単語記事: 批判的思考

編集  

批判的思考とは、批判的に考えること、またその思考法である。
クリティカルシンキングとも言う。

はじめに

批判的思考」という字面から、「否定的に」や「非難するつもりで」などの意味合いに受け取る人もいるだろうが、実はまったく逆である。

ここでいう「批判」とは、「論理的・合理的・多面的に評価を下すこと」といった意味であり、批判的思考とは、「適切に批判を理解し、より高度な判断を下す」ための思考プロセスである。

この記事を読んでいる皆さんにとっては、「批判」といえば「対の誤りを摘する」ものとして染み深いだろうが、その「誤りの摘」を適切なものにするためにも、批判的思考められるだろう。

以下、(ニコニコらしく)アニメ作品に対する批判を想定して、実際的な「批判的思考」のガイドラインとして提案する。


第三者の目を意識した議論を行う

ネット上の掲示板で「批判」をするとき、多くの場合は議論というかたちを伴う。

それは討論や議決のような類ものとは違う、参加者の相互的な協によって認識のすり合わせを行うディスカッション形式であることを意識する必要がある。

ディスカッション形式の議論において重要なのは、「統一的な結論を出さなくてもいい」 ということである。
もちろん相手の意見を理解して結論が導かれるのはいいことだが、結論を出すことに固執すると不毛極まりない意見の押し付け合いに陥ってしまう。
ネット上でどれだけ論破した気になっても、相手はおそらく自分の考えを変えないだろうし、その過程で見苦しい議論をしていたのなら、それを見ているものも、一方が議論放棄して黙ったからとてその意見が正しいものだとは思わないだろう。

大切なのは、「相手の考えを知る」ことと、「自分の考えを理解してもらう」ことであり、そのために互いに協することである。
その結果として、議論に参加してる個々人が、またそれをROMってる多くの人が、各々で結論を下したとき、「批判」は完成する。

つまり、「批判」意見を述べるときに適切な態度とは、自分と意見を戦わせているものをうんざりさせて黙らせることではなく、議論相手のみならず、そのやりとりを見ている第三者に対してどれだけ説得提供できるか(=客観性の確保) を意識するというものである。
(そしてまた、自分も相手の客観性を高めるために適切な質問をする、といものでもある)

この第三者とは、批判であるところの「制作者」も該当する。
 「制作者は批判を傾けるべき」と思っておりそのために批判をしている人は、なおさら客観的に問題を吟味しなければ的には及ばないだろう。

しっかり問題を提起する

  • 「ここのシーンにはおかしいところがある」
  • 「このキャラの行動には問題がある」

これは、「批判」そのものではなく、批判のための問題提起にすぎず、むしろここからが批判のはじまりである。
批判をしようとする人は、これに対する反論を摯に受け止める必要がある。また、これに反論しようとする人も、ただの悪口ではなく問題提起であることを前提にして、その問題の是非を見極めなければならない。

このさい、

  • なにが問題なのか?(問題の定義)
  • その問題意識はどういった見地から発しているのか?(前提の提示)

というところを明らかにしなければ、批判が成立しない。

もちろん、すべてのことにおいていちいち説明していたら議論が煩雑になるだけなので、お互いに問題意識を共有してる限りにおいては省略しても差し支えないが、いわゆる「批判側」といわゆる「擁護側」で意見が行線になっているときは、この時点で認識が乖離しているケースが多い。

なにか会話が噛み合ってない……と感じたときは、いちど前提をはっきりさせて問題を再定義するのが、議論を円滑に進めるコツである。 

論理的に・合理的に・公平に対象を分析する

  • 「ここの描写は矛盾している」
  • キャラの行動が破綻しすぎいてて馬鹿か狂人にしか見えない」

これらはアニメ批判にありがちな否定意見だが、そのすべてが批判として適切だとは限らない。
批判としての適切さを保つために気をつけなければならないのは、

  • 感情的・一方的な決め付けを避けて、「なぜそう思ったのか」という思考過程を明確にすること論理性)
  • 批判的や前提と合致していること(合理性
  • 批判に用いる基準は、同ジャンルにおいて全般的に通用するものであること(さ)

である。

この種の批判において忘れられがちなのは、矛盾」や「破綻」があると認識するのも、ひとつの主観的な解釈である、ということである。
矛盾や破綻があるという批判に固執するあまり、矛盾や破綻を解決する他者の解釈を「妄想」の一言で片付けてしまっては、矛盾や破綻を厭うという姿勢に対して自己矛盾や自己破綻を招き、作品理解の妨げとなる。

そして、ある作品に向けている基準は、他の作品を批判する上でも通用するものだろうか? 他のアニメに対して当てはめても容易く「矛盾」や「破綻」の摘ができてしまう不寛容な基準では、ジャンル全体に矛盾や破綻がはびこっていることになり、作品単体に対して「矛盾」や「破綻」という批判を試みることの価値が希薄化する。

これは創作物全般にも拡大できることであり、適切に批判のみを切り取らないまま「ここがおかしい」という論のみを追求してしまうと、論理的ではあるかも知れないが非合理的で不批判となってしまう。

とりあえず好意的に解釈してみる 

これらの問題を回避するためには、好意的な解釈を積極的に考慮し、自分が好きな作品を解釈して理解するように受け入れる、という「とりあえずの好意的理解」がめられる。
そうすることでなお、受け入れがたい点があるなら、そこを手掛かりにして「なぜこの解釈が受けれられないのか」「自分の好きな作品となにが違うのか」という思考が可になり、
それを議論相手に理解してもらうことで、問題の焦点や、意見を分かつ価値観の差が明らかとなり、議論にとって有益な客観性を与えられる。

一方、矛盾や破綻があると摘されたことが承できない人も、その言葉の刺自体に反発するのではなく、まずは相手の摘する問題点をとりあえず肯定的に吟味して、疑問が生じたなら相手に問うて考えを聞き、その上で「自分がおかしいと思わなかった理由」を述べる必要がある。
また、矛盾や破綻を解決するような解釈を述べるときも、できうる限りの根拠を明らかにして客観性を高めたほうが、相手も理解しやすいだろう。

重要なのは「この作品はおかしいかおかしくないか」という結論ではなく、「なぜそう思ったのか」という過程である。
「こういうスタンスなら『おかしく』見える」「このスタンスなら『おかしく』見えない」というところについて合意できれば、互いに納得する結論が導けるだろう。

自己批判をする

これは多くの説明を要さないだろう。

自分の意見を「これは本当に正しいのか?」と自ら批判することは、相手の立場に立つ(相手の反論を想定する)ことでもあり、より相手に理解しやすい意見をするための重要な過程である。

また、そこで自分の意見に誤りを見出したなら、そこを修正した上で意見を述べれば、議論がいっそうスムーズになる。

不確実性を受け入れる

  • 「そういう解釈ができるとしても、作ってる側がそのつもりである確はない」
  • 「そう受け取れなかった人間がいるのだから、明らかな説明不足だ」

ここらへんが作品批判のもっとも難しいところであるが、そもそもの「創作物(フィクション)」というものの「受け手の想像に訴えかける」という特性上、

  • どういうつもりで作ってるのかを明確にする必要はない
  • 受け手側がまったく同じに受け取れるように璧な説明をする義務も義理もない

ということは視できない。 

できるだけ同じように受け取ってもらいたい箇所には相応の説明なり描写なりをして思考誘導を図るだろうが、そうでないところは「好きに解釈していいところ」であり、また、制作者にとってるに値しないところ」か、「訴えたいことはあるけど受け手の理解を期待している・試しているところ」である。
そうした不親切であやふやな状態を受け入れなければ、作品理解につながる批判は成り立たない。

これはアニメから一歩離れて小説なりなんなりを想像してもらえば理解は難しくないだろう。
「なにを伝えたいのか」というテーマや教訓を要約して明確に記述する作品ばかりではなく、むしろあの手この手で難解にして読者に頭を使わせる作品も相当数存在する。

アニメにおいてもこの傾向は例外ではない。(むしろ映像表現が絡んでいるぶん、小説などよりも言化してりにくく、分かりづらい場合もある)
不明な点については好きに解釈していいのだが、だからこそ、「どう受け取ってもいいこと」に対して一意的な答えをめることは、創作物を発表しそれを享受するという「作品を通したコミュニケーション」の前提を危うくさせる。 

これを乗り越えて批判をするためには、まず作品を可な限り深く理解することからは逃れられず、理解→疑問→理解のループのなかでも解消できないものこそが、制作側に是非を問うべき「批判点」として客観的な意味を持ち、これを欠如させた批判は「批判のための批判」という否定ありきのものになってしまう。

一つの結論にこだわらない

この不確実性の受容は、 批判における議論そのものにも適用できる。

作品の全な理解などほぼ不可能で、「だいたいわかった」の精で理解するしかない物事を対にとった議論で、統一的な結論が出ることなどほとんどありえないだろう。
そのため、一つの結論を出すことに執着してしまうと、双方のが絡み合ってお互いを食い合うウロボロスの円環のような議論になってしまう(無限ループってこわくね?)。
ましてや、自分の気に入らない意見・解釈を引っ込めさせるためにネチネチ質問攻めを仕掛けて粗探しをし、それを理由に自分の意見のほうが優れているかのように誇るなど、もっての外である。そんなことをしたところで、次は自分のもネチネチ質問攻めにして粗探しをしなければダブルスタンダードでしかない。

これまで繰り返し述べていることであるが、この手の議論で大事なのは「なぜそう思ったのか」という思考過程を明らかにして相互理解を深めることである。
「自分はこう思ったからこういう評価を下した」というところをわかりやすく説明すること(説得が、他の人間もそれをトレースすれば同じ結論に辿り着ける状態(客観性)につながり、自分の意見に賛同してもらえる余地を作る。
そこから先は、もう相手の価値観に委ねるしかないだろう。「作品を好意的に評価する考え方」と「作品を否定的に評価する考え方」の違いがはっきりすれば、あとはどっちに肩入れするかの問題でしかなくなる。

間違った議論を回避する

批判的思考の最後の障は、「自分の思い込み・誤った論理展開に気づかないこと」と、「相手の思い込み・誤った論理展開に惑わされること」である。

自分の思い込みを相手も共有しているとは限らず、また逆も然りであるため、これに基づいた議論は「なんか反論しづらいけど納得できない」というおかしな方向へ進みやすい。

これに対処するには、その発言に隠された前提を明らかにすることである。
どこかに納得できない前提・一般的ではない前提が潜んでいるため、「(隠された前提をとするなら)言ってることは正しいように見える」が、「(隠された前提に同意できないため)納得できない」という相反した状況を生み出す。

中には、議論の勝ち負けにこだわって自分の望む結論へ誘導するために意図的にそういう状況を作ろうとする者もいるため、注意が必要である。 

そうした誤謬(意図的なものは詭弁と呼ぶ)のなかで代表的なものを挙げるので、自分がこれに陥っていないかの確認や、相手の誤謬に惑わされないためのチェックとして活用してもらいたい。

  • 多数論-「これを支持してるやつなんて極少数に過ぎない」「駄作だと思ってる人間が多いから批判される」 
    • 意見の賛同者の多寡は、意見の内容の正しさをなんら保障しないし、ネット上でどちらの意見が多いかを調べようとしても「なんとなくの印」しかつかめないため、「なんとなくの印で数の多い方に賛同する」という前提の持ちでない限りは、これは納得できる理由にならない。
    • どこぞのアンケート人気投票の結果や、特定掲示板での発言者の数、映像媒体の売り上げという数値を持ち出す人もいるが、そういう部分的な数字を全体的な意見を反映するものとして扱うのは「まった一般化」という別の誤謬である。
  • 全称の誤用-「みんなこいつ(キャラ)のこと嫌ってるし」「こんな展開も望んでねーよ」
    • 「みんな」や「も」などという言葉で全体化を図り、例外を認めない姿勢。
    • 要は「自分がそう思った」という体を粉飾するためのものであり、太宰メソッドなどとも言う。
    • アリだと思うな」で終わる話ではあるが、それを認めずに「じゃあどこが面いのか言ってみろ」という挑発(からの全否定)や、「そう思ってるのはお前だけ(or 極小数)」という方向に持ち込む人がいるので要注意。
  • 反論の否定-「ちょっとの批判も認めないのか?」「こんなの言論の封殺だ」
    • 批判に対する反論、批判に対する批判が向けられたときに出てきやすい言葉だが、これは「言論の自由にした反論の否定」である。
    • 他者に対して批判をする以上は、自分も批判にさらされることは避けられない。そのことについて「批判をするな」と言われてるように感じるのは、その人自身が自分で言論の自由を縛っているだけである。
    • もし仮にダイレクトに「批判するな」と言われたところで、それは気にする必要はないのでどんどん発言しよう。
      (ただし、その発言には責任をもつこと)
  • 人格攻撃-「駄だこいつ話にならねーわ」「おっ、いつもの信者(or アンチ)くんがやってきたぞ」
    • あらゆる議論において、相手の人格を攻撃して発言いものとして扱うのは最悪手であり議論の放棄である。
    • 議論を放棄したいならその人にレスをつけるのをやめればいいだけであって、「こいつ話が通じないやつです」と周囲にアピールするのは、印操作によって「こいつの発言にを貸すな」と訴える対人論詭弁)でしかない。
    • 匿名掲示板において不必要に相手の個人性を強調するのも、人格攻撃につながる場合がある。特定の発言者のIDを強調するうちはともかく、発言内容やそこに含まれるワード恣意的にカリカチュアライズして(化して)「○○くん」「○○の人」などというニックネームをつけ始めたら危険信号である。
  • 誤った二分法-「こいつ(キャラ)はこういうことをやらかしたからクズ」「こんなものを世に放った制作者は馬鹿だろ」
    • 「いい人」←→「悪い人」、「賢い」←→「馬鹿」などとという思考を前提にするのは、作品を多面的な・複雑な尺度で理解するのには適さない。
    • 特に、こうしたにおいては、「人間としての価値を著しく損なう反社会的で下劣な行為をした」からクズであったり、「知や判断において常人にる」から馬鹿なのではなく、「批判されるべき行為を働いた」という印を最大限に植え付けるために、先んじて結論を充填している場合がままある。
    • この手の誤謬の特徴は、程度問題や多様性を認めないことにある。「過ちを犯さない人間はいない」「万人が納得するものを作れる人間などいない」という前提を捨てさせるために、「クズって言うほどじゃない」「気に入らない人もいるだろうが普通に面白い」という中間意見を「理な擁護」として切り捨てる。
    • 本当にクズ馬鹿だと結論づけたいなら、まずはその判定基準を明確にした上で、その基準について周囲の同意を取り付けるところからはじめよう。

他にも様々な形式の誤謬(詭弁)があるが、その詳細は詭弁 - Wikipediaなどを参照するといいだろう。

あるに誤謬かないかどうかの判断は難しいので、日頃から自分や相手のがどういう論理構造によるものなのかを意識する習慣付けをすることが望ましい。
また、相手のに誤謬を見つけても、安易に「詭弁だ」と断じるのは好ましくない。むしろ「詭弁だ」というレッテル貼りをする別の詭弁を犯す恐れすらあるので、具体的にどういう誤りがあってそのに同意できないのかを伝えよう。

 さいごに

ここまで長々と書いてきたが、最後にはっきりさせておきたいのは、これはあくまで批判的思考」に対するひとつの解説であり、つまり、ひとつの意見に他ならない、ということであり、これをルール化して押し付けようという意図は微も存在しない、ということである。

これを読んだ皆さんは、記事の内容に同意してもいいし、しなくてもいいのである。
内容に賛同してくれるのであればこれに則って批判議論をしてみるのもいいし、内容に誤りがあると思うなら視してもいいし、掲示板などを利用して反論を行ってもいい。

ただ、議論というものが相互的な「理解」を前提としたコミュニケーションである以上、この記事でなくとも、いずれかの手段で共通認識を形成し、それを土台にさらなる共通認識を組み立てなければ、すべての議論意味であるだろう。
また、作品批判に限っても、作り手側と共通認識を持つことを放棄した状態では、その作品を理解しようと試みるものに対してなんの価値も提供できないし、もっとも作品を理解している「作り手」に対しても、意味な言論となるだろう。 

創作物を批判するのは、実にいいことである。
自分の考えをするというのはとても楽しい知的遊戯であるし、同じように思っている人がいたらなお嬉しい。
また、他人の批判を読んでその考えを知ることは刺的なことだし、その内容を理解できるのなら、自分の思考の幅が広がり、精活動が豊かになる。
それが制作者側にも及んだなら、制作者はそれに影を受けて次なる作品を生み出し……という上昇向のスパイラルが形成されるだろう。

ただし、それは、その輪に加わるものすべてが、協調的に思考し意見を交換する場合に限ってのことである。

批判をしたい人」にとって、この記事の内容はやや厳しい線からのものであるかもしれない。
たが、批判を行うとき、自分も等しく批判にさらされているのである。←オマエモナー
馬鹿者だと嘲るときは、自分も馬鹿者だと嘲笑われる可性を忘れてはならない。

その事実に耐えられる者こそが「批判のための批判」ではなく「批判のための思考」を成せるのであり、
作品が要する精読度に到達しているかどうかを自らに疑えない者は、その作品が視聴者の要する作り込みを備えているかどうかを論う資格はない。

……というのが、編集者の愚考するところである。

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E6%89%B9%E5%88%A4%E7%9A%84%E6%80%9D%E8%80%83
ページ番号: 5314973 リビジョン番号: 2169756
読み:ヒハンテキシコウ
初版作成日: 15/02/28 12:20 ◆ 最終更新日: 15/03/02 21:16
編集内容についての説明/コメント: 全体的に校正漏れを修正
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

批判的思考について語るスレ

195 : ななしのよっしん :2018/02/11(日) 23:19:07 ID: rAcAbl6Z/B
教わらねーよ!!!!
196 : ななしのよっしん :2018/02/13(火) 12:27:03 ID: SjpDYeNaWO
>>195
文部科学省批判的思考を入れてるって話を5年前くらいに聞いて期待してたんだけどな…
NHK高校講座にすらクリティカルシンキング の番組があるというのに(無料)
http://www.nhk.or.jp/kokokoza/tv/ronri/
197 : 削除しました :削除しました ID: wRvNGv2Zdr
削除しました
198 : ななしのよっしん :2018/02/28(水) 21:16:45 ID: SjpDYeNaWO
ここでいう「批判的思考」はそういう意味での批判ではなく、なにかを慎重かつ合理的に判断するためのスキルやそうした態度のことを意味する
批判批判する本人たちがそのことを否定するとは考えにくいな
199 : ななしのよっしん :2018/04/06(金) 18:54:44 ID: YwKZMrU0Tq
いや、その辺突っついてみた事あるけどすぐにが周りがかが不快だから(感情論)、批判的な意見は場を荒らすだけの悪だから(根拠なしというか極論)、ほっとくとアンチに乗っ取られるから自分達で場を荒らしてでも排除するべき(自己正当化)

程度しか返答が出てこなかったけど。
200 : ななしのよっしん :2018/04/06(金) 18:59:31 ID: IxT7eUy3f/
批判は全部身の程をわきまえよっていうのもの前が見えてないし批判批判はここがおかしいから作品をヘイト消費荒らしてもいい!っていうのもただの本で動く動物と同じ
結局ポプテピピックの「信者良い子だねんねしな アンチ良い子だねんねしな」ってのが正しいのかもね
201 : ななしのよっしん :2018/04/06(金) 18:59:36 ID: BrqDby5hCT
そもそも批判批判じゃなくてその批判意見の矛盾摘したら言論弾圧だって騒ぎだすのが多いと思うけれどね
202 : ななしのよっしん :2018/04/07(土) 00:20:44 ID: YwKZMrU0Tq
>>201
それは擁護出来んな。というかそれはただのアンチ荒らしじゃないの?
ごく当たり前な事だが、批判的なことを言う=アンチじゃないからね。
203 : ななしのよっしん :2018/04/21(土) 20:23:39 ID: Tf3Y0OAgZP
実写嫌いはけっこうだけど、頭ごなしに実写批判するは失敗例でしか実写らないし、日本には演じれる人はいないと思い込んでる
批判したくて仕方ないから物事を調べず都合のいい立った失敗例だけ例に出して前面否定するのがアンチのやり口

再三いうように好き嫌いは個人の自由だけど、知らないことを恥とせず、実写反対する考えこファンの総意のようにる様は見てて痛々しい
204 : ななしのよっしん :2018/04/21(土) 21:16:40 ID: cPKMm2lsl9
実写嫌いは放送始まる前もっと言えば実写化決定した段階から作品を見れない時点で全に見てない状態で叩きを始めるからな
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829