単語記事: 新世紀エヴァンゲリオン

編集

新世紀エヴァンゲリオンライン
Neon Genesis EVANGELION
汎用ヒト型決戦兵器エヴァンゲリオン初号機 by fog 新世紀エヴァンゲリオンスレ#42
汎用ヒト決戦兵器エヴァンゲリオン初号機
Evangelion Unit-01 "Test Type"

illustrated by fog

新世紀エヴァンゲリオン』とは、それまでのアニメの集大成ともわれる1990年代を代表する大ヒットアニメである。本作は「宇宙戦艦ヤマト」「機動戦士ガンダム」に続き第三次アニメブームを作ったとされる。日本アニメ史に残る作品。

通称「エヴァンゲリオン」もしくは「エヴァ」。「エバ」ではない。

概要

アニメーション制作ガイナックス監督庵野秀明。本放送は1995年10月1996年3月テレビ東京系で放映された。放送当初はさほど注されなかったが、終盤からそのだらけの展開から人気が上がり、深夜の再放送などによって大ヒットした作品でもある。

1997年劇場版DEATH AND REBIRHシト新生」(通称エヴァ)が途中までの完成開となった。同年エヴァ完結版・劇場版「THE END OF EVANGELION Air/まごころを、君に」(通称エヴァ)が開。

2007年に入り、リビルド(再構築)作品である『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』が開された。「新劇場版」は4部作で構成される予定。

また、アニメを基にした漫画作品もあり、「月刊少年エース」にて連載されていた(後述)。

ストーリー

西暦2000年に起きたセカンドインパクトと呼ばれる地球規模の大災害により、人類は実にその半数を失った。そして西暦2015年、人類はセカンドインパクトを引き起こしたとされるの存在「使徒」からの攻撃を受けていた。それに立ち向かうのは、主人公である碇シンジをはじめとした14歳少年少女。彼らは国連特務機関NERV(ネルフ)の造り上げた巨大な人造人間「エヴァンゲリオン」に乗って使徒と戦う。

壮絶なアクションシーンエログロもふんだんに取り入れ、登場人物の苦悩や葛を巧みに描写された。その裏側で、セカンドインパクトに次ぐサードインパクトや極秘組織ゼーレ、そして人類補計画などのが交錯する。多くの意味深な用や設定と共に、それらは全て大議論を巻き起こした最終2話へと集約されていく。


登場人物

使徒

NERV本部のある第3新東京市に襲来する、謎の生命体のこと。テレビアニメ版では17体、漫画版では13体が登場した。新劇場版でも13体が登場すると予想される。名称は劇中では「死海文書」に記されているものとされるが、実際には『エノク書』などのユダヤ教キリスト教イスラム教関連の書物や伝承に登場する天使・人物などの名から取られている。

第1使徒アダムと第2使徒リリスが生命の起であり、第3使徒サキエルから第16使徒アルミエルまでがアダムの子、第18使徒リリンすなわち人類と、その他のすべての地球上の生命がリリスの子である。第17使徒タブリスアダムの魂を他の器に移したもの。同様にリリスの魂は綾波レイを器としている。

本来はアダムの子のいずれかで生き残ったものが地球を支配するはずであったが、何らかの問題でアダムは活動を停止し、リリスの子である人類が地球を支配していた。その後アダム南極で人類に発見された際に覚醒し、セカンドインパクトを引き起こす。セカンドインパクトにより南極大陸だけでなくアダム自身も消滅したが、胎児状態にまで復元され、NERV本部地下に閉された(とされるがこれは虚偽)。第3使徒サキエル以降は、そのアダム融合してサードインパクトを引き起こし、人類を滅亡させるために襲来した。

以下、テレビアニメ版における十八使徒を記す。

ゲーム、書籍、新劇場版などの他媒体や本制作前の企画書には上記以外の使徒も登場している。

使徒の関連項目


エヴァ

テレビアニメ放映開始にやや先立って、「月刊少年エース1995年2月号から貞本義行(アニメ版のキャラクターデザイン)によるコミック版が連載開始した。しかし貞本の本業の多忙さなどから休載が頻発するなどしたために進行が非常に遅くなった。1990年代後半には「セカンドインパクトの年(2000年)には間に合わないだろう」とファンたちから諦めので見られていたほどである。

さらに2000年代後半には、新劇場版制作が発表された時に「コミック版も一から作り直される」というデマ情報が流れたこともあり、「まさか劇中の年(2015年)までにも完結しないのでは」とまで心配されていた。2009年には、完結を迎えないままに雑誌を「ヤングエース」に移籍した。

その後、「ヤングエース2013年7月号にてようやく完結した。連載開始からおよそ18年、テレビ本放送が終了した1996年3月から数えてもおよそ17年かけたことになる。最終回が掲載された7月号のヤングエースは売り切れ状態となり入手不者が出たため、次の8月号でも再掲載された。

単行本は2014年11月発売の第14巻が最終巻となった。この第14巻には六分儀ゲンドウやユイ大学時代を描いた描き下ろし漫画夏色のエデン』も掲載されている。この『夏色のエデン』には新劇場版から登場した某キャラも意外な姿で登場しており、ファンの間ではそのキャラの素性を考察する材料にもされている。ちなみに第14巻発売前の2014年6月の時点で、13巻までの累計発行部数は約2300万部

連載開始が本編放送よりかったこともあり、よく漫画(貞本エヴァ)が原作だと勘違いされるが、 エヴァンゲリオン自体が「当時の原作ありきのアニメ体質を見直し、アニメ原作アニメを作る」との監督らの意図から企画されたものであり、漫画原作ではない。原作がない「アニメ原作アニメ」(オリジナルアニメ)であり(なので、「原作」と言えばアニメ版をす)、貞本エヴァメディアミックスの一つになる(コミカライズ)。ただしキャラクターデザイナーが自ら漫画版を担当する例はしいため、安彦良和は貞本との対談で「貞本エヴァを見た事で、メインデザイナーコミカライズを描いてもいいんだ」と思ったとり、『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』を描くきっかけの一つになった事を明かしている。

なお、本編と貞本エヴァでは基本設定や大筋のストーリーは共通だが、細かい展開やキャラクターの性格付けは異なっている(例:碇シンジが「逃げちゃダメだ」を言わない、渚カヲルが子供っぽい性格をしている、など)。これについて貞本は、原作であるアニメエヴァは「野さんのもの」であると答えており、それを原作として自身の解釈と考えに基づく描き方を心がけている事を明かした。また、本編ゴールデンタイムに近い時間帯に放映された作品であるにもかかわらず、対年齢をかなり上に設定している反面、貞本エヴァでは対年齢をかなり低く設定してある。しかし、物語が後半に近づくにつれてアニメ版以上にハードな展開になっており(アニメ版では死亡しないキャラ漫画版では死亡する、ゲンドウがシンジに憎悪に似た感情をぶつける、など)、アニメに合わせて対年齢が引き上げられている事が伺える。

エヴァブーム

アニメでは『宇宙戦艦ヤマト』『機動戦士ガンダム』と並ぶといわれる大ブームを引き起こし、普段はアニメを見ない人々をも巻き込み社会とまで言われた。大塚英志読売新聞上で取り上げ、サブカルチャー誌「Quick Japan」「STUDIO VOICE」で特集号が発行され、テレビでも報道番組が特集を組んでその人気の加熱振りを取り上げるなどと、マスメディアでも頻繁に取り上げられた。

上記「ストーリー」の項にも触れられているとおり、多くの意味深な用や設定、を含み、それらをど解明しないままにテレビ版・映画版とも完結したため、ファンの間での論争や考察も盛んだった。が書いたのかも怪しいような非公式の解説本が何種類も出版されていたと言う面からも当時の過熱振りが想像できる(なお、設定やは、後に監督ガイナックス監修の元で作成されたゲームエヴァンゲリオン2」内である程度解明された)。

オタク界には絶大な影を残し、以降「意味深宗教科学の多用、不必要なまでによく練られた設定付を行い、一つの世界観を作り上げる」という作品作りが一つのスタンダードとなる。これは今の20代後半~30代のクリエイターの多くに影を与えている。本作を賞賛し、ひいては監督野を崇拝しているクリエイターに、山本寛がおり、こちらは充分に信者の域に達している。

また、テレビ東京深夜帯に再放送され新しいファンの開拓に成功した。これは当時まだ出始めだった深夜アニメが商業的に成立することを明し、以降マニア向けの深夜アニメが大量生産されるようになる。

エヴァ好きの著名人

エヴァンゲリオンファン一般人に留まらない。中には稲垣早希)のように、登場人物の物真似をする「エヴァ芸人」さえいる。ここではエヴァンゲリオン好きを言している有名人一覧を載せておく。

宇多田ヒカル大槻ケンヂ滝本竜彦藤原基央(BUMP OF CHICKEN)、加藤夏希

中田オリエンタルラジオ)、栗山千明今田耕司大竹まことL'Arc~en~Ciel京極夏彦片岡鶴太郎

藤井フミヤPUFFY竹中直人村上龍筑紫哲也坂本龍一美里爆笑問題宮部みゆき忌野清志郎

水道橋博士浅草キッド)、竹中平蔵(元総務大臣)、沢尻エリカ水川あさみ桜井和寿Mr.Children)、

深田恭子草薙剛SMAP)、谷村新司ウッチャンナンチャン北野武由美etc.

なお、大槻ケンヂ綾波レイキャラクターイメージ元ネタとなった曲(筋肉少女帯の「何処へでも行ける切手」)を作詞するなど、エヴァに与えた影も大きい。

主題歌

オープニングテーマ残酷な天使のテーゼ
歌:高橋洋子 / 作詞及川眠子 / 作曲佐藤英敏 / 編曲大森俊之
エンディングテーマFLY ME TO THE MOON
歌:CLAIRE / 作詞作曲Bart Howard / 編曲Toshiyuki Ohmori


リスト

話数 サブタイトル 脚本 絵コンテ 演出 作画監督 動画
使徒、襲来 庵野秀明 摩砂
庵野秀明
巻和哉 鈴木俊二
第壱話「使徒、襲来」
第弐話 見知らぬ、天井 榎戸洋司
庵野秀明
本田雄
第弐話「見知らぬ、天井」
第参話 鳴らない、電話 昭夫
庵野秀明
巻和哉
石堂
石堂 細井
第参話「鳴らない、電話」
第四話 、逃げ出した後 昭夫 喜一 加賀ヨシ 重田
第四話「雨、逃げ出した後」
レイ、心のむこうに 昭夫
庵野秀明
杉山慶一 鈴木俊二
第伍話「レイ、心のむこうに」
第六話 決戦第3新東京市 摩砂 石堂 細井
第六話「決戦、第3新東京市」
第七話 人の造りしも 榎戸洋司
庵野秀明
杉山慶一
庵野秀明
杉山慶一 鈴木俊二
第七話「人の造りしもの」
第八話 アスカ、来日 樋口 巻和哉 本田雄
第八話「アスカ、来日」
第九 間、心、重ねて 昭夫
庵野秀明
水島精二 長谷川
第九話「瞬間、心、重ねて」
第拾話 マグマダイバー 加賀ヨシ
庵野秀明
加賀ヨシ
石堂
重田
第拾話「マグマダイバー」
第拾 静止した闇の中で 榎戸洋司
庵野秀明
摩砂 渡邊哲哉 河口俊夫
第拾壱話「静止した闇の中で」
第拾弐話 奇跡の価値は 昭夫
庵野秀明
石堂 重田
第拾弐話「奇跡の価値は」
第拾参話 使徒、侵入
昭夫
庵野秀明
岡村天斎 黄瀬和哉
第拾参話「使徒、侵入」
第拾四話 ゼーレ、魂の座 庵野秀明 大塚
安藤
第拾四話「ゼーレ、魂の座」
第拾 と沈黙 昭夫
庵野秀明
喜一 羽生尚靖 鈴木俊二
第拾伍話「嘘と沈黙」
第拾六話 死に至る病、そして 山口
庵野秀明
巻和哉 長谷川
第拾六話「死に至る病、そして」
第拾七話 四人の適格者 樋口
庵野秀明
グロアキラ 大原 花畑まう
第拾七話「四人目の適格者」
第拾八話 命の選択を 岡村天斎 黄瀬和哉
第拾八話「命の選択を」
第拾九話 男の 昭夫
庵野秀明
摩砂 本田雄
第拾九話「男の戰い」
第弐拾話 心のかたち 人のかたち 庵野秀明 巻和哉
庵野秀明
大塚 巻和哉
第弐拾話「心のかたち 人のかたち」
第弐拾 ネルフ、誕生 昭夫
庵野秀明
喜一 石堂 重田
第弐拾壱話「ネルフ、誕生」
第弐拾弐話 せめて、人間らしく 山口
庵野秀明
巻和哉 高村 花畑まう
第弐拾弐話「せめて、人間らしく」
第弐拾参話 巻和哉
庵野秀明
増尾昭一 鈴木俊二
第弐拾参話「涙」
第弐拾四話 最後のシ者 昭夫
庵野秀明
摩砂
庵野秀明
摩砂
第弐拾四話「最後のシ者」
第弐拾 終わる世界 庵野秀明 巻和哉
庵野秀明
巻和哉 本田雄
第弐拾伍話「終わる世界」
最終話 世界の中心でアイを叫んだけもの 庵野秀明 摩砂
巻和哉
庵野秀明
摩砂
巻和哉
最終話「世界の中心でアイを叫んだけもの」


動画


ニコニコチャンネル


商品


団体


項目


リンク


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E6%96%B0%E4%B8%96%E7%B4%80%E3%82%A8%E3%83%B4%E3%82%A1%E3%83%B3%E3%82%B2%E3%83%AA%E3%82%AA%E3%83%B3
ページ番号: 100920 リビジョン番号: 2379519
読み:シンセイキエヴァンゲリオン
初版作成日: 08/05/19 17:59 ◆ 最終更新日: 16/07/03 02:20
編集内容についての説明/コメント: 「関連項目」に「マグマダイバー」を追加しました。
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


 


UN重戦闘機

冬月コウゾウ(60)

しきなみさん

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

新世紀エヴァンゲリオンについて語るスレ

725 : ななしのよっしん :2016/05/29(日) 22:00:43 ID: CA0wJK0QuV
プラモデル雑誌に連載されてた小説いつ単行本化するのだろうか
726 : ななしのよっしん :2016/06/18(土) 21:02:31 ID: v7vMfkcody
当時見てた世代は今はもう立パパママになってるはずだな。(ただしsyamuは除く) このアニメ製作されて以降、2000年代以降のアニメゲームにはエログロという新たな刺的なジャンルが存在するようになった。もしこの作品をえるアニメが現れたとしたら、人々は再び新たな新地に向かうのだろうか…
727 : ななしのよっしん :2016/06/19(日) 03:10:32 ID: dfeCaxROyr
パパママと聞いて思ったけど、ウルトラマンを子供と見る時、子供はウルトラマンを応援しながら見るよな。
一方パパは、怪獣興味を示し怪獣の方を応援するよな。
何故なら、ウルトラマン怪獣に負けて最終回なんてことは有り得ないとパパは分かり切ってるから。

新劇はそれを逆手に取ってるよな。
いきなりサキエルを第4の使徒と言って、あれ3番じゃないの?とか
まぐるしく変化するラミエルとか序も破も見所沢山だった。Qはそういう見所がかったなぁ。
728 : ななしのよっしん :2016/06/19(日) 09:27:52 ID: aAXuoehfcn
初代ウルトラマン最終回怪獣に負けて倒された気が
そのゼットンを人類が倒す
729 : ななしのよっしん :2016/06/19(日) 10:45:36 ID: I2+rPcdX4p
具体的に言及されてなかった気がするから確認だけど
ネルフエヴァ使徒の存在って一般人には極秘なんだっけ
セカンドインパクトの詳細を隠してるから秘密かと思ったけどそうするとヤシマ作戦の言い訳とか使徒の死体とかの説明が難しそうだし
730 : ななしのよっしん :2016/06/20(月) 01:28:46 ID: dfeCaxROyr
ネルフ幹部ですら地下に居るのはアダムだと思いこんでたわけで、その辺どうなんだろうね?
731 : ななしのよっしん :2016/06/22(水) 10:41:49 ID: V3erdbHdUJ
アダムが人祖ではないという聖書逆の設定が新だったな。
クローン作品は腐る程出てきたがこの設定に関しては全くと言って良い程踏襲されてないようで

リリンの元ネタメソポタミアって話だけどシュメール神話とも系統が違う伝承かね?
シッチン本でも人祖はアダムだし何かエヴァって他のアニメじゃ定番のシュメール神話とは違う流れの話使ってるよな

732 : ななしのよっしん :2016/07/17(日) 16:05:21 ID: ebgqYZlCep
エヴァンゲリオンってものが完結するのはいったいいつなんだろうか・・・
733 : ななしのよっしん :2016/07/18(月) 09:59:11 ID: mSZWROS3VR
>>729
極秘にしたのは、ラストネルフを殲滅するための口実だと思ってる。全く情報開示しない組織が実は世界滅ぼそうとしていたら、戦自は確実に敵意を抱く。
で、なんでネルフを殲滅する必要があるかだが、補計画を導したゲンドウ、リツコ、ミサトの殺が狙いと思ってる。何故なら彼らが死んで補されなければ、シンジサード起こしたときシンジが何故サードを引き起こしたのかが分からなくなる。つまりシンジはその時点で人類と共存不可能な悪と全人類に定義される。
そうなればあとは簡単。「善」なる人間はシンジから逃げるために互いに補しあい、単体のリリンとなり、シンジが生きている限り彼らはLCLから出ることもない。多分シンジ自殺してLCLに死体が落ちれば、群体のリリンに戻ると思うよ。
734 : ななしのよっしん :2016/07/21(木) 17:08:55 ID: Y4KWndrFDK
729 使徒の存在自体は「然の秘密」レベルじゃないかなぁ。戦艦大和は極秘兵器だったけど軍港付近の住民は皆知ってた、みたいな。
それと、あの世界って南沙諸島へ進出した中国軍と戦略自衛隊が睨み合ってるような情勢で、内では内務省が暗躍(=特高警察アリ?)してるし、変な噂流すようなは簡単に逮捕できる準戦時体制みたいなものでは?と思ってる。
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015