単語記事: 日本語

編集

日本語とは、自然のひとつである。話者は日本列島を中心に世界に1億2千万人程度いるといわれている。

概要

日本語

総話者数 1億2000万人
話者数の順位 9
系統 孤立した言
通用地域 日本列島
コード
ISO 639-1 ja

2010年現在日本語がどの言系統に分類されうるかを決定的にし示す歴史資料は見つかっていない。かつては単純にアルタイに分類されうるという説がを持っていたが、基礎彙に共通性がほとんどなく仮説の域を脱していない。国語学者を中心にタガロ (フィリピンの言) ・インドネシア語などの属する南 (今日オーストロネシア語族に該当) との関係も摘されているが、漢語外来語同様ニッチ部分の借用が定着したにすぎない可性もある。日本語の起を論ずる説の中には呂が似ている単理やり寄せ集めただけのトンデモ学説も少なくない(日ユ同祖論など)。

日本語」の示す範囲については大きく2つの見解が存在する。

  1. 日本本州以南で伝統的に話されてきた諸方言のすべて。
  2. 1.のうち、琉球の諸方言を除いたもの。

2.の立場では琉球の諸方言日本語とは独立した琉球語と見なし、日本語琉球語によって日本語をなすとする。

ほぼ全ユーザー日本語を話せるニコニコ動画においてもっとも使われる言でもあり、ニコニコ大百科日本語で書かれていることが多い。

「所詮狭いところで1億2千万人しか話す人が居ないローカル」というイメージをもたれがちだが、話者数で見ると世界の言トップ10に入る程多く、日本語で書かれた書籍や情報も多い。
例えば、ニコニコ動画で縁の深いジャンルであるアニメ漫画は大部分が日本で作られ、日本語で作られているし、Wikipediaの記事数も全言トップ10に入る程である。なので、英語が基本となる学術論文や社会で活躍する分にはさすがに不利を被るが、それでも日本語ができるということは多くの情報に触れる機会がある言なのである。

公的地位

日本語日本国語 (National language) であり、日本列島内において広く通用しているが、日本国においては日本語公用語 (Official language) とする法律い。ただし、裁判所では日本語を用いることが定められている[1]

世界において一、日本語公用語としての地位を明文化している (State) は、パラオ共和国内にあるアンウル州である[2]パラオ民の4人に1人が日系人のであるが、日本語はもはや通用しておらず、単に徴的役割しか果たしていない。

現代の日本語

明治時代、東京の山の手で使われていた「山の手言葉」が成熟していた。明治中ごろになると政府はこの山の手言葉を核として「標準」を成立させようとする動きを見せるようになる。標準そのものは男子の言として製造された向きがあったが、元となった山の手言葉は今日ではお嬢様言葉としての役割の位置に落ち着いている。

日本戦争に負けると、言統一政策自体がタブー視されるようになり、政府導による「を挙げて一つの言を!」というのはくなった。しかしマスメディアや交通網の発達により、図らずとも日本語の均一化が進むようになる。

現在日本語の中心に位置するのは、共通 (戦前のいわゆる標準そのもの、またはそれに幾分かの方言が混交したもの) や、それから発展した首都圏方言 (首都圏で使われている共通に、さらに関東や各地方の方言が流入したもの) である。特に首都圏方言は在民放を中心としたマスメディアに用いられ、全的に蔓延している。地域によって方言の根強いところもあるが、先述の「お嬢様言葉」化した山の手言葉や、キャラクターとしての関西弁などのように、いわゆる役割として用いられる傾向の方が立っている。

かな四字至上主義

英・中・・ロ・独各話者の中には日本語の単あたり音節数の多さにうんざりしている者も少なくないが、日本人にとっても長ったらしいことは決して歓迎されるものではなく、時にひらがなカタカナ4字のに丸めてしまうことが稀によくある (拗音の捨て仮名ノーカン・「ん」「っ」などがあるため必ずしも4音節というわけではない) 。

古くは弥次喜多 (やじきた) 、ブラ (ぎん-ブラ) などから、現在ではキムタクモー娘。 (モー-むす) ・パリコレチョベリバ国連 (こくれん) ・高校 (こうこう) ・メロコアメロスピスパロボドラクエ鉄オタ (てつ-オタ) ・ナベシンファミコンロクヨンマリカースマブラブラクラニコ動 (ニコ-どう) ・ポケモンリア充 (リア-じゅう) ・就活 (しゅうかつ) ・婚活 (こんかつ) ・地下鉄 (ちかてつ) ・西鉄 (にしてつ) ・ロリコンかのこんおはスタらき☆すたなど。

俳句川柳といった非文にならないぎりぎりのミニマリズム文学が基本的に5字や7字という素数文字数から構成されているのに対し、日常で用いる非文的単は4字という半素数字数の方が収まりよく感じるのはなんとも不思議である。漢語の四字熟との関連は不明。

上掲の例はどが「平仮名2文字セット×2」の形をとる (きむたくや→キムタクロリータコンレックスロリコンなど) が、サブカル系作品の略称では「けよりな」「おちんこ」のように別の法則により造されていることもある。

「日本語」タグ

ニコニコ動画では何故か外国人日本語を巧みに操る動画タグとして機している。

関連コミュニティ

関連商品

関連項目

脚注

  1. *裁判所法第74条
  2. *アンガウル州憲法第七条第一項

【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E8%AA%9E
ページ番号: 4400783 リビジョン番号: 2287580
読み:ニホンゴ
初版作成日: 10/06/28 18:19 ◆ 最終更新日: 15/11/13 02:44
編集内容についての説明/コメント: 「関連項目」に「外来語の言い換え」「日本語として動詞化した外来語の一覧」を追加。消えている関連コミュニティを1つ除去。
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

日本語について語るスレ

544 : ななしのよっしん :2017/08/07(月) 10:17:53 ID: nW66bj6xif
>>542
ただし怒涛の「読み変化」がある。
文字に9通りも読み方当てたのはどこのどいつだよ
545 : ななしのよっしん :2017/08/07(月) 22:56:34 ID: rDI/j/BsnC
古くは〜はいいとして、
現在では〜のうち、
キムタクモー娘。パリコレチョベリバメロコアメロスピナベシンかのこんおはスタらき☆すたを現時点で、「現在」と言いるのにすこし疑問を覚えた。ファミコンロクヨン現在とは多少言い難いと感じた。
編集時期の感性(と流行)に即した記事のままがいいと感じる人が多数なら別にいーけどねー、と一応言いたかった。

カテゴリーが偏ってるけど、一応挙げるなら
ヒロワートリこのすばけもフレ艦これとうらぶの方がまだ「現在」らしくありませんか?
(こっちを追加するかは別として)
546 : ななしのよっしん :2017/08/10(木) 00:38:16 ID: pF2LGiz2hk
文法や発音よりも、漢字読み方が外国人にはもっとも難しく感じるだろうなぁ

人名なんて、読み方を規制するルールがないもんだから、初見殺しがいくらでもいるし
547 : ななしのよっしん :2017/08/10(木) 05:57:31 ID: 9emdr4e+3D
特殊な方言を話す地域を幾つか述べたいと思う。

山形県朝日大鳥方言
ズーズー弁ではなく「チ・ツ・ジ・ズ」を全て区別する。[i]が中舌音ではない。
開合の区別があり、開音/au/が/oː/に、合音/ou/が/uː/になる。古音の残存とは違うが/tu/ /du/ /di/などの音もある。連音/ai/は/æː/
中のカ行タ行が有化し、ダ行に入り渡り鼻音を伴う時もある。ダ行がラ行に聞こえる事がある。アクセントも特殊なものが使われている。

山梨県奈良方言
アクセントの下がりの位置ではなく上りの位置を区別し、サ行を[θ] ザ行を[ð]と発音。タ行ダ行が/a/ /e/ /o/音の時にはそり舌音になる。
四つ仮名(ジヂズヅ)を全て区別して発音する。音単独の/e/を/je/と言う。「セ/ゼ」を「シェ/ジェ」と言う事もある。閉鎖音を頻用する。ラ行を発音する際は[l]、「リ」の場合には[ʎ]を用いる。上代東方言「なふ」に由来すると考えられる否定形「ノー」を用いる。起きない→オキノー 足りない→タリノー 静かでない→シヅカデノー
https://www.youtube.com/watch?v=TzKU0bFpiP8

(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
548 : ななしのよっしん :2017/08/10(木) 06:05:31 ID: 9emdr4e+3D
鹿児島県方言
音単独の/e/を/je/と言う。「セ/ゼ/テ/デ」は「シェ/ジェ/チェ/ジェ」になる。ての長音及び二重音が単音になる。
開合の区別があり、開音/au/が/o/に、合音/ou/が/u/になる。四つ仮名の区別があり「じ/ぢ/ず/づ」を全て区別する。合拗音クヮ・グヮがある。
中及び語尾の促音化と、語尾の撥音化が盛ん。
ガ行鼻濁音があり、語尾のカ・タ行が有化し、ナ行が拗音化する。「ウクッ(受ける)」「ナガルッ(流れる)」などの下二段活用動詞がある。他の方言と同じシラビーム方言である。

沖縄県与那国島方言
日本語一、音が三音/a/ /i/ /u/であり、音の長短の区別も存在しない。標準の/e/が/i/に/o/が/u/に対応する。しかし「イ」は/i/~/e/の間で揺れ、「ウ」は/u/~/o/の間で揺れる(与那方言話者にとって音の区別はない)。頭のヤ行がダ行(山ヤマ→ダマ)に、ワ行がバ行(ヲノ→ブヌ)に対応している。
カ行とタ行に気喉頭化音と有気非喉頭化音の区
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
549 : ななしのよっしん :2017/08/12(土) 10:03:58 ID: 5xIFXpQNgw
わはー
550 : ななしのよっしん :2017/08/12(土) 21:11:38 ID: CAwKjCxRlF
古代日本語の特徴を強く残しているのってロマンがあるわ

言語学のこの人の動画も良い
>>sm29842929

551 : ななしのよっしん :2017/08/22(火) 05:39:03 ID: 9emdr4e+3D
長野県栄村秋山方言

終止形と連体形の区別があり、「書く」はカクだが、「書く人」はカコヒトと言い分ける。形容詞の連体形に「イ」や「キ」ではなく「ケ」を用い(高い山→ターカケヤマ)上記の二つは上代東方言の残存と考えられる。

開合の区別があり、新潟県中越と同じく開音/au/を/ɔː/ 合音/ou/を/oː/で区別する。湯治(たうぢ)/tɔːʤi/ 冬至(とうじ) /toːʤi/ 連音/ai/は/æː/ 煮えた/neːta/ 泣いた/næːta/
「書こう」を/kakɔːzu/と言う等、中世日本語の「ウズ」を用いる。「イ」は中舌音ではないが、「ウ」は中舌音。

「キ」が「チ」に変わる「木→チ」「今日チョー」 「ギ」も「ジ」に変わる。
音単独の/i/は/e/になるだけではなく/Ci/は多くの場合/Ce/になり、/Cu/も多くの場合/Co/に合流する。
「皆→メンナ」「昔→モカシ」
ハ行は「ファ・フィ・フ・フェ・ホ」 直音と合拗音クヮ・グヮの区別がある「歌詞→カシ」「菓子→クヮシ」
格助詞の「から」のところに近畿地方の「サカイ」が由来の「スケァー/sukæː/」を使う。
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
552 : ななしのよっしん :2017/09/03(日) 20:43:54 ID: 9emdr4e+3D
昔の日本語は濁音の前に入り渡り鼻音を伴った。「旗」と「肌」の場合、安時代では、【旗/Fata/ファタ】と【肌/Faⁿda/ファンダ】となる。濁音は/*ᵐb/ /*ⁿd/ /*ᵑɡ/ /*ⁿz/の如くであったと考えられる。

「ガ行」が中・語尾いて/˜ɡ/や/ᵑɡ/である地域(この他にも備える地域がある)
一部の地域では頭にも表れる。
山形周辺・新潟県北部・奈良県十津川村・鳥取県西部高知県徳島県西部香川県の一部・愛媛県中部対馬壱岐五島列島・甑の一部・種子島石垣


中・語尾に入り渡り鼻音を伴う地域(この他にも備える地域がある)
新潟県北部・東北地方(福島県東部及び岩手県の一部除く)―――ザ・ダ・バ行
紀伊半島南部―――ザ・ダ行
高知県徳島県西部香川県の一部―――ダ行
愛媛県の一部―――ダ・バ行
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
553 : ななしのよっしん :2017/09/06(水) 21:58:19 ID: 9emdr4e+3D
【訂正】 仙台 「旗」/hata/→/hada/

高知県土佐方言
「死ヌル」「往ヌル」等のナ行変格活用を用いる(終止形と連体形の区別なし)。 打ち消しの過去は「行かなかった」を「イカザッタ」という等「ザッタ」になる。  進行態と結果態の区別がある。「降っている」フリユー(進) フッチュー(結) バ行とマ行にもウ音便があり、「飛んだ」を「トーダ」 「飲んだ」を「ノーダ」と言う。

四つ仮名の区別があり、「ツ」の発音は/u/や/tu/となる。「ヅ」は/dzu/や/du/ 「ズ」は/zu/ 「ジ」は/ʒi/か/ði/「ヂ」は/ʤi/ 「チ」は摩擦が弱く稀に/ti/になる。
「サ行」の子音は/θ/で英語のthの音。 連音[e.i]を「エー」ではなく「エイ」と言う。

字(じ) 事(かじ)   葛(くず) 見ず(みず)
痔(ぢ)  (かぢ)   (くづ)  (みづ)
ガ・ダ行に入り渡り鼻音がある。
卒業」/sotu˜ɡjoː/ 「五月」/˜ɡo˜ɡatu/ 「女だ」/ona˜ɡo˜ʤa/
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
ニコニコニューストピックス
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829