単語記事: 日向ヒナタ

編集

日向ヒナタ(ひゅうが-)とは、漫画NARUTO』の登場キャラクターの1人にして主人公(うずまきナルトである。
CV:水樹奈々

概要

夕日率いる第八班の所属、木の葉でも名門とされる日向一族宗出身のくの一。父親日向ヒアシ日向ハナビ従兄に分出身の日向ネジがいる。なお、「ひなた」という字を漢字にすると日当のほかに、『日向』でも「ひなた」という読みがある。漢字名称だと日向日向になるのだろうか?

一部ではショートヘアーだったが二部以降はロング。あと二部からは同年代の女性キャラの中では一番胸が大きい描写がされている。
(みんなで銭湯に行った時は、押さえつけないと浮かんでしまうほどだった)

日向一門ということから一族の血継限界である眼が使える他、戦闘では柔拳を用いて戦う。ただ、彼女自身は1つ年上のネジや5つ年下のハナビべると才に劣っており、かつては父親日向ヒアシからは「あやつは日向にはいらぬ」と切り捨てられる程だった。

一部の中試験編では犬塚キバ油女シノとのチームで第二試験までは突破したが第三試験の予選で従兄で分出身の日向ネジと対決することになり、宗のヒナタに対して憎しみを向けるネジに徹底的に痛めつけられるが、憧れのナルトの前で格好悪いところは見せられないと最後まで懸命にネジに立ち向かう。
最終的に戦いには敗れ最後にはあわや殺されかけたが、その戦いぶりを見たナルトネジを倒すことを決意し、実際に本戦でネジを破っている。しかしヒナタはネジから受けたダメージが思いのほか大きく、本戦のナルトの勇姿を最後まで見ることはできなかった。

一部ではに感知の用途で眼を用いることが多かったが、二部以降では実的にも成長し、眼を用いての柔拳での戦闘描写も立つようになる。

温和で心優しい、照れ屋で引っ込み思案で且つ気弱な性格。しかし、いざという時には自分で決めたことをっ直ぐ貫こうとする意志の強さも見せる。
幼少期からうずまきナルトに好意を寄せているが、自身の消極的な姿勢もあって進展しない。とはいえ、ヒナタはナルトに強い影を受けており、「まっすぐ自分の言葉は曲げない」という彼女の忍道ナルト譲りの物である。

特に印深いのが二部におけるペイン戦、ペインに追い込まれて絶体絶命のナルトを救うべくたった1人でペインの前に立ちはだかり、逃げるように叫ぶナルトの前で堂々と「私はナルト君が……大好きだから……!!」と、消極的な彼女が遂にナルトに対する自らの想いを告白する。
柔拳を用いてペイン相手に立ち向かうもその実差はあまりにも大きく、吹き飛ばされた挙げ句にペインの放ったを撃ち込まれて瀕死の重傷を負うことになり、そのの当たりにしたナルトが九尾の暴走させるきっかけとなった。
アニメでは戦闘シーンが大幅に追加されているだけでなく瀕死の体を引きずりながらナルトの方へと近づき、震える手でナルトに刺さった必死に抜こうとしたり、そのを見たペインからの問いに自分の忍道を堂々と言い放つなどとより描写が強調されている。

その後の界大戦でもネジと連携してゼツ軍団と戦ったり、「これからはナルト君の後ろを追いかけるのではなく、隣に並んで歩いていきたい」と、新たな決意をったりもしている。更にオビトとの戦いでは情け容赦のない現実の当たりにして遂には己の信念がぐらついてしまったナルトを叱励し、立ち直ったナルトからお前がオレの横にいてくれたおかげだ」と言われたり、本誌掲載時のラスト煽り文で「この手は決して離さない!」なんて書かれてたりも。

上述のペイン戦を見ればなんとなくわかると思うがアニメでは活躍の機会や出番が増えており、二部では彼女メインエンディングが作られたり、そのことについておまけアニメナルトスタッフにはヒナタファンがいる」などと公式で認めてしまっていたりする。

このような扱いからなのか、最終回では彼女が報われるエンディングとなり、多くの読者を感させた。 
最終回に登場する兄妹の名前もいろいろ深読みできるようになっている。

そしてNARUTO最後の映画となる「NARUTO THE LAST MOVIE」にてメインヒロインとして抜され、ナルトと結ばれるまでの過程が描かれる事となった。

また同映画パンレット影様インタビューにて「少年編が終わって、青年編に入って少し経過してからナルトとヒナタはくっつく」と決めていた事を明かした。このほか、子供の名前についても舞台挨拶で「ネジというキャラナルトとヒナタをくっつけるのに重要な役割を果たしていました。もともとネジという言葉は(の中で)『2つのものを繋げる』というイメージなので、その別の言い方として」という由来を明かしており、概ねファンの予想した通りのものだったようだ。

なお、ニコニコではサクラよりヒナタの方が先に単独記事が出来たが、Wikipediaでは最終回時点で単独記事すら作られておらず、『数ある登場人物の一人』[1]扱いなのが非常に残念な次第である。
ちなみに、ニコニコでのNARUTO女性キャラの単独記事一番乗りはテンテンらしい。 

関連動画

関連静画

関連商品

関連コミュニティ

日向ヒナタに関するニコニコミュニティを紹介してください。

関連項目

脚注

  1. *但し、映画(「THELAST」)開以降の記事には『本作のもう一人のヒロイン』と表記されている。

【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E6%97%A5%E5%90%91%E3%83%92%E3%83%8A%E3%82%BF
ページ番号: 5254075 リビジョン番号: 2345755
読み:ウズマキヒナタ
初版作成日: 14/07/28 20:59 ◆ 最終更新日: 16/04/04 02:19
編集内容についての説明/コメント: 関連動画追加
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

日向ヒナタについて語るスレ

879 : ななしのよっしん :2016/06/15(水) 20:37:48 ID: H8SAy3WVdp
というかな話、腐女子に嫌われてるのかのでかい一部の腐女子が嫌ってるだけなのか正直判らん。
とらのあな見たらナルヒナ(しかもめっちゃいちゃいちゃ)
ノマカプ描いてた作者普通にボルナル描いてたりナルサスが別格とか
書いてたからな・・・まあ昔男性向けでナルツナ描いてた人の別の見たら
ナルトカカシアッー!しててちょっとトラウマなったけど
というか、ナルト公式CP同人誌R18ガチで半分以上女描いてるし
880 : ななしのよっしん :2016/06/15(水) 21:05:46 ID: JIpINq4UwD
がでかいナルサスの腐女子が暴れてるだけだから気にスンナ
ルサクなんてそいつらが引き合いに出してるだけだよ
881 : ななしのよっしん :2016/06/16(木) 00:58:00 ID: nZmQW1X/Ic
この子叩きに関してナルト結婚したから腐女子カプ厨がって書き込みよく見るけど正直最終回ナルトと結ばれたからかれてるんじゃなくてそこまでの過程が気に入らないって人のが多いんだと思う
夫婦は(そもそもれ初めの描写少ないところもあるが)較的穏やかに結ばれたのに対してナルヒナネジ死亡イベント発生なんてあんまり宜しくないことやっちゃったLASTアニスタが熱入れすぎちって色々ヒナタに都合よすぎる展開になってたりと
それに加えて一部の変なファン完結普通結婚祝うだけならまだしもキャラに対して心ない発言しまくって暴れたりで 個人的にヒナタやナルヒナ自体は好きだけど正直この辺の展開はあんまり好きじゃないからそう思うのかもしれないが特にネジのは影が「ナルトとの」仲になるからまあ適当イベント作るかって感じだったんじゃとすら思ってしまう
影はインタビューとか見てると七班+オビトとそれ以外の着の差がしい方だと思うがそれに対しての他メディアスタッフの変なの入れ方とか気持ち悪いファンの熱の差が悪く言うとオタサーの姫に似た感じになってアンチ
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
882 : ななしのよっしん :2016/06/16(木) 01:35:44 ID: JIpINq4UwD
>>881
いや、そういう違和感も抱えてる
ヒナタとくっつくこと自体は違和感ねーんだよ、コマ割とか見ててもさ
ただ、LASTのくっつき方に少し違和感があったってだけでさ

それと全然別個に暴れてる層がいるのはこれ確実よ
ヒナタをすげえ乏しめる連中だからすぐ分かる まぁ、女だろうなってのもね
883 : ななしのよっしん :2016/06/16(木) 05:53:17 ID: H8SAy3WVdp
まあ、ナルヒナ好きでもLASTのくっつき方に違和感あるってのは結構聞くしなあ
というかTHELAST自体がノベルで補しまくりで映画単体じゃ判らんシーン多いとか結構雑なつくりではあるし
なんかけちょんけちょんに馬鹿にされると立つけど名作と言われると
『いやそれは違くね?』ってなるんだよな、あの映画
884 : ななしのよっしん :2016/06/16(木) 19:57:23 ID: H8SAy3WVdp
あとふと思ったんだが、オレ連載当初からサスケサクラもなんだかんだで
お互い思い合ってるからサスサクくっつくのが自然だろうなーとか思ってた癖に
ヒナタの想いは報われんだろうなーとか思ってた口なんだがそういう人って他にもいらっしゃる?
 何となくサスサクくっついてナルトは里という家族を背負うと思ってたもんで。
で、ナルト鈍感でヒナタの想いに気づかず、ヒナタにしてもナルト以外をせないだろうから
お互い一生独身かなーとかオレ思ってたんよ。
 ・・・というかね、アニメスタッフのヒナタ押しがね、某東映用心棒みたく
『好きなキャラ程殺したくなる』と疑ってたからそう予防線ってたんよ。

 だからボルト登場で最初
「おお、ナルト家族ができたのか。映画紫苑とでもくっついたのか?」
とか思って(ヒナタ独身だろうと予防線ってる)たら不意打ちで報われてもうなんというか凄い衝撃だったわ
あのパッションならタイプ:ワイルドになれたと思う
885 : ななしのよっしん :2016/06/19(日) 17:58:09 ID: pLiKm8nk5A
犠牲者を出したせいで、最初はナルトとくっついた展開を複雑な気持ちで見てたけど。

『ヒナタは「ナルトくん大好き!」って言ってることしかキャラとしてのアイデンティティがないから、ナルトとくっつくのは必然か。』

…と、考えた時、不思議と受け入れられるようになった。
886 : ななしのよっしん :2016/07/21(木) 20:26:13 ID: H8SAy3WVdp
今更去年の読見ててふと感じたけどさ、ヒナタに限った話じゃいけど
限定読の反対になったキャラって、ナルトの闇ナルトよろしく心のになんか居そうな気がする。
メンマの態度は映画の7代バージョンナルトに近かったし。
 ヒナタのブチ抜いてやるも意図的に被せたんだろうけど、普段性格上抑えてるだけで、もう絶対に離さないと誓ってる以上独占欲は正直ナルトばりに強そうだし

他のメンツもいのは秘伝でのサイへの女っぷりは近かったし、シカマルの恋愛方面は全に馬鹿マルだったし
 何より真実で出たガイ先生の心の闇、青春に疲れ気味で映画の方と被ってた
887 : ななしのよっしん :2016/07/28(木) 00:33:48 ID: jB9nHN5F/z
885
そのアイデンティティさがメタ部分だけでなく劇中でもられてるのが
ヒナタがヒロインになった理由だろうな
名門の生まれなのに落ちこぼれ扱い且つ長女でありながら跡継ぎから外された
ヒナタの一のしるべがナルトだったわけだし
888 : ななしのよっしん :2016/07/30(土) 18:48:13 ID: H8SAy3WVdp
何気に名門の生まれで落ちこぼれだったてのもナルトと被ってるのよな
ナルト天才児だったミナトとい血潮のハバネロ息子だけど落ちこぼれだったし
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015