単語記事: 新世界より

編集
曖昧さ回避
曖昧さ回避               
  1. ドヴォルザーク交響曲第9番「新世界より」。特に第二楽章が有名で「遠き山に日は落ちて」などの日本語歌詞をつけたものが広く親しまれている。
  2. 貴志祐介による日本小説本稿で解説する

偽りのに抗え。

概要

新世界より」とは、貴志祐介によるSFミステリー小説、及びそれを原作としたマンガアニメである。
 英題の「From The New World」 表記も用いている。

SFの範疇ではあるが、ホラー・冒険小説ミステリーの要素も含んでいる。あらすじにて後述するが、1000年後の日本を舞台としており、現代とは生物の様相や社会常識等が異なっている。

2008年1月24日に上下巻が同時発売、1000ページえる長編小説で、同年に第29回日本SF大賞受賞。
2009年8月には上下巻をまとめて収録した新書が発売。2011年1月には文庫版が上中下巻同時発売している。
2012年5月より『別冊少年マガジン』で及川徹(漫画家)によって漫画化。同年10月よりTVアニメーションが放映されている。

あらすじ

1000年後の日本。人類は「呪」と呼ばれる超能力を身に付けていた。
そんな日本のかつて茨城と呼ばれていた土地に、注連縄に囲まれた自然豊かな集落、栖66町はあった。
栖66町では人々はの如きを持ちながら、静かに平和で穏やかな生活を送っていた。
そんな栖66町で友達と元気に遊び回る渡辺季は、町の穏な空気の中に不穏な違和感を覚え始めるのだった。

TVアニメ

一部で映像不可能と言われていたこの作品の監督を務める石は、これが監督デビュー作となる。
映画宇宙ショーへようこそ」や「R.O.D -READ OR DIE-」「ドラゴンクライシス!」でキャラクターデザインを務めている他、1990年よりアニメーターとして多くの作品に参加している叩き上げだ。アニメ化が決定してから、2回ニコ生に出演しているが、人の良さがにじみ出ている人物である。シリーズ構成は「FAIRY TAIL」「女王」「BLEACH」なども手がけた十川志。

いわゆるオープニング題歌はく、エンディング題歌として前期は「割れたリンゴ」、後期は「雪に咲く花」が流れる。

構成

小説アニメ共通し、12歳14歳・26歳以降の3部構成となっている。

アニメでいうと、1話から7話が12歳。8話から16話が14歳17話からが26歳以降の物語となる。なお、16話で前後期の区切りとなり、16話のみ両方の題歌が流れた(雪に咲く花オープニングに使用)。

なお、以下の人物紹介は12歳時点のものである。

登場人物(キャスト/14歳以降)

バケネズミ

スタッフ

楽曲

放送局

テレビ朝日製作深夜アニメは実に3年振りとなる。関西地区のABCでは2012年より新設の深夜アニメ水もん」での放送となる。

各話リスト

話数 サブタイトル 脚本 絵コンテ 演出 作画監督 動画
第一話 若葉の季節 十川 石浜真史 ヤマトナオミチ 久保田
第一話「若葉の季節」
第二話 消えゆく子ら 武裕子
第二話「消えゆく子ら」
第三話 ノシロモドキ 工藤寛顕 清水
第三話「ミノシロモドキ」
第四話 血塗られた歴史 中瀬理香 小倉陳利 ヤマトナオミチ 近藤
第四話「血塗られた歴史」
第五話 逃亡の熱帯 沢広 山内重保 羽山
第五話「逃亡の熱帯夜」
第六話 逃避行 中村 黒沢 小島大和
第六話「逃避行」
第七話 十川 小倉陳利 渕上 志賀
第七話「夏闇」
第八話 予兆 中瀬理香 沼和良 石浜真史、古住千秋
山本篤史、清水
第八話「予兆」
第九 風立ちぬ 中村
沢広
小倉陳利 高村雄太 小山知洋
第九話「風立ちぬ」
第十話 闇よりも 沢広
十川
山内重保 羽山
第十話「闇よりも」
第十一話 の遠 十川 黒澤 高橋知也 近藤
第十一話「冬の遠雷」
第十二話 弱い環 石浜真史 ヤマトナオミチ 小島大和、佐原亜
古住千秋清水裕実
第十二話「弱い環」
十三 再会 佐々木 瀬順一 佐々木
第十三話「再会」
第十四話 中瀬理香 山内重保 中山
義博
鈴木美音織、小林利充
実原登
第十四話「雪華」
第十五話 残像 小倉陳利 広嶋秀樹 橋本松井
第十五話「残像」
第十六話 する季へ 十川 黒澤 高橋知也 中森太郎
第十六話「愛する早季へ」
第十七話 破滅の足音 中村 小倉陳利 ヤマトナオミチ 山本篤史、古住千秋
第十七話「破滅の足音」
第十八話 沢広 富田浩章 口美緒
第十八話「紅い花」
第十九話 暗闇 中瀬理香 石原 ヤマトナオミチ 山口未、小島崇史
第十九話「暗闇」
第二十話 冷たい日だまり 沢広 松本 岡田二郎 村田峻治
第二十話「冷たい日だまり」
第二十一話 劫火 十川 小倉陳利 奥野耕太 しんぼたくろう
第二十一話「劫火」
第二十二話 東京 黒沢 清水実、古住千秋
第二十二話「東京」
第二十三 少年の顔 和村昭 高橋知也 村田峻治、口美緒
第二十三話「少年の顔」
第二十四話 闇に燃えし火は 佐々木 富田浩章 山口未、山本篤史
冨田収子
第二十四話「闇に燃えし篝火は」
第二十五話 新世界より 石浜真史 ヤマトナオミチ 久保田
第二十五話「新世界より」

解説

新世界より」はミステリー作品である。だが、アニメではあえて説明不足にしている事柄や描写不足な部分が多い。ここで理解を深めるといいかもしれない。

用語

呪力

1000年後の人が使うことのできる超能力内のイメージを具現化することができる。超能力とはいってもこの世界では教養として定着しており、社会生活を送る上で欠かせない要素の一つである。
の強さや発現時期は個人差があるが、発現はおおむね12歳を迎える頃。"祝霊と呼ばれるポルターガイスト現象が契機となる。

イメージが具現化されるということは何のきっかけでどんな大きなが発動するか分からないという危険性もんでいるため、”祝霊”が訪れた子供たちの呪には限定的な封印が施され、その後一人一人によって異なる”言”が与えられる。以後はこの”言”を唱えることで呪を行使することが出来るようになる。

神栖66町

利根川の下流、かつて茨城と呼ばれた地域があった一に広がる町。およそ3000人の人々が暮らしている。町には路がり巡らされ、船が行き来する交通の要として利用されている。
貨幣という概念は存在せず、社会は助け合いと償の奉仕によって成り立っている。
町の中と外は、外から悪いものが侵入するのを防ぐ「八丁標」という注連縄によって隔てられており、子供たちは、決して八丁標の外に出てはならないと言いつけられている。

和貴園

栖66町に3つある初等教育機関のひとつ。季・覚・真理亜の校。6歳で入学し、呪の発現を示す"祝霊"が訪れた者から順次、上級学校である全人学級へと進学することになる。
残り2つの初等教育機関は「友愛園」と「徳育園」。

全人学級

園などの初等教育施設を卒業した者が通うことになる上級学校。基礎的な学問を学ぶほか、様々な分野で呪トレーニングが行われる。生徒たちはここで、自分が得意とするを見極め、呪を磨いていくことになる。

ネコダマシ

子供たちの間で噂されている巨大なの化け物。初等学校卒業出来なかった子供は、迎えに来たネコマシによって、どこかに連れ去られてしまうといわれている。

悪鬼

栖66町に伝わる怪物。八丁標の外に出ると悪に襲われると言われている。お伽話では八丁標の外に出てしまった少年が自らの身を呈して、悪を退散させた。

業魔

栖66町に伝わる怪物。驕り高ぶった少年孤独の果てに成り果てたと言われている。お伽話では自分がこの世に存在してはいけないことを悟り、一人の底に消えた。

バケネズミ

二足歩行をし、人を解するネズミコロニー(巣)ごとに纒まった社会を作り、活動し、呪を持つ人間をと崇め従し、人間の命令に従い夫役をこなしている。
表面上人間に対して忠を誓っているが、大人たちは警し呪を持たぬ子どもたちとバケネズミの接触を避けている。

内容

しくネタバレなので、未見の方は注意。

以下の記述は記事編集者の解釈によるもので、原作者の意図した作品内の事実と合致しない可性があります。

第五話「逃亡の熱帯夜」

ネタバレ注意 「この先、ネタバレ注意」

Q.は何をしているの? どうなったの?
A.愧死機構の影としているところにが接近し、威嚇のために体を膨させた。
意識の戻った離に気づきとっさに攻撃する。その影によりは引火して爆発
は巻き込まれ命を落とした。
尚、原作ではちゃんと遺体はその場にあり、季達は簡易的ながら土を被せてからその場を去った。

Q.覚何で突然発情したよ?
A.原作では覚が「経が苛ついているだろう? が慰めてあげるよ」と宣言してから行為に及ぶ。
4話のミノシロモドキの説明通り、極度の緊を解消するための行為。
発情状態と言うよりはある程度の安全が確保されたので、ストレスの解消をしようとした。

Q.何でバケネズミから逃げ出してきたのにバケネズミに付いて行くの? 馬鹿なの?
A.原作では逃亡中にバケネズミに囲まれてしまう。
が、へりくだった態度と額の刺青から人間に忠を誓うコロニーのバケネズミと判明。
先導してもらうことになった。

Q.女王何言ってんの? 季何で分かんの?
A.原作ではスクィーラの通訳が入り、女王もたどたどしい日本語で話す。
話の流れとしては、
女王「おにかかれて光栄です」
季「こちらこそ、女王様にお通りできて嬉しく思ってます」
女王神様、どうぞこちらへ」「ようこそ、とても光栄です」
そしてそのまま数分間会話を交わすこととなる。
ちなみに質は「人間の女性のような優しげな」だそうだ。

Q.女王突然怒りだしてどうした?
A.原作でも正確なところは不明。
季は怪物のような姿が暴かれ昂したと感じる。
覚はそもそも「おかしくなっている」と予想する。

Q.スクィーラいいから手当しろ!
A.原作ではスクィーラとの一連の会話は女王との会見前に行われた。
その順番が逆になってしまったために哀れスクィーラはボロボロの状態で会話することに。

Q.スクィーラ刺青どうした!?
A.原作では消えるという描写はありません。
作画ミスの可性が高いです。

Q.覚何だよそのドヤ顔
A.バケネズミは呪を持っている人間には従うが、呪のない者は攻撃される恐れがある。
季の発言は呪のある人間としては弱気で、呪がないのではないかと疑われる可性があった。
強気な台詞ドヤ顔は覚のフォロー。

Q.何故ガスだって分かったし
A.原作では先に季が煙に気づき、直感で危険だと思い覚の手を引いて逃げる。
その後覚が煙がの底へ降りてきたことから、空気より重いガスを使用していると予想する。

Q.ガスの中突入ってwww
A.あり得ないことです。原作にはい表現です。

Q.可燃性!?
A.原作では特に突入してくるわけではないので可燃性でも問題ありません。
そもそも狭いの中でガス松明を突っ込むなんて自殺行為はしないので非可燃性の可性もあります。
欠でかなりの高確率死亡します。

Q.なんでだと思ったのにつついてるの?
A.原作では空気より重いガスを避けるため上の方へ逃げていきます。
そしてガスが下から登ってくるのを防ぐため、の一部を塞ごうとします。
その結果落盤を誘発してしまうのですが、アニメガスを処理してしまったためを崩す理由がありません。
整合性が取れなくなってしまい、ツチボタルグローワーム)をだと思い込み、を広げて外に出ようとする表現に変更したと思われます。
原作ではきがないことから覚がすぐにではないと気が付きます。

関連動画

関連生放送

関連チャンネル

関連商品

原作

原作(新書・文庫)

漫画

CD

アニメ

関連項目

外部リンク


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E6%96%B0%E4%B8%96%E7%95%8C%E3%82%88%E3%82%8A
ページ番号: 4972139 リビジョン番号: 2173893
読み:シンセカイヨリ
初版作成日: 12/09/29 01:34 ◆ 最終更新日: 15/03/10 07:43
編集内容についての説明/コメント: 修正しました
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

新世界よりについて語るスレ

1795 : ななしのよっしん :2016/05/25(水) 18:50:00 ID: 4PyWf9ldXC
いや逸脱した個体を最悪排除できる戦闘を身に着けないといけないのよ
つまり必要なのは最悪戦えるけど普段はそんなことやりませんよっていう精性であって
攻撃したは死ぬ約束をします、ただし極稀に約束視する個体が現れますじゃ危ないのよ
1796 : ななしのよっしん :2016/05/26(木) 14:57:42 ID: nF0OsymNAb
頻繁に殺し合い勃発する方がよっぽど危ないと思うの。
1797 : ななしのよっしん :2016/05/30(月) 15:47:11 ID: QzVvR3gVaI
1795
いつか人類は愧死機構を捨ててもやってけるようにならないと、ってのは本編最後で季ちゃんも言ってたことだよね
ただ愧死機構を付与することを決定した時点では他にどうしようもかったんだと思う
本編時の社会システム確立する以前は業魔や悪など問題にもならないくらい悲惨な死の歴史が繰り返されてた訳で
その大混乱を何とかするためには、とりあえず業魔対策は置いといて愧死機構の付与というを選ぶしかないという結論に至ったんだろう

一応逸脱した個体を排除する手段として用意されていたのが不浄やバケネズミってことになるのかな
まあそのバケネズミに見事反乱された訳だが
1798 : ななしのよっしん :2016/05/30(月) 16:00:23 ID: 3YthIPbCRY
本当の意味で悪意を持ってPKを行使するやつらとそれに対抗した科学や組織戦争していた時代の後だからねえ
1799 : ななしのよっしん :2016/06/03(金) 23:51:54 ID: pS4yIiSBgV
今更かもしれないが…、仮にPK登場初期においてPK保持者の一部の行為によってPKが弾圧される事態になったとしても、正義感が著しく強いヒーロー気質のPK保持者が立ち上がってPKを悪用する者に対峙して、大多数のそこまでの勇気いが常識正義感は持ち合わせている者もそれに協して悪しきPKは淘汰されPK持ちも非PK持ちも共存できたのではいかと思う。

しかし、実際にそうならなかった。
とすれば、それはPK取得の有ないしはそのの強さは他者に対する暴力性と強い相関関係があったと考えられる。
正義感をもつPK持ちもいなかったわけではいだろうが、PK持ちの多数が暴力的なのでPK持ちによって事態が解決される状況などあり得なかったと。

つまり非PK持ちにすれば戦わずに滅ぼされるか戦って敗北して滅ぼされるかの二択しかかった。
1800 : ななしのよっしん :2016/06/04(土) 00:11:33 ID: 3YthIPbCRY
環境の変化がPKの強化に関与していた可性は高い(新旧人類紛争の過程でPKが強化される傾向にあった)
だが暴力性を相関にあるとできるような情報は今のところない
そもそもヒーローとヴィランの関係は結局強大なを振り回す迷惑な存在であると一括りにされるのが常
仮にヒーローとヴィランの関係が成立しても結局どちらも旧人類にとって異物であることに変わりはない

それこそアメコミ世界
1801 : ななしのよっしん :2016/06/04(土) 00:41:32 ID: pS4yIiSBgV
強大なを持つ者がごくごく一部(全世界で数十人程度)なら異物となるかもしれないが、コンマ数パーセントの割合でいるならば知り合いないしは知り合いの知り合いがPK持ちという状況になる。
そういう状況でPKを持っているからという理由だけでPK持ちに対してとにかく排除という状況になるのは考えられない。

世の中には1分もあれば一方的に自分を余裕で殺せる格闘の持ちが沢山いる。
だからといって「格闘を持っているを滅ぼさなければ自分は殺される!」恐怖に駆り立てられることはい。

問題となるのはの有ではく、何をするつもりなのかであろう。
1802 : ななしのよっしん :2016/06/04(土) 13:18:58 ID: 3YthIPbCRY
格闘程度とはスケールが違いすぎる
PKが暴発しようものならは壊れ人はひき肉になる
意識下の漏出による環境変を抜きにしても祝霊のような本人に制御できない発現があるのは間違いない事実

ナイフ、極論すれば戦車でさえ所持するだけで人を傷つけることはない
だがPK者はそうではなく、本人の性質が善良であってもPKの脅威は薄れはしても消えはしないから問題
安全装置のない核弾頭がPK者であり、核弾頭と違って死なない限りは何度でもPKを行使できる

ヒーローとヴィランの関係が成立したとして、その状態は前からが言っている「PK者の善意に寄りかかって生かされている社会」に過ぎない
動物保護団体の善意の活動のように旧人類が保護されるべき弱者として扱われる世界なんて、それこそ「新世界」よりよほどディストピアだと私は思うがね
1803 : ななしのよっしん :2016/06/04(土) 13:40:31 ID: los4mAtze7
アメコミ世界観で近いものならX-MENだろうか
単純な正義感VS暴力とは違って
新・旧人類を繋げたい、自身や同じ新人類を守りたいから戦った者もいたんだろうか
1804 : ななしのよっしん :2016/07/11(月) 23:38:45 ID: jUwMu5r6SC
ってどうやって手に入れたのかな
何か描写あったっけ?
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015