き、酒井忠次の子を婿養子として存続していく。 府中小笠原により滅亡
(→ 勝山
諏訪 上原 諏訪大社大祝。戦国時代には中の祖と名高き諏訪頼満が登場して勢を強める。武田信玄の側室となった諏訪御寮人が有名。 武田氏により滅亡
(→ 諏訪
高遠氏 高遠 信濃の国人。諏訪氏の庶流。高遠頼継は独立心に富み、武田信玄と結び本家を滅ぼした。更に武田氏にも牙をむくが敗北 武田氏により滅亡
木曾 木曾福島 信濃の国人。木曾義仲の子孫を称する。交通の要所・木曾を領する。武田織田、徳といった勢の間で巧みにを変えつつ生き残る。・・・が。 豊臣政権下で徳氏により
村上 葛尾 信濃の有人。北信濃に強大な勢り、初めは守護・小笠原氏と、のち信濃に進出した武田氏と争った。 武田氏により滅亡
海野 海野 信濃の国人。滋野一族の嫡流。村上氏の拡大により領地を奪われ徐々に衰退、海野の戦いでトドメを刺される。 武田氏・村上氏により滅亡
真田 真田
上田城
信濃の国人。滋野一族。村上氏に敗れ一時滅亡し、武田臣として活躍。武田氏滅亡後は「表裏の者」と名高き真田昌幸による縦横尽の動きにより、動の時代を生き抜く
土岐 美濃守護。美濃源氏の嫡流。室町幕府四職には含まれていないが同格の扱いを受けていた。応仁の乱の頃より守護代斎藤氏のが強かったうえ、二代続けて督争いを起こして混乱を招く。この中で新参臣の斎藤道三の台頭を招いた。 美濃斎藤氏(三流)により滅亡
(→ 高家旗本)
美濃斎藤
【守護代
稲葉山城 土岐氏に仕える美濃守護代。応仁の乱斎藤椿が登場し、ぐ権を手にした。その後は内部紛争や土岐氏の督争いで分裂。分長井氏の台頭を招く。斎藤利三春日局はこの系統の出身。 長井氏(三流)に乗っ取られる
長井 美濃斎藤氏の庶流。土岐督争いの中で台頭し、本家駕する権を手にするが、臣としていた新参者長井規秀子の下克上を招く。 長井氏(三流)に乗っ取られる
浪氏
西村
長井
美濃斎藤
三流】

(→ 美濃一色氏)
稲葉山城 京都北面武士浪氏に始まるといわれる。盗り大名の代表格。美濃の蝮・斎藤道三(と)によって下克上に次ぐ下克上美濃国となった。 織田氏により滅亡
明智氏 明智長山城 土岐氏の庶流。斎藤道三くから接近しており、三の正室は明智氏の出身。故に三死後に斎藤義龍の討伐を受けて滅亡する。明智光秀はこれにより流浪したとも、既に離れていたとも。 美濃斎藤氏(三流)により滅亡
遠山
岩村遠山
岩村 美濃人。遠山氏宗織田武田両者と関係を結んで生き残りを図るが、遠山任が死去して断絶。彼の妻で織田信長叔母・おつやの方が岩村となり、信長息子を養子として継がせることになったのだが・・・。 断絶、織田氏より養子が送られる

織田氏により滅亡
遠山
【苗木遠山
苗木 美濃人。遠山氏の庶流。宗同様に織田武田の両属関係にあったが、のち全に織田方に転向。武田氏の西上作戦を耐え抜いた。 氏により滅亡
(→ 苗木
東氏 殿山城 美濃人。千葉一族。「とう」と読む。和歌に優れた系で、東常縁は古今伝授の相伝者として名高い。 遠藤氏により滅亡
遠藤 八幡 美濃人。千葉一族・東氏の庶流。遠藤盛数のとき、本家を滅ぼして下克上を果たした。山内一豊の妻・千代実家とされる。 三上
国司姉小路
古川
古川 飛騨国司戦国国司一家。飛騨守護の極氏の衰退に乗じて飛騨に下向し戦国大名化した公家。だが三木氏の台頭を押さえられない中で当の急死が続いて、以降消息不明。 断絶
国司姉小路
小島

小島氏)
小島 飛騨国司姉小路氏の本来の宗筋。小島古川・向(向小島)の三に分裂後、古川の台頭を許す。のち、古川の名跡を乗っ取った三木氏に臣従して運命を共にする。 豊臣配下の金森氏により滅亡
三木
姉小路

飛騨の人。極氏の庶流。断絶した国司姉小路氏の名跡を乗っ取る。飛騨の最大勢となるが、北は上杉、東は武田、西は織田という地のような立地で生き残り工作に奔走する。 豊臣配下の金森氏により滅亡
高原諏訪 飛騨の人。三木姉小路)氏と対立しつつ、初め武田氏、のち上杉氏の下を渡り歩く 姉小路氏により滅亡
内ヶ 飛騨の人。金山採掘技術で財を成したという。天然の要という地の利もあり独立として生き残るが・・・その「他に例を見ない文字通り驚動地の滅び方」は歴戦界ではあまりにも有名。 地震の土石流に巻き込まれて滅亡

北陸

名前 な本拠地 解説 その後
越後上杉氏
至徳寺館 越後守護。上杉氏の分戦国大名化をすも守護代長尾氏と対立し、下克上を起こされて失敗。以降は長尾氏の傀儡当が立てられるが、何度か反撃している。跡継ぎがおらず、伊達氏から養子を迎えようとするが・・・。 断絶
越後上杉氏
上条上杉

上条氏)
上条 越後上杉氏の分。「じょうじょう」と読む。もちろん本拠地は「じょうじょうじょう」である。上条は反長尾為景の急先鋒と言える存在で、大規模な反乱を起こして抵抗した。その後は能登畠山氏からの養子が継ぐ。 長尾上杉臣となるが出奔
(→ 高家旗本)
越後長尾氏
府中長尾
上杉

長尾上杉氏)
春日山城
会津若松
越後上杉氏に仕える越後守護代。長尾為景の時代にを破って下克上を果たす。長尾景虎関東管領・山内上杉の名跡を継承して上杉謙信名乗り関東にまで影を及ぼした。代表的な戦国大名の一つ。謙信死後は中分裂で一時混乱するも、豊臣に素く接近・臣従、羽の抑えとして会津に移る。 米沢
越後長尾氏
上田長尾

坂戸 越後長尾氏の分本家府中)や古志とは険悪な仲でたびたび対立・反逆する。のち、上杉謙信・仙院がぎ、その息子長尾顕景謙信の養子となった。 長尾上杉氏を継いで吸収・消滅
越後長尾氏
【古志長尾

栖吉 越後長尾氏の分上杉謙信・虎御前の実家本家府中)とは良好な関係を持つ一方、上田とは仲が悪い。その為、御館の乱では上田出身の上杉景勝に反発、上杉景虎方についた。 断絶
揚北衆 - 越後北部、阿賀野流域の人衆。本氏、中条氏、色部氏、安田氏など。伝統的に独立色が強く、越後上杉氏とも長尾氏ともたびたび対立した。 ほぼ長尾上杉臣化
新発田氏 新発田 越後の人、揚北衆の一つ。他の揚北衆同様に上杉謙信臣と化していたが、御館の乱の後に恩賞のこじれから反乱・独立する(新発田重の乱)。 長尾上杉氏により滅亡
本間 羽茂
河原
佐渡人。長尾上杉氏とは概ね協調的な立場を取っていたが、のち名氏の扇動で反旗を翻す。ちなみに戦国時代佐渡金山はまだ見つかっていないが、山の採掘は始まっていた。 長尾上杉氏により滅亡
神保 放生
富山
→ 増山城
河内畠山氏に仕える越中守護代。の衰退に伴い独立。一向一と連携し、長尾上杉氏としく争った。 長尾上杉氏により滅亡
椎名 河内畠山氏に仕える越中守護代。千葉一族。戦国時代中期には長尾上杉氏の後ろをもって神保氏と争う。しかし後に武田・一向一方に寝返った為に討伐された。 長尾上杉氏により滅亡
能登畠山 七尾 能登守護。足利一族・畠山氏の分畠山義総の治世下で最盛期を迎えた。その没後は畠山七人衆と称される重臣たちによる、まさに血で血を洗う抗争が続き、当も追放・暗殺され、自らその身を滅ぼしていった。 長尾上杉氏により滅亡
富樫
冨樫氏)
高尾 加賀守護。守護の座を巡って中内紛が多く、支配が弱まっていた所を一向一によって討ち滅ぼされる。以降は傀儡当が続く。 加賀一向一により滅亡
加賀一向一 尾山御坊 本願寺率いる一向一の一つ。守護富樫氏を追放・傀儡化し、年近くに渡って「百姓の持ちたる」を維持し続けた。 織田氏により滅亡
朝倉 一乗 斯波武衛に仕える越前守護代。応仁の乱において、東軍への寝返りを条件に下克上を果たし越前となった。守護代出身の戦国大名一号下克上の経緯もあり幕府との関係も良好だった。 織田氏により滅亡
若狭武田 後瀬山城 若狭守護。武田一族。元々は安芸が本拠だったが室町中期に若狭へ移転した。一色氏とは丹後を巡ってバトルする仲。幕府の内乱に関わりすぎた事で徐々に疲弊する。 朝倉氏により滅亡

東海

名前 な本拠地 解説 その後
今川 駿府館 駿河守護。足利一族・吉良氏の分。幕府より下一苗字の特権待遇を授かる名今川氏親今川義元の時代にかけて西へと積極的に拡大する。分法「今川仮名録」による統治も名高い。桶狭間の戦い以降、急速に没落する。 武田氏・徳氏により滅亡
(→ 高家旗本)
吉良 足利一族「御一家」の一つ。三河・遠江などに勢を持つも戦国時代は振るわず。平氏に臣従していたが、のち三河一向一に参加する。穂事件で有名な吉良義央は子孫。 平氏により滅亡
(→ 高家旗本、穂事件で易)
遠江の人。今川氏の遠江進出により臣従するも、当の討死や暗殺が続き「女地頭井伊直虎の下に耐の時を過ごす。のち徳方に転じ、徳川四天王の一人・井伊直政を輩出した。 臣化
平氏
→ 徳
安祥
岡崎
浜松
駿
江戸
三河の人。新田義重の子孫を称する。今川臣従時代を経て桶狭間の戦い後に独立織田氏と長期同盟を結び東海に勢を拡大した。信長死後の混乱に乗じて旧武田領を獲得、秀吉死後には豊臣政権を握し、下人となった戦国覇者 江戸幕府征夷大将軍
戸田 田原
仁連木
三河の人。東三河屈の勢として平氏と時に結び時に競う。今川の人質として送られる幼き日の徳川家康を、裏切って織田へと明け渡した戸田が有名。 氏に降伏し臣化
松本
三河牧野 吉田
久保
三河の人。祖先は讃岐の人と伝えられ、東三河の新として台頭。今川下として平氏しく争った。 氏に降伏し臣化
→ 越後長岡
平氏 作手
長篠
新城
三河の人。今川氏の東三河進出以降、今川・徳武田まぐるしくを変えるが、長篠の戦いで織徳方に与し、キーマンとなる。 臣化
中津
水野 刈谷 ~三河の人。両部から知多半島にかけてを領有した。その立地もあって織田(徳)間を行き来しつつ一定の独立を保つが、水野信元が暗殺され、以降は織徳同盟配下に納まる。徳川家康大の方の実家 臣化
結城
斯波氏
【斯波武衛
守護など。足利一族。室町幕府三管領の一家応仁の乱での分裂騒動の結果、っ先に下克上を喰らう羽に。越前を失い尾に下向するも、守護代織田氏の勢に押され傀儡化、斯波義統が暗殺されるなど衰退を極める。 織田氏により滅亡
織田
(弾正忠
古屋
→ 清
岐阜
安土城
岐阜
斯波氏に仕える尾守護代・織田氏……の二の一方・清織田……の庶流・弾正忠が次第に独立化して下克上および斯波氏を駆逐するに至る。あまりにも有名な戦国大名の一つ。織田信長が一代で下人に迫るまで勢を拡大するが、本能寺の変によって中は分裂。臣の羽柴秀吉に勢を乗っ取られた。 関ヶ原で
織田
岩倉織田
岩倉 斯波氏に仕える尾守護代・織田氏の宗伊勢守を称し、尾の上四を支配した。彼らが浮野の戦いで敗れ滅亡した事で、織田信長の尾統一がほぼ完成する。 織田氏により滅亡
織田
【清織田
斯波氏に仕える尾守護代。分流にあたる。大和守を称した。応仁の乱で東軍についた事をきっかけに岩倉織田と並び立ち、尾の下四を支配した。臣であった弾正忠の勢拡大を止められず、君・斯波義統を暗殺した事で墓を掘る。 織田氏により滅亡
長島一向一 長島
本願寺率いる一向一の一つ。尾伊勢木曾の河口という天然の要に位置する。織田氏に幾度となく苦汁を味あわせた。 織田氏により滅亡
関氏 伊勢亀山 伊勢人。南北朝時代北畠氏に従い南方を転戦していた。織田氏の伊勢侵攻に降伏するが、織豊政権下で功を挙げて生き延びる。 江戸時代初期に
神戸 神戸 伊勢人。関氏の庶流。北畠氏出身の養子(4代神戸具盛)が入った事で、その後ろの元、北伊勢に勢を拡大する。 織田氏に乗っ取られて消滅
長野工藤 伊勢長野 伊勢人。工藤一族。南北朝時代は北方であり、以来、北畠氏と長きにわたり争い続けたが、戦国時代には遂に屈する事になる。 北畠氏に乗っ取られる

織田氏に乗っ取られて消滅
北畠 山城山御所、多気御所) 伊勢国司戦国国司一家南北朝時代は南方の中心的存在だった公家大名。北畠具の時代に本格的に戦国大名化を遂げる。 織田氏に乗っ取られて消滅
波切
志摩人。北畠氏および他の志摩国人衆とたびたび対立。「海賊大名」九の時代に織田方につき、以後は軍衆を率いて活躍する。 三田
仁木氏 仁木氏館 賀守護。「にっき」と読む。戦国時代初期までは勢を保っていたが、気がついたら行方不明に。 賀惣により滅亡か?
賀惣 - 賀上服部氏・地氏・氏)を中心とした人一地丹波、森田らが有名。 織田氏により滅亡

畿内および近江・紀伊

名前 な本拠地 解説 その後
足利氏
将軍
室町御所
二条御所
室町幕府征夷大将軍明応の政変以降は将軍の傀儡化が進む。更に義稙系と義澄系の二に分裂。13代将足利義輝の時代には積極的な権復活をすも、暗殺される。 織田氏により滅亡
足利氏
方】

(→ 方)
(義稙系将軍
波で亡命生活)
もう一つの将軍。10代将足利義稙系。足利義維の時、に上陸して将軍就任直前までこぎつけるが、細川晴元の寝返りで破談、再び波に亡命した。(その後14代将足利義栄を輩出するも、短命に終わり復権ならず) 細川晴元が扇動した一向一により崩壊
細川
細川
芥川山城 摂津守護など。室町幕府三管領の一家足利一族。応仁の乱明応の政変を経て室町幕府の実権を握るに至るが、督争いによって畿内の戦国時代を加速させてしまう。やがて重臣・三好氏と対立し、その座を追われる。 三好氏により滅亡
細川
細川典厩
中嶋 摂津守護。足利一族・細川氏の有応仁の乱以降はの補佐・後見を務める事が多かった。室町幕府最後の管領・細川氏綱はこのの出身。 織田氏に降伏して臣化
細川
細川野州
(畿内で活動)
山城
備中伊予守護など。足利一族・細川氏の分や典厩に何度か養子を入れて影を保つ。戦国時代初期のである細川高国はこのの出身。のち、断絶した備中細川の跡を継ぐ形で備中に進出するも、所領回復は果たせず、毛利氏に降る。 そのまま毛利臣化
細川
和泉上守護

(→ 長岡氏)
岸和田
→ 宮
和泉守護。足利一族・細川氏の分細川幽斎が著名。没落後も室町幕府に仕えていたが、織田氏上後はい時期から下に入り、細川一族の中で一大名として戦国時代を生き延びる。 細川への養子入りを経て)熊本
極氏 近江守護など。近江源氏佐々木一族。室町幕府四職の一家。北近江を本拠とする。応仁の乱以降、二度も続けて督争いを起こし、著しく衰退。 浅井氏により滅亡
(→ 丸
多賀氏 下之郷 近江人。多賀大社官。極氏に仕える近江守護代。極氏没落後は浅井氏に属し、のち織田氏に転向。堀秀政を養子とする。 織田氏に降伏

本能寺の変で明智方に味方し、
浅井氏
小谷 近江人。極氏の督争いの中で台頭し、下克上で実権を奪い取る。浅井長政織田信長お市の方を娶り同盟関係を結ぶが・・・。 織田氏により滅亡
朽木氏 木谷 近江人。近江源氏佐々木一族。幕府重臣として将軍を朽木谷に度々匿った。関ヶ原の戦いでは本戦で東軍に寝返る。 織田氏に降伏
(→ 交代寄合
六角 観音寺 近江守護。近江源氏佐々木氏の嫡流。六角定頼の時代に戦国大名化を進め、軍事・内政両面で全盛期を迎える。得意技はゲリラ戦。 織田氏により滅亡
比叡 天台宗の総本山。古より権者に抵抗し、あの白河法皇ですら悩みの種としていた。室町時代戦国時代にかけては定期的に炎上する。 -
本願寺 山科本願寺
石山御坊
浄土真宗一向宗)の総本山。全各地の一向一導者でもある。のち大坂となる天然を有し、多くの大名と誼を結び、当代屈の寺社勢として君臨した。織田信長とはっ向対立し、顕如の時代、10年に渡る大籠戦を繰り広げる。 織田氏に降伏
(→ のち東西分裂)
摂津池田 池田 摂津人。摂津三守護の一家細川氏の内乱に巻き込まれつつも生き残るが、臣・荒木村重下克上により、その座を奪われる。 荒木氏により滅亡
伊丹 伊丹城 摂津人。摂津三守護の一家細川高国政権に与するが大物崩れで一時没落。足利義昭の下で息を吹き返すが、短命に終わった。没落期に駿河に流れた一族もいる(伊丹康直ら)。 荒木氏により滅亡
荒木 有岡城 摂津人。摂津池田氏に仕えていたが、荒木村重下克上して独立する。やがて織田信長配下に収まるが、突如謀反を起こす。 織田氏により滅亡
中川 茨木 摂津人。摂津池田氏に仕えていたが、荒木村重下克上に従う。一時は荒木高山と共に摂津を手中にするが、信長に降った。 織田氏に降伏
(→
和田 高槻 元は近江甲賀の人だったが幕臣となる。摂津三守護の一家和田惟政が足利義昭将軍就任に貢献して大きく地位を向上させるが、彼の戦死により没落。 高山氏により滅亡
高山 高槻 摂津人。和田氏に仕えていたが、衰退により下克上して高槻を乗っ取る。キリシタン大名・高山右近が有名。 織田氏に降伏

豊臣政権下で

江戸時代海外追放
摂津有馬 三田
→ 淡河
摂津人。赤松氏の庶流。更にその分有馬重則が独自に勢を播磨まで拡大した。有馬温泉の方の有馬さん。 久留米
河内畠山
畠山
高屋 河内紀伊守護など。足利一族。室町幕府三管領の一家畠山の死後、督を巡って二に分裂。応仁の乱の一因となる。 に分裂、下に続く
河内畠山
【尾州
高屋 の甥・畠山政長の系。概ねこちらが優勢。むしろ臣の遊佐氏・安見氏らの専横に悩まされる。 遊佐信教により当を暗殺され滅亡
河内畠山
【総州
高屋 の庶子・畠山義就の系。尾州しく争うが、何故か負け組についている事が多い。寝返った臣・木沢長政を討伐しようとするも返り討ちにあい、没落。 細川晴元が扇動した一向一により、ほぼ滅亡
木沢氏 信貴山 元は畠山総州臣。木沢長政は没落するを見限って独自に細川氏に接近。方の内輪揉めに乗じて、細川重臣・三好元長と本来の君・畠山義堯を謀殺する。河内大和にまたがる一大勢を築くが、元長の子・三好長慶に滅ぼされる。 三好氏により滅亡
福寺 福寺 事実上の大和守護。多くの僧兵を擁し、大和人を影下に置く。戦国時代に置いては宝蔵院胤栄の槍術が名高い。 -
筒井 筒井
大和山城
上野
大和の一つ。福寺衆徒の身から武士化した半僧半の一族。幕府勢の介入や松永久秀との争いで、幾度となく滅亡の危機するも、執念で復帰を果たす。 江戸時代初期に
十市氏

山城
大和の一つ。十遠忠の時代には筒井氏を大和最大勢に躍り出た。その後は親松永と親筒井に分裂して衰退する。 そのまま筒井臣化
越智 山城
→ 高取
大和の一つ。勢入り乱れる大和で、何度か没落と復を繰り返す。最終的には筒井氏に降るが、最後の当越智秀がの死を遂げる。 筒井順慶により当を暗殺され?滅亡
松永 信貴山 出自不詳。松永久秀三好氏に仕えたのち、衰退に伴い独立化。三好三人衆筒井氏としい争乱を繰り広げる。のち、織田信長に臣従するが・・・。 織田氏により滅亡
雑賀衆 雑賀 紀伊雑賀荘の人衆。戦術に優れた傭兵集団として各地を転戦した。石山合戦後は親織田鈴木氏(孫)と、反織田土橋氏とに内部分裂する。 豊臣氏により滅亡
根来衆 根来寺 紀伊根来寺の僧兵衆。雑賀衆同様、くから導入して傭兵活動を行っていた。初めは織田氏に、本能寺の変の後はに徳氏に協する。 そのまま徳臣化
堀内 宮城 紀伊人。新宮を拠点として熊野軍衆を率いた。 関ヶ原で

山陰

名前 な本拠地 解説 その後
内藤 丹波八木 細川氏に仕える丹波守護代。細川氏(のち三好氏)に忠実に仕えていたが、人たちの拡大を抑えきれず。なお小西行長は庶流にあたる。 波多野氏により滅亡
波多野 八上 丹波の人。はじめ細川配下だったが、波多野稙通ら三兄弟の時代に台頭して戦国大名化する。 織田氏により滅亡
井氏
荻野氏)
黒井 丹波の人。「赤鬼」の異名をとる(荻野赤井直正の時代に全盛期を迎え、三好氏・内藤氏の勢駆逐。対織田氏では波多野氏と共闘する。 織田氏により滅亡
一色 建部山城 丹後守護など。足利一族。室町幕府四職の一家応仁の乱以降は衰退アンド衰退。お隣の若狭武田氏と延々争っていた。 豊臣配下の細川長岡)氏により滅亡
山名氏
【但守護
山城
→ 有子山城
守護など。新田一族。室町幕府四職の一家室町時代初期には66中11の守護を占め「六分の一殿」と称された武門の応仁の乱の西軍大将山名宗全が高名。戦国時代の分裂や、山名四天王と呼ばれる重臣たちの専横に苦戦する。 織田氏により滅亡
山名氏
因幡守護
布勢天神山城
鳥取
因幡守護。新田一族・山名氏の分本家である但と対立して尼子氏と結ぶが敗北。但出身の山名豊定が跡を継ぐ。のち、織田氏が侵攻してくると親毛利臣たちによって徹底抗戦され、鳥取で籠戦を繰り広げるが・・・。 山名氏により滅亡・乗っ取られる

織田氏により滅亡
(→ 交代寄合村岡
山名氏
伯耆守護
打吹 守護。新田一族・山名氏の分尼子氏の介入で内紛を起こした後、その傀儡と化して没落していった。 尼子氏により滅亡
因幡武田氏
鳥取 はじめ因幡山名氏の客将。若狭武田氏の庶流という。因幡山名氏を追放して下克上内の実権を握る。 山名氏により滅亡
南条氏 羽衣石 伯耆人。尼子氏圧迫に一時屈するが、毛利氏のを借りて復活。しかしその後は織田方に寝返るなど、小領らしいしたたかさを発揮する。 関ヶ原で
尼子氏 月山富田城 極氏の庶流で出雲守護代。謀聖尼子経久により本家からの独立を果たす。最盛期には山陰・山陽八ヶの守護を兼任するが、尼子晴久の死後の混乱毛利元就に突かれる。 毛利氏により滅亡
尼子氏
新宮党

新宮党 尼子一族内の精鋭軍事集団。尼子氏の拡大に貢献するが、広い領地と強い独立権限を持っていたため、尼子氏の中央集権化を尼子晴久により粛清される。 尼子宗により滅亡・吸収
尼子氏
【尼子再軍】
(流浪)
→ 新山城
→ (流浪)
→ 若鬼ヶ城
→ (流浪)
→ 上
大名としての尼子氏滅亡後、山中鹿之介立原久綱により結成された軍事集団。反毛利を掲げ、様々な勢護の下、各地を転戦する。 毛利氏により滅亡
益田 石見七尾 石見の人。隣の吉見氏とは長きにわたる抗争関係。大寧寺の変の後は陶方に属するが、陶晴賢死後は毛利に降伏した。 毛利臣化
吉見 三本 石見の人。源範頼の末裔を称する。大内氏に従うが、その重臣・陶氏とは長年に渡る因縁の間柄。そのため大寧寺の変の後はアンチ陶の筆頭として行動する。 毛利臣化するも、江戸時代初期に毛利氏により滅亡

山陽

名前 な本拠地 解説 その後
赤松氏
播磨守護など。室町幕府四職の一家。室町中期に将軍暗殺事件を起こし一時期没落。戦国時代上氏・別所氏といった有臣に独立されて鳴かず飛ばず。 関ヶ原で
赤松氏
(→ 斎村氏)
赤松氏の庶流。本家の没落をよそに西播磨に勢を拡大するが、赤松政秀殺されてからは衰退。 関ヶ原で
小寺 姫路城
→ 御着
赤松氏の庶流。上氏や別所氏独立する中でも赤松と共に行動し、中最大勢となる。一度は織田氏に臣従したが、荒木村重別所長治の反乱に同調して独立黒田官兵衛の当初のとして有名。 逃亡により自然滅亡
別所氏 三木 赤松氏に仕える播磨守護代。赤松氏の庶流。東播磨最大勢となりから独立戦国大名化する。くから織田氏に従う意向を見せていたが、播磨定が一段落したところで突如として反乱を起こす。 織田氏により滅亡
美作三浦 美作高田 美作の人。三浦一族。滅亡しては復、また滅亡しては復、を繰り返す不死鳥の如き一族。 毛利氏により滅亡
美作後藤 美作の人。藤原秀郷の子孫を称する。美作東部に勢り、初め尼子氏、のちに上氏と組む。 宇喜多氏により滅亡
刈氏 因幡~美作の人。小山一族。尼子氏上氏、さらには因幡武田氏といった周辺勢しく争いながら独立を保つ。のち小早川下に。 そのまま小早川臣を経て毛利
上氏 三石
天神山城
赤松氏に仕える備前守護代。君を暗殺するなどくから独立の動きを見せる。兄弟内訌の末に浦上宗景が本格的な戦国大名化を進めるが、宇喜多直家の入念な根回しの前に頓挫。 宇喜多氏により滅亡
上氏 争いに敗れた浦上政宗が播磨に亡命・独立した勢。本来の君である赤松氏中で発言を高めるが、西播磨を巡り赤松氏と争う。 赤松氏により滅亡
宇喜多 砥石山城
→ 沼
岡山
備前の人。済王族の末裔を称する。上氏に仕えるも一時没落。その後、宇喜多直家の時代に復権してメキメキと勢を拡大する。遂には下克上を追放し、備前・備中・美作を有した。 関ヶ原で
三村氏

備中松山
備中人。三村親が毛利氏と同盟して、対立する氏らを下して備中を統一する。最盛期を築いた親が宇喜多氏によって暗殺され、更に毛利氏がその宇喜多氏と手を結ぼうとする事に猛反発するが・・・。 毛利氏・宇喜多氏により滅亡
備中石川 山城 備中細川氏に仕える備中守護代。氏の挙兵や宇喜多氏の拡大の前に衰退し、以降は三村氏に属する。 毛利氏・宇喜多氏により滅亡
備中松山 備中細川氏に仕える備中守護代。元資の反乱により備中の戦乱の口火を切った存在。以後は尼子(のち宇喜多)方について三村氏しく争い続けた。 毛利氏により滅亡
備後山内 山城 山名氏に仕える備後守護代。山名氏が内紛などで影を落としたため独立化する。はじめは尼子氏の強い圧迫を受けるが、次第に毛利氏に接近していく。 そのまま毛利臣化
安芸武田 佐東山城 安芸分守護(自称?)。武田一族。若狭武田氏の分だが独立大内氏をにしていたが、ぶっちゃけ尼子氏が頼り。安国寺恵瓊は一族の遺児といわれる。 毛利氏により滅亡
毛利 吉田山城
広島
安芸の人。大江一族。尼子氏大内氏の二大勢に挟まれた小領であったが、謀神毛利元就の時代に存在感を強め、安芸人の盟となる。先の二勢を逆に滅ぼし中国地方の雄となった。代表的な戦国大名の一つ。 長州
吉川 小倉山城
日野山城
月山富田城
安芸の人。武勇に優れる一族で、特に応仁の乱における吉川経基の働きは「吉川」の異名を取った。戦国時代には毛利元就の子・吉川元春が養子に送り込まれる。 毛利氏に乗っ取られ一門化
→ 岩(?)
小早川 高山
→ 新高山
三原
→ 名
安芸の人。強軍を擁した。沼田本家)と竹原に分かれていたが、両で当の戦死や世などが続く中、毛利元就の子・小早川隆景が両を統合する。更にその後、豊臣秀吉の妻甥・小早川秀秋が養子に送り込まれ・・・。 毛利氏に乗っ取られ一門化

豊臣氏に乗っ取られ一門化

江戸時代初期に御断絶
村上

【来

【因
瀬戸内軍・海賊集団。信濃村上氏とは遠い縁戚といわれる。最も有名であろう村上武吉率いる毛利氏について戦ったが、かなり後年まで独立色も強かった。来河野氏に、因小早川氏につく。後に来織田豊臣方に寝返った。 】そのまま毛利臣化
【来
【因】そのまま毛利臣化
厳島神主 厳島神社神主。元々は佐伯氏の世襲だったが、鎌倉時代藤原氏に取って代わられる。戦国時代中内紛や安芸武田氏の侵入に悩まされた。 大内氏により滅亡
大内 山口 周防・長門守護など。済王族の末裔を称する。中国地方西部から北九州まで広がる勢圏を持つ、戦国時代前半における西の大大名。軍事のみならず、明王朝との交易により財も豊富であった。つよい(確信)

┌(┌^o^)┐ホモォ...
毛利氏により滅亡

四国

名前 な本拠地 解説 その後
阿波細川氏
勝瑞 波守護。足利一族・細川氏の分。宗)に養子を送り中央での存在感を強めるも、その後は宗同様に三好氏の傀儡と化す。 十河氏により滅亡
三好 勝瑞
→ 飯盛山城
→ 若江
細川氏に仕える波守護代。小笠原氏の庶流。知勇兼備の名将を多く輩出し、細川氏の覇権を助けるが、やがて対立の末に下克上を果たし幕府権握する。三好四兄弟の時代に最盛期を迎えるが、四兄弟が立て続けに死去した事で中動揺を招く。 織田氏により滅亡
三好
三好三人衆

芥川山城
三好氏の重臣、三好長逸三好政康岩成友通の勢三好長慶死後、三好義継を傀儡として実権を握るも、松永久秀との対立や義継の出奔で勢分裂。と連携し、反織田方として畿内を転戦する。 織田氏により滅亡
三好
波】
勝瑞 三好四兄弟の次男・三好実休系。畿内に進出した宗が滅亡した後も本拠地四国では生き残っていたが、長宗我部氏の拡大の前に敗れる。 長宗我部氏・阿波細川氏により滅亡
十河 十河 讃岐人。三好四兄弟の四男・十河一存を養子として三好一門化するが、他の三好一族が滅亡・降伏のを辿ったため、結果的に三好氏最後の砦となる。 長宗我部氏により滅亡
香川 讃岐人。はじめ細川下。内紛と下克上細川氏の影が衰えた事を好機として独立する。毛利織田を後ろとして讃岐西部を支配下にいれるが、長宗我部元親の破の勢いの前に降伏。元親の子・香川親和を養子とする。 長宗我部氏に乗っ取られる

四国征伐後に

断絶
河野 湯築 伊予守護。安時代より伊予に根付いた伝統ある一族だが、たびたび中内紛を起こす。人衆や村上軍衆などの発言も強く、戦国大名化には失敗した。それでも毛利氏と手を結び、戦国末期まで勢を保つ。 豊臣氏に降伏後、まもなく御断絶
伊予宇都宮 伊予人。宇都宮一族。豊前宇都宮氏(井氏)から分かれた流れ。土佐一条氏と連携し河野氏と争うが、逆に毛利氏の伊予出兵を招く。 毛利氏により滅亡
西園寺 松葉
伊予人。公家西園寺の庶流で、その荘園を領とした。戦国時代大友氏や土佐一条氏圧迫され、振るわなかった。 豊臣氏に降伏後、まもなく戸田勝隆により当を暗殺され滅亡
長宗我部
土佐の人。土佐七雄の一つ。他の七雄やその盟土佐一条氏を滅ぼして土佐を統一。更に四国統一直前まで迫るが、豊臣氏の前に敗北する。代表的な戦国大名の一つ。 関ヶ原で
本山氏 本山
→ 土佐朝倉
土佐の人。土佐七雄の一つ。長宗我部氏を一時下して土佐屈の勢へとのしあがるが、復した長宗我部氏によって逆に追い詰められる。 長宗我部氏に降伏して臣化
安芸氏
安芸 土佐の人。土佐七雄の一つ。土佐一条氏婚姻関係を結び、七雄の一つ・香宗我部氏を倒し勢を拡大するが、長宗我部氏の前に敗れた。 長宗我部氏により滅亡
津野氏
野々 土佐の人。土佐七雄の一つ。戦国時代には衰退しつつあり、土佐一条氏下に降った。一条氏滅亡時に長宗我部氏に降伏し、長宗我部元親の三男・親忠が跡を継ぐのだが・・・。 長宗我部氏に乗っ取られる

断絶
土佐一条氏
土佐中村中村御所) 土佐国司。五摂の一つ・一条の分戦国国司一家応仁の乱の際にときの関白が下向した事に始まる。土佐の人たちの盟的存在として独自の地位を築いた。四万十が育んだ英雄一条兼定が特に有名でおじゃるな!! 長宗我部氏により滅亡

九州

名前 な本拠地 解説 その後
井氏
(豊前宇都宮氏)
豊前の人。宇都宮一族。はじめ大内氏、その後大友氏に従っていたが、最終的には島津氏に付く形で独立九州征伐後、豊臣政権から伊予への移封を命じられるが・・・。 豊臣配下の黒田氏により滅亡
大友 府内館 豊後守護。キリシタン大名として有名な大友宗麟の時代に九州北部~中部に大勢を築くが、日向侵攻に失敗した事から急に衰退する。 豊臣政権下で
(→ 高家旗本)
立花 立花山城
大友氏の庶流。本来は大友臣だが、立花鑑載の時代に二度も謀反を起こしたことで一旦断絶。名跡を大友重臣・戸次鑑連が継ぐ。豊臣氏の九州征伐後、独立大名扱いとなった。 関ヶ原で
(→
秋月 古処山城
秋月
→ 高
筑前人。大蔵一族。戦国時代中期に一度は大友氏に滅ぼされるも、毛利氏の護を経て再大友氏の衰退に乗じ、北九州に大勢を築く。
五ヶ山城 筑前人。少弐氏の庶流。衰退したの下で筑前領回復に奔走するが、やがて大内方に寝返り独立。その後は大友氏に降るが、高橋氏や秋月氏と協調して通算三回も反乱を起こす。 関ヶ原で
宗像氏 ヶ岳 宗像大社大宮軍を擁する。大内配下に属すも、督争いが化して衰退した。秋月氏と共に、大友氏相手にたびたび反乱を起こす。 断絶
高橋 岩屋
【吉系】
→ 江
秋月系】
→ 香
延岡
筑後人。大蔵一族。後継者がなく大友氏の庶流・一田氏より養子を取るが謀反を起こし、再断絶。大友氏の庶流・吉氏から高橋鎮種が養子に入るが、反対する一部が秋月氏より高橋元種を養子として二に分裂する。 【吉系】立花氏に吸収されて消滅
秋月系】江戸時代初期に
池氏
筑後の有人。宇都宮一族。室町時代より長きにわたり大友下で活躍。義将と名高き池鑑盛の時代にへ本格的に移る。子孫に松田聖子がいるのは有名な話。 龍造寺氏により滅亡
少弐氏 有智山城
→ (対馬で亡命生活)
→ 高祖山城
→ 勢福寺
肥前守護。武藤一族。名は大宰少弐を務めたことに由来。大宰府を中心に北九州を治めていたが、室町時代以降は大内氏に執拗に攻撃されて、歴代当の2/3くらいが戦死&自害という悲惨な事態に。筑前を追われ肥前に逃れるも衰退に止めはかからなかった。 龍造寺氏により滅亡
渋川 肥前 九州探題。足利一族「御一家」の一つ(九州統治にあたったのは正確には分)。お約束通り権威はあれど実はないという有様で、肥前の一人に没落していた。 大内氏により滅亡
九州千葉 肥前千葉 肥前人。千葉氏の分室町時代までは肥前一の大族だったが、内紛続きで戦国時代には全に衰退。一時、鍋島直茂が養子入りしていた。 そのまま鍋島臣化
龍造寺 村中佐賀 肥前人。初め九州千葉氏や少弐氏に仕える身だったが、衰退に乗じて独立。「肥前」こと龍造寺隆信の時代に九州北西を有する大大名に成長するが、沖田畷の戦いで大打撃を受ける。歴戦界では「五人って龍造寺四天王」が有名。 佐賀

江戸時代初期に御断絶、勢鍋島氏に乗っ取られる
鍋島

肥前人。本来は佐々木一族、途中で養子が入り武藤一族・少弐氏の庶流に。龍造寺氏にくから協し、重臣として危機を救い覇業を助けた。豊臣氏の九州征伐後、半独立大名扱いとなり、事実龍造寺氏を乗っ取る。 佐賀
松浦
松浦
肥前壱岐人。渡辺綱の子孫を称する。軍を擁し、交易などで繁栄。多くの諸が存在したが、下松浦党のひとつ・松浦により統一され戦国大名化する。
松浦
【相松浦
飯盛 肥前人。松浦氏宗。「あいこうのうら」と読む。佐世保を拠点に、と勢争いを繰り広げるが、最終的には敗北して養子を送り込まれるに至る。 松浦に乗っ取られる
波多氏 肥前壱岐人。松浦氏の一で、上松浦党の最大勢戦国時代前期は戸を圧倒するも、波多盛の死後に跡継ぎ争いが起こり、衰退。 豊臣政権下で
肥前有馬 日之江 肥前人。藤原純友の子孫を称する。原周辺の諸勢に養子を送り込み一門化し、南肥前に一大勢を築くが、龍造寺氏の圧を受ける。
大村 大村 肥前人。藤原純友の子孫を称する。肥前有馬氏とは同族。有馬氏からの養子である大村純忠日本初のキリシタン大名として有名。やはり龍造寺氏からの圧迫に苦しむ。 大村
久氏
五島
江川 肥前五島列島人。盛(清盛)の子孫を称する。キリシタン大名の一つ。 福江
宗氏 対馬守護。長きにわたり朝鮮との貿易に従事して繁栄した。が、文・慶長の役では外交担当として奔走・翻弄させられる羽に。 対馬府中
菊池 菊池
肥後守護。安時代から肥後に土着。最後まで南方についていた事や中内紛もあって、戦国時代には既に衰退し断絶。最後の当菊池義武大友氏からの養子だが、実家に反旗を翻して独立する。 大友氏により滅亡
菊池
→ (流浪)
肥後の人。菊池家老一家菊池氏の庶流。没落後はその遺領を巡り隈部氏としく対立する。 九州征伐後に
肥後の人。菊池家老一家菊池氏の庶流。没落後は龍造寺氏に対抗する動きをみせる。 豊臣氏に降伏後、まもなく御断絶
隈部 隈部
菊池
肥後の人。菊池家老一家隈部親永が色々と有名。没落後は龍造寺氏配下となって氏を駆逐菊池遺臣の中で最大勢にのしあがる。のち、肥後人一を起こす。 豊臣政権軍により滅亡
岩尾 神社大宮。室町中期~戦国前期はたびたび分裂・内紛を起こした。名将・甲斐宗運の存在が有名。 島津氏により滅亡
相良氏 人吉 肥後の人。工藤一族。戦国時代初期に大きな中内紛が起こるが、それを収めた相良義滋(相良長)の時代に戦国大名として飛躍する。 人吉
天草五人衆 - 肥後・天草人衆。天草氏、志岐氏、大矢野氏、栖本氏、上氏の五九州征伐で一度は豊臣政権に降伏するが、のち天草人一を起こす。多くがキリシタンで、後々の原の乱にも関係してくる。 豊臣配下の小西氏により滅亡
伊東
→ 佐土原
日向の有人。工藤一族。伊東義祐の時代に全盛期を迎え、日向南部・飫肥の地を巡って島津氏としく争った。正遣欧少年使節のひとり・伊東マンショが有名。 島津氏により滅亡
(→ 飫肥
土持氏 日向人。安時代より日向北部に土着する古伊東氏としく争い、初めは大友氏に従っていたが、伊東氏滅亡後は島津方に転じる。 大友氏により滅亡
北原 飯野 日向人。肝付氏の庶流。伊東氏と連携して、島津氏・相良氏と敵対する。積極的な拡大行動を取るも、嫡流が断絶したために伊東氏の介入を招く。 伊東氏により滅亡
北郷氏 都之 日向大隅人。島津氏の庶流。飫肥の島津豊州に養子を入れるなどして、日向南部から大隅北東部にかけて勢を拡大する。 そのまま島津一門化(→ 都城島
島津 清水
薩摩守護。源頼朝の落胤の子孫を称する。戦国初期は当世が続いて衰退しきっていたが、分作家の一族が督を継いでからは戦国大名として大きく飛躍、薩摩大隅日向の三州を支配した。島津義久ら四兄弟の時代に九州の半分以上を手中に収めるが、豊臣秀吉九州征伐の前に敗れる。代表的な戦国大名の一つ。 薩摩
島津
島津
島津氏の分。宗が衰退する中で中屈をつけていたため、作家とはしく対立。作家出身の島津貴久が宗督を継ぐと、前当島津勝久り上げて反旗を翻す。 降伏して島津臣化

豊臣政権下で易、まもなく御断絶
島津
島津豊州
飫肥 島津氏の分日向・飫肥の地を領する。伊東氏の侵攻に抵抗したが敗北し、都之へ逃亡する事に。一時期、島津義弘が養子となっていた。 そのまま島津臣化
新納氏 志布志 島津氏の庶流。初めは日向・飫肥を領していたが伊東氏に圧され、大隅・志布志に逃れた。豊州や北郷氏とは仲が悪く、独自行動を取る。「親武蔵」こと新納忠元は分流の出。 そのまま島津臣化
伊集院 都之 島津氏の庶流。戦国時代を通して島津氏の家老として活躍するが、九州征伐後に豊臣政権から独立大名として扱われる。 島津氏により滅亡
東郷氏 薩摩 薩摩人。渋谷一族。守護・島津氏の没落に乗じて勢を拡大するが、作家一族の登場で島津氏が復すると徐々に押されていく。末裔に東郷平八郎元帥がいる。薩摩示現流祖の東郷重位は庶流。 島津氏に降伏

乗っ取られて臣化
答院氏 虎居 薩摩人。渋谷一族。「けどういん」と読む。島津氏弱体期に勢を拡大、その後も反島津の筆頭格として度々争う。答院良重は武勇に優れた人物であったが暗殺され、急速に没落。 島津氏に降伏して臣化
入来院氏 清色
薩摩人。渋谷一族。「いりきいん」と読む。はじめ作家に与した。島津四兄弟は入来院氏の出。後に渋谷一族や生氏と共に反島津に転じる。 島津氏に降伏

乗っ取られて臣化
肝付氏
肝付 大隅人。肝付兼続の時代には島津氏と互に争うも、彼の死後は衰退。声優肝付兼太は子孫。 島津氏により滅亡
薩摩生氏 薩摩大隅人。「かもう」と読む。肝付氏答院氏と手を組んで、島津氏としく争う。 島津氏により滅亡
種子島 尾木 大隅種子島人。平清盛の子孫を称する。伝来という大イベントに遭遇した一族として非常に有名。戦国時代は一貫して島津氏に属する。 そのまま島津臣化
寝氏
占氏)
大隅富田 大隅人。「ねじめ」と読む。屋久島を巡って種子島氏とはたびたび抗争。その為、肝付方に付き島津氏とも敵対していたが、のち島津方に転身。温州蜜柑の栽培で有名。 島津氏に降伏して臣化

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E6%88%A6%E5%9B%BD%E5%A4%A7%E5%90%8D
ページ番号: 5392136 リビジョン番号: 2432172
読み:センゴクダイミョウ
初版作成日: 16/01/06 01:10 ◆ 最終更新日: 16/11/27 16:26
編集内容についての説明/コメント: 三好三人衆に「百」マーク追加。山名氏を但馬・因幡・伯耆の3つに分割。
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

戦国大名について語るスレ

14 : 慧文斎(作成者) :2016/01/19(火) 01:33:19 ID: 60qKp5aDwx
>>13
現状「その後」の欄は嫡流オンリーで書いてるので(そうしないと小笠原とか大変なことになる)極に関しては長男・高次子孫の丸を記載しています、ご了承ください。まあどれが嫡流・本家なのか判断しづらいもあるんですけど…。詳細は個別項に任せる、としておかないと長くなりすぎてしまいますので。

臣化したはどうしたものかなー、とは考え中です。独立→臣従→臣化、は分かり易いんですけど、易や没落の末にどこかに仕官したパターンは網羅しづらいのが難点です。今は敢えて省略しています。

野州はまだ書けてないので追加予定です。戦国期は養子関係で典厩とほぼ一体化しているのでどう書くかなーという感じです。本拠地どこだろう。

尼子新宮党は正確には独立ではいのですが、半独立化した内部勢土岐中の斎藤長井と同列)としてとりあえず書いた感じです。勢強めとは逆に、そうした独立弱めを判別させても良いかもしれません。再軍は「尼子義久が降伏した後に、本家とは全く別に行動している」という理由で別勢扱いです
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
15 : 慧文斎(作成者) :2016/01/19(火) 01:36:08 ID: 60qKp5aDwx
本文中でも述べているように、何が戦国大名ラインなのかは人によって判断が分かれてしまうので、まあ1あたり1~2勢くらいまでを「代表的」とするくらいが妥当かな~、とか考えています。
東北と中央と九州とでは戦国大名扱いされるレベルとかも変わってきちゃいますからね、難しい所です。
16 : ななしのよっしん :2016/01/19(火) 18:45:09 ID: SLa8KYtEfJ
加筆です。
野州の本拠は備中とか伊予って書いちゃうと意味不明だし、難しいな。

色つきにするボーダーだけど、戦国大名かどうかというよりは大きいかどうかだよね。
戦国大名とすると飛騨の三木、江とかも十分戦国大名だし

基準考えてみた。
戦国大名としては未分化ながら名族として影
 将軍古河方、細川兆、山名、河内畠山、両上杉赤松、(斯波)、(土岐)
戦国大名で10~20万石クラス以上
 仮に20万石をボーダーとすると(括弧微妙なところ)
 [東北]伊達名、最上、(安東)、(小野寺)
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
17 : 慧文斎(作成者) :2016/01/19(火) 21:43:24 ID: 60qKp5aDwx
>>16
あとは戦国時代という背景上、自立や周囲への影・介入の強さも要素として考えるべきかもしれませんね。仮に2~3段階で分けるとしたら…

3(※重要旧勢将軍兆・古河山内、および一を代表する戦国大名
南部津軽伊達・安東・最上名・古河方・山内上杉佐竹宇都宮・里見・北条
武田村上真田長尾上杉朝倉今川・徳織田斎藤北畠
将軍浅井六角細川兆・本願寺・山名・尼子・上・宇喜多毛利大内
三好長宗我部河野大友龍造寺島津

2(※ちょっと影は劣るが戦国大名
小野寺葛西・大宝寺・相馬・扇上杉那須佐野小山結城由良
神保能登畠山加賀姉小路河内畠山筒井松永・雑賀衆
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
18 : ななしのよっしん :2016/03/04(金) 18:24:46 ID: ilI9hG6WB3
あれ?童って普通最上の分じゃなかったっけ?
確かにあの辺両探題を補佐してた里見系が多いけど
19 : 慧文斎(作成者) :2016/03/05(土) 06:43:13 ID: 60qKp5aDwx
>>18
元々は新田・里見庶流だったのが、途中で養子が入って最上の分と化した、ですね(ややこしい…)。最上とのびみょーな関係もこの辺の出自も影してるのかも。

鍋島と同じような感じです。次回更新で表現代えておきますね。
20 : ななしのよっしん :2016/07/13(水) 11:45:56 ID: vd/TQPdAgG
織田で関ヶ原易されたのは極一部で
普通江戸時代まで通じて存続してるんだが・・・・
豊臣も徳もそこは流石に配慮している
21 : ななしのよっしん :2016/07/13(水) 21:34:50 ID: ilI9hG6WB3
>>20
扱うのは本家だけって記事にあるでしょ
22 : ななしのよっしん :2016/08/20(土) 15:21:44 ID: yLV13Hha/z
〇〇守の称号がミドルネーム同然だよな
23 : ななしのよっしん :2017/01/01(日) 02:47:06 ID: ilI9hG6WB3
さすがにそろそろ大名というよりもレベルしか残ってないな
ニコニコニューストピックス
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829