単語記事: 斬

編集

とは、2006年に「週刊少年ジャンプ34号から52号にて連載された杉田尚によるバトル漫画。全18話(十八太刀)、単行本全2巻。

世界観は現代とほぼ変わらないが、帯が許された世界であり、かつて凄腕の剣豪だったを持つ主人公村山」が様々な相手とり合いをする物騒な漫画。一部では「少年漫画界のMUSASHI」とも呼ばれる。

概要

絵が酷い。少年漫画では人気の「日本刀」、俗に言うを使った割にあまり人気は出なかった。

基本的に男ならでも日本刀ぶら下げても捕まらず、両方納得するならお互いり合って捕まらない物騒な世界。ちなみに双方納得した上での真剣勝負と言っても、ほとんどが一方的に決めつけて理矢理の真剣勝負が多い。

バトル少年漫画ではしくお約束主人公や敵キャラが使う必殺技がこの漫画では少ししか存在せず、戦いも主人公の腕+武器性依存り合いが続いてしまい、面味や発想がやや欠けてしまったので、弱肉強食ジャンプの中で編集部に打ち切られたのだろうか? と、この記事の編集者は予想している。

ネットでの斬ブーム

連載当時週刊少年ジャンプでは連載が半年と続かずに打ち切られる漫画が量産されており、前年の「タカヤ」「大泥棒ポルタ」、直前の「ツギハギ漂流作家」でトドメを刺された漫画ファンたちの間では「もうさすがにこれ以上の漫画は出ないだろう」希望悲観的観測がなされていた。そんな中に投下された「斬」インパクトは絶大で、ネット上のその筋のを狂喜させ、2ちゃんねる週刊少年漫画を中心にごく局所的なムーブメントを巻き起こす。特に第1話で登場した通称「ぐおおの人」による台詞掲示板参照)は他誌の漫画家含め各所でネタにされた。

あまりにもあまりな画力・画、設定、ストーリーから、作者杉田尚はネットでは「すぎたん」の称で親しまれ、「すぎたん小学生はすぎたん夏休み自由研究」という説も生まれた。

当然ながら短期打ち切りの憂きにあうも、連載中から「斬」タイピングゲームRPG自作するなど各種支援を行ってきた好事たちの活動はしばらく続き、勝手にアニメ版OP/EDを自作する職人が複数現れるなど、才能の無駄遣いの良作が多く生まれた。動画作品については斬リンクを参照のこと。

2009年には動画撲殺天使ドクロちゃんopとか描いてみた」に月島さん、刺々といったキャラクターメイン級で起用され、再評価の機運が高まりつつあるような気がした。腕に覚えのある者たちのプライドを賭けた真剣勝負や悪人退治・・・・・・武士たちの魂は太陽の如く現在き続けている・・・・・・。

作者杉田尚は、ジャンプ2009年52号に読みきり「SWOT」を掲載するなどしている。
読者の反次第では、杉田尚の新連載が読めるかもしれない。

…え、「SWOT」連載開始ですか?!→2010年51号にて連載終了。

登場人物

村山
週刊誌「王」にも「凄い」と書かれるほどの剣豪村山ノ介の息子気で弱気なヘタレキャラだが、ピンチになると裏人格が発動するあたりはお約束。死んだ父親のような武士に憧れているが、あくまでも「なれたらいいな」レベルであっての修行などは特にしない。裏人格と怪を武器に真剣勝負を重ねる。
月島弥生
通称月島さん。剣道五段の腕前を持ち、設定上はアイドルをしのぐ美少女真剣勝負に横を入れられることを嫌うが、自分は気で横を入れる。木下を背後から「やぁ!!」りつけたシーンは多くの読者を戦慄させた。
貫木
つきも態度も悪いDQN忍者スピードに自信がある。なんだかんだで月島さんの仲間になった。
木下
もう立つ事すらままならない。
牛尾さん
DQN。命のやり取りをこれまでに3度も経験している。月島さんや木下に横を入れられて瀕死に。
ふしぎな形状をした大持ち。父親で雇ってもらった剣豪高校生)たちを操り、校内のランカーたちを襲わせていた。
刺々
蔵に雇われた強士の1人。毛が見えそうなセクシーローライズがきっかけで多くのネタ画像が作られるなど、人気の高いキャラクターと言ってもたかが知れている。

関連動画

キャラメイン級で登場する手描きMAD

関連商品

関連項目

  • 真剣は切れ味がある分扱いやすいし、素人から玄人まで幅広く使われている武士の基本武器
    対して研は見たなんかは真剣とほとんど変わらねぇが
    あえてれない様に鋭く研がない分硬度と重量をかなり増加させてるより破壊を的とした玄人好みのあつかいにくすぎる
    使いこなせねぇとナマクラより弱いただの鉄クズみたいなもんだってのに 何であのガキは?
  • やぁ!!
  • も・・・もう 立つ事すらままならない・・・
  • 週刊少年ジャンプ
  • まとめサイト(外部リンク

【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E6%96%AC
ページ番号: 590904 リビジョン番号: 2367048
読み:ザン
初版作成日: 08/09/24 19:03 ◆ 最終更新日: 16/05/29 17:41
編集内容についての説明/コメント: 連載期間の号の追加、それに伴う一部文章の削除
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

斬について語るスレ

140 : 鉄砲切助真 :2016/05/14(土) 19:54:01 ID: p9tBN+fjCm
>>128
>>131
「せめて、何でが現代に残ったのか説明があればまだ良かったんだけどね」って以前、madニコ動コメントにあったな。
実はそこら辺の現代との分岐点を連載が続けば出す予定だったのかも知れない。(単に考えなしに現実の現代はこの作品内ではこういう扱いですよ~ってやっただけかもしれんが)
ちなみに剣術解説全開の現代剣術物の刃鳴散らすとかは一応、そこら辺説明してたな。
141 : 鉄砲切助真 :2016/05/15(日) 20:08:50 ID: p9tBN+fjCm
>>109
参考文献に民明書房をつければ璧だな
142 : ななしのよっしん :2016/05/17(火) 16:53:39 ID: Itj+d9MWIF
今の新参漫画もこれと対して変わらんだろ(ハナホジ)
143 : ななしのよっしん :2016/06/13(月) 22:01:35 ID: AG8NuwAiRq
ウルフチームという戦シミュレーションシリーズがあるんだぜ・・・。
144 : ななしのよっしん :2016/07/05(火) 03:33:07 ID: 0f80QtfQVN
>>sm29171566
145 : ななしのよっしん :2016/07/12(火) 21:28:46 ID: 4GclGWlqog
今見なおしてみればちょいちょい迫のあるシーンはあるな
146 : ななしのよっしん :2016/07/17(日) 19:06:57 ID: 1U6A99N/K1
演じてみたタグで何話かアフレコする企画とかどうかなぁ
ドラマCD形式で再構成するかVOMIC形式でやってみたら楽しい…楽しくない?
147 : ななしのよっしん :2016/07/24(日) 04:37:25 ID: LwtQVX2MWu
どう考えても鈍器の方が素人向けじゃないのか
振り回す筋こそが玄人ってことなのか
そもそもの形状取る意味もない気がするけど
148 : ななしのよっしん :2016/10/01(土) 07:30:28 ID: NCPqkbDw3t
ネットでの人気もあってまぁ続いた方だとは思う
149 : ななしのよっしん :2016/10/01(土) 10:04:17 ID: atFMdmulj0
>>147
どう考えても鈍器の方が素人向けだよ
というか、切断的の武器が基本玄人向けだよ
そして武器として考えるなら、当然鈍器の形にする意味はないよ

でも、世界観とかキャラ設定から考えれば、形状がだってことに意味も理由もあるんじゃないかな
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015