単語記事: 文学

編集

もしかしてFate

え?違う?

概要

詳しい説明はWikipediaを参照してもらうとして、ここではかいつまんで説明していく。

 文学は言表現を利用した作品、あるいはそれを研究する学問(こっちは文芸学とも言うらしいが)をす。

文学(作品)

 前述の通り。たまに「『文』学なんだから文字を使った作品だけじゃないの?」と言われたりするが、口承でしか伝わっていないものも文学の中に含むのである。物語も元々は法師の口承による作品だしね。
また日記俳句、さらにはオペラとかライトノベルとかビジュアルノベルも、(上の定義に従えば)文学の範疇だったりする。このように文学す範囲はかなり広いので、別にある作品が文学であることはその作品の質が高いとか権威があるということとイコールではない。注意しよう。
 純文学大衆文学でしばしば議論が巻き起こったりするけど、個人的には純文学だろうが大衆文学だろうが面いものは面いし、つまらないものはつまらないわけで、 そんな区分けに意味いよなー、と思います。[要出典]純文学にあらずんば文学にあらず」とか「ハイカルチャー(笑)」などと読まず嫌いせず、どんな本でも読んでみるのが吉。青空文庫でも可。

文学(学問)

 学問としての文学もかなりす範囲が広いが、簡単にまとめるとすれば「特定の作品や作者を探したり、同じ時代の違う地域における作の違いを研究したりする」学問のことをす。ちなみに前者については作品論・作者論、後者については較文化学というらしい。他にも色々あるけど詳しくはググれ
 大学では、一つのや地域に焦点を当てて学科の分類がなされることも多い(例:日本文学科、フランス文学科、英文学科など)。当然だが、フランス文学専攻ならフランス語、英文学専攻なら英語が出来ることが必須となる。なぜなら、第三者によって日本語に訳された作品では訳者の意図や解釈が入り込んだり原文における言い回しが変わってしまい、研究に支障が出てきてしまうである。まあ文学研究者なら原文で読めて当然だよね!
 それを聞いて「なら日本文学なら日本語だから楽勝だぜw」と甘い考えを抱いている方がいるかもしれないが、そっちもそっちで古文漢文が出来ないと全くついていけないし、さらに言えば伊勢物語源氏物語のあらすじや百人一首の内容は全て覚えていて当然の世界だったりする。(いずれも古典世界における必須知識であるため)
仮に近現代に研究対を絞るにしても、作品によっては百人一首源氏物語から言い回しが引用されたり、作者古典文学に影を受けていたりするので結局やるはめになる。それでも外国語を勉強するよりは数倍楽だけどね!

関連動画

文学タグは既存の作品の朗読や作品・作家紹介の動画につくことが多い。

 

関連商品

関連項目

一般

ジャンル

ニコニコ動画

その他


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E6%96%87%E5%AD%A6
ページ番号: 4332404 リビジョン番号: 2229255
読み:ブンガク
初版作成日: 10/04/10 09:46 ◆ 最終更新日: 15/07/08 01:02
編集内容についての説明/コメント: 「関連項目」に「詩人」「歌人」「文学賞」を追加。「[要出典]」の部分のhtmlタグ調整。不要そうな半角スペースを1か所除去。
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

文学について語るスレ

51 : ななしのよっしん :2013/09/01(日) 17:51:49 ID: ZMuN4vjYAw
>>43
その手の芸術至上義は20世紀にれた
今はポストモダンの時代
52 : ななしのよっしん :2013/10/26(土) 05:36:32 ID: pEzpprVQMz
文学を窮屈なものにしているのは>>43みたいな、どこかで読んだ19世紀的なワンフレーズを、よくわからないまま権威的に振り回す人たち。
53 : ななしのよっしん :2013/10/29(火) 13:32:24 ID: pEzpprVQMz
>>46
やや、そういうことじゃないんだよ。
わかってると思うけど、何が芸術か、何が文学かっていうのはや時代(文化)ごとに違うんだよね。

「これ面い!」だけで成立するのが娯楽だけど、そうじゃなくて、これ面い!興味深い!…と思うのは何でだろう?(文化、お柄、民族史、人間心理…など)みたいなところまで踏み込まなくちゃいけないのが文学とか芸術なわけで。

そういう「~とは何か」の書き換え作業のうねりというか、ダイナミズムそのものも定義のなかに含めないとマズイことになる。だから便宜的に芸術の定義はされているけど、それはいろいろなを包摂できる大が定められているだけで
54 : ななしのよっしん :2013/10/29(火) 13:48:44 ID: pEzpprVQMz
辞書的な「文学」と実際の「文学」はもちろん異なる。だから文学の良し悪しをるときは自明性(あたりめーだろ!みたいな常識)を一回排除して「文学の評価基準」みたいなものをちゃんと提出しないといけなくなる。簡単に言うと~義ってやつ。で、ここで挙げられた名前でいうと、プロレタリア文学の名作が必ずしも芸術至上義者たちに評価されるとは限らない。
ちなみにラノベ文学ではない。商業的なレーベルの総称とかそんなんだから。でもラノベのなかに文学と呼べる作品はあるかもしれない。
55 : ななしのよっしん :2014/06/10(火) 23:28:32 ID: Qg4jMl/0Kh
なんとなくだけど、文学は美術よりも裾野が広いというか、
そこまで権威化されていない感じがする。

だから何を「文学」とするか、なんてのも意味を成さない感じもある。
ただ忘れられるか、忘れられないか。
56 : ななしのよっしん :2014/06/10(火) 23:38:11 ID: B8hKYVJzTw
>>53>>54が既に摘してるけど、この記事にあるみたいな、

>個人的には純文学だろうが大衆文学だろうが面いものは面いし、つまらないものはつまらないわけで、 そんな区分けに意味

っていうのが、よくある誤解なんだよね。
「面い、面くない」という基準が全部だろ、っていうのは、
一見自明に見えて実はすごく視野が狭い。
「つまんないけど学問としては価値あるよね?」という視点が持てないと、
この議論はすごく非生産的だと思うわ。
57 : ななしのよっしん :2014/07/03(木) 00:28:07 ID: ycwBNL5wdB
19世紀末から20世紀の初頭には国家による総戦の態を成してくる際に、欧州米国をはじめ日本においても大きな下支えとなった
その美しさ、面さ、学術的な側面とは別に、ある一定の範囲の集団にて認識出る共通知として、国家民という概念を形成するに大いに用いられた
それもまた、今日では文化となる
58 : ななしのよっしん :2014/11/04(火) 15:59:19 ID: noEWsQQcQg
吉野家コピペ文学か否か
59 : ななしのよっしん :2014/11/13(木) 17:38:05 ID: 8Qn1HWZq8T
吉野家コピペは説話文学
60 : ななしのよっしん :2015/12/20(日) 18:25:36 ID: noEWsQQcQg
人の心を的確にえぐる地獄のミサワこそ文学

あと一部のお笑い芸人もあてはまるかも
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015