単語記事: 戦艦棲姫

編集

アイアン…ボトム…サウンドニ…シズミナサイ

戦艦棲姫(せんかんせいき)とは、ブラウザゲーム艦隊これくしょん~艦これ~」に登場する敵キャラクター(深海棲艦)である。
なお、同種の戦艦夏姫(せんかんかき)についても、本ページにて解説する。

容姿・艤装

その姿は巨大な怪物を付き従えた黒髪ロング・黒キャミソールの美女といった風情で、「姫」と名乗るに相応しい優雅さと気品さえ感じさせるふつくしさ。しかし、額には2本の、胸元にも4本の角が生えており、人外の禍々しさも併せ持つ。

書籍『艦これスタイル』掲載の設定によると、通常は見ることのできない背中側は肌を広く露出させており背骨に沿ってチョーカーからつながる艤装が存在する。従えている巨大な怪物とはこの艤装を通じて首の後ろから有線で繋がっている。

初登場・2013年秋イベントにて

戦艦棲姫

2013年11月の期間限定イベント「決戦!鉄底海峡を抜けて!」における第5海域「サーモン海域最深部」(通称E-5)のボスであり、イベント全体のラスボスである。

ステータスは、8月のイベントのラスボス・南方棲戦姫を上回る火力220、手前のE-4で数多くの提督の心をへし折った飛行場姫を上回る装甲160、そして耐久400を誇る。そして飛行場姫に対する三式弾のような弱点もない。さらには護衛に装甲空母姫と装甲空母鬼を引き連れているという鬼畜仕様。クリア報酬の「武蔵」獲得を目指す提督たちの前に立ちはだかるまさに最後の壁である。

……なのだが、どうもこのラスボスさん、ひとつ手前のE-4ボスである飛行場姫に比べて、いささか影が薄い。ステータスだけ見ればラスボスに相応しい貫禄であるはずだが、なぜかそんなことになったかというと、

  • 飛行場姫と違い、魚雷攻撃が通じるので、北上さま大井っちの重雷装巡洋艦コンビが昼でも夜でも大暴れできる。
  • E-4に比べて、適正な編成であれば道中事故や羅針盤に振り回される可能性が"比較的"低い。
  • 夜戦マップだが、ボス戦は昼戦からスタートするため、夜戦突入の判断権がこちらにある(E-4は運)。
  • 同様に昼戦スタートなので、支援艦隊も(旗艦にキラキラさえつけていれば)ほぼ確実に来る(E-4は運)。
  • これまた昼戦スタートなので、昼砲撃で雑魚を散らし、強力な夜戦火力をボスに集中させられる(E-4は昼夜逆)。

と、E-4に比べてストレスを感じる要素が比較的少ない。そのため、E-5も充分に高難易度であるにも関わらず、E-4があまりに鬼畜すぎたため、結果的に「E-4よりは楽」と感じる提督が多くなったためであると思われる。
さらにはイベント期間延長に伴い追加投入された「矢矧」掘りのため、戦艦棲姫は武蔵を獲得した提督たちに再びフルボッコにされる羽目になり、余計にラスボスという印象が薄れてしまった感は否めない。カワイソス

とはいえE-5もまた、少なくない提督が時間や資材やバケツを飲みこまれて禿げ上がった、イベント海域の最終面に相応しい高難度海域であったのは紛れもない事実である。
また、「矢矧」獲得のためにS勝利を狙っては姫の硬さや護衛の耐久に跳ね返され、「矢矧」を迎え入れられず禿げ上がる提督も続出した(一応A勝利でも「矢矧」はドロップするのだが、S勝利の方がドロップの確率が高いという公式証言が阿鼻叫喚を呼ぶことになった)。その意味ではイベント海域のラスボスとしての役割を全うしたとも言えなくもない(?)。

なお、2013年夏イベントのラスボスであった南方棲戦姫がE-5中央ルートのボス手前マスに出現したため、戦艦棲姫も今後のイベントでは最終海域の道中敵として出現するかもしれない……やっぱり出現したよ。(続く)

2014年春イベントにて

蒼き鋼のアルペジオとのコラボイベントを挟み、2014年春の期間限定海域「索敵機、発艦始め!」においてイベント最終海域「E5」の2戦目の旗艦・ボス戦の随伴艦として出現した。

まず2戦目についてであるが、2013年11月イベントの戦姫とは異なり昼戦から始まるので中破させることすら難しく、また単縦陣なので反航戦であろうと味方に攻撃が当たれば中破は確実、下手すりゃ大破という鬼畜っぷりである。随伴艦の戦艦タ級flagship、重巡リ級flagshipも十分脅威なのだが、戦艦棲姫が強すぎるので相対的にそれほど脅威に感じないと言う有様(事故るときは事故るが)。E5の大破撤退はだいたいこいつのせいある。

3戦目の潜水ソ級に雷撃を食らって大破撤退というパターンもあるが、艦隊編成により雷撃の脅威を薄める輪形陣を取るルートを進撃することもできるし、食らったとしても無傷から雷撃で大破することは滅多に無いので、その前に戦艦棲姫で中破→スナイプされて大破するのがたいていの場合であろう。

……しかし真の恐ろしさは2戦目だけはなくボスの保護者随伴艦としても登場することである

ボスの耐久力の関係上、昼戦のみでのボス撃沈は不可能に近いが、この海域は夜戦で行動できない空母を2~3隻連れて行く事が必須に近いため、夜戦で攻撃できる艦は3~4隻しかいない。
戦艦棲姫は攻撃面において夜戦要員を大破させることがよくあるので2戦目同様にとても厄介なのだが、ここではそれ以上にボスの離島棲鬼の撃沈を邪魔する事が厄介極まりない。

他の随伴艦も戦艦ル級flagshipなど十分強力なのだが、この海域に投入される艦隊ならば昼戦の時点でだいたい片付ける事が可能であろう。
しかし戦艦棲姫は撃沈どころか場合によっては小破さえさせられない事も珍しくない。陸上タイプは味方に庇われない(嫌われてるとかじゃなくて)ので、輪形陣だろうと小破させなくてもボスを庇う事はない(敵味方ともに小破以上で旗艦を庇わなくなる)。
……なのだが、庇わないと言われるまで気づかなかったほど、何故かこちらの攻撃を物凄い勢いで吸引された(そして毛根も吸引された)提督が多数存在する。攻撃目標が多い分攻撃が分散してしまうというレベルではなく、明らかに攻撃を吸っているように見える。庇わないとか言った奴誰だよ!
このような経緯から、戦艦棲姫には「吸引力の変わらないただひとつの戦艦」=ダイソンという通称が定着してしまった。

総合して春E5、ひいては春イベント全体の真のラスボスは戦艦棲姫であると言えよう。
そのため、初登場&旗艦であるはずの離島棲鬼の影が微妙に薄くなってしまった。
秋イベントでE4の鬼畜さに話題を持っていかれてしまった鬱憤だろうか?となると次回以降のイベントでは離島棲鬼がボス付近で同じ事をするパターンなのだろうか……

ちなみに今回のイベントも2013年冬のアルペジオコラボイベントに引き続き、司令部レベルに応じて敵の強さが変わるシステムが取り入れられているが、司令部レベル79以下だと、なんとボス戦に戦艦棲姫が登場しない(代わりに重巡リ級flagshipが1隻増える)。
司令部レベル100超えの提督に比べれば戦力が充実していない(事が多い)であろうし、2戦目では変わらず登場するため、即簡単と言う訳ではないだろうが、毛根へのダメージは遥かに少なかったと思われる。 

2014年夏イベントにて

第2段階作戦であるMI作戦最深部が第5ステージとアナウンスされ、そして最終ボスが新登場の空母棲姫であり、そのステージ難易度も☆10と歴代イベント最強マップであったことから、これにて終了と思っていた提督も多かっただろう。
しかしステージには秋イベ以降必ず書かれていたFinal battle(Final operation)という文字はなく、また運営もイベント開始時に「不測の事態に備えて艦隊を残しておくといい」という不気味なツイートをしていた。この時点で察した提督も少なからずいたようである。

そしてE5をクリアした提督に突き付けられた本土海域の奇襲、そして真の最終ステージであるE6が出現した。
ステージ難易度は☆12 と、☆11の5-5すら上回る歴代最高難易度となった。
そしてこのステージは本土南西海域となるため、AL/MI作戦に参加した艦娘が一切参加できない。 よってALとMIだけと思いMIに全力を注いだ提督が撃沈状態となった。戦艦棲姫3度目の登場となり、完全に裏ボス的扱いである。 
しかもボス前マスにE5ボスの空母棲姫が鎮座している。今イベント新規登場のラスボス(仮)がボス前に布陣というわけのわからないステージである。

戦艦棲姫は随伴に戦艦ル級flagship2隻、新型艦載機を配備した空母ヲ級flagship、潜水対策に後期型駆逐艦2隻を引き連れて登場する。お伴のフラルやフラヲでも、当たり所が悪ければ戦艦が1発で中破するレベルの攻撃力を持っているが、やはり戦艦棲姫の前ではかすんでしまう。

しかしこれだけではない。E2の北方棲姫やE4の中間棲姫がゲージ破壊可能時にパワーアップしたが、この海域でもゲージ破壊可能時に編成が変化し……
ル級flagship1隻と交代して戦艦棲姫計2隻となる。通称ツインダイソンもしくはダブルダイソン
ダイソンがダイソンに守られるってどんな状況なんだよ!

1隻だけなら大和型の弾着観測射撃やハイパーズの夜戦攻撃で落とすことはどうにかなることは過去の戦闘が証明しているが、2隻となると、肝心の旗艦の戦艦棲姫が随伴の戦艦棲姫にかばわれ、攻撃が届かないという事態になる。加えて、前述のとおり戦艦棲姫は攻撃力がトチ狂っているため大和型でも余裕で一発大破、昼戦ではそんな砲撃が4発も飛んでくる(夜戦まで加えると6発である)ことになる。

ここまでくるともはや大和型2隻やハイパーズを揃えても、昼戦で戦艦棲鬼の攻撃が夜戦要員に飛んでこないことを祈り、夜戦で旗艦の方の戦艦棲姫をスナイプしてくれることを祈る運ゲーとなる。そもそもこのボスマスに辿り着くまでにあまり分の良くない運ゲーに何回か勝たないといけないため、人によってはゲージを削りきってからの出撃(通称ラストダンス)が何十周にもなる。とはいえ運なので、人によってはあっさり一発で終わったりすることもあるが。

この鬼畜編成を撃破してやっと最後の海域突破ボーナスである磯風をゲットできる。 ファミ通コネクト!パーティーのニコ生での発表によると、全サーバーのイベント参加者(200万を超える提督の何%が参加したかは不明)のうち、約15%がE-6をクリアしたという結果になっている。

なお、恒例となった司令部レベルに応じて敵の強さが変わるシステムが今回も取り入れられており、司令部レベル99以下だと最終戦闘でも戦艦棲姫が増えないことがある(一定確率で元のままの編成で登場する)ため、司令部レベル100以上の場合よりも突破できる可能性が高くなっていた。それでも春イベE5同様の難易度を誇る。

かくて、提督の資源と毛根を刈り取りツインダイソンは去った。しかし、あのダイソンが最後のダイソンとは思えない。もしイベントが続けて行われるとしたら、あのダイソンの同類がまた海域のどこかに現れてくるかもしれない……(続く)

2014年秋イベントにて

2014年秋イベント「発動!渾作戦」E2をクリアし秋月をお迎えした提督の前に出現した次海域の画像には見慣れたヤツのシルエットが……そう、やっぱり戦艦棲姫が出現したのである。

今まで通り提督達を阿鼻叫喚の地獄に叩き落とす悪魔として君臨・・・したと思いきや、そこに待っていたのはまさかまさかの怖くないダイソンだった。身震いしながらE3に突入してみると一方的に叩きのめしてしまい、狐につままれる思いをした提督も多いだろう。

今までに登場した4イベントの戦艦棲姫が出てくる編成(ゲージ破壊可能時、司令部レベルによる変動がある場合は高レベルでの編成)を比べてみよう。

編成 陣形
2013秋 戦艦棲姫、装甲空母姫、装甲空母姫、護衛要塞、護衛要塞、護衛要塞 単縦or輪形
2014春 離島棲鬼、浮遊要塞(B)、浮遊要塞(C)、戦艦棲姫、戦艦ル級flagship、戦艦ル級flagship 輪形
2014夏 戦艦棲姫戦艦棲姫戦艦ル級flagship空母ヲ級flagship(新型艦載機)、駆逐ニ級後期型駆逐ニ級後期型 複縦
2014秋 戦艦棲姫、戦艦タ級flagship、空母ヲ級flagship(新型艦載機)、軽巡ツ級elite、駆逐ハ級後期型、駆逐ハ級後期型 単縦

今までのイベントにおける恐ろしさは散々記述してきたので割愛する。とりあえず、直前の夏イベントと比べるとダイソンが増殖しない時点で天国も同然である。一応懸念材料を挙げると、フラタもそれなりに怖いし、エリツもイベントと同時に強化された対空能力をいかんなく発揮して味方空母の動きを止めるとともに、しぶとく生き残って第2艦隊に痛撃を加えかねない。だが単縦陣なので随伴艦がボスへの攻撃をかばう確率も低めであり、相手へのダメージも通りやすい。

また、本イベントで実装された「水上部隊」型の連合艦隊は、第1艦隊から先に攻撃できるという点も見逃せない。夏イベの「機動部隊」では、頼みの夜戦要員である第2艦隊が先にボスと当たって中大破し能力が低下しやすかったのが、「水上部隊」では打撃力の高い第1艦隊がボスの随伴艦を排除、戦艦棲姫を中大破に追い込み攻撃力が減少→第2艦隊がさらに掃除→夜戦突入となり、第2艦隊の生存率&ボスへの攻撃能力は確実に上がっている。

加えて、前回と異なり実質最終ステージであるExtra OparationにはE1~E3で使用した艦娘も使用可能とされた。よって、最終ステージに向けて切り札となる雷巡や大和型、一航戦などを温存しておく必要はなく、思うままに編成ができたのである。一応正規空母を2隻以上配置できないという制限はあるのだが、ボス&ボス前で航空優勢を得るためには正規空母1隻でも十分であり、その分戦艦や重巡を配置したほうが打撃力が高まる。

このように、編成面・システム面ともに相当手心が加えられたため、今までのような圧倒的存在感は薄まった。とはいえこれらはあくまでも過去のイベント海域と比較して、の話に過ぎず、味方艦娘を一撃で中大破させられたり夜戦にて驚異の耐久力を発揮されたりと、ボスとしての貫禄は充分。苦汁を舐めさせられた提督も多かったに違いない。

さらに忘れられがちだが、実は戦艦棲姫はE-4にも出現する。ボス直前の南側(Hマス)で、夜戦・単縦の布陣で待ち受けており、E-3の仕返しとばかりにカットイン砲撃をぶっ放してくる。
しかしこちらは、適切な編成・十分な索敵値で完全に回避できるルートだった為非常に影が薄く、「E-4に戦艦棲姫がいること」にすら気づかなかった提督も少なくない。

2015年冬イベントにて

2015年冬イベント「迎撃!トラック泊地強襲」では、前回までのイベントで行われた司令部レベルに応じて難易度が変化するシステムではなく、難易度が高い順に甲・乙・丙と3段階用意されている。参加する提督は自分の艦隊練度・資源の備蓄状況と相談しながら海域ごとに難易度を選択することが可能である。

初登場から1年以上が経過し、そろそろ運営も自重するだろうと思う提督もいたが、やはり第3海域「連合艦隊!出撃」にて事件は起こった。大方の予想通り、戦艦棲姫がボス前のマスに現れたのである。難易度に関わらず、かつ上下どちらの進撃ルートを選んでも戦艦棲姫が出現するため、ボス到達のためにはこの関門を突破しなければならない。本海域は連合艦隊での出撃であったため、突破するのは激ムズと言うほどではないが、十分に撤退の要因となりうる。

これで戦艦棲姫の出番が終わりだと考えた提督はやはりごく少数であろう。その期待を裏切らず、再び戦艦棲姫は牙を剥いた。

本イベント最深部であるE-5「決戦!連合艦隊、反撃せよ!」は歴代最難関である★13の海域である。その難易度表示にふさわしく、道中にはE-3ボスであった軽巡棲鬼がいたり、戦艦タ級flagship&戦艦ル級flagshipが最大4隻でお出迎えしたり、ボス前には進撃ルートに関わらず空母棲鬼が降臨したりと、これだけでも十分に鬼畜な編成となっている。そして、何とかボスマスへ到着すると、初登場となる「戦艦水鬼」が君臨する。甲&乙海域と丙海域でステータスが異なるが、いずれにしても戦艦棲姫を上回る耐久・火力・装甲を持つ上、その主砲は今までに登場した深海棲艦のものを大幅に上回る20inch(≒50.8cm)連装砲である[1]

例に漏れず、ゲージ破壊可能になると敵深海棲艦の編成は変化する。そして、甲作戦を選択した提督の目の前に現れたのは、2・3番艦に居座る戦艦棲姫であった。旗艦と合わせてダブルダイソンではなく、随伴艦がダブルダイソンである。ボスが強化されないだけまだまし……?この最終形態の編成は戦艦水鬼、戦艦棲姫戦艦棲姫、空母ヲ級flagship(新型艦載機搭載)、重巡ネ級elite、重巡ネ級eliteとなっている[2]。削り時と比べて制空権の確保は容易となり、陣形が単縦陣なので今まで散々述べてきたダイソンの吸引力は過去イベほどの性能はないものの、夜戦突入までにほとんどの場合3人までしか減らせないのでかばわずとも攻撃が逸れることがあるのは変わらず、単縦陣ということで昼のうちからいきなり大破させてくることも多くなっているため、当然難度は跳ね上がる。ボス撃破に当たっては、随伴のダイソンsが旗艦をかばわないよう小破以上の損害を与えた上で夜戦に突入し、カットイン攻撃や強力な連撃(場合によっては複数回)が発動して戦艦水鬼に直撃することを期待しなければならない。この予想以上のボス編成に対し、イベント開始後数日にして「ジェットストリームダイソン」「トリプルダイソン」「真のダブルダイソン」などの異名が付けられた。

なお、難易度に限らず最終海域突破報酬である空母艦娘「天城」は入手できるほか、夏イベント最終海域突破報酬であった磯風も乙作戦でのドロップが確認されている。甲作戦でしか入手できないものは実装時点では飾り以上の価値を持たない甲種勲章のみである。ダイソンたちに翻弄されている提督たちは焦って突撃せず、資源備蓄や情報収集に努めるほか、天城やレアドロップ獲得のために難度を下げるのも攻略方法のひとつである。

2015年春イベントにて

2015年春イベント「発令!第十一号作戦」では、E-6「打通作戦!ステビア海を越えて」の上ルート、下ルートの道中に出現するのみで、今回は控えめ。とはいえ、ローマのドロップポイントを担っているので、存在感が無いわけではない。
特に下ルートのポイントは、乙作戦でもドロップが確認され、S勝利を狙うのも現実的であった為、ローマ狙いの提督に執拗に狙われていた。
一方上ルートは夜戦マスであり、戦艦棲姫からのカットインの恐怖こそあるものの、それ以外の艦船がカットインや夜戦連撃しないので、こちらを経由してボスマスに向かった提督が多かった模様。
一応こちらも甲限定でローマがドロップする可能性のあるマスだっただが、戦艦棲姫を一撃で屠るという前提もあって、狙って得た人はいないだろう。

2015年夏イベントにて

2015年夏イベント「反撃!第二次SN作戦」にて情報が揃うにつれて、思わず口走ってしまった提督もいるのではないだろうか。

ダイソンのバーゲンセールだな」、と。

今回全くありがたくない事に、八面六臂の大活躍である。拡張作戦以降は皆勤である。そして大分保護者っぷりが板についたイベントでもある。

第2作戦海域【連合艦隊、ソロモン海へ!】 ソロモン海

甲・乙作戦のゲージ破壊時のみではあるが、軽巡棲鬼の随伴艦として登場。ライブ締めのスペシャルゲストか何かだろうか。
札の都合、2軍クラスで出撃しているのも相まって、なかなかに邪魔な存在。
幸い輪形陣ではないので、そこまで頻繁にかばうわけでもないのが救い所。4-5の軽巡棲鬼マスと陣形設定が逆なら、互いに泥沼度合増してるだけに、旗艦の采配ミスでもあるのだが。

彼女を掻い潜り、軽巡棲鬼を撃破する事により、海域突破報酬である駆逐艦娘「江風」が入手出来る。

第5作戦海域【奮戦!西部方面派遣艦隊】 西方海域戦線 カレー洋

2014年秋以来、久方ぶりのボス旗艦として登場。
このMAPに出撃した艦は、ここ以外のイベントMAPに出撃不可能になるのも相まって、出撃するメンバーの選択に慎重になりつつ、撃破する火力も必要と頭を悩まされる。幸い敵編成は、後半の癒しと言われる程度であるのが救いか。

彼女のゲージを破壊する事によって、海域突破報酬である駆逐艦娘「リベッチオ」が入手出来る。

第6作戦海域【反攻作戦!FS方面進出】 ソロモン海東部海域

甲・乙作戦にて、空母棲姫の随伴艦として登場。いつかは組むだろうと噂され、恐れられた空母棲姫戦艦棲姫の黄タッグである。
おまけに甲作戦及び乙作戦ゲージ破壊時には、空母棲姫が赤く光る新型たこ焼き艦載機を持ち出してくる始末。

ルート制御と制空の都合で空母機動部隊を構成しているのも相まって、夜戦要員の第二艦隊が真っ先にこのタッグの前にズタボロにされる事もよくある。
乙以上突破の報酬に、新アイテム、五航戦の改二に使用すると噂される試製甲板カタパルトがあるのもあり、この凶悪タッグから逃れる為、丙作戦に落とすかどうかが悩ましいのも、実に嫌らしい所。

第7作戦海域(最終戦) 【FS作戦】FS方面海域

出現箇所は2ヶ所。ボス前マスは2つあるが、その片方に1艦隊率いてボスへの到達を妨げている。尚、もう片方は赤く光るたこ焼き艦載機を乗せた、空母ヲ級改flagship2隻からなる艦隊と、こちらも大概。
もう1ヶ所は全難易度においてE-7ボスである防空棲姫の随伴艦として登場。そして甲作戦のゲージ破壊時には戦艦棲姫が2隻随伴……またもダブルダイソンである。
おまけにこの海域、雷巡が1隻でも入っているとボスにたどり着けない様に羅針盤の制御がかかっており[3]、毎度の様に北上様に祈るとはいかないのも難点。

彼女を掻い潜り、防空棲姫を撃破する事により、海域突破報酬である駆逐艦娘「照月」が入手出来る。

2015年秋イベントにて

2015年秋イベント「突入!海上輸送作戦」において、戦艦棲姫は第4海域「西方戦線!機動部隊派遣」ボスマスが唯一の登場機会である。2014年春からの連続登場記録は途切れていないものの、登場以来最終海域で登場しないのは初めてのことである。本マップで戦艦棲姫は空母ヲ級改flagshipとのいずれか、もしくは2人(ゲージ破壊可能時のみ)でボスである潜水棲姫に随伴している。ここで「護衛している」と書かなかったのは、今まで戦艦棲姫の恐ろしさを提督に知らしめていた「かばう」を発動しないからである。さすがの戦艦棲姫と言えど、対潜攻撃までは肩代わりできず、ボスへの攻撃をただ横目に見る他ない。もちろん、中大破状態でもその攻撃力は脅威であるため、恐ろしいには恐ろしいが、単にボス撃沈とゲージ破壊を狙うだけならば、戦艦棲姫にいつもほどの脅威を感じないのである。

しかし、掘りとなると話は別かもしれない。当ボスマスはS勝利によりRomaやU-511、早霜など数々のレア艦のドロップが期待できるが、ボスへの出撃を繰り返す大半の提督の目的は新規実装にして当マスが唯一のドロップポイントである正規空母Glaf Zeppelin(グラーフ・ツェッペリン)であろう。彼女を求める提督の前に立ちはだかる戦艦棲姫……ではあるのだが、Glaf Zeppelinは全難度で戦艦棲姫を含む・含まないにかかわらずドロップする上、前イベント最終海域ではパージされていた天敵雷巡を最大3隻まで艦隊に編入できる。昼戦の雷撃戦までで戦艦棲姫を中破以上に追い込むことは難しくなく、夜戦に突入しても潜水艦が雷巡の攻撃順までに片付いていれば、戦艦棲姫を取り逃がすことは少ないだろう。しかしたった一人になってもしぶとく残り、対潜装備でうまく当てれないうちに中大破状態で道連れといわんばかりにこちらを中大破させてくる。最終的には沈められることが多いが圧倒的勝ち戦なのにこちらの損害を大幅に増やす姿は鬼神と呼ぶにふさわしい。ここでの旗艦は潜水棲姫だがボスで倒さなければならない脅威は間違いなく彼女だろう。

2016年冬イベントにて

2016年冬イベント「出撃!礼号作戦」は運営より事前に「比較的小規模」と告知され、その告知通り3海域だけとここ最近のイベント海域の中では少数な海域であったものの、一方で「甲作戦は高難易度」と念を押すような告知も運営からあった。その告知通り(かどうかは定かでないが)奴はやっぱりやってきた。
しかもこれまたありがたくないことに15年夏以来の大量発生である。

出現地点は第3海域「北海道北東沖」のみ、ボス艦隊を含めた三箇所。この海域では連合艦隊の編成によってスタート地点及びボスマスまでのルートが仕様になっており、戦艦棲姫と道中で出会うマスは水上打撃部隊の通るルートに限られる。
道中での1箇所目は最初の能動分岐で東側へ進み巡洋艦戦隊、ソ級flagship率いる潜水艦隊のマスを超えた三マス目(Nマス)で遭遇する。全難易度で確定で1隻に加え甲作戦ではランダムで2隻に増える道中ダブルダイソンである。
能動分岐を下に行った直後のマス(Kマス)でも、丙作戦でランダムで1隻、乙及び甲作戦では確定1隻にランダムで2隻と出会い頭ダブルダイソンというスタート地点から一マス目に限るなら歴代最高クラスの鬼畜編成に出くわす。乙作戦ではそこに戦艦ル級flagshipまで添えられる。

これらのうちのどちらかをくぐり抜けた先のボスマスでは、戦艦棲姫とはラスボス重巡棲姫の随伴艦として再び遭遇する。丙作戦ではゲージ破壊可能時(通称ラストダンス)に1隻、乙作戦では最初から1隻→ラスダンで2隻と、15年冬&夏さながらのダブルダイソンになる。そして最高難易度の甲作戦では最初から2隻、加えて空母棲姫までつき、装甲150を超える姫クラスが随伴艦に3隻並ぶダブルダイソン+空母棲姫の悪夢のトリオが結成される。しかもこの空母棲姫は新型機搭載バージョンという念の入れようである。あと、ラスダンの時に重巡棲姫と被弾タイミングが重なるとうるさい。

とはいえ、道中の戦艦棲姫の脅威度は低めである。連合艦隊のシステム上、砲撃戦の命中率は低めであり、ダメージを受けることは少ない(※個人の感想です)。また、要求される制空値も控えめ(ボスマスだけなら熟練度MAX烈風4スロット搭載で制空優勢可能)で、攻撃機も多めに積める。なにより、特にKマスでは燃料・弾薬共に満タン状態で戦うため、攻撃&回避ペナルティが存在しない。このことから、道中支援がなくてもダブルダイソンにノーダメージ完全勝利も十分見込める。むしろ、戦艦棲姫よりも軽巡ツ級に攻撃機の熟練度を落とされる方がよっぽど脅威である。低速戦艦を含む艦隊でNマス経由ルートを選んだ場合、道中2戦+対潜戦+空襲戦により燃料減少=回避能力低下のデメリットがあるため、道中2戦+空襲戦だけでボスへ到達できるKマスルートを選択する方が賢明であろう。

見事戦艦棲姫の妨害を退けてボスである重巡棲姫を撃破し、ゲージを破壊することで、この海域の突破報酬であり親善艦として赴いたザラ級重巡洋艦Zaraが着任してくれる。

2016年春イベントにて

総力戦という事で満遍なく、なのだろうか?最序盤から登場する。そしてあんた、空母棲姫と仲良過ぎだろう・・・。

【前段作戦】 北太平洋前線海域(E1)前線制海権を確保せよ!

甲作戦限定だが、ボス前マスに2分の1で出現する。ではもう半分は誰の出番かと言うと、空母棲姫である。
どちらがましかと言われると、随伴のツ級で艦載機熟練度がボロボロにされない、彼女の編成のが癒しと言われている。とは言え、あの火力は健在な為、十分に事故ポイントである。

【前段作戦】北太平洋前線海域(E4)発進!基地航空隊

主に水上打撃部隊が通るルートのボス前に鎮座している。ちなみに反対側の主に空母機動部隊が通るルートのボス前は空母棲姫セット販売か?
E4は空母機動部隊のルートを通るのが楽と言われており、彼女と対面した事のない提督もいるだろう。

【拡張作戦】南方ラバウル基地戦域E5)ラバウル航空撃滅戦

水雷戦隊軸で攻略する提督がほとんどのE5だが、ここに戦艦・空母の重い編成で出撃する事によって、空母棲姫旗艦、戦艦棲姫随伴のKマスでご対面する羽目になる。
こんなマスに好き好んで向かう人もほぼいないと思われるし、水雷戦隊攻略を示唆する為の無茶編成とも言えるかもしれない。

【後段作戦】友軍泊地奪取作戦(E6) 北太平洋深海中枢泊地沖

乙難易度のゲージ破壊時と、甲難易度において、ボス艦隊に紛れ込んでいるのだが、彼女以外は、旗艦中枢棲姫含む全てが陸上型の敵である。
ギミックの都合、空母の装備が艦爆になっている(陸上型に開幕航空戦しか出来ない)のも相まって、雷撃と空母の攻撃が文字通り彼女に吸われるという、ダイソンという看板をこれでもかと発揮するマスであったりする。

【後段作戦】北太平洋戦域(E7)波濤を越えて

出現個所は2か所。水上打撃部隊で進軍する途中のEマスと、例によってボスマスである。
Eマスにおいては、旗艦となる他のパターンが、戦艦タ級flagship・
戦艦ル級flagshipがあるが、言うまでもなくハズレパターンである。とは言え、戦艦にまともに当てられたら余り大差ない(E7のルート固定で重宝されている二式大艇搭載の秋津洲にとっては特に)のも事実。

ボスマスにおいては、全難易度にて空母棲姫との交代制で出現。ゲージ破壊時には、

甲作戦:中枢棲姫-壊、空母棲姫戦艦棲姫×2、駆逐古姫×2
乙作戦:中枢棲姫-壊、空母棲姫戦艦棲姫、駆逐古姫、駆逐ハ級後期型×2
丙作戦:中枢棲姫-壊、空母棲姫戦艦棲姫、駆逐古姫、駆逐ロ級×2

甲作戦では見事に姫クラス揃い踏み、丙作戦ですら過去最高のこの有様な、総力戦の名に恥じない面子の中に堂々と存在している。

2016年夏イベントにて

2016年夏イベント、「迎撃!第二次マレー沖海戦」においては、他の深海棲艦ボス同様夏モードの戦艦夏姫として登場した。水着で艦装にもたれ掛かり、艶めかしいおヒップのラインを魅せつけてくる。それに目を奪われた提督達からはケツダイソンなる異名を賜ってしまっているが、強さは普段と同等か、それ以上で襲ってくる。

【前段作戦】南西海域 エンドウ沖 (E2)第二次エンドウ沖海戦

輸送作戦のボスとして登場。つまり彼女を倒す必要はない。ここでのボス演出において、上記の異名を奉る事となる。
甲作戦でも随伴は駆逐艦のみで、ゲージ削り判定のA勝利は極めて容易。また、輸送作戦ではあるが、空母等の重い艦も出撃出来るので、輸送効率や札の計算、ルート制御を見誤らなければ、出撃させるのも一手である。
また、ここのS勝利のドロップが豊富であり、主だった艦でも、時津風・磯風・大淀・鹿島、そして最大の目玉は、今まで所持が1隻限定だったプリンツ・オイゲンに、2隻目以降のドロップがこのマスで確認されている事。
その為、未所持提督は勿論、所持している提督も攻め続ける提督は少なくない。

本海域の輸送作戦を完遂する事により、海域突破報酬である駆逐艦娘「水無月」が入手出来る。

【前段作戦】南西海域 マレー沖 (E3)第二次マレー沖海戦

ボス前の門番を務めているが、全難易度においてダブルダイソンで待ち構えている始末である。難易度での違いは、副砲と電探の装備の有無であり、難易度の差によって、ささやかではあるが当たりにくくなる程度だろうか。
なお、E3に施されているギミックを解く事により、彼女らとボス艦隊の航空基地支援のダメージが上がるのだが、門番としての火力には陰りは出ないので、気休め程度であろうか。

【拡張作戦】南西海域 マラッカ海峡沖 (E4)マラッカ海峡沖夜戦

出現個所は2か所。道中のKマスと、ボスマスである。

道中Kマスは夜戦マスであり、甲難易度ではまたもダブルでお出迎えである。乙・丙難易度では1隻だが、丙難易度では前作戦同様、装備が外されている影響で夜戦連撃してくるので、逆に抜けにくいという話もちらほら。

ボスマスにおいては、重巡夏姫の随伴として登場。甲難易度及び乙難易度のゲージ破壊時においては、最早恒例となった随伴ダブルダイソンである。
ビスマルクが名指しでルート逸れ要員になっていたり、ルートの関係で機動部隊が選択されやすいとは言え、札の影響を受けない総力戦の最終海域である上、陸上艦が含まれないので重巡でも雷巡でも遠慮なくカットイン戦法を取る事ができ、陣容そのものはさほど脅威には感じられない。
しかしこの海域の難点は道中が長い事で、機動部隊で最短ルートを通り、電探を3つ以上積んで渦潮の影響を最低限に抑えたとしても、ボスマスに到達する時点で燃料は最大でも4%しか残らない。つまり、速吸または応急修理女神による補給を利用しない限り、敵の攻撃を回避することがほぼできない状態でボス艦隊の前に立たないと行けないので、ギミックを解いた上でこれをどう凌ぐかがカギとなって来る。

ちなみにこの海域、最終形態になる判定が微妙におかしいようで、どの難易度でもボスの重巡棲姫のHP×7のゲージ量になっているのだが、最終形態に突入するゲージ残量は重巡棲姫1体分よりも少なくなっている。つまり、重巡棲姫を6回ストレートで撃沈すると、ゲージが破壊可能な状態になるのに最終形態でない、と言う状況が起こる。
甲だと削り段階から確定で随伴ダブルダイソンなのであまり変わらないのだが、乙のみ削り段階ではダブルが出てこず最終形態でダブルになるため、ダブルダイソンの相手を回避するため、「一度でも重巡棲姫撃沈に失敗して半端なダメージでA勝利になってしまったら、リセットして最初からやり直した方がいいかもしれない」という説も出たほどである。

2016年秋イベントにて

E-3にてラストダンス時のみKマスに登場。しかし、Kマスには水上打撃部隊編成でしか行かず、ラストダンス時には空母機動部隊編成が推奨されているため、狙ってやらなければ出会う事はないだろう。

E-5では本領発揮。ボスマスではまたしても空母棲姫とのコンビでボスの深海海月姫を守るダイソンとして艦娘たちの前に立ちはだかる。実は道中のPマスでも登場しているのだが、このマスは空襲戦マスとなっているため、艦載機を持たない戦艦棲姫の出番は実質存在しない。

三越コラボにて

2016年11月23日から開催された艦これと三越のコラボイベントでは、柱広告に戦艦棲姫が登場した。秋イベントで出番少ないと思ったら、三越で買い物していたとは・・・。

集積地棲姫と二人で買い物をしているようで、オシャレな私服姿を披露した。戦艦棲姫の足元にはすでに三越の紙袋が二つも置かれている。

今後の戦艦棲姫

以上述べてきた様に、戦艦棲姫は13年秋イベで初登場してから、コラボイベントであった13年冬イベを除く主要イベント全てに降臨してきた。連続登場は17年冬イベで途切れてしまったが、今後もイベント最終海域(もしくはそれに準ずる海域)で猛威を振るってゆくのだろう。通常海域には来ないでくだち……
 それとは別に、14年夏イベにて初登場の空母棲姫が以降のイベントに連続降臨しており、ダイソン2号の座を狙っているように見えたが、最終的に15年夏イベまでの5連続登場(16春時点で降臨回数7/8)、そして15年夏E-3において随伴ダブル空母棲鬼、16年春にダブル空母棲姫、17年冬に丙作戦でもダブル空母棲姫をやらかしたので、2号確定である。

今後、戦艦水鬼+戦艦棲姫空母棲姫などという夢の編成に会えるのも、遠い話ではないのかも・・・などと思っていたら、

と、いつの間にかその悪夢一歩手前まで実現していた。そして・・・

  • 艦これ改深海中枢海域3面 :中枢棲姫(HP800)、飛行場姫(艦載機準赤)、戦艦棲姫×2、駆逐ロ級後期型elite×2
  • 艦これ改深海中枢海域4面 :戦艦水鬼(HP415)、空母水鬼(艦載機白)、戦艦棲姫×2、駆逐ニ級後期型elite×2

艦これ改において恐れていた戦艦水鬼+戦艦棲姫空母棲姫という編成がとうとう実現してしまった。さらに恐ろしいことにこの編成に通常艦隊(6隻)で挑まなければならないのである。一度B勝利すればクリアなのがせめてもの救いか。

そして16春イベの最終編成は前述の通り。中枢棲姫の随伴で空母棲姫戦艦棲姫開幕雷撃持ちの駆逐古姫という構成。丙作戦ですら姫4隻、甲作戦では最終鬼畜全部姫。基地航空隊のバグが解消してシステム・ギミックの全容が明らかになるまでは、歴戦のRTA勢すら沈黙した。

これ以上の、彼女混じりのご無体な編成に巡り合うのも、時間の問題なのだろうか、それともこれで頭打ちなのか・・・?
戦々恐々としながらも、また次イベで彼女とどんな邂逅を果たすのか、提督諸氏は心構えるのだろう。

関連動画

関連静画


戦艦夏姫

関連コミュニティ

関連項目

脚注

  1. *なお、E-2を甲作戦でクリアすると装備「試製51cm連装砲」を獲得できる。これで五分五分……なのか?
  2. *乙作戦ではダイソン×2が戦艦ル級flagshipに、丙作戦では前述のとおり戦艦水鬼が丙タイプになるのに加え、重巡ネ級が無印となる。とはいえ、一筋縄ではいかないことに代わりはない。
  3. *ここに限らず、本イベントは露骨に雷巡を弾く羅針盤制御が満載である。
  4. *前述のとおり、戦艦棲姫を含まない編成からでも入手可能である。

【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E6%88%A6%E8%89%A6%E6%A3%B2%E5%A7%AB
ページ番号: 5173351 リビジョン番号: 2463529
読み:センカンセイキ
初版作成日: 13/11/21 16:19 ◆ 最終更新日: 17/02/27 00:44
編集内容についての説明/コメント: 17年冬はお休みしたことを加筆。
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

戦艦棲姫について語るスレ

677 : ななしのよっしん :2017/02/13(月) 19:57:58 ID: AVkeQSo5RK
戦艦棲姫が泊地棲姫と北方棲姫とともに三越から帰ってこない……
678 : ななしのよっしん :2017/02/13(月) 20:16:11 ID: 88EFGPHkwu
三越コラボって泊地じゃなくて集積地じゃなかったっけ?
679 : ななしのよっしん :2017/02/14(火) 05:16:18 ID: uPDA15KEMY
こうなってしまうと逆に不測の事態さんに期待してしまうな
680 : ななしのよっしん :2017/02/15(水) 10:41:40 ID: 0rzoLAxi1l
前回、今回と本土周りでドンパチやってて本土近海邀撃戦とか言ってる場合じゃないんですが…
681 : ななしのよっしん :2017/02/15(水) 14:07:50 ID: 3uvV2r29vz
登場しないだけで話題になる女
682 : ななしのよっしん :2017/02/17(金) 01:52:03 ID: FGfC5sG7iQ
今回休みなのか?今E3やってるけど出てないぞ。
683 : ななしのよっしん :2017/02/17(金) 13:57:39 ID: AQHz1/ZZoq
某MMDの方で応援してくれてるじゃないですか
684 : ななしのよっしん :2017/02/19(日) 16:41:24 ID: iTGuk90hpU
正直イベントには皆勤でいてほしかった
なんか物足りない気持ちになる
685 :   :2017/02/20(月) 06:08:48 ID: sjoSwAAEPr
この手の極端に大きい耐久持ちは、実際の船体とするとどれくらいの排水量になってしまうんだろう、と思ってしまう。
もはや戦艦とは呼べない何か。
ヴォルケンクラッツァーとかそういう
あと、ソ級flagshipあたりの耐久も潜水艦とは思えない大きさだし。
こいつ、リムファクシか何かか、と思ってしまう
686 : ななしのよっしん :2017/02/22(水) 00:38:44 ID: WdGog/np06
空母おばさんいらないからダイソンかわりにきて
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015