単語記事: 戦車

編集  

戦車(せんしゃ)とは、戦闘用・戦争用ののことである。に以下の単の和訳として使われる。

  1. 英単Tank」ドイツ語Panzer」などにあたる和訳。軍用車輌のうちのAFV装甲戦闘車両)の一種。現代陸軍の戦車。特に現代では通常MTB MBT(Main Battle Tank)、戦車を意味する。
  2. 英単chariot」の和訳。戦闘。「チャリオット」の項を参照の事。

ここではAFVArmored Fighting Vehicle、装甲戦闘車両)としての戦車に付いて説明する。

戦車かな? 戦車に良く似てるけど…もしかして戦車じゃないのかな? と迷ったら→装甲戦闘車両(AFV)

創作作品に登場する架兵器装甲戦闘車両(AFV)は→架空の装甲戦闘車両

概要

陸自90式戦車

戦車とは分厚くて立な「装甲」・右に左にぐるぐる回る旋回に載っかる太く長い大砲の「」・建設機械(建機)みたいな「キャタピラー」(履帯クローラー)の三種の神器がバッチリって見たが一番手な軍用車両のことである。

ようは右側の画像のような戦車と呼ばれやすい。
パンくずリスト表示だと「軍用車輌>AFV>戦車」と言う位置関係にある。

建設機械(建機)と回転が付いたパトカー消防車救急車同様に小さなお友達大きなお友達大人気な車両である。

なお、見たのでっかい図体に反して、弾は沢山積んでいても、乗員以外の人や荷物を載せる余裕はない(イスラエル軍のメルカバを除く)。ヒッチハイクや引越のお手伝いはお願いしても理。

昔は「軽戦車」・「歩兵戦車」・「豆戦車豆タンクタンケッテ)」・「戦車」・「駆逐戦車」等「戦車」以外に「戦車」「タンク(Tank)」の文字が付く軍用車両が存在していた。現在の多くのの軍隊では「戦車」と言えば、「戦車」ほぼ一択である。

に旋回[1]を搭載し、自分自身の弾による零距離射撃[2]にも耐えられる[3]丈夫な装甲に覆われたクローラー装軌式)車輌[4]の一種と定義される事が多い。戦闘機が敵の戦闘機を圧倒することをめられる様に、戦車は(究極的には)敵戦車を含めた敵地上車両を直接火力戦闘で圧倒するための兵器である。

走(履帯の機動)攻(火力)守(装甲の防御)を高いレベルで兼ね備えた、直接戦闘では最強の地上兵器である。

戦車AFV相手の直接戦闘が第一の本業だが、ドーザーを付けての土木作業、歩兵支援、要塞・トーチカ等の地上軍事施設制圧、対テロ・対ゲリラコマンド戦闘等多種多様の軍事用途に対応する。

地上戦闘に活躍する戦車だが、もちろん万というわけでもなく、対戦車兵器による待ち伏せ攻撃や、ヘリ航空機からの航空攻撃、砲兵による間接射撃などには脆弱である。

航空優勢(敵の航空機が活動できない状態)を確保しない状態で運用される戦車はきわめて脆弱であるため(ハンス・ウルリッヒ・ルーデルを参照)、味方の軍や対対空ミサイルによる援護下で行動するのが原則である。それと同時に戦車は味方歩兵を敵戦車やその他の脅威から護り、代わりに歩兵に敵歩兵の攻撃から護って貰いながら行動する。敵の砲兵は味方の砲兵航空支援により排除する(こうした、各兵科の利点を生かし、共同しながら戦うことを諸兵科連合コンバインド・アームズと呼ぶ。現代戦の重要なコンセプトの一つ)。

現代では対戦車ミサイル戦闘ヘリコプター航空機が運用する精密誘導兵器など、戦車よりも「強い」兵器が多数存在するように見えるが、今のところ戦車の存在価値は失われていない。ヘリコプター航空機は常に戦場にとどまって活動する訳には行かないし、燃料や整備のコストもかさむ(携行対空ミサイルの脅威も増大している)。歩兵兵器対戦車ミサイル弾は機動や防御に劣るため防御戦闘はともかく反攻作戦には使いづらい。

結局、依然として地上戦では歩兵で地域を制圧する必要が有るのは事実であり、歩兵を護り、敵の地を突破するには走攻守に優れた戦車が必要となる。冷戦崩壊とともに大規模な戦車同士の遭遇戦の機会は遠のいたが、近年の対テロ戦争戦闘のなかで戦車の価値は再発見されつつあり、一時期は戦車不要論に傾き装輪装甲車LAV-MGS)で代替しようとしていた某などもアフガンでの任務に戦車を急遽投入したりしている。

ま、あーだこーだ言っても、
戦車ってかっこいい
よな!な!

すごく大雑把な戦車の歴史

戦車の一覧

第一次世界大戦

 イギリス  ドイツ帝国  イタリア  フランス

第二次世界大戦

 ナチス・ドイツ  アメリカ  イギリス  フランス
 ソ連  大日本帝国  イタリア  ハンガリー
ポーランド ポーランド アルゼンチン アルゼンチン
  • TKS
  • 7TP                     

 

 

第二次世界大戦後

 ドイツ共和  アメリカ  イギリス  フランス
 ソ連 ロシア  日本国  スウェーデン  イスラエル
中華人民共和国国旗 中国 インド国旗 インド 大韓民国国旗 韓国 アルゼンチン国旗 アルゼンチン
トルコ国旗 トルコ

関連動画

左:日本中国の制式戦車較。中国戦車が揺れているのはスタビライザーを装備せず、走行間射撃を前提としてない旧世代戦車のため。日本90式戦車は走行間射撃が前提の第三世代戦車
右:英国営放送BBCの名物番組"TopGear"。庫破りに挑戦!

左:いまのカーグラTVじゃ考えられないぜ!
右:敵を知ることこそ最大の攻撃である・・・ダダ盛れ?

左:この戦車なら第三次世界大戦勝てるんじゃないか?w
右:戦車っていったらPanzarlied

左:盗んだ戦車で走りだす~♪
 右:ハマー戦車、どっちが凄い?

左:「戦車は遅い、重い、時代遅れ」だと思っている人へ
右:Ⅲ号戦車Jプラモデル

 戦前日本戦車の性・戦史・開発秘話・軍内の運用などを万遍られている。
ただの性説明のようなものではなく、各話がストーリー仕立てになっていて、
もはや、大河ドラマのような感覚を感じる。(注意*ゆっくりボイス

関連コミュニティ

関連商品


関連項目

関連人物

戦車が活躍した戦闘

戦車の異名・愛称

戦車を主題とした作品

その他

脚注

  1. *旋回を持たないスウェーデン陸軍MBTSタンク/Stridsvagn 103だけ例外。現在は退役し、レオパルド2MBTの座を譲っている。
  2. *距離が0からの至近距離からの射撃ではなく、単に射撃を意味する。戦車からの直接攻撃=射撃だからだ。放物線を描く曲射弾道に対する防護は戦車戦では優先度が低い。戦車戦車同士の直接照準射撃による戦いに勝つことを念頭において装甲を施しており、結果として上部装甲は優先度は低く(正面にべて相対的に薄く)なる事を意味する。戦車ヘリの攻撃や自走砲、対地ミサイル等遠距離・上からの攻撃を防御しきれないことはある意味で当然であり、戦車の設計運用においては折込み済みである。しかし、戦車戦車同士の直接火力には負けられない。敵の戦車との戦車戦に打ち勝つ事が、「戦車たるレゾンデートルraison d'e^tre)、存在理由、存在意義であるからだ。
  3. *飽くまで戦車を構成する設計理念戦車の中にはこの条件を満たしてないものもある。必須条件ではない。ミサイルの発展が装甲の発展を上回った時期には、装甲を捨てて機動によって生存性向上を図る思想も存在した。
  4. *タイヤは弾性体であるため、装輪(タイヤ)方式の車両では強発射の衝撃を吸収・制御し、行進間射撃や連続射撃を行うことが構造上困難である。また履帯クローラ)とべ、タイヤは小火器でさえ脅威になる程耐弾性が低く、路外の走破性でも劣る。

【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E6%88%A6%E8%BB%8A
ページ番号: 640037 リビジョン番号: 2418008
読み:センシャ
初版作成日: 08/10/13 22:53 ◆ 最終更新日: 16/10/17 23:44
編集内容についての説明/コメント: 「関連項目」に「戦車バイアスロン」を追加しました。
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


有刺鉄線

マーク 1

ばんじゃーい

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

戦車について語るスレ

1003 : ななしのよっしん :2017/09/25(月) 21:19:34 ID: kboltDJmlr
最近の戦車の装甲って複合装甲がーとかRHA換算でーって書いてあることが多いけど、
まず素の装甲厚自体が300mmとか400mmとかあるんか…
1004 : ななしのよっしん :2017/10/15(日) 11:02:50 ID: TevN8kn5JD
>>1002
バーって運用としては一応陸でも走れる船舶程度の物で、運用できる地形の幅はむしろキャタピラより狭いですね。
多脚も接地圧の制限がきつく、戦車で越えられないような障物をえられるような高さを持たせようとすると宇宙戦争トラポッドみたいなバランス兵器になりそうです。
1005 : ななしのよっしん :2017/10/28(土) 02:19:43 ID: Juf/57iOTz
ガンヘッドみたいの作ればいいんじゃね?
1006 : ななしのよっしん :2017/11/15(水) 19:13:39 ID: iIt4ePccDt
>>1005
???「死ぬ時は、スタンディングモードでお願いします。」
1007 : ななしのよっしん :2017/12/05(火) 15:56:50 ID: 9HZaiE50Bq
現代の技術の延長線上で考えると、たとえ技術的に可になったとしても多脚戦車は出てこないと思う。速度、接地圧、機械的信頼性、製造コスト、安定性など諸々どう考えてもキャタピラに勝てない。

接地圧の問題を考えるとほとんどの地形でキャタピラの方が走破性が高いだろうし、多脚戦車は軟弱地で足が嵌ったりを踏み抜いたり、あと道路などインフラを傷めるなどデメリットが多すぎる。

あと足が生えてれば当然投影面積がデカくなるから被弾しやすいし見つかりやすくなる。
自重を抑えるために装甲を削れば防御が下がるのはもちろん、反動吸収という点でも不利。
かといってデカくなった面積すべてを護ろうとすれば重量がますます増えて運用できる地形に制限がかかる。

さらに姿勢制御に使う電や足を動かす動などを考えるとキャタピラより燃費が悪そう。
メンテナンスコストも高いだろうし、多脚戦車メンテナスには高度な専門性をもった人材が必要だかろうから人件費も嵩むだろう。

多脚の戦闘ドローンみたいなのは現れるか
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
1008 : ななしのよっしん :2017/12/10(日) 22:58:27 ID: D9slH12Oa+
まぁ、地球上で足つきが履帯に勝つのは難しかろうな。

しかしながら地球外ならワンチャンあるんじゃなかろうか。
1009 : ななしのよっしん :2017/12/12(火) 11:33:37 ID: cZr+GD18SG
>>1008
つまりモビルスーツを活躍させる為に宇宙移民を始めればいいんだな!
1010 : ななしのよっしん :2017/12/15(金) 00:33:13 ID: TZ8koQWGOe
重量や反動吸収戦闘力に反映されない環境を想像るとよさそう…理だな
1011 : ななしのよっしん :2017/12/23(土) 10:02:11 ID: RQMEbsnemx
結局前面投射面積の関係で戦車みたいなべったい形に回帰する予感
1012 : ななしのよっしん :2017/12/30(土) 21:01:26 ID: D9slH12Oa+
>>1010
重力が小さくなれば重量の影は小さくなるが、反動吸収はそれほど影を受けない。反動は質量依存がでかいから。

>>1011
クモとか結構たいぞ。
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829