単語記事: 方程式

編集

方程式とは、恒等式でない等式である。

概要

数式の中で、両辺が=で結ばれているものを等式という。その中でも、代入できる値が限られているものを方程式という。

方程式というと、解をめることが的であると思われるかもしれないが、必ずしもそうとは限らない。しかし、考察の対となる場合は何らかの意味を持っていることが多い。論、何の意味もなくても、恒等式でない等式ならば方程式である。

代数方程式

多項式=0の形で表される方程式を代数方程式という。

1次方程式

中学1年で1元1次方程式、2年で2元1次連立方程式を学ぶ。

基本的に、移項するか、両辺の定数倍を施すことで解くことができる。連立方程式は片方の文字を消去して1元方程式にし、その解を元の式に代入してもう片方の文字について解く。文字の消去には加減法、代入法のいずれかを用いる。加減法とは、2本の式の両辺を定数倍し、片方の文字の係数をそろえて消去するものである。代入法とは、1本の式を片方の文字について解き、それを他方の式に代入するものである。

2次方程式

中学3年で1元2次方程式を学び、高校1年でさらに詳しく学ぶ。2次方程式の解法は、次の3つに大きく分かれる。

因数分解

左辺を因数分解することにより解をめる方法。ab=0⇒a=0またはb=0という事実を用いる。

例:
x2+x-2=0
(x+2)(x-1)=0
x=-2,1 

平方完成

「因数分解なんて何の役に立つんだよ」という2病患者のために、整数の範囲で因数分解できない2次式も存在するため、そのような方程式完成により解をめる。因数分解できる方程式に適用してもよいが、因数分解で解くより手数を踏むのでおすすめはできない。

例:
x2+6x+3=0
x2+6x=-3
x2+6x+9=-3+9
(x+3)2=6
x+3=±√6
x=-3±√6

解の公式

完成も途中に因数分解を使っているため(上記の例における3行から4行)、重度の2病患者はそれすらも拒むだろう。そこで、そんな方々のために、完成では手数を踏むので、解の公式を使うことで手数を踏まずに解くことができる。係数を代入するだけで解がめられてしまう、チート級の技。ちなみに、ゆとり教育でこれを学ぶのは高校1年であるため、高校受験で使うとはねられる可性が高い。

x=(-b±√(b2-4ac))/2a

これは、2次方程式の一般形ax2+bx+c=0を完成により式変形したものであるため、末期2病患者はこれでさえ拒むであろう

虚数解とは

係数が実数の1次方程式では、解も必ず実数となる。しかし、2次方程式では実数の範囲に解があるものとないものがある。前述した例はいずれも実数解を2つもつが、x2+1=0は、実数解をもたない。そこで登場するのがiである。iは虚数単位といい、-1の平方根のうちの片方である(もう片方は-i)。解の公式に適用するときは、√(-1)=iとしてよい。これを使うことによって、2次方程式はいずれも解を2つもつことがわかる(重解をもつものは、「同じ値をとる解が2つある」と解釈する)。

3次方程式、4次方程式

高校では因数定理等を使ってこれらを解く方法を学ぶが、因数定理が使える方程式は、ごく限られている。

これらも解の公式が存在し、3次方程式はカルダノの公式、4次方程式フェラーリ公式が有名。

前述した虚数解は、カルダノの公式が導き出されるまでは認められていなかった。というのも、負の数の平方根は当時の人々の感覚からはかけ離れたものであったからである。実数の範囲に解が存在しない場合、当時の人々は「解なし」と結論づけていた。しかし、カルダノの公式では実数解をめる場合でも計算過程に負の数の平方根が出てきてしまう。そのため、方程式を解く際に虚数の概念を避けて通れなくなったのだ。ちなみに、三角関数の3倍公式を応用すると、虚数の概念を用いずに実数解をめることができる。しかし、これが使える方程式は限られている。

5次以上の方程式

5次以上でも複素数の範囲内に解は存在するが、四則演算、べき根を有限解用いて解く方法は一般に存在しない。但し、代数的に解けなくても解析的に解ける場合がある。

微分方程式

微分方程式とは、未知関数微分項を含む方程式のことである。より厳密な説明はWikipediaなどを参照してほしい。

微分方程式を解くとは、方程式を満たす未知関数を決定することである。他の方程式のように値をめるものではないことに注意しよう。数式の操作のみで未知関数めることを解析的に解く、と言う。しかし解析的に解ける微分方程式の種類は限られているため、コンピュータを用いて方程式を満たすべき数値の組をはじき出す数値計算という手法が流である。

例えばある関数の式の形はわからなくとも、X=0,1,2,...の各々についてYの値が判明していればグラフを書くことができるし、グラフから任意のXに対するYの値を推定できるので実用上、関数の式の形が判明したと見なすことができる。微分方程式を数値計算可な形に置き換えた上で、上の例で言えば、Xの値を次々に変えて代入して行き、対応するYの値をはじき出す。これが数値計算で微分方程式を解くということである。

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E6%96%B9%E7%A8%8B%E5%BC%8F
ページ番号: 3726123 リビジョン番号: 331618
読み:ホウテイシキ
初版作成日: 09/06/19 03:24 ◆ 最終更新日: 09/06/21 17:58
編集内容についての説明/コメント: 微分方程式の説明を追加。
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

方程式について語るスレ

28 : ななしのよっしん :2013/03/23(土) 15:12:30 ID: ZCRGNUuog+
>>27
今の高1から数学が新課程になったんだっけ?
29 : ななしのよっしん :2013/04/19(金) 10:26:14 ID: FqGPAAmdOt
>方程式とは、恒等式でない等式である。

厳密にいえばそういうわけじゃないんだよね
未知数を含んだ等式を方程式といって、定義域全体で等号が成り立つ方程式恒等式になるというわけ
正方形は長方形に含まれるみたいなものだ
でもだからと言って{恒等式全体の集合}⊂{方程式全体の集合}とは限らない
例えば1+1=2変数ゼロ方程式とみなしていいかどうかで話が違ってくるからね

まあとにかく、恒等式仲間外れにされて可哀そうだなと思った
30 : ななしのよっしん :2013/04/20(土) 10:44:42 ID: +LFMQDP/Mt
予備校講師とか教師方程式解かせる時に「この値を代入してあげて~」みたいに擬人的表現?をするのは何故なんだぜ
気持ち悪いんだぜ
31 : ななしのよっしん :2013/05/21(火) 18:51:40 ID: PnIwWJV4kL
2次方程式、分かる前はちんぷんかんだったが解の公式覚えた後
因数分解と根号含む解法も理解したぜ
色々解き方のパターンがあって面いな
32 : ななしのよっしん :2013/08/16(金) 05:52:14 ID: U5TvfP8AH5
1次方程式中学の時から解けなかったし、十年以上経った今でも解けない。
テストは0~10点が当たり前ののび太状態。
数学は努の介在する余地が存在しない才100%の教科。はっきりわかんだね。
33 : ななしのよっしん :2013/08/31(土) 22:42:43 ID: EI8EslKm43
>>29
同意。
とはいえ少なくとも教育課程では厳密な定義がされていないのも事実
よく言われる「値によって成り立ったり成り立たなかったりする等式」を定義としてとれば、
(定義域をRとした場合)x^2+1=0のような恒偽式も方程式ではないことになる。
しかし、「この方程式の解が存在しないことを示せ」のような言葉遣いはしくない。

何にせよ、今の記事にある「恒等式でない等式」は問題かと。
恒等式方程式から外して、1+1=1(でない閉式)を方程式に認める正当性が明らかでないので。
個人的には、恒等式を認める形で「未知変数を含んだ等式」辺りが妥当かなと。

>>32
人は自分の理解できないを才という。
34 : ななしのよっしん :2013/12/15(日) 16:53:23 ID: K0KqF4fDxN
因数分解のところの、
「ab=0⇒a=0またはb=0という事実を用いる。」は、
「ab=0⇔a=0またはb=0という事実を用いる。」では?
35 : ななしのよっしん :2015/06/23(火) 08:36:32 ID: BBHvRSUaGb
微分方程式むず過ぎw

>>32
いいや、数学、特に大学数学までは99の教科だぜ
が要されるのはむしろ現代文
君もも、努しなかったから数学苦手なのさ

36 : ななしのよっしん :2016/03/06(日) 13:24:40 ID: kP6hXam8jw
現代文はあれだろ.
要は,文学部disられるのが嫌だからいきなりボスを出して来た!
っていう代物.
多くの人は作家でもなければ一つの書物をバイブルとして社会で生きて行けば
後は他の小説の行間も大体は埋まるようになる.
ただ,行間がどうしても埋まらないのがあってきちんと調べたら,
気持ち悪い受験秀才だったり,何か勘違いしている仕事だったってオチ..
37 : ななしのよっしん :2016/03/06(日) 13:35:35 ID: kP6hXam8jw
ただとんでもない所に現代文が出てくる.
数学の抽数学集合に基づくもんだけど,(どちらかというと
法学に近い.)研究者は面倒なのとそもそも,
イメージ確立される前に定義をするのは自殺行為なので,
議論しまくってイメージ確立させるまで,訳分からん論文が登場する.
こうして,数学に現代文が登場するという訳の分からないことが起こる.
数学で言う法学はどちらかというと法哲学に近くて,法学からしたら
変なオッサンやフェミ何とかと付き合わないといけないから,
法律してないじゃんというのは確か.
ニコニコニューストピックス
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829