単語記事: 日本雛型論

編集  

日本雛型論日本雛形論)または理論雛形理論)とは、日本ないし日本列島世界の縮図を為しているとする説論である。

概要

学者の大石素美とその子である水谷清が最初にこの説を唱えた人物であるとされるが、それ以前に平田篤胤や本田親徳らによって外八・内八史観というこれとよく似た学説が提唱されている。日本雛型論(以下、論)のは大きく分けて二つあり、一つは日本列島の各地の形状や地形が世界各地の大陸半島のそれと相似形を成しているというもの、今一つは「日本で起こることは世界でも起こる」といったものである。

この説の偽について問う前に、まずこのような説が広く唱えられるような地理的形状を持っているのは世界でも日本位のものであり、またこの説を現在でも提唱しているのは日本語圏の人々に限られているという基本的な事項を押える必要がある。
また偽という形で問う事が大変難しい論説である事も弁えておきたい。単純に「似ている」事とそこに「対応関係がある」事は別次元と言えるほどの開きがあり、似ていると言うにしても一体どの程度の相似性でもって似ていると言えるかは人によって意見の大きく分れる所でもある。確かに相似形であり、対応関係があると認めたとしても「日本が」世界の原なのかどうかという大きな問いが生じる。つまり逆に世界を元に日本が形作られたという説を唱える事も可な訳で、どちらかが片一方を元にしているという考えに立つ限りこの問いからは逃れられない。
少なくとも々が教育で学ぶ考古学的知識では旧石器時代の日本はまだ列全体が一塊になっており、今日あるような形の片鱗はほぼ見受けられない一方、同じ時期の世界は既に今の様な大陸が形成されて久しく、時系列的に考えると世界日本の順で形作られたことになる。

(雛形)とは実際のを模して小さく作ったもの、模型という意味であり、この意味で使われる限り命名者は日本の側を世界を元に形作られたと考えていたであろう事がえる。すると日本で起きた出来事がやがて世界でも起きるという関係は地学的な形成順とは逆になっている、という事になる。

日本列島を何かある形に譬えて表現する事は古代から行われており、奈良時代には独鈷に例えられていたとされる。また行基図には日本列島を一匹のまたはが取り囲む様子が描かれており、『大日本国地震之図』などにも日本国を取り巻く形でが描かれている。やがて図などにより日本列島の全貌が明らかになると、列の形状そのものがの姿になっているといった言説が為され、これが海外に伝わったかWWII中には米国で放映された反日プロパガンダ的とした映像(Frank Capra監督らによる映画Know Your Enemy: Japanなど)に日本列島全体が一匹のの姿に変わっていく場面が描かれている。

🌍 🌎 🌏

地理的相似性

対応関係については諸説あるが概ね九州アフリカ四国豪州本州:ユーラシア北海道:北という対応関係にあるという見解で一致している。本州を更に細かく見ていくと紀伊半島アラビア半島伊豆半島インド亜大陸といった形で対応しており、要な地形についても琵琶湖カス富士山:エベレスト山といった具合に対応づけられている。
かしここには「果たして一対一で対応付けられているのか?」という疑問も存在する。例えば中国地方欧州亜大陸に準える事も、小アジアに対応していると看做す事も出来る。淡路島もその形状とアナトリアとの位置関係からキプロスに当たると考えられているが、豪州からの位置関係で考えるとニューギニアに相当する。このように、日本国内にある土地に対して世界各地に存在する土地の全てをいずれかに当て嵌めようとすれば重複は避けられず、必然的に一対多の関係にある地域・地形が出て来る。
また方位についても注意を払わねばならない。紀伊半島に顕著で、その形状と位置からアラビア半島に対応するとされるが紀伊が南西に向かって伸びているのに対しアラビアは南東に突き出ている。またアラビア半島は末広がりの形になっており、これは寧ろ朝鮮半島の形状に近いと言える。また四国についても室戸半島ヨーク半島を対応付けるには南北に反転させねばならない。一方カーペンリア湾に対しては土佐湾よりも四国北部の湾状地形の方がよく似通っておりこちらを対応させた場合反転の必要はない。よって大変奇妙ではあるが四国の西側半分だけを南北に反転させると豪州の形状によく一致する。更に小津島を含めればここがタスマニアに対応する為具合がよい、という訳である。対馬についてもニュージーランドに対応させるには180°回転またはの中心を西北西に通る線を反転させる必要があるなど、幾つかの地域については回転や反転、部分的な組換といった操作を施した上で対応させるた方がより一致度が増す。
また九州西部が入り組んだ湾と多くの嶼に囲まれているのに対し、アフリカ大陸海岸線は概ねすっきりしており、半島域や群地域なども九州程複雑かつ多密ではない。これについてはアフリカ以外の地域にある半島などを切り離してここに付けでもしなければ上手く符号させられない。西彼杵半島長崎半島半島に架けての一帯はスラウェシ五島列島フィリピン、上・下については恐らくハルヘラがこれに対応すると考えられる。
鹿児島県についてもそのコ字に突き出た2つの半島アフリカには見受けられず、南欧アドリア海を取り囲む地域がこれに相当するとみなせる。
このように九州アフリカという一つの地域のみのとして構成されているという仮定ではその地理的構成を説明しきれず、他の地域からその一部を切り貼りする事で漸く一つ九州という地域を雛形論から説明可になる。論こういった変則的な方法で対応させていけば行く程「こじつけ」ている感が否めなくなるのも事実であり、対応付ける際には形状のみならず山岳や沼など内部地理的構成についても気を配る必要がある。

南極大陸がどこに対応するのかといった疑問も大きなポイントである。南極大陸日本列島のどの々とも似つかない独特の形状をしており、これについては台湾いは樺太が符合するという説があるが両者とも形の上ではかけ離れた姿をしている。加えて台湾はマダガスカル樺太は南大陸という有補がすでにあり、南極大陸がこれらのいずれかと重複して符合すると見なせるかは疑問の残る部分が多い。

◆相似性を説明づける幾何学的性質の一つにフラクタリティ(自己相似性)が挙げられる。これはある図形の全体と部分の形状が相似性を示すような状態をし、自然活動でも数多くそのような形が見受けられる。この原理に基づいて日本列島世界各地の地形に対応しているのもそのような現の一環として認識する見方もある。しかしフラクタルは通常ある図形の一部分がその全体に相似している状態であるから、例えば半島の先にそれと似た形状をもつ大連半島がくっ付いて居るような関係がその一種と理解出来るのに対し、日本列島の場合は世界各地の土地を適当に切貼りして繋ぎ合せたような作為性があり、それこそ""としか表現しようのない面の存在することも確かである。従ってこの地理的相似性をフラクタル原理から導き出すのは理があると言わざるを得ない。

🌍  🌎  🌏

歴史的相似性

歴史学には歴史学という分野が存在する。これは比較言語学較法学などと同様2つ以上のや地域における歴史較し、それらの間にある共通点や差異を研究していくというものであり、代表的な研究成果としてアーノルド・J・トインビー(1889-1975)による大作『歴史の研究』(1934-54、全12巻)がある。同書の中で彼は21数えた人類文明を3代に区分し、それらを歴史的に見た時親子関係に当たると論じている。
この様に世界各地の文明を時系列に基づいて較し、それらの間に共通点や関係性を見出そうとする研究は既に少なからぬ歴史学者によって行われてきているが、論の提唱するような日本世界に対して縮図の関係にあるといったような論説はまず行われていない。違例として挙げられるのが明治後期から昭和初期にかけて活躍した気鋭の歴史学者木村太郎(1870-1931)で、彼は雛形論に近いを展開していた。彼は邪馬台国エジプト説や日本語ギリシアラテン語に擬えて読解くなど多くの異説で知られており、著『世界的研究に基づける日本太古史』(1912、2巻)の中で「人は研究の結果として古事記日本書紀は現日本土の歴史に非ずとの断案を得たる者なり」と宣言し、また「日本の諸名は世界上の諸を縮密して命名したるものと謂ふべきなり」と述べている。日本世界の各地域がもつ対応関係についても詳細に記されており、今日論として知られるそれともほぼ一致する。
いずれにしても「歴史が相似している」とは一体どのような状況をすのか定義しなければ議論は難しい。北海道を例に上げると、近代までは夷地として日本の領地とは看做されていなかった土地が編入されていったが、これは北大陸大航海時代に西洋人によって「発見」され、やがてアメリカという国家を形成していく過程と較すると一定の共通性がそこに見い出せる。しかし例えば四国については古くから日本の一部としての歴史を持っており、18世紀末に発足した植民地が起である豪州歴史とは共通する所が少ない。

🌍 🌎 🌏

その他の相似性

地理的相似性以外にはどのような相似・対応関係が見い出せるだろうか。まず思いつくのは人口である。例えば日本現在人口一億二千万に対して九州の人口は1323万であり、これはアフリカの人口11億の世界人口に対する率とやや一致する。また北海道の人口は約547万であり、これはアメリカカナダの人口約3.5億の世界人口に対する率約5%とほぼ一致する(メキシコを含むとこの率は一致しない)。一方四国地方の人口414万に対して豪州の人口は2313万と明らかに開きがあり、伊豆半島に至ってはインド世界人口に対する割合にしてかに小さい。
人口については以上のようにある程度一致する部分もあるが、都市部に集中している事も踏まえると完全に一致を見るのは難しい。

他に相似性を探るべき要素としては植生などの生態系が考えられるが、これはゾウトラライオンなどそもそも日本に生息していない動植物や、形状こそ似ていても緯経度が大きく離れている故に全く異なる環境にある地域同士をべても到底相似性が期待できない(紀伊半島アラビア半島など)場所も多くあるためあまり良い較対ではない。

🌍 🌎 🌏

古史古伝による記述

冒頭で言及した内八州・外八州史観であるが、内八州・外八州という言葉が最初に用いられた文献は恐らく上記(上文)だと思われる。上記では記紀にあるような日本列島(八)を内八州とする一方、それらを生み終えた後にエゾ、オロ、カル、アカ、ウカル、リウキ、イクツムロの外八州が生まれたとするなど、日本列島に対して世界を対置させる思想の芽が見て取れる。
かしここに列挙される外八州は夷、琉球といった当時の日本では外地とされていた場所が含まれており、またその他の六州についての詳細は不明であるがこれらも恐らく日本の隣接地域をしており、地球上の世界全体を範疇に収めていたとは言い難い。

🌍 🌎 🌏

神秘主義的理解

古代メソポタミア社会においても論と同様の考えを元にした思想が存在した事が知られており、その後裔によって築き上げられたカバリズムには「ツィムツーム(縮退)」という概念が存在する。これは16世紀のカバリストイツァク=ルリアによって導入された用で、本来限である造化が自らを収縮させて世界創造の場を人間に譲り与えたという思想(詳しくはこちら等を参照)であり、この考えに依拠すれば世界に対して日本を一種のミクロコズムと看做すことがは可である。

🌍 🌎 🌏

新興宗教・オカルティズムにおける取り扱い

オカルトとはラテン語の「視界から隠す・覆う」の過去分詞occultusに由来する言葉で、現や表の内に隠されたものを読み解き明らかにしようとする試み全般をす言葉だが、その意味で本説をオカルティズムに属するものとする考えが大勢を占めており、また宗教的観点からこの現を説明付けようという考えも存在している。

神道新興宗教団体「大本」の教祖出口王仁三郎もこの説を唱え、「大本に起きることは日本にも起こり、日本に起きることは世界にも起きる」と自らの教団にも絡めた形で教義に取り入れた。大石素美も大本の機関『心霊界』に寄稿しており、言霊や心霊に関する言説も多かった。そのため、現在では 心霊義的・宗教的・オカルト的な言説に絡めて唱えられている。

🌍 🌎 🌏

学術団体における取り扱い

一方、現代の歴史学・考古学・地学の分野で学術的にこの説論がとりあげられることはまずない。日本雛型論が説く「相似」が具体的になぜ起きるのかというメカニズムが実された形で説明されたことはなく、何をもって「相似」とするのかの客観的判断基準や、その正しさを検証する方法も示すことはできていないため、学術的な対となりえていないものと思われる。

学術雑誌でこの日本雛型論が取り上げられることもほぼ皆無である。学術論文検索ウェブサ イト「CINII」で"日本雛型論"・"日本雛形論"・"理論"・"雛形理論"のいずれで検索してもほとんど情報はない。ただし一、2002年に雑誌『宗教社会』に掲載された「カルマ説と終末予言の接合 : アレフ義論」という論文においては、新興宗教団体「オウム真理教」の教祖麻原彰晃やその幹部だった上史浩が出口王仁三郎雛形理論に影されている ことが紹介されている。

🌍 🌎 🌏

創作作品における取り扱い

また、創作作品においても登場することがある。ライトノベル終わりのクロニクル』内では、「世界対応論」という類似した概念が言及される。

🌍 🌎 🌏

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E9%9B%9B%E5%9E%8B%E8%AB%96
ページ番号: 5435869 リビジョン番号: 2542887
読み:ニホンヒナガタロン
初版作成日: 16/08/05 15:15 ◆ 最終更新日: 17/11/25 14:05
編集内容についての説明/コメント: 歴史的相似性加筆
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

日本雛型論について語るスレ

5 : ななしのよっしん :2016/08/06(土) 20:18:22 ID: yaU+KfQSDj
唐突に敗戦だイエローモンキーだ言い出すヒトモドキくん見ると

池沼まして肥溜に下痢便と一緒にひり出されて生まれてきたのかなって哀れになる
6 : ななしのよっしん :2016/08/07(日) 00:06:15 ID: NnYDaICbyj
>>5
君の文章もあんまり変わらないことに気づこう
7 : ななしのよっしん :2016/08/11(木) 13:02:40 ID: hdc61nQdze
アレやな、「キリストは実はうちのの出身だったんだよ!」とか
「あの革新的製品を支えるのは実はうちのが作った技術だった!」みたいなもんやろ?
8 : ななしのよっしん :2016/08/11(木) 15:17:00 ID: DS8l264QTo
>>4
その前作終わクロですでにこの考え方は出てる
9 : ななしのよっしん :2017/02/12(日) 22:15:34 ID: Qr4ApGWER9
>>7
いやってのは実物を模した小モデルの事だから世界に対して日本論とはある意味逆に当たる。
歴史をみても日本戦国南北朝中国史のそれを擬えているようなところがある。
そして日本論者オカルト寄りの人々であっても何故か不思議とこの雛形理論に触れようとしない。彼らの自説を補強するのにはもってこいにも拘わらず、別に学者や大本関係者の専売特許でもないのに。大本や学者のにおかしな所があるならそれを質した上で自説に適応すれば良いだけなのだが…
10 : ななしのよっしん :2017/03/29(水) 03:45:36 ID: drV39TCYb4
これ面いよねー。科学的でないけど、創作のネタになる。
11 : ななしのよっしん :2017/11/28(火) 16:34:02 ID: 0bpwlfeD7b
人と宇宙は相似形であり相互に影を与えてるんだよ!

という「一如」の発想に土地概念をぶちこむと、

日本世界は相似形であり相互に影を与えてるんだよ!

というよくわからない結果が出る
それがこれ
12 : ななしのよっしん :2017/12/09(土) 15:00:01 ID: Qr4ApGWER9
そんな話なんですかね
単純な所から出発して、まず日本地図世界地図を見べて似てるか似てないか、似てないと思うなら話は何も始まらない
似てると思うなら何故似てるのか、「ただの偶然、まぐれ」と思うならこれまた話はここで終わり
何か理由があると思うならそこを考えるか考えないか、考えなければやはりそれ以上話は出てこない
考えてみた結果人によってあれこれ違う話が出てくるって事でしょ。「」っていうのも一つの話だし「縮密」ていうのも一つの考えだし
説明付けられる科学理論はないし、日本世界と対応してるなど記紀にも聖書にも書かれていない。他神話にも当然ないし、個々の具体的な対応関係については図が作られてからあれこれ言い出したという感じなので結局藪の中という
地図を眺めて似てると直観的に思う人が一定数いるだろうからこういう話が出てくるのであって、結局あとはそこをどう考えるかという事になるので、結局日本地図世界地図も何も見ないでなにか特定の思想信条から導出できる類のもののようには見えないのですがね。
日本人特有の自意識・
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
13 : ななしのよっしん :2017/12/09(土) 15:08:22 ID: ozU78Y539P
世界の中心と思い込んでる弱小敗戦
14 : ななしのよっしん :2017/12/10(日) 10:16:37 ID: Qr4ApGWER9
世界の中心だと思わせてくれるには端にあり過ぎるんですよねえ
近東ら辺の人達の方が自世界の中心だと思ってそう
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス
電ファミwiki
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829