単語記事: 星の子ポロン

編集  

星の子ポロンとは、1974年頃に製作され北海道文化放送他で放映していた電子紙芝居アニメ作品である。

260話。

概要

ポロンチャンダヨーそのあまりにも短い放映時間とぶつ切りなストーリーで知られている怪作。

製作自動車教習所教育映画などを手がけていた実写映画制作会社時報映画社」アニメーション制作は同社がアニメ部門として設立した子会社日本動画が手がけている。

チャージマン研!」のMADに出演していることが多いので制作会社も同じナックだと思われているかもしれないが、実はナック作品ではない。……ただ、本動画には創期のナック作画スタッフが所属していたという。これに関しては後述。

内容

内容はいわば子供向け教育アニメであるが、たった2分半で2話分を放映する狂気の番組であるため、超展開が常用されている。

内容を起承転結で簡潔に表すと、

  • 起:擬人化された動物キャラやばいことをする
  • 承:その結果問題が発生してひどいにあう
  • 転:問題を星の子ポロンちゃんが解決する
  • 結:やばいことについて説教をする
      (もしくは直接制裁を加える)

といったもの。

これを1話につき約1分でやるので、最後まで意味不明理解不超展開が続く。そして都合15秒で「ひどい」「制裁」を描写しなければならないため、「ブレーキいたずらしてはいけないよの巻」のスーパーカー撲殺解体ショーや「アトリエ乱入者の巻」の人体バラバラなど、説教どころか到底子供向けとは思えない直接的な描写が入ることもある。

おまけに低予算がたたって2コマセル作画なんとかアニメにしているため、まるで紙芝居のようなチープな作画が狂気を誘う。タイトルの、これから情け容赦ない々とした時代劇が始まるのだと言わんばかりの筆文字ポイントが高い。

主人公であるポロンちゃんも超展開をまともに食らっているため、当然のごとく問題解決は超展開であり、加える説教超展開のためにもはや肉体言語としか思えない手段を加えることもある。ナレーターももはや意味不明なまでに投げやりになっている。
昔のセルアニメに特有のノイズも入っており、あらゆる面でチャー研電波アニメと言っていいだろう。

OPやEDには電子音楽ともいわれるジャンジャック・ペリー(Jean-Jacques Perrey)の曲が使用されており、本編でも意外と有名どころの曲が使用されている。なおこれらの曲はライブラリー音であり、もちろん星の子ポロンの為に作られたものではない。

また、ポロンちゃんとその他いくらかの役には駄に大御所声優野沢雅子が起用されている。

放送実績のあるテレビ局

星の子ポロン」は番組販売(番組制作会社が個別にテレビ局に番組を販売する形式)らしく、いわゆる民放テレビネットワーク縛りから外れた形で各局で放送されている。

放送されたのが確認された放送局は以下の通り。

放送期間など詳細は星の子ポロンまとめWikiを参照。

近年の動向

星の子ポロンまとめWikiも参照。

「その1」~「その7」から5年ぶりと言う久しぶりの「その8」「その9」「その10」の発掘を経て大量発掘へ至った星の子ポロン
しかし、製作会社であるナックが現役の「チャージマン研!」等と異なり、「ポロン」は時報映画社の消息が不明、権利関係も不明という有様で、メディア等で大きく取り上げられる事はかった。

そんな中、ガジェット通信『アニメ流行語大賞2016』の上位25個のワードに「バイバイバナナ」がノミネートすると言う異様な事態に至った。ポロニストによる熱心な投票の結果、得票数1位を獲得。この結果を受けて、アニメ流行語大賞としては異例の特別賞「組織の賞」を受賞した。

さらに2017年5月に発表されたNHK『ベスト・アニメ100』ではなんと総合38位にランクイン男性票では13位)。ネット投票による結果、BSプレミアムでの特番放送で名前が紹介され、総合99位の「ガンとゴン」と共に数ある名作の中で一際異を放つこととなった。なお、この2作はNHKを以てしても権利者を見つけることができなかったらしく、画像も映像もなしで紹介されるという異例の事態になってしまっていた。

2018年3月ではニコニコ生放送内で、遂にポロン作画スタッフの一人と接触できた事が報告された。作品に直接携わった関係者(声優除く)とファンが交流できたのはこれが初とされている。詳しくはリンク先の記事を参照。本作に創期のナック作画スタッフが関わっているという相も可性の高い推測が記述されている。

関連動画

二次創作動画などは「ポロンMAD」「星の子ポロンアニメ化計画」の記事なども参照。

関連コミュニティ

遂に大量の録画が発見され、2016年6月から2017年8月まで毎週土曜に新作が約1本ずつ、ニコ生ニコ動にて同時開されていた。
現在は不定期の本編MAD放送や、その他関連する放送が行われている。放送の数日前にはコミュニティにお知らせが載るため、興味があれば確認するといいだろう。

関連商品

今のところ発売中のメディアはなく、それどころかフィルム自体が現存するのかもまったく不明である。ナック以下?)
現在ニコニコ動画アップロードされている映像は、テレビ放送時に録画されたものがソース元となっている。

関連項目

関連リンク


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E6%98%9F%E3%81%AE%E5%AD%90%E3%83%9D%E3%83%AD%E3%83%B3
ページ番号: 4309045 リビジョン番号: 2569804
読み:ホシノコポロン
初版作成日: 10/03/16 01:52 ◆ 最終更新日: 18/03/13 15:05
編集内容についての説明/コメント: 関連項目に「カイカク君」を追加(必要なければ状況に応じて消して下さい)
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


ポロンちゃん

星の子ポロン

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

星の子ポロンについて語るスレ

266 : ななしのよっしん :2018/02/15(木) 19:15:37 ID: iisQxF1mu/
40年以上前にボブネミミッミかに駕する作品が存在していただと…?
267 : ななしのよっしん :2018/02/17(土) 02:37:14 ID: bu8GyRq/2b
チャー研とかにならないくらいひどいアニメ
268 : ななしのよっしん :2018/02/22(木) 00:49:05 ID: xHhCTQWc0W
>>sm30409247


自主制作でこのクォリティ
269 : ななしのよっしん :2018/02/24(土) 16:39:33 ID: UQqmZQy9Qq
>>264
いやーしかしこ動画馬鹿に怖いねぇ
それでは諸君!始めなさい!(マイリス登録)
270 : ななしのよっしん :2018/03/01(木) 20:43:43 ID: n/kJ5W+kYu
もし権利者見つかってもチーターマン権利者みたいな反応される可性もあるよね。
271 : ななしのよっしん :2018/03/05(月) 02:53:54 ID: rtbNUJcQ1p
>>270
>>sm32827480

権利者じゃないけど、作画スタッフからは大丈夫なようだ(客観視点)
272 : ななしのよっしん :2018/03/05(月) 18:25:58 ID: e1iEFGprOw
石ノ御大の作品じゃないのか
273 : ななしのよっしん :2018/03/09(金) 07:18:05 ID: htPGVo6480
チャー研の10年前というと1964年
カラーアニメが出てきたのは1967年あたりからだからそれはない
274 : ななしのよっしん :2018/03/11(日) 15:25:29 ID: rtbNUJcQ1p
>>273
石ノ森章太郎だから多分タイトルが似てる(どころか放送年日もほぼ同じ)『星の子チョビン』の事を言ってるんじゃないかな?違ったらごめん
275 : ななしのよっしん :2018/04/01(日) 18:59:18 ID: v4kPBwrIHj
思想だぁ…
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829