単語記事: 斉藤始

編集

斉藤始とは、アニメ宇宙戦艦ヤマトシリーズの登場人物である。地球連合軍の騎兵隊の隊員(本記事では、騎兵隊についても簡単に記述する)。苗字が「斉藤」か「斎藤」かは、資料・書籍によって異なる(両者の苗字は厳密のは別のものらしい)のだが、ここでは『巡る舟』の公式ホームページに準拠して「斉藤」とする。旧作でのCVは、シリーズ題歌を歌う、ささきいさお。『宇宙戦艦ヤマト2199』では東地宏樹

ネタバレ注意 この項は、ネタバレ成分を多く含んでいます。
ここから下は自己責任でお願いします。

概要

な登場は、対白色彗星帝国戦役時の『さらば宇宙戦艦ヤマト』と『宇宙戦艦ヤマト2』。年齢は定かではないが、古代進より年上であることがわかっている。

宇宙戦艦ヤマト2199』では、TV本編には登場しないが、劇場版巡る舟』に登場。容姿は旧作とほぼ同じだが、左下には大きな十字傷がある。出身は鹿児島で、年齢は27歳(古代進より7歳年上)ながら階級は宙曹長。ヤマト2199世界では士官補生に与えられる階級は准尉であるらしいので、叩き上げで下士官の(ほぼ)最高位まで昇進したようである(度重なる戦闘による人員の損耗も影しているだろうが)。

騎兵隊は、対要塞攻略戦、対テロ戦、敵地への降下戦、艦内での兵戦など、危険で特殊な任務を担当する部隊と位置付けられ、20世紀前後の海兵隊とほぼ同じ部隊と定義されている。上陸用舟艇や背負い式の個人ロケット、多弾頭といった大きな装備も使用するが、基本的な戦闘スタイルライフル小銃ナイフ手榴弾などの携帯式の武器を用い、時には肉弾戦を行う歩兵である。その任務の危険性から隊員たちには粗野なほど放な人間もかなりおり、また、宇宙船に不慣れで宇宙酔いをすることもあったりして、艦船の乗組員とトラブルを起こすことも少なくないが、本領たる陸戦においては精強そのものである。

斉藤始も、柔道空手レスリングその他いろいろ合わせて23段という武術の達人である。

『さらば』『ヤマト2』

ヤマトに乗艦するまでの経緯は「さらば」と「2」で異なるが、宇宙の彼方から送られてくる警告メッセージの正体を、令部の制止を振り切ってでも確かめようと発進したヤマトと行動を共にする点は同じ。「さらば」では、ヤマトの行動を見守っていた堂長官の密命を受け、30名の部下と共に助っ人としてヤマトに乗り込んだ(いわば「仕事」の一環であった)ためか淡々としており、特にヤマト乗組員との接点もほとんど描かれなかった。「2」では第11番惑星の守備隊長であったが、コズモダード・ナスカ艦隊の奇襲を受けて苦戦していたところをヤマトに救出され、ヤマトに乗り込む。当初は、戦いに敗れたという屈折した心理や、軍種の違いによるギャップのため、ヤマト乗組員とのトラブルが耐えなかったが、戦いの中で次第に打ち解けていく(映画にはい、コミカルシーンも見せている)。

テレザートの戦い、バルゼー艦隊(および兵站基地)との戦い、デスラー艦での兵戦といった危険な任務を果たし、最終的には都市要塞攻防戦で、戦死と引き換えに要塞動力部の爆破に成功する。古代と別れる際、自分より年下の古代を「兄貴のように感じていた」とった。斉藤の動力部破壊によって白色彗星帝国都市要塞を放棄せざるを得なくなったことが、最終的な白色彗星帝国敗北へと繋がっている。

『星巡る箱舟』

映画の冒頭と最終盤に、土方竜山南修九郎といった留守番組のメンバーと共に登場する。面駐屯地に配備された、騎兵第7連隊の一員。

駐屯地はガミラス空母の攻撃を受けて大きな被害を受け、斉藤たち生き残った隊員は救援を要請するが、なかなか助けは来なかった。いつ来るかわからない救援を待つ間に隊員たちは尽きていき、ようやく宇宙戦艦キリシマ生存者を収容しに来たときには、連隊長桐生悟郎も死んでしまっているなど、連隊は壊滅状態であった。奇襲直後は、もっと大勢の生存者がいたらしく、斉藤は「もっとく来てくれれば、連隊は壊滅しなかった」と死んだ仲間たちの認識票の束を示して土方たちに抗議するなど、仲間思いな面が描かれている。一人の下士官に過ぎない斉藤が、上人にも等しい将官の土方に食って掛かるというのは、厳罰を受けてもおかしくない大変な行為で、山南も「おい、おい」とたしなめていた。土方が咎めなかったため大きなトラブルにはならなかったようだが、実は大変な状況だったのである。

地球帰還後は極東管区地下都市の治安部隊に配属され、治安維持の任についていた。ヤマト地球抜錨から約11ヶ後に地球に向けて通信を送り、堂長官や土方と連絡を取った際、地球側の通信画面に斉藤の姿は映らなかったが、現場に同席していたことが描かれている。

桐生親子との付き合い

隊長桐生悟郎とは入隊前から懇意にしており、また、彼の桐生美影からはのように思われているなど、家族ぐるみの付き合いをしていた。

考えてみると、桐生美影とは似た者同士で、相性が良いかもしれない。それを示す旧作エピソードが以下の通りである。

宇宙戦艦ヤマト2 第18話より)

斉藤が気持ちよさそうにグースカ寝ているとき、艦内放送で注意喚起があった。
 艦内放送「今より、の限度いっぱいのワープを行う。衝撃が大きいから全員事故のいよう、十分注意するように」
ベルトを締めなくては危ないため、隊員が寝ている斉藤に注意を促す。
 隊員「隊長、起きてください。ワープですよ」
だが、寝ぼけた斉藤トンチンカンな反応をする。
 斉藤スープなんかいらねえよ」
 隊員「スープじゃなくてワープです」
ここで寝ぼけパンチと共に
 斉藤「ロープだと? がいつ首つるって言った?」
と言う始末。とばっちりを受けた隊員は、さじを投げた。
 隊員「オレ、知らね」
そして、どんがらがっしゃーんワープ後、医務室に担ぎ込まれた斉藤は弱々しく言った。
 斉藤が痛てえ~。背中も足もバラバラだ・・・」

二人には、どんがらがっしゃーん、という共通点があるのだ。

もう一つの辛い戦い

巡る舟』では、ヤマトガミラスガトランティスといった3勢それぞれの思惑と戦いが描かれ、そこに注が集まったが、もう一つ描かれた戦いがある。それは、斉藤たち地球に残った者たちの苦闘である。

冒頭からして、地球の苦しい状況がわかる。斉藤たちは救援が遅かったことを憤っていたが、救援は「ついで」に行われたに過ぎなかった。地球にはもう、満足に動かせる宇宙船は少なく、船があっても動かすエネルギーに事欠いているような状態である以上、何かの「ついで」でもない限り、まで行くことはできなかったのだ。地球の苦しい状況は、時間の経過と共に、更に悪化していく。ヤマトによってガミラス冥王星基地が壊滅したため遊星爆弾の脅威こそなくなったが、ヤマト計画を成功させて、コスモリバースシステムイスカンダルから持ち帰らないかぎり、人類に滅亡のしか残されていないという状況に変化はい。

計画のタイムリミットはわずか1年、それも、「必死に延命して、1年が限界」というものである。残り少ないエネルギーや食糧を浪費すればタイムリミットを縮め、たとえヤマトが予定通りに帰還できたとしても、地球が破滅しているという事態になりかねない。斉藤たち留守番組の使命は、そんな事態を防ぐことにある。

それがいかに辛い戦いであったかは、ヤマト地球抜錨から約11ヶ後の斉藤の口からもられている。来る日も来る日も、暴徒鎮圧。市民にも治安部隊にも死傷者が出続ける日々で、しかも敵はガミラスではなく、本来は守るべき相手である市民たち。斉藤は、その現場で実際に市民を向けてでも治安を維持しなければならない立場である。そして、暴動を起こす市民ばかりを責めることもできない。徳太助が闇物資を入手しないと「やっていけない」とTV本編っていたほどに配給が滞っている状況では、不満が爆発しない方が不思議である。斉藤も「こんな地、いったいいつまで続くのです?」と苦しい胸の内を明かす。

それに対する土方の返答は、「の親友(とヤマト)は必ず帰ってくると言った。必ずだ」というものであった。
何か具体的な方針や対策ではなく、決意を述べただけにも見えるかもしれないが、実際のところ、土方たち地球で待つ人々がやらねばならないのは、待つことなのである。
ヤマト乗組員は、計画の状況をリアルタイムで知ることが可だ。『巡る舟』でも描かれたとおり、地球抜錨から約7ヶを経過した時点で、イスカンダルまで到達、コスモリバースシステムを入手し、ガミラスとの停戦が成立したことで、艦長の沖田が病床にあって艦長としての職務をほとんど果たせなくなった状態でにもかかわらず、ヤマト艦内の雰囲気は非常に明るいものであった。それに対して地球では、タイムリミット直前まで何もわからないヤマトの航は順調なのか、遅れているのか、もしかして撃沈されているのではないか。堂長官すら、「ヤマトは本当に・・・」と弱音を吐きかけたほどである。それでもヤマトを信じて、自暴自棄を起こしそうな自分自身とも向き合いながら、待たねばならない。並大抵の体・精では乗り切ることができない。斉藤は知らないことだが、ヤマト艦長の沖田土方に「地球のことを頼む」と託して出発している。きっと沖田は、留守を守る役割の重要さと困難さ、期間の長さを考慮し、信頼する親友にその役割を委ねたのだろう。

土方が返答した直後、オペレーターから待ちに待ったヤマトからの通信が入ったと報告がなされる。報告を受けた土方の顔に笑みが浮かぶ。それは、ある意味ヤマト乗組員以上に過酷だった斉藤たちの戦いが、決して駄ではなかったことを知らせる通信であった。

関連動画

関連商品

斉藤始に関するニコニコ市場の商品を紹介してください。

関連コミュニティ

斉藤始に関するニコニコミュニティを紹介してください。

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E6%96%89%E8%97%A4%E5%A7%8B
ページ番号: 5366349 リビジョン番号: 2260663
読み:サイトウハジメ
初版作成日: 15/09/13 18:51 ◆ 最終更新日: 15/09/13 18:51
編集内容についての説明/コメント: 記事作成。独自研究も入ります
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

斉藤始について語るスレ

1 : ななしのよっしん :2016/11/02(水) 19:20:25 ID: wmxOaZFba0
です。いい仕事をなさる…
2202での斉藤の活躍を期待する一方どうあっても散は免れなかろうと思うと哀しい気分にも…悩ましい
2 : ななしのよっしん :2017/07/15(土) 21:58:48 ID: ZeDIH4v1Mz
ホントにであふれた良い記事だなぁ。もっと評価されるべきだ。
助けを待ち続けるのもある種別の戦いなんだ。よく頑ったなぁ地球の人。
ニコニコニューストピックス
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829