単語記事: 新撰組

編集

新撰組とは、幕末に存在した客集団である。漢字は「新撰組」の他に「新選組」を当事者達も使用していたため、どちらも正しい。

平成16年(2004年)の新撰組を題材にした大河ドラマ新選組!」をはじめ、多数の小説映像作品の題材となっている。

概要

前身の壬生浪士組の成立まで

文久3年(1863年)、将軍茂の上の警護のため、幕府は参加に身分・年齢を問わない「浪士組」というものを組織した。この企画は浪士・清河八郎の献策によるものとされ、ここに近藤勇土方歳三ら試衛館のメンバーや、などが参加。総勢二名をえる一行はへ向かう。

についた清川は浪士組を尊王活動に利用しようとした(つまり幕府を出し抜いた形になる)。近藤沢らの思惑は京阪で攘夷を実践する事にあり、江戸に帰還しようとした清河に反発して袂を分かつ。帰還命令の出た浪士組は清川とともに江戸へ戻るが、近藤沢らはに残り会津の預かりとなった。彼らは壬生村に屯所を構え、総勢二十四名で「壬生浪士組」を旗揚げした。

ちなみに江戸へ戻った清川は、後に京都見廻組組頭になる佐々木只三郎ら幕府の刺客によって暗殺された。

壬生浪士組結成~芹沢一派の粛清

隊員を集めつつ、会津から中警備及び不定浪士の取り締まりを命じられる。この頃の彼らは身なりが貧しかったため、「みぼろ」などと揶揄されていた。後に商人にを出させて隊や隊旗(の旗)などを整備し始める。

八月十八日の政変にて警備を務めたことが評価され、島田魁によれば同日に「新撰組」の名を賜る。ここに新撰組、誕生である。

新撰組に名をめたころ、隊内は局長を務める二人、沢と近藤閥に分かれていた。が乱暴藉を繰り返したこともあり、近藤によってが暗殺され、は一掃される。かくして近藤勇ら試衛館メンバーが隊を握した。

池田屋事件

新撰組の名をかせたのはなんといってもこの池田屋事件であろう。

元治元年(1864年)6月5日長州の間者として活動していた古高俊太郎を捕縛し、御所焼き討ちを謀る攘夷浪士の計画を自供させた新撰組は、そのに会合場所であった籠・池田屋を突き止め、二十数名の浪士に対しわずか四人(近藤勇沖田総司永倉新八藤堂平助)でり込んだのである。沖田堂が途中で戦線離脱するも土方隊の合流まで持ちこたえ、浪士九名を討ち取り、四名を捕縛した。

さらに八月には禁門の変の鎮圧にも参加する。

ついに幕臣に

池田屋事件で名を上げた新撰組伊東甲子太郎を加え、総勢二名の組織へと拡大していた。これによって壬生村の屯所が手狭になったこともあり、西本願寺へ屯所を移転した。そして慶応3年(1867年)6月、ついに新撰組近藤以下全員が幕臣に取り立てられた。この間に伊藤が御陵衛士を結成して脱退したが、11月18日近藤伊東を招き寄せ、これを襲撃。伊東藤堂平助を暗殺した(油小路事件)。伊東暗殺後、御陵衛士の残党によって12月18日近藤が狙撃され重傷を負った。

その他にもこの期間中に山南敬助切腹し、武田観柳斎が刺殺されている。

落日

慶応3年(1867年)10月14日徳川慶喜による大政奉還から12月王政復古の大号令を経て、新政府と旧幕府の対立が決定的となった翌年慶応4年(1868年)1月、旧幕府軍として伏見の戦いに参加するも新政府軍の前に敗北軍艦江戸に帰還する。この戦いで古参隊士の井上源三郎山崎烝が戦死した。その後幕府の示で甲陽鎮撫隊として甲斐に向ったが、新政府軍に先に甲府を奪われ、甲州勝沼で野戦をするも敗北を喫した。その後下総流山へ移転後、近藤勇が新政府に捕らえられ、4月25日に処刑された。

沖田総司は病状の悪化によって江戸で死去。原田左之助義隊に加わり上野戦争で討死したとされる。

その後新撰組宇都宮会津と転戦。だった隊士のうち斎藤一会津まで転戦。土方歳三島田魁らは夷まで転戦した。最終的に五稜にまで至るものの、函館戦争にて土方が討たれ、降伏。まもなく五稜も陥落し、戊辰戦争は終結した。

関連商品

関連項目

新選組が登場する作品


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E6%96%B0%E6%92%B0%E7%B5%84
ページ番号: 4971239 リビジョン番号: 2289581
読み:シンセングミ
初版作成日: 12/09/27 04:04 ◆ 最終更新日: 15/11/17 23:18
編集内容についての説明/コメント: 時事に合わせて白色テロを追加しておきました
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

新撰組について語るスレ

75 : ななしのよっしん :2016/02/06(土) 22:11:43 ID: LK2DUVhkhZ
戊辰戦争榎本大鳥好きから新選組を知った自分としては
新選組(と土方)の魅って「変われた」点だと思うんだよな
創立メンバーがほぼいなくなり、人員がほぼ入れかわっても組織の体を保ち、
かつ近代地上戦部隊に対応する組織になろうと変わってゆける点
76 : 名無し :2016/02/12(金) 23:00:44 ID: RLu4AZdFz7
○番隊隊長か○番組組長かどっちが正しいのですか?
77 : ななしのよっしん :2016/04/06(水) 14:47:45 ID: U0HGldNC2A
今でこそ役級の扱いが多いけど鞍馬天狗の頃は悪の秘密結社みたいな扱いだったらしいな
マジレンジャー府十みたいに間接的な悪役モチーフにはなったりはするけど
悪役として描かれる新選組ももっとあっていいと思う
78 : ななしのよっしん :2016/04/18(月) 23:33:36 ID: 59T7D4ezwv
いかに自由民主主義の世とはいえ、美化しすぎもそれはそれで不健全だからな
たまには悪の新撰組もまた良し
そういえば長州役の大河ドラマがあったようだが・・
79 : ななしのよっしん :2016/04/19(火) 00:47:50 ID: LK2DUVhkhZ
龍馬伝新選組は結構「不気味な強敵」感を出してたと思う
80 : ななしのよっしん :2016/05/02(月) 19:48:17 ID: GWh/PbFlcL
そりゃ役割は憲兵+特高警察みたいなもんだからな
だんだら模様の装が現代人にウケたから今でも人気があるけど
逆に言えば、恰好がダサかったら京都り組程度の知名度だったのかも

装はやっぱり重要だねえ
81 : ななしのよっしん :2016/06/03(金) 22:38:47 ID: 3t2+1dyXa1
池田屋事件で維新志士がに火を付けようとしたは本当なのかね?
維新も否定してないからマジかも知れない
82 : ななしのよっしん :2016/06/06(月) 10:12:26 ID: moXrPX90hG
新選組のでっち上げに、維新後の五郎が便乗したという説があった
池田屋の会合に参加していたという資料があり、現場から逃亡したイメージを美化するために、新撰組に相乗りしたという
もし新撰組っぱちなら、京都焼討に反対したというも崩れてしまう
実際、が「新撰組は本当で自分は反対していた穏健だった」みたいなことを言い出すのは政府高官になった維新後のことで、それ以前は「どうやって古を救うか会合していた」としか言ってない
83 : ななしのよっしん :2016/06/08(水) 06:24:20 ID: 59T7D4ezwv
戦争ダイスキなテロリストたちから、京都平和を守り王様を守る正義の味方だから、現代では主人公をやりやすいね
新撰組はんが本当に正義の味方でっしゃろか?」というのは置いておこうw
84 : ななしのよっしん :2016/06/08(水) 19:35:02 ID: moXrPX90hG
幕末テロは、安政の大への報復がほとんどだがな
その場しのぎで方針をころころ変えて、安易な弾圧に走った江戸幕府が無能すぎた
新撰組はまさに「上がバカだと下が苦労する」を体現した哀れな集団

まあ、幕府がバカやらなきゃ新撰組は生まれなかったが
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015