単語記事: 数の暴力

編集  

数の暴力とは、ある集団が多数あるいは大人数であるために自集団は正しいと錯覚し、それが原因で小数が握りつぶされたり、誤った判断がまかり通って全体に不利益を発生させてしまうこと、または、その人数の多さを意図的に濫用してづくで理を押し通すことである。

概要

どんなものであっても、少数より多数の方が強いということは通常は当たり前であるし、皆が望んでいることはするべきであるから、「多数決で決める」というのは民主主義の原則の一つである。

しかし、極端な例ではナチスドイツユダヤ人虐殺のように、「大多数にとって少々邪魔だから」という理由で小数づくで全に叩き潰したり、極度に劣悪な扱いをするといったことは現在正当化されていない。
理由としては、人間はだれしも何かしら人と違う点があるため『明日が身』であること、現在一般に正しいとされている価値基準に何かしらの間違いがある(現状や時勢に合わなくなった)場合でも、それを是正しようとする者は初めは少数異端であることになるためそれを握りつぶすと自浄作用が働かなくなるなどの理由が考えられる。
身近な例だと、「学級委員を決めるときに事前に口裏を合わせてその集団以外のかを一斉に名する」といった例がある。

また、「信号 みんなで渡れば 怖くない」や「みんながやってるから」というように、人間は集団になると自分は正しいと思うようで、責任感や罪悪感が減る傾向にあるため、集団化することで自分の集団に有利な、かつ全体に不利益が出るような理を押し通してくる場合がある。
しかも、たとえそれが正しくなかろうとも、集団化されると影が大きくなるために視できないのも事実で、しぶしぶ妥協しなければならないことが多い。

これらのように、自身が属する集団が多数であることを悪用して、あるいは意図せずに明らかに理にそぐわない要を押し通すことを「数の暴力」という。

それ以外の用法

通常このにおける「暴力」は「物理攻撃」ではなく、「理不尽」や「不正」といったような意味であり、「多数だからという理由で正しいかのように錯覚し、全体に被害を与える」ことについて言うである。

かしこの「暴力」を「物理攻撃」と解釈し、多数の勢小数を囲んで一挙に叩き潰したり、一人では弱いものを束ねることでかに強い敵をフルボッコにするというような場合に言う時もある。本来ならば「物量作戦」「飽和攻撃」という方が近いが、「大人数は強い」という理屈は一緒でありあながち間違いではない。
この場合は、始めから相手を叩き潰そうとして使うのであるから、不正ではなく立な戦術の一つであり、意図して多数対少数になるように仕向けることで単純な物量差以上の優位に立てると言われている。(→ランチスター法則

ただし、集団である以上ひとりひとりが強くなったわけではないため、群れることで自身の安全を図っている小クジラ(と人間)に対してはどんなに大群でも一網打尽されてしまうように、策略や範囲攻撃で一挙に壊滅させられたり、圧倒的なを持つ精鋭に対しては悲しいぐらい簡単に蹴散らされてしまう場合もある。

特に、強要されて集まっていたり上の用法にあるようなしょーもない理由で群れになっている文字通りの雑魚の場合、一致団結すれば十分勝てる戦差であるにもかかわらずパニックになってあっけなく壊滅するという場合が多々ある。(→無双

数の暴力と呼ばれる物の例

通常の意味

その他の用法

どちらも

関連動画

↓物量作戦

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E6%95%B0%E3%81%AE%E6%9A%B4%E5%8A%9B
ページ番号: 1775554 リビジョン番号: 2533412
読み:カズノボウリョク
初版作成日: 09/03/05 19:08 ◆ 最終更新日: 17/10/18 20:34
編集内容についての説明/コメント: ポピュリズム追加
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


中途半端な旧式がさー、いつまでも出張ってんじゃねーよー

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

数の暴力について語るスレ

281 : ななしのよっしん :2017/11/13(月) 20:49:54 ID: vmbWjUwQux
「数は正義」って潮は小泉政権の頃から顕著になってたが第2次安倍政権でより深刻になった。

この潮に流されて小泉橋下小池安倍を支持しちゃう人に
数の暴力」を振るってるという自覚は全くない。
あちらさん視点では正義の行動(正義の根拠は多数だということ)だから。
282 : 削除しました :削除しました ID: CE//hyTbtv
削除しました
283 : ななしのよっしん :2017/12/13(水) 12:22:58 ID: qR21zLu/WL
の戦いはなんで2000で10万に勝てたんです?
284 : ななしのよっしん :2018/02/07(水) 07:06:08 ID: QMReLaA2Rn
>>282
少数の意見は尊重されるべきだが、少数の意見だけを通すのも民主主義とは言えないけどな。
審議不十分だと言って引き伸ばすのは良しとしても、(与党の法案に)絶対反対だと言って
285 : ななしのよっしん :2018/02/07(水) 07:53:22 ID: QMReLaA2Rn
(続き)対話を投げ捨てれば、多数の与党(と民)からすれば「いよいよ多数決するしかない」と言う空気が固まる上に少数への失望感は増大する。
さらには意味な歩戦術や自らをみない個人攻撃等、普段の行いが積み重なった結果、立場を失っていった。
要は数の暴力以前に横暴が過ぎて想を尽かされたと見るのが正しいと考える。
286 : ななしのよっしん :2018/02/13(火) 17:55:55 ID: vmbWjUwQux
関係が薄い人が多数だけど、ある少数には切実な問題で、かつ別の少数が対立してる、
しかもその少数の一方は権側、こういうときの数の暴力はタチが悪い。
本来少数の一方が権を使って多数を味方扱いできるから、もう片方の少数血祭りに出来る。
具体的には生活保護関係、基地問題、障者福夫婦別姓難民問題とか。

>>284
2つほどツッコミどころがある。
1つ、歴史を見れば多数の意見が全面的に間違ってることもわりとある以上、
少数が意見を全に通そうとすること自体を否定するのはおかしい。
2つ、そうやって野党は対話を投げ捨てた、歩戦術は意味だ、個人攻撃に走ってる、と
民を反野党へ誘導するのは数の暴力を振るう側・万年与党の常套手段。
野党の言動がいつもそうとしかに映らなくなった人は万年与党中とでも呼んでいい。
そういう民が結構多いのが日本現実だけど。
287 : ななしのよっしん :2018/02/18(日) 02:58:43 ID: TM6t5zcmpI
>>284
民主主義って本来、少数と多数両方が共存していくを探すものであって
お互いどっかこっか妥協する面はあると思うけど一方だけを絶対的な正義とするのとは違うと思う
288 : ななしのよっしん :2018/04/26(木) 12:49:13 ID: X2H4uq6ihY
められるのは「エビデンス至上義」だ!!!
289 : ななしのよっしん :2018/05/19(土) 08:54:14 ID: QRWNP4F/5B
ナルトの影分身
290 : ななしのよっしん :2018/06/09(土) 15:13:42 ID: ddbab3eLbE
いじめでもよくある事だよねぇ
特に罪悪感が薄れるってのが
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829