単語記事: 手水廻し

編集  

手水廻しとは、上方古典落語の中でも、かなり有名とされる話であり、単純明快かつ滑稽な話である。落語を歩む者なら、これが出来て当然!得意としている噺では六代笑福亭松鶴桂文珍々などがいる。

なお、上方落語のみの演であり、現在もなお江落語には輸入されていない。おそらく噺の肝となる「手水す」という方言が通用しないためであろう。

概要

手水と書いて、「ちょうず」と読む。これは昔の大阪方言で、洗面具のことを意味する。

話の内容は、人によって多少アレンジされていることもあるが、内容をまとまると以下の通りである。


とある田舎の宿に、大阪のお客さんが泊まり、を迎える。

そこで、挨拶と部屋に来たスタッフに「手水をこちらにして欲しい」と伝える

しかしスタッフ館の旦那も「ちょうずをまわす」という意味が分からず、近所の寺へ聞きに行く

寺へ行くも、「分からないものは、字で当て嵌めて考えること」と言われ、長頭のことだと勘違いしてしまう

偶然にも村に、頭が長いことで有名な男がいたため、その男をお客さんの前まで連れて行き、頭を回すのを見せる

結果、お客さんは怒って帰ってしまった為、ちょうずが何かを知るため、旦那スタッフ大阪の宿へ泊まりに行く

、1つ手水が手元に来る。タライに入ったお湯、房枝(昔の歯ブラシ)、歯磨き粉(粉タイプ)という内容。

歯磨き粉が含まれていない場合もあります)

しかし、これが何のためにあるのか、どうやって使うのか分からず、器に入っているから「料理」だと思い込んでしまう。

お湯:汁物 :味付け 歯磨き粉:薬味 房枝:かき混ぜるための棒 す:器を回す作法みたいなもの

歯磨き粉を全部放り込み、かき混ぜ、旦那が先の飲むが、当然のごとくマズイため、半分をスタッフに飲ます。

1つタライになったところで、2つタライが運ばれて来る。

しかし、おはタプンタプンで、味もアレなので飲む気が起きず、結局は2つは「おにいただきます」と言って返してしまう。

歯磨き粉が含まれていない場合、味がしないくらい薄いという感じになる)


は、歯茎や肌を引き締める為に用いられています。今も、入の歯磨き粉があるのは、歯茎を引き締めるためです。

関連動画

関連コミュニティ

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E6%89%8B%E6%B0%B4%E5%BB%BB%E3%81%97
ページ番号: 4870630 リビジョン番号: 2386068
読み:チョウズマワシ
初版作成日: 12/04/20 03:00 ◆ 最終更新日: 16/07/21 23:04
編集内容についての説明/コメント: 上方のみの落語ということを伝えないと
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

手水廻しについて語るスレ

1 : ななしのよっしん :2012/09/02(日) 10:55:37 ID: bgUjJHUD+2
昨日まつり落語会で、山崎邦正がこれを演じていたなあ。
2 : ななしのよっしん :2013/04/06(土) 08:11:25 ID: VNlqZz+4a5
NHKで見て良くわかんなかったから検索したらここがあった
現代アレンジだったけどイマイチぴんとこなかった・・・
3 : ななしのよっしん :2016/07/20(水) 21:57:55 ID: XDwKdsS9rq
これ面いけどお湯飲むところで気持ち悪くなる
4 : ななしのよっしん :2017/05/18(木) 19:29:17 ID: PhlgqD/GNV
のを聴いたけど田舎の宿も大阪の人もどちらも方言で言葉に違いを感じないのに、手水すという言葉が通じない事が不思議に思えた。転失気みたいな特別な言い回しでもないし、みたいに文化圏が違って通じないとかでもないのに。
ニコニコニューストピックス
電ファミwiki
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829