単語記事: 攻撃ヘリコプター

編集

 攻撃ヘリコプターとは、対地攻撃用の兵器を搭載し、対地攻撃を主任務とした軍用ヘリコプターである。いわば軍用ヘリコプターにおいて攻撃機の役割を担うヘリコプター

概要

 ヘリコプターが実用化されて暫くの間は、その性の低さなどから負傷者の後送などの補助的な任務に使われるのがもっぱらであった。しかし、性向上により搭載などが充実してくると、ヘリコプターによって武装した兵員などを敵地に送り込むヘリボーン作戦が行われるようになる。ヘリコプターが用いられる以前、似たような事は軍用グライダーなどで行われていたが、降下可な場所の選択肢がグッと広がるため、これらはヘリコプターに置き換えられ、軍用グライダーはあまり使われなくなった。

 だが、問題が浮かび上がる。いくら敵が居なそうな場所を降下地点に選ぶといっても、対火器に遭遇する可性は拭えないし、小銃などの小火器で武装した兵員に遭遇する可性はもっと高い。着陸やホバリングをするヘリコプターはいい的であるため、降下地点を制圧する火器がめられた。ロケット弾やガンポッドなどを一部のヘリコプターに搭載させて、そのヘリが掃射・制圧して露払い、各ヘリドアにも機関銃を据え付け(いわゆるドアガン)、それでもって降下中の安全も確保するといった方法で解決が図られた。

 しかし、輸送用のものと同ヘリコプターの外側にガンポッドや機などを取り付ければ、空気抵抗も増えて重くなり、速度も航続距離も元のヘリコプターよりも劣ってしまう。つまるところ、肝心要の輸送用のヘリコプターの足を引っってしまうのだ。
 そこで専用のヘリコプター、すなわち攻撃ヘリコプターを仕立てるという選択肢となる。武装以外の荷物の搭載量を削り、搭乗するのは操縦手(パイロット)と射撃手(ガンナー)だけにするなどして、機体をスリムにすることで空気抵抗も減り、軽量化できて、あまつさえ人員保護用の装甲を付加する余裕も生まれる。
 これにより、ヘリボーン作戦のエスコートに必要な攻撃、巡航性、機動性、生残性を手に入れることができようになった。

 しかしながら攻撃ヘリコプター専用機が他の武装ヘリコプター駆逐したというわけではない。輸送用のヘリコプターに武装を搭載したものも依然として存在するし、機動性に優れた偵察・観測用の小軽量ヘリコプターに武装させたものなども使用されている。

 また、ヘリボーンの護衛などといった任務に止まらず、攻撃ヘリコプター軸に据えた戦車狩りといった攻撃的な作戦や、陸上部隊と連携した近接航空支援のような任務にも用いられるようになっている。ヘリによる対地攻撃の大きなメリットは、攻撃ヘリは陸軍に所属しているため同じ軍隊とはいえ別の組織である軍に所属する爆撃機攻撃機よりも自由に使いやすいことが挙げられる。

 また固定機にはできない中でその場に留まるという行為が可なため、崖や稜線など地形や障物に沿ってでレーダーや線をかいくぐって飛行する匍匐飛行・地形追随飛行(NOE)により生存性の向上や待ち伏せを行うことができる。また、野戦飛行場といえど滑走路などが必要な固定機よりも前線に近いところに、燃料や弾薬の再補給のためのヘリポートが設置可であることも大きな利点。

近年浮上しつつある弱点

 しかし冷戦時代は戦車とのキルレシオが1対15とさえ言われた攻撃ヘリも、近年では陰りを見せ始めている。確かに固定機と異なり、ホバリング飛行など、ヘリならではの機動は強みであり、搭載している機関対戦車ミサイル、電子装備の性も年々向上してはいる。

 そのうえでなぜ弱点が浮上したかといえば、やはり固定機に較して鈍足であるからである。イラク戦争などでは旧ソ連製の旧式な14.5mm重機関銃23mm機関を相手にしてさえ視できない損を出し、携帯SAMを持ちだされれば一方的な損を被る状況さえ生じた。

 この点はフォークランド紛争で亜音速のハリアーが、アルゼンチン側の対火で少なからぬ損を出し、音速の垂直離着陸攻撃機められた経緯と類似してるが、攻撃ヘリはその構造上、現行以上の機動性は望めない。そしてその性の割に攻撃ヘリは特に高価であり、費用対効果は特に悪化しつつある。

 でも最新鋭とされたAH-64Dロングボウアパッチ陸自が導入したが、部隊ネットワーク化の起爆剤にしようとした電子機材があまりに古いことと、やはり同様の理由から前線航空支援に今や使えないとの判断により、調達は当初の予定の数分の一の13機で打ち切られ、ライセンス製造を担当した富士重工防衛省を相手に訴訟を起こしている。

 論、だからといって攻撃ヘリが各の軍隊から急速に消え失せるわけではなく、新規配備が行われているもあるが、今後の展望として新機が開発される可性は小さいと考えられる。この点はUAV無人機)の発達により、人命のリスクを犯さない偵察と、その情報に基づく固定機や砲兵の攻撃が可になった影も大きい。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E6%94%BB%E6%92%83%E3%83%98%E3%83%AA%E3%82%B3%E3%83%97%E3%82%BF%E3%83%BC
ページ番号: 4904815 リビジョン番号: 2326554
読み:コウゲキヘリコプター
初版作成日: 12/06/10 01:17 ◆ 最終更新日: 16/02/17 14:40
編集内容についての説明/コメント: AH-56 シャイアン
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

攻撃ヘリコプターについて語るスレ

20 : ななしのよっしん :2013/12/18(水) 16:31:31 ID: 6NhSlCDRJD
>>19
ハインドは大兵器搭載ででかくなった訳じゃなく輸送ヘリも兼用しようとした結果だからねー
やっぱりそれだったら輸送ヘリ攻撃ヘリにそれぞれ特化したやつを組み合わせて運用したほうがいいという結論になったので
21 : ななしのよっしん :2013/12/29(日) 14:37:23 ID: WRJzh9KshX
前線で戦う地上部隊の要請を受けて飛び回る攻撃ヘリ、か。
プレデターみたいに何処か後方に人のオペレーター置いて操縦及び攻撃させられるなら、将来出て来るだろうな。そういうの。
というか、アメリカ辺りはもうそういうの開発開始してるんじゃないの? 話に出ないだけで。リーパー持ってるアメさんなら当然思い付く内容だろうし。

>>17
攻撃ヘリ標にする様なをぶっ飛ばす分には、ヘルファイアTOWミサイルがあれば十分だからなぁ。
ハイドラ70もあるし、小さな建物吹き飛ばす分にはこれだけあれば十分だろう。
ビルみたいな大きな建物なら、軍の戦闘機爆撃させるか後ろの砲兵に誘導弾や誘導ロケット弾を要請すれば済むわけで。ヘリで何もかも対処する必要はいのよね。でないと何のための諸兵科連合なのかという話になるし。
22 : ななしのよっしん :2014/02/04(火) 01:38:11 ID: J5KEUI77aE
ttp://www.liveleak.com/view?i=7e2_1342645222
まさにやりたい放題
23 : o;ig :2014/10/09(木) 18:33:18 ID: 6nZMrsAhhf
S-97が出て速度アップした攻撃ヘリが見られるようになるかな?
あと、AH-6Xが攻撃ヘリとして使われていたような
24 : ななしのよっしん :2014/11/12(水) 20:41:22 ID: QInpsTzXQX
攻殻機動隊のジガバチAVみたいのが将来出てくるようになるのかw
25 : ななしのよっしん :2015/03/02(月) 00:26:49 ID: r4n3d8kWGK
既存の有人ヘリ人に変えて、研究がすすめばジカバチみたいなヘリも登場するかもね。フィックションで登場したヘリといえば映画ガメラ2のコブラかっこよかったなー
26 : ななしのよっしん :2015/04/21(火) 15:25:31 ID: boLCskEqAZ
の連携強化も進んでるし、この先空海軍と顕密な連携が取れるようになれば、近接航空支援空海任せになる可性もあるんじゃないだろうか。
回転率については数でカバーすればいいし。
となれば攻撃ヘリは輸送ヘリの護衛という本来の任務に戻ることになる。ヘリの護衛は、同じ動きができるヘリにしかできないし。

けど輸送ヘリの護衛としてアパッチみたいな攻撃ヘリオーバースペックってことはないと思うな。やっぱり露払いはそれなりに硬くなきゃダメだし、レーダーやセンサーもガン積みしたいところ。ミサイルや各種武装にしたってそれなりに高性なのを運用したくなったら、それなりの重量があるシステムを積む必要がある。
兵器の掃討は極軍にお願いしたいところだけど、それでも不安が残る地域には、多少食らうこと前提で攻撃ヘリを先行させ、その後を輸送ヘリが行くってことにした方が安全。
被弾しにくい機体形状で、被弾しても落ちにくく、レーダーやセンサーを積みまくって機関ミサイルも、ってなると、やっぱりブラックホークの武装じゃ厳しいところはある。
27 : ななしのよっしん :2016/01/27(水) 08:04:00 ID: mF1x+HsS0r
アメリカの場合、軍が冷戦時代には自分達が役になれる戦略爆撃重視で、陸軍のお手伝いである近接航空支援はできればしたくなかった。
けど、冷戦終結で戦略爆撃する相手がいなくなり、予算を削られないために仕事がある近接航空支援を入れ始めため、攻撃ヘリの価値が落ちたというのはありそう。
28 : ななしのよっしん :2016/04/05(火) 19:47:40 ID: AVnaqDQ0Yw
軍なんてどこもそうだよ>近接航空支援なんて雑用やりたくない
>>26
パッチが高すぎるんだよなあ
陸自が大失敗こいた価格は置いといても適正価格でもお高いしランニングコストも食う

曲がりなりにも陸軍がでかい北朝鮮を相手にする韓国(後k2戦車微妙)や、上陸されたら独自技術も輸入も規制されてるせいで古い戦車しかない台湾軍なら他を犠牲にしてでも調達する価値はあると思うが
29 : ななしのよっしん :2016/04/06(水) 22:22:44 ID: KsNMGdyj2v
コブラ「輸送ヘリの護衛や可なら自軍地に突破してきた敵戦車をぶち殺しに対処しにいくやで」
パッチソ連機甲軍のに突入して第二梯団直接く!」
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015