単語記事: 日本国憲法第13条

編集  

日本国憲法第13条とは、日本国憲法の第3章(民の権利・義務)に存在する条文である。

概要

憲法第3章は「民の権利と義務」について定めた条文であるが、更に三分することができる。
第10条から第12条までが人権に関する総則規定、第13条から第30条までは各種の権利・義務に関する個別・総括規定、第31条から第40条までは刑事訴訟に関する規定となる。

この第13条は、以後第30条まで続く各種の権利・義務規定を包括する条文であり、「基本的人権の尊重」を三大原則の一つとして定める憲法の根幹といえる存在である。
また他の大原則、具体的には第9条が定める「平和義」、第1条が定める「民主権」も大元はこの「個人の尊重」、「生命・自由・幸福追求権の尊重」を達成するために存在すると見做されているため、第13条は日本国憲法で最も重要な条文といわれることがある。

第14条~第30条に規定されず、憲法制定後の社会変遷の中で「新しい人権」として保護されるべきだとされるようになったことについては、この第13条を根拠に認められることがある(日本国憲法が制定以来、一度も正されていないため)。また「幸福追求権」もこの条文を根拠に保護されている。

すべて民は、個人として尊重される。生命、自由及び幸福追求に対する民の権利については、公共の福祉に反しない限り、立法その他の政の上で、最大の尊重を必要とする。

人権が「公共の福祉」によって制限されることが定められていることから、「公共の福祉」とは何であるかということが、憲法制定以来の議論の的となっている。

なお当条文に相応する民の権利の包括規定は、大日本帝国憲法には定められていない。

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E5%9B%BD%E6%86%B2%E6%B3%95%E7%AC%AC13%E6%9D%A1
ページ番号: 5067741 リビジョン番号: 1805250
読み:ニホンコクケンポウダイジュウサンジョウ
初版作成日: 13/04/07 07:27 ◆ 最終更新日: 13/05/04 12:00
編集内容についての説明/コメント: 第13条が最も重要な規定といわれる理由を記す
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

日本国憲法第13条について語るスレ

16 : ななしのよっしん :2014/07/09(水) 07:11:34 ID: iYco6Pz9KF
欲、一人は皆のためにが日本人の美徳だったはずなのにな。
なんだって個人が個人が、がってしなくちゃならないんだろ。
17 : ななしのよっしん :2014/07/09(水) 08:54:00 ID: ERl71cMbjw
その考えが不健全だから。

いや、全ての人から欲を強制的に奪い取れるならいいんだけどさ、
それってもう「人間」じゃないよね
そしてかが欲を持てば、他の大多数の「欲、一人は皆のために」な人は
そいつに良いように使われ財産も生命も奪い取られることになる
そういう実例がつい70年弱前にあったんだから仕方ないね
18 : ななしのよっしん :2014/07/09(水) 12:37:37 ID: iYco6Pz9KF
かがを持ってるからみんなが必要だ、みたいな考えだね。
よく現実が見えてると思うよ。
70年前の日本がそんなに搾取してたのかは知らないけど。
19 : ななしのよっしん :2014/07/19(土) 08:50:28 ID: du53vAPcAr
自分の自由を訴える以外にも
他人の自由を可な限り擁護しなければいけない
のが個人の尊重だろ
個人ってのは自分の事だけじゃないぞ
20 : ななしのよっしん :2014/08/16(土) 14:40:20 ID: StOGRcGNsH
>>16
そもそも憲法ってのは個人を対としたものではないから。
国家に守らせるためのルールとしての役割が大きい。
仰せのような「個人の利己義」に対しては憲法上の公共の福祉が制限として働き、憲法に基づいて作られた法律現実の制限を民にかけている(そもそも個人義と仰せの利己義は別物)。

個人義を取り入れたのは「政府の言うことに従え、民の自由は政府の支持より下だ」という戦時中の体制への反の意味がある。
今の中国北朝鮮よろしく、国家のやることが全てに優先するので一部ないし全部の民が犠牲を強いられるのは仕方ない、ということのいような政治体制としなければならない、という意味で入れられた条文と考えればいい。
21 : ななしのよっしん :2015/02/06(金) 02:58:32 ID: mOrlcK4aHt
>>15
ドイツの基本法には現在でも法律の留保があるのだが、人権憲法とは言われていない。
アメリカ合衆国憲法法律の留保を採用しておらず、その批判をした人間がアメリカ法律で、ドイツ憲法を理解できていなかった可性が高い。
22 : ななしのよっしん :2015/03/15(日) 04:34:56 ID: MYmd7Zy+Mf
幸福追求権。
例えばかの有名な「すばらしい新世界」に出てた不幸になる権利とかかなw
23 : ななしのよっしん :2015/03/31(火) 14:59:47 ID: du53vAPcAr
も要らんと言いそうなもいそうだな
24 : ななしのよっしん :2015/04/26(日) 18:49:10 ID: ePK6acKGYb
とりあえず法律の留保がどうたらという人がいたので。ホイ

https://www.google.co.jp/url?sa=t&rct=j&q=&esrc=s&source=web&cd=5&cad=rja&uact=8&ved=0CDUQFjAE&url=http%3A%2F%2Fshark.lib.kagawa-(→文字数の都合で改行
u.ac.jp%2Fkuir%2Ffile%2F736%2F20120327035236%2FKJ00000656757.pdf&ei=GbQ8VdiIGKT3mQWs44CQAg&usg=AFQjCNEGFQIuevw3O4k_M0KXifmdA-cl_A&bvm=bv.91665533,d.dGY

ググって上に出てきた人の論文ってか論説だから、突っ込みどころあったら教えて下さい。自分法律は専門じゃないんで
25 : ななしのよっしん :2015/05/05(火) 11:04:57 ID: Uu6W15fJSY
>>21
ドイツボン基本法はそもそも1946年には存在しない(し、当時のワイマール憲法大統領権限の問題等で、大日本帝国憲法と同じく批判される存在だ)が、その中の法律の留保は「法律以外の方法で人権規制してはならない」ということであって、「法律の範囲内で人権が与えられる」ということではない。
ボン基本法の場合、法律があっても冒せない基本的人権がある。
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829