編集  

戦車単語

センシャ

戦車(せんしゃ)とは、戦闘用・戦争用ののことである。に以下の単の和訳として使われる。

  1. 英単Tank」ドイツ語Panzer」などにあたる和訳。軍用車輌のうちのAFV装甲戦闘車両)の一種。現代陸軍の戦車。特に現代では通常MTB MBT(Main Battle Tank)、戦車を意味する。
  2. 英単chariot」の和訳。戦闘。「チャリオット」の項を参照の事。

ここではAFVArmored Fighting Vehicle、装甲戦闘車両)としての戦車に付いて説明する。

戦車かな? 戦車に良く似てるけど…もしかして戦車じゃないのかな? と迷ったら→装甲戦闘車両(AFV)

創作作品に登場する架兵器装甲戦闘車両(AFV)は→架空の装甲戦闘車両

概要

陸自90式戦車

戦車とは分厚くて立な「装甲」・右に左にぐるぐる回る旋回に載っかる太く長い大砲の「」・建設機械(建機)みたいな「キャタピラー」(履帯クローラー)の三種の神器がバッチリって見たが一番手な軍用車両のことである。

ようは右側の画像のような戦車と呼ばれやすい。
パンくずリスト表示だと「軍用車輌>AFV>戦車」と言う位置関係にある。

建設機械(建機)と回転が付いたパトカー消防車救急車同様に小さなお友達大きなお友達大人気な車両である。

なお、見たのでっかい図体に反して、弾は沢山積んでいても、乗員以外の人や荷物を載せる余裕はない(イスラエル軍のメルカバを除く)。ヒッチハイクや引越のお手伝いはお願いしても理。

昔は「軽戦車」・「歩兵戦車」・「豆戦車豆タンクタンケッテ)」・「戦車」・「駆逐戦車」等「戦車」以外に「戦車」「タンク(Tank)」の文字が付く軍用車両が存在していた。現在の多くのの軍隊では「戦車」と言えば、「戦車」ほぼ一択である。

に旋回[1]を搭載し、自分自身の弾による零距離射撃[2]にも耐えられる[3]丈夫な装甲に覆われたクローラー装軌式)車輌[4]の一種と定義される事が多い。戦闘機が敵の戦闘機を圧倒することをめられる様に、戦車は(究極的には)敵戦車を含めた敵地上車両を直接火力戦闘で圧倒するための兵器である。

走(履帯の機動)攻(火力)守(装甲の防御)を高いレベルで兼ね備えた、直接戦闘では最強の地上兵器である。

戦車AFV相手の直接戦闘が第一の本業だが、ドーザーを付けての土木作業、歩兵支援、要塞・トーチカ等の地上軍事施設制圧、対テロ・対ゲリラコマンド戦闘等多種多様の軍事用途に対応する。

地上戦闘に活躍する戦車だが、もちろん万というわけでもなく、対戦車兵器による待ち伏せ攻撃や、ヘリ航空機からの航空攻撃、砲兵による間接射撃などには脆弱である。

航空優勢(敵の航空機が活動できない状態)を確保しない状態で運用される戦車はきわめて脆弱であるため(ハンス・ウルリッヒ・ルーデルを参照)、味方の軍や対対空ミサイルによる援護下で行動するのが原則である。それと同時に戦車は味方歩兵を敵戦車やその他の脅威から護り、代わりに歩兵に敵歩兵の攻撃から護って貰いながら行動する。敵の砲兵は味方の砲兵航空支援により排除する(こうした、各兵科の利点を生かし、共同しながら戦うことを諸兵科連合コンバインド・アームズと呼ぶ。現代戦の重要なコンセプトの一つ)。

現代では対戦車ミサイル戦闘ヘリコプター航空機が運用する精密誘導兵器など、戦車よりも「強い」兵器が多数存在するように見えるが、今のところ戦車の存在価値は失われていない。ヘリコプター航空機は常に戦場にとどまって活動する訳には行かないし、燃料や整備のコストもかさむ(携行対空ミサイルの脅威も増大している)。歩兵兵器対戦車ミサイル弾は機動や防御に劣るため防御戦闘はともかく反攻作戦には使いづらい。

結局、依然として地上戦では歩兵で地域を制圧する必要が有るのは事実であり、歩兵を護り、敵の地を突破するには走攻守に優れた戦車が必要となる。冷戦崩壊とともに大規模な戦車同士の遭遇戦の機会は遠のいたが、近年の対テロ戦争戦闘のなかで戦車の価値は再発見されつつあり、一時期は戦車不要論に傾き装輪装甲車LAV-MGS)で代替しようとしていた某などもアフガンでの任務に戦車を急遽投入したりしている。

ま、あーだこーだ言っても、
戦車ってかっこいい
よな!な!

すごく大雑把な戦車の歴史

戦車の一覧

第一次世界大戦

 イギリス  ドイツ帝国  イタリア  フランス

第二次世界大戦

 ナチス・ドイツ  アメリカ  イギリス  フランス
 ソ連  大日本帝国  イタリア  ハンガリー
ポーランド ポーランド アルゼンチン アルゼンチン
  • TKS
  • 7TP                     

 

 

第二次世界大戦後

 ドイツ共和  アメリカ  イギリス  フランス
 ソ連 ロシア  日本国  スウェーデン  イスラエル
中華人民共和国国旗 中国 インド国旗 インド 大韓民国国旗 韓国 アルゼンチン国旗 アルゼンチン
トルコ国旗 トルコ

関連動画

左:日本中国の制式戦車較。中国戦車が揺れているのはスタビライザーを装備せず、走行間射撃を前提としてない旧世代戦車のため。日本90式戦車は走行間射撃が前提の第三世代戦車
右:英国営放送BBCの名物番組"TopGear"。庫破りに挑戦!

左:いまのカーグラTVじゃ考えられないぜ!
右:敵を知ることこそ最大の攻撃である・・・ダダ盛れ?

左:この戦車なら第三次世界大戦勝てるんじゃないか?w
右:戦車っていったらPanzarlied

左:盗んだ戦車で走りだす~♪
 右:ハマー戦車、どっちが凄い?

左:「戦車は遅い、重い、時代遅れ」だと思っている人へ
右:Ⅲ号戦車Jプラモデル

 戦前日本戦車の性・戦史・開発秘話・軍内の運用などを万遍られている。
ただの性説明のようなものではなく、各話がストーリー仕立てになっていて、
もはや、大河ドラマのような感覚を感じる。(注意*ゆっくりボイス

関連コミュニティ

関連商品


関連項目

関連人物

戦車が活躍した戦闘

戦車の異名・愛称

戦車を主題とした作品

その他

脚注

  1. *旋回を持たないスウェーデン陸軍MBTSタンク/Stridsvagn 103だけ例外。現在は退役し、レオパルド2MBTの座を譲っている。
  2. *距離が0からの至近距離からの射撃ではなく、単に射撃を意味する。戦車からの直接攻撃=射撃だからだ。放物線を描く曲射弾道に対する防護は戦車戦では優先度が低い。戦車戦車同士の直接照準射撃による戦いに勝つことを念頭において装甲を施しており、結果として上部装甲は優先度は低く(正面にべて相対的に薄く)なる事を意味する。戦車ヘリの攻撃や自走砲、対地ミサイル等遠距離・上からの攻撃を防御しきれないことはある意味で当然であり、戦車の設計運用においては折込み済みである。しかし、戦車戦車同士の直接火力には負けられない。敵の戦車との戦車戦に打ち勝つ事が、「戦車たるレゾンデートルraison d'e^tre)、存在理由、存在意義であるからだ。
  3. *飽くまで戦車を構成する設計理念戦車の中にはこの条件を満たしてないものもある。必須条件ではない。ミサイルの発展が装甲の発展を上回った時期には、装甲を捨てて機動によって生存性向上を図る思想も存在した。
  4. *タイヤは弾性体であるため、装輪(タイヤ)方式の車両では強発射の衝撃を吸収・制御し、行進間射撃や連続射撃を行うことが構造上困難である。また履帯クローラ)とべ、タイヤは小火器でさえ脅威になる程耐弾性が低く、路外の走破性でも劣る。

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
http://dic.nicovideo.jp/t/a/%E6%88%A6%E8%BB%8A
ページ番号: 640037 リビジョン番号: 2612387
読み:センシャ
初版作成日: 08/10/13 22:53 ◆ 最終更新日: 18/08/01 17:16
編集内容についての説明/コメント: 電撃戦追加
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


有刺鉄線

マーク 1

ばんじゃーい

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

戦車について語るスレ

1146 : ななしのよっしん :2018/08/24(金) 11:45:32 ID: QWmn17ykyu
いちおう最後に言っておきますが、結局のところ>>1076には適切な論拠がなく、単に資料の都合のいい部分をつなぎ合わせただけの、かなり疑わしい解釈ではないかと強調しておきたい
>>1076をまるで事実のように確言したいなら、論文とそれに続く論争という手続きが必要であって、決してあなたが々がそう考えるようになるべく望んでいるほど「読めばわかる」「知ればわかる」「解決済みの」問題じゃない
この種の既存の論争を参照して、特定の立場を支持(また、その一環として戦車が対戦車部隊に損をもたらすへの肯定的な評価を批判)しているなら、価値のある話だが、別にそういうわけではない
論こちらは批判のために反実仮想を持ち出したわけで、反実仮想そのものには明らかに価値はない。しかし、こうしてやり取りを引き出してみると、あなたの「読めばわかる、学だから理解できんのだ」といったような不用意な態度もさることながら、少なくとも資料の引用の仕方には問題があるだろうと摘したい
1147 : ななしのよっしん :2018/08/25(土) 00:10:24 ID: D9slH12Oa+
だから射線と照準線は一致しないんだと何度言えば……身中央から延びる直線である射線と、照準器から延びる直線である照準線が、一体何をどうやったら一致することになるんだ?

そんな御大層な資料を持ち出すまでもなく、防衛省の火器用集がネット上に転がってる。それによれば照準規制の意味はこうだ。
軸線または軸線と照準線を整合させること」
"一致"とは随分と表現が違うぞこれ。

ついでに言うと弾道計算器も「射撃に及ぼす各種要素を入して搭載火器の射撃緒元を算定する器材」となってるわけだが。端的に言えば「このでこの状態ならここに撃てば当たりまっせ」と教えてくれる機械というわけだ。
そして基準とは、「列の中で射撃の基準となる」のことらしいのだが。

分厚い資料をいくつも閲覧するより先に、もっと初歩的なことについて勉強し直した方が良いだろ。
1148 : ななしのよっしん :2018/08/27(月) 02:43:43 ID: TZ8koQWGOe
にわか知識だが、対戦車チーム戦車が居なくとも存在するというのは納得できる。ただし、いわゆる「対戦車火器」が実際には歩兵随伴装甲車や建造物相手がメイン戦車相手に活躍する機会はあまりないというイメージで(根拠も数値も一切ないが)
ネット知識の範囲ではイスラエルみたく戦車側が防備に近づいてくれない限り機動と装甲と射程の関係で歩兵側の有効打を撃ち込む機会が少ない印を持っている。歩に制圧されて戦車回か温存して終わり、のような

歩兵の相手は歩兵で、これに直協の装甲車等が付けばなお強で、これに抵抗するためだけでも対戦車火器は必要だろう
重火器を多少とも備える可性のある歩兵部隊をこちらの歩兵部隊で排除する際に、装甲車より撃破されにくい戦車が随伴する意味は大きいように思う(ロシアBMP-Tみたいな代物もあるようだが)
戦車も撃破でなく制圧的であればそこまで確実な対人撃破は期待されないだろう(即応の直射火力という性質自体が、迫撃機関銃との併用前提で有効なのでは?)し、また相手の装甲車両が出てきた場合歩兵装甲車が持つ物より
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
1149 : ななしのよっしん :2018/08/27(月) 15:40:37 ID: D9slH12Oa+
分隊単位で配れるような対戦車兵器での対戦車戦闘自殺の同義RPG-7じゃ第二世戦車の相手だってしたくない。
ジャベリンを皮切りに携行対戦車ミサイルの分隊配備が進んでいるが、第三世代が全周監視可な高倍率赤外線監視装置を搭載するようになってるのでなるべくやりたくないのには変わりないという。

結局(較的)安全な対戦車攻撃のためには、SACLOS方式の長射程ミサイルが一番なのだけども、これはでかいので分隊運用なぞ理。
1150 : ななしのよっしん :2018/09/01(土) 23:35:30 ID: jH+dyd6OKj
エイブラムスT-14UAVの搭載まで考えてるそうだけど
そうすると戦車の索敵や防御がグンと上がったりするかな
いずれは戦車UAV搭載がスタンダードになったりするんだろうか
1151 : ななしのよっしん :2018/09/07(金) 15:33:53 ID: RApGsiCUUy
>>1150
確かロシアだともうT-72B4とT-90AMUAV試験的に搭載して飛ばしてるし最近じゃあ砲兵師団直下のBM-30メルチやグラートや152mmムスター配備の部隊にも観測機としてUAV使ってるんだよね(ロシアも去年ぐらいから軍・師団の重編成体制移行だけど)

アメリカも一応やってるし機甲部隊や機械化部隊にUAV装備されるのも時間の問題じゃないかな
1152 : ななしのよっしん :2018/09/09(日) 01:03:09 ID: ikCA7peKLf
戦車日本本土への敵上陸時に、またそれを牽制するための抑止として必要」
というがあるけど、個人的に大には賛同できるが肝心の中身が曖昧というか、
自衛隊戦車をどういった配備・運用・訓練をすれば抑止かつ対処になるのか」
といった議論考察なおざりなまま、必要性だけ高に叫ばれがちな印がある

私としては故・江謙介氏が大分昔に仰っていた「自衛隊地戦に長けるべし」
日本地のどが地であり、敵も山野田畑より都市を優先して狙うだろう」
という言説が一理あると思っているので、戦車の運用も地戦を念頭に置くことで、
侵略の抑止はもちろん実戦でも有利になり、戦車の戦略的価値もより上がると考える

示と許可を出す政府が地戦に込みしそうとか、そういう問題はさておきね
少なくとも日本側から積極的に地戦へ引き込む、なんてこともできないだろうし
1153 : ななしのよっしん :2018/09/11(火) 18:19:33 ID: tuAvTJfPRL
>>1152
前半に関しては、実際にどう運用するかは防衛省自衛隊はしっかり考えているんじゃないの
プロが考えた上で必要だと予算が計上されて実際に配備がなされているのだから
こういう場での議論考察なおざりであることに問題ある? って考えちゃうんだが
あくまで戦車陸自の不要論をる人相手に説明できる範囲で説明できればいいし
MBTを減らして機動戦闘車を代替に置くのはプロが判断したからOK」
「いや、財務省に勝てなかっただけだ。戦車減らすのはマズイ」
って素人の議論はどっちが正しいのかちょっと判断が難しいが
少なくとも戦車が有用な抑止、戦ってのは認識が一致してて具体的な運用はちゃんとプロが考えてますで

後半に関してはその通りと思う反面、日本都市部と都市部の間は不整地が多いわけで
強襲上陸されたや制圧された港から戦略標までの間に不整地がある可性も高いから
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
1154 : 削除しました :削除しました ID: Nr++blTP9a
削除しました
1155 : ななしのよっしん :2018/09/13(木) 01:07:36 ID: ikCA7peKLf
プロが考えるから素人の議論考察は不必要」と言うのは事実だけど、
そういう軍事情報を知りたいのも事実、でも機密なので考察するしかない
だから自分の考えを書き込んで、他の人の意見を引き出したかった訳で、
極端な不要論者をねじ伏せるための理論武装のつもりではいのですよ
不要論への反論に中身がいと感じる→そういう自分も考えてなかった、
という経緯で自分なりに中身を煮詰めてみようと思い立ったというお話で

本当に都市間は不整地が多いのか?取り囲まれたらもう終わりなのか?
都市間には郊外の町があるし、都市も包囲するには広すぎると思うけど、
確かに郊外道路こそ整備されていても、田畑や起伏のある地形は多いし、
要な道路や線路を抑えれば、包囲したに等しい状態に置けるかもしれない
でもそれを論ずるには自分の知識も足りないし、地の環境も多岐に渡る
こう言った新しい疑問・視点を得られただけでも書き込んだ甲斐はありました
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829