単語記事: 所得税

編集  

所得税とは、個人の所得に対する税である。

概要

所得税は代表的な税の一つで、平成27年度における税収は16.4兆円。消費税17.1兆円、法人税が10.9兆円であるため二番に大きい税収項となっている。

所得税は原則として個人に対する税であるが、法人に対して所得税が課される場合もある。

課税対は所得である。所得の厳密な定義には諸説あるが、経済活動により得た利益と考えておけば良い。なお、法人の所得に対する税法人税である。

所得税は直接税、つまり税を負担する者と税を納める者が一致する税である。ただし、後で記述するように徴収という制度があり、この場合は納税義務者と税負担者が異なる。税額に占める割合ではむしろ徴収による所得税所得税)の方が多い。

また、所得税は累進課税制度を採用している。これは所得が多い者ほど税率が高くなるというもので、たとえば現在の税率では最高税率は40なのに対して最低税率は5である。かつては最高税率が75の時もあった。ちなみに、法人税では原則として同一税率である。

簡単な計算例

説明の都合上、厳密でない不正確な記述をしている場合があります。実際に申告を行う方は税務署が発行をしている手引き等を参照するか、専門に相談してください。

実際に簡単な例について税額を計算してみよう。

次のような場合に平成22年所得税額を計算する。

年収600万円のサラリーマン45歳)で妻(40歳)と子(12歳)を持つ。
妻と子は他に収入はない。
平成22年に支払った社会保険料の額は84万円。
他に所得税の計算に影をあたえるような事柄はない。

1. まずは所得を計算する

所得税の課税対となる所得を計算する。所得税では所得を10種類に分類しており、サラリーマンの給料は「給与所得」に該当する。給与所得は次の計算式によりめられる。

給与所得の額=給料の額-給与所得控除の

給与所得控除はサラリーマンの必要経費相当額として給料の額から引かれる額であり、給料の額が決まれば自動的に決まる。給料の額が600万円の場合には給与所得控除は174万円である。(計算してめることもできるが、給与所得控除の表を使うと速い)

これらより給与所得の額=600万円-174万円=426万円となる。

2. 次に課税所得を求める

所得を合計したものが合計所得である。今回は給与所得しかないので合計所得額は給与所得の額と同じ426万円である。税所はこの合計所得額から所得控除を引いて計算される。つまり、

税所額=合計所得額-所得控除の額の合計

となる。(正確には課税所額は右辺の額の1,000円未満の端数を切り捨てた額)

 

所得控除は様々な理由により所得から引くことができる額で、14種類ある。今回は配偶者控除、扶養控除、社会保険料控除、基礎控除が対になる。

配偶者控除は配偶者(妻や夫のこと)がいて、その配偶者の合計所得額が38万円以下の場合に対になる。控除できる額は通常38万円。

扶養控除は子や親を養っていて、その子等の合計所得額が38万円以下の場合が対になる。控除できる額は年齢等にもよるが、今回は38万円。

社会保険料控除社会保険料を支払っていた場合に対となる。控除できる額は支払った社会保険料の額で、今回は84万円。

基礎控除はすべての人が対になり、控除できる額は38万円。

よって課税所額=426万円-(38万円+38万円+84万円+38万円)=228万円

3. 最後に税額を求める

税所額に対して一定の税率をかけて税所額に対応する税額める。具体的には次の表により計算する。

税所 税所額に対応する税額
195万円以下 税所額×5
195万円330万円以下 税所額×10-97,500円
330万円695万円以下 税所額×20-427,500円
695万円900万円以下 税所額×23-636,000円
900万円1,800万円以下 税所額×33-1,536,000円
1,800万円4,000万円以下 税所額×40-2,796,000円
4,000万円 税所額×45-4,796,000円

税所額は228万円だから課税所額に対応する税額=228万円×10-97,500円130,500円になる。

最後に課税所額に対応する税額から税額控除を引いて100円未満の端数を切り捨てると最終的な所得税額(年税額)になるが、今回は税額控除はないので、所得税額はそのまま130,500円になる。

 

ね、簡単でしょう?

納付方法

給与所得者の場合、この額を一度に納税するわけではない。徴収という制度があって、会社が給料を支払うときに一定の額を所得税として引きして本人の代わりにに納付することになっている。

たとえば、上記サラリーマンについて給が50万円、毎社会保険料が7万円でボーナスがなしと仮定する。この時、毎所得税額は所得税額税額表で調べると12,230円であることがわかる。

この所得税額はおおまかなものであるので、12かの合計額は上で計算した年税額と一致しない。そのため、12月の給料が支払われる時には年末調整という制度により、会社が上記と同様な計算を行うことにより、年税額をめて精算を行う。具体的には1月から11月までに引きされた額は12,230円×11=134,530円で、上でめた年税額より多いので差額の134,530円-12,230円を給料に加算してサラリーマンに返す。

給与所得者以外の者は自分で税額を計算して確定申告を行い、自分で税を納める。給与所得者で給与所得以外の所得がある者や医療費を多く払った場合等にも確定申告を行う。この場合には年税額から徴収により払った額を引いた額を納税する。年税額より徴収された額の方が多いこともあり、その場合は税務署から税が返ってくる。これを税還付という。

制度の詳細

所得の種類と計算

所得税では、社会政策などの観点から所得税を課さない非課税所が存在する。なものは次のとおりである。なお、それぞれ非課税所得になるための一定の条件があるから注意。

非課税所得以外の所得については次の10種類に分類されている。

種類 具体例 所得の計算の概略
利子所得 預貯の利子、社債の利子 収入額がそのまま所得になる
配当所得 が受ける配当 収入額-元本購入のための借の利子
不動産所得 土地や建物などの賃料 収入額-必要経費
事業所得 事業活動による利益 収入額-必要経費
給与所得 給料、賃 収入額-給与所得控除額(上記参照)
退職所得 退職 (収入額-退職所得控除額)×1/2
(退職所得控除額は勤務年数などで決まる)
所得 に生えた木の売却による利益 収入額-必要経費-特別控除額(最高50万円)
譲渡所得 土地や建物などの売却による利益 収入額-取得費-譲渡費用-特別控除額(最高50万円)
一時所得 生命保険の一時競馬の払戻 収入額-収入を得るための費用-特別控除額(最高50万円)
雑所得 年金、他の所得に入らないもの 収入額-必要経費
年金の場合は収入額-年金等控除額(収入と年齢で決定)

関連動画

関連商品

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E6%89%80%E5%BE%97%E7%A8%8E
ページ番号: 4546447 リビジョン番号: 2341643
読み:ショトクゼイ
初版作成日: 11/01/16 22:41 ◆ 最終更新日: 16/03/25 21:24
編集内容についての説明/コメント: 税額を修正
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

所得税について語るスレ

14 : ななしのよっしん :2016/02/11(木) 08:25:21 ID: wu/FFVFCec
>>lv249646080

15 : ななしのよっしん :2016/03/01(火) 21:54:31 ID: VWfIBhhr6J
所得税の確定申告時期っ最中だけど、こういうときにも人間の思い込みが垣間見えることがある。
例えば、サラリーマンが医療費控除しようとした場合の話。
年間20万円の医療費を支払って1万円の所得税の還付を受けようとしたところ
年末調整時に20万円の住宅ローン控除を受けていることを忘れて差し引き忘れたとする。
ここから正しく計算すると、20万円-1万円=19万円の所得税を納める、という間違った申告が出来上がる。
普通そこで「アレッ?」と思うはずなのだが…
何を思ったのか、そこで「20万-1万=マイナス19万」という計算をしてしまって
19万円の還付を受ける、という申告書を書き上げてしまう人が結構いるんだよね。
そういう申告をすると、あとで必ず税務署から連絡があって、1万円の還付申告に修正させられるのだが。

最初から還付申告をするもんだと思い込むあまり、プラスマイナス逆に間違えて何も気付かない。
こんな計算を間違えるなんて、全に思い込みだよね。人間心理って面いもんだと思う
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
16 : ななしのよっしん :2016/03/25(金) 21:39:01 ID: VWfIBhhr6J
あと、自分で確定申告書が書けないからといって確定申告の時期に税務署へ足を運ぶ人が今も非常に多いけど、
確定申告会場で申告導をしてる人の約半分は法人税系統などプロパーではない職員が担当しているから、
意外とミスが多いってことも注意しなければならない。
例えば納税者が間違えて申告年分と違う年分の書類を持ってきても気付かない→そのまま申告
→後でプロパー部門から問い合わせが来るなど。

なぜそうなのかと言えば、プロパーは受け付けた書類を内部で処理する・事後チェックする・誤りを正すなど
仕事を回すための後方支援から優先的に回されているからだ。

確定申告会場も今は税務署員が手取り足取り教える時代から
確定申告に必要な場所や器具(パソコンなど)を貸す、という考え方にシフトしている。
自分に必要な部分の税法を理解して、書類に間違いがいかも全て自分自身がチェックして、
それから申告に向かう、または自宅で作って郵送するという時代になっている。
17 : ななしのよっしん :2016/12/16(金) 21:30:07 ID: +nLsIOOtw3
>>10
日本の場合はもう少し累進率上げてもよさそうだけどね。というより折マイナンバー導入したんだから、分離課税にしている部分を捕捉して所得税と総合して累進率に組み入れればいい
まあ、アメリカでそれやろうとしたのがいわゆるバフェット税なんだけどね
税負担の再分配効果だけで言うと、日本アメリカより不だったりするし、高額所得者層で言えば、日本アメリカ以上に(というかタックスヘイブン除く先進国随一レベルで)富裕層に甘いだよ
18 : ななしのよっしん :2017/06/09(金) 16:39:26 ID: IMuxhJhCQ+
年収100万より年収一億のほうが税負担低いんだっけか
そこらへん見直すべきなのは同意だわ
今みたいに法人税下げても意味ないしやっぱ上げるべき
累進課税性の高いのほうが高いパフォーマンスがあるって明されてたはずだし
19 : ななしのよっしん :2017/07/31(月) 16:23:55 ID: pn/UJWUUmI
>>17-18
所得税は、バブル崩壊後に策定された低所得者高負担が未だに踏襲され続けてんだよね。
"今は好気"なんだから、低所得者の負担を減らして高所得者への課税を強めるべきなのに、全く逆の事ばかりをやっている。
20 : ななしのよっしん :2017/09/02(土) 14:33:26 ID: Htqhgrh939
>>19
そうだよな。
税収減ってるけど公務員の給与は上がってるし"今は好気"なんだよな。
21 : ななしのよっしん :2017/10/29(日) 12:01:41 ID: JYImPNQbyU
>>17
分離課税にしてるのは例えば土地なんかは突発で出てくるものだから
いきなり税が大きくならないように配慮してるのもあるし
とか融商品に関するものは足がいから課税権の外に逃げられないように分離にしてるってのもある、二元的所得税論ってやつね

>>18
年収100万はそもそも税払ってない

>>19
高額所得者の概算控除上限が引き下げられたから別に逆のことはしとらんぞ
日本過累進だから下の方が負担が重くなるということは構造上
ただ別の意味で低所得者が不遇を被ると言えば、低所得者は十分に所得がいせいで、社保とか医療費控除とか生保控除を使いきれずに切り捨てなきゃいけないってのはある
そういうのをカバーするために給付で補うというのをやってるはわりとある
22 : ななしのよっしん :2017/11/09(木) 11:13:16 ID: IMuxhJhCQ+
下の方が税負担が重くなるということはいで
ただでさえ企業法人税減税のために消費税上げたり、社会保障切り崩してるのにそれはいわ
23 : ななしのよっしん :2017/11/23(木) 08:18:38 ID: JYImPNQbyU
所得税の話なんですが
共産系サヨクガイジの階級闘争は余所でやって、どうぞ
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス
電ファミwiki
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829