単語記事: 日馬富士

編集

日馬富士はるまふじ こうへい)とは、大相撲の現役力士である。第70横綱2012年11月〜)。

1984年4月14日生まれ。モンゴル出身。本名はダワーニャム・ビャンバドルジ

大関昇進前の四股名は安(あま)。

概要 

得意手は突っり、右四つ、寄り、押し出し。

体重130kgと非常に小さいが足が強くバネがあるのが強み。立ち合い低く鋭く当たり一気に寄り切り、押し出しで勝ったり、前みつ等をとり相手の懐に潜り込みり強く自分の有利な形に持ち込み勝つことが多い。

初場所は2001年1月。このときの四股名は安であった。順調に番付を上げ、2004年3月に新十両2004年11月に新入幕を果たした。2006年1月場所では朝青龍を破り初の金星5月場所で小結昇進となったが大きく負け越し。

三役に定着し約1年半経った2008年7月場所で10勝すると、9月場所では12勝を挙げ、大関昇進の期待がかかった。11月場所は4日までに2敗と苦しんだが、5日から横綱白鵬を破るなど11連勝。優勝決定戦で白鵬に敗れ優勝は逃したものの文句なしの成績で大関昇進を決めた。

四股名を日馬富士めて臨んだ新大関2009年1月場所では初日から4連敗を喫し、昭和以降の新大関の昇進直後の場所での初日からの連敗記録を塗り替えてしまう。何とか勝ち越したものの、8勝7敗と期待を裏切った。

5月場所は調子を取り戻し、初日から12連勝。13日白鵬に敗れるが14日朝青龍に勝ち、14勝1敗で白鵬との優勝決定戦となった。その優勝決定戦では白鵬を下手投げで破り初優勝。翌場所は綱獲りを賭けて臨む場所となったが序盤からを落とし9勝6敗に終わり綱獲りはならなかった。

それ以後はなかなかを伸ばせず8~10勝止まりの場所が続いた。2010年11月場所では初日から3連敗で休場。2011年1月場所は初の番となった。

2011年1月は8勝7敗ながらなんとか番を脱出。5月技量審査場所は10勝5敗だったものの白鵬の連勝を止めるなどそれなりに存在感を見せた。そして7月場所は初日から13連勝し、14日に1敗で追う白鵬との対決を制し、千秋楽を待たずして2度の優勝が決まった。千秋楽には初の全勝優勝をかけてのぞんだが、稀勢の里に敗れ全勝はならなかった。それでも翌9月場所には2度の綱取りがかかっていたが、5日までに3敗を喫し、最終的には勝ち越したものの8勝7敗となってしまい綱取りは白紙に戻ってしまった。

しかし2012年7月には初日から14連勝し、同じく14戦敗だった横綱白鵬と29年ぶりとなる千秋楽相全勝決戦を制し、3回、そして自身初の全勝優勝を飾った。そして3度の綱取りとなった同年9月場所も初日から傷で連勝を重ね、10日に栃皇山に破れ1敗で追っていた白鵬千秋楽結びで対決し、 これを制した。これにより貴乃花以来となる大関での2場所連続全勝優勝という快挙を達成し、文句のつけようのない形で第70横綱昇進が確実となった。 土俵入りの師匠伊勢親方(元横綱富士)と同じく不知火となる予定。不知火横綱が同時に複数人在位するのは史上初となる。 なお、幕内最軽量の隆の山が幕で負け越し十両に陥落したため、2012年11月場所は千代の富士以来の「幕内最軽量の横綱」の誕生となった。

横綱となった11月場所は9日に勝ち越したものの、その後5連敗してしまい9勝6敗という一桁の勝利で終わってしまった。しかし翌2013年1月場所は初日から傷で連勝を重ね、14日くも5度の優勝を決め、千秋楽も勝って自身3度の全勝優勝を飾り、先場所の汚名を返上した。その後、3月場所から9月場所は再び成績が低迷したが、11月場所では千秋楽に白鵬との相決戦を制して5場所ぶり6度の優勝を飾った。

しかし2013年末にトレーニング中に脚を捻って以前から痛めていた左脚の靱帯を損傷していまい、2014年1月場所は自身初の全休、前場所の優勝力士が不在の事態となった。さらに9月場所は5日嘉風戦で眼窩内折の重傷を負い途中休場、11月場所は強行出場して11勝を上げたものの、年間を通して怪に苦しみ2010年以来の優勝のい1年となった。

2015年1月から5月場所も優勝から遠ざかるが、5月場所では千秋楽で白鵬を破って子の照ノ富士の初優勝を援護した。場所後に右肘関節遊離体の手術を受けたが、強行出場した7月場所初日の妙義龍戦でその右肘を土俵に強打し、内側側副靭帯損傷を起こして翌9月場所まで全休に追い込まれる。怪から復帰した11月場所では白鵬鶴竜を破る充実した内容に今度は照ノ富士白鵬を破る援護も受けて13勝2敗で2年ぶりの優勝。横綱としては間隔がいてしまったが、復活を印づける優勝となった。

2016年は3年ぶりに丸1年間休場なく過ごし、7月場所では8度の優勝を達成した。また、4月には力士会の会長にも就任するなど、土俵の内外で他の力士を引っる存在となった。自身初の年間最多勝も狙ったが、残念ながら稀勢の里には勝てなかった。

2017年1月場所は途中休場し、3、5、7月は10勝以上するも優勝はならなかった。9月は他の3横綱が初日から休場で自身初の1人横綱の場所となるが、5日までに3敗し、さらに10日に破れ4敗となり、1敗の豪栄道と最大三つの差が出来てしまった。ところがその豪栄道が12、13日と連敗し、千秋楽で日馬富士が勝ち4敗同士の優勝決定戦となった。その決定戦にも勝利し、逆転で9度の優勝を手にした。11勝での優勝は過去最小タイ記録であり、15日制定着以降3度、4金星を配給しながらの優勝は史上初の記録となったが、満身創痍の中で1人横綱の重責を果たした。

白鵬とは相性が良く、特に安時代はほぼ互の対戦成績であった。横綱昇進後の白鵬っ向勝負で敗れる数少ない力士である。

見ての通り、しいのが好きである。特に稀勢の里には「なんでこんなに稀勢の里のことが好きなのかな」「見るとドキドキする」などと発言しているようだ。もちろん、相撲のことであり、他意はない。

戦後最軽量横綱の初代若乃花に生前「自分に似ている」と評価されており、元朝青龍横綱昇進時に初代若乃花のようになって欲しいとコメントした。尊敬する力士は自分と同じソップの代表的存在である先代であるが、そのと同じく喫煙者であり、取り組み終了後に支度部屋で喫煙していた事が発覚し親方から厳重注意を受けたことがある。

超会議場所トーナメント戦の成績

ニコニコ超会議で行われた大相撲巡業のワンデイトーナメント大会の結果をここに記す。

大相撲超会議場所

ニコニコ超会議3で開催された。土俵入りの太刀持ちは宝富士、露払いは照ノ富士

勝敗 決まり手 対戦相手
1回戦 シード
2回戦 寄り切り 前頭5枚 千代鳳
3回戦 寄り切り 前頭10枚 妙義龍
準々決勝 寄り切り 西前頭15枚 ノ岩
準決勝 寄り切り 西前頭6枚 豪風
決勝 とったり 東大関2 稀勢の里

大相撲超会議場所2015

ニコニコ超会議2015で開催された。土俵入りの太刀持ちは照ノ富士、露払いは誉富士

勝敗 決まり手 対戦相手
1回戦 寄り切り 前頭5枚 豊ノ島
2回戦 寄り切り 前頭9枚 嘉風
準々決勝 上手投げ 前頭2枚 佐田の
準決勝 寄り切り 西前頭4枚 栃ノ心
決勝 浴びせ倒し 前頭3枚 高安

大相撲超会議場所2017

ニコニコ超会議2017で開催された。太刀持ちは宝富士、露払いは大丸。大相撲トーナメントでは2回ぶり2度の優勝を果たした。

取組 勝敗 決まり手 対戦相手
DAY1 幕内取組 寄り切り 東大豪栄道
DAY2 幕内取組 大相撲トーナメント出場(下表参照)

大相撲トーナメント 成績

勝敗 決まり手 対戦相手
1回戦 掬い投げ 西前頭12枚 宇良
2回戦 上手投げ 前頭13枚 貴景勝
準決勝 下手投げ 関脇2 高安
決勝 寄り切り 前頭7枚 逸ノ城

関連動画

関連商品

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E6%97%A5%E9%A6%AC%E5%AF%8C%E5%A3%AB
ページ番号: 4516028 リビジョン番号: 2527077
読み:ハルマフジ
初版作成日: 10/12/02 00:13 ◆ 最終更新日: 17/09/26 04:14
編集内容についての説明/コメント: 9月場所に加筆
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

日馬富士について語るスレ

63 : ななしのよっしん :2017/09/24(日) 18:07:49 ID: /8rKx+y7Lx
最後の3日間の勢いが序盤にもあったら全勝もありえた
ぼろぼろの体で本当よくやったよ
64 : ななしのよっしん :2017/09/24(日) 19:51:42 ID: UI+tigEAxr
今場所の三連敗の時はもうどうなるかと思ったが最終的に優勝争いまでいってなんとか横綱の威厳を守ったな・・・と思ったら優勝!
65 : ななしのよっしん :2017/09/24(日) 20:42:25 ID: 1zJHcQmaBs
本当、序盤にボロボロ崩れる悪癖さえなかったら、白鵬にもする実普通にありそうなのがこの人の残念なところなんだよな
66 : ななしのよっしん :2017/09/24(日) 21:47:33 ID: rFeJaFYiuz
序盤の連敗、中盤以降は歳のせいか寝ても疲れが取れないと言う発言から不安を抱きましたが、
最後はやはり横綱は貫が違うことを魅せてくれた。取り分け千秋楽は素晴らしい相撲だった
67 : ななしのよっしん :2017/09/25(月) 01:59:25 ID: xQP/TCgK7O
三敗した時点でもう優勝のは消えたと思ってたけど…すごいよほんと
あんな苦しい状況から優勝するってのはむしろ全勝より凄みを感じる

68 : ななしのよっしん :2017/09/25(月) 09:40:11 ID: ItJC/OdzBb
なお自称相撲ファンネトウヨ国士様は日馬富士叩きに勤しんでいる模様
日本人力士が優勝しそうな時しか見ないくせに厚かましすぎる
69 : ななしのよっしん :2017/09/25(月) 09:44:48 ID: eq2kKPU22a
どこの世界線だ?
70 : ななしのよっしん :2017/09/25(月) 17:16:16 ID: YR3JxwTauL
はそういった連中からもあまりかれない印あるけどな
休場だらけでつまらん場所かと思ったが最後は楽しかった
71 : ななしのよっしん :2017/09/25(月) 19:47:06 ID: +EHCbKA3Ar
「大変な力士が大変なことをやってのけた」、それしか言えない
13日以降の顔つき、取り口は、が何と言おうと大横綱のそれだった
72 : ななしのよっしん :2017/10/02(月) 22:51:31 ID: J/bIvhfd1V
小兵力士の押相撲だからどうしても安定はせんわな
好調な時でも勢いあまって負けることもあるし
ただし白鵬に勝つには日馬富士相撲が一番通用しやすいとも思う
ニコニコニューストピックス
電ファミwiki
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829