単語記事: 文学

編集

もしかしてFate

え?違う?

概要

詳しい説明はWikipediaを参照してもらうとして、ここではかいつまんで説明していく。

 文学は言表現を利用した作品、あるいはそれを研究する学問(こっちは文芸学とも言うらしいが)をす。

文学(作品)

 前述の通り。たまに「『文』学なんだから文字を使った作品だけじゃないの?」と言われたりするが、口承でしか伝わっていないものも文学の中に含むのである。物語も元々は法師の口承による作品だしね。
また日記俳句、さらにはオペラとかライトノベルとかビジュアルノベルも、(上の定義に従えば)文学の範疇だったりする。このように文学す範囲はかなり広いので、別にある作品が文学であることはその作品の質が高いとか権威があるということとイコールではない。注意しよう。
 純文学大衆文学でしばしば議論が巻き起こったりするけど、個人的には純文学だろうが大衆文学だろうが面いものは面いし、つまらないものはつまらないわけで、 そんな区分けに意味いよなー、と思います。[要出典]純文学にあらずんば文学にあらず」とか「ハイカルチャー(笑)」などと読まず嫌いせず、どんな本でも読んでみるのが吉。青空文庫でも可。

文学(学問)

 学問としての文学もかなりす範囲が広いが、簡単にまとめるとすれば「特定の作品や作者を探したり、同じ時代の違う地域における作の違いを研究したりする」学問のことをす。ちなみに前者については作品論・作者論、後者については較文化学というらしい。他にも色々あるけど詳しくはググれ
 大学では、一つのや地域に焦点を当てて学科の分類がなされることも多い(例:日本文学科、フランス文学科、英文学科など)。当然だが、フランス文学専攻ならフランス語、英文学専攻なら英語が出来ることが必須となる。なぜなら、第三者によって日本語に訳された作品では訳者の意図や解釈が入り込んだり原文における言い回しが変わってしまい、研究に支障が出てきてしまうである。まあ文学研究者なら原文で読めて当然だよね!
 それを聞いて「なら日本文学なら日本語だから楽勝だぜw」と甘い考えを抱いている方がいるかもしれないが、そっちもそっちで古文漢文が出来ないと全くついていけないし、さらに言えば伊勢物語源氏物語のあらすじや百人一首の内容は全て覚えていて当然の世界だったりする。(いずれも古典世界における必須知識であるため)
仮に近現代に研究対を絞るにしても、作品によっては百人一首源氏物語から言い回しが引用されたり、作者古典文学に影を受けていたりするので結局やるはめになる。それでも外国語を勉強するよりは数倍楽だけどね!

関連動画

文学タグは既存の作品の朗読や作品・作家紹介の動画につくことが多い。

 

関連商品

関連項目

一般

ジャンル

ニコニコ動画

その他


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E6%96%87%E5%AD%A6
ページ番号: 4332404 リビジョン番号: 2368192
読み:ブンガク
初版作成日: 10/04/10 09:46 ◆ 最終更新日: 16/06/02 00:56
編集内容についての説明/コメント: 「関連項目」>「その他」に「フランス文学」を追加しました。
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

文学について語るスレ

75 : ななしのよっしん :2016/09/10(土) 17:18:28 ID: GUdkIqqbin
>>74が言いたいこと形にしてくれたわ
文学の立場に立つ人間が率先して文学を貶めてる気がして々としていた
76 : ななしのよっしん :2016/09/23(金) 04:33:38 ID: V1VcposRQL
https://archive.is/pt0sR
https://www.jinsei-bungaku.jp/sp/
いつのまにかキャッチコピーがごっそり書き換えられていた

つー芥川賞作家円城塔とかが普通アニメ見たりアニメの脚本書いたりアニメ原作者やってたりするような昨今に文学アニメ対立煽りって時代錯誤にも程があるわ
77 : ななしのよっしん :2016/12/17(土) 19:47:35 ID: rvD061Gg5/
今年のノーベル文学賞はまさに「文学」の領域を拡するものだったな
78 : ななしのよっしん :2017/01/10(火) 01:01:12 ID: H7g+rfCXX3
文学って高尚なイメージあるけど昔は今のアニメとか漫画みたいな扱いだったってマジ
79 : ななしのよっしん :2017/01/10(火) 01:09:11 ID: YRDrVdiIfT
だって手軽に持ち歩ける昔の娯楽っつったら本とかそういう書物ぐらいだし・・・
80 : ななしのよっしん :2017/02/13(月) 13:50:29 ID: Id6OKKzMif
>>78
昔が何時をすのかにもよるけど明治昭和にかけてであれば寧ろ今より高尚だと思われてたんでない?(実際に高尚だったかは別として)
今より文学ステータスは相対的に高かったであろう事は想像に難くない。文学という概念自体が舶来品だしね
江戸時代まで遡ると町人文化の一環だからそれこそ今でアニメ漫画ラノベの感覚に近いものがあったと思うよ、内容もかなり露に性的だし
81 : ななしのよっしん :2017/02/13(月) 13:57:53 ID: Id6OKKzMif
日本文学の地位というか中心の推移ってこんな感じじゃない?
安〜室町時代貴族文化
江戸時代:町人文化
明治昭和:西洋文化・文系学問への入口としての文学、その辺縁として大衆文学
平成以降:大衆文学[何とか賞かんとか賞系]&ラノベ、そしてWeb小説の時代へ
82 : ななしのよっしん :2017/03/28(火) 12:09:23 ID: xarcB5YSHy
>>81
細かい話をするには乱暴過ぎだけどごく大まかなイメージとしてはそれでいいと思う。
ただ、Web小説については現在進行系過ぎてその現を「Web小説」と言っていいのかもわからない。
個人的には、出版社や放送局を介さず老若男女が言葉や映像や音などをマスに発信し
その結果として文学になりえる文章が爆発的に増えてスゴイってのが根幹にあって
Web小説はその枝葉の一つに過ぎない気がするけど
83 : ななしのよっしん :2017/03/28(火) 12:11:45 ID: xarcB5YSHy
>>82
×文学になりえる文章
文学になりえるモノ
84 : ななしのよっしん :2017/03/28(火) 12:19:07 ID: Zlh6WDLoSF
難しそうってイメージあったけど歴史ある文化だけあってどんな人でもお気に入りの本が見つかって楽しい
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015