単語記事: 星界の紋章

編集

ガフトノーシュ(八頸竜)

星界の紋章とは、森岡浩之SF小説作品(全3巻)および同作を原作とするアニメ作品である。
また続編として星界の戦旗(既刊5巻)があり、こちらも同様に既刊分のアニメ作品が制作されている。

概要

らふぃーる現在からはるか遠い未来、人類に創造された人造生命体アーヴが築いた【アーヴによる人類帝国】と、【人類統合体】を中心とした【四ヶ国連合】の銀河を二分する戦争を舞台として、帝国王女ラフィールハイド系マーティンの席の息子から一転して帝国貴族となったジントの冒険を描くスペースオペラである。

作者が創作したアーヴ宇宙とそれを用いた恒星間航法の理論展開、銀河を二分する世界設定など、
緻密に作られた設定と井孝美によるキャラクターSFファンに人気を博した。
現在、続編となる星界の戦旗の執筆が続いている(既刊5巻)。

アニメーションは、サンライズ制作で、1999年WOWOWで放映された。「戦旗」は2000年2001年に同じくWOWOWアニメ化され、第3巻が2005年OVAとしてリリースされた。CDドラマラジオドラマ化もされている。

アーヴ語

特徴的なのは、やはりアーヴ作者が考案したオリジナルで、作中に出てくるカタカナの固有名詞にまで、アーヴのルビが振ってあるほどである。

   ローニュ・ヤルルーカル・ドリュール・ハイダル

例: ハイド伯爵閣下

平面宇宙

もう一つの大きな特徴は、宇宙という概念である。作中では、宇宙の発見と利用法の確立によって、光速える移動(つまりワープ)を実現したことで、人類は国家を築き上げることが可になった。

宇宙とは、通常の宇宙空間とは全く別の物理法則が支配する、文字通り2次元間である。両者は「門」とよばれる特異点(特遺間)を通じて繋がっている。ある門から宇宙に入って別の門から通常宇宙に出ると、結果的に光速以上の速さで移動したと同様の結果となる場合がある。こうして人類は光速移動を実現し、銀河文明を築き上げた。

宇宙の通過にはそれなりに時間がかかり、そこでの宇宙戦闘艦同士の戦闘もある。この宇宙における、光速移動をしている途中の戦闘描写の細かさも、本作の魅の一つである。

物語の推移

本作は上記の通り、ラフィールジントの物語であると同時に、未来世界における人類を二分した宇宙戦争物語でもある。ラフィールジントの活躍を理解する上では、背景となる戦争について知っておくと良い。そこで本項では、物語に登場する5つの国家について、簡単なストーリーと共に記述する。

アーヴによる人類帝国

遺伝子改造によって生み出された人種アーヴが支配する国家皇帝を頂点とした身分制度が布かれている。アーヴ帝国、あるいは他の々はいずれも民主主義国家なので、単に帝国とも呼ばれる。現時点で最大のを持つ。人口は約9000億人。

自らを「たちの属」と呼ぶアーヴたちは、を渡る交易と戦闘を最大の生きがいとしている。また、性格は「アーヴ、その性、傲慢にして」と言われている。

大規模で強大な界軍と呼ばれる軍隊を擁し、人類宇宙間交通を支配すること(宇宙航法を独占すること)を是としている。現時点で、人類宇宙の半分を支配し、間交易を独占することで大な利益を上げている。界軍は帝国政治行政の多くを動かしており、事実帝国の基盤となっている。

帝国は、宇宙空間間交通の独占支配に強い関心を持つ一方で、地上世界(有人惑星)については、ほとんど干渉しない。地上世界の統治は現地人からなる「領民政府」に任せ、領民帝国と交渉する場合は、領民政府の代表である「領民代表」が、領である帝国貴族と交渉を行うことになる。領民は、帝国臣民としての自覚や忠を期待されておらず、帝国の支配に反対することすら禁止されていない。それほどまでに、帝国は地上世界に対して関心である。

界軍は強大である。だが、帝国情報局は四ヶ国連合のヘラクレス作戦を察知できないなど、非常に頼りない。「敵を知り、己を知れば戦危うからず」という言葉は、「その性、傲慢にして謀」なアーヴにはに念のようであるアーヴ帝国情報を軽視する傾向があるのか、情報局の頼りなさは善されていない。ついでに言えば、外交も恐ろしく下手である。特に、『戦旗IV』でハニア連邦宇宙軍(宇宙)の動向を読み間違えた上、人類統合体が温存していた戦(かなりの大戦のはずである)の居所を掴んでいなかったミスは致命的であった。そんな体たらくだから、『戦旗V』で全体としての戦では四ヶ国連合に勝りながら、力部隊を都から遠くへ引きつけられた状態で、ハニア連邦の領域から人類統合体の艦隊に攻め込まれる、という事態を招くのである。

人類統合体

アーヴ帝国に次ぐを持つ、人類宇宙で2番を持つ国家。四ヶ国連合の中心となる勢で、人口は約6000億人。

四ヵ中、最も自由民主主義の拡大に熱心で、間交流が非常に活発。しかし、併合した惑星国家に対して「人類普遍の価値観」と称して自の価値観を一方的に押し付けたり、所属する々に文化的同化を半ば強要するなど独善的傾向が強い。アーヴとその帝国に対しても一番敵対的で、アーヴを憎むあまり、反民主主義とは直接関係いようなアーヴ的な要素までも排除・差別する政策が然と行われており、かえって自由民主主義を損なう結果さえ生み出している。

市民国家の一員であることを強く要し、共通リクパルを話せないなど、条件を満たさない市民は統合体政治への参政権が与えられない。遺伝子に手を加えることに神経質で、受精段階での遺伝子検および遺伝子調整はいかなる的であっても違法(後的な遺伝子治療は認められている)とされている。このほか、麻薬は当然、タバコも禁止されるなど、異様に厳しいところがある。また、死刑制度は存在せず、更生不可能と判断された犯罪者は、惑星全体を刑務所にした「更生施設」に収容される。

軍の規模は大きく、その技術はアーヴ帝国と同等である。帝国の幻炎作戦に対しては、どの系に帝国が攻勢をかけるかを予測していた(あるいは察知していた)ように、情報の収集・分析も高い様子。だが運用については、柔軟性に欠ける命令を出すこともしばしばある。

戦争は、「人類統合体の『門』の調船を、帝国宇宙軍艦が攻撃した」という人類統合体から始まった。戦争序盤、人類統合体は拡大アルコント共和および人民系連合体との連合艦隊で、アーヴ帝国都ラクファカールに奇襲攻撃をかけるヘラクレス作戦を実行。都を陥落させることはできず、艦隊戦も痛み分けに終わり、ヘラクレス作戦は失敗。その後は、態勢を立て直したアーヴ帝国の攻勢によって、人類統合体はかなりの領土を切り取られ、同盟とも分断されていく。アーヴ帝国の優勢のままで戦争が推移する中、人類統合体は常に守勢に徹し、積極的な反撃は行わずに、艦隊を温存し続ける・・・。

『戦旗V』では、ハニア連邦宇宙と協して、艦隊(温存していた戦と思われる)をハニア連邦領から都ラクファカールに送り込むことに成功する。ヘラクレス作戦の失敗後、常に守勢に徹して自領を帝国に奪われていたが、それは帝国軍の艦隊を都から遠ざけるための作戦だった様子である。結果、人類統合体を中心とした四ヶ国連合の連合艦隊は、防衛が手薄になっていた都ラクファカールを、歴史上で初めて攻略する。これにより人類統合体は、アーヴ帝国歴史上で『最強の敵』と記録されるであろうことは、ほぼ間違いないと言える。

拡大アルコント共和国

四ヶ国連合で3番を持つ国家。中心系であるアルコント系が文化的・経済的に突出し、これに加えて強な官僚機構を持っていることにより、国家の均一性が保たれている。人類統合体に負けず劣らず間交流が活発。要するに、地上的な国家宇宙レベル文字通り「拡大」したである。

人民主権星系連合体

四ヶ国連合で4番、つまり人類宇宙で一番小さな国家。各系が大きな権限を持ち、軍隊も系ごとに所有している。各系間の経済格差や文化的差異も大きい。また、やたら射程距離の長い機動時空爆宇宙ミサイル)や、出の高い凝集レーザー)を使用したりと、独自の兵器体系を有している。

ハニア連邦

四ヶ国連合で2番を持つ国家。単なる二番手ではなく、物語の要所に現れる影の役といえる

戦争序盤のヘラクレス作戦に、四ヵ一参加せず、その後、開戦理由が人類統合体のねつ造だったことが判明したことで、中立を宣言。連邦内で地上(和)と宇宙)が対立しつつも、開戦から7年間は戦争の推移を見守る。

実は、アーヴよりも先に宇宙航法を確立したスーメイ系の人間が他の系を開拓・移住したことにより、人類宇宙最初に誕生した、最も古い歴史を持つ国家。その後も人口増加にともなって新たな系を開拓・獲得することで拡大してきたため、すべての系の住民がスーメイ人であり、国家運営も彼ら独自の理論や価値観に基づいて行われている。戦争によって領土を拡大したことは一度もなく、外交で上手く立ち回ることで国家を保ってきた。ちなみに、権闘争は「命がけ」と言われるほど凄まじい。

スーメイ人たちは初めて宇宙航法を確立した民族だが、アーヴとは逆に宇宙空間にはほとんど関心を持っておらず、間交流も驚くほど少ない。そのため、地域間の経済格差は大きいが、ほとんどの惑星自給自足が可なため、あまり問題になっていない。宇宙航法に関しても、アーヴは技術を独占しようとしたが、スーメイ人たちは高い対価と引き換えに、他の系に技術を提供した。すなわち、アーヴ帝国以外の国家が使用する宇宙航法は、ハニア連邦スーメイ人)にルーツがある。

軍に関しては、規模はまずまずだが、装備が旧式で揮系統にも問題があるため、総戦になれば自防衛もかなうかどうか、というのが頼りにならないない帝国情報局の評価。ただし、情報収集は非常に高い。

宇宙空間興味を持たずに地上世界に強い関心を持つ、外交が得意で戦争は好きではない、軍は強くないが情報収集は高い、など、あらゆる意味で、アーヴ帝国逆の性質を持つ国家

関連動画

関連商品

原作小説・関連書籍

アニメ・サントラ

オーディオドラマ・ゲーム他

関連コミュニティ

関連リンク

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E6%98%9F%E7%95%8C%E3%81%AE%E7%B4%8B%E7%AB%A0
ページ番号: 511442 リビジョン番号: 2194467
読み:セイカイノモンショウ
初版作成日: 08/08/31 12:02 ◆ 最終更新日: 15/04/20 20:06
編集内容についての説明/コメント: 誤字訂正
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


星界の戦旗V 勢力図

双棘作戦

幻炎作戦・狩人作戦・淡雪作戦

人類統合体「ヘラクレス作戦」進行図 修正

紋章Ⅲ終了時の勢力図

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

星界の紋章について語るスレ

102 : ななしのよっしん :2015/08/05(水) 11:47:56 ID: QKNV7E9MB7
さっさと続きを書けや。
103 : ななしのよっしん :2015/08/09(日) 12:34:34 ID: /PIXzavdpB
奴隷民主主義て用が出てきたがどういう体制をして言ってんの?
104 : ななしのよっしん :2015/09/16(水) 12:48:41 ID: 92W0iPlWzE
自分の意見を表明しただけで独裁者だのファシストだのと言われるのと同じで大した意味はないでしょ
105 : ななしのよっしん :2015/12/02(水) 22:26:47 ID: 5nyLEcJz0e
漫画更新きた!
106 : ななしのよっしん :2015/12/05(土) 18:19:32 ID: rWU5LnlI+G
>>98 >>100
進行すると子さん(人の名前)にまで
"ヤルルーク"のルビが見えるようになる。
107 : ななしのよっしん :2016/04/15(金) 20:56:58 ID: 8D32sgO4ww
人口何千億www
108 : ななしのよっしん :2016/05/06(金) 09:17:38 ID: xqB1ZzO2PY
>>104
そんな描写は本編になかったんだが。民主主義自体が奴隷制度の域を出てないと言いたいのか、奴隷同然の民衆に投票権持たせてると非難してるのか、民主主義の皮を被ってるが実質的には奴隷制と同じだと言いたいのか、その辺がイマイチ分からん侮蔑だな。

あとアーヴのが黝いと書いてあるがどう見てもそれより明色系なんだけどこれはミスか?それとも黝いってこういう色なのか

109 : ななしのよっしん :2016/05/06(金) 19:44:00 ID: WauLQpy2Zs
>>103>>104
アメ公ポチとか宗様の売女とか、多分その程度の意味あいだと思うよ
110 : ななしのよっしん :2016/05/31(火) 22:04:59 ID: NSmI/OPr08
108
帝国領のなかの惑星政府で自治を行うことを奴隷民主主義を掲げる皮って意図かもしれないと思いつつ
あの場面で考えると、むしろ筋が通る意味がある言葉じゃないって可性もあるんじゃない?人類統合体事態がそんな矛盾む言葉を用いて思想教育をしているともアーヴ憎さに支離滅裂な言葉を並べ立てているとも想定できるエッセンスとして
111 : ななしのよっしん :2016/11/29(火) 20:22:44 ID: E0uumvqmre
>>sm29109780
ニコニコニューストピックス
電ファミwiki
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829