単語記事: 日本語

編集  

日本語とは、自然のひとつである。話者は日本列島を中心に世界に1億2千万人程度いるといわれている。

概要

日本語

総話者数 1億2000万人
話者数の順位 9
系統 孤立した言
通用地域 日本列島
コード
ISO 639-1 ja

2010年現在日本語がどの言系統に分類されうるかを決定的にし示す歴史資料は見つかっていない。かつては単純にアルタイに分類されうるという説がを持っていたが、基礎彙に共通性がほとんどなく仮説の域を脱していない。国語学者を中心にタガロ (フィリピンの言) ・インドネシア語などの属する南 (今日オーストロネシア語族に該当) との関係も摘されているが、漢語外来語同様ニッチ部分の借用が定着したにすぎない可性もある。日本語の起を論ずる説の中には呂が似ている単理やり寄せ集めただけのトンデモ学説も少なくない(日ユ同祖論など)。

日本語」の示す範囲については大きく2つの見解が存在する。

  1. 日本本州以南で伝統的に話されてきた諸方言のすべて。
  2. 1.のうち、琉球の諸方言を除いたもの。

2.の立場では琉球の諸方言日本語とは独立した琉球語と見なし、日本語琉球語によって日本語をなすとする。

ほぼ全ユーザー日本語を話せるニコニコ動画においてもっとも使われる言でもあり、ニコニコ大百科日本語で書かれていることが多い。

「所詮狭いところで1億2千万人しか話す人が居ないローカル」というイメージをもたれがちだが、話者数で見ると世界の言トップ10に入る程多く、日本語で書かれた書籍や情報も多い。
例えば、ニコニコ動画で縁の深いジャンルであるアニメ漫画は大部分が日本で作られ、日本語で作られているし、Wikipediaの記事数も全言トップ10に入る程である。なので、英語が基本となる学術論文や社会で活躍する分にはさすがに不利を被るが、それでも日本語ができるということは多くの情報に触れる機会がある言なのである。

公的地位

日本語日本国語 (National language) であり、日本列島内において広く通用しているが、日本国においては日本語公用語 (Official language) とする法律い。ただし、裁判所では日本語を用いることが定められている[1]

世界において一、日本語公用語としての地位を明文化している (State) は、パラオ共和国内にあるアンウル州である[2]パラオ民の4人に1人が日系人のであるが、日本語はもはや通用しておらず、単に徴的役割しか果たしていない。

現代の日本語

明治時代、東京の山の手で使われていた「山の手言葉」が成熟していた。明治中ごろになると政府はこの山の手言葉を核として「標準」を成立させようとする動きを見せるようになる。標準そのものは男子の言として製造された向きがあったが、元となった山の手言葉は今日ではお嬢様言葉としての役割の位置に落ち着いている。

日本戦争に負けると、言統一政策自体がタブー視されるようになり、政府導による「を挙げて一つの言を!」というのはくなった。しかしマスメディアや交通網の発達により、図らずとも日本語の均一化が進むようになる。

現在日本語の中心に位置するのは、共通 (戦前のいわゆる標準そのもの、またはそれに幾分かの方言が混交したもの) や、それから発展した首都圏方言 (首都圏で使われている共通に、さらに関東や各地方の方言が流入したもの) である。特に首都圏方言は在民放を中心としたマスメディアに用いられ、全的に蔓延している。地域によって方言の根強いところもあるが、先述の「お嬢様言葉」化した山の手言葉や、キャラクターとしての関西弁などのように、いわゆる役割として用いられる傾向の方が立っている。

かな四字至上主義

英・中・・ロ・独各話者の中には日本語の単あたり音節数の多さにうんざりしている者も少なくないが、日本人にとっても長ったらしいことは決して歓迎されるものではなく、時にひらがなカタカナ4字のに丸めてしまうことが稀によくある (拗音の捨て仮名ノーカン・「ん」「っ」などがあるため必ずしも4音節というわけではない) 。

古くは弥次喜多 (やじきた) 、ブラ (ぎん-ブラ) などから、現在ではキムタクモー娘。 (モー-むす) ・パリコレチョベリバ国連 (こくれん) ・高校 (こうこう) ・メロコアメロスピスパロボドラクエ鉄オタ (てつ-オタ) ・ナベシンファミコンロクヨンマリカースマブラブラクラニコ動 (ニコ-どう) ・ポケモンリア充 (リア-じゅう) ・就活 (しゅうかつ) ・婚活 (こんかつ) ・地下鉄 (ちかてつ) ・西鉄 (にしてつ) ・ロリコンかのこんおはスタらき☆すたなど。

俳句川柳といった非文にならないぎりぎりのミニマリズム文学が基本的に5字や7字という素数文字数から構成されているのに対し、日常で用いる非文的単は4字という半素数字数の方が収まりよく感じるのはなんとも不思議である。漢語の四字熟との関連は不明。

上掲の例はどが「平仮名2文字セット×2」の形をとる (きむたくや→キムタクロリータコンレックスロリコンなど) が、サブカル系作品の略称では「けよりな」「おちんこ」のように別の法則により造されていることもある。

「日本語」タグ

ニコニコ動画では何故か外国人日本語を巧みに操る動画タグとして機している。

関連コミュニティ

関連商品

関連項目

脚注

  1. *裁判所法第74条
  2. *アンガウル州憲法第七条第一項

【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E8%AA%9E
ページ番号: 4400783 リビジョン番号: 2287580
読み:ニホンゴ
初版作成日: 10/06/28 18:19 ◆ 最終更新日: 15/11/13 02:44
編集内容についての説明/コメント: 「関連項目」に「外来語の言い換え」「日本語として動詞化した外来語の一覧」を追加。消えている関連コミュニティを1つ除去。
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

日本語について語るスレ

556 : ななしのよっしん :2017/10/16(月) 19:04:27 ID: 9emdr4e+3D
京都の二拍名詞+助詞の移ろいと各地アクセント。
          安後期京都  鎌倉京都  室町京都   現代京都  現代若年層京都  東京
第一類     高高-高   高高-高   高高-高    高高-高    高高-高     低高-高
第二類 石    高低-低   高低-低   高低-低    高低-低    高低-低     低高-低
第三類  蚤 色  低低-高   低低-高   高低-低    高低-低    高低-低     低高-低
第四類 息 稲 肌  低高-高   低高-高   低高-高    低低-高    低高-低     高低-低
第五類     低降-低   低降/高-低 低降/高-低 低降/高-低  低高-低     高低-低
第六類 溝       高降-低   高高-高(第一類と統合)
第七類        降低-低   高低-低(第二類と統合)
第八類 紫苑(のじ)  低昇-高   低高-高(第四類と統合)
第九(へみ)   昇高-高   高高-高(第一類と統合)
第十類 蛄(しゃこ) 昇低-低   高低-低(第二類と統合)
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
557 : ななしのよっしん :2017/10/16(月) 19:07:22 ID: 9emdr4e+3D
      高松    高知  伊吹   広島   大分   長崎   鹿児島  都   宮崎
第一類 高高-高 高高-高 高高-高 低高-高 低高-高 高高-低 低高-低 低低-高 ―――
第二類 高低-低 高低-低 高低-低 低高-低 低高-高 高高-低 低高-低 低低-高 ―――
第三類 高高-高 高低-低 高高-中 低高-低 低高-低 低低-高 低低-高 低低-高 ―――
第四類 低低-高 低高-高 低低-高 高低-低 高低-低 低低-高 低低-高 低低-高 ―――
第五類 低高-低 低高-低 低高-低 高低-低 高低-低 低低-高 低低-高 低低-高 ―――

イ 「-低」や「-高」は助詞のアクセント。

ロ 安時代の京都のアクセントは現代の全方言よりもかに複雑な区別があった。

ハ 安時代の京都でも「」と「蚤」は同じアクセントだが、祖では区別されていたと想定される。「稲」と「息」も区別したと想定される。(安時代の第一類~第五類が全八種類に別れる)併し詳しい事は今後の研究が待たれる。
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
558 : ななしのよっしん :2017/10/16(月) 19:10:41 ID: IAO4Br4HyQ
薩摩弁は日本語に入るのだろうか
559 : ななしのよっしん :2017/10/16(月) 19:17:34 ID: 9emdr4e+3D
高松は第二類が高低-低(狭音)で低降-低(広音)だった。
560 : ななしのよっしん :2017/10/25(水) 10:27:10 ID: zCEu1ymhZW
日本語って結構マイルドな表現の幅広いよね
不細工を個性的と置き換えたりチビを小柄と置き換えたり
とかだとその辺どストレートなのが割と多いしな文法的にも言葉の内容的にも
561 : ななしのよっしん :2017/11/12(日) 11:38:33 ID: ArLzMAHu78
そういうのは英語にもあるから
http://i.dailymail.co.uk/i/pix/2013/09/02/article-2408583-1B92B6A3000005DC-806_634x420.jpg
とかが有名みたいよ。
日本語は曖昧」とか「日本人ストレートに言わない」も一種の都市伝説みたいなもんでしょ。そうでないというより他民もそういう表現をよく用いるということを知らないで、知り合った外国人からそういうに言われるとああ日本人だけなのかなとか日本人くらいなのかなとか思っちゃうっていうアレ
562 : ななしのよっしん :2017/11/14(火) 18:46:46 ID: 9emdr4e+3D
左側は中央にける古形。右側中央は東京が分類される形。

各地の中ガ行音
  ↗[-ᵑɡ-][-῀ɡ-][-῀ŋ-][-ɡ῀-]山形一部・新潟北部・奈良南部淡路島南部徳島西部高知五島列島石垣など
[-ᵑɡ-]→[-ŋ-]東北ほぼ全域・東京茨城長野岐阜石川京都大阪・頴町・与那国島など
   ↘[-ɡ-][-ɣ-]新潟群馬埼玉千葉愛知中国ほぼ全域・九州ほぼ全域・沖縄本島

各地のカ行音
  ↗[-h-]奄美大島南部・加計呂麻沖縄本島一部・・瀬底等の「カ行」の一部は「ハ行」に為っている
[-k-]→[-k-]上記及び下記以外のほぼ全
  ↘[-ɡ-][-ɣ-]東北ほぼ全域・茨城北部・頴町・与那国島など(語尾のみで)

(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
563 : ななしのよっしん :2017/11/14(火) 18:58:45 ID: 9emdr4e+3D
各地のクヮ音
   ↗[pa] 薩摩半島南部
[kwa]→[ka] 上記下記以外の地域
   ↘ [kwa][kʷa]北羽・千葉(最南部)・北陸(福井除く)・奈良大阪南部兵庫中部拍地方・徳島香川愛媛(東部)・九州沖縄など

四つ仮名の区別
一つ仮名→東北地方(岩手の一部・福島南部除く)・新潟(北部)・富山(一部)・出雲地方・奄美(南部)・沖縄
二つ仮名→上記下記以外の地域
三つ仮名→大分(北部)
四つ仮名→山梨県(奈良田)・奈良(南部)・三重(一部)・高知愛媛(一部)・福岡(南部)・佐賀(南部)・大分(一部)・長崎(五島列島の一部)・宮崎鹿児島
四つ仮名の区別例: 山梨県奈良田 ジ/ʒi/ヂ/dʒi/ズ/ðu/ヅ/du/ 高知県安芸 ジ/ʒi/ヂ/dʒi/ズ/zu/ヅ/dzu/
大分県大山 ジ/ʒi/ヂ/dʒi/ズ/zu/ヅ/du/
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
564 : ななしのよっしん :2017/11/25(土) 18:11:16 ID: 9emdr4e+3D
室町時代日本語 室町時代は其れ日本語から現代の日本語へと大きく近づいた時代である。日本語史を大きく別けるなら、室町以前・以降に別ける事が出来る。併し現代とも違いも多々あるのでに音韻を中心に簡単に記載していこうと思う。(方言にはこの時代の音韻や文法が残っている事も多い)

本来の「エ」「ヱ」「ヘ(語尾)」「ヤ行のエ」を/je/と発音した。「枝(えだ)」→/jeⁿda/
本来の「オ」「ヲ」「ホ(語尾)」を/wo/と発音した。「顔(かほ)」→/kawo/
音の「オー」には二種類あり、開音「アウ」由来の/ɔː/(オァー)と合音「オウ」由来の/oː/(オー)があった。「桜花(あうくわ)」→/ɔːkwa/ 「謳歌(おうか)」→/oːka/  「狂騒(きゃうさう)」→/kɔːsɔː/ 「協奏(けふそう)」→/koːsoː/
「セ」は「シェ/ʃe/」で「ゼ」は「ジェ/ʒe/」 「汗(あせ)」→/aʃe/

四つ仮名の区別があった。
「ジ/ʒi/」「ヂ/di/」「ズ/zu/」「ヅ/du/」(室町前~中期)
「ジ/ʒi/」「ヂ/ʤi/」「ズ/zu/」「ヅ/dzu/」(室町後期)
「チ/ti/」「ツ/tu/」(室町前~中期)
「チ/tʃi/」「ツ/tsu/」(室町後期)
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
565 : ななしのよっしん :2017/11/25(土) 18:24:52 ID: 9emdr4e+3D
アル カラス トット コイェタ ファトヲミテ イコァー ウラヤマシュー ヲモーテ イシバイヲ ミニ ヌッテ ファトニ マジッテ イェヲ クロァータ トコロンデ ファジメノ フォンドワ ファトモ カラストワ シラインデ ムラガリイタンガ
ノチニワ コイェンデ キキシッテ ファトノ ナカヲ ヲインダイタ カラスモマタ ソノイロスンガタノ イソァーナヲミテ イチルイニ シェインデ リョァーボァーニ ファナレテ ドチイェモツカヌ ロァーニンニ ナッタ タバカッテスル ファリコトワ イッタンノ イェコニワナレンドモ ツイニワ チインニモ シタシミニモ ファナレテ ミノヲキンコロモ ナイモノンヂャ】
【フィトワ チカラノ ツキヌ ウチニ ミライノ ツトメヲ スル コトンガ カンヨーンヂャ スコシノ チカラト フィマ アルトキ ナングサミヲ コトトショー モノワ カナラズ ノチニ ナンヲ ウケインデワ カノァーマイ】

れは宣教師日本語を学んで布教せんが為に書いた、当時の京都で用いられた標準的話し言葉である。仮名で書かれれば、少し難しく感ずるかも
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス
電ファミwiki
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829