単語記事: 戦術機の一覧

編集

戦術機の一覧とは、ゲームマブラヴ」と、そのシェアワールドに登場する兵器である『戦術歩行戦闘機Tactical Surface Fighter)』の一覧である。

戦術機の一覧

日本帝国
アメリカ合衆国
ソビエト連邦
EU
フランス

スウェーデン
ドイツ
中国
イスラエル

日本帝国の機体

トップに戻る

アメリカ合衆国の機体

トップに戻る

ソビエト社会主義共和国連邦の機体

トップに戻る

EU(欧州連合)の機体

トップに戻る

フランスの機体

トップに戻る

スウェーデン王国の機体

トップに戻る

東西ドイツ

トップに戻る

統一中華戦線

トップに戻る

イスラエル

トップに戻る

戦術機の兵装

ラインメイタル Mk-57中隊支援砲

57弾を毎分120発で発射する中隊支援ヨーロッパ大陸脱出時に機甲戦を失った欧州連合大陸奪還のために製造しており、(オルタ後ではあるが)日本でも採用され、2003年ハイ攻略作戦涼宮率いる「スクルド中隊」が使用している。なおバリエーション120㎜や220㎜を発射するモデルが存在する。

第三世代戦術歩行戦闘機 F-22A ラプター

機体概要

アメリカ合衆国が配備した最新鋭の第三世代戦術機

時は1980年代根本的に第一世代から設計思想を変え驚異的な性を見せた第二世戦術機によって、明るい未来が見え始めた。これに伴い、正規戦テロ戦双方での戦術機による対人戦化を見据えて計画された、初めて「対戦術機戦闘」を視野に入れた戦術機期に戦術航空機開発配備のも挙がったが、BETAの影下にある戦場における航空機光線級がいただけで化されるという事情もあって却下された模様。
実際に対BETA最前線であった1983年東ドイツにおける内戦でも戦術機が活躍したという事実があり、地上兵器としては高い機動と十分な攻撃を持った戦術機は、時にBETAの脅威すら逆手にとって行われた当時の戦場においては十分に有効な兵器だったようである。

性能

第三世代戦術機を標榜し、BETA根絶後の支配を考慮に入れたアメリカが技術のをつぎ込んだだけあって、様々な面において既存の機体を駕するを誇る高性機体。
の跳躍ユニットを備えることで、他を引き離す桁違いの推を実現。またアメリカ戦術機の運用に沿った高い射撃を持つが、膝装甲部に装備した折り畳み式の近接戦用短によって近接戦も可であり、これに関しても既存の機体を駕している。

そしてこの機体の設計思想、そして既存機体に対する優位性を示す最大の特徴として、本来BETAとの戦闘において意味であるにも関わらず実装された『ステルス』機が挙げられる。
低被発見性のために熱・騒音・振動・電波反射を抑える各種『パッシブ・ステルス』機と、更にマスクされた同期信号でデータリンクそのものを支配して書き換えてしまう『アクティブステルス』機の両方を搭載。強化装備(パイロットスーツ)の感覚欺瞞機すら逆手に取り、ゲーム版TEではIR走査すらくぐり抜けている。戦術機がコクピット周りを米国特許に頼っている限り絶対に逃れられず、広域、近接のどちらのデータリンクであってもデータリンクを使う限りいつの間にか騙されてるという、対戦術機に特化したような機をしている。(対策自体は可で、実際に「クロニクルズ03」では大量のセンサーを敷設することでF-22を捕捉可にする戦術がとられていた)
ちなみにトータル・イクリプスにおいてインフィニティ―ズが搭乗しているのは先行配備。本来電子戦専用機が搭載するような統合電子戦システムを装備し、電子戦においても高いを持っている。 

以上のように最新技術をこれでもかというほど詰め込んだ最高峰の性を持つが、そのかわり価格も最高峰。
「足の裏に使用される特注の脂1セットの値段だけで第一世代戦術機が丸ごと一機買える」 という逸話がある程の新素材や新技術を全身に満載し、更に上記のステルス性を確保するために電子装備含めかなりのリソースを割いている以上当然のことではあるのだが、やはり元ネタである航空機F-22と同じく、その高価さが大きなネックとなっているらしい。

戦域支配戦術機

ステルスに関しては対BETA戦においては駄の極みとすら言えるが、それを除いたとしても戦術機としては最高性である事は間違いなく、機体が持つポテンシャルを疑う余地はない。
低燃費高速性に代表される高機動と高い撃戦YF-23には劣るが第二世代機を寄せ付けない近接格闘戦。そして対戦術機戦闘に特化したステルスによる高い隠密性。特に対戦術機戦闘においては無敵とも言える戦闘力を持ち、「戦域支配戦術機」の異名を持っている。同じアメリカ製のF-16との戦闘演習におけるキルレートは144:1。

しかし同時に先述の配備コストの高さが問題であり、その点は日本帝国の次期戦術機補として上がる際にも懸念されている。
アメリカが戦後の覇権を握るための機体であると同時に経済に余裕の有るアメリカくらいしか運用できない、もっと言うならば現時点で様々な面において他を大きくリードする作中のアメリカ合衆国徴する機体という見方も出来る。

戦術歩行攻撃機A-10サンダーボルトⅡ

機体概要

A-10 サンダーボルトは、フェイアチルド・リムパリック社()が開発した戦術歩行攻撃機である。 A-6 インルーダーに続く史上2番の"攻撃機"として制式採用されたが、構造や仕様、運用法による厳密な分類では戦術歩行戦闘機に属する。沿地域において、A-6の持つ弾薬搭載量と間投射阻止として存分に発揮した。しかし、頭堡確保を的とした極地用の機体であるため、阻止を持ちつつ地上展開を行える機体が期にめられ『A-X計画』が始動。企業A-6に跳躍ユニットシステム搭載による立体起動の付与や、運動追求したが破綻。

そんな中、フェイアチルド・リムパリック社が再提案したのはA-6自体の修ではなく、そのフレームと基本構造をそのままに、関節構造と電磁伸縮炭素帯(カーボニックアクチュエーター)の配置と制御系を新規設計するものだった。これはA-6の生産ラインがそのまま共有できて開発・配備までの期間を圧縮できるというメリットもあった。
陸軍はこの「較的まともな」フェイアチルド案に予算を与え、試作機の完成を急がせることになる。

設計思想

兵装はジネラエレクトロニクス社製36㎜ガトリングモーターキャノンアヴェンジャー」。両肩の弾倉から直接給弾でき、強かつ大量の弾をストックできる。元ネタについては「GAU-8 アヴェンジャー」の記事を参照。
頭部周辺に任務に応じて装備される弾倉と増槽を兼ねた装甲コンテナが配置され、緊急時には強制排除が可
機体に取りついてくる戦車級には各所に備えられた爆圧スパイク「CIDS-Mk1 ジャベリン」によって対応する。

これらの全身火器とでも言うべき重装備により絶大な正面火力と防御を持つが、その代償として運動性と格闘戦全に犠牲になっている。何しろ戦術機の代名詞とも言うべき武装であるを一切装備できず、機体重量ゆえのの低さゆえに回避機動も満足に取れない。この二つの欠点は全に当時の戦術機開発の流れ(高重心化、軽量化)に逆行するものである。特に突撃級と光線級の処理は致命的なまでに苦手としており、これらの点からこの機体を“鈍いイノシシ”と揶揄するもある(どころか、この点については当の乗り手にすらくそったれな機体というあんまりな評価を頂くことも。)

が、そもそもこの機体は元々戦術機ではなく攻撃機の発展系として計画されたものであるため
他の戦術機と明確に異なる
諸兵科連合との連携運用を前提にすることで上記の欠点に見切りをつけ、要撃級と戦車級の掃討制圧、そして中距離支援に特化した機体として用いられることとなった。
(なおこの“他兵器との連携を前提にして欠点を割り切ってでも特化させた機体性”は、元ネタとなった現実爆撃機A-10に通じるモノでもある)

大砲鳥、カノーネンフォーゲル

戦場では両手の突撃と両肩のアヴェンジャー弾幕り、戦車級にまとわりつかれてもジャベリンで粉砕。
その装甲は多少られようと、殴打されようと、時には友軍の流れ弾に当たろうともその場で耐え続ける。
運動性の向上と電子化の方向に偏重していった第二世代以降の機体の衛士からは当機体を軽視するも少なくなかったが、F-4の一個小隊を単騎で上回るとされる圧倒的な制圧火力と、堅固な装甲と防御装備による飛び抜けた生存を誇るA-10は、基本的に機動重視の強襲兵器として進化していった他の戦術機とは明確に一線を画する存在であり
火力重装甲という戦術機としては古い設計思想を突き詰めた存在でありながら、防衛と後退を続ける欧州の地において絶大な信頼を獲得し、戦線を支え続けた。
当時の部隊「ピットマスターズ」には、損5割えながらも避難民を守り続けたという記録も残っている。
東ドイツの避難民は、戦場を駆け抜けるのではなく、ただひたすらにその場に留まって敵を迎え撃ち続ける巨体の背中して「大砲カノーネンフォーゲル)」と呼んだ。
米軍の調達が終わった2000年以後も各種修が施され、生産が続けられている。欧州では戦術機のみによる部隊構想“オールTSFドクトリン”における支援撃役として期待されている模様。

関連動画

戦術機について【米国編】                     戦術機について【日本帝国編】

戦術機について【ソ連欧州中華編】

関連商品

プラモデル

D-スタイル

リボルテック

アクションフィギュア

設定資料集

関連コミュニティ

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E6%88%A6%E8%A1%93%E6%A9%9F%E3%81%AE%E4%B8%80%E8%A6%A7
ページ番号: 5172817 リビジョン番号: 2009008
読み:センジュツキノイチラン
初版作成日: 13/11/19 20:42 ◆ 最終更新日: 14/04/19 21:26
編集内容についての説明/コメント: 逆方向に偏っては本末転倒、というわけで新記述を取り入れバランスを取りつつある程度差し戻し、一部表記を変更
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

戦術機の一覧について語るスレ

24 : ななしのよっしん :2016/01/30(土) 11:04:47 ID: H1Izs+ZE60
戦術機の跳躍ユニットを応用したS-11弾頭の巡航ミサイルを撃ち込もう(提案)。
マジハイヴ周辺抑えたら、後は突入せずともり放題よ。現実の技術だけでも。
ましてや、マブラヴ世界の技術も合わせたら幾らでも料理のしようがあるんですな。

あと120mmを撤して36mmで小種・中種だけの掃除に徹するのも良いかもね。
戦術機の一番の敵が戦車級なら尚更。大種は地雷支援撃で吹っ飛ばそう。
…と言うか、ポン担いだりするから戦車級に集られる事例が後を絶たないのでは。
25 : ななしのよっしん :2016/01/30(土) 23:13:03 ID: eT1YcZss8X
まーたリアルリアリティの違いがわからないが沸いたのか・・・
揚げ足取りは楽しいですか?
26 : ななしのよっしん :2016/02/02(火) 02:53:05 ID: rQK+12dspl
リアルに寄せて作ってるのに、高さが20m級、武装が35mm機関銃120mmクラス実在戦車リアリティとか言われてもねぇ。というか、そんなでかいとレーザー級から射線通り放題で設定矛盾起こしてるし・・・。
スーパー系だったり、敵が未知の防御系を導入してたりするなら何も言わんが、ただの機関で撃破できる敵にわけのわからん通常兵器より劣る火力珍兵器を投入した所で「ひょっとしてそれはギャグで言ってるのか」としかならんだけでな。

>>24
戦術機を使うにしても、キャノンでも持たせるべきだよなぁ・・・。
ハイヴは入り口周辺を抑えたらベースを設営して徐々に勢範囲を拡大していけばいいだけし・・・。
27 : ななしのよっしん :2016/02/10(水) 00:08:57 ID: eOMv5WVmAS
戦術機の大きさは「宇宙世紀MS逆シャアユニコーン辺りまで)」と同じくらいなんだよ。
初代ガンダムが18m、νガンダム22m。(頭頂高)
28 : ななしのよっしん :2016/02/13(土) 13:55:30 ID: H1Izs+ZE60
戦術機に限ったことじゃないんだが、もうリアルリアリティ々以前に、
メタ的な事情を優先しすぎていて、設定に破綻を来しているんだよね。
きちんと設定同士を摺り合わせず、適当に突っ込んだだけの闇鍋状態。
ソ連アラスカ!?)とか冷戦(笑)とかはその不条理の最たる例だと思う。

ぶっちゃけた事を言ってしまうと、揚げ足を取る前から既に自爆している。
29 : ななしのよっしん :2016/02/20(土) 20:45:53 ID: f2rTzO3BlA
そこらへんに転がっているようなもので戦ったりした戦術機っているのだろうか?
手ごろな大きさの岩や敵の残骸を投げて攻撃したりで殴り掛かったり…戦術機の運用としては適切じゃないし相手に有効打になるかわからないけれど、ロボットとしての戦い方では理に適っているような気がするんすよね(最終兵器・そこら辺にあるもの参考=ジェフティ・ハングドマン・ダイガードetc・・・)
30 : ななしのよっしん :2016/12/23(金) 01:06:00 ID: LlQyRK3Erv
現代技術でハイヴを攻略するのはかなり難しいと思われ。

まずハイヴの中枢である反応炉は「戦術核並みの破壊を持ち」「爆発向性をもたせた」爆弾を「構造上効率の良い箇所に」「2-3発設置し爆破する」ことによってようやく破壊できるほどの強度を持っている。
まりある程度以上成長したハイヴに対しては地表で核弾頭を起爆させたくらいでは反応炉を破壊することはほぼ不可能
ハイヴ内で起爆させるにしても、ハイヴの構造上ある程度以上離れると衝撃波の威はかなり減衰される。
メインシャフト内で爆発させれば話は別だがその場合線属種による集中攻撃を受ける。

またハイヴ構造そのものの破壊も非現実的である。
人間が構築する塹壕でも本格的なものならば、日数単位の準備撃を加えても内部の兵員の大半が戦闘可な状態を保つことはしくない。
ましてやハイヴは人類が構築する塹壕よりずっと深い深度に作られている。
また、かの有名なバンカーバスターでも地表から数十m程度の深度までしか貫通できないということも考慮すべきである。
そもそもBETAの掘削を考えると、多少ハイヴ構造を破壊したところで短期間で復旧されてしまう可性が高い。
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
31 : ななしのよっしん :2017/01/30(月) 00:12:10 ID: IjuSwZszws
そもそもハイブの地上構造物をバンカーバスターで破壊できるの?
いや大和撃に耐えるBETAがいるから、構造物もそれぐらいの硬さはあるような気がしますが…
そして現実だとシンゴジラみたいに、グダクダして即座に迎撃できずに、ハイブと大量のBETAが生まれて対処できない気がしますが…
シンゴジラみたいに無人機の乱れ撃ち攻撃で、光線級効化した後にサーモバリック爆弾やらで地上軍を焼き払って、気長にバンカーバスターハイブ構造物を破壊するにしても、時間かけすぎると光線級という厨二病が出てきてされるんですよね。
32 : ななしのよっしん :2017/01/30(月) 00:20:35 ID: IjuSwZszws
あと戦車よりも戦術機の方に乗りたいです。
だって戦車だと速度70Km/h前後で、戦術機だと300400Km/h前後です。
なので戦車だと6080Km/hの突撃級からは逃げ切れないし、戦車級とか足が遅そうな要撃級・光線級でさえ5060Km/hなんだよね。
乱戦になりそうだから距離を取ろうとしても追いつかれそうでいやだ。
さらに弾が少ないといわれますが、
90式戦車120mmが4050弾前後
不知火が予備弾倉が36mmが2000発×6と、120mmが6発×4でを2丁として36mmが16000発で120mmが36発だから、120mmの威差は置いといて弾数が対して変わらないどころか、36mmのアホみたいな数で継戦はかなり高いんじゃないんですかね?(個人的にはブンドドなんてしたくないから、背中も合わせて4丁がいいけど)
あと撤退時とかに、戦術機上にいる母艦から直接着艦できるけど、戦車だと合の揚陸艦だから時間かかりそうで嫌だなぁ。
ついでに装甲といわれるけど、戦術機は即死してなきゃパワー
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
33 : ななしのよっしん :2017/01/30(月) 00:34:48 ID: cI9brd6AIa
そこらへんは戦術機スレ過去ログでも見ればいいんじゃないかな
あそこはそれ戦術機関係なくね?って話題も含めて嫌になるほど議論をこねくり回しているし
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015