単語記事: 新世紀エヴァンゲリオン

編集

新世紀エヴァンゲリオンライン
Neon Genesis EVANGELION
汎用ヒト型決戦兵器エヴァンゲリオン初号機 by fog 新世紀エヴァンゲリオンスレ#42
汎用ヒト型決戦兵器エヴァンゲリオン初号機
Evangelion Unit-01 "Test Type"

illustrated by fog

新世紀エヴァンゲリオン』とは、それまでのアニメの集大成とも云われる1990年代を代表する大ヒットアニメである。本作は「宇宙戦艦ヤマト」「機動戦士ガンダム」に続き第三次アニメブームを作ったとされる。日本のアニメ史に残る作品。

通称「エヴァンゲリオン」もしくは「エヴァ」。「エバ」ではない。

概要

アニメーション制作はガイナックス。監督は庵野秀明。本放送は1995年10月~1996年3月にテレビ東京系で放映された。放送当初はさほど注目されなかったが、終盤からその謎だらけの展開から人気が上がり、深夜の再放送などによって大ヒットした作品でもある。

1997年春に劇場版「DEATH AND REBIRHシト新生」(通称春エヴァ)が途中までの完成で公開となった。同年夏に春エヴァの完結版・劇場版「THE END OF EVANGELION Air/まごころを、君に」(通称夏エヴァ)が公開。

2007年に入り、リビルド(再構築)作品である『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』が公開された。「新劇場版」は4部作で構成される予定。

また、アニメを基にした漫画作品もあり、「月刊少年エース」にて連載されていた(後述)。

ストーリー

西暦2000年に起きたセカンドインパクトと呼ばれる地球規模の大災害により、人類は実にその半数を失った。そして西暦2015年、人類はセカンドインパクトを引き起こしたとされる謎の存在「使徒」からの攻撃を受けていた。それに立ち向かうのは、主人公である碇シンジをはじめとした14歳の少年少女。彼らは国連特務機関NERV(ネルフ)の造り上げた巨大な人造人間「エヴァンゲリオン」に乗って使徒と戦う。

壮絶なアクションシーン、エロ・グロもふんだんに取り入れ、登場人物の苦悩や葛藤を巧みに描写された。その裏側で、セカンドインパクトに次ぐサードインパクトや極秘組織ゼーレ、そして人類補完計画などの謎が交錯する。多くの意味深な用語や設定と共に、それらは全て大議論を巻き起こした最終2話へと集約されていく。


登場人物

  • 碇シンジ百アイコン:「逃げちゃ駄目だ、逃げちゃ駄目だ、逃げちゃ駄目だ」
  • 綾波レイ百アイコン:「私が死んでも代わりはいるもの」
  • 惣流・アスカ・ラングレー百アイコン:「あんた、バカぁ?」
  • 葛城ミサト百アイコン:「この次も、サービスサービスぅ」
  • 赤木リツコ百アイコン:「無様ね」
  • 碇ゲンドウ百アイコン:「乗るなら早くしろ。でなければ帰れ!」
  • 冬月コウゾウ百アイコン
  • 鈴原トウジ百アイコン
  • 相田ケンスケ百アイコン:「いやーんな感じ!」
  • 洞木ヒカリ百アイコン
  • 伊吹マヤ百アイコン:「不潔!」
  • 青葉シゲル百アイコン
  • 加持リョウジ百アイコン:「遅かったな」
  • 渚カヲル百アイコン:「歌はいいね。リリンが生み出した文化の極みだよ」
  • 碇ユイ百アイコン
  • キール・ローレンツ百アイコン
  • 左様の人百アイコン:「左様」
  • 時田シロウ百アイコン

使徒

NERV本部のある第3新東京市に襲来する、謎の生命体のこと。テレビアニメ版では17体、漫画版では13体が登場した。新劇場版でも13体が登場すると予想される。名称は劇中では「死海文書」に記されているものとされるが、実際には『エノク書』などのユダヤ教・キリスト教・イスラム教関連の書物や伝承に登場する天使・人物などの名から取られている。

第1使徒アダムと第2使徒リリスが生命の起源であり、第3使徒サキエルから第16使徒アルミサエルまでがアダムの子、第18使徒リリンすなわち人類と、その他のすべての地球上の生命がリリスの子である。第17使徒タブリスはアダムの魂を他の器に移したもの。同様にリリスの魂は綾波レイを器としている。

本来はアダムの子のいずれかで生き残ったものが地球を支配するはずであったが、何らかの問題でアダムは活動を停止し、リリスの子である人類が地球を支配していた。その後アダムが南極で人類に発見された際に覚醒し、セカンドインパクトを引き起こす。セカンドインパクトにより南極大陸だけでなくアダム自身も消滅したが、胎児状態にまで復元され、NERV本部地下に幽閉された(とされるがこれは虚偽)。第3使徒サキエル以降は、そのアダムと融合してサードインパクトを引き起こし、人類を滅亡させるために襲来した。

以下、テレビアニメ版における十八使徒を記す。

  • 第1使徒 アダム
  • 第2使徒 リリス
  • 第3使徒 サキエル (新劇場版では第4使徒)
  • 第4使徒 シャムシエル (新劇場版では第5使徒)
  • 第5使徒 ラミエル百アイコン (新劇場版では第6使徒。 百アイコン
  • 第6使徒 ガギエル
  • 第7使徒 イスラフェル百アイコン
  • 第8使徒 サンダルフォン (漫画版未登場)
  • 第9使徒 マトリエル (漫画版未登場)
  • 第10使徒 サハクィエル (漫画版では第7使徒(重複))
  • 第11使徒 イロウル (漫画版未登場)
  • 第12使徒 レリエル (漫画版未登場)
  • 第13使徒 バルディエル百アイコン
  • 第14使徒 ゼルエル百アイコン
  • 第15使徒 アラエル
  • 第16使徒 アルミサエル
  • 第17使徒 タブリス百アイコン
  • 第18使徒 リリン (ヒト・人間)

ゲーム、書籍、新劇場版などの他媒体や本制作前の企画書には上記以外の使徒も登場している。

  • ラジエル (企画書に登場した使徒)
  • トゥレル (企画書に登場した使徒)
  • シャティエル (企画書に登場した使徒)
  • 第X使徒 (セガサターンゲーム「新世紀エヴァンゲリオン」)
  • 第XX使徒 (セガサターンゲーム「新世紀エヴァンゲリオン 2nd Impression」)
  • 山岸マユミ (上記の第XX使徒に寄生される少女)
  • アドヴァキエル (書籍「新世紀エヴァンゲリオンRPG 決戦!第3新東京市」)
  • ゼフォン (書籍「新世紀エヴァンゲリオンRPG 決戦!第3新東京市」)
  • アタリブ (書籍「新世紀エヴァンゲリオンRPG 決戦!第3新東京市」)
  • アズラエル (書籍「新世紀エヴァンゲリオンRPG 決戦!第3新東京市」)
  • イブリース (書籍「新世紀エヴァンゲリオンRPG NERV白書」)
  • バラキエル (書籍「新世紀エヴァンゲリオンRPG NERV白書」)
  • 剣崎キョウヤ(使徒を移植され使徒化していく人間。PS2ゲーム「シークレットオブエヴァンゲリオン」)
  • 新劇場版第3使徒
  • 新劇場版第7使徒

使徒の関連項目


エヴァ

テレビアニメ放映開始にやや先立って、「月刊少年エース」1995年2月号から貞本義行(アニメ版のキャラクターデザイン)によるコミック版が連載開始した。しかし貞本の本業の多忙さなどから休載が頻発するなどしたために進行が非常に遅くなった。1990年代後半には「セカンドインパクトの年(2000年)には間に合わないだろう」とファンたちから諦めの目で見られていたほどである。

さらに2000年代後半には、新劇場版制作が発表された時に「コミック版も一から作り直される」というデマ情報が流れたこともあり、「まさか劇中の年(2015年)までにも完結しないのでは」とまで心配されていた。2009年には、完結を迎えないままに雑誌を「ヤングエース」に移籍した。

その後、「ヤングエース」2013年7月号にてようやく完結した。連載開始からおよそ18年、テレビ本放送が終了した1996年3月から数えてもおよそ17年かけたことになる。最終回が掲載された7月号のヤングエースは売り切れ状態となり入手不能者が出たため、次の8月号でも再掲載された。

単行本は2014年11月発売の第14巻が最終巻となった。この第14巻には六分儀ゲンドウや碇ユイの大学時代を描いた描き下ろし漫画『夏色のエデン』も掲載されている。この『夏色のエデン』には新劇場版から登場した某キャラも意外な姿で登場しており、ファンの間ではそのキャラの素性を考察する材料にもされている。ちなみに第14巻発売前の2014年6月の時点で、13巻までの累計発行部数は約2300万部

連載開始が本編放送より早かったこともあり、よく漫画(貞本エヴァ)が原作だと勘違いされるが、 エヴァンゲリオン自体が「当時の原作ありきのアニメ体質を見直し、アニメ原作のアニメを作る」との庵野監督らの意図から企画されたものであり、漫画は原作ではない。原作がない「アニメ原作のアニメ」(オリジナルアニメ)であり(なので、「原作」と言えばアニメ版を指す)、貞本エヴァはメディアミックスの一つになる(コミカライズ)。ただしキャラクターデザイナーが自ら漫画版を担当する例は珍しいため、安彦良和は貞本との対談で「貞本エヴァを見た事で、メインデザイナーがコミカライズを描いてもいいんだ」と思ったと語り、『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』を描くきっかけの一つになった事を明かしている。

なお、本編と貞本エヴァでは基本設定や大筋のストーリーは共通だが、細かい展開やキャラクターの性格付けは異なっている(例:碇シンジが「逃げちゃダメだ」を言わない、渚カヲルが子供っぽい性格をしている、など)。これについて貞本は、原作であるアニメエヴァは「庵野さんのもの」であると答えており、それを原作として自身の解釈と考えに基づく描き方を心がけている事を明かした。また、本編はゴールデンタイムに近い時間帯に放映された作品であるにもかかわらず、対象年齢をかなり上に設定している反面、貞本エヴァでは対象年齢をかなり低く設定してある。しかし、物語が後半に近づくにつれてアニメ版以上にハードな展開になっており(アニメ版では死亡しないキャラが漫画版では死亡する、ゲンドウがシンジに憎悪に似た感情をぶつける、など)、アニメに合わせて対象年齢が引き上げられている事が伺える。

エヴァブーム

アニメでは『宇宙戦艦ヤマト』『機動戦士ガンダム』と並ぶといわれる大ブームを引き起こし、普段はアニメを見ない人々をも巻き込み社会現象とまで言われた。大塚英志が読売新聞上で取り上げ、サブカルチャー誌「Quick Japan」「STUDIO VOICE」で特集号が発行され、テレビでも報道番組が特集を組んでその人気の加熱振りを取り上げるなどと、マスメディアでも頻繁に取り上げられた。

上記「ストーリー」の項にも触れられているとおり、多くの意味深な用語や設定、謎を含み、それらを殆ど解明しないままにテレビ版・映画版とも完結したため、ファンの間での論争や考察も盛んだった。誰が書いたのかも怪しいような非公式の解説本が何種類も出版されていたと言う面からも当時の過熱振りが想像できる(なお、設定や謎は、後に庵野監督協力・ガイナックス監修の元で作成されたゲーム「エヴァンゲリオン2」内である程度解明された)。

オタク界には絶大な影響を残し、以降「意味深な宗教・科学用語の多用、不必要なまでによく練られた設定付を行い、一つの世界観を作り上げる」という作品作りが一つのスタンダードとなる。これは今の20代後半~30代のクリエイターの多くに影響を与えている。本作を賞賛し、ひいては監督の庵野を崇拝しているクリエイターに、山本寛がおり、こちらは充分に信者の域に達している。

また、テレビ東京で深夜帯に再放送され新しいファンの開拓に成功した。これは当時まだ出始めだった深夜アニメが商業的に成立することを証明し、以降マニア向けの深夜アニメが大量生産されるようになる。

エヴァ好きの著名人

エヴァンゲリオンのファンは一般人に留まらない。中には稲垣早希(桜)のように、登場人物の物真似をする「エヴァ芸人」さえいる。ここではエヴァンゲリオン好きを公言している有名人の一覧を載せておく。

宇多田ヒカル、大槻ケンヂ、滝本竜彦、藤原基央(BUMP OF CHICKEN)、加藤夏希、

中田敦彦(オリエンタルラジオ)、栗山千明、今田耕司、大竹まこと、L'Arc~en~Ciel、京極夏彦、片岡鶴太郎、

藤井フミヤ、PUFFY、竹中直人、村上龍、筑紫哲也、坂本龍一、柳美里、爆笑問題、宮部みゆき、忌野清志郎、

水道橋博士(浅草キッド)、竹中平蔵(元総務大臣)、沢尻エリカ、水川あさみ、桜井和寿(Mr.Children)、

深田恭子、草薙剛(SMAP)、谷村新司、ウッチャンナンチャン、北野武、松任谷由美etc.

なお、大槻ケンヂは綾波レイのキャラクターイメージの元ネタとなった曲(筋肉少女帯の「何処へでも行ける切手」)を作詞するなど、エヴァに与えた影響も大きい。

主題歌

オープニングテーマ「残酷な天使のテーゼ」
歌:高橋洋子 / 作詞:及川眠子 / 作曲 :佐藤英敏 / 編曲:大森俊之
エンディングテーマ「FLY ME TO THE MOON」
歌:CLAIRE / 作詞・作曲 :Bart Howard / 編曲:Toshiyuki Ohmori


リスト

話数 サブタイトル 脚本 絵コンテ 演出 作画監督 動画
第壱話 使徒、襲来 庵野秀明 摩砂雪
庵野秀明
鶴巻和哉 鈴木俊二
第壱話「使徒、襲来」
第弐話 見知らぬ、天井 榎戸洋司
庵野秀明
本田雄
第弐話「見知らぬ、天井」
第参話 鳴らない、電話 薩川昭夫
庵野秀明
鶴巻和哉
石堂宏之
石堂宏之 細井信宏
第参話「鳴らない、電話」
第四話 雨、逃げ出した後 薩川昭夫 甚目喜一 加賀ツヨシ 重田智
第四話「雨、逃げ出した後」
第伍話 レイ、心のむこうに 薩川昭夫
庵野秀明
杉山慶一 鈴木俊二
第伍話「レイ、心のむこうに」
第六話 決戦、第3新東京市 摩砂雪 石堂宏之 細井信宏
第六話「決戦、第3新東京市」
第七話 人の造りしもの 榎戸洋司
庵野秀明
杉山慶一
庵野秀明
杉山慶一 鈴木俊二
第七話「人の造りしもの」
第八話 アスカ、来日 樋口真嗣 鶴巻和哉 本田雄
第八話「アスカ、来日」
第九話 瞬間、心、重ねて 薩川昭夫
庵野秀明
水島精二 長谷川眞也
第九話「瞬間、心、重ねて」
第拾話 マグマダイバー 加賀ツヨシ
庵野秀明
加賀ツヨシ
石堂宏之
重田智
第拾話「マグマダイバー」
第拾壱話 静止した闇の中で 榎戸洋司
庵野秀明
摩砂雪 渡邊哲哉 河口俊夫
第拾壱話「静止した闇の中で」
第拾弐話 奇跡の価値は 薩川昭夫
庵野秀明
石堂宏之 重田智
第拾弐話「奇跡の価値は」
第拾参話 使徒、侵入 磯光雄
薩川昭夫
庵野秀明
岡村天斎 黄瀬和哉
第拾参話「使徒、侵入」
第拾四話 ゼーレ、魂の座 庵野秀明 大塚雅彦
安藤健
第拾四話「ゼーレ、魂の座」
第拾伍話 嘘と沈黙 薩川昭夫
庵野秀明
甚目喜一 羽生尚靖 鈴木俊二
第拾伍話「嘘と沈黙」
第拾六話 死に至る病、そして 山口宏
庵野秀明
鶴巻和哉 長谷川眞也
第拾六話「死に至る病、そして」
第拾七話 四人目の適格者 樋口真嗣
庵野秀明
オグロアキラ 大原実 花畑まう
第拾七話「四人目の適格者」
第拾八話 命の選択を 岡村天斎 黄瀬和哉
第拾八話「命の選択を」
第拾九話 男の戰い 薩川昭夫
庵野秀明
摩砂雪 本田雄
第拾九話「男の戰い」
第弐拾話 心のかたち 人のかたち 庵野秀明 鶴巻和哉
庵野秀明
大塚雅彦 鶴巻和哉
第弐拾話「心のかたち 人のかたち」
第弐拾壱話 ネルフ、誕生 薩川昭夫
庵野秀明
甚目喜一 石堂宏之 重田智
第弐拾壱話「ネルフ、誕生」
第弐拾弐話 せめて、人間らしく 山口宏
庵野秀明
鶴巻和哉 高村彰 花畑まう
第弐拾弐話「せめて、人間らしく」
第弐拾参話 鶴巻和哉
庵野秀明
増尾昭一 鈴木俊二
第弐拾参話「涙」
第弐拾四話 最後のシ者 薩川昭夫
庵野秀明
摩砂雪
庵野秀明
摩砂雪
第弐拾四話「最後のシ者」
第弐拾伍話 終わる世界 庵野秀明 鶴巻和哉
庵野秀明
鶴巻和哉 本田雄
第弐拾伍話「終わる世界」
最終話 世界の中心でアイを叫んだけもの 庵野秀明 摩砂雪
鶴巻和哉
庵野秀明
摩砂雪
鶴巻和哉
最終話「世界の中心でアイを叫んだけもの」


動画


ニコニコチャンネル


商品


団体


項目

  • ガイナックス
  • カラー (アニメ制作会社)
  • キングレコード / スターチャイルドレコード
  • セガ / 角川書店 (スポンサー)
  • テレビ東京
  • 庵野秀明
  • 貞本義行
  • 鷺巣詩郎
  • 大月俊倫
  • エヴァンゲリオン(兵器名)
  • サードインパクト
  • A.T.フィールド
  • 第3新東京市
  • ヤシマ作戦
  • ジェットアローン
  • シンクロ率400%
  • マグマダイバー
  • 死海文書
  • セフィロト
  • 笑えばいいと思うよ
  • 何故殺した
    • なぜ殺たし
  • セカイ系
  • 残酷な天使のテーゼ
  • Fly Me to the Moon
  • 魂のルフラン
  • 心よ原始に戻れ
  • Komm, süsser Tod
  • Beautiful World
  • 集結の園へ
  • 桜流し
  • DECISIVE BATTLE
    • EM20
  • The Beast
  • Quatre Mains
  • 新世紀エヴァンゲリオン劇場版 Air/まごころを、君に
  • ヱヴァンゲリヲン新劇場版 
    • ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序
    • ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破
    • ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q
    • シン・エヴァンゲリオン劇場版:||
  • 新世紀エヴァンゲリオン 2nd Impression
  • 綾波育成計画
  • 新世紀エヴァンゲリオン2(ゲーム)
  • 名探偵エヴァンゲリオン
  • 新世紀エヴァンゲリオンANIMA
  • CR新世紀エヴァンゲリオン
  • 帰ってきたウルトラマン
  • トランスフォーマー(2014年にコラボレーション)
  • シン・ゴジラ
    • ゴジラ対エヴァンゲリオン
  • LAS
  • LRS
  • 人類ポカン計画
  • エヴァンゲリオンOPパロリンク
  • エヴァ予告パロリンク


リンク


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E6%96%B0%E4%B8%96%E7%B4%80%E3%82%A8%E3%83%B4%E3%82%A1%E3%83%B3%E3%82%B2%E3%83%AA%E3%82%AA%E3%83%B3
ページ番号: 100920 リビジョン番号: 2407298
読み:シンセイキエヴァンゲリオン
初版作成日: 08/05/19 17:59 ◆ 最終更新日: 16/09/18 20:29
編集内容についての説明/コメント: 関連項目追加および整理
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


 


UN重戦闘機

冬月コウゾウ(60)

しきなみさん

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

新世紀エヴァンゲリオンについて語るスレ

753 : ななしのよっしん :2016/11/11(金) 17:30:54 ID: V3erdbHdUJ
福音って言葉を最高に胡散臭くした功績はあると思う
754 : ななしのよっしん :2016/11/14(月) 10:30:04 ID: KlCywId/wh
エヴァネタでこれが久々にどストライクだったw
ほんとまさに自分もこれだったわwww
http://seiga.nicovideo.jp/watch/mg199421?track=ct_new
755 : ななしのよっしん :2016/11/29(火) 11:14:12 ID: ApRylbT/0B
「1人でキネマ」のエヴァ回が面白かったから来ました
腹がよじれそうだったw
756 : ななしのよっしん :2016/11/29(火) 11:26:10 ID: 8X2/Qkpu+M
>>754
最初はちょっと素っ気無い感じでエヴァに触れた人も、
やはり真面目に見ていくと19話で心のボルテージ上がるんやな…(共感)
757 : ななしのよっしん :2016/11/29(火) 12:32:22 ID: 0YlI5ZLrIG
>>756
19話は構成、絵、音楽、演技の全てにおいて惜しみなく熱いもんなぁ。
初見のときは19話の後に更に作風が鬱屈になっていくとは思わなったよw
758 : ななしのよっしん :2016/11/29(火) 18:22:54 ID: 8X2/Qkpu+M
>>757
「男の戦い」というサブタイトルからして熱いもんね
「終盤戦も近付いて熱い展開になってきたな!」と思いきや……
そこから鬱屈ワールド全開だからなあw
当時は「“おめでとう”じゃねーよ!」と思ったものだ
759 : ななしのよっしん :2016/12/03(土) 02:55:45 ID: pQpYe8avOA
NHK衛星チャンネルでいま一度ちゃんと観てみるが、

ちゃんと面白いよこれ…  物語としてはダメなのかもしれないけど整ってるだけうまいだけではダメだしな。
760 : ななしのよっしん :2016/12/18(日) 22:48:30 ID: +6vQl/3kp+
>>754
クッソワロタ、ほんとこんな感じだったよなwww
素晴らしい漫画を紹介してくれてありがとう(ニッコリ)
761 : ななしのよっしん :2016/12/29(木) 23:14:15 ID: ocCx60r6pD
庵野、シンエヴァ早くつくってくれよ
ヱヴァQからもう4年経ってるんだぞ
762 : ななしのよっしん :2016/12/31(土) 03:55:54 ID: CuFk5f9czJ
PS2のゲームやANIMAの時、雑誌のインタビューとかで
エヴァをガンダムシリーズのように派生品作りたい的なことを書いてたけど
シンエヴァ終わったら若い世代にアナザーガンダムみたいなの作らせるのかな
そんで自分は大好きな特撮に専念したりしてください
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015