単語記事: 教育

編集

教育(きょういく)とは、む(はぐくむ)ことである。人間を成長させるために物事を教えること。勉強や一般教養などを長い期間で身につくようにさせること。立にするために躾けることなど。

概要

教育には様々な教育が存在するが、人間以外の動物哺乳類の場合はそれを産んだ親が子供を独り立ちできるまで面倒を見る場合が多々見られる。人間の場合もそれと同じで親が子供を一人前にするために、物事を教えたりする。教育の基本は「独り立ちできるように」が大まかな基本になってくる。

また、親以外の教育にあたっては、日本の場合は教育の義務が憲法で決まっており初等教育、中等教育、高等教育と分けられ、それを行う施設を学校と呼ぶ。

教育のあれこれ

例えば、そこにある物質があるとしよう。それが危険か否かを判断するためには事前にそのような情報を持っていなければならない。それを施すのが教育と言える。

また、自分が行動するにあたって、その場においてどのような振る舞いをするべきなのか、それを考えて行動できるような人間へと成長させる。教育に携わる者は、多様な意見を包括し、なおかつそこから最良の判断を行えるようにしなければならないだろう。

ここでは単に知識の吸収及び理解だけでなく、集団生活などにより、社会において自立のできる人間を育成するのである。問題としては、学校教育の差によりの格差などが生じるという意見もある。

専門機関教育には多額の投資が伴うものである。そのため、低所得者層においては、大学はおろか高等学校に進学するのにも悩ましい者がいるのも事実である。一方で就職については学歴が伴うことがある。そのため、希望の就職ができないということも考えられるのである。

大きな視点で見ると、発展途上や後発開発途上などでは、学校教育を受けることのできない、またはできなかった者が多く存在する。この事により、職業の選択に制限が生じたり、場合によっては生活に支障が生じることもある。

また、日本などでは偏差値による格差が構築されることが問題視される。

そのためその学校の試験が難関か否かで価値観が決められるということで、学問や勉強の本質よりも学校名の方が重要視されるのではないかと懸念される。これにより学歴による劣等感が生じている。

関連動画

関連商品

 

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E6%95%99%E8%82%B2
ページ番号: 1984995 リビジョン番号: 2519002
読み:キョウイク
初版作成日: 09/03/15 18:49 ◆ 最終更新日: 17/08/29 09:34
編集内容についての説明/コメント: 関連項目追加
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

教育について語るスレ

148 : ななしのよっしん :2017/08/21(月) 18:55:22 ID: cvfgZkFKvv
>>147
やる気のない無能なんて死ねばいいのにとしか思われないわけで・・・
むしろ絶え間なく競争させるために学校デスレースにしようとしているのが最近のトレンドだよ。
ゆとり教育失敗した時点で方向性はとっくに決まっていた。

自分が何物か分からなくてもとりあえずの前の敵を倒せばいい事だけは分かる。
そういう戦闘民族になる以外に日本人この先生きのこる術はいと思うね。
元々日本教育ってのは少数のリーダーではなく多数の戦闘員を作る事に向いていた。言わば原点回帰さ。
149 : ななしのよっしん :2017/08/30(水) 07:56:20 ID: 9ol1n7X1TO
教育ってのは、共同体精の涵養、私達は助け合いましょうという政治における基本原理の「私達」って部分をどう植え付けるかという国家にとっては生命線の部分を担うところだから、過度な競争義、少なくとも同級生すら敵と見なすような殺伐とした世界を作るのは的じゃない。

徳教科書で問題になったように上からの押しつけとしての共同体義は人間の精にとって不自然過ぎて合わない。ルソーも説いてるけどどう自発的に人間としての自然な感情を政治市民として繋げていくかが重要。
ゆとり教育も過度に宿題を押し付けず、子供の自発性を高めて、創造のある子供を担保するという理想があったわけだが、社会政策で参照したのがもろにアメリカ自由義だったせいか、教育の充実にはフォローがなく、私学一辺倒、持ちは良い教育という今も続く悪弊を残してしまった。
やっと高校償化まで来てるが、質については地域によってバラバラ教師も子供の関心に沿った事を行う余裕がない。
私学だけではアメリカ社会で起きてる分断化の二の舞いに陥る。
日本教育は均質性と修学意欲を高め
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
150 : ななしのよっしん :2017/09/07(木) 02:44:16 ID: cvfgZkFKvv
>>149
言うてそういうのノリノリで進めてきたのが他ならぬ日本政府ですやん・・・?
新自由主義に基づくグロバル経済の下、「もはや籍にこだわる時代は過ぎ去りました」と首相が直々に述べるような今の世の中では、同級生だからと条件にれ合う子供は時代遅れになったのではないか。
戦争は変わった」と言うかさ、戦略が変われば当然戦闘員の質も変わってくるよねっていう。

元々日本社会ってのはアメリカの後追いをする性質があるわけで、分断は望むところなのではないか。
そこをフォローするのが徳教科化を始めとする愛国教育なわけで、少なくとも政治家の中では全てのロジックが一直線に繋がっているように見える。
151 : ななしのよっしん :2017/09/07(木) 03:07:55 ID: cvfgZkFKvv
平成25年と諸外の若者の意識に関する調
http://www8.cao.go.jp/youth/kenkyu/thinking/h25/pdf/b2_3.pdf

ちなみにこれが政府直々の世論調査なんだけど、既に日本人アメリカ人以上に教育に価値を感じていない。
そりゃ学校が遊ぶために行くモラトリアムの場だと思われるし、償化なんて税金の無駄遣い呼ばわりされますわなって感じ。むしろ徹底的に狭き門にしてふるい落とすぐらいでいいんじゃないかな

ぶっちゃけN高とか、ツタヤ図書館とか、ああいう露企業策でやってま~すって感じの施設の方が日本らしいと思えるよ。「エコノミック・アニマル」の二つ名伊達じゃないぜ?
152 : ななしのよっしん :2017/09/07(木) 14:04:06 ID: 9ol1n7X1TO
>>150
政府追認するだけでいいなら苦労しないわ。じゃあ次は政府の言うとおり移民受け入れ?今まで以上に分断社会になるわ。経団連の言うことと同じことするのやめよういい加減。日本に階級社会作り出してなんとする?
基本的に近代化してからは階級がくなり、階層上昇の可性を教育で担保することで、連帯を保ってきた。それをくすということは再び階級社会に戻るということだが、仮にそうだとしても統治側による恩恵が必要。それも放棄して法人減税だとかなったらいよいよ末期日本社会そのものが消滅する。

>>151の結果も現状の教育への不信感だろう。技術や才を伸ばすといった項ヨーロッパは高く日本が低いのはその点に現れている。
そもそもモラトリアム期間ってのは複雑化した社会に対応するための人間を育てることだぞ。
教育導入した明治時代より現代はより複雑化したが、教育の必要性は下がるどころか上がっている。教育の内容も十分とは言えない。私学と立の格差も大きい。
あと多分それ内閣府の資料だけど少なくとも教育
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
153 : ななしのよっしん :2017/09/08(金) 00:03:03 ID: cvfgZkFKvv
>>152
個々の政策の是非についてここで議論する事は避けたいが、
教育なんてものは本質的にその政策ひいては政権を擁護する的を含んでいるもんだよ。
だから立よりも私立の出身者の方が賢いと看做される事は少なくない。
ましてここはうるさい日本だ。税注ぎ込むからには当然それだけの見返りがあるんだろうなと、民自身が厳しく要する。今の世の中民が望んだ結果でもある。

それに、歴史的に見れば日本は十分階級社会だったよ。
貧民窟があって、小作農がいて、貧しいは遊へ、貧しい息子へ売られてゆく。それが戦前までの日常だった。「格差社会」という言葉が当たり前に飛び交う今、日本は再びそういう世界に近付いている。
社会はとっくに殺伐としているのであり、そんな時代に他人の子供を支援しようなどというお花畑としか思われない。教育を受けさせる余裕のある家族は、ライバルが減って良かったとほくそ笑むだけさ。
154 : ななしのよっしん :2017/09/08(金) 00:21:17 ID: cvfgZkFKvv
ちなみに徳の教科化は平成30年から。調があった当時に一般人の関心が高かったとは到底思えない。
むしろ、直前までの民主党政権下の世相を反映している可性の方が高く、まさに高校償化や子ども手当といった不人気政策への反動が表れているのではないか。
だいたい、労組教祖バックに付けた左政党があの程度の対処療法しかできなかった事自体が日本人教育への関心の低さを物語っている。だったら素直に自民流の愛国教育でいいだろう。

モラトリアムについては、Wikipediaにこんな面い表現があった。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A2%E3%83%A9%E3%83%88%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%83%A0
日本では、小木啓の『モラトリアム人間の時代』(1978年昭和53年))等の影で、社会的に認められた期間を徒過したにもかかわらず猶予をめる状態をして否定的意味で用いられることが多い(食系も参照)。

ソースWiki(笑)と侮ってはいけな
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
155 : ななしのよっしん :2017/09/08(金) 02:15:49 ID: 9ol1n7X1TO
>>153-154
ほくそ笑むのは良いんだがどこ線なの?自称持ち勝ち組ってこと?
あと格差社会でいいとか言ってるけど、教育の機会がないってことは大半の日本人グロバルスタンダードから外れていく、底辺への競争へ向かうってことだけど良いの?
日本が成功したのは教育に熱を注いで、学校制度をたった20年で普及させて、追いつき追い越せでやったおかげでしょ。
戦後の焼け野原から立ち上がれたのだって、その当時の上の世代が基本的に教育の大事さを知ってたから、戦前中世代の子どもたちに勉強させてたんでしょ。
大学がいつの頃からかサラリーマンへの通過儀礼と化してから意味をくしていったってのはもそう思う。だけどそれって日本衰退の始まりであって、それでも日本なんとかなるわけじゃない。
階級社会に戻るのは勝手だけど世界は持てる人材を使い切ろうとするところばっかだよ。何で江戸時代みたいな鎖国的思考になるのかわからん。実際の江戸時代のがマインド的には教育の大事さを下層武士まで知ってたと思うが。
中にある頭を集めるしか資
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
156 : ななしのよっしん :2017/09/13(水) 01:08:42 ID: cvfgZkFKvv
>>155
>自称持ち勝ち組ってこと?
自称かどうかは知らんが、ライバルなんか一人でも少ない方が良いに決まってますわなw

格差社会が直ちに日本を滅ぼす事にはならない。よく子供の6人に1人が貧困とか言うけど、残りの5人から十分な人材が供給されるならそれで社会は回して行けるんだよ。
まして既に衰退してると言うなら、尚更限られた資を慎重に使わなければいけない。前に書いたけど、底辺学力を底上げするのとエリート学力にブースト掛けるのでは最終的な効果が何十倍も違ってくる。
切り捨てられた1/6から日本の将来を左右する天才が出てくるなんて、それこそ「ガイアの夜明けの見過ぎ」ってやつだ。現実にはエリートが産む子が圧倒的に次世代のエリートに成長している。
そんなことよりせっかく焚き付けた闘争心が弱まる方がはるかに有だというわけ。
157 : ななしのよっしん :2017/09/13(水) 22:45:30 ID: 9ol1n7X1TO
>>156
エリートを決めるのは誰?エリートを決めるエリートがいるってこと?
エリート義はありえる立場ではあるが、それを全般化した場合、寡頭制になりもはや民主主義国家の前提である民共同体としての一体感放棄することになりそう。小さな国家なら実験的にやれるかもしれんが、人口的にも大多数抱える所が採るべき戦略なのかね。
実際にやってるで巨大なところは中国ロシアだが、どちらも情報統制も同時にしてる。自由を過度に奪う社会って不安定化しやすいし、自分は支持できない。
あと日本って自由義が縁故義と結びついて、競争の自由が理念負けしてるように思う。学校資本主義化とでも言うような。より官僚と近い関係を結んだところ、つまり下り先、が補助も貰えるシステムだし、大学革もそのせいで数だけ増やして淘汰できてないし。
こういった官僚優位の場合、どうやってエリートを倒すエリートは育てればいいのかな。政治家は官僚を倒すほど組織も資もないし、市民団体はいわんや。マスメディアスキャンリズム以上のことは出来ない。
もが納得
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
ニコニコニューストピックス
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829