単語記事: 戦艦大和

編集  

戦艦大和(せんかんやまと)とは、第二次世界大戦(WWⅡ)当時に連合艦隊旗艦として就航した戦艦排水量口径は現在に至るも「戦艦」としては世界最大である。大和1番艦として軍工で建造された。

名前の由来は旧名の大和から。日本海軍軍艦として二(初代:巡洋艦大和

大和2番艦が戦艦武蔵三菱長崎造船所で建造)、3番艦信濃戦艦として建造中に戦局の変化により設計変更され航空母艦として完成横須賀軍工で建造)した。4番艦も建造中だったが、ミッドウェー海戦敗北や用兵思想の変化で建造は中止された。

概要

ワシントン軍縮条約脱退後の軍軍備計画(マル3計画)に基づいて設計・建造がスタートした。
当時の日本における造船技術・軍事技術のを尽くして建造されており、巨大であるとともに様々な新機軸も導入されている。そのためかかった建造費も当時の国家予算の3という巨額になっている。
※ちなみに現在の「あたご」イージス艦二隻分の建造費に相当する(で、そんなものかと思えるほど日本戦前戦後にちがいがある拠でもある)。

あまりに高額な予算のため帳簿上の操作が行われており予算上は金剛型戦艦代艦として計上され、それでも不足する予算額は駆逐艦数隻+潜水艦の建造費用として計上された。ただし、それでもなお予算上の都合から諦められた装備なども多いことは書いておいていいだろう。

このような巨艦を建造していることは仮想敵国であるアメリカイギリス等に対して隠蔽する必要があり、のドック周囲にはシュロの網がかけられたがあまりに大量のシュロが必要となったため一般庭が用いるシュロが手に入らなくなったなど逸話も多い。長崎でも武蔵を隠すための倉庫が建築されたり、進水式の際にはから見られないよう他の軍艦等を配置して隠しした。また日本国民に対しても「大和」「武蔵」の工や配備はまったく報道されることなく、当時の民は終戦まで「長門」と「陸奥」こそが日本を代表する戦艦だと思っていた。特に口径が世界最大となる46cmであることは極秘中の極秘とされ、「大和」「武蔵」を率いる艦隊令官ですら「大和」「武蔵」の41cm級だと知らされていた。もちろん敵国アメリカも「大和」「武蔵」の実戦配備とそのおおよその大きさは掴んでいたが、40.6cmだと思っており46cmと知ったのは戦後であった。

その装備や設計思想などについてはwikipediaや各種書籍等で触れられているのであまりここでは述べることは行わない。
ただ日本海軍戦艦に対する捉え方が極限にまで凝縮された設計思想に基づき作られた日本特有のを思わせるような艦デザインなど、日本戦艦の最後を飾るに相応しい艦艇であると言えるだろう。

ただし太平洋戦争中、十分にそのを発揮できたか。というと極めて疑問符がつく結果が残された。

あまりにも突出した「切り札」すぎたこと、「大和」「武蔵」を動かすための重油などの手当ての難しさなどから、作戦参加はあまり行われず、内、トラックなど停泊地にとどまりつづけた。冷暖房備で食料も優先分配された上、戦続くソロモン戦(ガタルカナルの戦い)に 参戦しなかった事もあり他艦乗員から「大和ホテル」と揶揄されたことは有名だろう。ただし作戦参加が手控えられ後方での待機が続いたのは当時日本が持っていた戦艦全般に当てはまることであり「大和」「武蔵」に限らない。最も旧(が故に損失を恐れられなかった)でかつ高速な金剛の4隻のみが戦艦として多数の作戦に用いられた。

建造後、数度の修が行われ、に側面副二基の撤去と対火器増設が行われている。

はミッドウェー作戦山本五十六率いる力部隊の旗艦として参戦したが、作戦力部隊は空母4隻ほかからなる南雲機動部隊のはるか後方に位置しており、南雲部隊空母全滅の報を聞き会敵することなく内地へ帰還した(なおこの帰還途中に敵潜水艦と遭遇し、副・高を射撃している)。初めてによる撃を行ったのは、あ号作戦におけるマリア戦で、この作戦では前衛部隊に配置され敵機と交戦したが、対射撃のみであり敵艦隊と撃ち合うことはなかった。その後捷号作戦レイテ沖海戦)に投入され、アメリカの護衛空母・護衛駆逐艦と遭遇して初めて敵艦を狙ってを発射した(サマール撃戦)。大和の46cm徹甲弾は、厚い防御装甲を持つ敵戦艦の装甲を破った後に艦内で爆発するよう特に起爆を遅く設定した遅発信管が用いられており、装甲のない護衛空母・護衛駆逐艦相手では命中した徹甲弾爆発することく敵艦を突き抜けて反対側のに飛び出したとも言われている。このレイテ沖海戦において「武蔵」を失っている。最終的に「大和沖縄に乗りあげて台としてアメリカを迎え撃つ」天一作戦の一環として参戦し沖縄に向かう途中の坊ノ岬にて撃沈されている。

※・・・菊作戦は一航空隊の航空攻撃戦を作戦名だが、天一作戦と混同し使用されるケースがある。

大和最後の戦いであった坊ノ岬戦において、正午よりアメリカ空母機動部隊の艦載機の襲撃にあう。
戦争後半におけるアメリカ空母搭載の艦載機が放つ爆弾及び魚雷は開戦当時のものとは大きく破壊が増しており、またレイテ沖海戦での「武蔵」に対峙した戦訓もあり、「大和」は多数の魚雷爆弾を浴び、午後2時23分、傾斜による弾薬庫の誘爆、あるいは機関部の水蒸気爆発と思われる爆発と共にに没した。
沈没地点は北緯3022分 東経128度04分の地点。戦後数十年を経て平成の世に入ってから、海底に眠る大和の姿が明らかになり、艦体が二つ以上に分かれているのが確認された。現在、この「大和」の引き上げ計画も検討されているようだが、そっとしておいてほしいという意見もあるだろう。


昨今、この天一作戦直前の「大和」を写した写真が発見され、木製甲がすべて黒一色に塗られていたことが明らかになっている。またこの甲塗装は捷号作戦時点から行なわれていたとの説もある。

戦後、「大和」の(日本人的美意識の集約ともいえる)悲劇的結末は多くの小説などの題材に選ばれ、映画化もされている。また、広島県呉市の「大和ミュージアム」こと呉市海事歴史科学館には、1/10サイズの精巧な「大和」の模型が置かれており、多くの来館者でにぎわっている。

諸元

工時のものと較用に最終状態のものを掲載。

工時 最終状態
基準排水量 64000t
満載排水量 72809t
排水量 69100t
全長 263m
全幅 38.9m
10.4m(試時)
装甲(最圧部) 650mm
270mm
舷側装甲410mm 

艦本式タービン4基4軸150000
ロ号艦本式重油専焼12基
27kt
四十五口径九一式四十3連装3基9門
六十口径三年式十五3連装4基12門 六十口径三年式十五3連装2基6門
四十口径八九式十二七高連装6基12門 四十口径八九式十二七高連装12基24門
九六式三連装二十五8基
十三連装機2基 
九六式三連装機52
同単装6基 
十三連装機2基 
艦載機 7機(カタパルト2基)

※実際は46cmだが、性を秘匿するため名称は40cmとなっている。

関連動画


関連商品

関連コミュニティ

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E6%88%A6%E8%89%A6%E5%A4%A7%E5%92%8C
ページ番号: 2755633 リビジョン番号: 2061859
読み:センカンヤマト
初版作成日: 09/04/11 03:31 ◆ 最終更新日: 14/07/30 01:59
編集内容についての説明/コメント: 2箇所ほど微修正。
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

戦艦大和について語るスレ

496 : ななしのよっしん :2017/11/14(火) 18:20:52 ID: bsNlyLvs9y
結局は時間をかけて璧に近い戦艦作るよりも英みたいに数をえることが戦略的には一番に決まってるもんな
最も日本がそれを実行していたら、用の長物にかわって「勝ち皆無の物量合戦をやって質を重視しなかった無能」って批判されるだけだろうが
497 : ななしのよっしん :2017/11/14(火) 18:35:42 ID: ESObgNAhLZ
造ったことより機密にしたことのほうが間違いだと思うわ

ティルピッツみたいには使えなかったんか
498 : ななしのよっしん :2017/11/14(火) 18:48:27 ID: bsNlyLvs9y
宣伝したらモンタナ級の量産と18インチ戦艦えられるだけだから何の抑止にもならんぞ。数少ない水上打撃を補う術を自分から投げ捨ててどうする
事実武蔵レイテであれだけの強さ見せつけても別に大和ティルピッツみたいな抑止にはなってなかったろ
ティルピッツはビスマルクラッキーパンチと機動部隊の戦いがない欧州戦線故の抑止だから
499 : ななしのよっしん :2017/11/14(火) 18:54:09 ID: 2acvdad+3r
そもそもアメリカを5:3の戦で抑えられてた条約を更新できなかった時点で勝負は付いてるんだよなぁ…
500 : ななしのよっしん :2017/11/14(火) 19:01:15 ID: bsNlyLvs9y
それ以前に太平洋の制権争いなんざ1898年ハワイ併合の時点で終わってるって事実になんで気付かなかったんだろうな
日本なんてレベルの規模があれば十分。日露戦争直後にでも大陸の権益をアメリカに譲り渡して融和策を取り続ける方が、大和建造以前によっぽど建設的な策だろう
501 : ななしのよっしん :2017/11/16(木) 20:36:52 ID: 6v3gKJJ8z1
序盤では質でも量でも勝ってた上に奇策で導権を握ってたなんですがねぇ…
そのアドバンテージすら活かせなかった時点で勝敗なんてほぼ決したようなモノ
502 : ななしのよっしん :2017/11/16(木) 20:53:58 ID: 18BedgM1lQ
生産という埋め難い差によって質も量も追い抜かれた
何歩も先に進んでから勝負に挑んだウサギにあっという間におい抜かれる
アドバンテージを生かすには々に講和に持ち込むしかないが
それがアメリカの強硬姿勢で望み薄な時点でアドバンテージなんてあってないようなもん
503 : ななしのよっしん :2017/11/16(木) 22:02:45 ID: bsNlyLvs9y
>>501
残念ながらミッドウェーの時点ですでに空母6隻体制の維持すら危うくなるほど消耗してたんだよなあ
日本アメリカとの太平洋の制権争いに勝とうと思うならナポレオンルイジアナ売却を阻止するぐらいしなきゃどうにもならん
504 : ななしのよっしん :2017/11/16(木) 22:36:09 ID: IH6J2Y6kOK
そもそも差10倍以上で戦争するのが謀すぎる……
翔鶴える性空母を毎量産したり、秋月型並の駆逐艦を毎週作ってくる相手に戦争するなんて……
505 : ななしのよっしん :2017/11/17(金) 00:31:03 ID: bsNlyLvs9y
アメリカは19世紀中に大陸国家国家両方の利点備えた国家として発展した時点でもう20世紀の覇権約束されてたしね
第二次世界大戦なんてソという誕生の痛でしかないんだよな
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス
電ファミwiki
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829