単語記事: 戦場のメリークリスマス

編集

戦場のメリークリスマスとは、 1983年開の映画戦場のメリークリスマス」の事。またその映画題歌。

概要

戦場のメリークリスマスMerry Christmas Mr.Lawrence)とは、デビット・ボウイ、ビートたけし坂本龍一トム・コンティ演し、大島監督した映画である。

また、「戦場のメリークリスマス」と言えばその映画テーマ曲「Merry Christmas Mr.Lawrence」の事もす。坂本龍一作曲であり彼の代表曲の一つ。ニコニコでも「演奏してみた」「作業用BGM」などの動画でよく見られる。

映画の最後にビートたけし演じるハラの顔がアップになり、「Merry ChristmasMerry ChristmasMr.Lawrence!」と言うシーンは非常に有名。

豆知識

関連動画

関連商品

 

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E6%88%A6%E5%A0%B4%E3%81%AE%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%9E%E3%82%B9
ページ番号: 406776 リビジョン番号: 2264135
読み:センジョウノメリークリスマス
初版作成日: 08/07/28 13:26 ◆ 最終更新日: 15/09/21 18:59
編集内容についての説明/コメント: 豆知識を追加
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


セリアズとキャプテンヨノーイ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

Merry Chr...
戦場のメリークリス...
戦場のメリークリス...

戦場のメリークリスマスについて語るスレ

91 : ななしのよっしん :2016/01/14(木) 07:38:39 ID: UCjr9cAgmj
それにしても面半分に朝鮮人軍属にレイプを嗾けたり自害させようとするビート武が日本人側では較的最も善良な人物という設定は凄いと思う。
ラスト台詞「私のしたことは他の兵士達と同じはずです」
擁護に見えて、日本兵は皆が死刑に値する犯罪者と言ってるのと同じだからな。凄い。
なるほど正な作品だ。狂った弱者がしたことだからしょうがないってフォローして、日本叩きにならないようバランス取ってくれているもんな。
92 : ななしのよっしん :2016/01/24(日) 15:45:44 ID: aXAJKP2J0e
MGS3プレイ動画タイトル戦場のメリークリスマスがあったからずっと気になってたけど観てみたらなんか虚しくなった
93 : ななしのよっしん :2016/02/26(金) 10:31:13 ID: Gu/OW+OZ9X
>>90-91
あなたは犠牲者なのだ
94 : ななしのよっしん :2016/02/28(日) 16:25:38 ID: zrMQ8Fu2y0
>>91
レイプを嗾ける描写なんてあったっけ
ネモトのレイプは自発的なモンだったような
95 : ななしのよっしん :2016/03/10(木) 19:37:43 ID: 3yclm0ILv+
レイプってか切腹と同時に相手も舌噛んで死んでるから相は和姦だったと思われる
96 : ななしのよっしん :2016/03/10(木) 19:45:49 ID: 0jSJrey++w
いや、そのりくつはおかしい
97 : ななしのよっしん :2016/03/10(木) 22:55:37 ID: UZE1cetw/s
>>90-91
この映画でどんなことを感じたらそんな言葉が出てくるんだ?
この映画は単に東洋と西洋の価値観のぶつかり合いを描いてるだけなんじゃなくて
もっとマクロ的な相反する2つの価値観をそれぞれ持つ人間達が戦争という極限の中でいかに心を通わせていく物語なんだよね
インターネットとかからの伝聞で書いたのならともかく、その意見は的外れすぎるよ
98 : ななしのよっしん :2016/05/24(火) 18:23:33 ID: UCjr9cAgmj
>>97
逆にこの映画のどこをみたら「相反する二つの価値観」が「心を通わせていく」物語なんて思えるのかだよ。
日本人はただただ狂っていた。口では日本文化を唱えながら、やっている事は連日の暴行・虐待。しかもそれを、義務とかでなく、ヘラヘラ笑いながら楽しんでやっている。
筋を重んじるはずの厳格な将校ですら、自分勝手な理屈で、拠もないのに実の人間を処刑しようとする。これらの一体どこから、フェアに日本側の価値観とやらを見いだせたのか甚だ疑問。
対する主人公側はどうか。なんら非はく、ひたすらに正しい。自分たちを暴行し、正当な理由もなく処刑する日本人を、殉教者のような精で許し、憎みたくないという。「日本人はただ弱で、集団で発狂しているだけだから」と。
日本人を抱擁して、人の心を伝えもする。なるほど確かに心を通わせた。狂った日本人が捕虜の人のような行動に、一方的に、人の心を少々取り戻したという描写だけど。
そして最後のシーン。彼ら一人一人が悪いのではない、日本兵は全員狂っていたのだから。なんて独善的で恐ろしい
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
99 : ななしのよっしん :2016/05/24(火) 19:59:06 ID: UCjr9cAgmj
>>94
自害させる際に被者相手に面半分に嗾け、クレイジーだと捕虜を驚愕させてただろ。
100 : ななしのよっしん :2016/10/25(火) 09:20:23 ID: B4ot8cDOEw
>>98
どんな映画にもいるけどこういうなんなんだろうな。自分の見方が絶対的に正しいって思ってるやつ。その上つらつらと長い。面倒。
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015